子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

Gallo Thai

もうすぐValentine Dayですね!
学生やOLの時は、それは「ドキドキの日」で、今思えば楽しい一日でございました♪
義理チョコでも時代はバブルだったので、倍以上のお返しがいただけたりして(^_^;)
しかし、結婚してしまうとバレンタインデーも一大イベントではなくなってしまい、「いつもの普通の日」に(笑)

日本ではバレンタインデーと言うと、女性から男性へ「愛の告白の日」となっておりますが
ここバンコクでは、他の海外諸国と同じく、恋人や友達、家族などがお互いに、
カードや花束、お菓子などを贈る日となっていて、特に 「女性から男性へと」言うということではなさそうです。
まあ、「男」なのか「女」なのか、どちらか分からない方がたくさんいることもありますが~(爆)
d0222641_12302184.jpg

こちらはトンローのJ-Avenueで。ハートや、ピンク、赤で彩られて、バレンタインを盛り上げているところです♪
くまちゃんもちゃんとレインコートを着せられていて、この前で記念撮影をするタイ人もいっぱい(*^_^*)
それより、お散歩に来ていたこのワンちゃんのかわいさにノックアウト~~❤❤
d0222641_12314610.jpg

樹木の幹もハートの布で包まれて。まるで包帯みたいで、ちょっと笑ってしまうのだけれど♪


さて、今年のValentine Dayには、娘の「パパとお兄ちゃんにチョコレートケーキを作りたい!」と言う
「今だけ」のカワイイ要望が。(ホントに、自分を振り返っても「今だけ」なんですよね~)
ならばと、せっかくなので材料となる「チョコレート」を買いに、こちらへGo♪
d0222641_9374550.jpg

通称 「チョコレート工場」と呼ばれる、Gallothai Co., Ltd.でございます。

Gallo Thaiのチョコレートは、美味しいチョコレートで有名なベルギーのチョコレート使っております。
様々なホテル、Spa、カフェ、エアラインのファーストクラスなどにも提供されていて
アメリカ、オーストラリアや様々なアジア諸国にも輸出されているそうです。

そして、つい2週間ほど前に日本にも送ったばかりなので、ぜひ、日本人にもそこを宣伝してくれ~と
こちらの白人男性(オーナーかな?)が、おっしゃっておりました。
味にうるさい日本人からも認められたチョコレート、ちょっと気になりませんか?


そんな「チョコレート工場」への行き方は、こちらから♪
d0222641_11132712.jpg

スクンビット49をパクソイから上り、スクンビット49/14を右折して、300m?ほど進んだ右手にございます。
この辺りはタクシーなどはなかなか通らないので、車がないとシーローかモーターサイだけでちょっと大変。
この日はお散歩がてら?テクテクと歩いて行きましたが、サミティベート病院からも結構遠かったぁ~(^_^;)

スクンビット49の通りはフジ4やサミティベート病院もあり、邦人が多く住むエリアではありますが
スクンビット39への抜け道となるSoi Promisiより先は行ったことがない!と言う方も多いと思います。
どんどん北の方に歩いていくと、「お~っ、すご~い!」と言うような豪邸の世界(@_@;)

そして、そのさらに奥、センセープ運河近くにはメイドさんたちもよく住むエリアが。
メイドさん達と話をすると「スクンビット49の奥に住んでいます」と言う、メイドさんって多いんですよね。
このあたりから、トンロー、エカマイぐらいまでのセンセープ運河沿いは、ある方に聞いたところ、
昔、センセープ運河の建設に携わった方々が、「何があっても安全だ」としてそのまま住み着いたそうです。
だから、洪水の時にもこの地区には水は来ないと言うんだけど、本当かな~~ そうだといいなあ~~


さて、私が購入したかったのはこちらでございます。
d0222641_1022167.jpg

この製菓材料にもなるチョコレート、「Raw Material」でございます。
d0222641_11183250.jpg

カカオ豆の分量がものによって違うので、お値段もそれぞれ異なってきます。

スクンビット31のAu bon painのお隣にも、Duc de Praslinとしてお店がありますが
この「Raw Material」のチョコレートは、こちらの工場でしか取り扱っていないようです。
これは、子供の学校のインターナショナルディでも、ベルギーグループがフードブースに出しておりました。
ベルギー人も認めるお味とあって、美味しいチョコレートだと思います。
d0222641_1031286.jpg

お店に一歩踏み入れると 「The Valentine 」の世界が(笑)
d0222641_1044164.jpg

ショーケースの中にも、この期間、限定のチョコレートたちがいっぱ~い♪
d0222641_1055343.jpg

ロリーポップのようなハートの形のチョコレートは、ミルクとダークの2種類のお味。
そしてバラの花のようなチョコレートは、ホワイトチョコレートから作られているそうでございます。
d0222641_1084654.jpg

他にも、こんなかわいらしいチョコレートたちが。
d0222641_11365338.jpg

「Seacret Love」なので、鍵つきのハートのBOXに入っているという訳ですね♪

もちろん、通常時でも美しいチョコレートの数々が、こちらでも取り揃えてございます。
d0222641_10101868.jpg

こちらがプラリネとトリュフの数々。様々なお味のチョコレートが嬉しい❤
d0222641_1013737.jpg

このチョコレートは、タイを代表する「象」や「神話の神々」をかたどったチョコレートが詰まっております。
パッケージにその伝説や由来なども書かれていて、読んでいても楽しい❤
生のフルーツ以外に、なかなか美味しいお土産がなくて、正直、困ることも多いバンコク(笑)
日持ちもするので一時帰国の時や、主人の出張の時などに持たせることも多いものの一つです。
d0222641_10174270.jpg

お店の中にはちょっとしたスペースも。
こちらでお茶やチョコレートをいただくこともできるので、買い物ついでにぜひ~❤


間もなくやってくるバレンタインデー、娘の作る手作りケーキはどんな出来上がりになるのでしょうか?
どんな形になったとしても、愛情をこめてママが作るよりも、パパはやっぱり嬉しいんだろうな~(^_^;)



「Gallothai Co., Ltd.」
16, Soi Prasertsit
Sukhumvit 49-14 Road
Klongton Nua, Wattana
Bangkok 10110
Tel.: +66 (0) 2392-1120-1
Opening hours:
Office : 8.30 am. - 6.00 pm. (Mon-Fri)
Factory Shop : 9.00 am. - 6.00 pm. (Mon-Sat


「Duc de Praslin@Sukhumvit 31」
571 Room G04,Ground floor, RSU Tower
Sukhumvit 31 Road
Klongton Nua, Wattana
Tel : +66 (0)2258-3200
Opening hours:
8.00 am. - 9.00 pm. (Mon-Sun)
by treasure-bkklife | 2012-02-11 23:28 | Daily Info in BKK