子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

カテゴリ:Thai@BKK( 44 )

ブログを2週間ほどお休みしてしおりましたが、シンガポールに帰ってきました!

チャイニーズニューイヤーの間にバンコクのカラーの勉強と、NLPマスターに参加してから日本へ。
沖縄でカラーの強化合宿に参加し、名古屋、東京、またバンコクへと超ハードスケジュールの10日間。
本当に情熱溢れるステキな方たちに沢山あって、充実した楽しい日々を過ごすことができました!


まずは第一日目のバンコク、カラー心理の沖縄合宿の前の勉強会の後、
タイ料理ライターのルイさんが、こちらのお店を予約してくれて、いつもの仲間でGO!
d0222641_22205041.jpg

BTSプルンチット駅直結、Central Embassy5FにあるMinibar Cafeでございます♪

Minibarと言うとスクンビット23のCitadine?と思っていたのですが、
そちらの店舗はクローズし、今はこのセントラルエンバシーの方に移転されたのだとか。
d0222641_22415354.jpg

入り口は狭いのですが、中に入ると店内は広々としています。
d0222641_23103162.jpg

こちらのお店、実はこんな開放感溢れるオープンテラスのスペースも!
d0222641_7561832.jpg

5Fと低い位置なので、バンコクの夜景が本当に目の前に見えるんです♪
赤いナプキンが❤の形で折られていますが(笑)やっぱりデートスポットには最適ですよね!
d0222641_23134130.jpg

今回、私たちは7名と大人数だったので、こちらの個室のようなスペースが用意されていました!
このスペースは20名ぐらいは収容可能な広さだったので、ちょっとしたパーティにもいいですよね♪
d0222641_23151593.jpg

お店のメニューは、こんなちょっとレトロ感のような、大正モダンのようなかわいいもの❤


こちらのお店のMinibarですが、先述の通り以前はスクンビット23にあった人気店。
バンコクの大人気のタイ料理、EAT(Eat All Thai) Supanniga , Somtum Derと
このMinibar Cafeは同じパートナーのお店なんだそうです。

私の中では勝手に、西洋料理のイメージが強かったこちらだったので、
ルイさんから「タイ料理も美味しい!」と聞いて、その意外性にビックリしたところだったのです!


こちらはドリンクのメニューも豊富で、どれにしようか迷ったほど。
d0222641_23162816.jpg

名前は忘れてしまったのですが、すいかのジュースのテンモーパン。
d0222641_23184483.jpg

お店の人からのリコメンドでいただいた、ドラゴンフルーツのカクテル。
このスタイリングがまた可愛くて、みんなも思わず写真をパチり。


お料理のオーダーは、もちろんルイさんに全部おまかせ(笑) 
いつも美味しいお料理を選んでくれるので、ご一緒できてラッキー❤
d0222641_2322653.jpg

Granny Kamol's Cowslip Creeper Salad
タイではよくお花を食べますが、日本語では「キバナクリンザクラ」というサクラソウの一種だそう。
d0222641_2323276.jpg

DIY Garden Wrap
カリッと炒めた塩豚バラ、そうめんのようなセンミーと、ライムのマナオやパクチーなどを、
一緒にレタスに包みこみますが、ホームパーティなどにも受けそう!
d0222641_23245795.jpg

Ox Tongue Fritter
これはタイ料理ではないのですが、ルイさんの大リコメンドでいただくことに♪
煮込んだ牛タンを揚げたものだそうで、チリマヨネーズが添えられておりました。
衣はカリッ、中の牛タンは柔らかで、 ビールに合いそうな一品でした!
d0222641_23292574.jpg

Baby Calamari
今回は男性も一緒だったので、やっぱりガツンとした揚げ物も欲しいもの♪
d0222641_2330437.jpg

Saiburi Rice Salad
バタフライピー、アンチャンの花で青く色付けられたご飯が美しい!サイブリースタイルのカオヤム。
この色が「どんな着色料を使っているのやら。。。」と、心配な方もいると思うのですが
タイで使われているお料理の青や紫色は、このお花から取った色を使われていることが多いのです。

このカオヤムは私のタイ料理のおもてなしでも作りましたが、レモングラス、ココナッツなどと別に
このお店はルイさん曰く、この上に千切りで乗っているのがドックダーラーと言うものが特別です!
初めていただいたお味ですが、生姜やウコンのような清涼感と微かな辛さがありました。
d0222641_2331504.jpg

カオヤムはぐちゃぐちゃっと混ぜていただきます。味がしっかり絡んで美味しいんです!
d0222641_2333621.jpg

Soft Shell Crab Somtum in Crispy tortilla Bowl
タイ料理の定番のソムタムも、揚げたソフトシェルクラブが豪華に添えられているだけでなく
クリスピーなトルティーヤのボウルに盛られ、美しく飾られて登場しました!
d0222641_23342157.jpg

Sweet minced pork on Rice in Egg Net
なんて華やかな一品なんだろう!と思われると思うのですが、
この美しい黄色のネットは、溶き卵をシュシュっとフライパンに振り分けて作ります。

以前、オリエンタルマンダリンのシェフから習いましたが、100円ショップで売られているような
口先が細いケチャップ入れのような、入れ物に移し替えて作ると上手にできるそうです!


さて、まだまだ行きます!デザートは別腹(笑)みんなで仲良く分けていただきます♪
d0222641_23353786.jpg

Grass Jelly & Tres Leches Granita 80B。
薬草のチャオクワイのゼリーに、トレスレチェ味のグラニテを乗せたオシャレな一品。
d0222641_23364781.jpg

Fresh Fruit Panna Cotta with Raspberry Sauce
このパンナコッタの色合いも美しく、ラズベリーのソースも程よい感じに。
d0222641_2338552.jpg

Grilled Buttery Toast Served with Thai Tea Cream
かなりガツンとしてデザートですが、とてもオススメの一皿!
カリッとトーストしたブリオッシュに、チャーイエン、タイティーのクリームをかけたもの。
かなり濃厚な一皿なので、数人で分けた方がいいかなあとも思いますが、
そのお味は何だかとてもクセになりそうなお味でした❤
d0222641_2339863.jpg

Banana Pudding in s Jar
最近はサラダもジャーに入れるのがとっても流行っておりますが、こちらのデザートもジャーの中に。
d0222641_23402851.jpg

紅茶はティーパックではありましたが、マリアージュフレールのマルコポーロが。
d0222641_23415422.jpg

いつものごとく、カプチーノをいただいて。
タイ料理のお店だとなかなかデザートまで「美味しい〜❤」ってところも少ないのですが(苦笑)
この日はお腹も心も大満足、忙しいスケジュールの初日にほっと一息ついた夜でした。


バンコクにNLPで来てお泊まりの度に、それぞれお仕事の忙しい中を時間を作って下さる皆様方も
それぞれが口々に「いいね〜、ここ!」とそのお味と居心地のよさにべた惚れ❤
お店の方の対応もとてもスマートで、優しい気配りが嬉しかったです!

何となくオシャレなカフェのイメージが強く、お味はそこそこなんて勝手に思っていましたが
今回、別であったお友達も「実はMinibar、思った以上に美味しかったんですよ〜」と(苦笑)
自分の勝手な思い込みで「え〜、そこはちょっと。。。」なんて、せっかくの案を却下していたら
まさに「食わず嫌い」で、本当にもったいなかったなああと思います。
何でも挑戦すること、ちょっと試してみることもとっても大事ですよね!



さて、質問です❤
「意外にやってよかったこと、行ってよかったところは何ですか?」




「Minibar Cafe@ Central Emnassy」
5/F, Central Embassy, 1031 Ploenchit Rd., Bangkok, Thailand
Tel: 02-160-5610
Daily: 10am-10pm
by treasure-bkklife | 2015-02-25 23:19 | Thai@BKK
ここのところ毎週末バンコクへNLPを学びに往復する日々を送っています。
日曜日にはサイアムで爆発事故があり、ちょうどNLP仲間がこの現場にいて爆音を聞いたとのことで
いろんな心が痛むニュースが相次ぐ中、世界中にこれ以上何事もないことを祈るばかりです。

バンコクの日常はいつもと変わらず、まったく違和感もなく行き来をしているのですが(笑)
その間に友達とも久しぶりにあって、ステキな時間を過ごさせていただいてます❤

この日は公私ともにご一緒させていただいく タイ料理ライターのルイさんの大リコメンドで、
私のカラーの師匠でもあり、セントラルでカラーの講座を行っているColor Tableの重本史子さんや
バンコクの奥様だけでなく、日本にもそのお洋服が人気のatelier-fuwariの弘美さんと一緒に
外国人シェフの登用で生まれ変わった!という、ステキなタイ料理レストランにいってきました。
d0222641_81798.jpg

バンコクの老舗ホテルDusit Thani Bangkok にありますBenjalongでございます♪

こちらは昔からタイ宮廷料理で知られる有名店で、ルイさんとも一緒に来た事があるのですが
シェフが変わってぐ〜んとお料理が変わった!との事だったので、とても楽しみにしていたのです♪
d0222641_82193.jpg

お店の中にはタイのベンジャロンや、工芸品なども飾られて。
d0222641_834262.jpg

久々にタイらしい空間だなあと思わせる室内。
d0222641_85698.jpg

ゆったりとしたスペースが心にもゆとりを与えてくれるような空間です。
d0222641_861794.jpg

私たちはこのお庭が見える円卓の席。ステキな夜を予感させてくれます。
d0222641_873819.jpg

タイ料理はビールだけがお供ではありません(笑)ホテルならではのリッチな気分に。
d0222641_884161.jpg

光と影をうまく使った大人の空間に、酔いしれるディナーの始まりです。


こちらのバンコクの老舗ホテル、デュシタニのタイ料理レストランのベンジャロンは
新しくデンマーク人のモーテン・ニールセン氏をシェフとして迎え、メニューを一新したそうです。
この方はアジアでも指折りのレストランに選ばれた、バンコクnahmのロンドン店や
コペンハーゲンのKiin Kiinなどで、腕をふるわれていたすご腕の方という事で
久々に美味しいタイ料理がいただけるのではと、本当に楽しみにしていたのです!
d0222641_22121374.jpg

Black Currant Lemonade
まずはみんなで乾杯ということで♪ こんな女子好みのMocktailもいくつかの種類が。
d0222641_8173653.jpg

Yam Pla Duk Foo Deconsturacted
身をほぐして揚げたナマズと、グリーンのマンゴー、カニの身をトムヤム味で合わせたヤムですが、
本当にこれがまた、本当に絶品だったんです!
d0222641_8183688.jpg

このクリスピーに揚げた食感を最後まで楽しむために、テーブルで各自が混ぜていくのです。
d0222641_819501.jpg

このあたりのこだわりやホスピタリティーも、この新しいベンジャロンのおもてなしのひとつのようで
スープも具材の食感を楽しんでもらいたいと、テーブルで具材にスープが注がれます。
d0222641_8205911.jpg

Tom Yum
タイ料理の定番でもあるエビが入った酸味のあるスープのトムヤムクン。
d0222641_822464.jpg

Tom Kha
ココナッツミルクとレモングラスの香り、そして酸味が絶妙にマッチしたトムカーガイ。
この鶏肉はスロークックされたものなので、身が本当にふんわり柔らかい!
d0222641_8231131.jpg

Geng Juet
ローストしたダックにカニの身、若いココナッツやバジルのスープ。
d0222641_8242074.jpg

Tom Klong
タイでも魚のアジはよくいただくのですが、臭みもなく美味しさが広がります。

それぞれのスープは2人前ぐらいの量があり、4人で分けてそれぞれのお味を堪能しましたが、
本当にどのスープも心から「美味しい〜」と絶叫してしまうような(笑)素晴らしいお味で
「あ〜、バンコクに来てよかった〜❤」と改めて思うお料理の数々。

あっ、もちろんここでお料理は終われません(笑)
オーダーはもちろんルイさんに全て丸投げして(爆)、こんなお料理たちがやってきました!
d0222641_825332.jpg

どどーんと現れた4種類。4人で全て2皿ずつオーダー致しました。
d0222641_8374786.jpg

Kang Kiew Wan See Klong Neau Toom
72時間かけてスロークックされたというこのお肉の迫力を見て下さい!
柔らかくスッとほぐれるように煮込まれた牛のリブのお肉と、グリーンカレーのお味が絶妙で
このカレーはオーダーすることを強くオススメいたします❤
d0222641_826404.jpg

Pad Prik King Moo Pun
ミートボールといってもそこはベンジャロン、決しておこちゃまのお味ではありません(笑)
レッドカレーのソースにしっかりと包まれた、ふんわりしたミートボールがこれまた美味しい!
d0222641_8275864.jpg

Pla Muek Tod Kamin Sod
揚げたイカをフレッシュなターメリックと、ライムやコリアンダーと合わせた爽やかなお味。
イカも柔らかくて、これはビールにもピッタリなお味です!
d0222641_8295298.jpg

Tao Hoo Palo
豚肉を中華の五香粉で煮込んだタイのムーパロは、邦人にも人気のお料理の一つですが
肉系のお料理が続いたので、今回は豆腐バージョンの方をチョイス。
チャイニーズブロッコリーの歯ごたえもシャキッとして、タレと絡んで美味しかったです。
d0222641_829733.jpg

こちらの濃厚なタレもテーブルで注いでくれるので、クリースピーさも最後まで残っていただけます。
d0222641_8311523.jpg

残念ながらデザートまでいけるお腹の容量がなく(笑)最後にはカプチーノをいただきました。

こちらの美味しいタイ料理、「あ〜、行きたいけど夜は無理だなああ」と思われた方も多いのでは?
今回いただいたお料理はアラカルトだったので、お昼のランチでもいただけるかと思います。
また、ランチとディナーにはそれぞれセットがあるので、少人数でも美味しくいただけます。
それぞれのお料理に合わせてワインがセレクトされた「S E A S O N A L T A S T I N G M E N U」も。
個室もあるお店なので、とっておきの歓送迎会や日本からのお客様にはとってもオススメのお店です!


バンコクのタイ料理も、外国人シェフの方がどんどん増えてきましたが
その方によってもいろいろと好みが分かれるところだと思います。
こちらの外国人シェフのタイ料理の世界は、モダンなテクニックと伝統的なお味とのハーモニーで
「久しぶりに美味しいタイ料理をいただいたなあ」としみじみ思うお味でした❤

バンコクの老舗のホテルが、タイ料理に外国人シェフを登用する新しい挑戦に踏み切りましたが
私たちも自分の持つ文化や価値観は大切に、外国の文化や思想、その方たちをきちんと認めた上で、
素晴らしいところはどんどん柔軟取り入れ、双方のよいところをどんどん織り交ぜて
ステキなハーモニーを奏でていけたらいいなあと、最近のニュースを見ていても思ってしまいます。。

このメンバーも一線で活躍している人たちばかりで、その会話から様々なアイデアをいただいたり
お互いのよいところを織り交ぜて、一緒に何かを作り上げている本当にステキな仲間達❤
心から愛するバンコクの友とのおしゃべりと相まって、心も舌も楽しんだ夜となりました。



さて、質問です❤
「あなたが外国の文化や他の人などから取り入れて、さらに素敵になれることはなんですか?」




「Benjarong @Dusit Thani Bangkok」
946 Rama 4 Road
66 (0) 2200 9000 ext. 2345
Lunch: Monday to Friday, 11:30 to 14:30
Dinner: Monday to Sunday, 18:00 to 22:00
by treasure-bkklife | 2015-02-05 08:23 | Thai@BKK

EAT eat all thai

シンガポールに赴任してから3週間!
船便の荷物もすっかり落ち着いて、やっと日常生活が戻ってきました。

3日目、3週間目、3カ月目と「3」が付く時は、そこまで張っていた気も少しほぐれたことで
体調も崩しやすいといいますが、全くその通り!家族みんなで雨季のせいか風邪気味です(苦笑)
今日は一年以上ぶり?に、朝10時過ぎまで家族みんながぐっすり睡眠と言う一日でスタート(≧▽≦)
受験からスライドと言う激動の日々だったので、こんなことにも幸せを感じています??


さて、バンコクの友達からのLineによると、私の新しいコラムが掲載された
バンコクのオシャレな情報誌、フリーペーパーのWOM9月号も配布を開始されているとか♫
これも実物がシンガポールに届く予定なので、ぜひブログでもご紹介していきたいと思います!


さて、これからブログの内容も少しずつ変えようと思っているところですが
まずは溜めまくっているネタ(笑)をどんどん書いて行こうと思っています。

タイ料理ライターのルイさんとは、公私ともに仲良くさせていただいているのですが、
毎月ルイさんがバンコクに来るたびに、ステキで美味しいお店に出かけていました♪

バンコク最後の夜はルイさんをはじめとして、バンコク生活でお世話になった皆さんと一緒に。
私のカラーの先生でもある重本史子さん、 Mocaからnico Laboへとお世話になった編集者である荒井さん、
生き方だけでなくママとしても感銘するAtelier Fuwariの弘美さん、Family Photoを撮って下さった千里さん、
Mocaの特集でもお世話になったマコさんと一緒に、ルイさんがブログでも大絶賛していた
「本当に久々にオススメ!」と言うこちらのお店へ??
d0222641_2145103.jpg

BTSチットロム、サイアムにある、Central Worldの新しく出来た施設、Groove2FのEAT eat all thaiでございます♪

お店の周りにもフォション、マキシムドパリなどのオシャレなお店が入るGroove。
こちらも朝の10時から夜の10時までの営業なので、いつでもフラッと来れるのも嬉しいですよね!
d0222641_21453983.jpg

店内はそんなに広さがあるわけでもないので、本当にお客様でいっぱい!
外のオープンテラスの部分も、沢山のタイ人の方で盛り上げっていました。
d0222641_2147433.jpg

バンコクのタイ料理のお店も、こんなオープンキッチンのお店もぐっと増えてきましたよね!
d0222641_2146574.jpg

今日のお席は一番奥の特等席で。
お客様が一杯だったので店内の写真は控えさせていただきましたが、とてもステキですよ♪


こちらのお店はトンローにあるタイ料理店の名店、SUPANNIGA EATING ROOMの姉妹店。
お店も「Eat all Thai」と名を打つだけあって、タイ全土の家庭の味を楽しめるお店だそうです。

タイの家庭料理とは言っても、そこはタイ全土、各地の最高級の食材を使うこだわりよう!
バンコクのGrooveと言うモダンでハイソなロケーションでいただく、まさに家庭料理の饗宴??
「タイの文化、タイの家庭料理をもっと知ってもらいたい」と言う思いが、込められているのです。


さて、お料理のチョイスはもちろん、全部ルイさんにお任せ(笑) 
d0222641_21504764.jpg

名前は忘れてしまったのですが、こちらのお店の名前がついたカクテル
アルコール分があまり強く感じられず、パイナップルの爽やかなカクテルでした。
d0222641_21483463.jpg

Hong Kong Kale Sauteed with Crispy Salted Fish

野菜ソムリエ@バンコクでも何度セミナーでご紹介している、タイ野菜のカナ。
その中でも一番食べやすいカナホンコンを、オイスターソースで炒めたものです。
その上にはバランスとれた塩魚の干物を、ほぐしてサクサクに揚げたものがトッピングされて。
カナのほんのりした甘みも引き立つ、美味しい一品です??
d0222641_214841.jpg

Deep-fried sun-dried squids with herbs

この干したイカの揚げたものにはヤラれました(笑)どんどんお酒が進んでしまうお味なのです。
そしてハーブとの組み合わせも絶品で、床に座ってビールジョッキを片手にいただきたい一品(笑)
d0222641_21484057.jpg

Fish cake mixed with squid, served with sweet & sour dip
これもタイのさつまあげのトートマンプラの中から、イカの食感がするのがとても美味しい一品!
タイ料理であるけれど日本の居酒屋にも合いそうな、これまた「ビールと合うよね〜」と言うお味。
d0222641_21493116.jpg

EAT's special omelette fully stuffed with crabmeat & prawn
このタイのオムレツは絶対に食べていただきたい一品!!!
ふわっとしたオムレツの中から、カニの身が「これでもか!」ってくらい詰まっています。
d0222641_21502796.jpg

Fried chinese cabbage gravied with premium fish sauce from Trad province
これは見た目には地味(笑)だけれど一口食べると虜になるお味なんです!
SUPANNIGA EATING ROOMでも誰もが美味しい!と言うこのキャベツの炒め物は
トラート産の高品質なナンプラーを使った、「特別な」キャベツの炒めものなのです♪
d0222641_215174.jpg

Grilled Giant River Prawn
このお店に来たら「これは絶対食べないと!」と言うほど、Face BookにもUPされている一品。
もうこの身が本当にプリプリで弾力感があるため、ナイフを使っても殻から剥がれないほど(笑)
川エビってこんなに美味しんだぁ〜?? と改めて魅力を発見した感じです。

そして濃厚なエビミソをたっぷりつけていただき、その甘味にうっとりしながらも
さらにシーフードソースもつけていただくと、一気にタイ料理の世界へ(笑)
見た目の豪快さや大きさだけでなく、本当に絶品のお味!ぜひ試していただきたいと思います。
お値段はその時の大きさや時価になるようなので、ぜひ聞いてみてくださいね♪
d0222641_21531661.jpg

Jasmine rice seasoned with fermented shrimp paste,served
with shredded eggs, barbecued pork, and green mango
今回、こちらでも美味しい!と言うグリーンカレーのチャーハンが残念ながら品切れ(涙)
そこで、私も大好きなカオ クルック カピのこちらのごはんメニューをチョイス。
甘めのお肉にグリーンのマンゴーの酸味、唐辛子の辛みなどのハーモニーが好きな女子は多いはず。

カピはエビを発酵させたものなのですがまったく臭みもなく、均等なバランスでご飯と絡み合って。
お肉の甘さもちょうどよく、本当に美味しくいただいきました♪
d0222641_2154337.jpg

A fried ‘Chaiya’ salted egg
グリーンカレーチャーハンに添えられているのが、このカイケム。
こちらのお店ではこのカイケムの産地として有名は、タイ南部にあるスラータニー県、
チャイヤー産のカイケムだけを使っているのだとか。

一つの卵を代の大人が6人で、仲良く分けていただきましたが(爆)
いい塩梅に塩加減と旨み、滑らかさとまろやかさがとっても美味しいカイケムでした。


この日、ご一緒させていただいた方々は、それぞれが既にその分野で成功しているにも関わらず
「さらに一歩前に進もう!」と、これからの夢を語りあった夜にもなりました。
そのメンバーのほとんどが40歳過ぎですが(笑)大人が夢を語る社会っていいなあと思います♪

バンコクで少しずつ自分の夢が実現できていったのも、タイ料理学校でルイさんと知り合い
バンコクの女子ブロガーの一人として、Mocaの特集に載せてくれたことから。
そこから仲間たちとベジフルビューティーとして、タイ野菜や果物のレシピ特集に参加したり
タイの調味料を使ったレシピを提案したり、ルイさんが昔から絶対やりたかったと言う
キレイを叶える週末バンコクにもお手伝いさせていただくことも出来ました。


「駐妻だから。ママだから。英語ができないから。もう今さらいい歳だから・・・」と
自分の夢をあきらめるのではなく、「今、出来ることを一歩でも」と真摯に向き合ってきました。
「自分の実力では無理かな・・・」と思うようなことも、自分の心にビビッと来たものには
「やりたい気持ちを優先して行動!」しているうちに、素敵なご縁や機会を与えていただきました。
NLPやコーチング、食や体のこと、大好きな人と一緒に出来る喜びを感じさせていただいてます。

ずっと「妻として、母として幸せなはずなのに、なぜか満たされない気持ち」を抱えていましたが、
44歳にしてやっと(笑)自分らしく歩き始めていることを実感しています。
そしてこれからは、今まで多くの方に支えていただいた恩返し、感謝の気持ちとして、
自分と同じように感じている妻・ママたちを、食や体、心のコーチングや癒しなどを通して
「一人一人が自分らしくと輝いて、幸せを感じて生きる」ことを応援していきたい思っています!


帰り際にルイさんと二人になって、いろんな話をしながら今までのいろんなことが思い出され、
不覚にも思わず涙がこぼれてしまいました。今までずっと堪えてきたのになあ・・・。
またお互いの夢をさらにどんどん広げていって、一緒に何かできることを願っています??
本当に皆様、どうもありがとう!!!




「EAT (EAT ALL THAI)」
2F, GROOVE, Central World, 999/9 Rama 1 Road
Tel:02-251-1230
10am-10pm
by treasure-bkklife | 2014-08-30 11:48 | Thai@BKK

Baan Khanita @ Sukhumvit 23

木曜日に船便が入り、まさに怒涛の4日間でした!
バンコクは一軒家で荷物が増えていたこともあって、荷物を2/3まで減らしましたが、
それでも、どうにもこうにも193箱(笑)まあ、やっぱり多い方ですよね(*´Д`)

荷物の中身を見てみると、多いものはやはり分かっていたけれど「食器か・・・。」
これを一気に開封して収めるのは、やはりそれはそれは大変でした(苦笑)
ほぼ荷物を収めることができましたが、まだまだ収納スペースが足りないようです。
シンガポールの家は我が家と同じく家具なしのところも多く、今週の搬入を待つばかりです♫


さて、ある程度ひと段落ついたところで、バンコクの思い出を書き綴りたいと思います。

子供たちがインターに通っていると、横の繋がりもあって違う学校のママたちと友達になることも。
自分たちが受けたことがない教育なので、学年が上がるほどシステムなど分からないことが多く
親も把握しておかなければならないことも増えて、情報交換などもママたちにも必須(笑)

この日はそんな仲良しのママたちが、タイの思い出にふさわしいお店で送別会をしてくれました。
d0222641_11512251.jpg

スクンビット23にあります、タイ料理の Baan Khanitaスクンビット23でございます♪

タイ料理の名店であるこちらは、サトーン、スクンビット53、Asiatiqueにもお店があります。
d0222641_11541934.jpg

一歩中に足を踏み入れると、古き良きタイ家屋の味わいが。
d0222641_11524146.jpg

一つ一つの装飾品も、じっくりと味わうように目で楽しんで。
d0222641_1153153.jpg

入口だけでもステキな予感を感じさせる、そんなステキなお店です。
d0222641_1155947.jpg

1Fには広いメインのダイニングとオープンテラスのお席が。
d0222641_1155327.jpg

階段を上がったところには区切られたお席も用意されているので、誕生日などにもよいかも。
d0222641_11563731.jpg

2階には大きなスペースのお部屋もあるので、奥様会やミーティングなどにも対応できそうですね!


こちらのBann Khanitaは、言わずとしれたタイ料理の名店で、
アットホームな雰囲気の中にも、新鮮で伝統的なタイ料理を目指しているお店です。
素材にこだわり、お料理には保存料や人工的なものを一切使わないと言うこだわりを持ち
野菜や果物も自社のBann Panalai Organic Farmから直送されたものを使っているそうなんです。


さて気になるお料理ですが、この日はランチセットをオーダー。
少しずついろんな種類のタイ料理をいただけるので、いろんあお料理試したい方にも嬉しいんです♬
d0222641_11564276.jpg

タイ料理をいただく時に、割と多くオーダーする方も多いマナオ ソーダで。
d0222641_11582380.jpg

最初に登場したには、コンプリメンタリーのミエンカム。
はいごしょうの葉に、ナッツやマナオ、甘みのあるソースやチリなどを自分で挟んでいただきます。
ミエンカムを最初にいただいたのも、実はこちらのお店が最初でした。
それからというものその美味しさに魅せられて、タイクラフトフェアなどでもよく買い求めました!

私と1人のお友達はランチセットAをチョイス。
このセットのお料理は、タイ料理学校で習ったものばかりの「タイ料理の王道」メニュー(笑)
何だか懐かしさもあって、ぜひいただいておきたいと思ったのです。
d0222641_11581410.jpg

メニューにはカナのオイスターソース炒めとあったのですが、この日はスナップエンドウの炒め物。
タイ料理は中華から影響されたものも多いので、こんなメニューもよく見かけますよね!
d0222641_11585821.jpg

Tod Man Khung - Deep fried shrimp cakes
子供も大好きなエビのミンチをあげたもの。プラムソースにつけていただきます。

実際はエビだけでなく白身魚もつなぎとして入れるのですが、粘りを出す混ぜ方にもコツが。
数十分ほど混ぜ合わせる捏ねる作業は、とても重くて肩が痛くなってしまうほどでした!
d0222641_120255.jpg

Som Tam Song See- Spicy papaya and carrot salad
やっぱりタイ料理で食べておきたいソムタム。
本帰国になった友達たちが、口を揃えて「ソムタムが食べた〜い」ってよく言いますから(笑)
d0222641_1205557.jpg

Gaeng Khiew Wan Gai - Green curry with chicken
グリーンカレーは、タイ人にとっては「甘い」カレー。「Wan」”甘い”とつくのはそのためです。

タイ料理学校で日本人のSさんとペアになり、グリーンカレーを作った時に
ペーストに入れるパクチーの葉がうまく潰しきれず、カレーに葉がプカプカと浮かんだことも(爆)
ここのグリーンカレーはさすがにとても色合いも美しく、お味も甘くて美味しくいただきました!
d0222641_1215789.jpg

Tub Tim Krob-Water chestnuts in syrup and coconut milk
これもタイ料理学校の最終試験で作り上げたお料理。いつもオーダーしてしまうデザートです。
クワイに赤いシロップで色をつけ粉でコーティングして茹で、つるんとした食感も楽しみます。

これも料理名から「ざくろの粒」のように、一粒一粒小さく繊細に造りあげることと言われたですが
今までなかなかそこまで繊細に作られているものを、そんなに見ることはありませ〜ん(笑)


そして、他のお二人はセットCをチョイス。こちらもタイ料理ではお馴染みのメニューばかり。
d0222641_1211419.jpg

Stir-fried mixed vegetables topped bacon - Phad phak Ruam Mitr
野菜炒めですが、ベーコンがトッピングされているのは珍しいかもしれません。
d0222641_1231137.jpg

Yam Tua Phu- Spicy Winged Bean Salad with shrimps chicken and coconut milk
女性が大好きな、美容にも嬉しい四角豆のヤム。
お店によってココナッツミルクの量が違うので、味わいがかなり違います。
d0222641_1235771.jpg

Gai Hor Bai Toey- Deep fried chicken wrapped with Pandanus leaves
バイトーイ、パンダンリーフに包まれて揚げられるチキンは、好きなお子さんも多いはず。
ここでは葉は外されて登場しますが、葉に包まれたまま盛り付けされるお店が多いような。
バイトーイ、パンダンリーフは、タイのバニラとも言われるほど、お菓子などにも使われるんです。
d0222641_1243221.jpg

Gang Som Baan Khanitha - Spicy Tamarind soup with tomatoes and mixed vegetables
こちらのゲーン、タイのスープは、お友達たちにはかなり辛かったようです。
タマリンドの酸味も効いたスープは、私も大好きな一品ですが。
d0222641_1253754.jpg

Taro Ice Cream
実は、セットAかCかでかなり迷ったワタシ。
最後の決め手は「う〜ん、タロイモのアイスかぁぁぁ」ってことで、CではなくAをチョイス。
「デザートをTub Tim Krobに替えることはできる?」と試みるも、「NO」のお答えが(笑)

が、このアイス、相当美味しかったようで、「タロイモとは思えな〜い??」とのこと!
「やっぱりCにしてよかった♫」と言う声を聴くと、何だか無性に食べたくなったのでした(爆)
d0222641_1263337.jpg

どちらのコースも最後にはコーヒーか紅茶がついてきます。
とても優雅でステキなタイ家屋の、充実した思い出のランチになりました♬

みんなからいただいたのは、私にピッタリな色の可愛らしいお花??
d0222641_1275612.jpg

ビタミンカラーのガーベラのお花をいただいて、早速飾らせていただきました!

今日ご一緒したママたちは、実は私が同じ学校になるからとお友達を紹介した仲間なのですが
後日、私がバンコクで資格を取得したソウルカラーセラピーのモニターになって下さり
なんでこのママたちが「きっと合うだろうな」と思ったか、改めて分かってしまったメンバー(笑)
やっぱり必要なご縁ってあるんだなあと改めて思わされた、「熱いハート」の持ち主ばかりです。

そんな優しいママたちからいただいたお花は、忙しい時に家にお花があり安らぎをいただきました。
心のゆとりの大切さを教えてもらった、ステキな時間をありがとうございました<(_ _)>


お店の場所も邦人が多く住むスクンビットにあり、日本からのお客様がいらっしゃった時や
大切な人との会などにも、絶対に外さないタイ料理のお店はやはり安心だと思います。
タイらしさが溢れる雰囲気も、とても喜んでくれそうですよね(^_-)-☆

タイ料理の王道をステキなお店でいただき、仲良しママ達とご一緒してできて幸せな時間でした??




「Baan Khanitha @Sukhumvit 23」
36/1 Soi Sukhumvit 23
Tel:02-258-4181, 02-258-4128, 089-489-2858
Open Hour : 11am-11pm
Mapはこちらから♫
d0222641_8251375.jpg

by treasure-bkklife | 2014-08-26 08:40 | Thai@BKK

Krang Soi

シンガポールの生活も間もなく2週間になろうとしています!
未だに「〇〇ドル」のところを「〇〇バーツ」と言ってしまい、子供に注意されることも(笑)
今日は船便も入ってくるので、やっとシンガポールの生活が日常になりそうです♪

昨日は娘の学校の遠足にアテンドして、世界の食が集まるフードコートに行ってきました。
久しぶりにインドネシアの中でも辛いと言われる、パダン料理をいただきましたが
思っていた以上にタイ料理で辛さにも慣れたのか、野菜も豊富でとても美味しかった♪
シンガポールは多民族国家なので、いろんな国の食も試してみようと思います!


さて、バンコクの楽しい、濃〜い仲間たちとの送別会の話の第二弾!
このお店は6年半前にバンコクに来たばかりの時に、娘のプリスクールのタイ人ママに
「トンローあたりで一番美味しいタイ料理屋さんはどこ?」と聞いた時に教えてもらったお店。

両親がバンコクに遊びに来た時にも「美味しい!」と言ってくれたお店で、
何度も通ったお店だけに愛着もあって、そしてワイワイ騒げるのが魅力的でここを選びました!
d0222641_14141024.jpg

スクンビット49/9 にあります、タイ料理のKlang Soiでございます♪

ご存知の方も多いと思いますが、ここはサミティベート病院の並びのちょっと先にあったお店が
ラケットクラブの奥の方の、アパートの前の敷地にお引越しをしたんです。
場所は中東系のレストラン Cederの前の道をさらに真っ直ぐ、奥のアパートを目指して進みます。
ボイスホビーやSop Moei Artsの方向ではないので、ご注意くださいませ。
d0222641_14145132.jpg

昔は「ここは一体なんだろう・・・」と、一瞬入るのをためらった方もいるのでは?と思うような
古い一軒家ではありましたが、こちらに引っ越しをしてキレイなお店になりました。

前からハイソ系の髪を大きく盛った(笑)タイ人マダムが沢山いらっしゃいましたが
場所が変わった今もなお、お昼の時間はタイ人の方でいっぱいの愛されているお店です。
d0222641_1416349.jpg

店内はこの後もお昼時とあって、この後も多くの人で賑わっておりました。


この日は先約があったので、ちょっと遅れて登場しましたが・・・
d0222641_1416215.jpg

すでに沢山の野菜系のタイ料理、ヤムなどがオーダーされて整然と!
このお皿を見て「ヤ〇ザキパンの白いお皿だ!!!」なんて思ったのは私だけでないらしく(笑)
「昔、お母さんが集めてたよね〜」なんて、どうでもよい話にもなりました(*´Д`)
d0222641_14172379.jpg

写真の手前から、ヤム トゥワプー、四角豆のヤム

四角豆のヤムが好きな女性は多いようですが、実はこの野菜、美肌に効果があると知られています!
日本の化粧品メーカーでも、この四角豆の成分を研究されているそうです。
タイにいる間に積極的にいただきたいですよね!
d0222641_16233679.jpg

ヤム マクワ
タイの長ナスを焼きナスにして、トロリとした食感が嬉しい誰もが好きなヤム。
d0222641_16243380.jpg

ヤム ウンセン
このタイ料理も有名ですよね!春雨とシーフード、そしてピリッとしたタレがとても美味しい。
d0222641_16231787.jpg

カナの炒め物
タイ野菜のカナはシンガポールでもよく見かけ、昨日はインドネシア料理にも使われていました。


遠足で一緒だったママが、「日本のキャベツ」と娘に教えて食べさせていると言ってましたが(笑)
ケールの一種でカルシウムなども豊富だから、子供の成長やストレスにもいいのよと教えたところ
「これからもっと食べさせる!」と言っていたので、ぜひ皆さんにも食べていただきたい野菜です。

ちょっと苦味があるので特に子供は「これは苦手・・」と言うお子さんもいるかと思いますが、
カナの中でもカナ ホンコンと言う種類はわりと柔らかくて、お味も食べやすいのでオススメです!
我が家は茹でてだし汁などにちょっと漬け込んだり、オイスターソース炒めなどにしたり
しっかりとした味付けでいただくと、子供も美味しいと言って食べてくれて重宝してます♪
d0222641_16251426.jpg

たぶん、このメンバーのチョイスだと、ムー マナオ ・・・だったかな?
d0222641_16255268.jpg

ラープ ムー
これもタイ料理の中では押さえておきたい一品!
タイ料理学校で習った時に、豚肉を茹でこぼすことにビックリしたのを覚えてます。
脂分を抜きさっぱりとさせるとのことですが、日本でひき肉を茹でることってあまりないですよね!


タイのお店で嬉しいのは、お酒の持ち込み料がなしと言うところも多いこと。
この日は私たち、女子にふさわしく(笑)ロゼのシャンパンをお友達が用意してくれました!
d0222641_16265735.jpg

「今までのタイ生活、お疲れ様でした〜。新天地でも頑張って!」(なんて言われたっけ???)
と言うしんみりした感じも全くなく(笑)何だかよく分からなかったけれど、とにかく乾杯〜♪
なぜかこのメンバーといると、上品なロゼの色がビールに見えてしまうのはなぜだろう??(笑)


話もいつものように盛り上がり、さらにお料理を追加していきました!
d0222641_1628596.jpg

ガイ パッ メットマムアン
これは私がオーダーして、最後にどうしてもいただきたかった鶏とカシューナッツの炒め物。
d0222641_16292562.jpg

豚ののどのトロっとした部分を焼いたコームヤーンは、タイ料理の中でも好きな方も多いですが
それがどうしても食べたかったお友達が、お店の方に自分の喉に手を当てて訴えておりました(笑)

残念ながらコームヤーンはなかったのですが、「豚ならある!」とのことで出てきた一品です。
d0222641_16285888.jpg

ゲーン ソム パック ルアム ミット
タイのゲーン ソムは、日本名は「臭草」と言う、何とも切ない名前を付けられてしまった(笑)
キッチンに置いておいたら大変なことになる独特な香り、でもクセになるタイ野菜の「チャオム」を
卵と一緒にオムレツにしたものが、このスープに入ってくることも多いのですが、
この日は「卵がイヤ」と言う方のために、野菜たっぷりバージョンのゲーンをチョイス。

ヤム系はパンチの効いた辛さなので、このスープはとてもまろやかでホッとする感じのお味でした。


そして、今日は隠し玉のサプライズが用意されてありました!
d0222641_16292127.jpg

今日はお友達のHappy Birthday!!!タイではケーキも持ち込みできるところが多いのです。
このケーキはヘルシーな材料を使って作られた、Natural Cafe by Coranケーキをオーダー。
スポンジも軽やかで、生クリームのお味も日本っぽいのが嬉しいんです??


お店の方がケーキを運んで来た時には、誕生日の本人は送別会としか頭になかったようなので
このケーキが出てきた時には、かなりビックリしておりました(笑)
しかもよく見てください、ある変なもの?がケーキに挿してあります(*´з`) これを見て爆笑!!!

実は本人が来る前に「で、何歳になるんだったけか?」と、今更ながらの話題になり
「あれ、ローソクが1本、足りないかも〜」と言う話に(*_*; なんて言う友達たち(爆)

ここまで来たら、ローソクの1本や2本、変わらないような気もしないではないのですが(*´Д`)
そこで目の前のお皿が目に入り「そうだ、この長ささげでも挿しとこう!」と、私が提案!
きっと本人にとっても忘れられない、タイでのステキな誕生日になったことと思います(爆)


野菜ソムリエ仲間や、ボランティア、友達の紹介などを通じて知り合いましたが
「あれ、これ、それ」だけで話が分かる、まるで熟年夫婦のような気の置けない友達たち(笑)
シンガポールに来てからも、励ましと気遣いのメッセージをLineで送ってくれて本当に嬉しい??
みんなに出会えて本当に感謝です、どうもありがとう(*´з`)




「Klang Soi」
Sukhumvit 49/9 Alley , Bangkok
Tel:02-391-4988
Lunch 11am - 3pm
Dinner 5pm -10pm
月曜日はお休みだったかとも思いますので、ご確認下さいませ<(_ _)>
by treasure-bkklife | 2014-08-21 09:14 | Thai@BKK

Natural Cafe by Coran

気が付けば、またブログを1週間更新していませんでした(汗)

タイにおいては衝撃的であったクーデター宣言から1週間が経ちましたが、
邦人が多く住むエリアは、今のところは通常と変わらない日常生活が流れているものの、
まだまだ毎日のように、バンコク市内でもデモや小競り合いも繰り返されていて、
6月1日にBTS チットロム駅側のアマリンプラザ附近でデモがあると言う情報もあり、
やはり何だか、そわそわと落ち着かない毎日です。

今日は個別に参加予定の方にはご連絡させてただきましたが、
6月3日の子連れセミナーも、6月20日に延期させていただくことになりました。
一日も早くいつもの明るいバンコクが、戻ってくるのをいのるばかりです。                                         

さて、2週間ほど前にブログにUPした Coran Boutique Spaですが、ステキなCafeが併設されております。
もちろんSpaに行かずともこのゆったりとして雰囲気で、お茶を楽しむことができるんです??
d0222641_2332425.jpg

スクンビット63、エカマイ10にありますSpa Coranと同じの一軒家です。
d0222641_23334350.jpg

BTSエカマイ駅までは、このトュクトュクがお迎えに来てくれるのです。

Spaとは違って入口から左手に曲がり、どんどん緑が一杯の奥へと進んでいきます。
d0222641_23404034.jpg

左手にプールを眺めながら、ゆったりとした空間が漂います。そしてたどり着いた入口が
d0222641_20383261.jpg

体と心にに優しいお料理のNatural Cafe by Coranでございます♪
d0222641_234312.jpg

まるで誰かのお宅に遊びにきたような、寛げる空間が広がります!
最近は夜な夜なシンガポールの物件探し明け暮れているので、こんな家もいいな〜と妄想中(爆)
d0222641_2123421.jpg

こちらの黒板には、今日のメニューが書かれております。
豆腐ハンバーグなど、お子さんも喜びそうなメニューもあってGood!
d0222641_210883.jpg

こちらのデザートは、日本人女性バティシエさんが作るヘルシーなスイーツたち。
白糖、乳製品、添加物を使用せず、無漂白小麦粉、ブラウンシュガーなどを使われています。
d0222641_20585435.jpg

こんな日本らしいBirthday Cakeもオーダーで受付してくれるそう。
子供にも美味しくて安全なケーキは嬉しいですよね♪
d0222641_21223557.jpg

ノンビリとプールを眺めながらのランチは、Spaと同じく心まで寛げそうです??

こちらは、Coran Boutique Spaがプロデュースした ”心も身体も綺麗に”をテーマのカフェ。
料理は玄米と野菜が中心のタイ料理がベースですが、ランチはパスタなどのメニューもあります。

そしてHPにはこんなことも書かれておりました。
・当店では以下の事項を忠実に守りながら料理を提供しております
1.食材はオーガニックまたは低農薬野菜を使用しております
2.白砂糖、化学調味料は一切使用しておりません
3.生命力あふれる新鮮な食材を生かした料理です
4. 作り置きをせず、オーダーを頂戴後調理します
5. なるべく油を使用せず、蒸したり茹でて行う調理方法です
6. 信用できる業者からの食材取り寄せております

他にもハーブティーやスイーツもあって、健康に気になる方、女性にも嬉しいレストランです。
d0222641_081882.jpg

ランチセットはタイ料理だけでなく、豆腐ハンバーグにビビンパなども登場!
土曜日には限定のカレーもあるそうなのですが、この日は平日で何だか悔しい感じに(*´Д`)
「限定!」と聞くと、どうしても食べたくなってしまうのが人の性です。あっ、私だけ?(爆)
d0222641_094842.jpg

そしてパスタもラインナップとあって、子連れで来ても嬉しいメニュー構成です。
d0222641_0111179.jpg

お馴染みのタイ料理ですが、私はここのレモングラスのサラダが特に大好きなんです??


さてさて、今日はお友達とのんびり、今後の子供の教育について話をすることに。
d0222641_21195680.jpg

グラチャップ ローゼルのお茶は美白効果も高いと言われているので、しっかり取らなくては!

2人もやっぱりタイ料理が食べたいと、ランチセットの中からそれぞれチョイスすることに♪
私は、豆腐ときのこのココナッツレッドソース炒めのセットをチョイス。
d0222641_2121436.jpg

まずはカイダーオ、目玉焼きが入ったヤム。
タイ料理のワンディッシュメニューは、油こってりの目玉焼きが添えられることも多いのですが
この目玉焼きはそうでもなく、ヤムの酸味とうまくマッチして美味しかった!
d0222641_2052546.jpg

ゴロゴロとした豆腐が入ったココナツレッドソースは、ごはんに合う一品に。

そしてお友達はグリーンカレーのセットをチョイス。
d0222641_23524279.jpg

私も大好きなキノコのヤムは、さっぱりといただけてカロリーも控えめ。
d0222641_23525170.jpg

グリーンカレーも中には豆腐と野菜がゴロゴロ入って、しっかり食べ応えもあります。
d0222641_2354233.jpg

赤米は色素であるタンニンから、血中コレステロール低下作用、血圧上昇抑制作用、
血糖値改善作用もあると言われているので、タイでは簡単にお安く手に入るので、
ぜひ積極的に食べたいなあと思い、いつもタイ料理屋さんでは赤米をチョイスしています♪


さらにまだまだ話足りないと、せっかくヘルシーなんだから、デザートまで行っちゃおう!と(笑)
d0222641_032361.jpg

名前は忘れてしまいましたが、キナコの入ったおいしそうなケーキ。
d0222641_20482772.jpg

こちらのチーズケーキは、ほんのりとチョコレートのお味。
バンコクのチーズケーキはしっかりとした重いものが多いのですが、
こちらは軽さもともなって、胃もたれの感じも全くありません。
d0222641_2124532.jpg

ノンビリとさらにカプチーノまでいただいて。ゆっくりとした時間が過ぎていくようでした♪


エカマイの静けさが漂う一軒家の、お友達のお家のようなのんびりとしたスペースで、
体に美味しいお料理をいただきながら、心も癒されるような時間を過ごせました。
「こんな家に住みたいな〜」と思わせるステキな空間なので、日本からの大切なお客様にも
「Spaとセットで、外も内も美しく〜♪」 なんてプランも、きっと喜んでもらえるかと思います??




「Natural Cafe by Coran」
94 & 96/1 Soi Chareonmitr, Ekamai 10, Sukhumvit 63 Road
Tel:02-651-1588, 085-954-3273 (日本語)
11am-6pm
by treasure-bkklife | 2014-05-30 00:12 | Thai@BKK

Issaya Siamese Club

週末の日曜日、2月2日の選挙に向けた不在者投票日がありましたが
選挙阻止を狙う反政府派によるデモ隊は、投票所を封鎖するなどして妨害し、
バンコクでも発砲により、デモ隊側のリーダーの1人が亡くなりました。

今のところ邦人が多く住む、バンコクのスクンビットはいつもと変わらない生活ですが
2月2日の投票日も予定通り実施されることも決まりました。
我が家は所用と学校もミッドタームブレイクに入ることもあり、2週間ほど日本に帰りますが
今後の動向などについても、日本でも情報入手を心がけていきたいと思います。


さて、先月にはもう一人、お友達が来タイしました。
お子さんたちの学校の関係でお子さんと本帰国され、ご主人ばまだバンコクに在住されています。

日本ではタイで食べていたような、本格的なタイ料理のお味になかなか巡り合えない・・・とのこと。
こちらに戻ったら「ぜひ美味しいタイ料理を!」と言っていたので、
雰囲気だけでなく、お味も本格的なこちらのお店をチョイスしてみました〜
d0222641_19261765.jpg

ルンピニとクロントーイの間あたりの、Issaya Siamese Clubでございます♪ 

ちょっと場所が分かりづらいのですが、ラマ4からクロントーイ市場を曲がり、
高速の下をくぐり抜けて、サトーンへと向かう抜け道にも使われる通りにあります。
外から見るとこのように緑に覆われている、この看板を見つけることができると思います。
d0222641_1926526.jpg

門をくぐるとお店は素敵な一軒家で、これだけでテンションが上がってしまいます(笑)
90年前に建てられたという一軒家は、その古き良き時代を感じさせる優しい雰囲気と
今のモダンなスタイリングが合わさったような、独特の味わいのお店です。
d0222641_19272022.jpg

オープンテラスの脇には、こちらで使われるハーブガーデンなども。
d0222641_19274539.jpg

飛び込んでくるのは、このターコイズブルーのような美しい青!
d0222641_1928142.jpg

こんな思い切った色使いは、なかなか日本ではお目にかからないですよね。
d0222641_19284890.jpg

ステキなインテリアは真似してみたいと思うものの、オシャレにするには上級者になりそう。
d0222641_19315265.jpg

テーブルからも外の緑がまた映えて、いつ来ても素敵なお店です。


こちらのIssaya Siamese Clubは、タイのセレブ・シェフであるIan Kittichai氏のお店。
お母様と屋台を引いた子供時代を経て、NYを初め世界各国で活躍したサクセス・ストーリーを持ち
プルンチットのHYDE & SEEKや、スクンビット49のSmithのオーナーでもある彼ですが
そんな彼が満を持してオープンさせた、タイ キュイジーヌ レストランなんです。


こちらはタイ料理のコースメニューもありますが、今日は好きなものをチョイスしてアラカルトで。
d0222641_19321247.jpg

メニューも何かの本のようにステキな装丁です。
d0222641_1933166.jpg

スパイシーなタイ料理にはロゼが合うと聞いたので、グラスワインのロゼをチョイス。
d0222641_19332450.jpg

Yum Hua Pree
ここに来たらいただきたいメニューの一つが、このバナナの花のサラダ。
バタフライピーの花の美しさだけでなく、しっかりとした味わいのヤムがこれまた美味しい!
d0222641_19334938.jpg

Yum Makur Koong Tod
いつもの長なすのヤムのヤム マクワも、こちらの手にかかればこんなステキな一品に。
d0222641_1941895.jpg

Moo Manow
さっぱりとした味わいで女性に人気の高いムー マナオも、こんなステキな盛り付けで登場♪
どのお料理も目にも美しいお料理ばかり。


最後の一品はこちらでガツンと!
d0222641_19414780.jpg

お店のお兄さんが登場して、何やら温めてくれています。
d0222641_19421321.jpg

勢いよく熱した油を注いで、お皿の上で炎がボッと燃え上がりました!(^^)!
こんなプレゼンテーションもお味のうちですよね♪
d0222641_19444960.jpg

Gai Aob
サンカブリーの地鶏をこちらの特製スパイスに漬け、炭火で焼いたチキンは、もう〜肉厚です!
柔らかなお肉はパサパサ感が全くなく、とスパイスの香りも高くて美味しい一品でした♪


お友達がバンコクに遊びに来てくれる時には、やはりお店選びは外したくないもの(笑)
最近はオシャレなお店もどんどん増えて、ますます嬉しいバンコク生活ですが、
「雰囲気はいいんだけれど、お味はちょっと・・・」なんてお店もチラホラ・・・。

こちらのお店は、そのステキな一軒家の美しいデコレーションに加えて
お料理のお味、そして盛り付けの美しさなど、自信をもってオススメできるお店だと思います。
何度来ても「やっぱりIssaya、本当に美味しいよね??」と言える
バンコクのタイ料理のレストラン中でも、本当にオススメのお店の一つです♪
今度は素敵だと言う2FのBarにも、ぜひ行ってみたいと思います!



「Issaya Siamese Club」
4 Soi Sri Aksorn, Chua Ploeng Road, Sathorn, Bangkok.
Tel:02-672- 9040-1
Lunch: 11:30 am – 2:30 pm
Dinner: 6pm - 10:30pm
Bar:closes at 1 am
Mapはこちらから♪
d0222641_19545077.jpg

by treasure-bkklife | 2014-01-29 21:18 | Thai@BKK

Home Duan Chaing mai

昨日は邦人が多く住む、バンコクのスクンビットでも「Bangkok Shot Down」と称したデモがありました。
あちこちでデモと遭遇した!と言う方も多いと思うのですが、私も今回は初めてデモと遭遇!!!

とにかくその笛の大音量に「私、サッカー競技場にいるのかしら?」と錯覚するほど(爆)
そして日本で報道されているような緊迫感はまるでなく、「カーニバル」と言われる所以が分かるほど。
どの参加者も楽しんで、まさに「お祭り騒ぎ」でデモは進んでいきましたが、
その歩みはかなり遅いためにいつまでも道路が封鎖され、渋滞がひどくて予定変更を余儀なくされた方も。

そのデモ隊ですが、昨日はランチブレイクも挟み、エカマイ通りを3〜4時間以上も占拠しておりました!
お昼の時間になると近場でランチをしていたようで、きっとエカマイ付近のお店や屋台は
いつもより潤って、ホクホクだったのかもしれません(*´Д`)


さて、そんなエカマイ通りの最近お気に入りのお店を一つご紹介。
気軽な「おひとり様ランチ」の時にも、オススメのお店です♪
d0222641_21411315.jpg

スクンビット63、エカマイ通りのソイ4-6の間にある、Hom Duang Chiang maiでございます♪
d0222641_21413690.jpg

入口の黒板にも書かれているように、チェンマイ出身の方たちが作る北タイのお料理がいただけるお店です。
最近、フリーペーパーにも掲載されたらしく、少しずつ日本人のお客様が増えてきたように思います。
d0222641_21403518.jpg

タイの食堂ですが、こんなかわいらしい絵が壁に描かれて。
d0222641_21241658.jpg

その反対側にはタイ人らしく、茶目っ気たっぷりな、黒板に書いた絵。
このお店のおばちゃんたちにそっくりで、プッと吹き出してしまいそうになるので、ぜひご覧あれ!
d0222641_21164285.jpg
]
こちらのお店はこんな食堂スタイルのお店。この中から好きなおかずが選べるんです。
d0222641_2138385.jpg

そして別の日のおかずたち。こんな風に日によっても種類が変わります。
d0222641_21385251.jpg

これはジャックフルーツで作る、北タイのサラダのタムカヌン。
ソンクランのチェンマイ旅行で食べてから大好きになった一品ですが、おばちゃんたちからもオススメでした!

d0222641_21231419.jpg

お昼の時間は、この近くのビジネスマンでもいっぱい!
お店はうなぎの寝床のように狭いこともあるのか、テイクアウトをする方も多いんですよ♪
d0222641_21172713.jpg

おかずはご飯付きで1品45B、2品で55B、3品60Bとなります。


ある日は、この名物だというカオソーイをいただきに行きました。
d0222641_2253728.jpg

お友達とそのお子さんも一緒だったのですが、少し辛さはあるものの「美味しい!」としっかり食べてました。
この麺がなくなった時に、このカオソーイの汁にご飯を入れて食べるのも「オツ」なんだそうです)(笑)

別の日は、お昼ごはんを作るのが億劫だった怠け者の母に引きつれられ、我が家の子供たちと(#^^#)
子供たちはお店のおばちゃんと相談して、辛さのないお料理をチョイスしました!
d0222641_21455012.jpg

子供たちはチェンマイ旅行で味をしめたゲーン ハンレーを。辛さも控えめなので「美味し〜い!」と。
そして唐辛子が入っていない野菜炒めを2品チョイス。野菜もたっぷりなのでファストフードよりも健康的(笑)
あまりに美味しかったようでおかわりもして、おばちゃんたちにも「アロイ マイ?」と嬉しそう(*´з`)
d0222641_2151316.jpg

母はチェンマイソーセージに、プラドゥーク パッペッ 揚げたナマズのレッドカレー炒め、
そしてお店からのオススメ、タムカヌンをいただきました。
しっかり辛さのあるおかずにご飯も進んでしまい、思わずビールが飲みたくなってしまいそう(^^ゞ
d0222641_21532922.jpg

これまたチェンマイ名物のナムプリックオーン、トマトと豚挽き肉のディップは、
カリカリに揚げた豚の皮や、キャベツやキュウリにつけていただきます。
少しから目のトマトソースのようで、子供たちもディップにしたり、ごはんにかけていただいても美味しいよう♪


私は普段、「サクッと一人で外でごはん♪ 」の時は、こんなタイの食堂によく行くのですが
日本人の女性には、「やっぱりちょっと・・・」と、抵抗がある方も多いと思います。

ここは清潔感もあり、メニューに英語や日本語表記はないものの、お店の方が片言ですが英語を話し
丁寧にお料理を説明してくれるので、そのあたりも嬉しいお店だと思います。

タイ料理もメニューを選べば、野菜がたっぷりのヘルシーなメニューも沢山あるので、
まずはこんなお店で少しずつ、いろんな種類のお料理をチャレンジするのもいいかもしれません。
お店は1時過ぎには売り切れになってしまうことも多いので、ぜひ早目の来店をオススメします!




「Hom Duang Chiang mai」
70/2 Soi Ekamai, Sukhumvit Soi63 Rd
Tel:085-037-8916
Mon-Fri:9am-3pm
by treasure-bkklife | 2014-01-16 21:26 | Thai@BKK

Badmotel

今週のバンコクは、恩赦法案に反対するグループのデモなどが相次ぎましたが、
週末も民主記念塔前及びマッカワン橋周辺で、抗議デモを実施することが見こまれて
さらに政府を支持するグループたちも、MBKやラチャプラソーンなどでもデモも行うようですが、
今のところ邦人の日常生活にはさほど影響はないものの、事態が拡大しないことを祈るばかりです。


さて、昨日お知らせさせていただいた、野菜ソムリエバンコクのセミナーですが
おかげさまで11月29日は残席わずか、30日はまだ少し余裕がある状態ですので
ご希望の方はお早めにご連絡いただけると幸いに思いますので、よろしくお願いいたします。


毎日、Chiva Som Academyに通う毎日ですが、明日から2日間は待ちに待ったお休み!
週末が待ち遠しいご主人様たちの気持ちが、久々に痛いほどよくわかります(爆)

体は疲れているものの、ここらで勉強疲れのストレス発散(笑)と言わんばかりに
子供たちが習い事の間に、タイフードライターのルイさん とこちらに行ってきました♪
d0222641_1203528.jpg

トンロー15と17の間にある、Badmotelでございます♪

これだと場所が分かりづらい思うのですが、J-Avenueのマクドナルド、サイアムコマーシャルバンクを過ぎ
その横に新しくできた大きな狸!がいるお店の、お隣に位置しているのですぐにわかると思います。
この前のお店は、K-Villege前に引っ越した、北京ダックのお店があったところです。
d0222641_12126.jpg

タイのストリートをイメージしたというお店は、プラスチックの椅子などにネオンなどが施された内装です。
d0222641_1213264.jpg

1Fの奥にはオープンエアのスペースが。緑のせいか、ホッとくつろげるような空間でした。
d0222641_12224.jpg

2Fはさらにプライベート感が増していて、Partyやエキシビジョンなどもこちらで開かれているようです。
d0222641_122312.jpg

2Fにもオープンスペースがあり、解放感がありました。お隣のお店の方とご挨拶ができそうです(笑)


こちらのBadmotelは、半年以上前にオープンしたかと思うのですが
多くのタイ人のお友達たちが、Face BookでUpしていたのを見かけました。
写真はまだ早い時間だったので誰もいなかったのですが、いつも多くの方でいっぱいのお店なんです!

音楽や絵画などのエキシビジョンなどが開催されたり、ディスコ、ヒップホップなどの音楽が流れ
タイ人のパーティ好きな若い世代や、セレブタイ人で賑わうお店です。


こちらのお店はカクテルバーなので、タイのハーブをフルーツを使ったカクテルなどをはじめ
こだわりのワインやビールなど、ドリンク類が豊富に取り揃えられておりました。
d0222641_123736.jpg

名前を忘れてしまったけれど、パッションフルーツが入ったカクテル。
パッションフルーツを取り出して入れましたが、フルーティな香りと味が広がります!
d0222641_1233883.jpg

Watermelon & Italian Basil Crush
こちらのカクテルは、バジルの香りが漂っておりました♪ こんなにハーブを使えるのもタイならでは。


お料理はちょっとひねったタイ料理と、インターナショナルなお料理がありましたが
私たちはタイ料理の方をチョイスすることに。
d0222641_126116.jpg

Foie Gras Khai Look Koei
子供も大好きな卵のタマリンドソースかけですが、贅沢にフォアグラが乗っています。
タイフュージョンなどでも、よくフォアグラとタマリンドソースの組み合わせは見かけますね♪
d0222641_128343.jpg

Yum Makhua Yao
出来立てのタイの焼き長ナスに、茹でた豚ひき肉とエビ、ライムとナンプラーのドレッシングの定番の一品。
d0222641_1244836.jpg

Larb Butter fish
タイにはナマズの身をほぐして揚げたもののヤムがありますが、これはButter Fishで作られたバージョン。
しっかりとした味わいで、美味しかったです♪
d0222641_1255387.jpg

Japanese Noodle Nam Ngyo
北タイの豚のスペアリブを煮たナムギョが、日本の細めのうどんにかけられて。
私的には、もう少しNam Ngyoが、しっかりした味でもいいのかなあと思ったりもしたりして。



お料理を楽しむというよりは、みんなで飲んで、楽しく騒いで・・・というお店なのかな?と思いますが、
5時から8時まではハッピーアワーのサクッと楽しめるBarは、若者の気分になれてちょっと楽しい(爆)
駐妻だって、ママだって、たまにはアリですよね(^_-)-☆




「Badmotel」
Sukhuvit 55, Between 15-17
Tel:02-712-7288
091-229-7994
5pm-1am
Happy Hours (Sun-Thu):5pm-8pm
by treasure-bkklife | 2013-11-09 01:20 | Thai@BKK
最近、バンコクの雨は激しさを増していて、昨晩も大雨が長い時間降りました。

昨晩はお友達の送別会だったのですが、降り出した雨にタクシーも全く捕まらず
みんなで雨に濡れながらバスに飛び乗って、「どこで停まるの~」と、焦ったのもよい思い出・・・カナ(^_^;)


さて、8月の終わりに、日本からお友達がバンコクに遊びにやって来ました。
一日目はオシャレでステキな夜景が見えるBreezeへ、そして二日目には思いっきりローカルなお店へGO!
d0222641_19133668.jpg

ルンピニ公園近くのNgwanree Luansuan Restaurantでございます♪
BTS チットロム駅方向から行くと、ランスワン通りの一番奥の左側になります。
d0222641_19141622.jpg

こちらのお店は、いわゆるタイ中華のお店。
d0222641_19262047.jpg

入口にはこんな食材がぶら下がったり、置かれていたりして、ぐっとローカル度を感じます(笑)
d0222641_19185329.jpg

入ってすぐの所は、まるで懐かしの体育館の様ですが、ローカルの方でいっぱいのお店です。
d0222641_19234539.jpg

今日、いただくであろう、新鮮な蟹もこちらに・・・<(_ _)>
d0222641_19564881.jpg

私たちは室内の、クーラーが効いているお部屋を予約しておきました~。


タイ人は祖先の方がタイ人の方だけでなく、中国から渡って来られた華僑の方も多く
子供たちのお友達も「4代前に、中国からタイへ渡って来た」などと言う、色白のタイ人の方も多いんです。
中でも中国の広東、福建省などの潮州出身の方が多く、レストランを開いている方も多いよう。
こちらのウォンリー ランスワンもその一つで、50年以上の歴史があると言われています。

潮州料理の特徴は、乾物、魚醤、塩などのうま味と塩味を持ち、煮て作る料理が多いそうですが
スルメ、干しカキ、魚の干物、乾燥させた浮き袋、ふかひれなどといった海産物系の乾物をよく利用して
比較的にあっさりとしたお味の、素材のうま味を活かした料理は、日本人の口にも合うと言われています。
d0222641_1916076.jpg

メニューは日本語バージョンも用意されているので、旅行者の方にも便利。
こちらは、日本人の方もよくいらっしゃるお店です。

お友達は何度もタイには遊びに来てるのですが、あまりシーフードを食べたことがないと言うので、
今日は日本人が好むタイ中華のメニューから、シーフードのメニューをチョイスすることに~
d0222641_1919341.jpg

オースワン
プリプリの牡蠣と卵の炒め物ですが、これを好きな方も多いはず。
ここのは味付けがかなり控えめで、胃にもたれる様なこともありません。
ちょっとパンチが足りないと感じる方には、もちろんご自分で味を調整できるよう調味料が添えられています。
d0222641_19195872.jpg

プー パッ ポン カリー
こちらも言わずと知れた、タイ中華の人気の一品。
まろやかなカレー味のカニは食べやすく、油分もそんなに多すぎず、食べやすかったです。
d0222641_19203298.jpg

クン オップ ウンセン
これはうちの子供たちが、どこに行っても(勝手に)オーダーする一品(笑)
お味の染みた春雨にがなんとも美味しくて、我が家では「エビより春雨」で取り合いになるのですが(^_^;)
何と言ってもこのお味の決め手は、実は「パクチーの根っこ」が入っているからのように思います。
d0222641_1921553.jpg

プラー ヌン マナオ
柔らかな白身魚をマナオが効いた汁と一緒にいただくのですが、とても爽やかなお味です。
いつかこの、魚の形をした温められるお鍋?を、購入したいなあと思っています。


定番メニューなので他のお店でもよくいただくお料理ですが、やはり潮州料理のように薄めの味付けかなと。
他のお店と比べて物足りなく感じる方は、好みの調味料で味付けされてもいいのかなと思いましたが、
私的には油のしつこさもなくて胃もたれ感がなく(笑)、よい感じかなあと思いました。


そして、ここに来た時のお楽しみがこれなんです!
d0222641_19212953.jpg

お店の前で売られている甘栗!
いつもここを通ると、黙々と熱いお鍋を前に作っているのを見ては、ついつい買って帰ってしまうのです♪
バンコクはヤワラートなどでも甘栗が売られていますが、美味しいのでオススメですよ❤



「源利是楽園大飯店 Ngwanree Luansuan Restaurant」
101/25-26 Soi Langsuan, Phloen Chit Rd.
Tel:02-252-3614
11am-2am
by treasure-bkklife | 2013-09-12 22:48 | Thai@BKK