子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

タイ薫るおもてなし 4コースディッシュ @Arche+ 2月号

金曜日から娘がインフルエンザAにかかり、母は看病に追われております~

今回は熱は37度台と高くないにも関わらず、頭痛を訴えているので病院に連れて行ったところ、
「お母さん、やっぱりインフルエンザにかかっていますよ」と。そんなこともあるんだ~!とビックリ!!
私の中の「インフルエンザ=高熱」の図式が崩れました(笑) 皆様もぜひお気を付け下さいませ~


そして、やっと手に入りました!
d0222641_213246.jpg

Arche+ 2月号!今月は「タイの調味料で創作料理!」特集でした~
その中に「タイ薫るおもてなし 4コース ディッシュ」と題してレシピを提案させていただきました<(_ _)>
d0222641_231091.jpg

なんと、見開き2ページで、ドド~んと特集していただいていてビックリしました!!!

今回はタイ料理教室で習って買ったはいいが、その後使うこともなく、あまりがちな調味料(笑)の数々から
子供もみんな家族で食べられるような、簡単にできるおもてなしのタイフュージョンを提案して見ました。
d0222641_1422832.jpg

テーブルコーディネートは、タイを代表するお花の蘭と蓮の紫、そしてテーブルクロスには黒を。
タイの雰囲気を醸し出しつつ、フュージョンぽく都会の雰囲気も出しかかったので、こんな色と花選びを。
イメージはランスワン、もしくは東京ベイエリアの、モダンな高層マンションの一室って感じでしょうか?(笑)
d0222641_1432030.jpg

お花の色目に合わせてパープルのガラスのお皿に、都会的なシルバーの輝きを加えてみました。

このガラスのお皿はイタリアのIVVと言うものですが、日本だとどんなネットでも一枚5,000は下りません。
が、エンポリのセールで、なんと一枚2,000円以下になっていたではありませんか!!
速攻で買占めをしたのは言うまでもありませんが(笑) バンコクでは、たま~に、こんな出会いもあるのです。
d0222641_144580.jpg

バンコクでは様々な形や色の蘭の種類が手に入り、しかもお値段も良心的。
お花もすぐにダメになってしまうことも多いので、長持ちしてくれる蘭の花はやっぱりいいですよね♪
d0222641_1444975.jpg

今回のテーブルコーディネートは、この蓮の花との出会いから始まりました!!!
なかなかこんなお花は見たことがなかったので、「これをぜひ!使いたい」と。
水辺に浮かぶ蓮の美しさをイメージして、ガラスの食器やキャンドルホルダーに浮かべてみることに。


そしてお料理の方は、タイの調味料を生かしながらも、フュージョンの洋のテイストで。
しかも野菜ソムリエとしてはやっぱりお野菜、そして果物も使いたいと言うことで、こんなレシピが完成♪
d0222641_1465464.jpg

スモークサーモンのタルタル タイシーフードソース風
上からスモークサーモン、キュウリ、ソムオーを、タイシーフードソースをメインに作ったドレッシングで和えて
セルクルでお菓子のように抜いて、おもてなし度をUPさせてみました。
もちろんセルクルなどで抜かなくても材料を混ぜて、バケットの上に乗せて前菜風にするのもOKですし、
いつもの食卓には細かく材料を切らなくても、サラダのように混ぜていただいてもGoodです!

今回、このメニューを考えたのは、みなさんも「大好き!」と言われる方が多いソムオーなのですが、
野菜ソムリエメンバーも、料理としては食べたことがないと言う方も多く、ぜひ紹介してみたいと思ったのです。
ソムオーは疲労回復、ダイエット効果もあり、我が家はサラダや酢の物によく登場します。ぜひお試しあれ!

そして、周りのこの赤い宝石のようなものは、ザクロの実なのです。タイではジュースにして売られますよね!
アンチエイジングに効果があるとして、ジュースで飲まれる方も多いと思うのですが、
実は種に一番栄養があるので、こんな風に種ごとバリバリいただいちゃってくださいませ~

また、タイシーフードソースは知り合いの方がバーミーに入れると二度おいしい!と出して下さったのですが
本当にまた別の味わいで、まるでMKのお鍋のような気分になって(笑) これもまたオススメです!!!
材料などを見てみてもタイ料理だけでなく、いろんなお料理に応用できそうですよ♪
d0222641_1474271.jpg

エビのエスニックグリル マンゴーレリッシュ添え

タイはエビもお安く手に入るわりに豪華に見えて、そしてマリネしてオーブンで焼くだけなので
おもてなしのお料理としても使いやすい一品です。
野菜ソムリエとしては、やはり野菜や果物も一緒に紹介したいので、エビのちょっぴり甘辛なお味に対して
さっぱりとしたマンゴーとアボカド、そしてミントをマナオで和えたレリッシュを一緒にいただくのがオススメ!

このスイートチリソース、春巻きなどの揚げ物のディップとしてははもちろんのこと、
手羽先をパリッと塩・コショウで焼いたもののタレや、豚肉などのソテーのタレに使っても美味しいですよ♪
d0222641_1502534.jpg

ハーブロールポーク レッドカレー風味
レッドカレーは脂身の多いダックなどと一緒にカレーになることが多いので、濃厚さを出すために
豚フィレ肉の周りに豚ばら肉を巻いたあと、上から全体をつぶしてハーブと粉をまぶして焼きあげました。
こうするとフィレの柔かさと、豚の脂身がちょうどよい感じになって、もちろんこれだけも美味しいですよ❤

タイのレッドカレーは、マンダリンオリエンタルの定番レシピですが、
ブドウなどの果物とも合わせることが多いそうなので、ここでも付け合せにブドウを使ってみましたが
もちろん彩りなので、プチトマトやブロッコリーなど、お好きな材料を使って下さいね♪

このレッドカレーのソースは生クリームで仕上げてあるので、ココナッツミルクが苦手と言う方にも大丈夫。
レッドカレーペーストの量を調節すると、お子さんでも問題なくいただけると思います。
このソースはフェットチーネなどの、クリーム系に合うパスタともよく合うと思うので、ぜひお試しくださいませ♪
d0222641_152623.jpg

パイナップル・ココナッツプディング
このパイナップル・ココナッツプディングは、実はバニラアイスクリームがたっぷり入っていて、
面倒な手間を省いて、ババロアに近いお味と食感を出してみました。

実は当初、マンゴーで作ったのですが、これはマンゴープディングでありきたりと、ご指摘が家族から(^_^;)
そこで、生のパイナップルがお安く手に入るバンコク、これをピナコラーダのように使ってみたいと。
生のパイナップルなど、特に南国のフルーツは、酵素が強いためゼラチンが固まらないので、
ココナッツミルクなどと一緒に一度火に通すと、問題なくゼラチンを固めることが出来るんです。

もちろん当初のように、パイナップルの部分をマンゴーに替えて、作ることももちろん可能ですし
缶詰であれば火にかける作業もいらず、簡単に作ることができると思います。
水の部分を少しお酒に替えれば、まさにピナコラーダ風の大人にピッタリなデザートにも変身しますね❤


タイの調味料、料理教室で習って買ってはみたものの、やっぱり日常のごはんには
子供は辛さがもちろんのこと、接待でタイ料理を食べ続けるご主人様も「家では普通のごはんがいい」と
タイ料理はなかなか食べてくれずに、台所や冷蔵庫の肥やしになってしまうことも多いと言う話も聞きます。

Arche+の連載コーナーでもある、「もっと知りたい!タイ食材」の中の
「タイ食材で簡単Cooking!」でタイの調味料を使ったレシピもご紹介させていただいておりますが
もっと家族も食べ慣れた、和食に、中華に、洋食にと、幅広く使っていただくことができると思います。
実はもっと幅広く、いろんな使い方ができるタイの調味料、ぜひ毎日の食卓にもご活躍下さいね♪
by treasure-bkklife | 2013-02-11 01:54 | 野菜ソムリエ