子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2011年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧

Thai French Butchery

ソンクランが開けて、日本人学校では新学年も始まり、
日本や他国から、バンコクにいらした方も多いと思います。
私もそうでしたが、バンコクにいらしたばかりの頃は、
お買い物どこでしたらいいの?と悩みますよね。
しかもタイ語という高いハードルもあるし・・・。


そこで、バンコクで結構おいしい!
牛肉のお肉屋さんを紹介したいと思います。
d0222641_10195765.jpg

Thai French Butchery、スクンビット33-35の間にある
VillaMarket横のItalianジェラート脇の駐車場を入って行き
右手側にあるところです。

これを奥まで進んで、さらに右→左に曲がると
フジスーパー1に行く道につながっていますよ♪



来タイ当初、どこのスーパーに行っても
あまりおいしい牛肉がないなあと思っていたところ、
アメリカ人のママに、AZ Beefでなくても、
そこそこの値段でおいしいお肉があると
教えてもらったのが、このThai French Butchery。

何しろ、毎日のようにお肉を食べるお国がらですし、
ご主人ともにホテル関係の仕事を長年されている方なので、
と~ってもグルメなChristineが言うならと思って行ってみました。
d0222641_10255461.jpg

お店の中は、こんな風なショーケースが2つだけ。
ちょっと殺風景な感じもしますが・・・
d0222641_10273713.jpg

毎回レストランなどから大量のオーダーが入っています。

d0222641_10284442.jpg

一見愛想が悪いように思える、このお兄さん。
でも本当は、とっても優しいんです。
「ヤキニク」「スキヤキ」「シャブシャブ」などと言えば
それに合うようなお肉を選んでくれて、スライスしてくれるし、
「ビーフシチューにしたいんだけど、どれがいいのかしら?」
「ステーキにするのだけど、今日のお肉はどれがお勧め?」
と、相談すると、今日一番おいしいところを勧めてくれます。


Christineが言うには、ここはフランスから輸入した牛を
タイで育てて卸しているそうなのです。
スーパーなどでも「Thai French」とか「T.F」という銘柄見ませんか?
それもここから来ているようなので、同じお肉でもお値段が違います。
しかもこっちは、お値段もビックリするほどお安いの!


我が家は週末にここで牛肉を買って、お隣のVilla Marketで
豚肉と鶏肉、そしてWineを買うことが多いです。
ぜひぜひ、一度、いらしてみてください♪
by treasure-bkklife | 2011-04-30 10:42 | Daily Info in BKK

トンロー市場

オートーコー市場が言わば「アウェイ」なら
我が家の「ホーム」は、トンロー市場です。


スクンビット57を入ったところの
d0222641_21493870.jpg

こんな飲み屋さん前がタラートになっています。
オートーコーとは、えらく雰囲気が違いますね^^;
ちなみに「タラート」はタイ語で「市場」ですね。


一角の中のお店をのぞいてみると、
d0222641_22151727.jpg

ここのお店は葉物が充実。
タイ野菜やら、西洋野菜、ごぼうや日本のなす・きゅうりもありますよ。
葉物は長い間、日に照らされると、やはりぐたっとしてしまうので
やはり早い時間に市場に行くことをお勧めします。
d0222641_2222735.jpg

おばさんたちは勉強(営業?)熱心!
日本語で野菜の名前を覚えたいらしく、「これは?」と聞かれます。
「にんじん」「ごぼう」「ほうれんそう」など
少しずつですが、日本語を覚えてきていますよ!



d0222641_2254392.jpg

お隣の魚屋さん。
ローカルの魚だけでなく、サバやアジなども並んで新鮮です。
魚の目が「どよ~ん」としていないし、澄んでいて
うろこもまだピカピカしています。
頼むとうろこや、内臓なども取ってくれますよ♪
d0222641_22114867.jpg

タラートの魚、日に照らされていて大丈夫?と思いますが、
全ての魚を店先の氷の上に並べているのではなく、
後ろにあるクーラーボックスに氷と一緒に入れられています。

この間、おばさんにエビについて教わりました。
d0222641_2283918.jpg

みんながよく食べる、ブラックタイガーのようなエビ。
こっちは「養殖もの」なのです。
d0222641_2292987.jpg

こっちの白い方が「海で捕れたエビ」
タイ人はこっちのエビの方が、おいしくて好きなんだそうです!

おばさんのお勧めで白っぽいエビを買って
早速エビフライにしてみましたが、身が締まっておいしかった♪
タラートに行くと、おばさんたちがいろんなことを教えてくれます。



飲み屋さんの一角の外にも、いろんなお店が並びます。
d0222641_22183820.jpg

このおばさんは、おいも類が充実!
いつも紫と、オレンジ色のさつまいもを買っています。
子供やうちの主人まで、このおばさんのおいもの大ファン❤
さつまいもだけでなく、じゃがいもはもちろんのこと
キャッサバ、タロいもなど、種類もたくさんあります。

d0222641_22205546.jpg

このお姉さんの果物は、バナナやぶどう、イチゴなど
日本人になじみが深い果物が多く、そんなに外れがありません。
ドラゴンフルーツやマンゴーもおいしいですけどね。
このお姉さんのお店、なぜか割と早くしまってしまいます。


d0222641_2222942.jpg

ここでは、パイナップルをよく買います。
おばさんが皮などキレイに剥いてくれるのです。
パパイヤやグアバなど、南国のフルーツがおいしい。


他にも、鶏肉屋さん、豚肉屋さんなどもあります。
特に問題ないのでしょうが、鶏と豚はVillaで買うことが多いです。



バンコクに来た当初、タラートの野菜・果物は農薬が・・・と言われ
実はちょっと敬遠していたのですが、やっぱり本当に新鮮でお安いの。
その後、野菜ソムリエの資格をバンコクで取得し、
来タイされた先生に、タラートの野菜の安全性について質問したり、
勉強会で野菜の安全性などを勉強して、自分なりに納得しました。
きちんと流水(ここがとっても大切!)で、水洗いすれば
農薬もとれると知り、最近では本当によく購入しています。


d0222641_2241649.jpg

週末に沢山買って来たお野菜たち
キレイに洗って、冷蔵庫に入れるのも、
子供たちのお手伝いの一つです。
こうすると、子供も喜んでお野菜を食べてくれますよ♪
by treasure-bkklife | 2011-04-29 22:50 | Daily Info in BKK
ベトナムから帰ってきた翌日、
チャトチャック近くのロットファイ公園に自転車を乗りに行き
(なんて元気な家族なんだ(@_@) と思った方、いませんか?)
そうだ!ついでに、バンコクでキレイな市場に行こう!と
オー・トー・コー市場に行ってきました。
d0222641_19565539.jpg

この市場は、とてもキレイで屋根もあるので濡れません。
MRTガムペーンベット駅すぐ、BTSモーチット駅からも歩けます。



ここは、果物売り場がとっても充実しています。
d0222641_203152.jpg

ここで買ったソムオー、めちゃくちゃおいしかったらしく
知らないうちに、子供たちが全部食べてしまいました~(涙)
息子はとってもグルメ君で、娘は雑食ですけれど(笑)
「いつものより、おいしかった~❤」とのこと。
食いしん坊の、この二人がおいしいと言えば、間違いなしです!
d0222641_2063262.jpg

おっ、タラートでは珍しい!アップルマンゴーがあります♪
宮崎産だったらいくらするんだろう(笑)
d0222641_2084384.jpg

娘の大好きなマンゴスチン♪ 甘酸っぱくておいしいですよね。
ドリアンが果物の王様なら、こちらは女王様とか。
d0222641_20104890.jpg

正直、ドラゴンフルーツは何がおいしいのか分からなかったのだけど
ラヨーンにある果樹園 スパトラーランドで採りたてを食べてから
一気にファンになってしまいました。
ドラゴンフルーツは、中が白と赤がありますが、私は赤が好み。
ちょっと、ト〇レでビックリすることもあるのだけれど^^;
私はいつも買う時に、どちらか聞いてから購入しています。
d0222641_2223748.jpg

こちらは王様のドリアン。
ジャカルタ→バンコクと、いろんな場所でも食べましたが、
いつも思い出すのは、なぜか生玉ねぎの味(笑)違いません?
ドリアンと出会ってから10年間、食べたくない果物の一つでしたが、
スパットラーランドでは、主人と3房も食べてしまうほどのおいしさ♪
やはり採りたては匂いもなく、ネットリしてとってもおいしい❤
d0222641_2016429.jpg

こちらのみかんは、ジュースにするため1kgも買ってしまいました。
d0222641_2226763.jpg

メロンも贈答品のように、キレイに並んでいます。
d0222641_22371771.jpg

ブドウやイチゴなど、輸入された高級果物も見かけました。
それもそのはず、このタラート、タイセレブマダムもよく来るそうで
すっごい車で乗りつける、モリモリヘアーのタイマダムを
何人もお見かけましたよ^^;


お次は野菜コーナーの方に移動。
d0222641_20391832.jpg

キレイでピカピカのお野菜たちが並びます。
d0222641_20405412.jpg

こんな風にして量り売りです。
好きな数や量だけ買えるのも、タラートのいいところ。
d0222641_20445586.jpg

大きすぎるかぼちゃなどは、お願いすれば切って売ってくれるし
量が多いお野菜なども、必要な分だけ売ってくれますよ。


果物や野菜だけではありません。
こんなおいしいそうな食べ物の売っているんです。
d0222641_20131713.jpg

この花の形のタイのお菓子、実際作っているのを見て、
どれだけ大変か思い知りました。
d0222641_2229154.jpg

おいしそうな、パッタイ。お昼を食べたのが悔やまれるぅ~
d0222641_22295771.jpg

タイ料理学校で習ったものがたくさん!
d0222641_22312318.jpg

たくさんの種類が並ぶカレーたち。
あ~あ、片っ端から味見してみた~い❤


ちょっとだけ臭いますが^^; 魚売り場。
d0222641_22331046.jpg

いろんなエビの種類が売っていますね。
d0222641_22344178.jpg

こちらは魚がたくさん、もっと魚博士になって
いろんなローカルの魚を試してみたいと思っています。


そしてその側に肉売り場
d0222641_22393098.jpg

ベトナムの市場より、衝撃的ではありませんね(笑)
d0222641_22403379.jpg

ショーケースに入ったお肉たち、とても清潔な感じがしませんか?



週末の朝、よく主人と近場のタラートに行きますが、
我が家の主人も、このタラートはあんまり臭いもしないし、
とってもキレイな市場だね~と話していました。


d0222641_22415357.jpg

この日は土曜日とあって、車も大渋滞!
とっても大人気なタラートなんですよ。

市場というと、二の足を踏んでしまうことも多いと思いますが
ここはタイ政府が管理する、とてもキレイなタラートなので
清潔で安全!で、初心者にもお勧めコースです♪
みなさんがよく買われる、王様プロジェクトのお店などもあるので、
チャトチャックに行く際には、ぜひ立ち寄ってみて下さい!
by treasure-bkklife | 2011-04-27 20:46 | Daily Info in BKK

バインセオ

今日が最後のベトナム料理レッスン!
d0222641_973778.jpg

今日は待望の、バインセオ♪
これを自宅で作れるように、ぜひなりたいものです。
d0222641_984648.jpg

今日は旅行者の方が多かった~
アメリカ、オーストラリア、フランスなどいろんな国の方。
今日も男性の参加者が多いですね~


今日は、昨日、自分で交渉して席を勝ち取った娘も一緒^^;
パパと息子は、エアフォース博物館に行っています。
これまた機械オタクのマニアックな息子の選択です。
(これには、さすがに娘も着いて行きたくないわよね~)


まずは、Canh shua tom、Sour soup with prawnです。
d0222641_9141382.jpg

これは、何だと思いますか?
昨日ベンタイン市場で見た「Night secnted Lilyの茎」です。
Lilyと言うから、ゆりの茎だと思っていたら、
これは観葉植物によくある「くわずいも」のことなんですね!
「くわずいも」は「食わずいも」らしく毒性があるとのこと。
これはバンコクのタラートでも売っておりましたが、
茎の部分は大丈夫なのかしら。。。

これを皮を剥いて、薄切りにしたあと、
お水に塩を入れたもので洗って、絞っておきます。
生で食べた感じは、これまた「うど」に近い感じ。。。
(毒は全く感じませんでしたけど)
d0222641_9171798.jpg

この手前にある、長い葉っぱは「パクチーファラン」
日本語だと「のこぎりコリアンダー」と言うそうです。
香りはパクチーですが、歯触りは固く、ちょっとピリっとするかな。
昨日、我が家のサラダに入れてみたのですが、
これが加わると、いつものサラダもエスニックに大変身♪
d0222641_920435.jpg

エビ、オクラ、トマト、パイナップル、もやしなどの材料を
d0222641_9343576.jpg

タマリンドのペーストが入ったスープ煮込んでいきます。
この酸味はタマリンドの酸味なのですね。
d0222641_9361610.jpg

刻んだパクチーファランを乗せて、香りも強く
酸味の強いスープなのでで、子供にはどうかなと思いましたが、
d0222641_9381335.jpg

このように、しっかりいただいております。
甘みはなく、ヘルシーなさっぱり味のするスープでした。


お次はGoi rau Muong、Water Spinach salad with prawn。
d0222641_2036352.jpg

「あっ、私、知ってる!」と我が娘。
昨日、使ったばかりの空芯菜を裂くツール。
今日は得意げに、お手伝いをしております。
d0222641_203956.jpg

今日はママだけでなく、シェフのアシスタントもしております。
本当にこの度胸と愛嬌は、うらやましい限りです。
d0222641_22561035.jpg

ドレッシングには金柑のしぼり汁を使います。
ニョクマムやみじん切りしたニンニク、唐辛子を入れますが
さわやかでフルティーなドレッシングで、いろいろと使えそう。
d0222641_20412862.jpg

昨日のツールで裂いて、水につけたカールした空芯菜は
レゲエのかつらか、ベビースターラーメンのよう(どんな表現?)
エビ、かわいく千切りした大根、にんじんなどを
ニョクマムとライムのドレッシングで合わせていきます。
d0222641_2261613.jpg

ローストしたピーナッツや、揚げたエシャロットが
歯ごたえを香りをプラスして、とてもおいしい一品に♪
d0222641_2294569.jpg

娘に一人占めされてしまったので、週末に早速おさらいしました。



試食の間にも、参加者でおしゃべりに花が咲きます。
その国の話を聞けることも楽しみの一つ♪
(もちろん、我が家の娘もだまってはいません^^;)

ベトナムには、やはりフランス人が多いのでしょうか。
日本の震災のことについて、心を痛めていると同時に
過去にチェルノブイリのことがあるからか、
日本の原発の影響がどうなのかを、聞かれることになり
これをどう日本人として発言したらよいのか、返答に困りました。emoticon-0107-sweating.gif

いつも外国人と接していて、反省させられるのですが、
彼女たちは、いつも世界中の出来事に関心を持っていて
それについて、自分なりの意見を求められることが多いので、
せめて、自分の国に何が起こっていることぐらいは、
政治や経済はもちろん、文化や歴史のことも、
知っておかないと、恥をかくし、お付き合いができません。
毎日、ネットでニュースは見るようにしているのですが
しかも英語でとなると・・・まだまだ長い道のりですemoticon-0106-crying.gif


次はお待ちかね、Banh Xeo、Vietnamese pancakeです。
娘はこれをマスターすると、ヤル気マンマンemoticon-0165-muscle.gif
d0222641_2211577.jpg

黄色い色付けにはターメリックが入るのですね。
緑豆の蒸したもの、もやしや、エビや豚肉なども入ります。
d0222641_22134592.jpg

米粉を丁寧にココナッツミルクなどと混ぜていきます。
d0222641_22155191.jpg

中身の具をまず炒めていきます。
真剣そのもの、こういう顔を勉強の時にみてみたい・・・。
d0222641_22185269.jpg

お~っ、こぼれる~!
米粉を流し込み、フライパンいっぱいに広げますが
ママはず~っとドキドキですが、絶対に代わろうとしませんemoticon-0112-wondering.gif
d0222641_22211362.jpg

中身をもう一度、上に乗せて
d0222641_22235662.jpg

半分に折りたたんで、出来上がりです~
私はちょっと手伝っただけだったのですが、結構上手に作りましたね。
小さい時から、お料理のお手伝いが大好きなので
腕もだんだん上がってきています。
d0222641_2225547.jpg

揚げ春巻きなどと同じタレを添えて
d0222641_2227977.jpg

一口サイズに切ったバインセオを葉物に包んでいただきます!
自分で作ったバイセンオにご満悦の我が娘。
しばらく家で作りたがって、大変なことだと思いますemoticon-0105-wink.gif


3日間、ご一緒させていただいたシェフともお別れです。
お邪魔だったでしょうが、娘にアシスタントまでさせてくれて
かわいがってくれて、とても感謝しています。
娘もと~っても楽しかったようで、夏に企画している
〇〇旅行の料理教室も、ついてくるのではとママは心配emoticon-0107-sweating.gif
でも、本当にいい経験をさせてあげられたと思っています。

シェフはどんなに参加者が多くても、
毎回、一発で名前を覚えるのがさすが!
お料理教室の先生と言うのは、その腕や料理の知識だけではなく
その方の持つ魅力や、おもてなしのホスピタリティにあふれ、
参加者全員が楽しめる「場」を提供すると言うことが大事だと
素敵な先生に会うと、いつも感じさせられます。
いつか、こういうお教室が開けたらなあ・・・と
自分の将来への勉強にもなった、お料理教室でした。



さてその頃、息子と主人は1時間もかけて、
エアフォース博物館に着いたものの
なんと、関係者以外は立ち入り禁止だったんですってemoticon-0106-crying.gif
動物園に行ったあと、大好きなフォーを食べに行ったそうです。
(この二人、とっても麺好きなんですemoticon-0152-heart.gif

ママのブログのためにと、行って来てくれたのは「Pho 2000」
写真も二人でちゃんと撮って来てくれました。
d0222641_22334027.jpg

こちらが主人が頼んだ、海鮮のPho。
d0222641_22343333.jpg

こちらが、息子が頼んだ鶏肉のPho。
最後に麺好き二人組が、おいしいものを食べられてよかった♪


5日間と、通常より少し長いホーチミンの旅でしたが、
本当に食い倒れた、楽しい旅でございました(笑)
ベトナム戦争に触れ、少し大きくなってきた子供たちにも
いろんな面で、学ぶことも出来たかと思います。

機会があったら、ぜひぜひ駐在してみたい!
お野菜たっぷりの、ヘルシーなベトナム料理
勉強してみたい!!!と、思っています。


タイからも飛行機で一時間ちょっとの近いベトナム、
みなさんも駐在中に、一度訪れてはいかがですか?
by treasure-bkklife | 2011-04-25 09:42 | ベトナム旅行

Breakfast buffet

今日がベトナム最終日とあってか、
なんだか目が5時前から覚めてしまって
みんなが寝ているうちに、ベンタイン市場に行って来ることに♪
d0222641_9573787.jpg

どうしても、ベトナムコーヒーのフィルターが欲しかったのです。

明らかに私が観光客と分かるからか、
「お姉さん、安いよ~」と、何度も声をかけられました。
ベトナムでは、こういう時「お姉さん」なのね
タイでは「マダ~ム」か「奥さん~」だけれど。
(いつも思うけど、誰が「奥さん」って教えたのかしらん。)

そこからは頑張りました!値段交渉。
私が日本人とみて、かな~り、ふっかけられてるのが分かります。
これでも、バンコクでは市場のプロよ^^;
なんて思いながら、よそを回ってみたり、帰るふりをしたり、
まとめて買ったら・・・なんて交渉し続けると、数分。
やはり初めの半値近くの値段になりました~emoticon-0165-muscle.gif
こういう現地の方とのやり取りも、市場での楽しみ、
きっとこれでも、まだベトナムの方に比べたら高いのよね。


そして、ホテルのロビーで、
な・なんと、バンコクのお友達Mさんとバッタリ遭遇!!!
ホーチミンに来ているなんて全く知らなかったので、
こんなところでも会うなんて、ほんとビックリ♪
しかも私ったら、すっぴん、ノーメイクで
初対面のご主人さまともご挨拶emoticon-0111-blush.gif
いつでもキレイにしていないと、イケませんね~。


朝はMajestic HotelのBuffet♪
d0222641_9405563.jpg

う~ん、すがすがしい朝!
サイゴン川が目の前に広がり、と~っても気持ちいいです。
d0222641_9445321.jpg

やはり外国人比率、高し。
d0222641_7401897.jpg

旅行中って野菜不足になりがち。
(生野菜をよく食べる、ベトナムではそうでもないけれど)
いつもBuffetでは、しっかりとるよう心がけます。
d0222641_9521545.jpg

ここのレバーのパテ、とってもクリーミーでおいしかったです。
d0222641_947865.jpg

チーズの種類もたくさんありました。
思わず、朝からワインを飲みたくなっちゃいそう♪
d0222641_9484675.jpg

Westrenのものだけでなく、もちろんPhoもありました♪
昨日習ったPhoと同じく、濃厚なスープがおいしいの。
d0222641_9502496.jpg

パンケーキを待つ、女の子♪
お兄さんに抱っこされて、作るのを見ています。
d0222641_9533517.jpg

色とりどりの南国のフルーツたち。
d0222641_9544338.jpg

家族でのんびり、充実した朝ごはんをいただきました。


Majestic Hotel自体は、ポーターなど、サービスについても
・・・と思うところも正直あったけれど、
この朝食Buffetは、異国情緒に溢れていてお勧め。
夜のバーも同じ場所だそうなので、きっと素敵だっただろうなあ。

バンコクのオリエンタルもそうだけれど、
やっぱり川の側って、癒されますよね~
日本から来た方ががビックリするような、川の色ではありますが^^;


さあ、これから最後のお料理教室です!
by treasure-bkklife | 2011-04-24 10:07 | ベトナム旅行
夕方、サイゴン川近辺をお散歩することに♪

息子の希望で、ずっと気になっていた
ホーチミン一高いビルに行ってみました。
d0222641_9444378.jpg

Bitexco Financial Tower」です♪

街中に来ると一際高いビルで、ヘリポートがある珍しい形。
50F建てのホーチミンのシンボルタワーですね。
入場料が20万ドン(日本円で1,500円位)で
現地からすると、とても高く感じてしまうのですが、
旅の思い出に行ってみましょう~

展望台は49Fになります。
d0222641_9494852.jpg

展望台から眺めるサイゴン川。
クチのトンネルは、この川に続いていたのを思い出しました。
d0222641_9535926.jpg

新しいビルが建ってきています。
これから、どんどん発展していくであろう
アジアのパワーを感じます。

このビル、夜は素敵にライトUPされ、
夜の展望台はデートコースemoticon-0152-heart.gifになりそう。


そして、サイゴン川のほとりを散策に。
d0222641_9564386.jpg

トンローの大通りを、普段スイスイ渡る私ですが
この大きな通りを渡るのは命がけでした。
一応、横断歩道はあるものの、みんな気にしてないみたい。
(これは、タイも同じだけれど!)
バイクの量が何しろ多いので、いつ飛び込んでくるかと怖かった~
d0222641_107537.jpg

サイゴン川の夜のクルーズ。
こちらは全て、夜のDinner付みたいです。
船に顔があるのが、可笑しいemoticon-0104-surprised.gif
d0222641_1036053.jpg

気分は山下公園???
d0222641_1043593.jpg

先ほど行ってきた「Bitexco Financial Tower」が
空に浮かび上がって見えますね。


そして、もう一つ、どうしても食べたいものがあるのです。
そう、ベトナム名物「バインミー」
これを食べずには、バンコクに帰れませんっ!
d0222641_10122444.jpg

ホテルのコンシェルジュのお勧めで、
近くの「Nhu Lan」にやって来ました。
ここは地元の人で常に賑わうお店なんだそう。
d0222641_1014999.jpg

バインミー・ティットサシウ。
パリパリのフランスパンに、ケバブのような焼肉がぎっしり!
こちらをもれなくお買い上げ♪
d0222641_10164659.jpg

もう一つはパテのバインミー。
ソーセージやチーズなども、おいしそうなものがありました。
d0222641_1021126.jpg

他にもフランスパン、肉まんなど、シュークリームなど
様々なものが売られていました。


今日はお料理教室 X 2を食べつくしたせいか、
お腹があまりすいていないので(体重も怖~いemoticon-0114-dull.gif
ホテルに持ち帰り、チーズとワインと一緒に食べました♪
d0222641_10185539.jpg

う~ん、外はパリッと、中はしんなり。
絶妙なおいしさでございました。
中身はお店によっても様々な種類があるようですが、
プリックが入っているものもあるので、子供は注意が必要かも。

こうして、バインミーとワイン片手に
DVD鑑賞をしながら、最後の夜は更けていきました。

明日は最終日、朝から行動します!


「Nhu Lan」
50-64-68 Ham Nghi Q.1
TEL:08-3914-1317
4am-0am  無休
Bitexco Financial Towerからも近く
ドンコイ周辺のホテルにお泊りの方は便利です♪
by treasure-bkklife | 2011-04-23 10:30 | ベトナム旅行
お料理教室の後は、ホテルをお引越し。
d0222641_208868.jpg

ホーチミンで由緒ある「マジェスティック ホテル」へ。
サイゴン川の側の、観光にも便利な場所です。
d0222641_2093775.jpg

1925年のフランス統治時代からあるホテルは
やはり昔ながらのデコラティブな感じ。
そうそう、お部屋の蛇口の説明なども、フランス語なの~
(私にはどっちがお湯で、どっちが水か分からん・・・)
エレベーターもかなり昔の日本製!で、時代を感じましたよ。
d0222641_20115461.jpg

多くの観光客と見られる外国人で、いっぱいのロビーでした。


お部屋の中はキレイに清掃されていますが、古さは否めません。
バスタブも高く(足が長い外人向きだね)、ちょっと入りづらい。
プールもかなり小さいようだし、DVDもついてないし
小さい子供がいる方には、どうなのかなあ~。
あっ、Disney Channelはあったけど(笑)


d0222641_2018756.jpg

子供たちがパパとプールで遊んでいる間、ここのレストランに来て
d0222641_20203775.jpg

じゃ~ん、今日二回目の料理教室!
(「どんだけ?」って、さすがに主人にも飽きられたけど^^;)
しかし、このタレ幕、ちょっと恥ずかしくない?
d0222641_2022188.jpg

この素敵なお店の一角で、お料理教室が始められました。


今日のメニューの材料たち。
d0222641_20255139.jpg

どうしても習いたかったメニューに必要なものを発見!
d0222641_2027336.jpg

これ、牛の骨なんです。と~っても楽しみ♪


d0222641_2029144.jpg

この方が、今日、私にレッスンをしてくれます。
ところで、ホテルとあって至れり尽くせりなんだけれど、
何も私一人に、この先生1人に、アシスタント4人
(と言うか、遊びに来てる人!)は多すぎじゃないの(笑)


d0222641_20323497.jpg

最初の一品は、私のリクエストで「青パパイヤのサラダ」
この料理、映画のタイトルにもなりましたよね~。
「タイでもソムタム、食べれるじゃん!」と言われそうですが
ソムタムとどう違うのか、現地で習ってみたかったのです。

ここでまた!カービングの登場。(だから、苦手なんだって~
でも、簡単なカービングだったので (しかも包丁でね
出来上がると、みんなから拍手喝采!!!を受けましたemoticon-0123-party.gif
ありがとう、みんなに褒められて、ちょっとお姫様気分emoticon-0157-sun.gif
でもみんな、やっぱり暇つぶしに来てるなあ(笑)
d0222641_22523354.jpg

大量のライム。ライムとニョクマムでドレッシングを作ります。
d0222641_20413028.jpg

ここにはベトナムバジルと、やはり「蓼」が入ります。
d0222641_20455999.jpg

そして茹でた豚肉を薄切りします。結構、脂身ですね~
d0222641_2049424.jpg

さっき作った唐辛子のカービングも飾って出来上がり♪
エビせんべいに、サラダを乗せて食べるのがベトナム流。
タイのソムタムより、やはり辛さが控えめ、
にんにくが入っていないので、優しい味かな。

ソムタムは辛くて食べられないことが多いのですが、
これは子供もおいしくいただけました。
でも、やはりカオニャオと食べるには、あの辛さがいいのよね~


お次はVietnamese Shrimp Paste on Sugar cane
d0222641_20543325.jpg

エビと魚のミンチしたものを
d0222641_20552772.jpg

サトウキビにつけて、揚げていくのです。
どこかで「エビのちくわ」と訳してあったメニューがありました(笑)
d0222641_20571246.jpg

年代物のブレンダー登場(笑)
この間のシェフは「ベトナムではミンチは包丁で・・・」って、
まあ、お店によってもこだわり具合が違うんでしょうね。
d0222641_20594463.jpg

ペースト状のものに、砂糖・塩や香草類などを混ぜて
d0222641_2111736.jpg

「きりたんぽ」のように、サトウキビにつけていきます。
d0222641_2131983.jpg

きつね色にこんがり揚げてできあがり!
何だか、マンガやアニメに出てくる骨付き肉みたいで、
原始人みたいにガブっとかぶりついちゃいそう(笑)
これもチリソースや、ケチャップをつけていただきます。
子供も大好きな食べやすい味、これは日本人は好きよね~。


お料理教室の合間にも、ホントに暇を持て余しているらしい(笑)
レストランスタッフが次々と見物!に遊びに来て、
みんなからベトナムの生活について、いろんな話が聞けました。

ベトナムの学校は義務教育ではなく、全部私費なんですって。
Districtによって、かなり費用も異なるけれど高いとのこと。
「分かる~うちもよ~!」と、こんなところで国際交流emoticon-0150-handshake.gif
どこの国の親も、子供の教育費は悩みの種よね~と。
だから、もっとちゃんと勉強しなさいっ!と言いたいのですが、
予備校をさぼって青春満喫してた、私の子供だからなあ~^^;
今頃になって、ようやく親の怒りがよくワカリマシタ。。。


今までなんとなく、ぶっきらぼうに感じていたベトナム人が
(あっ、料理教室のシェフをのぞいてね)
意外とおしゃべりで、沢山話しかけて来るし(子供の自慢話もね)
料理もレシピ以外のことも、丁寧に話してくれてビックリ(@_@)
まるで、インドネシア人みたいな人懐っこさです。
これもホテルの人たちで、接客慣れしているからなのかしら。


さてさて、次はお待ちかね「フォーボー」
ここでこのメニューがどうしても習いたかったのです。
d0222641_22133759.jpg

わあ~、すっごい牛の骨。これでスープを取っていくのです。
d0222641_22144874.jpg

八角、シナモン、クローブ、カルダモンと
中国やインドの香りがするスパイスが入ります。
このあたりも、きっといろんな文化が混じって作られたのかなあ。
一度炒って、香りを出してから使います。
d0222641_22172917.jpg

一度下処理で5分煮た牛の骨を、水を替えて
しょうが、香辛料、シャロットなどど8時間!かけてダシを取ります。
「フォーは食べるのは5分、でも作るのは8時間!」と
スタッフたちは笑って話していました。
お店などでは、やはり前日から仕込んで作るそうです。

一つ「えっ!」と思ってしまったのは、
このスープに、クノールのポークスープの素を入れること!
しかも、なぜか銘柄指定(笑)
スープにコクを出すためみたいだけど、
ホテルのレストランでも、化学調味料はやっぱり入れるのね~。
d0222641_2223151.jpg

上にトッピングする野菜たち。
もやし、バジルに、ノコギリコリアンダーを
自分で食べる時に乗せていただきます。
d0222641_2227518.jpg

チリソースなども好みで加えて、さあ、いただきます♪
う~ん、とってもコクのある深い味で、おいしかった~❤


最後に、こんなCertificateをいただいちゃいました。
d0222641_22342785.jpg

デモンストレーション式だったので、何もしませんでしたが^^;
スタッフといろいろおしゃべり出来て、楽しかったです❤

この後、夕方のお散歩に出かけま~す♪
by treasure-bkklife | 2011-04-22 21:08 | ベトナム旅行

生春巻き

今日のお料理教室のメニューは、
d0222641_10471817.jpg

じゃ~ん、出ました、生春巻き!

d0222641_10483313.jpg

今日は現地のフランス人マダムたちとご一緒。
ここは駐妻たちの中でも、評判のお料理教室なんですって。
d0222641_10495849.jpg

生春巻きの中には、えび、豚をはじめ、様々な野菜たち。
d0222641_10511244.jpg

ライスペーパーをご覧下さいませ。
左が揚げ春巻き用、右が生春巻き用、厚さが全然違うでしょ?
揚げ用の方が薄く、カリッと揚がるようになっていて、
生の方が厚く、破れないように出来ているのです。
d0222641_10524482.jpg

ディッピングソースには本来、いろいろな物を混ぜて作るのですが
ここでは家庭で簡単に、しかもおいしくできるよう
ピーナッツバターとベトナムのソースを使います。
d0222641_10544526.jpg

これっ、「Hoisin Sauce」と言うソースなのですが、
ベトナムに住んでいない、私たちはどうすればいいのかな~
シェフに聞いてみると「Black Bean」から作られているそう。
何度もペロペロ味見している私は、かなり変な人でしたが(笑)
豆鼓と醤油などで、代用できそうな味でございました。
d0222641_10585676.jpg

こんなソースが出来上がり!濃厚でおいしいソースでした。
d0222641_11220100.jpg

シェフが出来上がりがキレイに見える、材料の包み方を伝授。
d0222641_1105011.jpg

娘がシェフに教わり、生春巻きを巻いて行っています。
ここは子供も7歳以上は参加OKなので、ベトナム旅行にもお勧め♪
d0222641_1142895.jpg

上手に出来上がって、大満足そうな息子でした!
d0222641_116564.jpg

ベトナムで食べた生春巻きは、どれも思っていたよりも固め。
タイにもありますが、食感が全然違います。
とってもおいしくいただきました♪


次はXoi nhan thit chien、Fried sticky rice ballです。
d0222641_17351617.jpg

材料はもち米に緑豆の蒸したものを皮にして
炒めたにんじん、お肉を中身にしていきます。
d0222641_1737099.jpg

二人で仲良く作業中。いつもこうだといいんだけどね~
d0222641_17494235.jpg

中身のフィリングを炒めて、ナンプラー・砂糖などで味付け。
d0222641_1752018.jpg

緑豆をスプーンでマッシュして
d0222641_1753413.jpg

さっき作ったお肉のフィリングを、包んでボール状にします。
d0222641_1756472.jpg

おっ、みんな結構キレイに丸めてるではないですか~emoticon-0148-yes.gif
d0222641_17584314.jpg

みんなで揚げている間、おしゃべりが進みます。
d0222641_17594522.jpg

キレイにあがったライスボール。子供のおやつにもよさそう♪
d0222641_1803992.jpg

ここでも地ビールの登場!ビールが進む一品でもあります。
中身はシーフードや、あんこなど、いろいろ代えてもよいそうです。

お次は北部の名物料理、ブンのBun thit nuong、
Fresh rice noodle with BBQ pork & raw vegetable。
d0222641_18195928.jpg

そうめんのような麺の上に、生野菜と炭火焼きのお肉が乗ります。
d0222641_19263125.jpg

この小さなみかんのようなのは「キンカン」
これを絞って、麺を合えるタレに使っていきます。
酸味はあまりなく、ほどよい甘さです。
d0222641_18231732.jpg

豚肉を細かく刻んだレモングラスなどの香辛料と、
ニョクマク、ナンプラーなどでマリネしておきます。
タイ料理では、レモングラスはカットした時に
紫の部分以外は、香りが薄く、Woody過ぎるので使いませんが、
ベトナムではそのあたりはこだわらないようです。
d0222641_19374536.jpg

お次はこれっ、何をしていると思いますか?
d0222641_19384081.jpg

このようなツールを使って、空芯菜の茎を細く裂いていくのです。
これももちろん、市場でお買い上げ♪
d0222641_19401739.jpg

そうして、麺と野菜をこのように盛り付けておきます。
d0222641_1945352.jpg

お次に、先ほどマリネしたお肉を、七輪で焼いていきます。
d0222641_1947251.jpg

みんなスマイルemoticon-0102-bigsmile.gif 料理も楽しまなくっちゃね♪
d0222641_19435347.jpg

パパも一生懸命、扇いでます♪
d0222641_19483882.jpg

結構、「焼きすぎ???」ってくらいまで焼いていきました。
d0222641_1949592.jpg

香ばしく焼いたお肉や、にんじん・大根のピクルスを乗せ、
金柑のタレをかけていただきます。

これっ、久々の大ヒット!すっごくおいしい。
このお肉を食べて思い出したのが、我が家の大好物
「あっ、トンロー17のおばちゃんのムーピン」!
こんな味付けだよね~と、4人だけで盛り上がりました^^;

暑い夏、食欲がない時などに、フルティーな味わいで食べやすく
しかも、野菜もお肉も食べられて、精もつきそう。
我が家の定番メニューになること間違いなしですっ!



明日は、私だけ料理教室に参加する予定だったのですが、
定員がすでにいっぱいなのに、お料理好きな娘は
どうしてもクラスに参加したいと、シェフへお願い攻撃emoticon-0109-kiss.gif
子供の頼みは、シェフだった聞かないわけにいきませんよね、
明日、一緒に着いてくることになっちゃいました。
しかも娘は「ママは私のアシスタントだから」だって!
はあ~っ、この意志の強さには敵いません。。。


明日は、娘もお気に入りの「バインセオ」のレッスン。
二人で楽しみにしています❤
by treasure-bkklife | 2011-04-22 11:07 | ベトナム旅行

ベンタイン市場

4日目の朝、お料理教室のシェフと待ち合わせして
ベンタイン市場に行って来ました~
d0222641_002532.jpg

今日はホーチミンに住む、フランス人マダム7名と
私達の家族4人がご一緒させていただきました。
d0222641_021350.jpg

ここはホーチミンの食糧庫だそう。
d0222641_033245.jpg

新鮮そうで、おいしそうな野菜が並びます。
d0222641_085816.jpg

あっ、赤いのは「もくべつし」発見!
ベトナムでは、オレンジ色にご飯を炊くのに使うそう。
隣にある紫色のものは「バナナの花」ですね。
ベトナムでもサラダにして食べるようです。
d0222641_0102449.jpg

これは、ゆりの茎ですって!
明日のスープで使うそうなので、ちょっと楽しみ♪
d0222641_0123438.jpg

アーティチョークが市場にあるなんて!
バンコクではVillaで高いお値段でしか見たことがありません。
これもフランスの影響なんでしょうね。
d0222641_0182447.jpg

シェフに確認し忘れた!たぶんコールラビかな?
d0222641_0225319.jpg

これも聞いたのに名前が思い出せない!
確か、蓮のように水の中に生えていると言ってたと思うのですが。
この白い部分は捨てて、中の緑の部分をスープにするんですって。
(どなたか知ってる方がいらしたら、ぜひ教えて下さいませ)
d0222641_0252184.jpg

果物は南国だけあって、ほぼバンコクと一緒ですね。
シェフも、今が一番果物が取れない時期と言ってました。
こんな近いタイとは、反対になるのね~。


さて、ここから、ゲテモノが苦手な方はスルーして下さい(笑)

d0222641_0274455.jpg

まだまだ生きている、新鮮なカニや貝たち。
d0222641_0284357.jpg

生きているカエルをさばいているお姉さん・・・。
私、カエルは怖いんだけど、食材となると大丈夫なんです。
d0222641_0301198.jpg

魚はこうして、ちゃんといけす?に入れてあるので
とっても新鮮なものをさばいてくれます。
d0222641_0322684.jpg

豚も、どの部位ももれなく売っています。
「わあ~、ソーセージ」と喜ぶ娘。違う、これは腸でしょ(笑)
d0222641_034565.jpg

牛肉売り場、肉の種類によってお店が異なります。
d0222641_0422669.jpg

極め付けはこれっ!さそり、ヘビなどが入ったお酒。
まあ、アジアの市場は、どこでもいろいろありますね。


はい、ゲテモノ系、終了です!お疲れ様でした。


主人がつぶやいたのですが
「ここの市場、あんまり臭いがしないなあ」と。
そう言えば、バンコクのタラートは、どうしてもどこに行っても
ちょっと特有の(はっきり言えば臭い!)ニオイありますよね。
特に魚や肉が売ってるあたりにはね。
私はもう慣れてしまって、平気になってしまったのですが
本当にそう言えば、ここ、あまり臭いがしないのです。

それは、魚などがまだ水に入って生きているからなのか、
肉もまだ卸したばかりのものだからなのか、何なのでしょう。
確かに、市場の中、ゴミ一つ落ちていないんですよね。
これは街の中でも言えることなんだけれども、国民性かなあ。


d0222641_1223926.jpg

いつも親よりも、頼れるガイドさんについていく子供たち。
この日もシェフの横に陣取り、しっかり質問攻め(笑)
d0222641_0445148.jpg

ライスペーパーが何種類もあるので、尋ねていました。
d0222641_048590.jpg

市場の中には、食堂がいっぱい!
d0222641_0493297.jpg

みんなキビキビと仕事をしています。
d0222641_050248.jpg

シェフ曰くは、ここの夜の外の屋台より、ここの中の方が
材料もここで調達したばかりの新鮮なものなので、お勧めとのこと。
d0222641_0515567.jpg

ここ、ベンタイン市場は生活の中心地なので、
朝も昼も、ここで食べる人も多いんですって。
このフードコートは朝から、2時過ぎぐらいまであるそうですよ♪
d0222641_0551392.jpg

ベトナムスイーツのチェー。
d0222641_0563889.jpg

お兄さんにお願いして、写真を撮らさせてもらいました。
麺の中身を見てみて下さい!
タイのバーミーなどと比べて、野菜の量が多くてビックリ(@_@)
d0222641_1195037.jpg

色々な豆やお米など、あ~、見てるだけで楽しい♪
d0222641_0582592.jpg

あっ、こんな便利なカービングの機械を発見!
これを買ってこなかったのは、本当に失敗でした~~


自分たちだけで行っても、もちろん楽しいのだけど、
やっぱり詳しい、地元の方と一緒に行った方が、
よりベトナムの食材・食文化が分かって、とても有意義でした。

これからみんなで教室に戻って、クッキングレッスンです!
by treasure-bkklife | 2011-04-22 01:01 | ベトナム旅行
3日目のお昼と夜も、もちろんベトナム名物料理を食べにGo!
旅行の楽しみと言ったら、「おいしいごはん」でしょemoticon-0136-giggle.gif


ランチは「豚肉のココナッツジュース煮」が有名な「Hoang Yen」へ。
d0222641_20302757.jpg

ドンコイにもほど近い、便利な場所にあります。
d0222641_21302661.jpg

ベトナム家庭料理のお店で、ローカルにも観光客にも人気とのこと。
ここは店員さんの応対も、OKでございました。
きっと観光客慣れしてるんだろうなあ。

そう言えば確かに、日本人の若者のグループもおりました。
なぜか微妙な、男子3人 対 女子2人組(笑)
周りにも聞こえるくらい「私、英語ダメなんです」を連発してるのに
女の子が頑張ってオーダーしている横で、ただ見守る男子たちemoticon-0149-no.gif
「しっかりしろよ、日本男子emoticon-0165-muscle.gif」って、
おばさんは、思わず声をかけてあげたかったよ~
ここ旅先でのイメージが、その後のemoticon-0152-heart.gifに続くのに~
d0222641_2134071.jpg

ここでも、とりあえず地ビールでしょってことで、まずオーダーemoticon-0167-beer.gif
d0222641_21351650.jpg

だから、「どうしてタイで頼めるものを!」って言ってるのに
子供たちは、またいつもと同じくカオパッドと空芯菜の登場。。。
(どれだけ好きなんだか・・・)
d0222641_21364430.jpg

名物料理の「豚肉のココナッツジュース煮」
・・・。確かに、まあおいしいかもしれないけど
正直、このためにここまで来なくてもよかったかなあって感じ。
私的には、もうちょっとジューシー感が欲しかったかなあ。
角煮を作る時のコツとして、肉がずっと水分の中に沈んでいないと
必ずパサパサとして、肉が固くなっちゃうのよね~
d0222641_21421371.jpg

これもお勧めのフライドライス(名前も忘れちゃった・・・)
感想は上に同じく。。。



そして、夜のDineerにリベンジ!
行ってきました、ベンタイン市場近くの「Com Tom Moc」
タクシーの運転手さんも名前だけで場所が分かったので、超~期待❤
d0222641_21452868.jpg

お店はローカルフードの割にキレイな感じですが
ちょっとファーストフード系の雰囲気は否めない・・・。
d0222641_21473632.jpg

私たちは2Fに座りました。人は結構入ってましたよ。
d0222641_21483651.jpg

こんな風に、すでにセットメニューになっています。

コムタムとは、粒の小さなご飯のことらしく、
少し濃く味付けした肉、魚、卵などを合わせて食べるもの。
粒の小さなご飯は、ちょっとクスクスのイメージかなあ。
フランスの植民地だけあって、その影響があったのかしらん。。。

d0222641_21515230.jpg

お店一押しの豚肉の煮込みと、豚皮の千切り。
d0222641_21525729.jpg

魚の土鍋煮込み。
息子が「これ、アユタヤで食べた、ナマズの味!」ですって。
確かに、これはナマズだよね~ 
彼は味と香りと、記憶が一致するタイプなのです。
d0222641_21544456.jpg

豚肉の壺焼き。コショウがピリッと効いています。
d0222641_21561988.jpg

主人の希望で「中国ソーセージ」
これもバンコクで食べられますってばっ!

どれも味はしっかり味ですが、正直、まあまあかな。。。


二軒とも、料理のチョイスがイマイチだったのかも知れませんが、
食いしん坊の私としては、ちょっと残念なLunch & Dinnerでした。
by treasure-bkklife | 2011-04-21 22:05 | ベトナム旅行