ラチャ島へ

プーケットの話が続きましたが、今回の旅行のメインは海が美しいと言われるラチャ島です。
ラチャ島は、プーケットからスピードボードで約30~40分ぐらいで到着しますが、
海の美しさ、透明度は、プーケットの海とはかなり違います。手軽に行けて、本当にオススメ!
ラチャ島はタイの方々は「Raya Yai」 ラヤ ヤイと呼んでいるようです。


ラチャ島へは、プーケットからの1Day Tripのツアーもたくさん出ております。
ほとんどのラチャ島への1Day Trip ツアーが朝の8・9時台にプーケットを出発だと思いますが、
ラチャ島に渡る場合は一泊プーケットにする必要が。 と、これに気が付いたのが、なんと1週間前(笑)
年末なので、プーケットのホテルはどこもすでに満室で、予約が大変でございました~
帰り時間も夕方にプーケット着なので、フライトなども含めて計画はしっかり経てる必要がありそうです。


我が家は元旦の朝はゆっくりしたいので、スピードボートが出るピア近くのChalong地区に泊まりましたが
ChalongまではPatong、Karon、 Kataなどのエリアからは通常30~40分、渋滞時だとさらにかかります。
d0222641_20335593.jpg

こちら、ChalongにあるTour Agentの前で。ツアーの出発を待っております。
ホテルがラチャ島までのスピードボートを用意してくれましたが、行きはツアーの方々と一緒でした。
こちらからはラチャ島だけでなく、ピピ島など、プーケット周辺の島へのツアーもございました。
d0222641_20374669.jpg

この日は元日でしたが、沢山の方がツアーに参加されておりました。
船酔い止めの薬を「Sea Sick」と言ってツアーの方が渡してくださったのですが、
この英語を「C・C」と聞こえてしまい、病院で頂くビタミンCのようなサプリメントと思い込んだワタクシ(^_^;)
d0222641_2040577.jpg

このスピードボートに乗ってラチャ島へと向かうのですが、ここで席取りを誤りました(^_^;)
一番後ろを陣取ってしまったために、ラチャ島までに向かう間、何回、いや何十回も波しぶきがかかり、
主人から「こりゃ、まさに水もしたたるいいオンナ~」とお正月から笑えないツッコミが(爆)
まさに「こりゃ、正月から縁起がいいや~」 いや、厄落としかと思うような、びしょぬれ振りでございましたので
前の方の席に乗ることをぜひオススメいたします(笑)



そして、波にも耐え(^_^;)、待ちにまったラチャ島へ到着!
d0222641_212515.jpg

あれぇ~っ、これが桟橋~。 Batok Buchtにある、ぷかぷかと浮かぶ即席の桟橋 σ(^_^;)
The Rachaと言う、高級ホテルが目の前にあるにも関わらず。。。なところはやはりタイ(笑)
d0222641_211924.jpg

目の前、遠くに見えるのはあの「The Racha」。 白亜のお城みたいで、やはりステキ❤
こちらのビーチパラソルとサンデッキは、1日200Bで誰でも借りることができます。
d0222641_23415992.jpg

ビーチにはBarやマッサージなど海の家さながら、一日中楽しめるようなアクティビティも用意されています。
d0222641_19394894.jpg

たくさんの1Day Tripの方で、こちらの海はちょっとイモ洗い状態の場所も(笑)
スキューバーの練習をしている方も多く、ぐったりとした大きな白人の方が、肩に担がれ海から出てきたので
真面目に心配して水を差し出しましたが、こちらでレスキューの練習もしていたのです。 (^_^;)
d0222641_1945870.jpg

見てください!画像が悪いですが、こちらの海はこんな魚たちでいっぱい!
でも、島内にはもっとすごいシュノーケーリングポイントがあったのです!!! この話はまた別の日にて~


ツアーで訪れた場合も気になるのは、ランチやトイレ事情などは大丈夫かな?と言うことだと思います。
d0222641_22374982.jpg

この桟橋のすぐ脇、The Rachaのすぐ横にあるのが、こちらのRAYA RESORT。
このお店、崖にかかる階段を登って行くのですが、みんなが立ち止まって見つめているものは
d0222641_2327359.jpg

なんと1m以上もある巨大イグアナ、いや、コモドドラゴンらしき物体が5匹以上もっ!
いきなり息子にカメラを奪われましたが、見渡せば、多くの外国人もシャッターチャンスを狙っております(笑)
母は昆虫、両生類、爬虫類系は大の苦手でございますが、これも男の子を授かったサダメ、
すでに網から脱走しているヤツらがいるんですけど!!! 息子が噛まれないよう見張り番(爆)
d0222641_22405982.jpg

お店は崖の上から海が見渡せ、吹き抜ける風もこれまた気持ちいい~
d0222641_23361773.jpg

ボートの船着き場のすぐ脇にあるお店なので、ひと泳ぎしたツアーの方で満員御礼。
d0222641_2339449.jpg

ママの頼んだガパオガイ。あれっ?と思いましたが、カオパッドのように混ぜ込んでありました。


そして、島内には徒歩で歩ける地域に、何軒かツアーのお客様でいっぱいになるお店がありました。
d0222641_2337409.jpg

The Rachaの通りをさらに奥へ、坂を上がっていって5分ぐらいでしょうか。
島内はみんな水着でウロウロと。しかも、白人の方がとても多いので、もちろんビキニでございます(^_^;)
d0222641_2341710.jpg

その突き当りに、このBan Raya Resortの看板が出てきたら、右手に何軒かのお店が見えます。
d0222641_22162936.jpg

こちらは、Phad Thai Restaurant。毎日、多くの外国人で賑わっておりました。
d0222641_22281525.jpg

店名のPhad Thai。バンコク価格からするとちょっとお高い120Bぐらい。
味もバンコクのそこそこのお店と、同じようにいただけるお味でした。

d0222641_2230136.jpg

マカロニ チキントマトソースです、一応(^_^;)
これは、ちょっと。。。缶詰、パッカ~ン的なお味(笑) まさに、ファラン料理好きな娘がオーダー。
だから、カオ パッド(炒飯)にしなさいって言ったのに~ 「普通に美味しいよ~」と言う娘に涙が。・°°・(>_<)・°°・。
サンドウィッチやフレンチフライなどを外国人の方々は、Beerと一緒に頼んでおりました。


そして、すぐお隣にももう一軒。
d0222641_2232480.jpg

RAYA DIVE VILLAGEでございます。このあたりはダイビングツアーのお店やCoffee Shopなども。
d0222641_22344857.jpg

日本人にも食べやすいラート ナー。こちらも無難な味でOK。
d0222641_22355978.jpg

ガパオ ガイ。こういうお店では、無難にタイ料理を頼んでおいた方がガッカリ。。。ってことがありません。
子供たちが頼んだスパゲッティ ミートソースも、上記のお店に同じでございました(^_^;)


そして、せっかくラチャ島まで来たのだから、やっぱりあのThe Rachaに行ってみたい!ですよね♪
私たちが予約した10月頃には、残念ながらすでに年末の予約は一杯。
ラチャ島のホテル情報についても、後日、BlogでUPする予定です。
d0222641_2214021.jpg

一日一人500Bで、こちらのプール、サンベット、タオル、そして飲み物1杯付き。
もちろんプールの前には、エメラルドグリーンの海が広がりますよ~❤
d0222641_21243713.jpg

こちらの「The Racha」のプールは、宿泊者でなくても利用することが出来るんです。
d0222641_23532544.jpg

この中には海を眺めながら、地中海料理を楽しめるレストランも。
d0222641_2031331.jpg

他にも、海からすぐに入れるレストランも。お値段は他に比べるとダブルプライスではございますが(笑)
やはりこのロケーションと雰囲気は、非日常へといざなってくれます。

そしてCLUB DEL MARの隣には、こんな施設もしっかりと。
d0222641_2347735.jpg

写真真ん中が、清潔に保たれている有料のトイレとシャワー室です。
プーケットから日帰りツアーで来ても安心ですね♪
d0222641_23452824.jpg

そしてお隣のイタリアンジェラートのお店、陽射しで火照った体にジェラートが美味しかった!


ラチャ島は小さい島なので、ほとんどの場所を歩いて回ることができると思います。
シュノーケリングポイントは、まさに「魚たちの楽園」、まだまだありますよ!
せっかくプーケットまでいらしたのであれば、日帰りでもぜひ、こちらに立ち寄ることをオススメします♪



プーケットからラチャ島へのMapはこちら♪
d0222641_2322674.gif

Phuket.Netよりお借りしました<(_ _)>

ラチャ島へのシュノーケリングツアーなどは、様々なツアー会社が行っているようです。
ツアーの情報の一例はこちらから♪ → 

by treasure-bkklife | 2012-01-07 11:29 | Phuket & Racha  

<< ラチャ島のホテル & 海 Hemingway's >>