子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

カテゴリ:French @SIN( 3 )

The Steak House

先日、13歳になる息子の面談があり、主人と一緒に出席しました。

中学生とあって科目ごとに先生が異なり、希望する教科の先生と全員と面談できるのですが
それぞれ6分ずつと短い時間ではありますが、どの先生も名前を言っただけでどんな生徒なのか、
成績や授業態度だけでなく、その子の持つ興味や方向性、そして今後の目標や対策まで
それぞれがしっかりと把握していることにビックリ!

そして今の時期に大切なのは将来へ向けて、自分でオーガナイズしていくこと、
その中でもタイムマネージメントの重要性を学ぶことだと何人の先生にも言われました。
これは社会に出てから、そしていくつもの家族の予定を束ねるママとしても大切なことですよね!

あんなに「ママ〜❤」と可愛かった息子も、そんな歳になったのかあとしみじみ。。
毎日は未だに子育てでアップアップになる時もあるけれど、本当にここまであっと言う間でした。
高校を卒業したら家を出ていくことを考えると、一緒にいられる時間もあと5年(涙)
そう思うと、毎日の子育てをもっと楽しんで満喫しよう!と思います
いくら「ママ、ウザい〜(汗)」と言う、ティーンエイジャーの冷たい視線を投げかけられても(爆)


さて、子どもたちの誕生日のアップを忘れておりました!
今年はシンガポールで初の誕生日とあって、どんな風に友達たちがパーティをするか分からないからと
子どもたちから「今年はバースディパーティはしなくていいよ」とのお達しがありました(泣)
実はママが一番楽しんでいたパーティだけれど、やはり大きくなると派手にもやらなくなるようです。

今年で息子も13歳、13から19までは「〜teen」がつくので、ティーンエイジャーと言うそうですが
先生にも言われたことではありますが、なかなか扱いが難しいお年頃になってきました(汗)
息子に聞いたところ「肉を食べに行きたい〜」と言うので、評判のよい近くのお店に行ってみました!
d0222641_1974054.jpg

River valley Road沿い、リャンコートの道路を挟んで隣のブロックにある The Steak House でございます♪
d0222641_10463212.jpg

クラークキーに初めて足を踏み入れた時は、「おお〜っ」と思った外国ならではのステキな雰囲気。
d0222641_1912377.jpg

お店の中に一歩入ると、とてもモダンでシックな雰囲気です。
d0222641_19142759.jpg

大人数のディナーにも良さそうな、ステキなお店です。
d0222641_19532491.jpg

こちらでお肉を焼いてくれる姿も見る事ができて、娘はこちらにかぶりつき(笑)
d0222641_19211769.jpg

メニューもシックな大人の雰囲気で。
13歳と言う、ちょっと背伸びしたくなった年頃にも嬉しいようです(笑)
d0222641_192336100.jpg

こちらでビールやワインを楽しむ西洋人の方たちも一杯だった、週末の夜になりました。


こちらのお店は2007年に創業し、上質なAustralian Angus Beefをクラークキーで提供する店として
誇りをもっているというカジュアルシックなレストランです。
ステーキ店と言うだけでなくワインのコレクションも豊富で、バーとしても大活躍のお店だそうです。
d0222641_1131721.jpg

まずは大人は赤ワイン、子どもたちはオレンジジュースで。
ワインは種類が豊富に取り揃えてありましたが、グラスワインの種類は少なかったような気がします。


お店は3日前までにオーダーすると、セットメニューも選べるようですが
急遽、こちらに来ることに決めた私たちは、こちらのアラカルトのメニューからチョイス。
まずはお肉の倍量の野菜を食べなくては!と、サラダを先にいただくことに♬
d0222641_7475731.jpg

The Steakhouse Caeser
Grilled romaine hearts, parmesan, 62 degree egg, bacon bits, anchovies
ドド〜んと出てきた迫力あるシーザーサラダ!
お店の名前がついているだけあってウリなのだと思います。
d0222641_7521970.jpg

Baby Heirloom Tomato Salad
Buffala mozzarella, arugula, gula melaka & balsamico vinaigrette
写真の色があまりよくないのですが、この水牛のモッツアレッラがこれまた美味しかった!


さて、次にメインのステーキの登場です♪
私たちはこちらの一番ウリだと言う、AUSTRALIAN CUTSの
Australian Black Angus Beef Grain Fed 150~200 Days をチョイスしました。

シンガポールでは肉を買う際に、「オーストラリア」「アメリカ」などその産地だけでなく、
どんな飼料を食べて育った牛肉なのか、シールに記載されているものも多く見かけます。
この「グレインフェッドビーフ」と言うのは穀物を食べて育った牛のため、サシが入りやすく
霜降り状態でお肉が柔らかいとされて、日本人もわりと好む牛肉だそうなのです。
その分、脂が多かったり、どんな穀物飼料なのかということも、健康的には気になるところです。

自然の環境で放牧され、牧草のみで飼育された牛のことを「グラスフェッドビーフ」と言い
赤身が多く、お肉本来の味わいを楽しめると言われているようです。
普段はなるべく健康を考えてお値段は高いのですが、できるだけグラスフェッドを買い求めていますが
今日はなんて言っても外でいただくという事で、こちらの美味しいお肉をいただくことにしましたが、
こちらのお店には、アイリッシュ産のグラスフェッドビーフのステーキもあります♪
d0222641_75431.jpg

Sirloin 8 oz.
サーロインのステーキの8oz!8ozってことは、gにすると約227g!!!
子どもたちはこの大きさに大満足、大喜び(笑)
d0222641_7553783.jpg

Filet Mignon 8 oz.
見た目はこちらの方が小さいのですが、こちらもしっかりと227gも♪
d0222641_10482924.jpg

お肉のソースはとっても豊富!
Bearnaise, Red Wine, Horseradish Cream, The Steakhouse BBQ Sauce,
Green Peppercorn, Mushroom, Herb Butter, Whole Grain Mustardからチョイスできるのです♬
私はさっぱりとレッドワインのソースで頂きましたが、とっても美味しかった❤
d0222641_757435.jpg

ミディアムレアで焼いてもらいましたが、とても柔らかいお肉に舌鼓を打ちました。
お肉を226gって、もうこの歳になるとなかなか食べることもないのですが
これだけで私と主人は「あ〜、肉を食った〜!!!」と言う気分で、お腹も心も満腹に(笑)
息子は「食べたりない〜」と宣ったので、最近の食欲は本当にどうかしたのではないかと思うほど!

オーダーしたサイドディッシュのポテトも、様々な種類から選ぶことが出来るんです。
d0222641_7593519.jpg

Idaho Baked Potato, sour cream, bacon
d0222641_814191.jpg

Potato Gratin
d0222641_84098.jpg

Truffle Fries
もれなく子どもたちのお腹に中に消えていったポテトたち♫ 本当に若いって素晴らしい〜!!!

そして最後にはこちらが登場!
d0222641_861397.jpg

お店からコンプリメンタリーのBirthday Cakeが!息子にはサプライズだったので本当に嬉しそう❤
みんなで少しずつシェアをして、幸せを分かち合った夜になりました♪


こんなに満腹になるまでステーキを食べたのっていつ以来だったっけ?と思うほどでしたが
実は、これでも小さい方のステーキなんです!大きい方の11ozは、なんと 311g(爆)
ホテルなどに比べても、お値段はそこそこだったように思います。

またお店はシックな雰囲気ではありましたが、男性たちが大笑いしながらビールを飲むような
堅苦しさはあまりないお店なので、カジュアルな気持ちでお出かけすることができると思います♪




「The Steak House」
River valley Road, #01-14
The Foundry, Clarke Quay.
Tel:6332-1010
6pm-12am
by treasure-bkklife | 2014-11-28 20:33 | French @SIN

Lewin Terrace

来タイ当初、長袖を着ている方を見かけると、「なぜにこんな暑いのに長袖?」と思っていましたが
南国生活が長くなってくると、「あれ、今日は涼しい〜」いや、「今日は寒い」(爆)と
普段の暑さですでに毛穴が開きまくっているのか、感じる自分がいることに驚きを感じます(苦笑)

そして昨日から「ちょっと寒いかも〜」なんて感じていたところ、とうとう喉にきてしまった
朝からまさにレディボーイのような声に(爆)(これって、タイだけで通じる話?)
雨が毎日降り続くシンガポール、体調管理をしっかりしていきたいと思います!


さてさて、前のブログでセミナーを行ったステキな一軒家のレストランのご紹介♪
シンガポールは都会ながらも、実は緑豊かな部分も多くて、とっても癒されるんです!
d0222641_873817.jpg

緑に囲まれた一軒家のレストラン、Lewin Terraceでございます♪
d0222641_134929100.jpg

Fort Canning Parkの小高い丘の上にある、ステキな一軒家です。
d0222641_23292140.jpg

ここへはHill Streetから、このSingapore Philatelic Museumの脇にある連絡通路をとって
こちらのレストランまで歩いていくことが出来るのです。

ちなみにSingapore Philatelic Museumは切手の博物館、ポップな色合いが目に飛び込みます!
様々なアクティビティブログラムもあるようなので、子どもたちと来てみたいなあ〜♪
d0222641_043592.jpg

お店の中に足を踏み入れると、まるでリゾートに来たような、そんな清々しさが漂うレストラン。
d0222641_06615.jpg

目にも鮮やかな緑に囲まれて、都会にいることを忘れてしまいそう。。。
d0222641_074021.jpg

こちらではRestaurant Weddingも開かれるそうで、可愛らしいお花も出迎えてくれました。
d0222641_0102966.jpg

温かな色味の白を貴重したレストランは、明るく清潔感が漂いながら安らげる雰囲気。
d0222641_0121141.jpg

フレンチと和食のフュージョンのお店とあって、お箸も添えられておりました!


こちらのLewin Terraceは、フレンチと和食のフュージョンのお料理がいただけるレストラン。
日本人シェフのRyuichi Kanoさんは辻料理学校を卒業した後、
神戸のコルドンブルーで教鞭を取られていたこともあるそうです。

イタリアのトスカーナ、エミリアロマーナ地方を旅して、イタリア料理のスキルも学び
神戸でというBibbiイタリアンとフレンチのフュージョン料理のレストランのヘッドシェフを勤めた後
京都の地場で作られた京野菜を使ったフランス料理店、Au Bec Finのヘッドシェフとなり、
フランス料理に日本のエッセンスを紹介したのだそうです。


さて、今日はお昼のランチセットをいただくことに♪
d0222641_0134339.jpg

まず先にいただいたこちらのパン!本当にフワフワして美味しかった❤
そのせいか、誰もがおかわりをしていたように思うけれど(笑)
d0222641_0152151.jpg

こちらのバターも説明を忘れてしまったけれど、一つ一つのお味が違いました。
お店の方はサーブをされる際に、必ず日本語できちんとお料理の説明をして下さって、
その暖かい心遣いと、どんなお料理なのかととてもワクワクしたのを思い出します♪
d0222641_017342.jpg

鰹のたたきサラダ
こちらで鰹のたたきがいただけるなんて!マリネされた鰹は食べやすく、美味しくいただきました。
d0222641_0193740.jpg

かぼちゃのスープ
2品目はスープ、テリーヌ、天ぷらのベニエからのチョイスでしたが、全員がこのスープをチョイス。
かぼちゃの甘みが引き出されて「かぼちゃのスープってこんなに美味しかったっけ❤」と思ったほど。
テリーヌにはべったら、ベニエには鱧と松茸なども使われていて、日本の食材を堪能できますよ♪

メインは4品からのチョイスでしたが、これは3つに分かれました♪
d0222641_0211324.jpg

本日の鮮魚
お皿が来た瞬間に「美しい!!!」と目を奪われた一品!
d0222641_0241362.jpg

ホロホロ鶏のロースト
私はこちらをオーダー。ホロホロ鶏は本当にほろほろと崩れるように柔らかくてジューシー!
骨があってナイフとフォークでは食べづらい方も、お箸があって安心ですね♪
d0222641_0255577.jpg

上州牛鉄板焼き
こちらのお肉を目の前に来た鉄板にさらに乗せて、自分の好みになるまで焼いていきます。
「やっぱりあっちにすればよかったかな。。。」そんな風にも思ったのは言うまでもありません(笑)


最後のデザートは何種類かあるのですが、なんと全員がこちらをチョイス!
d0222641_0275323.jpg

モンブラン
やっぱり日本人のDNAなのか、秋と言えば全員がモンブラン(爆)
それでもイメージしていた山のようなモンブランとは違い、いい意味で裏切られました(笑)
マロンペーストをしっかり感じるレストランのデザートのモンブランは、柔らかくて美味しかった❤
d0222641_0294583.jpg

カプチーノ
まるで太陽のような模様で出てきたカプチーノ!
d0222641_0311543.jpg

さらにお重に入ったスイーツのおまけ付き♪このサプライズも嬉しかったなあ♪


お店は日本人の方がいらっしゃることからか、とてもに配慮と優しさに溢れたお店。
フレンチでありながらJapanese - French Fusionのお店なので、お箸もしっかりと添えられて。
食材も日本のお味をフレンチで堪能できるので、ご両親などが来星した際のチョイスとしても
この美しい緑に囲まれたレストランで、無理なく優雅な気分を味わえてよいのではと思います♪




「Lewin Terrace
21 Lewin Terrace Singapore, 179290
Tel:6333-9905
Lunch:12pm - 3pm (Last order 2pm)
Dinner:6:30pm - 11pm (Last order 9:30pm)
こちらのMapはこちらから♪ 
by treasure-bkklife | 2014-11-18 09:22 | French @SIN
これは誕生日プレゼントになってしまうのか?息子のお下がりのMac Proが私へ回ってきました(笑)
新しい学校で最新のMac Air が支給されたので(もちろん、これも諸経費に入っているそうですが)
もれなく1年前に買ったものが回ってきたのですが、もう使い方がよくわかりませ〜ん!

息子に「これは?あれは?」と聞くのですが、「もう、仕方ないなあ〜」という感じ。
「老いては子に従え」 まさに、ことわざ通りになってきてしまった我が家です(笑)


さて、週末は少し遅れた私の誕生日のディナー!と言うことでしたが、
本来であれば「主人がお店をチョイスして、全てアレンジしてほしい」というのが切ない女心(笑)
しかし残念ながら、我が家の主人はその辺りは全く!!!マメでないタイプ。
主人がブログを読んでいるといけないので、我が家の平和のために弁解をしておきますと、
もちろん、他にいいところが「たくさ〜ん」あるんですけどね(爆)

もっとマメにやって欲しいと主人に求めてしまうと、なかなか決まらなくてイライラしそうだし
主人が選んだお店が「Ha〜n?」って言うところでも、それこそもっとイラッとしそうだし(笑)
(この辺を一番分かっているから、自分からは動いてくれないんですよね〜)
お互いの持ち味、いや、ナワバリ?を生かすには「私、選ぶ人。あなた、払う人」(爆)
我が家はこの形の方が、やっぱりうまく回るんですよね〜♬

てなことで、今年の誕生日にはシンガポールでロマンティックなレストランに選ばれていた
こちらのお店にMy Birthday Dinnerを予約しました、はい、私が(笑)
d0222641_8192780.jpg

こちらのお店は、Singapore Botanic Gardenの中にある一軒家のレストラン。
夕方7時近い時間でしたが、子供たちの歓声も聞こえてほのぼのとした気分に。
d0222641_8285051.jpg

緑に癒される植物園は、この時間でもまだピクニックを楽しむ方々が。
d0222641_1842268.jpg

たくさんの木々を抜けて歩いていくと、マイナスイオンをたっぷりもらえそうです!
途中で迷子になりそうになりましたが(笑)入り口から10分ぐらい歩いたでしょうか?

さてさて、見えてきたのはこちらです!
d0222641_830555.jpg

すてきな予感がいっぱいの一軒家。WEDDINGなども行われるようですよ♬
d0222641_8333147.jpg

HALIA AT SINGAPORE BOTANIC GARDENSでございます♪
d0222641_8364276.jpg

オープンテラスのお席もあるお店は、木々を見ながら朝食もいただけるようです。
d0222641_8425532.jpg

室内のお席はもういっぱいとのことでしたので、早めの予約が必要かと♪
d0222641_913690.jpg

オーチャードからも遠い距離でもはないのに、まるでリゾート地に遊びに来たかのような雰囲気。
d0222641_9553869.jpg

外のお席では白人の方たちのディナーや、私と同じく誕生日の方も多かったようで
何度も「Happy Birthday to you〜♬」と聞こえてきて、「あら、あなたも?」と言う気分に(笑)


こちらのお店は、1ヘクタールもある都会のオアシスでもあるSINGAPORE BOTANIC GARDENS内の
ジンジャー・ガーデンにあるレストランで、お店の名前もマレー語の生姜の意味だそう。
寛いでのんびり過ごせる癒しを感じる空間は、シンガポール在住の方にも大人気だそうです。

シェフのReynaldo Arriola氏は、フランス各地の名店で修行を重ねた若手シェフであり
アジアン・スパイスを隠し味に用いたモダン・ヨーロピアン・キュイジーヌがお得意だそうなんです。
シンガポールにはもう一店舗がRaffles Hotelの中にあり、ハノイにもお店を構えているようです。


こちらのお店は夜はアラカルトからのチョイスでした。
d0222641_9534781.jpg

お外の席だったので、あっさりと白ワインをいただくことに♬
シンガポールはバンコクと比べて湿度が高いのか、それともヒートアイランド現象のようなのか
日中などはかなり暑いのですが、こちらは夜のこともあって程よく風が通り過ぎました。
d0222641_9164662.jpg

Wagyu beef carpaccio, Asian flavours & herbs, lotus crisp, sesame dressing
「これは牛を生で食べる料理ですが、大丈夫ですか?」と確認をされましたが
やはりいろんな宗教の方が一緒に暮らしているからこその配慮なのだと思います。
ごま油の香りがとして韓国料理のような気も。こんな食べ方もありだなあと思った一品でした!
d0222641_9151030.jpg

Crispbread pocket salad of endive, asparagus, red date, lotus root & black fungus
in honey chardonnay dressing
「何だ!このピタパンのようなものは!」と思いましたが、外はかなり固い食感の塩気の強いお味。
風船のようなパンに包まれて出てサラダは、周りにはエディブルフラワーもちりばめられて。
d0222641_961355.jpg

このクリスプブレッドをナイフで切り裂くと、中にはサラダが詰まっておりました!
ちょっと苦みのあるお野菜たちでしたが、子供たちも問題なくおいしくいただきました♫

次はメインのお料理の登場!
d0222641_9252889.jpg

Paperbag oven-baked halibut fillet, mirin sake ginger broth,
sesame japanese rice, wakame & truffle aioli
こちらはお店の方のリコメンドでオーダーした一品。
脂がのった魚を、ペーパーバッグで包み焼きしたものです。
ご両親など日本人の年配の方と一緒に来られた時にも、これだと抵抗なくいただけそう!
d0222641_19123913.jpg

Grilled Rabgers Vally Wagyu sirloin steak, smoked mash, avocado wasabi puree,
heirloom tomato salad, yuzu dressing
こちらの和牛ステーキは、ミディアムレアーでいただきました。
ゆずのドレッシングやアボカドわさびピュレなどで、とてもさっぱりとしたお味。
d0222641_9181270.jpg

Linguini Carbonara, crispy prosciutto "bak kwa"
私としてはいただきたかったのは、こちらのシグネチャーでもあるらしい、
Halia's Singapore-style chilli crab spaghettini in spicy sweet & tangyu crabmeat sauce。
子供たちのたっての願いで、母の誕生日にも関わらず(苦笑)優先権は譲ってカルボナーラに。
未だに子供たちと一緒だと、なかなか自分の食べたいものって選べないんですよね〜
でも、どこに行ってもカルボナーラはやめてほしい(苦笑)
d0222641_99854.jpg

Pumpkin barley risotto, yam & purple crisps, asparagus, cherry tomato, basil
スペルト小麦のようなリゾットは、とても不思議な食感で新しい!
こんな使い方もできるんだ、はと麦もリゾットにできるかな?なんて、いろいろ考えるのも楽しい!

シンガポールでも一皿のポーションが多いこともあるので、用心しながら少なめにオーダーしましたが
食べ盛りの子供がいることもあるかも知れませんが、何となく物足り気もしたのも確か。

土曜の夜のこともあると思いますが、オーダーしてからかなり時間がたってお料理が運ばれてきたので
追加オーダーをするとかなりの時間になると思われ、後で他で何か食べようか?という展開に(笑)
ここはお店の方のリコメンド通りに、大人であれば1人につきスターター、メイン、パスタ系などを
最初からオーダーしてもおいてもよかったかな?なんて思いました。


そして最後には、とうとう我がテーブルにもやってきました!
d0222641_9283277.jpg

「Happy Birthday to you〜♬」の歌声も高く、私へのコンプリメンタリーのデザート!

実は予約の際に「今日は何か特別なイベントはありますか?」とお店の方に尋ねられ、
「えっと、実は、私の誕生日なんですが。。。」と答えたワタシに、「Oh! Sorry〜〜」と。。。
自分でBirthday Dinnerを予約すると言わせたなんて、失礼なことをしたと思われたかしら(苦笑)

「いいかい?結婚する前は両目をよく開けて相手を見て、結婚したら片目をつぶるんだよ」と
ウン十年前の独身時代に会社の上司や既婚男性から、心温まる愛の指導を何度も受けましたが(笑)
それは10年以上たった今でも、我が家、いや、どこのご家庭でもやっぱりうまくいく秘訣なのかも❤


ピクニックをしている家族や、子供たちの楽しそうな笑い声が響いたり、
ワンコが気持ち良さそうに散歩していたり、とっても満ち足りた幸せな気分に❤
ちょっとワインもいただいて、そよぐ風にも幸せ感を味わっていると、
ちょっとやそっとの細かいことなんて、「どーでもいいわっ!」って言う気分に♪
d0222641_19503216.jpg

日頃の喧噪から離れて自然の力をチャージして、自分を癒すことも大切ですよね!
紅葉もとても美しいようなので、ぜひまた訪れてみたいと思います。

シンガポールに旅行に来られた方も、入り口のカフェではピクニックセットが販売されていたので、
芝生の上でのんびり寛いでいただくことが出来そうですね!
今度は、ぜひ家族やワンコも一緒にピクニックに来たいなあ♬


「こうやって家族みんなで一緒にご飯を食べれることが、何より一番の幸せ」
今、自分が手元にある幸せを、見つめていくことも大切ですよね。
何と言ってもお互い様ですから、他人の芝生ばかりを見ず(爆)お互いのいいところを見つめ、
「あれれ?」と言うところには目をつむり、これからも家族と一緒に歩いていきたいと思います♬




「HALIA AT SINGAPORE BOTANIC GARDENS」
1 Cluny Road, Ginger Garden
(enter via Tyersall Avenue)
Singapore Botanic Gardens
Tel;(65) 8444 - 1148
Mondays to Fridays (except public holidays) : 12pm- 9.30pm (Last seating)
Saturdays, Sundays & Public Holidays : 10am - 9.30pm (Last seating)
Brunch Specials : 10am - 4pm (weekends and public holidays)
Afternoon Tea : 3pm -5pm (weekends and public holidays)
by treasure-bkklife | 2014-09-29 19:22 | French @SIN