子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

カテゴリ:NAGOYA 2011( 6 )

宮きしめん

今日は朝からブログに専念しております。なぜかと言うと、子供(娘)の宿題の見張りをしているから(笑)
一文字書くと消しゴムをいじり、トイレに行き、お茶を飲み・・・と典型的な「のび太」タイプ(^_^;)
気が付くと、鉛筆を持ちながら「コックリ、コックリ・・・」と、まさにマンガのように眠ってしまうことも(爆)

そして兄はと言うと、かなり雑な仕上がりですが、ちゃちゃっと終わらして遊びに行ってしまうタイプ。
同じお腹から生まれて来て、同じように育てたはずなのにな~ 二人とも個性だから仕方がないかあ~と。
最近は「自分が優等生でなくて、子供の気持ちが分かって本当によかった!」と開き直る母でございます(笑)


ところで、タイトルを見て、「あれ~っ???」と思われた方も多いかと思います。
昨日の前振りでは、確実にここだと思うでしょ?
d0222641_12134027.jpg

うなぎの名店 あつた蓬莱軒!ここでいただいた「ひつまぶし」 本当に美味しかったのです♪
「あの味よ、もう一度~」 とバンコクから楽しみにしていたのですが、予約は受け付けていないとのこと。
訪れたときには、すでになんと3時間待ち!!! 「絶対、待てない・・・」と子供たち、そして義父母たちも(笑)

そこでお昼に伺ったのが、新幹線のホームで必ず食べる!という方も多い、名古屋名物のこちら。
d0222641_1230354.jpg

名古屋と言えば味噌煮込みだけではありません!(笑)
あっさりと美味しいきしめんの宮きしめんでございます。
d0222641_12514569.jpg

こちらのお店は熱田神宮の中にある「神宮店」 こののぼりがまた涼しさを運んでくれます。
d0222641_12363072.jpg

野外のお店は、熱田神宮を参拝された多くの方でいっぱい!外国人の方も多かったですよ~

d0222641_12375950.jpg

お店はセルフサービスで。みんなきっちり順番を並んで、美しい~
d0222641_12392586.jpg

暑い中、せっせと話もせずに働く方々のスピードを見て「日本人、やっぱりすげぇ~」と感動する子供たち!
バンコクでいつも見ている風景とは大違いだものね(笑)


ここで、子供たちから質問が出ました。

その① 「『きしめん』って、『うどん』とどう違うの?」
 これは「平べったいのが『きしめん』」と答えましたが、正しくは以下のようでございます。
 小麦粉に食塩と水を混ぜてよく練った生地を帯状に細く切って乾燥させる製法で
 ・長径が1.7mm以上に成形したものを「うどん」、
 ・幅4.5mm厚さが2mm未満の帯状に成形したものを「きしめん」と記載することができる
 日本農林規格(JAS) 「乾めん類品質表示基準」 より

その② 「なんで『きしめん』って言うの?」
 これは、こちらの宮きしめんで説明の札が席についておりました!
 (1) 雉(きじ)の肉を入れて食べたから
 (2) 紀州から伝わって食べられていた
 (3) 中国で小麦粉を水で練って押し広げたものを竹筒で墓石のように切り、茹でてきなこをまぶしたものや
     煮て食べたものを「棊士麺」といい、日本に伝わり似たようなものが作られた
 (4) 熱田神宮の御師 キシ某が好んだので


大人だと当たり前すぎて何とも思わないことが、子供の視点で見ると「そうなんだ!」と考えさせられることも。
そして「ほうとうって言うのがあってね・・・」と話をしましたが、すでに心は違うところに飛んでいたよう(^_^;)
外国人の方もそこそこいらっしゃったので、お品書きも含めて英語版があるとよかったのにな~


さてさて、待ちきれない!おいしそうなきしめんを早速頼むことに。
宮きしめんは、選び抜いた麺用の特等の小麦粉、硬度10mg/Lの天然の超軟水を使い、
そしてこだわりの製法と、その美味しさはもちろん保証済み!
d0222641_12405425.jpg

旬彩きしめん
夏に美味しい!色とりどりの具材も沢山の栄養満点の冷たいきしめん。
暑くて食欲が落ちてしまう時にも、これだけの具材が乗っていると、体にもGood!
娘はゴマダレを選んで「美味しい~❤」と、ニコニコ顔(#^.^#)
d0222641_12415623.jpg

梅トロロオクラ温たまきしめん(のようなネーミングだったと思うのですが・・・)
私がオーダーしたのに、息子に横取りされました(~_~;)
トロロやオクラのネバネバはヒアルロン酸がいっぱいで、潤いお肌を狙ったのですが~ 
ネバネバの食品は夏バテにも効果てきめん!これも夏に嬉しいメニューですね♪
d0222641_1249540.jpg

白エビかき揚げきしめん
やっぱり「きしめん」は暖かくなくっちゃと言う主人。お出しがしっかり効いていて美味しいつゆは
しょうゆ、おすまし、味噌煮込、ざるつゆ、ごまだれと、どれも素材にこだわった一級品です。
d0222641_12501362.jpg

天ぷらきしめん
息子が頼んだのに梅トロロに浮気したので(笑) 私がいただいた一品。
宮きしめんのおすまし味のつゆをいただいて、「あ~、美味しい~❤」と唸った横から
エビのてんぷらだけを奪われそうになり、「ずるい、ダメ~!!!」と大人げない行動を(爆)

伊兵衛など、他店舗では、もっといろいろなきしめんの種類もあるようです。
その季節にしかない、夏野菜とトマトのカレーきしめんなど旬のメニューなども。
もちろん名古屋ご当地の親子味噌煮込みきしめんや、名古屋コーチンのジャージャーめんなど。
季節ごとにいろんなお味が楽しめるのも、嬉しいですよね♪


さて、熱田神宮から主人の実家への帰り道、私たちだけバンコクに持ち帰る買い物に栄まで出かけることに。
高校まで名古屋で過ごした主人も、もうどこが何だかよく分からない~と。
やっと買い物をすましましたが、やっぱりどうしても食べたかったので松坂屋でこちらを購入して帰ることに。
d0222641_12533038.jpg

「あつた蓬莱軒」のうなぎ! おまけに大阪名物、551蓬莱の豚まん、餃子までお持ち帰り(笑)
大阪に行くと必ず買ってしまう豚まんですが、新幹線の中でも「私、買いました~」と匂いでバレバレ~(笑)

関東のうなぎは蒸してあるので、ぐちゃっとして苦手・・・という主人も、久々のうなぎに嬉しそう(#^.^#)
子供たちには初めての食感のうなぎ・・・ちょっといつもと違って違和感があったようですが
「これが、本当のうなぎなのだ!」と、主人は東京の嫁を目の前にして譲りません(笑)
名古屋最後の夜は、美味しいものをいただいて、義父母と一緒にゆっくり過ごすことができました。



そして、翌日の早朝!中部国際空港から、常夏の島に飛びました!!!今年、本土復帰40周年のあの島へ。
青い海、奥深い森、豊かな食、そして私たちも知らない過去の歴史を勉強しに。。。
思っていた以上に楽しく、そして考えさせられた6日間、皆様にもお伝えしたいことがいっぱいです♪




「宮きしめん 神宮店」
名古屋市熱田区神宮一丁目1番1号
熱田神宮境内
Tel:052-682-6340
9:00~17:00(ラストオーダー16:30)
年中無休
他にも宮きしめんがいただけるお店の場所についてはこちらから♪ → 
by treasure-bkklife | 2012-07-31 13:06 | NAGOYA 2011

熱田神宮

年に一度の一時帰国、もちろん嫁の勤めも果たさなくては・・・と言うのは冗談で(笑)
今年も主人の実家に行ってきました。子供たちも毎年恒例行事のいとことの食事会も、とっても楽しみに。
花火を一緒にやったりと、「日本の夏」を楽しんできました~。

双方の家族とも私たちに心配かけまいとして、電話では「元気にやってるよ~」としか言わないのですが、
一時帰国前の義姉の話では、義母さんの具合があまりよくないらしい・・・。重い病気ではないのだけれど。
義父、そして私の両親も元気ではあるけれど、それぞれ少しずつ病を抱える歳になってきてますが
それも一時帰国をして初めて知ったことばかり。。。離れて暮らしているだけに心配をかけたくないのでしょう。


そんな義母さん、義父さん、そして私の両親や家族みんな全てが元気で暮らせますようにと
主人の両親を誘って行ってきたのはこちらでございます。
d0222641_21122418.jpg

地元の方には「熱田さま」と親しまれている熱田神宮でございます。

外国育ちの子供たちにとっては、やはり日本人ですから、日本の文化を肌で知るにもよい経験。
一時帰国時は神社やお寺に伺っているので「手を洗うところはどこ~?」なんて、自分から言い出すようにも。
「『手を洗う』でなく『清める』って言うんだよ~」と一つ一つ教えることになるのですが、
そして口をすすいで・・・と横を見ると、あれ~、ゴクゴク飲んでしまってるんですけど(@_@;)
お寺でも「ポンポン」と、勢いよく手を叩いてしまったり(笑) 少しずつ、教えていくしかありませんね(^_^;)

d0222641_21212178.jpg

この日は月に一度のお茶会とのことで、夏の絽の着物を着こなした方々が。
名古屋の夏は東京より暑かった!!! でも、なんだか涼しさを感じさせて下さいました。
d0222641_21233323.jpg

沢山の日本酒も献酒されております。この地方はお酒だけでなく、味噌など食の文化も豊かですもの。


暑いけれども、凛とした、なぜかそこだけ違う気が流れるように感じられる中、本宮に向かっていきます。
東海地方の方でなくても、熱田神宮の名はご存じの方が多いかと思います。
東京生まれの私には「日本三大・初詣に訪れる参拝客の多いところ」と言うイメージでしたが
最近は名古屋のパワースポットとしても知られているようです。


熱田神宮の歴史は古く、なんと創祀は113年!!!
三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まるそう。
第12代景行天皇の御代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に
留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。
尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられたとのこと。

以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社に列せられ
国家鎮護の神宮として特別の取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきたそうです。
d0222641_21261733.jpg

本宮は、明治26年までは尾張造りの社殿でしたが、三種の神器奉斎の社であることから
伊勢の神宮とほぼ同様の社殿配置・規模の神明造りに改造されたそうです。

2年前に伊勢神宮を訪れていたので、「あれっ?伊勢神宮に似ているなあ」と思ったのは正解だったのです!
この「素」と言うか飾りっ気のない、でも懐が大きくて包み込んでくれそうな雰囲気が安心できる気がして、
うまく言えないのですが、大好きな空間なのです。(稚拙な文章ですみません・・・)
d0222641_016361.jpg

ひとしきりお祈りし終わった後で、「あれを忘れたから、もう10円ちょうだい!」とお願いしてきた息子(笑)
いったいいくつの願いごとをお願いしたのでしょうか(^_^;)

昔はもっと「キレイになりたい」「いい人と結婚できますように」(笑)など、いろんなお願いがあったのですが、
今はただ、「家族みんなが幸せで、健康でいられますように」と、静かに手を合わせ祈りました。。。
そんな普通のことが一番大切で難しいことだと、年々感じられる今日この頃です。
d0222641_21475686.jpg

御隣には神楽殿が。
初宮参り・安産・厄除け・家内安全などのご祈祷を奉仕する社殿だそうです。
d0222641_21482828.jpg

暑い一日でしたが、お宮参りの方々を何人も見かけて、かわいい赤ちゃんに思わずこちらもニンマリと。
「あんな時もあったんだよね・・・」と、子供たちの成長を嬉しく思うのと同時に、
「もっとあの頃みたいに、たっぷりかわいがってあげなくっちゃ」と、反省するときでもあります。
生まれてきた時は「元気ですくすく成長してくれれば・・・」とだけ思っていたのになあと。。。


熱田神宮の境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度もあり、
昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられているそうですが、中でも気になったのがこちらです。
d0222641_21502710.jpg

信長塀
永禄3年(1560)の織田信長が桶狭間出陣の時、当神宮に必勝祈願をしてみごと大勝したので、
そのお礼として奉納した築地塀(ついじべい)だそうです。
土と石灰を油で練り固め瓦を厚く積み重ねたもので、兵庫西宮(にしのみや)神社の大練塀、
京都三十三間堂の太閤塀とともに日本三大土塀の一つとして有名だとのことで、今でも健在なのがスゴイ!


そして、宝物館にも行ってみました。
d0222641_21554197.jpg

熱田神宮宝物館は、皇室をはじめ、将軍・藩主・一般の篤志家におよぶ広い層から寄進された
資料約6,000余点を収蔵し、中でも古神宝・刀剣・和鏡・舞楽面・古文書・什器などには貴重なものが多く
国宝・重要文化財・愛知県文化財に指定されたものは、176点にものぼるということで、
歴女にはたまらないでしょうね。


熱田神宮に草薙神剣を奉斎する由縁から、刀剣類は特に多く、名刀の宝庫ともいわれております。
d0222641_21562571.jpg

みて下さい!この長い日本刀!!! 姉川の戦で実際に使われたものを奉納されたそうです。
宝物殿の中には撮影禁止ですが、それは素晴らしいんだろうな~と思われる刀がいっぱい!!!
機械もない昔に、どうしてこんなシャープで、輝く刀が作れたのだろう・・・と、息子と目をパチクリ(@_@;)
日本人の技術の高さを、ここに見た気がしました。


他にも境内は、大都会の中にありながら静寂で、市民の心のオアシスとして親しまれてそう。
神苑の樹木はことにクスは巨木が多く、樹令千年前後と推定されるものが数本あるそうで
有名な木には、花が咲いても実のならない「ならずの梅」、茶人の愛好する「太郎庵椿」
弘法大師お手植と伝える「大楠」などがあるそうですが、「暑い~ お腹減った~」の声に負けました(笑)
もっとゆっくり散策したかったな~


何しろ食いしん坊のワタクシですもの、これだけでここまで来たわけではありませんの(笑)
12年前、結婚の挨拶に主人の会社の名古屋支社に伺って、連れていってもらったお店がすぐ側に。
今年値段が急騰して話題になっているものですが、 「すっごくおいし~い!!!」と感動したお店でございます。
精をつけて、義母さんにも元気になってほしい・・・
どうなったかは、次のブログにて~~(~_~;)




「熱田神宮」
名古屋市熱田区神宮1-1-1
Tel:052-671-4151
052-681-0538
開館時間:神宮は無  宝物館は 9:00~16:30(入館16:10まで)
休館日:神宮は無  宝物館は 毎月最終水曜日とその翌日と12/25~12/31
by treasure-bkklife | 2012-07-30 23:07 | NAGOYA 2011
今日で名古屋も最後、パパの夏休みも終わりです。
東京に出て私の実家へ、そしてパパは羽田からバンコクへと。

本当は、今年の3月に世界最大のプラネタリウムに生まれ変わった
名古屋市科学館にぜひとも行きたかったのですが
日本の学校はまだ夏休みに入っていない、7月の頭と言うのに、
10時こちらに到着の段階で、すでに17時の部しか予約ができないとのこと(@_@)
これではパパが飛行機に間に合わないので、来年の夏へのお楽しみとなってしまいました。
今年の夏休みに「やっぱり名古屋市科学館に行きた~い」!と言われる方、
覚悟して、ぜひお早めにお出かけくださいませ!


そこで、名古屋最後のお昼ご飯は
d0222641_1493659.jpg

出ました、名古屋名物「味噌煮込みうどん」!
老舗中の老舗の山本総本家へ。
こちらは帰りの新幹線にも便利な山本総本家 タワーズ店。
高島屋の上、JRセントラルタワーズの13階にあります。

ここでまた「さあ、どこから13階に行くのだろう・・」と、あたりをキョロキョロ (+o+)
恥ずかしながら、私たちは完全なおのぼりさん状態(笑)
「・・・名古屋の高校に行ってたんだよね?」と私。
「・・・俺がいた頃には、まだ高島屋なんかなかったし」と主人。
エレベーターのお姉さんが、まあなんて親切に行き方を教えてくれること^^;
日本人でないフリをした方が、よかったかもしれません(笑)

やっとの思いでたどり着いた12・13階のレストラン街、
うわ~、名だたる東京のお店が、一同にここに集まっていてビックリ♪
d0222641_14194495.jpg

その中でもこちらのお店、店先のWaitingの椅子が埋まるほど人気でした。
d0222641_14212822.jpg

私たちは早々に着いてしまい、11時の開店を待って入れましたが
すぐ席は埋まってしまい、外で待つお客さんがいっぱいになりました。


この「山本屋総本家」大正14年名古屋大須にて、
初代店主が「山本屋」という屋号を買い取り、開業したのがはじまり。
研究に研究、改良に改良を重ね、山本屋独特の「こし」と
真似の出来ない「味」と「こく」、毎日食べても飽きないこちらの「煮込うどん」です。

d0222641_14241154.jpg

こちらの煮込みうどんは土鍋に入って出て来るので、最後までアツアツをいただけます。
土鍋は、煮え方も遅いが冷め方も遅い信楽焼だそうで、この土鍋の蓋には穴がありません。
この蓋を小皿代わりに使って、うどんを食べるのがこちらの流儀なのです。
d0222641_14253475.jpg

こちらは卵入り。
こちらのうどんは国内産100%の小麦粉で、太くてコシのある「生うどん」です。
塩を入れて打ったうどんは生のまま直に煮ることはできないので、
こちらのうどんは粉と水だけで、固く練って太い角に切った「生きたうどん」なのだそう。

初めていただいた時には「アルデンテ」のおうどんにビックリ(笑)
でも、熱い汁の中にも最後までこしのあるうどんがいただけて、とってもおいしいのです。
d0222641_14333061.jpg

こちらは名古屋名物「名古屋コーチン」入り。
お揚げとかまぼこも入って、おだしの効いた汁も汗をかきながらいただきます(^^♪

山本屋の煮込うどんはカツオ、シイタケ、コンブ等で作っただしに、
たまり醤油とみりんで味付けしたすまし汁がベースなのだそう。
そして岡崎産の八丁味噌(赤)と、名古屋産の白味噌の秘伝の調合がミソ(笑)
こちらもミソの味だけでなく、しっかり効いてるダシのお味が美味しいんです。
d0222641_14373872.jpg

これっ、「焼き肉屋」さんじゃありませんから^^;
お汁が飛び跳ねて、洋服を汚さないようにとの配慮が嬉しい❤
本当に最後の最後まで、「名古屋メシ」を堪能いたしました♪
(来年はあつた蓬莱軒の「ひつまぶし」にママが決定済み~♪)

d0222641_14442988.jpg

さあ、新幹線に乗っていざ東京へ。
こだわりの息子がみどりの窓口でも、新幹線は「N700系でお願いします」と(笑)

パパは羽田からバンコクへ、子供たちは明日から日本の学校へ
そして私は、ようやく明日から晴れて自由の身で~す!(^^)!



「山本屋総本家@タワーズ店」
名古屋市中村区名駅一丁目1番4号
JRセントラルタワーズ13階
Tel:052-581-9625
11:00~23:00(22:00オーダーストップ)
by treasure-bkklife | 2011-07-22 19:57 | NAGOYA 2011

矢場とん

名古屋の食文化、嫁に行った身としては初めてのものも多くて面白いんです。
「ひつまぶし」「名古屋コーチン」「あんかけスパゲティ」「天むす」「手羽先」などなど。
そもそも料理が大好き、そして好奇心いっぱい & 根が食いしん坊なので、
そんな「名古屋メシ」 どんなものなのか試して見たくて仕方ありません!


その一つが「赤味噌」。主人と結婚してからと言うものの、必ず家には常備してあります。
d0222641_1943828.jpg

一度見たら忘れられないでしょ、こちらの矢場とんの看板(笑)
こちら名古屋名物「味噌カツ」で有名なお店なんです。

d0222641_1971432.jpg

ここは矢場とん エスカ店。
JR名古屋駅地下の駐車場からも近くて便利なんです。
d0222641_19205696.jpg

こちら矢場とんのおしながき。
d0222641_19223116.jpg

こちらには「矢場とん」の歴史とこだわりが。


昭和20年代初頭、終戦直後の名古屋の雑踏の屋台で、
一人のお客さんが、つまみで食べていた串かつをおもむろに
”どて鍋”(もつの煮込み。名古屋では豆みそで煮込みます)のたれにドボンと!
そして「こりゃ~美味い!」と大発見だったそうなのです。
たまたまそこに居合わせたお客さんが、「矢場とん」の初代店主、鈴木義夫さんなんですって。

その後、ご自身が試行錯誤して「秘伝の味噌ダレ」を完成させ、
昭和22年(1947年)、南大津通四丁目電停前(矢場町)に
「矢場のとんかつ」として小さな屋台から創業なさったそうなのです。
「ヤバいほど、おいしいトンかつ」から「ヤバトン=矢場とん」では、もちろんないのですね(笑)

たまたま隣に出くわしたお客さんからヒントを経た「味噌カツ」
でも神様は、その後の大変な努力をきっと見ていたのだと思います。
人生、本当にどこでチャンスが転がっていて、その手にGet!出来るか分かりませんね♪
今や名古屋の食文化を代表する「味噌カツ」
矢場とんは、愛知に8軒、三重、東京、福岡と大発展です。
d0222641_19242833.jpg

こちらは「味噌カツどん」。
一見真っ黒に見えてビックリするかもしれませんが、
濃厚な味噌だれが、カツとごはんに絡んでおいし~い❤
d0222641_19251722.jpg

ロースとんかつ。こちらのお肉も柔らかくておいし~い❤
こちらの倍の量(@_@)もある、こちらの名物「わらじとんかつ」は、
味噌だれとソース味の二つを一皿で楽しめて、お客様に大人気なんだそう!


子供たちも「うんまい~!」「おいしい~❤」とご満悦(*^。^*)
「名古屋メシ」を満喫できましたあ♪



「矢場とん@エスカ店」
名古屋市中村区椿町6-9 エスカ地下街
Tel:(052)452-6500
11:00~22:00 (L.O.21:30)
by treasure-bkklife | 2011-07-20 19:30 | NAGOYA 2011

ノリタケの森

夏休み、(うるさい)子供をどこに連れて行こうかと悩むところですが、
今日は家族で、こちらへやって来ました~。
d0222641_910899.jpg

名古屋市にあるノリタケの森です。

こちらは世界にも名を轟かす、陶磁器のノリタケカンパニーリミテッド
創業100周年の記念事業として、2001年に近代陶業発祥の地である
ノリタケ本社敷地内に陶磁器に関する複合施設「ノリタケの森」をオープンしたのです。

子供たちには「クラフトセンター」で絵付け体験を楽しめますし、
そして、常設されている「オールドノリタケ」などの展示もあります。

特に今は「ノリタケ碗皿物語」として、ノリタケが明治後期から現在までに製造販売した
碗皿の中から200点余りを展示されているとあって、ぜひ行きたいと思っていました。
なんて言ったって「世界のノリタケ」ですもんね。食器好きとしてはぜひ見てみたい!



「ノリタケ」。みなさんご存じの陶磁器の日本を代表するブランドですが、
なんと幕末!に御用商人だった森村市左衛門が、国のため、外貨獲得のために
銀座で海外貿易を始めたことが始まりだそうなんです。

明治37年(1904)、ノリタケカンパニーの前身となる「日本陶器合名会社」を創立し、
愛知県鷹場村大字則武(現 名古屋市西区則武新町)の地に、近代的な大工場を建設。
生産を軌道に乗せるまでには試行錯誤の年月を要しましたが、
10年後の大正3年(1914)ついに日本初のディナーセットを完成させます。

米国へ輸出された日本製の洋食器は大変な売れ行きで、
やがて「ノリタケチャイナ」の名で世界中に知られるブランドへと成長していったそうなのです。



そのノリタケのミュージアムがこちら。
d0222641_1637394.jpg

クラフトセンターとミュージアムへの入り口です。
この1Fが磁器の製造過程、2Fが絵付けなどを体験できるようになっています。
d0222641_1641572.jpg

ここで、お皿やフィギアなど、絵付けをしたいものを選べます。

絵付けに必要な絵の具は、水でふき取ることができるので
何度もやり直すことも出来て、子供もとっても楽しめるんです。
d0222641_16453971.jpg

恐竜フェチの息子は、ティラノサウルスのフィギアを絵付け。
A型の息子、丁寧に納得するまで絵付けしていきます。
d0222641_1648637.jpg

ハートのお皿を選んだ娘。
「絵付けがどうしてもやりたい!」と言っていたわりには、かなり大雑把にササッと完了(@_@)
こちらも同じくA型ですが・・・もう1回、血液鑑定した方がいいかも^^;
d0222641_16525161.jpg

出来上がって満足げな二人!

この日は大阪からいらした団体の方々や、ご家族などでも賑わっていました。
小さい赤ちゃんの手に絵の具をつけて、ステキな記念プレートにしている方も❤
この後はこちらで焼いていただいて、一週間ぐらいで配送してくださいますよ。


こちらのミュージアムは撮影禁止なので写真はとれませんでしたが、
3Fには「ノリタケ碗皿物語」の世界が広がっていました❤❤❤
本当に、言葉に出来ないくらい、素晴らしいノリタケの品々が!!!
そして、そのオールドノリタケのディナーセットを使用したテーブルコーディネートも。
普段はわりとモダンなセッティングが好きなのですが、
食空間コーディネートを勉強しているので、ついついこちらの世界に見入ってしまいます。

「オールドノリタケ」、英語圏では「Early Noritake」と言われる
1800年代の末から第二次世界大戦前後のものが、常時4Fにも展示されています。
優れた技術力と伝統的な感性、テクニックが融合した芸術作品、
コレクターからも人気な作品なのです。
アールヌーボー、アールデコ様式など、時代の変遷も見ることが出来、
歴史的にも素晴らしい作品がいくつも並んでいました。

私などは、どうしても海外の食器ブランドに目が行ってしまいがちですが、
仲良しのアメリカ人、Cの家に行った時に、ステキなノリタケのお皿でおもてなしされました。
次の機会には、ノリタケについての話も話題に出来そうで楽しみ♪
再度、日本の陶磁器の素晴らしさを再認識できたミュージアム見学となりました。



ノリタケの森の中は、他にもいろいろな施設が。
d0222641_1783356.jpg

こちらのライフスタイル パレット。ノリタケの素敵な商品が購入できます。
d0222641_17242035.jpg

こちらの「ハミングブルー」夏のコーディネートにぴったり♪
d0222641_17145064.jpg

こちらの「N4」新しい食の時代に向けてノリタケが発信する食器です。
d0222641_17154022.jpg

グッドデザイン賞も受賞。白く形もシンプルなので、どんなお料理に合いそうですよね。
新婚さんが一番初めに揃える食器にもよいかもしれません。

そして陶磁器だけでなく、このようなお祝いの物も。
d0222641_17271283.jpg

生後百日頃に、赤ちゃんに料理を食べさせるマネをする儀式の「お食い初め」
一生食べることに困らないようにと願いを込めて行います。あ~、懐かしいなあ。

d0222641_18353477.jpg

こちらはアウトレット ボックス。ノリタケの商品がお安く購入できるんです。
普段使いできる白いお皿などもたくさんありましたよ。
アフタヌーンティで使えるケーキスタンド、こちらは折りたたみが売っていました!
これっ、収納にも便利なのでお勧めなんです。


こちらの中にはレストランなども
d0222641_18391175.jpg

こちらはスクエアカフェ。
d0222641_1841277.jpg

のんびり過ごしたい時にもおすすめです。


他にも見どころがいっぱい!
d0222641_18445269.jpg

こちらノビノビと出来そうな広場!子供も喜びそう♪
d0222641_1842477.jpg

明治時代を彷彿する赤レンガ建築。昨年言った小樽をちょっと思い出しました。


夏休み期間の7月20日から9月4日までは、ノリタケの森に恐竜が現れるそう!
煙突ひろば周辺に恐竜の実物大フィギュア3頭が登場!
屋内に設置した恐竜クイズに答えてキイワードを集めて応募するクイズラリーや
また、期間中はスクエアカフェで恐竜のクッキーシューが登場したり、
絵付け体験コーナーの恐竜たちが割引になるなど、ノリタケの森の夏は恐竜づくしだそうで
子供たちも楽しめるイベントが開催されるようなので、ぜひいかがですか?


「見て」「作って」「食べて」「買い物して」「散策して」と
いろいろ楽しめるノリタケの森、名古屋駅からも徒歩でも15分ほどと近くてお勧めです❤


「ノリタケの森」
愛知県名古屋市西区則武新町3-1-36
10:00~17:00 ショップ・レストランは18:00まで
Tel:052-561-7114(クラフトセンター・ミュージアム)
  052-561-7290(ショップ)
  052-561-7304(レストラン・カフェ)
  052-562-9811(ノリタケの森ギャラリー)
  052-561-7231(森村・大倉記念館CANVAS)
by treasure-bkklife | 2011-07-20 09:14 | NAGOYA 2011

コメダ珈琲店

久々に戻ってまいりました、日本!(実は3週間も前の話なのですが^^;)
まず今年は、主人の実家の名古屋方面を訪れることに♪


日本に着き、東日本大震災の影響を心配していたのですが、
名古屋と言うこともあるのか、特にそんなに変化は感じられなかったので、ちょっと一安心。

でも、今回の日本滞在で感じるのは、
みなさんが「より人とのつながりを求めている」のかも・・・と言うことかな。
普段、海外にいるからそう感じるだけなのかもしれませんが、
「人々が暖かく親切で、秩序正しいこと!」(何だかガイジンさんが言うセリフみたいですが^^;)
リムジンバスの運転手さん、駅員さん、お店の店員さん・・・
仕事をいう枠を超えて、声をかけてくれる場面に名古屋でも東京でも出会いました。

震災という辛い経験を通して、「大切なもの」の価値観が変わってきているように感じます。
結婚をしたいと言う方も増えているようですが、
「人とのつながり」やはり人は一人では生きていけませんものね。。。
心が暖まる体験を何度もさせてもらい、本当に嬉しく改めて
「日本って、いい国なんだな・・・」と誇りに思っています。


さて、名古屋(と言っても市内でないのですが^^;)に嫁に行ってから10年。
実は、未だに行ったことがなかったのです、コメダ珈琲
ほとんどが海外暮らしなので、年に一度しか名古屋方面に行かないこともあるのですが
ベジフル仲間のSさんのブログからも、東京でも人気だと聞き、
今回こそ!ぜひ行ってみたいと、ドライブのついでに寄ってみました~。


d0222641_7584664.jpg

こちらは名古屋近郊のS市。ドライブしていると、あちらこちらで見かけます。
d0222641_7571638.jpg

念願のコメダ珈琲!名古屋の「モーニング」文化とはいかに(笑)


d0222641_8112794.jpg

こちらの厨房、オープンキッチンでしたが広いんですね!
d0222641_8131972.jpg

おっ、パンがコーヒーに付くとは聞いていますが、たくさんのパンが並んでいますね。
d0222641_8141931.jpg

メニューもいろいろ。おいしそうなものが並びます❤

ところで、コメダ珈琲初心者マークの私たち、まずオーダーからやっちゃいました。
大きな声で「モーニングくださ~い」と^^;
愛知の方なら、きっとここで「ププ~っ!」と笑っていただけると思うのですが、
「モーニング」というメニューはないんですね (@_@) みなさんお気をつけあそばせ。
11時までは珈琲をオーダーすると、なんとトーストと茹で卵が無料でサービスなんです。
「すげ~なあ」と、18歳までこのあたりで過ごしたはずの主人でさえも
このシステムを知らなかったようで、感動しておりました(笑)


d0222641_819710.jpg

ドド~んと!すっごい量が来るでしょ、コメダ珈琲(笑)。やってくれちゃいます!
これは四人分なのですが、一人に4枚切りぐらいのトースト半分と、茹で卵が1つずつ。
トーストはジャムかバターかを選ぶことができました。
d0222641_8225296.jpg

このホットのコーヒーや
d0222641_8262215.jpg

アイスコーヒーがついて、それでなんと380円!(中部地区)
なんと、タイバーツにすると125Baht!!!
・・・いつも飲んでいるトンローのスタバがいかに高いのか、思い知らされた瞬間です(笑)

d0222641_8274682.jpg

そしてこれがSさんも書いていたシロノワール。
黒っぽいデニュッシュ生地なので、黒のフランス語「ノワール」に白いソフトクリームで
「白=ノワール」=シロノワールという名前なんですって(笑)
う~ん、ナイスネーミングだなあ。

こちらのシロノワール、こちらはミニバージョン。
ふんわりデニッシュパンにアイスクリームが、なんだか懐かしいお味❤

d0222641_8385163.jpg

ボリュームたっぷりの新しいバージョンも!
名古屋ならではの「みそカツバージョン」もあって、ちょっと楽しい❤


こちらに来たのは9時過ぎだったのですが、店内は地元のおじいちゃん・おばあちゃんで一杯!
老人ホームかと思うほどでございましたが、こういう場所って大切ですよね。
人と人とのコミュケーションって、いつになっても大事ですから♪

お店には新聞やら、最新の週刊誌、マンガ(子供の大好きなコロコロも!)などもあって、
久々の日本文化に、時間を忘れてくつろいでしまった我が家でした。


「コメダ珈琲」
愛知のみならず、新潟から兵庫までたくさん!
お店の場所などは、添付のHPをご覧くださ~い♪
by treasure-bkklife | 2011-07-20 09:00 | NAGOYA 2011