子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

BENIHANA@Anantara Bangkok Riverside Resort & Spa

来週から6年生の息子は、学校の修学旅行で「チェンマイ」に出かけます!

カントークディナーを食べ、首長族やリス族にも会い、まさにチェンマイを満喫する旅なのですが
チェンマイへの道のりは飛行機ではなく、寝台列車で10時間ほどかけて往復するというもの(^_-)

今年のチェンマイは特に寒いらしい・・・と昨日話を聞き、しかも一日はテントに寝泊まりすると言うことなので
いつも店先では「こんなの、バンコクで誰が着るんだろう・・・」と思っていたのですが、
今頃になってユニクロでダウンジャケットやベストを買い込んだりして、準備にいそしむはめに~(^_^;)
旅行日程は6日間!友達といろんな経験を積み、一回り大きくなって帰ってくるのが楽しみです♪


さて、年末の家族が揃ったある日、「バンコクならでは!のところで、美味しいものを食べに行こう!!!」と。
「美味しいもの=肉」の図式が出来上がっている子供たち(笑) そして大人も嬉しいこちらを訪れることに。
d0222641_2247894.jpg

BTSサパーンタクシン駅を降りて船着き場まで。から、ホテル専用の船で渡ります。
予約の必要はありませんが、船は00分、30分にピアから出発なので、遅れないように!と大急ぎ(^_^;)
d0222641_2313528.jpg

バンコクの新名所でもあるAsiatiqueの観覧車も見えてきて、ますます旅行気分がUP↑
Mandarin Orientalや、Penninsulaとも逆方向、そしてちょっと長旅なのでプチ旅行気分が味わえます。
d0222641_014878.jpg

船から見えてくるのは、まさに「The リゾート!」と言う目的地。
こちらがラマⅢにあるAnantara Bangkok River Side Resort & Spa へ。
d0222641_042375.jpg

この橋を渡って、リゾートの中へ。やっぱり気分がワクワクしてテンションUP ↑
d0222641_2245240.jpg

開放感溢れるリゾートは、バンコク在住者にも人気のリゾートです。
New Yearやソンクランなど、遠出はできないけれどどこかへと言う時にも、多く利用されている気がします。


さて、今日のお目当ては、旅行客の方で賑わうプールサイドを通り過ぎ、奥のこちらまで。
d0222641_071100.jpg

入り口ではこんな夏祭りのような「たいこ」までお出迎え。まさに「ジャパ~ンッ!」と言う感じですが
d0222641_092722.jpg

お目当てはこちら、ステーキのBENIHANAでございます♪
中に入ると「ド~ン~~」と、銅鑼を鳴らしてお出迎えしてくれますが、そ・それは、もしや中国式では?(笑)
d0222641_0112586.jpg

こちらは鉄板を囲むように席があって、1テーブルに専属のシェフが付きます。
厳選された海の幸や肉、野菜などの素材を、このお客様のテーブルの前で、
楽しいパフォーマンス付で(笑)に完璧に焼き上げてくれる、一大エンターテイメントです(笑)

ところで、トイレから戻って来た娘が「ママ~、すごいものがあるよ~!!!」と言うので見に行って見ると
d0222641_143524.jpg

NYが一号店のBenihana of Tokyo。当時の風景が、モノクロで壁にも描かれて。
いやいや、娘が興奮していたのはこちらではございません(^_^;)
d0222641_22191026.jpg

なんと、Michel Jacksonが来店していたのではありませんか!
他にもトム・ハンクスやビル・クリントン元大統領など、有名人の写真も。
こちらに来たら、ぜひトイレ前にも注目して下さいませ~(笑)


さて、お料理ですが、みんなでそれぞれTraditional Hibachi Dinnerのセットをオーダーすることに。
スープ、サラダ、ご飯も付くセットはこちらだけなのですが、こちらはLunchでもオーダーが出来るのです。
その中でもオススメされたJohn Dee Warwick 400day Grain Fed Wagyuのサーロイン、リブアイを。
d0222641_015539.jpg

我が家の子供たちは大人と同じメニューをオーダーしていましたが(^_^;)
こんなかわいらしい子ども用のメニューもあって、小さいお子さんも何人か見かけました~
d0222641_22233044.jpg

まずは「お通し」のような枝豆がやって来ました!西洋人も枝豆って大好きなんですよね♪
d0222641_0164013.jpg

枝豆が来てしまったら、やっぱりまずはビールでしょってことで。
d0222641_0345021.jpg

マッシュルームの軽い風味のスープで、まず胃を慣らして次に備えます(笑)
d0222641_0401928.jpg

サラダはシンプルながら、ドレッシングに玉ねぎなどの野菜がすりおろされていて美味。

そして、とうとう、待ちにまったシェフの登場です!
d0222641_0382715.jpg

鉄腕シェフならぬ、鉄板シェフ(笑)の登場。
次々と華麗なパフォーマンスをしながら調理をして下さる、一大エンターテイメントのはじまり、はじまり~
塩とコショウもジャグリングのように回したり、上に投げあげて背中側でキャッチしたりと凄いんです(^^)/
d0222641_0423325.jpg

最初はやはりお野菜などから。食材も美しく鉄板の上で並べられて。
d0222641_0442035.jpg

「Happy Birthday to you~」とシェフが歌いながら、たまねぎケーキのお出まし~
d0222641_0454217.jpg

次は火がもっと噴きあがって「フジサ~ン」と(^_^;) これにはちょっと子供たちも苦笑い(爆)
あちらこちらから、「お~っ」と歓声の声が聞こえてきます。
d0222641_0501879.jpg

そして野菜炒めはハートの形に整えられて、シェフが「I Love You」と(#^.^#)
d0222641_0473188.jpg

野菜に振り掛けたコショウは、くるくる回転しながらハットの中へすぽっと収めます。

エビのしっぽを切り取って上にほおり投げては、胸の小さなポケットでキャッチしたり
卵だってスパチュラで上に投げては、ハットでキャッチするんですから!
「これ、どのくらい練習するのかな~」と子どもたち(笑) やる気なのかな(^_^;)
d0222641_1163480.jpg

お肉に移る前に赤ワインもオーダー。グラスワインも白・赤ともにございました。
d0222641_1144068.jpg

柔かそうなお肉に思わずヨダレが・・・・。目の前で焼かれるのでたまりません((+_+))
d0222641_118524.jpg

焼き上がりは一口大で食べやすく。しかもジューシーな味わいで、子供も大人も大満足な一日でした!!!


バンコクにいながらにして、リゾート地に来たような雰囲気を味わえる、ホテル自体もオススメですが
日本人にも食べやすい味付けのお肉やお魚を、バンコクならではのお値段で味わえるのも嬉しいところ。
そしてこのパフォーマンスには子供も大喜び、大人も「すご~っ!」と思わず感嘆の声をあげてしまうほど。
お客様へのホスピタリティーもよく、日本からの来客にも嬉しいお店なのではと思います。
そして、何しろこのシェフたちのパフォーマンス、一度は見る価値がありますよ♪



「BENIHANA@Anantara Bangkok Riverside Resort & Spa」
Ground floor, South building
257/1-3 Charoennakorn Road, Thonburi, Bangkok 10600,
Tel:02-476-0022
Lunch 11.30am - 2.30pm
Dinner 6pm - 10.30pm
by treasure-bkklife | 2013-01-19 22:43 | Japanese@BKK