子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2011年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

CHAOLEY TALAY

バンコクへの帰り道、せっかくなのでホアヒンでランチをしてから帰ろうと。
三連休ともあって、プランブリあたりからはかなりの渋滞に・・・(>_<)
ランチの時間もとっくに過ぎて、子どもたちは車の中でお菓子を食べ始めてしまいました^^;

どこに行こうか迷ったのですが、結局、前も訪れたシーフードのお店に行くことに。
ここのお店、お料理が出てくるのも早かったのです。
d0222641_610665.jpg

CHAOLEY TALAY シーフードのお店です。
ホアヒンにまで来たら、やっぱりシーフード食べなきゃね♪
海岸にせり立つように建っているお店で、お天気のいい日はとても気持ちいいんです!
d0222641_6141739.jpg

雰囲気はちょっと「豪華版・海の家」って感じでもあるけれど(笑)
ここは大人気のお店で、食事時はいつも満員になってしまうそうです。


こちらは1階が調理場になっております。
シーフードが有名なこのお店、お魚の入っている水槽もありますよ♪
d0222641_6154126.jpg

このけだるい調理場の雰囲気が、やっぱりタイだなあ~(爆)
d0222641_617027.jpg

二階に上がると、奥の方がオープンエアーのレストラン。
d0222641_6113922.jpg

雨の時のために、室内のお部屋も用意されています。
d0222641_6182998.jpg

昔ながらのタイ家屋を改造したような造りになっております。

d0222641_105239.jpg

お店はタイ料理がメインだけれど、外国人も多いからかアレンジに対応してくれるそうですよ。
d0222641_1061675.jpg

この日は、雨が降ったりやんだりのお天気だったけれど、
お天気がよければ海際のこちらでいただくと、さらにリゾート気分に❤


さて、お料理を頼みましたよ~♪
d0222641_107564.jpg

子どもがいる家には必須の「トートマンクン」。エビがプリプリでございます。
この盛り付け、やっぱり上下が反対なんじゃないのかな~
d0222641_1085815.jpg

「プラーガポン・ラート・ナンプラー」
廻りを見渡すと、ほとんどの方がこれを頼んでいました。
揚げたお魚にナンプラーのソースがかかった、とっても美味しい一品でした!
d0222641_1011296.jpg

「カオパット サパロット」シーフードのお店なのに何でこれっ???と言う感じですが
ちゃ~んとご飯の下には、エビやイカが潜んでおりました❤
d0222641_10124573.jpg

これが食べたかった、シーフードのグリル!身がプリプリです♪
カニの上に乗っているごつごつとした白い貝(名前は知らないんだけど)
「あれは、絶対あたるよ~」と言われるのに、よくフジスーパーなどでも見かけますよね。
危険をおかしてでもそんなに美味しいなら、やっぱり食べてみたい(笑)と
三年半目にして、初めてトライ! お味は「・・・普通の貝ですけど、何か」(爆)
もちろんあたることもなく、ピンピンしております。


前回、頼んでしまったので今回は頂きませんでしたが、
ホタテ貝にガーリックバターでグリルした「ホイシェル・ヤン・ヌイ」も美味でございました~♪


このお店、週末などはかなり込み合うそうなので、
事前に予約をしてから、こちらへお出かけすることをお勧めします♪



「CHAOLEY TALAY」
15 Naresdamri Rd.
Tel:032-513-436~7
10am-10pm
Hua Hin の大通り、ソイ PEHT KASEM RD 57を入っていった突き当りです。
by treasure-bkklife | 2011-08-31 07:15 | HUA HIN

Sirarun Resort

我が家の役割分担では、観光庁は私。なので、我が家の旅行代理店は、ワタクシでございます。

「どこに行こうかな~」と探す時、お世話になることが多いのが Agoda のサイト。
「キャンセル・変更なし」などの制約が付くこともありますが、かなりお安いお値段なのです。

そこで口コミなどから情報を収集して、今回行こう!と決めたのがこちら。
d0222641_1161425.jpg

ホアヒンからさらに二時間、Theap Sakaeにある Sirarun Resort です。
このリゾートが出来てからまだ1年位とのこと、全体的にやはりキレイです。

なぜここに決めたかと言うと、
d0222641_1175785.jpg

このプールと海が決めてだったのです!
ここのところ旅行で大好きな海には行っていなかったので、子供たちも喜ぶかなあと思って。
d0222641_11103615.jpg

後で海に入ってみてビックリするのですが、本当にキレイなんですよ。


d0222641_2033456.jpg

お部屋はこのように全室Villaのタイプになります。
d0222641_9165912.jpg

このオンザビーチのタイプは4室しかないので、本当に予約は早いもの勝ち。
d0222641_9182621.jpg

今回はこちらのGarden Villaを予約しました。
d0222641_9191288.jpg

大好きなプリメリアの花。色とりどりの沢山のお花が出迎えてくれます。
d0222641_920294.jpg

お部屋はリビングと寝室に分かれて、緑の木々に囲まれてここちよく過ごせました。
海から帰ってきて砂などを流す、シャワーも各Villaの外にについています。
d0222641_9134028.jpg

もう、新婚さんじゃないんだから^^; 寝室のベッドにはスワンがお出迎えしてくれました。
子供たちはこれには大喜び! 形は変えては「毛づくろい」などと遊んでます(笑)


そして、子供がいる家には嬉しい!遊び場も充実しています♪
d0222641_9293789.jpg

入り口脇に、こんな子どもが遊べるスペースが。
d0222641_9245873.jpg

中に入って遊べる木の家や、ブランコ、シーソーなども。
ここのニワトリは放し飼いなので、Villaにも遊びに来て朝は「コケコッコー」と鳴き声が(笑)
d0222641_927573.jpg

そんなに広くはないけれど、パイナップル畑なんかもありました。
d0222641_928386.jpg

そして、キノコを育てている「マッシュールームステーション」もあるのです。
d0222641_9305986.jpg

色とりどりの鳥もいっぱい!ちょっとした動物園の中のバードパークのようでした。
d0222641_135877.jpg

レセプションにいる九官鳥。「サワディクラップ」とあいさつもしてくれるんですよ♪


周囲には他に何もないので、食事は全てリゾートの中で済ますことになります。
d0222641_0252569.jpg

オープンエアーのこちらがレストランです。
d0222641_0271145.jpg

朝食のBuffetは、果物やサラダやジュースなどに
d0222641_0295811.jpg

オムレツ、パンケーキなどのインターナショナル系のものも。
d0222641_0163825.jpg

朝食Buffetの時は食べ過ぎを恐れて、果物とサラダにすることに^^;
d0222641_0143113.jpg

もちろんフライドライスやおかゆなどの、アジアンなものがありました。

Dinnerはタイ料理に、インターナショナル料理も。
どんなものか分からないので、一応タイ料理にしておくことに^^;
d0222641_0574873.jpg

串の刺していない、ムーサテは初めてみました(笑)
d0222641_101992.jpg

スペアリブを煮込んだもの。これまた不思議な盛り付け(笑)
d0222641_041758.jpg

お料理やお酒などの値段も高くなく、ホテルの割にはリーズナブル。
お味も普通なので「まあ、こんなものだろう」と^^;
ミニショップも見かけなかったので、スナックや飲み物などは持ち込むことが必須です!


ここのResortの一押しは、なんて言ってもこの「海」 !
d0222641_946661.jpg

遠浅なので子供たちにも安心。
写真だと見づらいですが、水の透明度は結構高いですよ♪
d0222641_2291945.jpg

分かりますか、これっ、ヒラメなんですよ!透明な小さい魚の稚魚も、砂浜の近くにも沢山。
自分の足に魚が激突してくるのが、何度も感じ取れました(笑)
d0222641_22114130.jpg

そして、何ってこんなにいっぱいいる「ヤドカリ」
砂を掘ると、さらにウジャウジャ出てくるのです! (ちょっと気持ち悪いくらいにね^^;)
d0222641_9493128.jpg

それこそ何匹捕まえたのか分からないほど。
d0222641_22124024.jpg

砂が舞い上がって見づらいのですが、ここには「ヒトデ」も。
d0222641_22141429.jpg

みて下さい!大きな「カニ」
何度もカニに手を挟まれ、痛い思いをした主人。やっとの思いで捕まえました!
d0222641_22155592.jpg

いつの間にか、なぜだか我が家は三人の子供がいることに(爆)
カナダから遊びに来ていたJちゃん。滞在中、我が家の子供たちとず~っと遊んでいました。
息子は年下のJちゃんに何度も呼びつけられて、そのたび面倒を見るハメに^^;
きっと将来、嫁の尻に敷かれるんだろうなぁ・・・(苦笑)


そして、ここのスタッフはとてもフレンドリー。
d0222641_9523556.jpg

子供たちがプールで遊んでいる間、「大人も楽しまなくっちゃ!」と言いに来てくれて
子どもたちを見てくれる人を送ってくれました。
d0222641_9551112.jpg

私たちはビールを飲みながら、ゆっくり本を読むことに。
何もせず、ノンビリ過ごすこともしないことも本当に贅沢。

日に焼け過ぎた私たちを見て、すかさずアロエのジェルを持って来てくれたり
レストランに蚊がいると、すぐに蚊よけスプレーを持ってきてくれたり
宿泊人数が少ないこともあったと思いますが、スタッフの対応はとてもよかったです❤


d0222641_944021.jpg

夕焼けが始まると、あたり一面がオレンジ色に染まっていきます。
d0222641_9412893.jpg

月が照らすプール、本当にキレイ❤
d0222641_9431682.jpg

海に浮かぶお月様、ちょうど満月のようで幻想的な空間です。



Hua Hinからはちょっと遠いけれど、やはりここまで来た甲斐はありました。
ホテルは特にゴージャスさや、モダンさなどはないけれど清潔でフレンドリーだったし、
何より子供たちは、海でたくさん遊んで大喜び!!! 
子どもが楽しくないと、ブーブー言われて大人もつまらないですから^^;


周りには本当に何もないので静かで人も少なく、ホテルにこもってノンビリしたい方にはお勧め。
「何もしない」 贅沢な時間を楽しむことができた、プチバカンスでした♪



「Sirarun Resort」  Webサイトはこちら→ 
85 Moo 9 Angthong, Tubsakae prachuapkhirikhan 77130
Tel:+66-32-602-541
Mapはこちら♪
d0222641_23471735.png

by treasure-bkklife | 2011-08-30 09:42 | HUA HIN

HUA HIN HILLS VINEYARD

8月のタイの三連休、学校が始まってしまうと息子のサッカーも始まり
しばらく週末は旅行に行けなくなってしまう・・・と言うことで、近郊で旅行でもと言うことに。


パタヤ、プランブリ、カオヤイ、はたまたチャン島、クット島、マック島と
駐在が3年半ともなると、結構行ったことがあるところが増えてきます。
さて、新規開拓、どこに行こうかなあ・・・と言うことで
ホアヒンより2時間近く下に下がった「Thap Sakae」と言うところをを見つけてこちらに決定!

昔、ジャカルタの連休の時、バリのリッツで、会う人、会う人が知り合いで
(インドネシアは多くのホテルに在住者割引があるので、みなさんバリにはよく行くのです♪)
朝食Buffetで「おはようございま~す」と何度となくご挨拶したことか^^;
バンコクだったら「あれっ、私、フジスーパーに来ちゃった?」って感じ。(爆)

せっかくの旅行ぐらいノンビリしたいと、それからはなるべ~く知り合いのいなさそうなところへ。
私はまだ「えっ、あなたが、ビキニ着ていいんですか(@_@)」と言うような
肝っ玉ファランのおばちゃんの心境にはなれませんの(爆) だからコッソリね^^;


さて、その通り道、タイセレブママ達から「子どもも楽しいよ~」と言われていた
HUA HIN HILLS VINEYARDに立ち寄ることに。
セレブママたち、だいたい長い週末はHUA HINかKHAO YAIに行くことが多いのです。
d0222641_7181068.jpg

バンコクからは車で2時間半くらい。
11時過ぎにこちらに着いたので、まずはランチでしょってことで THE SALAへ。
d0222641_721144.jpg

レストランからワイン畑が見えて、壮大な気持ちに!!!
d0222641_7223073.jpg

ワイン畑の中に見えますか?そう「ゾウ」なんです!
ワインとゾウってタイならではの組み合わせ(笑)これに乗ってワイン畑をお散歩できます。
実はこれが今回のメインなんです~


こちらのHua Hin Hills Vineyard、いろんなアクティビティが用意されています。
Khao YaiのPB Wineryでワインの製造ツアーをすでに見ていた私たちは
こちらではゾウの上に乗って、ワイン畑をお散歩するアクティビティを選びましたが、
もちろんVineyard tourや、ボトルに自分でデザインするようなアクティビティもあります。


d0222641_7244533.jpg

お店にはもちろん、併設されているワインショップも。
d0222641_726519.jpg

Yum! Yum!のイベントでも出されていた、Siam Wineryのワインはこちらで作られています。
d0222641_7271621.jpg

美味しそうなグレープジュースや
d0222641_7281311.jpg

レーズンやグレープジャムなども販売されています。
d0222641_729367.jpg

このワイングラスなんかも、結構ステキではないですか!
d0222641_1065155.jpg

有料ですが^^; ワインのテイスティングも楽しめますよ♪


さてさて、お子様たちが待ちきれませんので^^; 早速ランチをいただくことに~
d0222641_7395591.jpg

娘がオーダーした「チーズハンバーガー」
「ママ~、これお肉がステーキみたい!」と嬉しそうにほおばっています。
そりゃあ~、マックのハンバーガーと一緒にしたら怒られますって^^;
d0222641_7331763.jpg

どこに行っても大好きなカルボナーラをオーダーした息子^^;
d0222641_737570.jpg

「どこに行っても一番外さない」カオパットを選んだ、慎重な夫^^;
盛り付けは屋台とは全然違いますが、お味も薄めで上品でした。
d0222641_739512.jpg

クラブハウスサンドウィッチ。これまた、さすがの私でも半端ないボリュームでございました。
d0222641_7415283.jpg

これまた、いつも頼んでしまうシーザーサラダ
d0222641_7431473.jpg

店員さんからお勧めされた「テイスティングワインセット」
赤・ロゼ・白と、少しずつワインを楽しめます。
さすがにランチだったので、主人と半分ずついただきました♪
d0222641_7481185.jpg

なんてキレイな空気と緑のまぶしさ!
みんなで気持ちの良いランチをいただきました❤


さて、ランチのあとはお待ちかね!
「ゾウ」に乗ってワイン畑をお散歩することに。
d0222641_7495839.jpg

このゾウさんたちが、私たちを乗せてくれるんです。
d0222641_7522230.jpg

パパと娘、息子と私で一頭のゾウに乗って、さあ出発します!
d0222641_754555.jpg

この方が私たちの命を守ってくれます(笑)
d0222641_755563.jpg

ゾウの上からの撮影です。かなりグラグラ揺れて、写真が撮れませ~ん!

途中でお兄さんが家族写真を撮ってくれたのですが、なぜだか写っていなかったの^^;
しかもゾウから降りて写真を撮ってくれるものだから、もちろんゾウさんは自己判断(笑)
お兄さんの「マ~」(「こっちに来い」と言う意味のタイ語)だけで、娘と主人を乗せて進みます。
「ゾウさん、タイ語分かるんだね~」と娘も「マ~、マ~」と話しかけています(@_@)
ゾウさんが指示が混乱して、自分が振り落とされたらどうすんの(爆)

d0222641_7561672.jpg

ゾウさんの上から眺める、先ほどのレストラン。
ホアヒンと言うとやはり「海」のイメージですが、ここは山の中なんですよね。
d0222641_7575045.jpg

今日は三連休ともあって、タイ人や外国人でレストランも一杯でした。
こちらは予約ができないので、先着順になるそうです。
d0222641_7585825.jpg

ゾウの家族がこちらに❤
d0222641_801610.jpg

私たちが終わったあとも、まだまだゾウさんお仕事は続きます。
やはり子供連れの家族には、人気のアクティビティですよね❤


そして、ここからさらに車で二時間のホテルに移動します。
口コミでは「時間がかかっても行く価値がある」とのこと。
どんなところなのか、ちょっと楽しみです♪



「Hua Hin Hills Vineyard」  Webサイトはこちら→ 
1 Moo Baan khrok Chang Patana,
Nong Plup, Hua Hin, Prachap Khiri Khan
Tel:+66-0-81-701-0222


「THE SALA」
Open from 10:00am-6:00pm
Kitchen serves food from 11:00am-5:30pm
by treasure-bkklife | 2011-08-29 06:30 | HUA HIN

RASAYANA 

野菜ソムリエ協会の資格には、一番知られている「野菜ソムリエ」の他にも
「ベジフルビューティー」という資格があって、実は私も有資格者なんです・・・。
でも、これを言うのは「有資格者はビューティーでなくてはいけない!」と言うような
何だかプレッシャーがあって、ちょっとイヤなんですよね~^^;

「ベジフルビューティー」とは、「インナービューティー」について勉強します。
もちろんビューティーのイメージでもある「美肌」や「アンチエイジング」なども勉強するのですが
女性につきものの「月経痛」「PMS」「更年期」、そして「メタボ」などの生活習慣病などの
女性も男性も「もっと健康になりたい」人のためにも役立つことがいっぱい。
野菜や果物を通して「インナービューティ」になりたい人(ここを強調!)の勉強なのです。

そして、今ある企画が持ち上がっていて、この有資格者と企画に興味があるソムリエメンバーで
色々と動いているのですが、やっぱり目からウロコ、まだまだ奥が深く勉強になって楽しいです♪

健康診断の結果からも、「健康」にだけは自信アリ!
インナービューティーはOKなのですが、やはり食べ物だけで運動をしないと
外側も引き締まった、美しい体にはなれないですよね^^;
それだけ毎日食べてたら仕方ない・・・ともよく言われますが(爆)
いつまで「産後」を引きずるのかしら・・・・と^^; 未だに元には戻っておりませんの。
娘のバレエの先生からも強いお誘いを受けていて、ちょっと逃げられない展開に・・・。
これを機会に、外側もビューティーに!と、頑張ろうかなあと思っております。


そしてミーティングが終わったあと、せっかく勉強したあとなので
やはり体によいお店でランチをしようとこちらへ♪
d0222641_973178.jpg

スクンビット49と39の抜け道にある、Rasayanaです。
「麦半」のところを奥に入って行きますよ~。
d0222641_21281244.jpg

こちらのレストランはオープンエアのお外だけ。ちょっと蚊が気になることも。

このお店、ハリウッド女優やトップモデル、欧米のセレブでも人気の「ローフード」のお店。
日本では「杉田かおる」さんが、ダイエットに成功して、若返ったことで知られています。
ご本人は著書の中で、「精神的にも丸くなった」と書いてありましたが・・・どうだろう(笑)

ローフードとは「RAW FOOD」、すなわち自然の食材を生のまま丸ごと食べること。
加熱する場合も48度以下に保ち、生きたビタミン・ミネラル・酵素を取り入れる食スタイルです。
体質改善、美肌効果、アンチエイジング、デトックス、ダイエットなどの効果が期待されます。

私はこの資格の勉強を始めていて、正直、毎日の食卓を全品をローフードにするのは難しいですが
(「肉、食わせろ~」と子供たちからクレームがつきますもの~^^;)
「伊達式食べやせレシピ」など多くのダイエット本の著者でもある
管理栄養士・日本抗加齢食普及協会理事でもある伊達友美さんの本などにも
「酵素鉢」と呼び食事の一皿に、ローフードのものを取り入れるよう勧めています。
d0222641_21451034.jpg

この本は「肉」「魚」も効率よく採って、かつバランスよく食事する秘訣やレシピなども。


このRasayanaは、ローフードのレストランだけでなく、SPAもあって
マッサージだけでなく、腸内洗浄やデトックスなどウエルネス部門もあるようです。
d0222641_2154266.jpg

左から「Cleansing Cocktail」ジンジャー、ビーツ、アップル、にんじん
「Rasayana Combo」にんじん、ビーツ、セロリ、アップル
「Energy Juice」にんじん、パセリ、りんご
どれも割と飲みやすくて、体に効きそうな気がします♪
d0222641_21592984.jpg

Barley Sushi
大麦と千切りのにんじんが巻かれたお寿司です。
上に乗ったタレが酢味噌のようでもあり、ニンニクがかなり効いています。
d0222641_2201391.jpg

Mexican Tacos
にんじんやタロイモなどをギュッと型に入れ、
ローフードに欠かせない機械で、水分を乾燥させて作ったのではと思います。
それにトマトとニンニク、タバスコなどをピリッと効かせてメキシカン風に。
d0222641_2205836.jpg

Pest Pasta
ロ-フードでは、パスタの代わりにズッキーニをよく使います。
それをバジルソースで絡めた一品です。
d0222641_2241470.jpg

麺のように、機械でくるくると切られたズッキーニ。
こんなに長く、そしてキレイに切れるんです。
d0222641_2223338.jpg

Nuts Loaf
これはアーモンドを細かくくだいたものを使って作られていると思います。
ローフードはカシューナッツやアーモンドもよく使われています。
アーモンドに含まれる良質の油が、食後2・3時間血糖値を安定させ
それによって体内が脂肪を蓄えるのではなく、カロリー燃焼へとシフトされるそうです。
カロリーが高くて心配と思いがちだけれど、最近の研究ではダイエットにも有効というデータも。


私にとっては、まだまだ新しい世界の「ローフード」
何が使われているのか、食べながら探っていくのも楽しい瞬間です。
どれもビーツのドレッシングがかかっているのですが、ビーツ独特の泥臭さもなく
色も鮮やかでおいしくいただきました。

d0222641_22162355.jpg

みて下さい!鮮やかな色とりどりのお料理たち♪
ローフードでもマクロビでもそうですが、体にいいと言うのは分かっていても、
本当に「美味しい!食べてシアワセ❤」と心も体も感じれないと、根性のない私はなかなか続きません^^;
ムリをして全部取り入れようとせずに、自分や家族の好みにも合わせて
少しずつ、そしておいしく、食卓に取り入れて行きたいと思います。


今日は勉強も進んだし、その後に楽しい仲間と美味しいものも食べて大満足!
心も体も「ベジフルビューティー」満喫な一日でした♪


「Rasayama@Bangkok」
57 Soi Sukhumvit 39 (Soi Prom-mitr) Sukhumvit Rd
Tel : 0-2662-4803-5
Fax: 0-2662-4799
E-mail : info@rasayanaretreat.com
by treasure-bkklife | 2011-08-28 07:29 | 外ごはん

Lee Kitchen

子供たちの学校が始まり、一日に3つの用事(+子供の習い事)の日々が戻って参りました~。
自分自身がまだ「夏休みボケ」なのか、まだ体がついていってないようで
珍しく、子どもと一緒にコテンと寝てしまうことも^^;

おととい、昨日と子供たちの新しい担任の先生の紹介や、今年のカリキュラムの説明
そしてママたちとの顔合わせでございました。
娘の先生からも「何でも自分でさせて、失敗からも学ぶように」と「自立」のお話が。
日本で言うと1年生と2年生に当たるこの学年、大きなStepになる学年なのです。
よし!ママのためにも、もっとしっかりしてもらわなくっちゃ(笑)


さて、お友達のHさんに教えてもらって、同じ学校のママたちと大人数でて行ったお店で、
家族と一緒にもう一度、行きたいなあと思ったお店がありました。
d0222641_9204778.jpg

サトーン方面、ナラティワート側にあるLee Kitchenです。

こちらのお店は何店舗もチェーン店があり、ご主人方の聖地(笑) タニヤプラザの4Fや、
エラワン、サイアムセンター、プルンチットセンターにはCafeもあるそうなのです。
タイ人からも愛されるその味は、王族の方々もよく来店されるとお友達も言っていました。
d0222641_21441116.jpg

この黄色のシャツのLEEさんは、オリエンタルホテル、ドゥシタニホテルなどを経て
LEE KITCHENをオープンされたそう。
新鮮な素材を調理するのがモットーで、良い素材が手に入らない日は
オーダーも受けないこともあるそうですよ。
d0222641_2213329.jpg

こちらには沢山の新聞が飾られ、ご活躍が伺われます。きっと「生涯現役」な方なのでしょうね。
この日も、私たちにもおいしいお料理や食べ方をアドバイスに来て下さって
食やお店へのこだわりも、さすがプロっ!と言う感じでした。


私がみんなに食べさせてあげたかったのはこちら!
d0222641_21464439.jpg

バーミープラー(と、言う名前か定かではないのですが^^;)、ここの名物料理のようです。
今日は少量しか頼まなかったので、お姉さんが側で作ってくれて持って来ましたが
学校のママ友達たちと来たときには、お皿にお刺身の活け作りようなお魚一匹がドド~ンと登場!
それを一人ひとりのこのお鍋の中に、麺や魚などを入れていくのです。
d0222641_21502936.jpg

Leeさんのお薦め通り、まずはそのままで。マナオを絞ってもさっぱりして美味しい❤
d0222641_21514643.jpg

次はまたまたお勧め通り、唐辛子などを入れてタイスタイルで。こっちも美味しい❤

このお店はタイ中華なので、飲茶もございます。
d0222641_215365.jpg

煎韮菜餅 揚げたニラのダンプリング 
皮がサクッモチモチしていて、中身はジューシーで美味しい!
d0222641_21561589.jpg

ハカウ エビのダンプリング
d0222641_21575574.jpg

焼売 子どもが欲しがるので必須。
d0222641_21591571.jpg

蠣油芥藍 カイランのオイスターソース炒め
シャキシャキっと炒められたカイランが美味でした♪
d0222641_2215495.jpg

砂鍋橄欖飯 ブラックオリーブとチャイニーズソーセージのご飯で、我が家の大好物なんです♪
Leeさんには「オーダーしてから2~30分かかるよ」と言われましたが、全然OK(笑)
それぐらい待っても食べたい一品でした。
d0222641_2285341.jpg

最後のデザートはチャイニーズパンケーキ!
薄く焼かれたパンケーキの中には、あんこが入っているのですよ。


d0222641_22191910.jpg

この日も華僑のBig Familyなど、たくさんの方がランチに来ていて、お店は活気がありました。
おじいちゃん・おばあちゃんから赤ちゃんまで、みんなで一緒にお食事で楽しそう。
こういうことが日常からあるのって羨ましいなあ・・・と思います。


Hさん、美味しいお店を教えてくれてどうもありがとう❤
我が家もお気に入りのお店になりました♪
シーロム・サトーン方面はお店をあまり知らないので、ぜひ探究したいところです。
また紹介してくださいね!


「Lee Kitchen」
26/37-38, Nang Linchee Rd., Bangkok 10500
Tel:66(0) 2213-1018-9
10.00 a.m. - 2.00 p.m.,6.00 p.m. - 10.00 p.m.
by treasure-bkklife | 2011-08-26 07:27 | 外ごはん

MULBERRY SPA

ママが「疲れた~、頭が痛い~」と言っていたある日、子供たちが寝室で何やらゴソゴソと。
「ママ~、早くこっちに来て~」と呼ばれ、寝室に行ってみると
d0222641_8551654.jpg

こんな張り紙が!「天国へようこそ!」だって(^_-)
ベットにマッサージクリームやオイル、タオルなんかを並べて、気分はSPAのつもりみたい^^;
ジャカルタの時は子供たちがまだ小さく、置いて外には出れらなかったので
よくマッサージの方を家に呼んでいたので、子供たちは覚えているのです♪
ゴットハンドの二人にマッサージしてもらって、ママはと~っても嬉しかったけど
やっぱり、やっぱり、本物がいい~~(爆)


と言うことで、子どもたちの習い事の合間に、こちらの素敵なSPAにやってきました。
d0222641_22493850.jpg

スクンヴィット23にある、MULBERRY SPAでございます。
こちらはシーロムにもお店があるそうです。
d0222641_22505663.jpg

スクンヴィットの31から23に抜ける道に、こちらを見かけませんか?
いつもは近くの安・近・短である、マッサージやSPAにお世話になることが多いのですが、
今日は日本から帰って来て久々、夏休み頑張った自分へのご褒美に・・・とこちらへ伺いました。
(いつもいろいろ自分にご褒美してるやん! 言われそうですが^^;)


d0222641_9235962.jpg

緑に囲まれた一軒家のSPA。否応がなしにテンションもあがります(笑)
d0222641_22543642.jpg

入り口を開けると、それは優雅な雰囲気。その非日常の雰囲気にも癒されますよね。
d0222641_9231068.jpg

まずはこちらの席に通され、施術するメニューを決めていきます。
d0222641_9214892.jpg

ウエルカムドリンクには、レモングラスのハーブティが用意されていました!


私は「肩や背中が凝っている」と告げると「MULBERRY HOT TEA OIL」をお勧めされました。
背中がバリバリに固まり、足もパンパンに浮腫んでいるのがよく分かるほどだったのです。
スイートアーモンドのオイルに桑の葉のお茶から作られたオイルを
温めたアロマオイルで全身をくまなくマッサージするコースです。
こちらはタイハーブをふんだんに使った、オリジナルのプロダクトを使用・販売しているのです。

他にもデトックスのマッサージ、スクラブ、ハーバルボール、フェイシャルなど
オリジナル以外にもTHALGOやO・P・Iなど高品質のものを使った、さまざまなチョイスが。
資生堂のサロンも併設されていて、ネイルなども可能ですよ。


こちらは個室で施術が行われます。その方がやはり安心してリラックスできますよね。
d0222641_2255436.jpg

渡り廊下もかわいらしく飾られています。
d0222641_2332055.jpg

個室はタイらしい家屋で、素敵な空間。
d0222641_2343484.jpg

こちらのアロマの香りにも癒されます。
d0222641_9275455.jpg

私はこの方にマッサージをしていただきました。

どこのマッサージやSPAでもそうですが、
お店と言うよりマッサージをしてくれる方の、腕によって満足感も違う気がします。
行きつけのところは指名をして予約をすることが多いのですが
今日のように初めての時は、強さや入念にマッサージしてほしい箇所を伝えるようにしています。

この方にもいろいろとお願いしちゃいましたが、快く引き受けて下さり
気持ちよくマッサージを受けることが出来ました。
終わったあとは爽快感!パンパンだった肩や足もすっかり軽くなって
おかげさまで太い足も、お肉が柔らかくなりました~(笑)
リンパの流れがよくなったのでしょう、その日は何度もトイレにも行きましたけど(爆)


そして、ここのSPA、何がよいってこんなメニューがあるのです。
d0222641_230267.jpg

5歳からにはなりますが、おしゃまな女の子にも嬉しいKidsメニューが❤
こちらで一緒に施術を受けれれば、ママも安心の一石二鳥ですよね♪
d0222641_2321874.jpg

そしてFamily Loungeの用意も。家族連れのためのトリートメントルームだそう。
小さいお子さんがいる方や、バンコクに旅行に来られた方も
SPAに行きたいけれど、子供をどうしよう・・・ってありますよね。
そんな時も、心強いSPAなのです。
d0222641_23526100.jpg

レセプションのお姉さんたちも、キレイな英語を話すので旅行者でも安心です。


心も体もスッキリ!たまには自分へのご褒美も大切ですよね♪
「ご褒美ばかりで困ったもんだ」と言う、ため息が聞こえてきそうだけどね(^^;;



「Mulberry SPA」
132 Sukhumvit 23, Sukhumvit Road,
Tel:02-664-1888, 02-664-1381
9:00am-11:00pm
by treasure-bkklife | 2011-08-25 07:26 | SPA

KIOSK@TCDC in Emporium

いつも仲良しな野菜ソムリエの仲間と、勉強会という名のお茶会(笑)

今日は雨も降りそうだし、みんながBTSで帰りやすいEmporiumに集合ということで
d0222641_951947.jpg

Emporium 6Fの TCDC の中にある KIOSK ございます。
映画館を抜けて、ずっと奥まで進んで行きます。


写真を撮り忘れましたが、ここはテーブル席だけでなくソファーなどもあって
窓際から光りも差し込んで、かなりくつろげる雰囲気。
こちらでニコニコしながらパソコンを打つ、幸せそうな外人さんも(^_-)
(「きっと彼女とのメールに違いない」と妄想中^^;)


さて、この「KIOSK」ですが、決して駅中の売店ではございません!
そもそも「KIOSK」とは、正確にはなんぞや?と調べてみましたが
①地中海沿岸や中東圏などで発達した、庭園簡易建造物。
 東屋やガゼボと同じく全面、もしくは一部に壁がなく解放されている
②ヨーロッパ・アメリカ・ロシアなどの公園・駅などの簡易な売店
ってことで、このお店は①で正解!ってことですね。

ちなみに、日本の「KIOSK」は、「清く」「気安く」から
「キヨスク」と読ませることを初めて知りました!
(JR東日本は2007年に「キオスク」に改名したそうです)
OL時代は結構お世話になってたのに、ずっと「キオスク」って呼んでたなあ~^^;


d0222641_9232616.jpg

この左上の溶岩のような「PAVLOVA」(笑)メレンゲのケーキです。
ず~っと気になっていたのですが、ここはバンコク、すごく甘かったら・・・と断念^^;
d0222641_9243920.jpg

サンドウィッチもおいしそう。う~ん、どれにしようか悩みます。

そこに登場して来たのは
d0222641_926457.jpg

出来立てのマフィンとブラウニー❤ この計りの使い方もオシャレ♪
d0222641_9271673.jpg

そしてやっぱり、出来立てブラウニーとカプチーノをオーダー。
d0222641_928392.jpg

お友達は、アップルクランブルをチョイスして仲良く半分こ。
この歳になっても女子な感じで嬉しい❤ (いい加減にしろって?)

お味は「ママがおうちで作ったブラウニー」という懐かしい感じ♪
今日は家でお昼を食べてきてしまったので、お茶だけでしたが
ここのフィグの入ったサンドウィッチなどはおいしいと、お友達が言ってましたよ♪


このお店、何がいいって・・・日本人が少ないこと(笑) この日もファランとタイ人の方だけ。
何しろ狭いバンコク社会。知り合いの知り合いは、み~んな知り合い!ってことも(爆)
周りに気を遣って、話したいことも話せないなんてことだってありますよね?
(「ある、ある~」と言う声が、たくさん聞こえる気がします♪)


この日もいつものごとく、後から来たメンバーとも、今後の野菜ソムリエの活動に向けて
そして自分たちの興味がある「食と健康・美」などの話が延々と続きます。
(まあ、それ以外の世間話もかなり多いですけどね^^;) 
気が付けば4時間近くもおしゃべりしていたのですから!
まっ、それだけ隠れ家的な居心地のよいお店で、お勧めと言うことです(笑)


コーヒー2杯とブラウニーで、学生みたいに、ここまで粘ってすんません<(_ _)>
その代わりに、今度またLadies Talkに行かせてもらいます(笑)



「KIOSK@TCDC Emporuim」
TCDC 6th Floor
Emporium Shopping Complex
622 Sukhumvit 24,
Tel:02- 648-702
10:30-21:30
by treasure-bkklife | 2011-08-22 07:15 | Daily Info in BKK

Beer Hima

昨日とは打って変わって、かなりのローカルネタです(笑)
なんて言ったって、幅広く「何でもOK!」の方が、人生何倍も楽しいですもの❤

日本で食べるのをガマン(?!)していたタイ料理ですが(だって高いんだもん(>_<))
スワンナプーム空港に着くなり、ニオイに釣られたか「ううっ・・・食べたいっ」と禁断症状が(笑)
私もタイ人化してきたと言うことでしょうか(爆)


冷蔵庫も空っぽだし、翌日の日曜のお昼は行きたかったこちらのお店へGO!
d0222641_10425015.jpg

えっ、「金魚」買いに来たの?って思うでしょ(笑)
d0222641_1046816.jpg

タラート ボンマルシェ側にあるBeer Himaでございます。
タイ料理を食べに行こう!と言う時に、頼りにしているのがタイフードライター RUIさんのブログ
フリーペーパーのMOCAにも掲載されていて、絶対行きたいと思っていたところなんですよね~
d0222641_10452187.jpg

このゆる~い感じが、タイに帰ってきたんだなあと実感。
(どんだけローカルやねん^^;)



こちらはチャトチャック方面に向かって、タラートボンマルシェを過ぎて
d0222641_10502790.jpg

THANON THETSABAN NARUMONのパクソイにあります。
d0222641_10494124.jpg

場所が場所だからか、ローカルの方々でいっぱい!
やはり美味しいお店には、たくさんのローカルが集まるもの、期待で一杯です♪

お料理を待つ間、こどもたちは水族館見学へ(爆)
d0222641_10571237.jpg

だって、こんなに水槽があるのですから ♪
こういうアクティビティ(笑)は、子供のいる家にとってありがたいですっ。
d0222641_1152938.jpg

こういう水槽にも見慣れました(笑) アメージングタイランド、何でも来いっ!
しか~し。。。ここには思った以上のお相手が!
d0222641_10551858.jpg

こ、これって・・・小さいけどサメ・・・。
「いいんだ~、サメって・・・。」 私の頭の中は「ジョーズ」の音楽が流れます(笑)
いくらアメージングタイランドと言えども、ほんまもんの水族館以外で見たのはは初めてのこと。
まっ、考えてみれば、フカヒレだって、キャビアだって、サメの一種ですもんね(爆)


さてこちらの名物と言えば
d0222641_1104037.jpg

このビール!お店の名前にもなっている、ビアヒマの「ヒマ」とはタイ語で「雪」のこと。
なので、ビールの雪ってことですよね♪

この仕掛けはグラスに氷が張ってあって、そこにビールを注いで「雪」を作ってシャリシャリと❤
これっ、家でもできそうな技ですが、ビールかき氷ですね^^;
RUIさんのブログによると、黄色いビールの部分が出来ている時はイマイチとのこと^^;
「こんなものなのかな~」と思っていたけれど、次回にこうご期待!
d0222641_114819.jpg

これが一押し、「シャコのガーリック揚げ」 これは子供たちも「うんま~い♪」と(*^^)v
シャコのなんとも言えない甘みが、口の中でふわ~っと広がります。
d0222641_1161924.jpg

「これだけシーフードがあるのに、肉かよ~(@_@)」 我が家には私以上の肉食女子が^^;
しかしこのムーサテ、お肉も柔らかく、しっかりした味付けで予想以上に美味しかったの❤
d0222641_11104216.jpg

これも子供たちが大好きな、「クン・オップ・ウンセン」
春雨にエビなどの汁が絡まって、おいしいんですよね~
d0222641_11125427.jpg

やっぱり野菜も。。。と、いつも頼んでしまう豆苗の炒め物
d0222641_11144660.jpg

〆のご飯は「カオパッド プー」カニ入りの炒飯で終了。はあ~食べたなあ (^^♪

このお店周りを見回してみると、他にもおいしそうなものが。ヨダレがタラ~ッ^^;
日本語はもちろん、英語はまったく通じなかったので、
タイ語が苦手な方は、周りの方のお料理 or 写真への指さしか、ボディランゲージでどうぞ♪
どれも美味しくて、子どもにも、オヤジにも、駐妻マダムにも(笑)本当に満足なお店でした!


パパとママは、このあとオシャレなタラートだと噂の
タラートボンマルシェにも、ぜひ寄ってみたかったんだけど、
またもや「早く帰ろう~」の子供の声に負けてしまいました^^;

ここには屋根つきの、ある意味オープンスペースもあって^^; 夜の方が雰囲気もよいかも。
スクンビットからはちょっと遠いけど、チャトチャックなどの帰りにもお勧めです♪



「Beer Hima」
Thetsaban Songkhro Rd., Bangkok
02 954 3404
11:00-23:00
by treasure-bkklife | 2011-08-21 07:14 | 外ごはん

BROWEN EYES 茶房 SOYS

学校が始まって「やっと楽になる~♪」と思いきや、子供たちの習い事も本格的にスタート!
子どもが帰って来て夕ご飯を作って、娘のバレエ、息子のサッカーやら、二人の塾の送り迎え、
宿題の監視(笑)と、子どもが寝るまでノンストップな日々も、もれなく一緒に帰って来ました^^;
結局、どっちがよかったかと言うと・・・う~ん、難しいなあ(笑)


さて、ものぐさ母ちゃん、第二弾! なんたって夏休みは長かったのですから!
ちょっとくらい手を抜かないと、一家の大黒柱の母(笑)が倒れてしまうぅぅぅ
と、かる~く自分に言い訳、ハハハ・・・(~_~メ)


週末だけどパパも出張でいない・・・ってことで、子供たちの習い事の前にランチへ。
d0222641_2237474.jpg

スクンヴィット31にある BROWN EYES 茶房 SOYS でございます。ご存じの方も多いですよね♪

よく見かけません?このあたりで銃を持った軍の方々。いつもニコニコしてくれますが(笑)
最近は少し落ち着いたのかな~とも思いますが、アピシット邸の真ん前なんですよね。

BROWEN EYESと言えば、玄米や豆腐を使ったヘルシーなメニューが充実。
体に優しいだけでなく、味もおいしいと評判です。
d0222641_22491546.jpg

お店は町の洋食屋さんの雰囲気。
こちらは子連れでも来やすいメニューなこともあり、家族連れも多く見かけますよ♪
d0222641_22503266.jpg

SOYS ベーカリーのパンや、ヘルシーなクッキーなども。
こちらのパンやお菓子などは、スクンヴィット49のボイスホビークラブの中でも販売しています。
d0222641_8442218.jpg

こちらは茶房 SOYS というだけあって、もちろんケーキやお茶のメニューも。
この「黒糖豆腐ガトーショコラ」は、No Egg、No Milk、そして玄米粉入りとあって
アレルギーを持つお子さんのママにも、とっても嬉しいですよね♪


さてさて、今日は何を頼もうかなあ。。。
BROWEN EYESと言えば、玄米オムライスが有名ですがどうしよう。。。
(先週、OMUで食べたばっかりだしな~^^;)
d0222641_22481156.jpg

まずは、こちらのパンがやって来ました。
d0222641_22431294.jpg

こりゃなんだ!と思う風貌ですが^^; 豆乳スムージー きなこと黒ごま入り
母は豆乳ときな粉のイソフラボンで、女子力UP ↺ を期待して頼みましたが
子供たちはこの「マグマ」のような風貌にヤラれてしまい
母のスムージーは何度も奪われることに(>_<) これで一気に、女子力Down ⇊(笑)

お得なランチセットなどもあったのですが、今日はアラカルトで。
d0222641_2245671.jpg

ママは「玄米とキノコのリゾット」
ここに来たら、やっぱり「玄米」は押さえておきたいところでしょうってことで。
これはリゾットの味が結構しっかりしていて、キノコの歯ごたえもよい感じ♪
d0222641_2246368.jpg

キャベツとサーモンのスパゲティクリームソース
パスタもしっかりアルデンテ。クリームソースもあまりコテコテでなくてGood!
d0222641_22465875.jpg

PIZZA CARBONARA
サクサクとした薄い生地がたまりません。
と言うより、息子はおいしさのあまりか、端しか食べさせてくれませんでした! ケチ~(>_<)


そしてこのお店、何がいいって「デリバリー」があるのです!
(配達地域は現在、スクムビット ソイ1から63(奇数)、ソイ2から42(偶数)までのよう)
赤ちゃんや小さい子&ママ友ランチなんかも、ここでデリバリーしてお家でゆっくりもOK♪
ヘルシーなこちらのメニューで家飲みして、そのままゴロン♪ も、もちろんOKよね(笑)


泰日協会学校に通う生徒の方への日替わり弁当も、当日10時まで予約を受け付けているようです。
詳しくは添付のHPよりご確認ください。


「BROWN EYES」
Sukhumvit soi 31 ユーログランデ1階(地下駐車場アリ)
Tel. 0-2260-8728
Fax. 0-2260-8727
Week Day 11:00-15:00 / 17:00-22:30
Sat & Sun 11:00-22:30(日曜21:30まで)
定休日:月

*デリバリーは 配達料:ご注文合計500B以上は無料、
           300~499Bは30B
 (地域や混具合によって300B以下のご注文はお断りする場合もございますとのこと)
パーティなどのメニューにも対応してくれるようです。
by treasure-bkklife | 2011-08-19 07:34 | 外ごはん

OMU Japanese Omurice & Cafe

昨日、日本人も多く住むスクンヴィット24では火事がありました。
我が家からも黒煙が見えて、お友達たちが近くに住んでいることもあって心配でした。
外国人を含む負傷者が出ているようですが、一日も早く回復されることを祈っています。
私も火の元には気をつけなくては・・・と気を引き締めたところです。


ところで、我が家は昨日、やっと長~~い夏休みが終わりました~! ヤッホー♪
なんたって長い夏休み、何が大変ってみなさん「ご飯」なんじゃないかと思います。
朝・昼・晩とちゃ~んと作って、作っては片付けて、作っては片付けての繰り返し
正直、「あ~、やんなっちゃうなあ」と思うこともタビタビ^^;


さて、根が物ぐさな母は、いいことを思いつきました。
d0222641_20325374.jpg

遊びがてら、子供たちに昼ごはんを作ってもらうことに(笑)
その分、キッチンはぐちゃぐちゃになるので、どっちがお得か分かりませんが^^;
d0222641_2034965.jpg

兄弟で仲良く、サンドウィッチを作っていきます。
「うわぁ~、上手だね~! 天才!! 最高!!!」と大げさなくらいに褒めるがコツ(爆)
d0222641_20374282.jpg

まあ、こう上手く乗ってくれる日もあれば、そうでない日も^^; コドモナンテソンナモノ。。。


前置きが長くなりましたが、交渉ごとが上手くいかなかったある日のこと(笑)
物ぐさ母ちゃんは、子供たちを連れてこちらへGO!
d0222641_20394265.jpg

エカマイ61と63の間にある PALK LANE の中のOMU Japanese Omurice & Cafe でございます。
d0222641_20414998.jpg

こちらはショーウィンドー、日本人好みのオムライスがいっぱいではありませんか!
その種類なんと30種類!オムライスも、トマトソースやデミグラスソースなどから、
お好み焼き風や、スープオムライスといったものまで様々なんです。
それもそのはず、こちらは日本人女性がオーナーなんですって♪
d0222641_2153095.jpg

お店は爽やかでシンプル。窓も大きく店内はとても明るいので、解放感があって日本人好み。
中からお外が見えると言うことは、外から中もよ~く見えるはず^^;
「奥さん、ま~た、あんなに食ってやがる・・・」と運転手さんに見られるのが難点か(爆)
d0222641_21545558.jpg

オムライスだけでなく、 こちら店名にCafeと付くだけあって
ロールケーキを始めとする、Cafeメニューも美味しいそうですよ♪
d0222641_22104072.jpg

コーヒーには豆の選び方、ひき方、淹れ方にもこだわりがあって、
いつもおいしいコーヒーを堪能できるよう、バリスタも常駐しているとか♪


d0222641_20554790.jpg

開店と同時にすべりこんだワタクシたち。(どんだけ食い意地が張ってるのかしら^^;)
ソファー席や2F席もあって、お店は子連れですぐ賑やかになりました♪

食いしん坊の私が選んだのはこちら♪
d0222641_205854100.jpg

一度で二度おいしい! トマトソースとホワイトソースのハーフで。
この卵は「ふわとろタイプ」。懐かしい「ご飯巻き」や「ドリア」などの卵の調理法や
「バターライス」「チキンライス」などの中のご飯の種類やソースも自分で選ぶことが出来ます。
卵も本当に「ふわとろ~」!(^^)! バンコクではなかなか出会えないオムライスです。
d0222641_2111682.jpg

最近、食欲満点の息子は、とんかつ付きのデミグラスソースオムライス。
何だかだんだん「男メシ」になってきて、ちょっと嬉しいやら、淋しいやら^^;
d0222641_212454.jpg

「カレー大好き、黄レンジャー♪」の娘は、ここでもカレードリア・バーション。
「日本のオムライスでも、タイ人も多いし、カレーは辛いかもよ・・・」と言っておいたのですが・・・。
やはりお子様にはちょっと辛いみたい。もれなく私のオムライスを御取り上げ(>_<)
d0222641_22262032.jpg

これに「セットA」だと飲み物とスープ、「セットB」を選ぶと、飲み物とサラダが付いてきます。

さすがに我が家は頼みませんでしたが、お隣の小さい子連れの方々は
「アンパンマン」のお皿に入ったキッズ用のオムライスを注文されていました♪
小さい子ってアンパンマン大好きなんですよね~、懐かしいなぁ❤


このPARK LANEには、子供の室内遊び場のPlay Timeもあるので、
ここでたくさん遊んで、OMUで昼ごはん!なんて言うのも夏休みには最高ですよね♪
えぇ、もちろん子供たちのためだけでなく、ママたちのためにもね(笑)



「OMU Japanese Omurice & Cafe」
Park Lane 18 Room C102-202
Soi 61 Sukhumvit Rd
Tel:02-382-0138
Week Day Lunch 11:30-14:30、Dinner 17:30-22:00 (Last order 21:30)
Sat & Sun11:00~22:00
*パークレーンはスクンヴィットの61からも63からも入れる
Max Valueがあるモールです。
by treasure-bkklife | 2011-08-18 07:27 | 外ごはん