子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

お仕立て@Rinna

バンコクの駐妻が、やってみたいことの一つが「洋服のお仕立て」
素敵なお洋服をお仕立てしているマダムも多いですよね~。


お友達からの口コミで、ご自宅に呼んでお仕立てをする方も多いと思いますが、
日本人のみなさんがよくいく、お仕立て屋さんの一つが
プラカノンタラートにある「Rinna」です。


今日は学校のママと一緒にお仕立てを。
ここの行き方は分かりづらいので、写真で道を説明したいと思います。


こちらは、タクシーなどで行かれる方向け。

スクンビットをひたすら、プラカノン方向をめざし、
ソイ71を超えて、プラカノンタラート前のバス停付近まで行きます。
スクンビットからソイ71へ進む、交差点の左車線は
左折専用になっているので、真ん中か右車線にいるよう指示して下さい。
d0222641_1223831.jpg

ZENITH PLACEの前でタクシーを止めると
d0222641_10561526.jpg

左手にすぐ、この看板が見える路地を入っていきます。

布地屋さん、果物が売っているところを2~300mぐらい歩くでしょうか。
d0222641_10591467.jpg

このような道の真ん中に、果物を売っているところを
d0222641_1103972.jpg

左に見ると、このアイスクリームのケースがあり、
d0222641_1113964.jpg

左に曲がってすぐに、「Rinna」さんのお店があります。



では次に、車で来られる方用。

スクンビット71を上方向から、パクソイ方面に走ります。
d0222641_1172317.jpg

スクンビット71のSoi preedee2を左に曲がります。
ソイ71のパクソイ付近はガードレールがあり、
スクンビットから来た場合は右折進入ができないので
トンロー10、エカマイ12からを通ってソイ71に当たるところで右折して
Soi Preedee2を目指した方がよいかと思います。
d0222641_1142213.jpg

Soi Puredee2の入り口はファミリーマートも目印。
そして左折して、どんどん進んで行くと
d0222641_118569.jpg

7-11が見えたら、ここを右折。
ここの道はかなり狭くて、両側通行なので対向車に要注意!
d0222641_11561331.jpg

突き当りを左に曲がると、すぐに駐車場があります。
そこで車を止めたら、チケットをもらい(Rinnaさんにスタンプをもらって下さい)
d0222641_1155533.jpg

目の前の美容院がある路地を、プラカノンタラートの中に入って行くと、
d0222641_11124390.jpg

今度は右手にこのお店が見えるので、ここを右に曲がるとRinnaにたどり着きます。


d0222641_11155070.jpg

この方がRinnaさんです。最近、妹のガイさんは見ないな~。
d0222641_1117439.jpg

みなさんがオーダーされたお洋服たち。日本人の方が多いと思います。
d0222641_12122913.jpg

ここの記事にもあるように、お洋服もちろん、舞台衣装や
テーブルクロス、ソファーカバーまで何でも引き受けてくれます。


d0222641_11233064.jpg

私は、娘の制服の丈直しをお願いに。
お友達はパンツの裾直しも、40Bであっと言う間に出来ました。


もう一つの目的は、私は今あるワンピを持ち込んで、同じように作るコピー。
(この方法が、一番上手に失敗なく出来ます)
お友達は雑誌から、気に入ったデザインを切り抜いて、
布を持ち込んでデザインやサイズなど、Rinnaさんと相談。
d0222641_1118567.jpg

彼女のサイズを採寸して、デザインを描いていくRinnaさん。


だいたい一応、1週間から10日間ぐらいで出来上がるはずですが、
本帰国の多い時期の前などは、注文が殺到するのか、かな~り時間がかかります^^;
予定の日に出来ていないこともあるので、引き取りは念のため
電話で確認してから、お出かけすることをお勧めします。
サイズ直しなど、自分が必要がないと思うようなもの時は、
お願いすればモーターサイでも届けてくれますよ。


今まで何人か、他のお仕立て屋さんにも頼んだ私の経験から言うと、
Rinnaさんは、日本人の好みをよく知っています。
フリルは「ひらひら」、「切り替え」なんて言葉も通じますしね~(笑)
そして、彼女は特に柄だしが上手だと思います。。
どこの洋服の位置に、どの布の柄を出すか上手に考えてくれますよ。

ただ、仮縫いがないのが難点。一度短かったり、切ってしまったら
きつい時に大きくしたり、長く伸ばしたりが出来ませんもんね~。


Rinnaさんの名刺です。
d0222641_1158660.jpg

地図はこちら♪
d0222641_1213842.jpg



さて、1週間後。ワンピースはどんな風に。
d0222641_12283780.jpg

こちらは娘のワンピース。
スクールカラーのプッチっぽい布で作ったので、学校でも大活躍してくれそう。
私も同じ生地で、シンプルなワンピを作りました。



ちなみにこの生地は、スクンビット55、トンロー通り沿いの
トンロー7-9の間にある生地屋さんで見つけました。
入り口が狭いので、一見大したことないお店だと思ってしまいますが、
日本人好みの生地がわりと見つかります。
シャネルスーツの生地なども置いていることもあるのですよ!

生地にもよりますが、1m 250B前後のものが多いので、
ヤワラート(中華街)まで行くことを考えると意外とお得かも。
こちらはお店のお姉さんたちとのおしゃべりも、楽しいですよ♪
by treasure-bkklife | 2011-05-22 11:52 | Daily Info in BKK