子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

カテゴリ:野菜ソムリエ( 20 )

私も所属する野菜ソムリエコミュニティーバンコクのブログでは、
メンバーによる「突撃!隣の晩ご飯」ならぬ「野菜ソムリエの晩ご飯」を紹介しているのですが(笑)
今日は私がお当番だったので、そのブログをこちらでもご紹介したいと思います。

みんな素晴らしい夕ご飯を紹介しているし、今年最後、しかもこの企画最後を飾るのは
あの松田聖子と同じ「大トリのポジション」でないかと!(爆)(図々しくてすみません!)
ドキドキな感じですが、我が家の実情満載の「野菜たっぷりの訳あり晩ごはん」を綴ろうと思います♪


野菜ソムリエ協会でベジフルビューティーアドバイザーや、Jr.野菜ソムリエ&食育マイスターを学び
バンコクの海外育児情報誌の「nico Labo」で、毎月「大人も子どもも笑顔になる幸せご飯」と題して
その月のエネルギーを身体に取り込む、家族の日常の晩ご飯レシピを紹介をしています。
d0222641_021978.jpg

これは11月の食卓です。晩秋から冬の季節に嬉しい食材と調理法をご紹介しています。
d0222641_0133619.jpg

12月の食卓には美味しいふっくらした玄米の炊き方と、シンプルなお料理のご紹介です。
d0222641_0151589.jpg

これは間もなく刊行される1月号のテーブル。
ここからますます寒くなる季節、風邪の症状や咳などが出る事もありますよね!
この月は肺の調子を整えてくれる「レンコン」を使ったレシピをご紹介しております。


普段、食のレシピを考えたり、テーブルコーディネートなどを紹介していることから
「毎日のご飯は、どんなものを食べているんだろう??」そんな声をよく聞きます。ドキっ!
上の写真もある日の我が家の夕ご飯のレシピなのですが、毎日こんなセッティングはできません(爆)

毎日の食事にはテーブルクロスやブリッジなどは、洗濯の面倒さなどもあって登場しませんが(笑)
お料理をする時に心がけていることは、以下の3つなんです。

① 野菜を10種類は1回の食事に盛り込む 
  アメリカではミシェルオバマ大統領夫人が先頭になって、子どもの肥満撲滅運動に乗り出し
  学校給食を健康的で栄養価の高いものにするための、ガイドラインを発表しているのですが
  そのメニューに使われている材料は、野菜:穀物:タンパク質=2:1:1の割合なんだそう。
  
  また厚生労働省が、国民が健康に過ごすための指針として出された「健康日本21」でも
  「一日野菜350g、果物200g」を摂取するようにと目標値が定められていることもあり
  我が家も一度の食事に野菜を半分は取り入れるように心がけています。
  
  毎回量を量るのは性格的にもできないし(笑)それがまたプレシャーになるのもイヤだなと。
  そこで一度の食事に10種類程度の野菜を使えば、全体量の半分ぐらいにはなるだろうと。
  野菜が10に行きそうもないときは、最後はお味噌汁などになんでもいれちゃいます(笑)


② 色とりどりの食事になるように食材を選ぶ
  これは上の子どもが乳児検診で、保健婦さんから言われて実行していることです。
  
  目にもカラフルな食材たちは、食欲を誘って「美味しそう〜」と感じてくれるだけでなく
  世界にも誇る和食は「五味・五色・五感・五法」が大事と言われていますが
  この中の五色とは「白、黒、黄、赤、青(緑)」と言われていて
  こんな色合いを料理に意識して使うだけで、栄養バランスが整うと言われています。
  
 
③ 同じ味や調理法が一度の食事で重ならないようにする
  先ほどの「五味」は甘い、塩辛い、酸っぱい、苦い、辛いなど。
  「五法」は焼く,煮る,揚げる,蒸す,生(刺身など)とされていますが、
  揚げ物ばっかりだったり、甘いものだったりすると、やはりどうしても栄養も偏ってしまいます。
  
  また子どもにはいろんな味、料理にも挑戦してもらって、味覚もどんどん経験値を踏んで
  今後どんな国に暮らす事になっても、たくましくしっかりと生きて行けるように(笑)
  少しずつ子どもたちの様子をみながら、いろんな食べ物にチャレンジしてほしいと思っています。


正直、これを全部取り入れるのは、なかなか一度に全部は実行できない日もあるのですが
ちょっと意識してメニューを組み立ててみたり、1日分、そして数日単位をこの枠で見てみると
毎日のご飯がバラエティにも富んで、心と身体にも嬉しいご飯になるかなあと思っています♪



さてさて、うんちくはさておいて(笑)リア充ならぬ、最近の我が家のリアル夕ご飯をピックアップ!

★家に帰ってきたら、即!ご飯にしたい日のメニュー
d0222641_23581137.jpg

具だくさんの野菜スープ
ステーキ 赤黄パプリカ、いんげんのソテー
いろいろキノコのマリネ
なしとぶどうのサラダ パッションフルーツ醤油ドレッシング風味

子どもって、お腹がすいたら「もう待てない!」んですよね〜、これが(苦笑)
このメニューは外から帰ってきたら、シャワーを浴びている間に出来ちゃうメニューなんです。

それと実はこれ、以前ブログでアップしたおもてなしタイ料理の翌日のメニュー。
よくみると、その時のおもてなしに使った材料とかぶっているものがチラホラと(笑)
夕ご飯などのメニューを考える時には、数日間分の予定と材料をイメージして材料の無駄が少ないよう
そして自分が楽ができるように(笑)出来るところまで一緒に準備して時間をやりくりしています。


キノコのマリネは茹でたキノコ類をオリーブオイルやバルサミコ酢などで和えただけですが
マリネ類は食材に味がしみればしみるほど美味しくなるお料理なので、
急がしい日には前日や、早い時間から漬け込んでおくことができるので便利なのです。

野菜スープは早く作れるように野菜を小さく刻んで煮ておいて、家に帰って温めるだけの状態に。
こんな時も冷蔵庫の残り野菜たちを、どんどんお鍋に投入して使い切ってしまいます。

ステーキは1cmぐらいの厚さであれば、ささっと焼いてしまうことができるので意外に便利。
同じフライパンでステーキの脇に切って用意しておいた、野菜も一緒にソテーしてしまいます。

なしとぶどうのサラダも、出かける前に切って冷蔵庫に入れておいただけ。
追熟させたパッションフルーツは、悪くなる前に早く食べきりたかったので、
オリーブオイル、醤油と合わせ、塩コショウとチャチャっと味付けでドレッシングにして完成です♪


★買い物に行けなかった日のメニュー
d0222641_03304.jpg


鮭のムニエル きのこと芽ネギのソース添え
いろいろ野菜の焼き浸し
にんじん、ほうれん草、大根のナムル
里芋と芽ネギのお味噌汁

今日は買い物にいこう!と思っていたにも関わらず、大雨で出かけられなくなった日のメニュー。
こんな時には家に常温で保管できる、根菜類などがとっても大活躍してくれるんですよね。

いろんな野菜の焼き浸しは、常温で長期間保管ができるレンコンやごぼうの根菜やかぼちゃなどから
トマトやカリフラワーなどの冷蔵庫の残り野菜たちを、オーブン(トースター)などで焼きながら
生姜やネギのみじん切りをダシ醤油に入れたものに、熱いうちに漬け込んで味をなじませました。

大根、にんじん、ほうれん草のナムルは、それぞれを同じフライパンで順番に茹でて
塩麹、すりおろしたニンニク、ごま油と混ぜただけですが、簡単ながら美味しいメニューなんです。

お肉や魚などはお値段が安くて大量に買ってしまった時に、少量の塩麹や甘酒を塗っておいたり
ニンニクやオリーブオイルでマリネしたあとに、冷蔵庫や長い時には冷凍庫でストックしています。
こんなものが手持ちにあると急に買い物に行けなくなった時や、時間がない時にもとても便利です♪


★息子が風邪気味だったので、身体を温めるぽかぽかメニュー
d0222641_061359.jpg


参鶏湯
黄ニラと芽ネギ、空芯菜のチヂミ
チャプチェ
大葉春菊にトマトとワカメのサラダ 韓国風ドレッシング風味

今日のメインはなんて言っても参鶏湯!市場で美味しそうな丸鶏を買ってきました。
シンガポールは中医学の医院も街中で見かけることもありますが、まさに「医食同源」の国。
市場のおばちゃんたちも「熱がある時は大麦のジュースを飲むといいよ」などと教えてくれます。
せっかくこんな土地にすんでいるのだから、これを生かさないのはもったいない!

シンガポールやバンコクでも乾物などの食材売り場にいくと、高麗人参やくこのみ、蓮の実などや
「血」とか「気」とか書かれた「身体によさそう!」と言う漢方のパックの食材が売られています。
お鍋には丸鶏と一緒に、きくらげ、白菜、ネギ、そしてもち米と漢方の具材を入れて煮込みましたが
軟骨まで柔らかく、ほろっと身が崩れるまで煮込んだ身体に染み入るような鶏の美味しさと、
鶏や漢方の食材から出た様々なエキスを沢山吸いとった、野菜やもち米が何とも言えないお味に❤
丸ごとの鶏でなくても、手羽先など骨がついた部分の鶏でも美味しく出来上がると思います。

そして、この時期におすすめしたいのは、サラダに使った南国野菜の大葉春菊なんです。
タイもこの時期は毎年見かけますが、シンガポールでは明治屋で見つけて狂喜乱舞!
タイでは「タンオー」と呼ばれますが、シンガポールも中国の潮州から多くの方が移住されていますが
その潮州語がタイ語のこの葉の名前にも由来しているようです。

ちょっとしたほろ苦さと、大きな柔らかな葉魅力のお野菜なのですが、アジアの料理にだけでなく、
ルッコラのようにフェタチーズやオリーブ、パプリカなどと一緒にサラダのようにして
バルサミコやオリーブオイルなどのドレッシングの一緒にいただいても美味しいんです。
大葉春菊はカロテンがほうれん草よりも多く、ビタミンCやカルシウム、そして鉄なども多く含まれ
女性にとっても嬉しい野菜なので、オイルと一緒に摂ることでさらに吸収力が高まりますよ♪

見た事もない、初めての野菜に手を出すのはちょっと勇気がいりますが、ぜひ一度そのまま味見して
その味わいが自分の知っているどんな野菜に似ているか、どんな野菜と同じように使えそうか
そんなところからメニューを考えるとぐっと使える野菜が増えると思うので、ぜひお試しくださいね!


★「朔日冬至」の和食文化を知ろう!のメニュー
d0222641_084986.jpg


カボチャと小豆のいとこ煮
ふろふき大根 
豆腐ステーキ 根菜と醤油麹のきんぴら添え
小豆玄米ご飯
白菜とネギ、きのこのお味噌汁

海外に暮らしていると、日本の素晴らしい文化を素通りして生活してしまうことも多いのが実情。
ましてずっとインターナショナルスクールに通う我が子たちは、歳時記や由来を知らないことも。
学校でも自国の文化を紹介する機会も多いのですが、やはり肌で感じるよう体感してもらいたいと思い
こんな歳時記の時にはいい機会だと捉えて、その由来に則ったお料理を作るようにしています♪

冬至には「運をあげる」と言う意味で、最後に「ん」がつく「南京(ナンキン)」のかぼちゃを始め
「レンコン」「ニンジン」「ダイコン」などを食べるといいと言われるようになったとか。
カボチャや小豆など陽性の食べ物を摂ることでギュッと身体を引き締めて免疫力を高め、
寒い冬を乗り切ると言うこともあるようなんですよ!

最近は麹にハマっていて、麹だけで作る甘酒や麹とお醤油で作った醤油麹なども大活躍。
麹は炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素を分解してくれる、消化酵素を持っているそうなので
腸内環境をよくするためにも、積極的に取り入れているところです。

カボチャと小豆のいとこ煮の甘みには、砂糖でなく甘み付けに甘酒を使いました。
根菜はさっとごま油で炒めて一度火をとめ、余熱で醤油麹を使いきんぴらにして
焼いた豆腐のステーキの上にも、醤油麹に生姜をすりおろしたものを混ぜたタレを乗せてと
自家製の麹食品をどんどん我が家の食卓にも生かそうと、いろいろ試しているところです。


★忙しくてご飯を作る時間が全くない日のメニュー
d0222641_0134516.jpg

超豪華!特製カレー
野菜サラダ
美味しいビール(笑) 以上

「今日は忙しくて、全然ご飯を作る時間なんてないなあ」って時ってありませんか?
子どもたちが小さい時は、サッカーの試合や学校行事に付き添いがあったり、1日家族で出かけたり。
もちろん、そんな時には外食でもいいのだけれど、ちょっと疲れて家に帰ってのんびりしたい、
でも、帰ったらすぐご飯にしたいって時ってありますよね!
そんな時に大活躍してくれるのが、どこのうちでも「カレー」なんじゃないかな?って思うんです。

でも、カレーって本当に手頃で子どもが喜ぶお料理ではあるのだけれど、
サラダをつけても栄養的にはバランスが。。。って、ずっとどこかで思っていたんです。
それがある時、お友達からこの作り方を口頭で教えてもらって、やってみたら「超〜うまい❤」(笑)
それからは忙しい日の予定が前から分かっている時には、このカレーを発動することに!

でも写真を見ると「どこか超豪華!特製カレーじゃ。普通じゃない?」って思うでしょ?
秘密はここにあるのです。。。だって、3日かけて作っているんだもの。うふふ❤
d0222641_0165968.jpg

これは1日目の写真。
お鍋に葉もの野菜や玉ねぎ、ニンニクに生姜やトマトなどを、「これでもか!」という程詰め込んで。
シンガポールもタイも南国野菜はお手軽な値段で手に入るので、こんな時にもとても嬉しい食材!
今回のお鍋の中には空芯菜、カイラン(カナ)、広東菜、青梗菜など
柔らかくて水分がありそうな、南国の葉もの野菜がぎゅーっと入ってます。

できればルクルーゼなど層が厚いお鍋を使って、蓋でしっかり密閉するように蒸し煮にして行きます。
水を加えずに作ると野菜の水分だけで作るとよいのですが、もし焦げ付きそうであるのであれば、
水分などを足して煮込んで下さいませ。圧力鍋だとさらに水分もあまり必要なく調理できますよ♪
d0222641_020584.jpg

これが1日目の煮込んだ後の写真。あんなに一杯のお野菜も、こんなに量が減ってしまうのです。
これをあら熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やすことで、またぐっと野菜の美味しさが引き出されます。
d0222641_0233252.jpg

そして2日目。また別のお野菜を投入。
ここに実はクリスマスパーティで使った赤ピーマンやら、カボチャなども一緒に入れて。
このカレーの一つよいところは「冷蔵庫のお掃除」にもなるのです(笑)
d0222641_0273068.jpg

2日目の煮込んだあとはこんな感じに。これが冷めたらさらに冷蔵庫に入れて放置(笑)
d0222641_0294532.jpg

3日目。これをバーミックスかミキサーなどで撹拌するとこんな感じに。
色味やとろみはすでにカレーのようですよね!

ここに焦げ付かないようにお水や野菜ジュースを足して、カレールーや果物、好きな調味料で味付け。
我が家はここまでを大量に作ってあるので、その日に使う分だけを少し別の鍋に移して
スパイスなどを混ぜたカレー粉を炒めたものなどに、この野菜ピューレを加えていきます。

付け合わせの野菜やお肉はここで合わせますが、このカレー味のピューレを冷凍してしまえば
シーフードや季節の野菜などいろいろと具材を変えて、ヘルシーなカレーをいつでも楽しめるんです。
また、カレーの味をつけていな分の野菜ピューレは、野菜の旨味がぐっと入り込んでいるので
ビーフシチューやパスタ、煮込みなどのソースなどにも使え、いろいろとアレンジが広がりますよ❤



長々と、いろいろ晩ご飯への思いを綴ってきましたが(笑)
他にも毎日の食卓や料理に気を配っていることが、あと4つほどありました。

① 必ずランチョンマットと箸置きを置き、食卓に花を飾って、いつもの食卓も演出する。
② 食事中はイヤな会話をしない、怒らない(笑) みんなで楽しい会話をする。
③ お料理をイライラしながら作らない。楽しい気持ちで家族愛をこめて作る。
④ どうしても作りたくない時は、罪悪感を持たずに割り切って外食、または買ってくる!
  そして「あ〜、美味しかったね❤」と、みんなで楽しんで食べる。


毎日の夕ご飯、「今日はいったい何を作ろうかな〜」と、メニューに悩んてしまったり
「あ〜、今日はご飯作るのめんどくさいなあ」と思うこともあると思います。(私もしょうちゅう!)
そんな時もこんなちょっとしたアイデアと工夫、そして思い切った割り切りで(笑)
毎日のご飯作りが少しでも気持ち的にも楽になり、楽しくできるヒントになれば嬉しく思います❤
by treasure-bkklife | 2014-12-29 01:00 | 野菜ソムリエ
今までブログの中では、個人的なネガティブな感情を書くことは、
せっかく訪れて来て下さった方に、ネガティブな気持ちをうつしてしまいそうな気がして控えていたのですが
今日は自分の反省とともに、残念ながらこちらでお伝えさせていただければと思います。
d0222641_22585166.jpg

すでにお手に取られた方もいらっしゃるかと思いますが、Arche+8月号の手みやげ特集に
「どんな手みやげがよいか」と言うインタビューを、ボランティアで受けさせていただきました。
d0222641_2383528.jpg

お友達が送ってくれましたが、紙面でこんなに大きく取り扱われているとは知らず、私自身もビックリ(^_^;)
私をご存じの方は「あれっ?なんかいつもと文章からのイメージが違う。」と思ったそうなのですが
この記事はインタビューを受けると言う形で、私が自分で書いたものではなかったので、
残念ながら私の力不足で、お伝えしたかったことがうまく伝わらなかったようです。

私もコラムやラジオの原稿を書いているので分かるのですが、字数や紙面の関係もあったと思うのですが、
「ケーキなどのスイーツは持っていくべきではない」 「おもてなしには、デザートを用意することが常」
そして、「上から目線に感じるかも・・・」とも、正直に言ってくれたありがたいお友達もいたので
同じくそんな風に感じられて、ご不快に思われた方もいらっしゃると思うと、本当に申し訳なく思います。


この記事はあくまでも「私はこうしています」と言うもので、これが基本、絶対と言うことではないつもりです。
私がお伝えしたかったのは、食事などに招待された際、デザートも用意されている場合があることを考えて、
ご招待いただいたホストの方が用意して下さった、デザートを優先してお出し頂きたいと言うことや、
急に人数が増えたりと変わることもあるので、デザートの数が人数に足りないと言うような事を避けるため
消費期限の当日のものや、数が限定されてしまうケーキなどのデザート系は、
なるべくお持ちしないようにしている、と言うことでした。

そこから、「もしよかったら、後でご家族でお召し上がり下さいね」とも言えるような
そしてホストの方にどうするかはお任せして、もちろん当日に皆さんでいただいても嬉しいようなものや、
もしくはその日いただかなくても冷凍保存が効くようなデザートを、なるべく手みやげとしてお持ちしています。

もちろん、親しい仲での手土産であれば、「私はケーキを持っていくわ」と、話しておくことも出来るし
「何を持っていけばいいかしら?」と、聞いてしまうのが一番だと思っています。
実際、私もお越しになる方が何を持っていったらいいかと困ることもあると思うので
私の方から「デザートはないから、ケーキをお願い」とか「〇〇はあるから、フルーツやワインを」と、
お客様にお願いしてしまうこともよくあります。


また、目上の方への贈り物は、先方の好みなどが分からない場合は敬意を持って
どなたも喜ばれると思うオリエンタルなどホテルのお菓子や、名の知れたブランドがお味なども安心なので
お渡しすることも多いのですが、それもやはりお相手次第と思っています。

お酒がお好きな方にはちょっと珍しいお酒や、流行に敏感な方には目新しい話題のお菓子など
どんなものをお持ちしたら喜ばれるか、そんなことを考えて選んでいます。
また、お酒を飲まれる方が多いお席では、その場ですぐにおつまみになりそうなものや
お酒のあとにサッパリといただける、ソルベなどもオススメです。


また、記事には掲載されなかったのですが、他にもオススメのお菓子などはこちらです♪

The Sukhothai Bangkok の生チョコレート
 初めて私も手土産でいただいた時には、バンコクでこれが食べれるなんてと感動!
 金~日だけに開かれるThe Sukhothai BangkokのChocolate Buffetは有名です。
 チョコレートだけでなく、ホワイトチョコレート、抹茶などの生チョコも。
 *13/3 South Sathorn Road Tel:02-344-8888

・Cherubin Chocolate Bakery のブラウニー
 こちらも駐妻には有名なスクンビット31の、Peace Storeよりパクソイ寄りにあるお店です。
 チョコレート系が美味しく、ブラウニーの他にも、ピーカンナッツが沢山乗ったようなケーキも美味しい!
 *5/2-3 Sukhumvit Soi 31, Bangkok 10110 Tel:02-260-9800 Closed Mon

Let's Them Eat Cakeのエクレア
 手みやげを考えてエクレアにしましたが、ケーキならSt.Honore Rose-Raspberryと言う
 バラの香りがするクリームと、サクサクのパイにシュークリームが乗ったものもオススメ! 
  *G floor Mille-Malle, Sukhumvit Soi 20, Bangkok  Tel: 02-663-4667

 
Farm Designのレアチーズケーキやミルクプディング
 特にお子さんのいる方にはGood!しかも瓶に入っているので持ち運びも心配ありません。
 もちろん、定番の北海道チーズケーキも美味しいですよ♪
 Emporium 5F、Central World、Terminal 21、Central Bangna、Central Rama 9など

Ka-nom Fasion Bakeryのエッグタルト
 とてもマニアックだと思われると思いますが、私はこのエッグタルトを一度冷凍させて
 オーブントースターで焼いて外はカリッと、中はフローズンの状態のエッグタルトを食べるのも大好きです。
 *122 Sukhumvit 49 (Soi Klang) Tel:02-391-2428

・Mae Vareeのカオニャオ・マムアンやマンゴー
 Sukhumvit 55Rd, トンロー通りのパクソイから左手ちょっと先の、入口に沢山マンゴーが並ぶお店です
 ちょっとお高めなマンゴーですが、いつも人がひっきりなしに訪れる有名店です。
 こちらのパックにもち米とココナッツクリーム、マンゴーが詰められたカオニャオ・マムアンがオススメ
 マンゴーもいつ食べたいかを伝えると、お店の方が最適なマンゴーを選んでくれます。
 About 50 metres from BTS Thonglor (exit 3) Tel:02-392-4804, 02-714-4223

CHOCOLATERIE Duc de Praslin Belgiumのオレンジチョコ
 ベルギーからのチョコレートを使った有名なチョコレートのお店
正式な名前が思い出せないのですが、オレンジピールにチョコレートがかかったものがGood!
  *571 Room G04,Ground floor, RSU Tower Sukhumvit 31 Road Tel:02-258-3200

京ロール園のロールケーキ
  外国人の方へのおもたせは、あまりにその方の自国のものとかけ離れると、いただけないことも
  ロールケーキはどの国の方も食べやすく、しかも日本の雰囲気がでて話題になってオススメ
  お店でいただくなら、真っ黒でビックリしますが、墨のソフトクリームも美味しい!
  *M Fl., Gateway Ekamai  Tel:02-108-2660  081-909-3287(日本語)


他にもArche+8月号では、皆様からのアンケートによる「オススメのてみやげ」が掲載されているので
一時帰国の季節ともあり、日本へのお土産にも参考になるのでは?と思います。ぜひ、ご覧くださいね!

 

私は「おもてなし」で一番大切なのは、「ホスピタリティ」 相手を思う気持ちだと思っているので
時にはそれがNGだと分かっていても、敢えてすることもよくあります。
d0222641_23561092.jpg

例えば、先日の日本からのお友達が来た時のテーブルですが、こんなジャスミンのお花を使いました。

お料理本来の香りを妨げるため、香りの強い花をテーブルに飾ることはプロトコール上はNGなのですが、
前日に前々からこの香りが好きだと言って、お気に入りのSPAのこの香りのものを探していたので、
日本ではなかなか見ることできないジャスミンの生花を、テーブルに使いたいと思ったのです。

それと同じく、手みやげなども「相手が喜んで下さる、相手を思いはからったもの」と言うものが
「手みやげの極意」なのではないかな・・・と、私は思っています。
食空間コーディネーターと言う立場から、今後もそのような目線を通してお伝えしていきたいと思います。


最後に、私もブログやコラム、そしてラジオで情報発信をしている身として、
今までブログを訪れて下さっている皆様、そして掲載させていただいたお店などの方々に
これを機に、ご不快な思いをさせたり、失礼がなかったかどうかと言うことを反省をするとともに
さらに気を引き締めて発信をしていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by treasure-bkklife | 2013-08-01 20:45 | 野菜ソムリエ
今日は野菜ソムリエの活動もお休みだったので、久しぶりにIntel' Creator Fairにお買いものへ♪
最近はさらにいろいろな食べ物が販売されていて、本当に楽しかったです~
会場には知り合いのママたちが商品を販売していましたが、彼女たちの行動力とセンスには脱帽です!


さて、今月のnico Labo4月号ですが、今月もこんな素敵な家族のお写真が。
d0222641_1857873.jpg

何日かスーパーに行ったものの手にすることが出来なかったので、Face Bookから写真をお借りました。
 *今月のnico Laboはこちらからもご覧いただけます → 
  ちなみにFrom Treasure WorldはP25に掲載されております<(_ _)>

今月の特集は「在外就学子女のための『進学』基礎知識」と、どこのご家庭でも気になるお話です。
我が家の子供たちもそろそろなお歳頃になってきたので、しっかり勉強しておかなくちゃ(^_-)-☆


さて、今年の桜の開花は早かったようで、もう日本では桜が散り始めていると言うことですが
今月は「お花見・灌仏会」をテーマに、歳時記を紹介するコラムを書かせていただたいたので
皆様に、画面からでも少しでもお花見気分を味わっていただこうと思います♪
d0222641_23364337.jpg

今回のテーブルは、やはり桜をイメージした、少しスモーキーカラーな柔かい色彩で。
ここはどうしても「桜」を使いたかったので、生がないバンコクですから、造花をふんだんに使いました~
儚い桜をイメージして、私にはとっても珍しい淡い色使いのテーブルです(笑)
d0222641_2339338.jpg

お花見に欠かせないのが、やはりお花見弁当!持って出かけるだけでウキウキしちゃいますよね♪
このお重箱はスクンビット49の木の店 Arkで購入したものなのですが
中にお菓子などを入れて出しても、とても雰囲気が出るのでは?と思っています。

箸置きも桜の花びらを使い、和紙やピンクの紐などはチャトチャックマーケットで購入しました。
小さいグラスには桜湯を入れて、色と香りを楽しんでいただくことに。
結婚式や結納でお茶ではなくいただく「桜湯」は、「お茶をに濁す」という言葉の通り、
場を濁されて話が流れることを嫌って、桜湯をいただくのだそうなんですよ(*^_^*)
d0222641_234308.jpg

今回、一番悩ましかったのはお花です。やっぱりメインは桜なので、それを生かしたいと・・・。
この季節のチューリップなども手に入らなかったので、いろいろと迷ったのですが
ここはやはり色合わせで淡いピンクや紫などの、柔かいイメージのお花を使って
花器には造花の桜の枝を巻きつけることに~
d0222641_23463757.jpg

やはり、大きな桜の枝はどうしても飾りたいと、一番テーブルの外側に飾ることに。
この桜の造花はJJモールの中にある造花屋さんで購入しました。
ここには品質のよい造花が割と揃っているので、オススメなんです。
d0222641_23481739.jpg

お花見と言えばお酒は欠かせませんから(笑) この酒器のようなガラスにも造花を入れてみました。
d0222641_2350772.jpg

造花の花びらだけを集めて、こんな風にガラスの器などに入れても、雰囲気がでると思います。


そして、お重の中のお花見弁当は、こんなものを作ってみました。
d0222641_23544572.jpg

一段目には煮物や焼き物、二段目に和菓子やごはんなどを詰め込んで。
春が旬のものをバンコクでも取り入れたいと いろんなお店を探したのですが
今回、どうしてもタケノコが見つからずに、本当に残念です・・・。
d0222641_23565685.jpg

この季節、やはりいただきたいのが旬の「空豆」と「菜の花」です。
この時期は灌仏会と言って、お釈迦様の誕生を祝う行事があるのですが
空豆は「仏豆」も言われていて、この時期にピッタリな食材なんです♪
タイでは残念ながら生は手に入らないので、フジスーパーで売っている冷凍の空豆を使いました。

そして菜の花の代わりには、お味も姿も似ている「カナ ホンコン」を使って、空豆と一緒に和え物に。
d0222641_23582994.jpg

欠かせないのはお花見団子!鶏のつくねを作ってタレを絡ませ、和っぽいピックで刺してみました。
d0222641_00235.jpg

厚焼き玉子には真空パックになって売られている、ウナギを巻き込んで見ました。
この真空パック、ちょっと香りなどクセがあることも多いのですが、一度お酒を振りかけて蒸してみると
独特のクセが少し抜けて、おいしくいただけると思います。
d0222641_015668.jpg

そして、春らしい煮物を炊き合わせてみました♪
この時期いただきたい蕗はタイでは手に入らないので、蓮の茎を同じように煮てみました。
タイではお菓子としていただくことが多い蓮ですが、ベトナムでは生をサラダのようにしてもいただきます。
我が家では蕗と同じく、きゃらぶきなどにしていただくことも多いんですよ♪

そして長芋をお花の形にくりぬいて、食紅で色を付けた汁で一緒に煮ることで、春らしさをちょっと演出。
d0222641_14264482.jpg

和っぽくはないのですが、この時期、大好きなタンオー、大葉春菊を使った和風サラダも添えて。
常夏で一年中、同じ野菜が出回っているように思えるタイですが、タンオーだけはこの時期だけなんです。
柔かくて春菊ほどクセがないタンオーは、ヨモギ科なのでこの時期オススメですよ♪
d0222641_051079.jpg

これは桜もちに見せかけたご飯なんです♪
塩漬けの桜をお水で戻し、その水とお酒、昆布、ピンクの着色液をほんの少し加えて炊きました。
炊き上がったら、水で戻した桜の花びらを細かく刻んで混ぜ込み、俵に握ったご飯を桜の葉で巻くと
ほんのり塩味、桜の香りがするご飯が出来上がり♪
d0222641_065036.jpg

源吉兆庵で購入した桜大福の上には、さらに桜の花びらを飾って、お花見ムードを盛り上げて(^_-)-☆


お花見の由来などについては、次のBlogで触れようと思います。
最近、本当に暑くて寝苦しい日が続くバンコクですが、造花でも桜の枝をお部屋に飾ったりすると
春の訪れを目から感じられて、とても幸せな気分になりますよ❤❤❤
by treasure-bkklife | 2013-04-03 10:31 | 野菜ソムリエ

Yum!Yam! Soul Soup Kitchen in BKK

ここのところ送別会が続いており、何だかちょっと淋しい気持ちになっております。。。

昨年も多かったのですが、今年はさらにバンコクから本帰国される方が多いような気がするのですが、
来年度の日本人学校の1年生は、今までで最多の、かなりのクラス数になると聞いているので、
やはり帰国される方以上に、これからバンコクに赴任される方も多いのだと思います。

そして今、ジャカルタ駐在時のプレイグループのお友達が、昨年末インドのチェンナイに赴任になり
バンコクに買い出しを兼ねて、遊びに来てくれています(^^)/ 
最近インドのニューデリー、ムンバイ、チェンナイと三か所からお友達もバンコクに立ち寄ってくれて
定期的に嬉しい再会が出来そう❤ 大事なご縁は距離を超えて、いつまでも紡げるものなんですよね・・・。


さて、この日、3月2日もバンコク駐在になったこそ出会えた、素敵なお友達の活動が。
d0222641_20593844.jpg

野菜ソムリエコミュニティーバンコク@TOKYOのメンバーが東京に帰国して、タイと日本の懸け橋となる
NPO邦人「Yum!Yam! Soul Soup Kitchen」」の活動に参加しています。

今回は記念となる第一回目のイベント、Yum!Yam! Soul Soup Kitchen in BKKを行うために来タイ!!!
私たちバンコクメンバーも、大事な仲間たちのお手伝いをさせていただきました♪
d0222641_214286.jpg

お客様へのWelcom Drinkは、タイを代表するシンハーの生ビールで♪
今回は日本の生産者の方だけでなく、タイの企業さまからも多大なご支援がありました。
d0222641_2182094.jpg

Hua HinにあるSiam Wineryからも、タイで生産したワインが振る舞われて、
日本からいらした方には、タイにもワインがあるなんて!!!と、ビックリされたことと思います♪


Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENは、日本各地の生産者の方に対して、
日本各地の特産物や地元食材の新たな活用方法を、「タイ料理」(地方食材で作る)ことを通して
提案するフードイベントやデザイン、コンサルティングなどをしておりますが、
今回は島根県などの美味しい食材が中心となって、奏でられるタイ料理の数々が繰り広げられました!
d0222641_2110835.jpg

島根県特産のえごま油、ふくぎ茶などの特産品の販売も。
こちらも今回のお料理にはもれなく使われていて、とても美味しくいただきました~
d0222641_2193586.jpg

こちらは沖縄の泡盛で有名な瑞泉!
他にも秋田美人などの日本酒などもいただくことが出来て、それはみなさん幸せそうでした~♪


こちらのイベントは、まず最初に関係者の方々のご挨拶がありました。
d0222641_2105740.jpg

NPO 法人「Yum!Yam! Soul Soup Kitchen」代表の西田さん。
今回のイベントは、初の海外での試みとあって、様々なご苦労があったことと思います<(_ _)>
d0222641_2115916.jpg

そして、日本からのシェフ、両角 舞さん。
めざましテレビなどにも出演されていますが、今回はこの新鮮な特産品を使って、
どんなタイ料理になって登場してくるのか、とっても楽しみにしていました♪
今回のお料理はこの両角さんと、SALADeeのシェフの共演となり、とっても豪華だったんですよ(^_-)


開催場所であるSALADeeを主宰、野菜ソムリエコミュニティバンコクの会長の青澤直子さんの挨拶に続き
待ちに待ったお料理達が登場してまいりました~(^^)/
d0222641_2032203.jpg

前菜はこんなお料理達が登場してきて、一気に興奮ムードに突入(笑)
d0222641_20283641.jpg

隠岐の島・春香HARUKA生牡蠣
何しろ、この生牡蠣を見て、皆さんが色めき、卒倒しそうになったのは言うまでもありません!!!
こんな大きくて身が厚い生牡蠣は、日本でもなかなかいただくことが出来ませんから!!!
タイでいただく生牡蠣、時々、殻にへばりついて淋しい気持ちになることもありますもんね(笑)

島根県は外洋なので、それだけ海には栄養あるプランクトンも多いのだそう。
そしてじっくり時間をかけて育った牡蠣は、大きく濃厚なものが育つのだそうです。
特殊な方法で瞬間冷凍された生牡蠣は、本当に本当に美味しかった~❤❤❤
本音を言えば、もっといっぱい食べたかったーーー(爆)
d0222641_20301722.jpg

岩海苔入りプリックナンプラーとゆず風味の塩麹ソース
生牡蠣には、こちらのソースをつけていただきました。どちらも日本を思わせる上品なお味でGood!
d0222641_20392934.jpg

ソムタム サラディー
青パパイヤとビーツの彩り鮮やかなサラダは、SALADeedでも大人気の定番メニュー!
ビーツの色でピンクに染まったソムタムは、かわいらしく、かつ、お味ももちろん保証済みです♪
d0222641_2041985.jpg

ヤム・パックブン 味噌味
Green NAGAYAMAのお野菜と日本の伝統調味料MISOをアクセントにして
野菜ソムリエコミュニティーバンコクのメンバーでもある、Hさんの家業でもあるGreen NAGAYAMAから
水耕栽培ならではの、柔かくて新鮮な空芯菜を使った肉みそ風味のヤムなんです!
Hさんも最後の挨拶でいっていたように、「こんな風にも空芯菜って使えるんだね~」と、感激した一品。

Green Nagayamaの水耕栽培のお野菜は、6月の野菜ソムリエセミナーでも紹介してご好評を得ましたが
バンコクではBig Cなどで購入することが出来ますので、ぜひお試しあれ!
d0222641_2044327.jpg

隠岐の島・春香HARUKA生牡蠣のセビーチェ
昆布〆した海土町直送の生牡蠣をセビーチェ仕立てにして
こちら、お皿の手前にあるのが生牡蠣のセビーチェ。
セビーチェって、スペイン料理では?と思っていたのですが、しっかりナンプラーとプリックも効いた
みんなから大好評の一品に仕上がっておりました~


今回のイベントには、こんな素敵な方も登場!
d0222641_2057757.jpg

平安桜さんによる、三味線とオカリナの生コンサートが(^^)/
噂にはお聞きしていたのですが生で聞けるのは初めてだったので、その美しい日本の音色にウットリ❤❤❤

そしてこんな楽しいアクティビティーも用意されておりました!
d0222641_20575851.jpg

トラ男こと「トラクター男たち」の武田昌大さん。なんと、まだまだ若い2〇歳!
秋田の米生産者さんたちを応援して、日本各地にプロデュースされているそうなんです。
日本にもこんな熱い若者がいるのかと思うと、おばさん的には嬉しくなっちゃいます(笑)
d0222641_20543840.jpg

こちら、きりたんぽを焼いているのは、秋田出身の青澤直子さん!
今回は秋田小町のお米を使って、みんなでニギニギして、自分たちでこんなきりたんぽを作りました。
こんなアクティビティがあると、美味しいだけでなく、参加者も本当に楽しめますよね♪

秋田名物の「きりたんぽ」ですが、私は関東なのでまだその存在を知っていたのですが
関西出身のお友達たちは、「きりたんぽって何ぞや?」と言う感じでございましたが
その楽しさと味に虜になって、家に帰ってすぐに復習したと言う人まで飛び出しました~(爆)
d0222641_20554836.jpg

香ばしく焼きあがったきりたんぽは、こんなお味噌のタレにつけて美味しくいただきました♪
d0222641_20533339.jpg

こちらは上から、今回のイベントにいらして下さったお客様の風景。
みなさん、思い思いに楽しんでおられて、とても賑やかな会となっておりました。


もちろんこれだけでは終われません(笑)お料理は次へと進みます。
d0222641_20343749.jpg

ラープ・ヘット
ホクト HOKUTOのきのこのエビラーブ
最近、バンコクでもよく見かけるHOKUTOのシメジたち。こんな美味しいラーブになって登場しました♪
歯ごたえもあって味もよくしみこんで、お肉を沢山使うよりも断然ヘルシーなので嬉しいですよね!
しかも上にはたっぷりと、美と健康のサポーター「えごま」が振り掛けられていますから、言うことなし!
d0222641_2036673.jpg

ふくぎ茶とカサゴのタイ風アクアパッツア
海土町の新鮮カサゴを島の伝統茶 FUKUGI-CHAで煮込んで
ふくぎ茶とは木の皮の一部だそうですが、昔からこれを煮だして飲んでいたそうです。
このお茶を使って、身もしまったカサゴをタイ風味のアクアパッツアに煮込んで、汁も美味しくいただきました!
d0222641_2038099.jpg

ラムチョップ パネンソース
ラムチョップは、SALADeeでも定番のメニューとしてありますが
今日はさらにタイ料理風として、パネンソースを添えていただきました。
ラムが苦手・・・と言う方も、このパネンソースの香りと味で、きっと美味しくいただけたと思います。
d0222641_20461661.jpg

タイハーブごはんをいっぱいに詰め込んだイカめしのODEN風
こちらのイカが、これまたこの上なく柔かくて、実は何個も食べてしまった一品(笑)
タイハーブが入ったご飯はクセもなく、故郷を思い出させる優しいお味でした~

こちらに使われた大根や、セビーチェなどのパプリカなど、こちらの日本のお野菜は
バンコクのスーパーでも販売されているOTENTOのお野菜たちだったんです。
インドのチェンナイから来たお友達の、食糧の確保が大変な話を聞いたあとだけに、
日本のお野菜が現地価格で買えるということも、私たち邦人にとっては、本当に幸せなことなんですよね。。。


さて、最後にはもちろん、デザートがなくては終れません!
沖縄の泡盛、瑞泉梅酒の仕込み梅・紀州南高梅を使ったデザートたちが登場してまいりました!
d0222641_20471926.jpg

こちらのパンナコッタは、そこの方にこちらの南高梅が隠れておりました!
パンナコッタと一緒にいただく、フルーティーさと濃厚さがマッチした大人気の一品♪
d0222641_20484126.jpg

こちらはタピオカと南高梅を合わせてサッパリと。全く違うお味のデザートがこれまた嬉しい(^_-)
d0222641_20494446.jpg

そしてSALADeeの定番メニューでもある、トマトとプルーンの赤ワイン煮のコンポート
これはお酒をいただいたあとのちょっとしたデザートに合うので、男性もきっと好きなはず♪


今回は日本からいらした生産者の方々、そしてタイの生産者の方々をはじめ
様々な方がこのイベントに携わり、お客様にも大好評、笑顔が一杯のイベントとなりました♪
私もほんの少しですが、そのイベントに一端に触れることができて、本当に嬉しく思います。

また、こんな美味しい日本の食材を、バンコクでぜひ食べてみたい!
そして、この素晴らしい日本の食材とその美味しさを、タイの方々にももっと知ってもらいたい!!!
そんな今後の可能性を予感させた、とてもステキなイベントでした~
by treasure-bkklife | 2013-03-28 23:11 | 野菜ソムリエ
今週末の日本はお花見の人出も多いようで、Face Bookからの春の便りが嬉しく感じます。
やはり花によって季節を感じ、生活に潤いを感じるのは日本ならではの楽しみ❤
最近、ますます気温が上がり、暑くなってきたバンコク、ちょっとうらやましくも感じます~(#^.^#)


さて、お友達の来タイ記の途中ですが、2月に撮影を行った雑誌「Living ETC 3月号」が刊行されました!
d0222641_18411760.jpg

タイのインテリア雑誌ですが、とてもステキなデコレーションで参考にしたいものばかりなんです。

今回はそのインテリア雑誌の中の「Entertaining etc」のコーナーで
初夏をイメージするサラダの「Garden Salad」と題するレシピを提供させていただきました!
d0222641_1923483.jpg

撮影現場はタイらしい、穏やか、そして柔らかな雰囲気の中にも、プロ魂を何度も垣間見ることに。

この撮影を行ったチームは、美術大学などを出たアートの専門の方々だそうなんですが
やっぱり一流の人たちはすごい!そして「こんなに素早く動くんだ~!!!」と(爆)(ごめんなさ~い<(_ _)>)
その撮影風景は感動に値するほど、それぞれが自分の役割を心得てスムーズに流れ
そしてどこまでも妥協を許さない姿勢で、それはそれは素晴らしいものでした~(#^.^#)
d0222641_1943567.jpg

お料理のスタイリングは、WOMでもお花を掲載されているNaomi先生が行って下さいました♪
お花と同じで、お料理の盛り付けもやはり「センス」なんだと痛感させられました。
とてもステキな同じ歳!こんなHappyなお話を下さって、本当に感謝しています。
d0222641_1975040.jpg

カメラマンの方も、一筋のお皿の油なども見逃しません!
何度もお皿をぬぐったり、カメラをのぞきながら盛り付けを替えたり、納得がいくまで撮影が続きます。
d0222641_196750.jpg

写真を撮りながら、その場でPCによって出来上がりをチェックしていくのです。
この工程がいくつもいくつも繰り返されました~


レシピは14品提出して、そのうち撮影チームリーダーの方から6品を選んでいただきましたが、
今回はレシピも効能も全て英語で提出~~~(@_@;) 電子辞書を片手に頑張りました(^_^;) 
そして、お陰様で雑誌に掲載された写真は、こんな素敵に出来上がりました♪
d0222641_1842434.jpg

今回のお題は「Garden Salad」。初夏のお庭をイメージしたサラダたちです。
表紙には自分の名前も入れていただいて、何だかくすぐったい感じです(#^.^#)
d0222641_18444157.jpg

Morning Glory & Pomelo Italian Salad
これは生の空芯菜、ソムオー、きくらげのタイ野菜と果物を使った、イタリアン風のサラダ。
Gardenと言うことで、ベトナムで買った空芯菜割き器を使って、茎をカールさせて遊び心を出したのですが
これをみなさん、子供のように(笑) 喜んでくれたのが嬉しかった!!!

小さな赤いトマトが、草むらから顔を出したテントウムシのように、
そして茶色は茹でたキクラゲですが、まるで蝶の羽のように見えませんか?
一粒大のソムオーは、まるで朝露のようにキラキラと。そんなストーリーが表現されているのです。

空芯菜は虫がつきやすいのが難点なので、水耕栽培のものを使いました。
水耕栽培だと土を使わないので虫が付きづらく、また葉も茎も路地ものに比べて柔かいのが特徴なので
生でいただくサラダなどには、水耕栽培のものがオススメです!

空芯菜は炒め物もすぐ黒くなりますが、それは鉄分が多いからで貧血予防にも効果が(^_-)-☆
さらにソムオーのようにビタミンCと組み合わせると、さらに体内での吸収力が高まるんです♪

そして空芯菜は、体内でビタミンAに変わるβ-カロテンも豊富なのですが、
ソムオーのビタミンC、ナッツのビタミンEが合わり、美容に最強トリオのビタミンA、C、Eとなるだけでなく
オリーブオイルを使ったドレッシングや生のお野菜をいただくことで、
ビタミンAとCがさらに体への吸収が高まり、とっても美肌などにも効果があるんですよ♪
d0222641_1848202.jpg

Cucumber Salad with Dill
こちらはキュウリとディルの爽やかなサラダ。
縦に二つに切って芯を摂ったキュウリを、縦において竹のように盛り付けて。
パクチーラオとも呼ばれるディルを木の枝のように大胆に飾って、まるで竹林の中にいるみたい(^_-)

キュウリのカリウムがむくみなどを軽減し、血圧なども緩やかに下げてくれる効能も。
また鎮静効果もあるので、これからソンクランに向けて暑くなる季節ですからオススメです!
d0222641_18472447.jpg

Marinated Tomato French Tasted
湯剥きしたトマトを、ハチミツやフレンチマスタード、ホワイトビネガーなどでマリネしたトマトは
つやつやと光り、フレシュな初夏のベリーのように輝いて。
このハニーに甘酸っぱいお味は、スタッフの方も一押しでした♪

こちらはトマトのリコピンが美肌へ導き、紫外線でダメージを受けた肌にも効果的。
そしてアンチエイジングや、ストレス緩和へも効果が望めます。
d0222641_18502415.jpg

Black Rice Tabbouleh
タイにはカオヤムというご飯とお野菜がいっぱいのサラダ?がありますが、
タイ人の方向けの雑誌とあって、同じく黒米を茹でてサラダ感覚でいただくことを提案。
そして中東の香りのクミンを加えて、異国へといざないます♪

今回の撮影隊のリーダーは、これまた同じ歳の女性であったのですが、
ベジフルビューティーアドバイザーの立場から、タイ人にももっと健康・美容のための「食」を伝えたいと
「この黒米はアントシアニンが含まれるので、アンチエイジングにも効果があるのよ。」と伝えると
「それは、私たちに絶対、必要なサラダだね!」と(爆)

国を超えて女性が思うことは同じですから、ここから全てのサラダに効能をつけてもらうことができたので
ここから少しでもタイ人の方々が、食にもっと興味を持ってくれればいいな~と思っています。
この黒米はアンチアイジング、そして抗ガン、心臓系の病気予防などにも効果があるとされているんですよ。
d0222641_18525869.jpg

左上がVegetable Pickles Curry Flavoured
カリフラワー、キュウリ、パプリカなどを、カレー味のピクルスに漬けこんで。
ピクルス液に入れたローリエやクローブ、黒コショウなども、一つの絵のように描かれて。

こちらは色とりどりの野菜のビタミン、ミネラル、カリウムから、血圧や血糖値を下げ、生活習慣病に効果が。
そしてインドのMagical Spiceでもあるカレーは、ストレス解消、新陳代謝促進も期待できます。

右下がWinged Beans and Four Beans Salad
野菜ソムリエセミナーのレシピでもお出しした四角豆のサラダですが、これはいつでも好評なんです。
四角豆は化粧品の開発もされているほど美肌効果も高いお野菜なので、ヤムトゥアプーだけでなく
いろんなお料理にアレンジして、ぜひ使っていただきたいタイ野菜の一つです。

四角豆には、ビタミンCとタンパク質が豊富に含まれているのですが、
体の中のたんぱく質のおよそ30%を占めるのが、美肌にも大事なコラーゲンなんだそうです。
そしてこのコラーゲンを体の中で作る時に必要なのがビタミンC。
この二つを持つ四角豆は美肌効果はもちろんのこと、更年期などから来る体調不良や
生活習慣病などにも効果があるので、タイにいる間に沢山食べておきたいタイ野菜ですよね(^_-)-☆


このLiving ETCですが、大きな書店並びに、Villa Marketなどの書籍コーナーでも販売されています。
残念ながら、レシピが全てタイ語で書かれているので、私も全く読めませんが(笑) 
私もベジフルビューティーとして、在タイの大きなよき思い出とすることが出来たのと同時に
ご縁あってお世話になったタイの方々の、健康と美容に役立つことが出来れば幸せです❤

皆さんのお力で美しく絵のように描かれたサラダ、一度ご覧いただければ嬉しいです<(_ _)>
by treasure-bkklife | 2013-03-23 22:15 | 野菜ソムリエ
2月21、22日と二日間にわたった野菜ソムリエコミュニティ・バンコクが主催致しました
「タイで食べたい!オススメ果物 ベスト6」のセミナーが、おかげさまをもちまして、無事終了致しました。

今回の果物セミナーは、前回のタイ野菜をご紹介させていただいたのセミナーに引き続き、
タイにお住まいの皆様に、ぜひ南国フルーツの魅力を十分にお伝えしたい!と言う思いが
メンバーから持ち上がって、計画をスタートさせたセミナーです。
d0222641_2351195.jpg

この資料は、メンバーみんなの知識と意見が集まった、熱い思いがこもった資料(笑)。
何度も話し合いを重ね、内容を修正し、皆様にお伝えしたいことを半年かけて絞り込んで行きました。
d0222641_2257539.jpg

そして私たちが野菜ソムリエが選んだ、タイで食べたいオススメ果物ベスト6の果物たち。
マンゴー、スイカ、パパイヤ、バナナ、グアバ、ソムオーを選ばせていただきました。

普段よく食べながらも、実は本当の素晴らしさを、美味しさを知らずに食べていることが多い果物たち。
日本でもよく食べられるバナナですが、こんなに種類があったのはご存じでしたか?
離乳食から食べられるバナナですが、お子さんによってもすでに好みもあるようで、味が違うんです。
d0222641_22594630.jpg

そしてこちらには、南国ならではのフルーツがずらり。
来タイして、スーパーや道端などで見る、いろとりどりの南国フルーツが気になりながらも
でも、失敗したらイヤだしな・・・と、ちょっと手が出なそうなものを盛り込んでみました。
d0222641_23102188.jpg

こちらは果物がドライになったお菓子たち。日本へのお土産などにもとっても喜ばれると思います。

私、個人的にはバナナ・タマリンドチップスが大好きで、お土産にもよく買って帰ります。
レモンファームや、スクンビット39-49のSoi Promisiにある、アクトでも売れられているので一度お試しを!
これ以外にも、ドリアン・チップスも癖になる美味しさ。子供も大好きなんですよ♪
d0222641_23113831.jpg

今回の休憩時間には、野菜ソムリエ コミュニティ バンコクの会長である、青澤直子がオーナーを務める
SALADeeから、パッションフルーツ・クリームプリュレ マンゴー添えをお出し致しました。
「美味しい~」「作り方を教えて下さい!」との声も上がったこのパッションフルーツ・クリームブリュレですが
SALADeeでもお出ししておりますので、ぜひお店でもお試しくださいませ。
d0222641_23124925.jpg

この美味しさにはこんな努力も。こちらは東京でパティシエをしていたNちゃん。
セミナーでもお店と同様に、上にのったカラメルをパリパリの美味しい状態をお客様にお出ししたいと
会場裏でバーナーを使って消防士さながら、こんな作業をしておりました(^^♪
d0222641_23393569.jpg

このセミナーには司会や講師、受付だけでなく、多くのメンバーが携わっておりました。
セミナー会場でも、お出しする試食品や、お土産の準備など、みんなの力があってこそのセミナーなのです。


今回のセミナーは3部構成で行わさせていただきました。
d0222641_1192635.jpg

まずは、私がベジフル ビューティー アドバイザーとして、
「なぜ果物を食べるとインナービューティーによいのか?」「どのようにして食べると効果的なのか?」
果物とインナービューティーの関係について、お話しをさせていただきました。


果物にはビタミン・ミネラル、水溶性の食物繊維、酵素、有機酸などを豊富に含んで、抗酸化作用も高く、
美肌や美白、アンチエイジングだけでなく、生活習慣病や疲労回復、ダイエット、骨粗鬆症などにも効果が。
食べる順番や時間によっても体内での効果が違うので、どう食べるとさらに効果的なのかをお話しました。

私事で大変申し訳なかったのですが、先週にひいた風邪がまた完治せずに喉の調子が悪く
何度も途中で咳払いをしてしまいお聞き苦しい点があり、本当に申し訳ありませんでした<(_ _)>
そんな中でも皆様が耳を傾けて下さり、メモを取って下さっているのがとても嬉しくありがたく思いました。


そして、今回は二人の新しい講師がデビューし、オススメ果物の6つを詳しく説明していきました。
d0222641_23134455.jpg

コミュニティー内からも「かわいい~」の声があがるZちゃん。まだまだ若い駐妻さんです。
メンバーは年齢も出身地も様々、そんな仲間とこのコミュニティを通して出会えることも大きな財産の一つです。


初めて50人のお客様の前で話すと言うことは、非常に緊張すると言うことはもちろんですが
内容をよりよいものへと詰めていく過程は、自分の経験を通しても大変だったことと思います。
でも毎回ですが、みんなセミナーが終わったあとには「やってよかった!」と言う一言が。
一生懸命頑張ったからこそ得られる達成感は、やっぱり何とも言えないんですよね!
d0222641_2314343.jpg

もう一人の講師、Kちゃん。産後半年ちょっとの3人のママですが、時間をうまく使って頑張ってくれました!
すでにすくすく会などでも講師として話す経験はあったものの、本当に大変だったと思います。


二人からマンゴー、スイカ、パパイヤ、バナナ、グアバ、ソムオーのみんなが知りたい効能などをはじめ
食べ方、選び方、保存の仕方など、果物の楽しみ方をお伝えしていけたかと思います。
d0222641_23193349.jpg

こちらはセミナー中にパパイヤ、ソムオーの食べ比べをしていただくためにお出ししたもの。
d0222641_1254386.jpg

それぞれ3種類の違う品種を食べていただいて、お好きなものに手をあげていただきました。
パパイヤ、ソムオーにも種類があって、味わいなどがかなり違うのもお分かりいただけたかと思います。

少しでも美味しいもの、そして珍しいものを食べていただきたいと、メンバー一同で探し回りましたが
パパイヤはパパイヤオランダという食べやすい種類があり、二日通して一番人気だったように思いますが、
二日目はパパイヤ・ハワイが熟れ具合によって、票を二分するなど、かなりお味が左右してしまう果物です。
また、在タイが長いメンバーなどは、香りにクセがあるケークダムなどがパパイヤらしいと言う意見も。

そして美味しいと言われる39のパクソイ、そして中ほどでバンで販売されているソムオーでも
その日の状態によってかなりお味が左右されてしまうので、食べ比べの順位が変わったことも。
ソムオーにはルビー色のソムオー タップティム(タップティムとはザクロを意味します)があるのですが
2週間前は本当に美味しかったものの、旬が終わりにきているせいか、当日はちょっと苦みがあったかも・・・。

こんな風にちょっとした熟れ具合、そして時期や好みによって、印象がかなり変わってしまうのが果物なので
一度食べて「美味しくない」と思わずに、季節や購入場所、種類などを替え、チャレンジしてみて下さいね!


三部構成の最後には、魅力あふれる南国フルーツですが、
ちょっと手を出しずらいような果物を選んで、その果物の旬や食べ方についてご紹介を。
d0222641_23151942.jpg

今回、講師は2度目となるMちゃん。二度目とあってさすが!の落ち着きぶりでした。
これはタマリンドを実際に割ってみて、食べ方を説明しているところですが、
美味しい旬、食べ方、こぼれ話、注意点など、みなさんが知りたい情報を満載にしてお話を致しました。

パッションフルーツは、外の皮がシワシワになってからが食べごろ、
ドリアンとビールの組み合わせは、お腹の中でガスが発生して命が危なくなることも・・・と言うお話や
マンゴスチンの皮の赤い汁には、染料になる成分が含まれるので、取扱いに要注意など
「へぇ~っ、そうなんだ~」と、思われる話が一杯だったのでは?と思います。

ザクロ、釈迦頭(ノイナー・Sugar Apple)、ジャックフルーツ、スターフルーツ、タマリンド、ドラゴンフルーツ
ドリアン、パッションフルーツ、マンゴスチン、ライチ、ランブータン、ローズアップル、ロンガン、ロンコンと
セミナーにいらしたお客様にも本物を見ていただきたいと、タラートまで足を延ばしておばちゃんに交渉し
旬でないものも取り揃えるよう、メンバー一同大奮闘!これだけ知っていれば、立派なタイ果物通です(笑)

タイの果物は、これから3月~7月にかけて旬になるものが多く、美味しいものが増えてくる時期。
ぜひ、一度チャレンジされてみて、その魅力に触れていただければと思います♪


最後に、今回のお土産にはこちらをご用意させていただきました。
d0222641_23202911.jpg

メンバーのHさんが家業を営む、Green Nagayamaのサラダ菜2種類。
水耕栽培で作られたサラダ菜はとても柔かくて美味しい上に、土を使わないので寄生虫などの心配もなし。
Big Cなどでも販売されているので、ぜひお試しくださ~い。
d0222641_23215149.jpg

クリームブリュレのバーナーを担当してくれた、Nちゃんが作ってくれたパッションフルーツとバナナのジャム。
その美味しさはメンバー全員のお墨付きなのはもちろんのこと、どこの家も子どもたちから大好評でした!
レシピにはこちらのジャムの作り方なども載せさせていただきましたので、ぜひご自宅でもお試しください♪

また、ヤマモリトレーディング様からウスターソースと、我が家の子供も大好きな卵かけごはん用醤油、
バムルンラード インターナショナル ホスピタル様からバッグのご提供をいただき
パーソネルコンサルタントマンパワー様には、会場提供などをしていただきました。
皆様の暖かいご支援に、メンバー一同、感謝・感激しております。本当にどうもありがとうございました。


二日間に渡ったセミナーでしたが、皆様には楽しんでいただけましたでしょうか?
これから私たち、野菜ソムリエコミュニティー・バンコク一同、さらに活発な活動を続けて行きたいと思います。

また、現在、野菜ソムリエコミュニティ・バンコクは、私たちと一緒に活動してくれる仲間を大募集中です!
Jr.野菜ソムリエ、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、Jr.食育マイスターの資格は
バンコクでも通信教育によって受講可能ですので、小さなお子さんがいても勉強可能です。
6月2日受験の受付も始まっておりますので、ご興味のある方は、ぜひ下記へお問い合わせくださいませ。
  バンコク窓口 青澤 直子:aonao727@yahoo.co.jp Tel:081-836-6350


今回、ご来場いただきました皆様、当日は空調が強く、かなり冷え込んで申し訳ありませんでしたが
本当にご来場どうもありがとうございました。メンバー一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも野菜ソムリエコミュニティー・バンコクをご支援のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>
by treasure-bkklife | 2013-02-23 13:11 | 野菜ソムリエ
金曜日から娘がインフルエンザAにかかり、母は看病に追われております~

今回は熱は37度台と高くないにも関わらず、頭痛を訴えているので病院に連れて行ったところ、
「お母さん、やっぱりインフルエンザにかかっていますよ」と。そんなこともあるんだ~!とビックリ!!
私の中の「インフルエンザ=高熱」の図式が崩れました(笑) 皆様もぜひお気を付け下さいませ~


そして、やっと手に入りました!
d0222641_213246.jpg

Arche+ 2月号!今月は「タイの調味料で創作料理!」特集でした~
その中に「タイ薫るおもてなし 4コース ディッシュ」と題してレシピを提案させていただきました<(_ _)>
d0222641_231091.jpg

なんと、見開き2ページで、ドド~んと特集していただいていてビックリしました!!!

今回はタイ料理教室で習って買ったはいいが、その後使うこともなく、あまりがちな調味料(笑)の数々から
子供もみんな家族で食べられるような、簡単にできるおもてなしのタイフュージョンを提案して見ました。
d0222641_1422832.jpg

テーブルコーディネートは、タイを代表するお花の蘭と蓮の紫、そしてテーブルクロスには黒を。
タイの雰囲気を醸し出しつつ、フュージョンぽく都会の雰囲気も出しかかったので、こんな色と花選びを。
イメージはランスワン、もしくは東京ベイエリアの、モダンな高層マンションの一室って感じでしょうか?(笑)
d0222641_1432030.jpg

お花の色目に合わせてパープルのガラスのお皿に、都会的なシルバーの輝きを加えてみました。

このガラスのお皿はイタリアのIVVと言うものですが、日本だとどんなネットでも一枚5,000は下りません。
が、エンポリのセールで、なんと一枚2,000円以下になっていたではありませんか!!
速攻で買占めをしたのは言うまでもありませんが(笑) バンコクでは、たま~に、こんな出会いもあるのです。
d0222641_144580.jpg

バンコクでは様々な形や色の蘭の種類が手に入り、しかもお値段も良心的。
お花もすぐにダメになってしまうことも多いので、長持ちしてくれる蘭の花はやっぱりいいですよね♪
d0222641_1444975.jpg

今回のテーブルコーディネートは、この蓮の花との出会いから始まりました!!!
なかなかこんなお花は見たことがなかったので、「これをぜひ!使いたい」と。
水辺に浮かぶ蓮の美しさをイメージして、ガラスの食器やキャンドルホルダーに浮かべてみることに。


そしてお料理の方は、タイの調味料を生かしながらも、フュージョンの洋のテイストで。
しかも野菜ソムリエとしてはやっぱりお野菜、そして果物も使いたいと言うことで、こんなレシピが完成♪
d0222641_1465464.jpg

スモークサーモンのタルタル タイシーフードソース風
上からスモークサーモン、キュウリ、ソムオーを、タイシーフードソースをメインに作ったドレッシングで和えて
セルクルでお菓子のように抜いて、おもてなし度をUPさせてみました。
もちろんセルクルなどで抜かなくても材料を混ぜて、バケットの上に乗せて前菜風にするのもOKですし、
いつもの食卓には細かく材料を切らなくても、サラダのように混ぜていただいてもGoodです!

今回、このメニューを考えたのは、みなさんも「大好き!」と言われる方が多いソムオーなのですが、
野菜ソムリエメンバーも、料理としては食べたことがないと言う方も多く、ぜひ紹介してみたいと思ったのです。
ソムオーは疲労回復、ダイエット効果もあり、我が家はサラダや酢の物によく登場します。ぜひお試しあれ!

そして、周りのこの赤い宝石のようなものは、ザクロの実なのです。タイではジュースにして売られますよね!
アンチエイジングに効果があるとして、ジュースで飲まれる方も多いと思うのですが、
実は種に一番栄養があるので、こんな風に種ごとバリバリいただいちゃってくださいませ~

また、タイシーフードソースは知り合いの方がバーミーに入れると二度おいしい!と出して下さったのですが
本当にまた別の味わいで、まるでMKのお鍋のような気分になって(笑) これもまたオススメです!!!
材料などを見てみてもタイ料理だけでなく、いろんなお料理に応用できそうですよ♪
d0222641_1474271.jpg

エビのエスニックグリル マンゴーレリッシュ添え

タイはエビもお安く手に入るわりに豪華に見えて、そしてマリネしてオーブンで焼くだけなので
おもてなしのお料理としても使いやすい一品です。
野菜ソムリエとしては、やはり野菜や果物も一緒に紹介したいので、エビのちょっぴり甘辛なお味に対して
さっぱりとしたマンゴーとアボカド、そしてミントをマナオで和えたレリッシュを一緒にいただくのがオススメ!

このスイートチリソース、春巻きなどの揚げ物のディップとしてははもちろんのこと、
手羽先をパリッと塩・コショウで焼いたもののタレや、豚肉などのソテーのタレに使っても美味しいですよ♪
d0222641_1502534.jpg

ハーブロールポーク レッドカレー風味
レッドカレーは脂身の多いダックなどと一緒にカレーになることが多いので、濃厚さを出すために
豚フィレ肉の周りに豚ばら肉を巻いたあと、上から全体をつぶしてハーブと粉をまぶして焼きあげました。
こうするとフィレの柔かさと、豚の脂身がちょうどよい感じになって、もちろんこれだけも美味しいですよ❤

タイのレッドカレーは、マンダリンオリエンタルの定番レシピですが、
ブドウなどの果物とも合わせることが多いそうなので、ここでも付け合せにブドウを使ってみましたが
もちろん彩りなので、プチトマトやブロッコリーなど、お好きな材料を使って下さいね♪

このレッドカレーのソースは生クリームで仕上げてあるので、ココナッツミルクが苦手と言う方にも大丈夫。
レッドカレーペーストの量を調節すると、お子さんでも問題なくいただけると思います。
このソースはフェットチーネなどの、クリーム系に合うパスタともよく合うと思うので、ぜひお試しくださいませ♪
d0222641_152623.jpg

パイナップル・ココナッツプディング
このパイナップル・ココナッツプディングは、実はバニラアイスクリームがたっぷり入っていて、
面倒な手間を省いて、ババロアに近いお味と食感を出してみました。

実は当初、マンゴーで作ったのですが、これはマンゴープディングでありきたりと、ご指摘が家族から(^_^;)
そこで、生のパイナップルがお安く手に入るバンコク、これをピナコラーダのように使ってみたいと。
生のパイナップルなど、特に南国のフルーツは、酵素が強いためゼラチンが固まらないので、
ココナッツミルクなどと一緒に一度火に通すと、問題なくゼラチンを固めることが出来るんです。

もちろん当初のように、パイナップルの部分をマンゴーに替えて、作ることももちろん可能ですし
缶詰であれば火にかける作業もいらず、簡単に作ることができると思います。
水の部分を少しお酒に替えれば、まさにピナコラーダ風の大人にピッタリなデザートにも変身しますね❤


タイの調味料、料理教室で習って買ってはみたものの、やっぱり日常のごはんには
子供は辛さがもちろんのこと、接待でタイ料理を食べ続けるご主人様も「家では普通のごはんがいい」と
タイ料理はなかなか食べてくれずに、台所や冷蔵庫の肥やしになってしまうことも多いと言う話も聞きます。

Arche+の連載コーナーでもある、「もっと知りたい!タイ食材」の中の
「タイ食材で簡単Cooking!」でタイの調味料を使ったレシピもご紹介させていただいておりますが
もっと家族も食べ慣れた、和食に、中華に、洋食にと、幅広く使っていただくことができると思います。
実はもっと幅広く、いろんな使い方ができるタイの調味料、ぜひ毎日の食卓にもご活躍下さいね♪
by treasure-bkklife | 2013-02-11 01:54 | 野菜ソムリエ
先日、こちらのBlogでもお知らせいたしました、野菜ソムリエコミュニティー・バンコク主催の
『野菜ソムリエが選んだタイで食べたいオススメ果物ベスト6』セミナーですが
すでに沢山の皆様からお申込みをいただいており、誠にどうもありがとうございました<(_ _)>

予約開始早々にも沢山の方にご予約をいただき、メンバー一同感激・ビックリしておりますが、
2月21日(木)につきましてはすでに定員に達しましたため、予約受付を終了させていただきましたので
こちらをご希望されていた皆様には申し訳ございませんが、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、2月22日(金)につきましては、まだ若干お席はございますので
ご希望の方はお早めにご連絡をいただければと思っております。
詳細などにつきましては、以下の通りです。


~ 野菜ソムリエコミュニティ バンコク主催
 セミナー『野菜ソムリエが選んだタイで食べたいオススメ果物ベスト6』~

 ● 開催日時 2月22日(金) 10:00~12:00

 ● 場所:パーソネルコンサルタントセミナールーム ML階 ギャラリー
   (BTSアソーク直結のインターチェンジ21ビル内)

 ● 参加料:400B

 ● 受付方法:メールにて下記の内容をご記入の上、ご連絡下さい
   メールアドレス:vfcbangkok@livedoor.com
    *氏名     フルネーム 漢字・ふりがな付きでお願いします。
    *参加人数  お友達などと一緒の場合、お友達の氏名・連絡先もお願いします。
    *連絡先    携帯の連絡先をお願いします
    *希望日    2月22日とご記入下さい


d0222641_9445145.jpg

タイにはたくさんの魅力的なフルーツが溢れていますが、知って食べると、そうでないのは大違い!
野菜ソムリエの私たちも、「そうだったんだ~」と言う「目からウロコ」なことがいっぱいなのです。
今回のセミナーは、みなさんもよくいただくことが多い果物6つについては、どこまでも掘り下げて(笑)
効能や、選び方、美味しい食べ方、保存法なども詳しくお話しする予定です。

また、その他にも様々な南国フルーツの一番美味しい旬や、食べ方、豆知識や、
「なぜ果物を食べると美容・健康にいいのか?」と言う話や、さらに美容・健康効果をあげる食べ方まで。
内容がびっしり詰まった2時間で、タイの生活に役立つこと間違いなし!!!ですので、
メンバー一同、皆様のご来場をお待ちしております<(_ _)>
by treasure-bkklife | 2013-01-21 09:48 | 野菜ソムリエ
ここのところ、目まぐるしいほどの毎日で(笑) ブログの更新が滞っておりました<(_ _)>
12月は毎年クリスマス前とあって、子どもたちの学校はアクティビティが盛りだくさん!
まずはママとしての役目をしっかりと果たさなくては・・・と思っているうちに、
更新したい記事が山ほど溜まってしまいました~(^_^;)

では、まずその一弾目!Arche+ Vol.4が発行されました。
d0222641_8493232.jpg

今回は気分爽快!「環境・身体・心のデトックス」特集と言うことで
これはベジフルビューティーとしても見逃せない企画で、すみずみまで読んでしまいました~

「アーユルヴェーダの簡単ケアで毒素を排出する」方法はもちろんのこと
「スーパーあやさん直伝スベシャル掃除法」に「そんな素晴らしいアヤさんが!」と(羨ましい~)驚き
これがタイ語で書いてあれば、そのままアヤさんに・・・なんて邪な気持ちになったのは私だけでしょうか(爆)


さて、今回も掲載されております「第二回 もっと知りたい!タイ食材」
第二回目はタイの調味料である「シーユーダム」に挑戦してみました~
d0222641_8503479.jpg

シーユーダムはタイ料理で習って使ったことはあるものの、家で使わないわ・・・と、言う方も多いと思いますが
タイの醤油としてもよく使われる「シーユーカオ」に糖蜜を加えて甘みを出したものなんですよ♪


私も実はシーユーダムを買ったはいいけれど、タンスの肥やしならぬ、冷蔵庫のおジャマ虫(爆)になりそうで
何か使えないかな~(早く使い切ってしまいたい~)と思ったのが、このレシピを作ったきっかけです。

お醤油の味に、葛きりの黒蜜のような濃厚なコクもあるこの「シーユダム」
煮物に使うことはでないか・・・と試してみたのがこの「豚の角煮」なんです。
我が家の夫に「料理で何が好き?」と聞くと、必ず答えの中に「煮物」が入るほど煮物好きの主人ですが、
その中でもしっかりとした味が「おふくろの味」の主人にとっては、この「豚の角煮は」大好物。

それからコストコでも大人気の「ヨシダのタレ」と同じく、照り焼き風に使ってみて、食材に照りを出したり
お肉だけでなく、お魚の煮つけにも、しょうがの薄切りなんかをたっぷり入れて一緒に煮てみたり
コチジャンなんかを加えて秋刀魚を煮てみたりと、いろいろアレンジができると思うので、ぜひお試しください♪
d0222641_95290.jpg

ちなみに、ここのレシピで使ったのは、この「ヘルシーボーイ」ブランドのシーユダムですが
今回のArche+の「もっと知りたい!タイ食材」のページに掲載されているのはオレンジ色の大きい瓶。
そしてこの一回り小さい、黄色の「BLACK SOY SAUCE 黒醤油」と書いてある小さな瓶のものも
同じお味の「シーユーダム」なので、スーパーなどでお手に取ってみて下さいね♪


また、今回このレシピを作成するにあたり、シーユーダムもブランドによってお味がかなり違うことにビックリ!
このヘルシーボーイはかなり甘みが強いので、大人の方は和辛子をつけていただくことをオススメします♪
他のブランドのシーユーダムの場合は甘さが足りかも・・・と思うので、砂糖の量なども加減して下さいね。


意外にタイの調味料、タイ料理だけでなく、和食にも中華にも、思った以上に使えるんです!
まず「舐めて、試してみる」(爆) そして、何に似ているかと想像すると、「!」と意外なものが思いつくかも。
ぜひ、いろいろとお試しになって、アレンジをしてみて下さいね♪
by treasure-bkklife | 2012-12-08 20:58 | 野菜ソムリエ
毎日慌ただしく過ごしているせいか、すっかりブログに書くことを忘れてしまっていたのですが(^_^;)
ベジフルビューティー・アドバンスの合格通知をいただきました~(^^)/

アドバンスはベジフルビューティーアドバイザーとして、野菜・果物が美や健康をサポートする働きを
皆様にお伝えすることが使命(笑)なので、今後ブログにもそんな記事を増やしていこうと思っているのですが
ここのところ、ありがたいことにレシピ作りやコラムを書いたりと、忙しい日々を送っております<(_ _)>


ところで、新しいフリーペーパーのArche+のVol.3、既にご覧になった方もいらっしゃると思います。
d0222641_8492051.jpg

タイで活躍する日本人モデルのAKIKOさん表紙のVol.3。
今回はタイ駐在中に一度は行っておきたい「アンコールワットの旅」の特集で、興味津々~
私はこのArche+、昨日、Emporiumの東京堂でGetしましたが、今日はフジにも置かれているようです。

その中には、今月からタイフードライターのルイさんのこんなお役立ち記事が。
d0222641_9205888.jpg

ルイさんが手がけた「タイ食材図鑑」の一部が、「もっと知りたい!タイ食材」と題して掲載されております。
d0222641_9191159.jpg

この「タイ食材図鑑」は、とっても使える優れもの!
よくスーパーでも見かけるタイ野菜やハーブ類、既にいただくことも多いかと思われるタイの果物、
そしてタイ料理でいただいたり料理教室では習ったものの、他にどう使っていいのか分からない調味料
また、ちょっと手を出しずらいタイの魚など、その食材がどんなもので、どんな風に使われているのか、
その特徴だけでなく調理や利用法なども書かれているので、とっても便利で必見の一冊でございます♪


今回、Arche+に掲載されているタイ食材のテーマは「空芯菜」 
野菜ソムリエのセミナーでもお話した空芯菜、タイには空芯菜が何種類もあるのはご存じですか?
ここではその中でも代表的な「中国空芯菜」と「タイ空芯菜」についての説明が掲載されております。

みなさんがスーパーなどでよく見書かけたり、タイ料理などでいただいているのは、実は「中国空芯菜」
「タイ空芯菜」は、ヒルガオのような葉を持ち、もっとしっかりとした味わいなんですよ~
私は「タイ空芯菜」はタラートで購入することが多いのですが、中国空芯菜よりも太めなので
炒め物に使うと、シャキシャキしていただけるので、とっても美味しいんですよ~


そんなArche+の新連載、「もっと知りたい!タイ食材」のコーナーに
タイ食材を使ったレシピを載せていただくことになり、10月のある日、お料理の撮影を我が家で行いました。
d0222641_858091.jpg

我が家は外から丸見えなのですが、何をやっているんだろう??? と、思われるに違いないこの風景(笑)
ルイさんとタイ人のカメラマンさんのやり取りは、スタイリングの勉強になって楽しかった♪
d0222641_942271.jpg

今回、掲載されたレシピは、韓国料理の「中国空芯菜のチヂミ」 
子供たちが東京のインターに通っていた時は、韓国人ママたちがよく作って持って来てくれました。
韓国では「雨の日にはチヂミを焼く」と言われるくらい、冷蔵庫にあるもので気軽に作るお料理だそう♪

このレシピは小麦粉にもち粉を使って「外はカリッと、中はモチっと」させた我が家流。
もち粉はバンコクのスーパーでは「ペーンカオニャオ」として売られております。
もし、手に入らない場合は、上新粉で代用したり、もちろんインスタントのチヂミの粉でも大丈夫です。

中国空芯菜たっぷりのヘルシーな一品は、子供のおやつはもちろん、パパのお酒のお供にもGood。
空芯菜は鉄分も多く、妊婦さんや、貧血の方、血行がよくなり美肌にもよい食材。
脂溶性のビタミンAも豊富なので、油を使った調理法にすると吸収がよくなるので、ナムルなどもオススメ!

このレシピはヘルシーに野菜だけですが、豚肉を入れるとビタミンB1から疲労回復や、糖質の代謝にもよく
エビやイカには、悪玉コレステロールを引き下げるタウリンが豊富なので、アレンジしてもお試しください♪

また、塩味などは好みもあると思うので、ご家庭で加減されたり、お好きなタレで召し上がって下さいませ。
塩の代わりに顆粒だしを使うとタレがなくても美味しくいただけるので、お弁当のおかずにも大丈夫かな。
ちょっと冷たくなるとやっぱり美味しさは変わってしまうので、やっぱり焼きたてが一番、美味しいですけどね♪


これから毎月(7回かな?)、タイの食材を使ったレシピが掲載されることになりました。
タイ野菜はもちろんのこと、タイの調味料を使ったレシピなども登場する予定です。
和食・中華・インターナショナル・エスニックと様々なジャンルのお料理ですが、日本の食卓にも合うよう
そして子供から大人まで、家族みんなでいただけて簡単に作れるようにアレンジしてみました!
ぜひ、今夜の夕飯のお供にでも、お試しくださ~い(^^)/ 
by treasure-bkklife | 2012-11-07 09:51 | 野菜ソムリエ