「秋の味覚」Party♪

バンコクは乾季に入ったのかと思うのですが、まだまだ暑い日も続いております。
先週、日本に本帰国したお友達のお子さんがダウンジャケットを着て、今日から初登校をしているのを
Face Bookで見て、すでに日本は寒いんだな~ 新天地でも頑張ってほしいな・・・と心から願っています。

そう言えば、昨年の今頃は、タイの洪水で日本に一時帰国していたのを思い出し、
もうあれから一年たったのかと思うと、月日の早さを感じずにいられません。
今年の秋は家族や友達、みんな揃って、バンコクで迎えることができて幸せ❤。
今日は仲良しママたちと「秋の味覚」を楽しもうと、「秋の味覚 Party」をお友達のアパートで開くことに♪

秋の味覚と言うと、日本人的には「まつたけ」、「栗」、「秋刀魚」などですが、
日本人が感じる秋の味覚をバンコクで手に入る材料で、みんなでポットラックで持ち寄りをしてみました。

出揃いました、秋の味覚!!! どれも美味しそうですが、朝ごはんを抜いて今日は正解でした(^^)/

お友達が日本に一時帰国をした時に、作ってきてくれた栗の渋皮煮。
この大粒な栗にホレボレ~ そして甘さも控えめで本当に美味しいの❤
そしてこのスタイリングもとってもステキですが、よく見ると見覚えありませんか?
そう!Via Ton Tonのモンブランが入っている器なんですよね~ 和のスタイリングにもピッタリ♪

この秋刀魚の煮物は、お母さんの味を思い出す優しいお味です。
この煮物は冷めても美味しくいただけるお味。生臭さなどもないので、ポットラックに向いています!

日本のお赤飯の中には、大きな栗もゴロンと入っていて、本当に幸せな気分に~
外国で出会う日本の秋の味覚に、「日本、バンザ~イ」と叫びたくなる気分に(笑)


そして、お次はアメリカ生活が長いご主人からのサジェスト、「アメリカの秋の味覚」を感じさせる一品。

ターキーのロースト この時期、Thanks Giving Dayなどアメリカでは、ターキーをいただきますものね!
バンコクでも日本のコストコで売っているような、冷凍のターキーがスーパーに常時売られていますが
七面鳥を丸ごと一匹ローストするのは処理も大変だし、大きさも大きいので焼くのも大変ということで、
今回は「Turkey Breast」、七面鳥の胸の部分だけの冷凍のもの使ったということです♪

ターキーは「Butterball」というブランドで、青いパッケージなのですが、黄色の網に入って売られています。
解凍をするのに冷蔵庫でゆっくり戻すのですが、大きいものだと2・3日ぐらいかかるでしょうか?
Breastでも一日以上かかるかと思うので、早めに用意しておくことが必要です。

このロースト、胸肉なのにパサパサ感がなく柔かくジューシーで、とっても美味しかったので作り方を聞くと、
塩・コショウなどの他に、バターを塗って揉みこみんで、四つ切りの洋梨も一緒に焼き上げたのだそうです。
しかも、このターキーに添えられたクランベリーソースも手作りの甘さも控えめで、このお肉にピッタリ!!!
クランベリーソースは甘すぎて美味しくないという概念が、今日で一気にすっ飛びました!

Halloweenの主役でもあるパンプキンは、カボチャのグラタンになって登場しました♪
ほんのり甘いパンプキンの上に、バルサミコ味のキノコがとっても合うんです!

このキノコのスープは、本当に贅沢!濃厚さを出すために、様々なキノコを天日干ししたそうです(*^_^*)
天日干ししたことで水分が飛んでキノコのうまみが増し、「食べるキノコ」のようなスープの濃厚さ。
しかも「シャトルシェフ」に入れて持ってきてくれたので、ポットラックでアツアツのスープがいただける贅沢。
おまけにヒマラヤンソルトと、トリュフオイルまでトッピングされて、レストランのような一品でした。

サーモンのキッシュ ディルの風味も効いているサーモンのキッシュは、白ワインにも合いそう♪
前日、「冷凍パイシートはどこで売っていますか?」と電話をいただきましたが、
Villa Marketの冷凍ショーケースに、「Puff Pastry」と書かれてビニール袋に入れられて売られております。

このバーニャカウダはソースが美味しい♪ いつものバーニャカウダソースに生クリームを入れたそうですが
これまた濃厚さが増して、美味しいソースに早変わり!パンにつけていただいても、美味しいだろうな~

今日はもちろんスイーツも秋の味覚が揃いました!

このスイートポテトは、本物のサツマイモのようで、子供たちも大好きに違いない一品。
外は実はココア生地で作られて、中はスイートポテトになっていて、本物のように成形したそうでございます。

ディズニーランドでも売っていると言う、キャラメルアップルまでが登場!
どうしてこんなものまでが、自分の家で作れるのだろうとビックリ\(◎o◎)/!
本当にみんなのお料理は凄すぎて、レストランに行くよりも、秋の味覚を楽しむことが出来ました♪


さて、私は簡単にできて、野菜ソムリエらしい「秋の味覚」をお持ちすることに。
前日から準備しておけるようなお料理なので、パーティの時などにも持ってこいなのです!

秋と言えば「キノコ」、Love for Japanのお弁当でもお出ししたキノコのサラダは、毎回好評で嬉しい一品❤
2・3日前から作り置きが出来、パスタと和えたり、パンの上の乗せてブルスケッタ風にしたりと
沢山一度に作っておいて常備菜としても使いやすい、お手軽な一品なんです。

「秋ナスは嫁に食わすな」(笑)と言われるナスですが、バンコクでは米ナスも簡単にお安く手に入るので、
トマトソースやモッツアレッラと重ねて、オーブンで焼き上げました。

これもオーブンで焼く前までは前日に準備して、冷蔵庫に入れておくことができるのでGood!
今日はポットラックだったので持ち運びの関係で、クイジナートの耐熱容器に入れてしまいましたが、
ガラスの耐熱容器だと、横からナスやトマトソース断面層が見えて、さらに華やかになると思います。

ここでは米ナスのトロ~っとしたお味を感じさせたかったので、ここでは厚めに切りましたが
ちょっとナスが苦手かな・・・という方は、日本の茄子を薄く切って作っても美味しいと思います。
子供も大好きなこの一品、最後にレシピをお付けしますので、ぜひお試しくださいね♪


一年中常夏で、季節感をなかなか味わうことのできないバンコクですが、
秋の味覚がいっぱいのお料理をいただいて、「秋の気配」を身近に感じることができました。
一人ではここまで作ることができないので、こんなポットラックパーティ、とっても楽しかったです(^^)/


ナスとトマトソースのオーブン焼き

<材料>
米ナス 2~3個
トマトソース 1+1/2カップ
モッツアレッラチーズ 200g
小麦粉、塩、こしょう 少々
オリーブオイル 適宜

<作り方>
① ナスを1cm幅に切って塩を薄く振り、水気が出てきたら一度ふき取る。
② ①に塩、コショウを適宜ふり、小麦粉を薄くつけて、フライパンにオリーブオイルで両面を香ばしく焼く。
③ 耐熱容器にトマトソース、ナス、モッツアレッラと層になるように重ねて、最後にモッツアレッラを広げる。
④ 220度のオーブンで約15分ぐらい、モッツアレッラに焼き色がつくまで焼き上げる。


*トマトソ-スは市販のものでもOKですが、玉ねぎ、にんにくのみじん切りを炒め、トマトの水煮缶を入れ
 半量になるくらいまで煮詰めて塩コショウで調味をし、オレガノなどのハーブを加えて作るとさらに美味しい。
 
*アルミホイルに入れて③まで作って冷凍しておくと、お弁当のおかずにも役立つと思います。

by treasure-bkklife | 2012-11-05 23:51 | ホームパーティ | Comments(0) 

<< 「もっと知りたい!タイ食材」@... Halloween Party ♪ >>