子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

The Steak House

先日、13歳になる息子の面談があり、主人と一緒に出席しました。

中学生とあって科目ごとに先生が異なり、希望する教科の先生と全員と面談できるのですが
それぞれ6分ずつと短い時間ではありますが、どの先生も名前を言っただけでどんな生徒なのか、
成績や授業態度だけでなく、その子の持つ興味や方向性、そして今後の目標や対策まで
それぞれがしっかりと把握していることにビックリ!

そして今の時期に大切なのは将来へ向けて、自分でオーガナイズしていくこと、
その中でもタイムマネージメントの重要性を学ぶことだと何人の先生にも言われました。
これは社会に出てから、そしていくつもの家族の予定を束ねるママとしても大切なことですよね!

あんなに「ママ〜❤」と可愛かった息子も、そんな歳になったのかあとしみじみ。。
毎日は未だに子育てでアップアップになる時もあるけれど、本当にここまであっと言う間でした。
高校を卒業したら家を出ていくことを考えると、一緒にいられる時間もあと5年(涙)
そう思うと、毎日の子育てをもっと楽しんで満喫しよう!と思います
いくら「ママ、ウザい〜(汗)」と言う、ティーンエイジャーの冷たい視線を投げかけられても(爆)


さて、子どもたちの誕生日のアップを忘れておりました!
今年はシンガポールで初の誕生日とあって、どんな風に友達たちがパーティをするか分からないからと
子どもたちから「今年はバースディパーティはしなくていいよ」とのお達しがありました(泣)
実はママが一番楽しんでいたパーティだけれど、やはり大きくなると派手にもやらなくなるようです。

今年で息子も13歳、13から19までは「〜teen」がつくので、ティーンエイジャーと言うそうですが
先生にも言われたことではありますが、なかなか扱いが難しいお年頃になってきました(汗)
息子に聞いたところ「肉を食べに行きたい〜」と言うので、評判のよい近くのお店に行ってみました!
d0222641_1974054.jpg

River valley Road沿い、リャンコートの道路を挟んで隣のブロックにある The Steak House でございます♪
d0222641_10463212.jpg

クラークキーに初めて足を踏み入れた時は、「おお〜っ」と思った外国ならではのステキな雰囲気。
d0222641_1912377.jpg

お店の中に一歩入ると、とてもモダンでシックな雰囲気です。
d0222641_19142759.jpg

大人数のディナーにも良さそうな、ステキなお店です。
d0222641_19532491.jpg

こちらでお肉を焼いてくれる姿も見る事ができて、娘はこちらにかぶりつき(笑)
d0222641_19211769.jpg

メニューもシックな大人の雰囲気で。
13歳と言う、ちょっと背伸びしたくなった年頃にも嬉しいようです(笑)
d0222641_192336100.jpg

こちらでビールやワインを楽しむ西洋人の方たちも一杯だった、週末の夜になりました。


こちらのお店は2007年に創業し、上質なAustralian Angus Beefをクラークキーで提供する店として
誇りをもっているというカジュアルシックなレストランです。
ステーキ店と言うだけでなくワインのコレクションも豊富で、バーとしても大活躍のお店だそうです。
d0222641_1131721.jpg

まずは大人は赤ワイン、子どもたちはオレンジジュースで。
ワインは種類が豊富に取り揃えてありましたが、グラスワインの種類は少なかったような気がします。


お店は3日前までにオーダーすると、セットメニューも選べるようですが
急遽、こちらに来ることに決めた私たちは、こちらのアラカルトのメニューからチョイス。
まずはお肉の倍量の野菜を食べなくては!と、サラダを先にいただくことに♬
d0222641_7475731.jpg

The Steakhouse Caeser
Grilled romaine hearts, parmesan, 62 degree egg, bacon bits, anchovies
ドド〜んと出てきた迫力あるシーザーサラダ!
お店の名前がついているだけあってウリなのだと思います。
d0222641_7521970.jpg

Baby Heirloom Tomato Salad
Buffala mozzarella, arugula, gula melaka & balsamico vinaigrette
写真の色があまりよくないのですが、この水牛のモッツアレッラがこれまた美味しかった!


さて、次にメインのステーキの登場です♪
私たちはこちらの一番ウリだと言う、AUSTRALIAN CUTSの
Australian Black Angus Beef Grain Fed 150~200 Days をチョイスしました。

シンガポールでは肉を買う際に、「オーストラリア」「アメリカ」などその産地だけでなく、
どんな飼料を食べて育った牛肉なのか、シールに記載されているものも多く見かけます。
この「グレインフェッドビーフ」と言うのは穀物を食べて育った牛のため、サシが入りやすく
霜降り状態でお肉が柔らかいとされて、日本人もわりと好む牛肉だそうなのです。
その分、脂が多かったり、どんな穀物飼料なのかということも、健康的には気になるところです。

自然の環境で放牧され、牧草のみで飼育された牛のことを「グラスフェッドビーフ」と言い
赤身が多く、お肉本来の味わいを楽しめると言われているようです。
普段はなるべく健康を考えてお値段は高いのですが、できるだけグラスフェッドを買い求めていますが
今日はなんて言っても外でいただくという事で、こちらの美味しいお肉をいただくことにしましたが、
こちらのお店には、アイリッシュ産のグラスフェッドビーフのステーキもあります♪
d0222641_75431.jpg

Sirloin 8 oz.
サーロインのステーキの8oz!8ozってことは、gにすると約227g!!!
子どもたちはこの大きさに大満足、大喜び(笑)
d0222641_7553783.jpg

Filet Mignon 8 oz.
見た目はこちらの方が小さいのですが、こちらもしっかりと227gも♪
d0222641_10482924.jpg

お肉のソースはとっても豊富!
Bearnaise, Red Wine, Horseradish Cream, The Steakhouse BBQ Sauce,
Green Peppercorn, Mushroom, Herb Butter, Whole Grain Mustardからチョイスできるのです♬
私はさっぱりとレッドワインのソースで頂きましたが、とっても美味しかった❤
d0222641_757435.jpg

ミディアムレアで焼いてもらいましたが、とても柔らかいお肉に舌鼓を打ちました。
お肉を226gって、もうこの歳になるとなかなか食べることもないのですが
これだけで私と主人は「あ〜、肉を食った〜!!!」と言う気分で、お腹も心も満腹に(笑)
息子は「食べたりない〜」と宣ったので、最近の食欲は本当にどうかしたのではないかと思うほど!

オーダーしたサイドディッシュのポテトも、様々な種類から選ぶことが出来るんです。
d0222641_7593519.jpg

Idaho Baked Potato, sour cream, bacon
d0222641_814191.jpg

Potato Gratin
d0222641_84098.jpg

Truffle Fries
もれなく子どもたちのお腹に中に消えていったポテトたち♫ 本当に若いって素晴らしい〜!!!

そして最後にはこちらが登場!
d0222641_861397.jpg

お店からコンプリメンタリーのBirthday Cakeが!息子にはサプライズだったので本当に嬉しそう❤
みんなで少しずつシェアをして、幸せを分かち合った夜になりました♪


こんなに満腹になるまでステーキを食べたのっていつ以来だったっけ?と思うほどでしたが
実は、これでも小さい方のステーキなんです!大きい方の11ozは、なんと 311g(爆)
ホテルなどに比べても、お値段はそこそこだったように思います。

またお店はシックな雰囲気ではありましたが、男性たちが大笑いしながらビールを飲むような
堅苦しさはあまりないお店なので、カジュアルな気持ちでお出かけすることができると思います♪




「The Steak House」
River valley Road, #01-14
The Foundry, Clarke Quay.
Tel:6332-1010
6pm-12am
by treasure-bkklife | 2014-11-28 20:33 | French @SIN