子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2012年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

White Cafe

日本から野菜ソムリエ仲間がお里帰り(笑) 
バンコクへ買い出しにと弾丸ツアーでやってまいりました!

久々(かな?)にバンコクに登場の彼女、元々色白でとてもキレイなのですが
日本に帰ってからというもの、さらにその白さに磨きがかかったように、「The Bihaku-Beauty」に❤
日焼けした私の隣にいるから、さらに美しい白さが目立つなんて陰口もチラホラと聞こえましたが(笑)

皆様、日本に本帰国すれば、必ずしも色が白く元に戻るなんて思ってはいけません!
なぜって、ここに証明品がおりますから(^_^;)
やはり駐在時からの心がけがどれほど大事だったかと、今さらながら思い知らされております。。。


久々のバンコクとあって、彼女がまだ行ったことのないタイ料理のお店をと、
みんなでチョイスしたのはこちら。
d0222641_20474776.jpg

トンロー20にある、White Cafeでございます♪ 
このお店もすでにできて1年以上たったかなあ~ 月日の経つのは本当に早いものです。
d0222641_2059285.jpg

いわゆるタイ料理屋のイメージを覆すような、キッチュでカワイイ雰囲気のお店。
6年バンコクに住んでいた友達も、ビックリしてくれるはず。
d0222641_212320.jpg

このお店、いつも多くのタイ人の方で賑わっているのです。
d0222641_2134458.jpg

こんなオシャレなオープンキッチンもあって楽しい♪ 
別の意味でもオープンキッチンで「見なければよかった。。。」と言うお店も、バンコクには多いのだけれど(笑)


以前にもこちらのお店、Blogで紹介させていただいたのですが、その時とはメニューが変わっておりました。
FIGARO JAPAN 6月号にも掲載されて、日本人にもさらに人気のお店になったようですが
以前よりも、さらにフュージョンなお料理が増えたかなあと思います。

まずはいつもながら、久々の再会を祝って
d0222641_21174477.jpg

「スクンビット」と言う名のカクテルで乾杯~♪
しかし、これがまた、何とも言えないお味だったのだけど(^_^;)
d0222641_21201225.jpg

やはり無難なのは、こちらの「チャー イェン」 甘~いお味のタイのアイスティ。
こちらのお料理はオシャレなCafeでありながら、手加減なしの辛さなので、これも必要かと。


この後のお茶を想定して、ちょっとオシャレにつまめるようなものをチョイス。
d0222641_2163757.jpg

名前は忘れてしまったけれど、エビのタイオムレツ
生に近いエビにみんな恐れをなしたのか(笑) 誰も手を出さないので、ワタクシが先陣を切りました(^_^;)
ほどよい塩味のきいたプリプリっとしたお味で、もちろんその後のお腹問題なども一切なし!
タイのオムレツの中にもエビが入っていて、とても美味しくいただきました♪
d0222641_2184047.jpg

Fermented Pork with Crispy Rice Spicy Salad
これは前回もオーダーしたのですが、野菜ソムリエ仲間とあって、いろんなハーブを食べてみたいと。
オーダー時には「辛さは少しで」とお願いしたのですが、やっぱり結構辛かった!
でも、なぜか後を引く、不思議・美味しいお味なのです。
d0222641_21102480.jpg

Scallop and Parma Ham Thai Salad
こんなオシャレなタイ料理の使い方もあるのかと(^_^;) みんなも「ほ~ぅっ」とうなった一品です。
こちらのホタテもプリプリで、レモングラスのヤムとのバランスが何とも言えない美味しさに❤


王道のタイ料理もいいけれど、バンコクリピーターの旅行者で「いつもと違うタイ料理」を求めている方や
以前こちらに駐在されていた方などを案内する時は、こんな切り口のタイ料理もGood!だと思います。
トンローには最近また、スタイリッシュなタイ料理のお店が増えていて、行ってみたいところも沢山です♪

またタイ料理だけでなく、インターナショナル系のお料理も人気なようなので
タイ料理は食べたいけどお子さんや、一緒の方が苦手・・・と言う方にもよいお店かもしれませんね!
ただ、タイ料理は手加減なしの「タイ人向けの辛さ」なので、辛さを調節してもらうことをお忘れなく~~


この後も、思いっきりデザートを食べに、みんなで仲良く「トンロー・民族大移動」です(笑)



「White Cafe」
988/5 Noble Solo Condominium
Sukhumvit Soi55, Bangkok
Tel:02-714-7623-4
   086-023-8881
Time:11:00-24:00
by treasure-bkklife | 2012-02-29 07:45

Egyption Party!

週末はパパが二日ともゴルフだったのですが、子供のイベント続きで大変~(^_^;)
「仕事」と言う大義名分(笑)があるので仕方がないのですが、「あ~疲れた、今日はマッサージだあ!」と(笑)
誰もいなくなった月曜日の朝、一人の自由を味わっているところです(^^)/


さて、娘はただいま、学校で「エジプト」の歴史について勉強しております。
その宿題が15個課題があって、その中から期間の中で自分の好きな宿題をこなしていくのです。

お料理好きな娘が選んだ課題の一つが、「エジプト料理のPitaとHummusを作ること」
すでに何人かがクラスに持ってきて試食済みの娘は、これがやりたくて仕方がなかったようです。
兄の方もアステカ文明を勉強した時に、課題でメキシコ料理を作ったので、「いつやってくれるの?」と(笑)
私が日本に帰ったりと時間がなかったのですが、そろそろやらねば!と、週末に子供とチャレンジしました!


どうせやるなら「楽しんで!」が我が家のポリシーなので、とことん「エジプト」仕様で(笑)
d0222641_922820.jpg

子供たちと色などを相談して、勝手な(笑)「エジプト」のイメージでテーブルコーディネートを。
エジプトの色は?と聞くと、やはり「砂漠の砂の色、黄金」などだそうなので、
茶色、黄色、金色、そしてアクセントカラーに赤など使ってコーディネートしてみました。
d0222641_963265.jpg

あるものは何でも使うと言うことで、学校のイベントの時に着る予定の衣装から拝借しちゃいました(^_^;)
娘のヘッドドレスはいつもの花瓶に巻いて、腕につける「ヘビ」のブレスレットもフィギアとして使いました。
d0222641_995236.jpg

今回のナプキンは、ピラミッドを意識したおり方で。この折り方はあとでも使いましたが、何かと遊べるんです。
色が何色にもなるごごちゃごちゃしてしまうので、統一感を出すためにお花の色をリンクさせました♪


さて、まずはPita Bread作りから始めます。
宿題ともあって意外に簡単なので、子供でも出来ちゃうのです!
d0222641_9144242.jpg

お料理を作っている経過写真も、もちろん宿題として学校に提出。
「カップ1+1/4は、1カップが200mlだから、全部で何mlだっけ?」と、計量も実は算数の勉強の一部。
ここで一生懸命、4の段を唱え始めるムスメ、「もう、いい加減にすっと答えが出てくれ~」と母(笑)
d0222641_9205979.jpg

もちろん兄も一緒に参加。材料を混ぜてこねて伸ばすだけ!なので、簡単なのか二人は鼻歌交じり(笑)
その歌はなぜか映画の時にも流れる「タイの国王の歌」(爆) 二人で「チャイヨ~」と声高らかに(^^)/
d0222641_9251979.jpg

どうしたらうまく丸く伸ばせるのか、そんなことも考えながらのPita Breadづくり。
想像はしておりましたが、すでにキッチンは粉やら何やらで、ぐちゃぐちゃ状態(>_<)
d0222641_9273250.jpg

オーブンに入れて待つこと10分弱、ぷぅ~っと膨れてきて「やった~!」と一番嬉しい瞬間です(^^)/
d0222641_9302053.jpg

小さく焼いたPita Breadは、こんな風にナプキンの上に飾ってみました。
お客さまの名前を書いた旗を、このPita Breadに挿しても話題を呼ぶのでは?思います。


せっかくの機会なので、ママはそれ以外のエジプトのお料理を探して作ってみることに。
パパも帰ってきて、Egyption Party!の始まりです~❤
d0222641_936294.jpg

モロヘイヤのスープ
重病のエジプト王が、このスープを飲んで元気になったと言われている逸話があるこのスープ。
モロヘイヤは、中東、東南アジアで古くから薬草としてしたしまれ、カロテン、カルシウム、ビタミン類が豊富。
このネバネバ成分のムチンが、胃腸や目の働き、肝機能など保護してくれます。
実はこのネバネバ成分は「ヒアルロン酸」も豊富だということなので、肌の潤いにもGoodなお野菜です。

この日、ヤマギシの「モロヘイヤ」があるかな~ とフジスーパーに行ったのですが、残念ながら見当たらず。
それなら似てそうな?「タムルン」 ヤサイカラスウリの葉(Ivy Gourd)でやってみようと。

タムルンはカロテンやビタミンCが豊富で抗酸化作用が高く、生活習慣病予防、美肌にも効果が見られます。
貧困なイサーン地方の子供たちは、ビタミンA(カロテンが体の中でビタミンAに変わります)摂取不足で
結膜炎や夜盲症が多く発生し、医大の研究によりビタミンAを多く含むタムルンが注目を浴びたそうです。


茹でて細かく切ったタムルンを、好みで味つけしたチキンスープにいれて、
みじん切りしたガーリックをオリーブオイルで炒め、そのままオイルごとスープにいれただけ。
レシピではコリアンダーはスパイスを入れておりましたが、せっかくなので生の茎を細かく切って入れて。
モロヘイヤではなかったので、ちょっと粘り気が足りませんでしたが、これもまたさらっとして美味しい♪
d0222641_1012062.jpg

ターメイヤ
ソラマメのコロッケ、本当は(笑) これも冷凍が探してみたけれどありませんでした。
ないものはないので仕方なし、母は「冷凍の枝豆」で作ってみることに♪

枝豆など大豆のイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに似ているので、
骨粗鬆症、美肌、更年期障害など、女性にはとっても嬉しい効果が。
最近ではサプリなどの過剰な接種から、乳がんになる方なども見られるようですが、
昔から食事で大豆製品を食べて続けている日本人の食事を見ても、食事でとる分には大丈夫なよう。
一度に取るよりも、一日2度に分けた方が効果があるようですよ♪

枝豆に卵、ニンニク、パン粉、クミンパウダー、パクチーの根(タイ料理ではよく使われますよね!)などを
フードプロセッサーに入れてガーっと混ぜ、コロッケの要領で丸く形を整えます。
それに、衣にすりごまをまぶして揚げたものですが、クミンの香りが効いて、気分はさらにエスニック~♪
d0222641_1064533.jpg

ムサカ
よくいただくイタリアンなどに一番近いので食べやすく、これがやはり一押しのメニューだったようです。
エジプトに地中海を通じて接している、イタリアなどからレシピが伝わったのかな~と、
ここでも親としては、さりげな~く、地理の勉強の話題に持っていこうと(笑)
d0222641_101146100.jpg

1cmの厚さに切ったナス、緑のパプリカを素揚げして、同じく切ったトマトを軽くソテーしておきます。
にんにく、玉ねぎと一緒に炒めた牛ひき肉を、ダイスに切ったトマトとオレガノなどでソースにして、
層にして挟んでいき、最後にモッツアレッラなどのとろけるタイプのチーズを乗せて、オーブンで焼くだけ!
週末の忙しい時には「カレー」などになりがちですが、これも焼く前まで前もって作っておけるので便利かも。


そして、子供たちが粉まみれになって作ったお料理たち(笑)
d0222641_10223285.jpg

ピタ ブレッド
結構、美味しくできました!これをフムスにつけていただきます♪
二人が頑張ってたくさん作ってくれたので、残りは冷凍して保存を。
中にお野菜やハムなどを挟めば、朝ご飯やお兄ちゃんの塾弁にも活躍してくれそうです!
d0222641_10252837.jpg

フムス
カルバンゾ豆を、にんにく、レモン汁、クミン、オリーブオイルなどで、ガーッとフードプロセッサーでしただけ。
お店でいただくものよりも濃厚で、そしてオリーブオイル控え目で作ってみました。
オリジナルのレシピは乾燥豆を水から戻して使っていましたが、ワタクシは手軽に缶詰を使って。
その場合でも一度さっと熱湯などに通すなどして、缶詰臭さを除くことも美味しさのポイントです!

お豆のタンパク質は筋肉を作り、基礎代謝力UPにもつながって、ダイエット中でも必ずとりたい食品。
タンパク質を取らずにダイエットすると基礎代謝量が落ちてしまうので、その後、リバンウンドが起きるそう。
オリーブオイルは「飲む美容液」とも言われる、質のよいエクストラバージンのオリーブオイルを使って。
肌の潤いや、腸の潤滑油にもなるので、お通じにも効果があるそうですよ♪

全体的にエジプトにはお豆の料理が多いのはなんでかな???と
ちょうど塾で勉強していて(ママも忘れていた)植物と温度・気候などの話にもなり
美味しく楽しいながら、勉強にもなった一日になりました。


みんなで美味しくいただいて、「今年はこれで、お料理の宿題は終わったね~」と一安心していたところ
「僕は来タームに、『ビクトリアン』を勉強するけど。。。」と息子が一言。
マジっすか?来タームは、兄はイギリスのビクトリア朝の勉強をするんだあ。
今度はアフタヌーンティあたりの「スコーン」が宿題にきそう、そんな予感がする母であります(^_^;)


今ごろ娘は、宿題で作ったお料理を学校に持っていったので、かなり自慢げにみんなと食べているハズ(笑)
親にとっては大変な宿題ですが、宿題を通じていろんな話題に触れられれるのでよい機会になっています♪



レバノン料理などでもいただけて、日本人の奥様方にも人気の「ピタ」と「フムス」ですが、
下に娘の宿題で使った「ピタ ブレッド」と「フムス」のWEBサイトを貼り付けました。
とても簡単なので、ぜひ作ってみてくださいね!
Pita Bread → 
Hummus → 
by treasure-bkklife | 2012-02-27 10:36 | ホームパーティ

Crepes & Co.@Sukhumvit 12

先月、野菜ソムリエ繋がりで、日本の愛媛県西条市から「あんぽ柿」の販売に
バンコクにいらっしゃっていた、ステキな女性とご一緒させていただきました~

この あんぽ柿 、家族でいただきましたが、何とも言えない美味しさなんです!!!
とろ~りととろけるような柔らかな食感と、自然の甘みが何とも言えません!
伊勢丹や、フジスーパーでも販売されていたので、きっとご存じの方も多いのでは思います。

愛媛県の西条市は、なんと市長さんが「野菜ソムリエ取得」を推奨されている街だそうで
野菜ソムリエさんがたくさん誕生している街だそうですよ♪
愛媛といえば、「千と千尋」のモチーフにもなったと言う話もある道後温泉、そして坊ちゃんの夏目漱石、
そして何より「みかん」(笑)と、一度行ってみたい街の一つです。


今日は日本でなかなかいただけない食事をと、Dinnerに選んだのはこちらのお店です♪
d0222641_20485462.jpg

スクンビット12の Crepes & Co. でございます。
韓国料理のお店が立ち並ぶ、スクンビットプラザの脇道をどんどん奥に入りますが、
人通りもあまり多くない道になって行くなので、女性の一人歩きはちょっとさみしいかも。。。


こちらのお店は1996年に「地元のオアシス」をコンセプトに、暖かく平和的な雰囲気を大切にして
ここに暮らしているような、リラックスしてお客様が過ごせるように作られたお店です。
お料理は伝統的、そして創作的なクレープを始めとして、美味しく、そして代表的な地中海料理などが。
フレンドリーなスタッフは、もちろんお子さんだってWelcome!の嬉しいお店なんです!
一日中どんな時間帯にも、ハイチェアの用意や子供向けのメニューもあるんですよ♪
d0222641_20552184.jpg

こちらのスクンビット12にあるCrepes Co.は雰囲気のある一軒家。
支店がトンローにのEight Thonglorにもあって、そちらは光の降り注ぐスタイリッシュなお店ですが、
こちらの方は、暖かさと異国情緒が漂っております。
d0222641_2058467.jpg

こちらはお外でもお食事がいただけて、ちょっとした旅行に来た気分になれそうです!
d0222641_21181573.jpg

この日は蒸し暑い日でしたが、やはり外国人の方はお外が好きですよね~♪

さて、ワタクシたち、日本人はやはり中でいただきます(笑) 
d0222641_21442598.jpg

まず、「初めまして」のご挨拶に、サングリアで乾杯~❤
赤ワインに柑橘系のフルーツやりんごなども入って、お酒の弱い方も飲みやすい♪
d0222641_21204613.jpg

C & C Mezz
フムス、タブレ、ファラフェルなどの代表的な地中海料理の組み合わせ。
d0222641_21242533.jpg

Cheese Roll
噛みしめると、中からグリュエールチーズとハムが、トロ~っととろけ出て美味しい!
d0222641_21322688.jpg

Tapas of Shrimp
ガーリックのお味が効いた、白ワインがすすむ一品♪
d0222641_21371452.jpg

Creaps
こちらのお店は甘いクレープだけでなく、食事になるようなクレープもたくさんあるんです~
d0222641_2142515.jpg

Tajin of Lamb
トマト味で柔かく煮込まれたラムは全く臭みもなく食べやすかった♪
写真の後ろにある「クスクス」に、こちらをかけていただきます。


お店の暖かい雰囲気に包まれたせいか、仕事の話からプライベートまで
初対面の方にも関わらず、すっかり打ち解けてお話が弾み、とても楽しい一日でした~
やっぱりエネルギッシュな方とご一緒させていただくと、何だか元気をチャージさせていだいたよう♪
愛媛の暖かで、明るい太陽そのもののような素敵な方でした❤ またお会いできるのを楽しみにしています!



「Crepes & Co.@Sukhumvit 12」
18/1, Sukhumvit 12
Tel:02-653-3990
Open daily:9:00-midnight
Sunday:8:00-midnight

こちらのお店のお料理は、こちらからデリバリーすることも可能です♪
Food By Phone → 
by treasure-bkklife | 2012-02-25 22:13 | Ethnic@BKK
月一回のお楽しみ、タイフードライターのRuiさん とその仲間たち(笑)で行く、タイ料理の旅。
毎回、本当に美味しいタイ料理、話題性のあるお店を探して求めてどこまでも飛んでいく~(^^)/
そして何より、本音・女子トーク満載の楽しいランチ会なのです♪


今回、そのメンバーがセレクトしたお店はこちら♪
d0222641_8582789.jpg

 Celedon@The Sukhothai Hotel Bangkokでございます。
d0222641_902047.jpg

こちらのHotelは、いたるところに「凛」とした雰囲気が漂います。
d0222641_922730.jpg

こんなお花の使い方のセンスも、かなり私好みでございます❤ 
d0222641_22351024.jpg

清々しい日差しがまぶしい、気持ちのよい空間でいただくお食事。気分もUP↺


ランチの時間にはもちろんランチセットもありますが、今日はアラカルトからチョイス。
アラカルトには今月のお薦めメニューもあるので、何度来ても楽しめるお店だと思います。
d0222641_943580.jpg

メニューはなんと、iPadで登場!
d0222641_994071.jpg

「ミエン プラー サリッド」
こちらは珍しい、魚と青いマンゴーの生春巻きです!生姜のお味も爽やか~♪
d0222641_9111284.jpg

「ヤム プーニム サムンプライ」
カラッと揚がったソフトシェルクラブと、タイハーブのヤム。私の一押しです!
d0222641_914867.jpg

「プラー ガオ トム ホムパオ」
こちらはお魚のハタのスープ。レモングラスとマナオが効いて生臭みもまったくなく、後味もスッキリ。
d0222641_9154235.jpg

「パット ヨートマラ ガティアム プリック ソット」
ヨートマラ、カラスウリの葉の炒め物。 シャキッとした歯ごたえも美味しさの一つ。
d0222641_9174941.jpg

「プラー ヒマ ヌン ガップ パット ガチャーイ」
お魚にピリッとしたコショウの実と、タイのハーブのグラチャーイが入った炒め物。
グラチャーイは、お魚などの臭い消しによく使われます。
d0222641_9354749.jpg

「ゲーン ペッド ペッド ヤーン サイ アップン」
アップン=アップルで、リンゴ入り。ローストダックのレッドカレーのオリジナルは、オリエンタルとのこと。
外国人にもウケがよいように、ぶどう、ライチなどの果物が入った、いただきやすいフュージョンのカレーです。
d0222641_9212190.jpg

ソムタム ガップ コームーヤーン 
みんなの大好きなソムタムと、豚ののどのお肉のコームヤーンのイサーンコンビ。
セラドンではアンチャンの可憐なお花とい一緒に盛り付けられて、一気にグレードUP!

そしてデザートも。
d0222641_22321940.jpg

名前は忘れてしまいましたが、バナナのフリッターとココナッツミルク アイス
よくジャカルタでも揚げたバナナのお菓子は子供と一緒にいただいたので、懐かしい優しいお味。
d0222641_22334191.jpg

「タプ ティムクローブ」
ココナッツミルクにくわいを浮かべたデザートですが、赤い色が定番なのでこちらのグリーンも新鮮!


いつ来ても「凛」としたたたずまいが美しいThe Sukhotai Hotel
d0222641_22202275.jpg

こんな蓮のお花の飾り方など、真似したいアイデアがいっぱい。
いつ来ても安定した美味しいお味と、ステキな空間に満足度が高い素敵なHotelの一つです!
日本からのお客さまにも、きっと喜ばれるに違いありません♪


来月の「Ruiさんとその仲間たち ~珍道中・タイ料理の旅~」はいざ、どこへ~
なんてしらじらしく書きながら、実はすでに行ってしまったのですが(^_^;)
これまたとても素敵で、めちゃくちゃ美味しいところだったので、みなさまお楽しみに~(^^)/




「Celadon@The Sukhothai Hotel」
The Sukhothai Bangkok
13/3 South Sathorn Road, Bangkok 10120, Thailand
Telephone: +66 (0) 2344 8888
Open Daily
Lunch: 12.00 - 15.00
Dinner: 18.30 - 23.00
by treasure-bkklife | 2012-02-23 09:59 | Thai@BKK

やさいの王様@銀座店

最終日の3日目のランチの時間、今回ベジフルビューティ・アドバンスを受講している方々と
野菜ソムリエ仲間に紹介してもらったお店に行ってきました♪
d0222641_961324.jpg

やさいの王様@銀座店でございます。

こちらのお店のキャッチコピーは、こんな風
~ なぜだかイライラしていませんか?なんだかもの足りないですか?やさいの王様に会いに行こう!
  「足りないあなたに やさいの王様」 ~

すっごいフレーズだなあ~と思いながらも、それならどんなお店なのか行ってみたい!と
宣伝の策略にはまったワタクシでございますが(笑)、同じような方々が続々といるのではないかと思うくらい
エレベーターを上がると、お席を待つ人で一杯のお店でございました~!
d0222641_21114988.jpg

こちらは人気のサラダバー。厳選された新鮮なお野菜や果物がいっぱい!
d0222641_21144896.jpg

個室はまるでテントの中にいるよう(笑)4名から7名の対応になるそうです。
d0222641_21494930.jpg

お店には女子がいっぱい!そして、お席を待つ家族連れやカップルも多い人気のお店です。


こちらは新鮮なサラダはもちろん、お野菜がたくさん使われたカレーや、スープ、おかず類などの
ランチビュッフェが大人気で、連日行列をなすようです。
d0222641_21511668.jpg

人気のランチコースのメニューがずらりと。このネーミングも結構魅かれてしまいますよね❤
席を予約する場合はこちらのコースのみになるので、私たちは電話でコースからチョイスしておきました。
今日は時間がないことから、一番早くいただけそうな「気軽に潤い野菜を味わえるコース」に決定。
d0222641_21525046.jpg

女子には嬉しいヒアルロン酸 & コラーゲン入りのドリンクなんかもあるそうです。
d0222641_22243593.jpg

そして、それぞれの個室には、マイナスイオンがお肌にも嬉しい人気のナノイーが。
たっぷり新鮮なお野菜で中から、そしてナノイーで外から、美肌に近づくという戦法でございますね(^^)/

d0222641_22292659.jpg

まずはこちらの「アロエのお造り」 アロエの葉肉のぬるっとした感触がたまりません!
クセのないお味は、さっぱりとしたゆずのポン酢にもよく合います。

お次は、こちらの看板メニューの「お野菜のしゃぶしゃぶ」
d0222641_2230431.jpg

このスープが絶品のお味でございました(^^)/ この緑のペーストは「大葉」なのだそうでございます。
これをアレンジして、バジルやパクチーなど香りの高いハーブを入れても、
洋風、エスニック風などと、バリエーションを変えて楽しめそうですね♪
d0222641_2191095.jpg

このお鍋には、こんなにいろんな種類のお野菜が入ります。
「お鍋にレタス類なんて(@_@;)」と言う、思い込みを覆してくれそうな一品です。

鍋奉行がお店の方のオススメに沿って、お野菜を入れていきます。
d0222641_2111692.jpg

きのこなどの出汁がでるもの、そして固いものなどを先に入れておきます。
d0222641_21134311.jpg

お次はにんじん、黄・緑のズッキーニのスライスを入れて。かなりの薄さなので、本当にさらっとでOK!
d0222641_21153071.jpg

そして葉物は「しゃぶしゃぶ」のように、さっとスープに潜らせていただきました。
サラダでいただくよりもたくさんのお野菜が一度に頂けて、寒い日本にはピッタリな一品!
たくさんにビタミンを体にチャージして、風邪やインフルエンザ予防などにも効果がありそうですね♪

こちらのセットはこれで終了なので、まだちょっと小腹がすいている私たちはこちらをオーダー。
d0222641_21174344.jpg

やっぱりちゃんとごはんを食べて、午後からに行われる難関のプレゼンテーションに備えて
鋭気を養っておきたいってことで、「焼きおにぎり」をプラス。
d0222641_21202814.jpg

絶品ス-プに焼きおにぎりに入れて。様々なお野菜からの出汁も加わって、う~ん、日本人でよかった❤

その他にもお鍋には、コラーゲンボール、ヒアルロン酸ジュレ、コラーゲンうどんなどの
女子にはかなり気になるネーミングのものなどもプラスして入れることも可能です。
他にもお酒のつまみにも合いそうな、美味しそうな野菜を使ったアラカルトもたくさんで飲み会にもGood!
一度にたくさんのお野菜をいろんなお味でいただけるのも、とっても嬉しいお店です。

そして「やっぱり最後はデザートでしょ」ってことで
d0222641_21231980.jpg

デザートはいちごのソルベ、コーヒーと一緒に。
この時期、日本に帰って何が嬉しいって、おいしい「いちご」をいただけることです❤


今回のベジフルビューティー・アドバンスを受講したメンバー、実は専業主婦はワタクシ一人でございました。
みなさん仕事をしながらの忙しい中、「自分の仕事のステップアップ」としての受講だったのです。
今までいろいろと興味のあるがままに勉強してきた他の資格とは、レベルが全く違うと言うことよりも
今後「食のプロ」として「情報」、そして「食生活」などを、どのように発信源として提供し、伝えていくのか
そしてその「責任感」と、それには「さらなる勉強をし続けること」が必要だということを痛切に感じました。

日本ではタニタ食堂なども話題になっていますが、社員さんの社食のメニューを考える管理栄養士さん
現在二児の母でありながらマナー講師もされて、その「美や健康」についても教えたいと言う現役CAさん、
あるヨガスタジオの本部でお仕事をしながら、会員さんにメニュー提供をしてきたいと言う方など
それぞれの道は違えど、受講した目的も今後の道もハッキリしていて、みなさん本気な素敵な方たちばかり!
ボヤっとした駐妻生活をしている私にはとてもよい刺激をいただいて、その姿勢も勉強になりました<(_ _)>

4月には一次試験の筆記がありますが、昨日、子供の塾の説明会でこんなことを言われました。
「社会などの暗記モノは、それに時間をかけて勉強するのではなく、いかにニッチな時間で勉強できるか」
昔ながらのトイレに表を貼ったり、バスなどの移動時間に覚えるのが受験必勝法なのだそう!
(他は算数などの、じっくり考えるものに時間を回せと言うことですよね。)

よ~し、これをマネして私も頑張ってみよう!忙しいママでも工夫して(言い訳しなければ)勉強できるはず!!!
これからいつもママのトイレが長くても、みんな、決して怪しまないでね(爆)




「やさいの王様 @銀座店」
東京都中央区銀座8-10-17 銀座サザンビル7F
TEL:03-3571-9881
Lunch:11:30~15:00(月~日/L.O. 14:20)
Dinner:17:00~23:30(月~日/L.O. 22:30)
by treasure-bkklife | 2012-02-22 22:02 | TOKYO 2011

Chef's V @ 丸ビル

昨日すべての講義が終わり、その足で今日の早朝にバンコクに戻りました~♪ 
3日ぶりのバンコクですが、やっぱり洋服一枚で歩けるのは、身も心も軽~い(笑)

今回は席が満席だったことから、ビジネスクラス!マイレージに乾杯~(^^)/ そして、ワインも美味し~い❤
d0222641_218615.jpg

やっぱり機内食が全然違うんです~っ。
「ママは眠いからいらな~い」と、いただかないこともある朝食ですが、この時ばかりはしっかりと(^_^;)
そして体の疲れ具合もこの歳ともなると、エコノミーとビジネスではここまで違うのかと身を持って体感(笑)

バンコクに帰ってからは、学校・会社に送り出し→ 塾の説明会 →塾ママとランチと言う名の愚痴大会(笑)
家に戻ってから、塾弁を作りながら子供の宿題の採点 →塾へ送迎と、息をつく暇もないほど(^_^;)

嬉しいことに日本で最後の最後まで仕事が出来て、ラッキーなことに深夜のフライトに間に合って
助かることに早朝にバンコクに着き、ありがたいことにまたいつもと同じ様に会社に出勤できる
「羽田便、バンザ~イ!!!」と叫びたくなる、出張で大変なご主人様方の気持ちがよ~く分かりました(爆)
本当にいつも、出張お疲れ様です<(_ _)> 日本からのお土産ばかりを期待してはいけないのです(^_^;)


さて、2日目の授業が終わったあとは、バンコクから日本に本帰国したお友達と
「レシピ開発の勉強」という大義名分(^_^;)を振りかざし、やってきたのはこちらへ♪
d0222641_17254271.jpg

東京・丸ビルにあるChef's Vでございます。「野菜の力と大地の恵み」ですから、とっても楽しみ(*^_^*)
d0222641_17273983.jpg

手書きの黒板も、素朴で暖かいお店の雰囲気にマッチしていてステキ♪

こちらのお店、実は本体はあの「モスバーガー」で、様々な野菜を中心としたレストランを展開されていますが
このChef's V もその一つ。「野菜ブーム」ということもあるのか、最近はたくさんの野菜メインのレストランが。
日本に帰るたびにそのようなお店に行って、使い方など様々なヒントをもらえるのも楽しみの一つ♪
d0222641_17295498.jpg

久しぶりの再会を祝って、梅酒で乾杯~ わぁ~シブ~イ(^_^;)
手前のオレンジが「一根六菜 7種類の国産野菜」
人参・セロリ・キャベツ・ほうれん草・レタス・ クレソン・パセリを加えた、さっぱりとした梅酒で
飲み口はふわ~っとセロリの香りと、にんじんの甘さが広がります。

後ろが「和宝五柑 和歌山県産の5種類の柑橘類」
温州みかん・はっさく・だいだい・甘夏・三宝の五種類の柑橘類が入った梅酒。
かなり甘みが強いお酒なので、ソーダー割でいただいても楽しめるかも♪


今日のディナーには、私たちは「一日分のお野菜コース」をチョイス。
このコースだけで、一日に必要なたっぷりの野菜が体にチャージ出来ちゃうコースです。
こちらのお店には、「女子会プラン」「野菜パーティ 飲み放題プラン」など
幹事さんも嬉しいプランがあるのも、オフィスが立ち並ぶ丸の内ならでは♪

まずは、スープから。
d0222641_17325896.jpg

「安納いものスープ」
安納いもは種子島の特産で、カロテンが多く含まれ、オレンジ色の果肉が鮮やかな
とっても甘みが強いお芋なのです。スープもお味そのもの、こっくり優しい甘みのあるお味。
「かぶのカルパッチョ」
その名も「レディサラダ」と言う、皮が赤色で生食される「かぶ」の一種。
塩とオリーブオイルだけですが、その素材のよさで勝負した一品はお酒のつまみにもGood!

そして、「本日の前菜三種盛り合わせ」が。
d0222641_17311556.jpg

こんなかわいくカフェ飯風に登場!
d0222641_17345611.jpg

「15品目の野菜サラダ」
これは、何と言ってもすりおろした「人参」が入ったドレッシングが決め手!
d0222641_17373160.jpg

アボカドフリット ケイジャンスパイス
「アボカド」の故郷は中南米ですから、ケイジャンスパイスと出会って恋に落ちたようなもの。
この二つの組み合わせは、やはりとっても美味しい!

ちなみにアボカドはビタミンB1、B2、Eが豊富で、高血圧や脳梗塞に効果があるだけでなく
抗酸化作用が高いことから美肌、そして食物繊維から整腸作用にも効果があるとされていますよ♪
d0222641_173879.jpg

「真鯛の瞬間グリル 昆布とイクラのソース」
真鯛をこんな風にさっとあぶるようないただきかとも美味しい♪ この調理法も何かで使えそうです。

本日のおすすめパスタはこちら。
d0222641_17392584.jpg

「濃厚トマトパスタ」
トマトだけとは思えない、ねっとり・こってりとしとした濃厚なトマトソース。
トマトに含まれるリコピンが冬場の乾燥しがちな肌や、風邪予防にも効果を発揮してくれるといいなあ。

そして、お肉とお魚も少しずつ登場!いろんなお味を少しずつ試せるのも、女子には嬉しいところ❤
d0222641_1741045.jpg

左が「せせらぎ豚のロースト」
しっかりと塩味がついたせせらぎ豚が、トマトソースにも負けていません。
下に敷かれている「紫キャベツ」のアントシアニンは、PCなどで疲れた眼精疲労を予防してくれる効果も。

右が「スズキのポワレ」
外はカリッと、中はふわっとポワレされたお魚と、バジルのソースがよくマッチ。
バジルはビタミンAはもちろん、カルシウム、マグネシム、鉄なども多く含む、女性にも嬉しいハーブです。


何しろ、同じ歳の二人。自分で言うのも何ですが、よく「食べ」、そしてよく「しゃべり」ます(^_-)
この間も話題になったけれど、なぜかこの年生まれは「パワフル」で「よくしゃべる」人が多いのだと(笑)
そういえば、フラワーアレンジのN先生、タイ料理のO先生、みんな元気でハツラツと。
そして、やっぱりよく「しゃべる」のは酉年生まれだから? 鶏は「コケッコッコー」とけたたましいから?(爆)
d0222641_1744266.jpg

「デザートの盛り合わせ」
「オレンジのソルベ」で口の中もさっぱりと。コーヒーと一緒にいただきました♪


「Over 40」の二人ですが、目指すものは違えど、偶然にも、同時期に勉強を始めたところでした!
「実力があれば、資格はいらない」と言う話もありますが、現実はなかなかそうはいかないことも。
ネームバリューもなく、駐在でブランクがある私たちは「資格がないと、話も聞いてもらえない」のも現実。
大人になってからの勉強は、脳がすでに固くなっていて一つ覚えては一つ忘れるほどですが(^_^;)
学生時代と違って本当に勉強したくてしているものなので、本当に勉強が楽しくて仕方がありません!

「まず、その土俵に上がらせてもらうため」の資格をまずとることも、大切。
それだけでなく「歳を取った分だけ経験がある。無駄な経験は一つもない、経験を無駄にしてはいけない」と。
駐在により職歴が途絶えてしまったり、子育てで思うように自分のことが出来ない方もいるかと思います。
私もそんな時に活躍している仲間を見て、何かおいて行かれてしまうような気持ちになったことも・・・。

私の目指す方向が「食」と言うのもあるのでしょうが、海外駐在で様々なもの・人と出会える経験を詰めたこと
そして妻として、母として、毎日地道に食事を作り続けてきたことが、本当に生かされる場面に出合いました。
「動けないこと、停滞すること、手に入らないこと」 それ自体にも意味があるのかも・・・と。
実際、彼女はその熱意と様々な経験から、日本で40歳にして新たな職を掴むことが出来たのですから!
どんな時でも「自分が出来る限りのことをやること」で、時期が来れば「道が開ける」そう思っています。

話が過熱して、のどが渇いたのか、さらにお酒も進んでしまいます(^_^;)
d0222641_17422367.jpg

前が「ゆずモヒート」
無添加ゆず酒に、ライム、白ワイン、トニック、ミントが入ってスッキリと。
この日本ならではの「柚子」の香りに、心まで癒されそう。。。

「うめしそティーソーダ」
紀州南高梅に、梅酒、紫蘇リキュール、ウーロン茶、トニックウォータが入っております。
梅酒に紀州の南高梅が入って、とってもぜいたくな梅酒ですよね!

いつまでもお互い励まし合って、一緒に走ってくれる仲間に出会えたことに、とっても感謝!!!
夏にはお互い笑顔で、美酒を味わえるといいなあ~❤❤❤

d0222641_23434455.jpg

この日は土曜日ではありましたが、オフィス街にも関わらずたくさんの方がいらっしゃいました。
平日のお昼などにはオフィスで働く方々も沢山いらっしゃることと思いますが、平日のランチの時間帯には
お手軽・ヘルシーでお腹いっぱい食べられる、お野菜不足のあなたにぴったり!な、丼ぶりメニューも登場。
週末にはお野菜がたっぷり楽しめるワンプレートのメニューが用意されているようですよ♪

自分がOLの時もそうでしたが、やはり外食が多いと不足しがちになる野菜。
そんな時にも近場で仲間や恋人と楽しくいただく食事は、心と体にビタミンがチャージできそう❤
アラカルトのメニューもお野菜豊富で、カウンターもあるので、一人でさらっと来るのもアリかも知れません♪
お店自体はそんなに広くないので、ぜひ、ご予約されてからお出かけになることをオススメします!




「Chef's V @ 丸ビル」
東京都千代田区丸の内2-4-1 丸ビル5F
Tel:03-5288-9005
ランチ 11:00~15:00 (L.O.14:30)
ティー  (土・日・祝のみ) 15:00~17:30
ディナー 月~土 17:30~23:00 (L.O.22:00)
       日・祝 17:30~22:00 (L.O.21:00)
by treasure-bkklife | 2012-02-20 20:45 | TOKYO 2011

347 Cafe

今日で三日間続いた「ベジフルビューティー アドバンス」の講義もやっと終わりました♪
ずっと続いていた体調不良が心配でしたが、いい気持ちのハリがあるせいか体調も絶好調!
「病は気から」とはよく言いますが、身をもって「心」がいかに大切かという事を知る事に。

そして、一番の気がかりだった子供たちからも、「カレー、めちゃくちゃ美味しかった!」と言う
写真付きのメールが主人から来て、ホッとすると同時に里心が…。
反対に空港までいい歳をしたムスメを、送迎してくれた両親の気持ちも痛いほどに…。
自分がいかにみんなから支えてもらい生活できているか、改めて感謝の気持ちで一杯の日々でした。


さて「バンコクから寒波を連れて来たの?」と言われるほど、毎日、雪や霜に迎えられましたが
冷たい空気は肌にしみ込むようで、肌の毛穴もキュッと締まって気持ちいい~
講義ではあの、美肌のカリスマ「佐伯チズ」さんの「美肌食」をご担当された
管理栄養士の先生を始めとした素晴らしい先生方の講義が続いて、気持ちもさらに引き締まりました!
その「美への道」への食生活の秘訣の数々も、Blogの中にちりばめて行こうかと思います♪


さて、せっかく日本に帰ってきたのだから・・・と、講義前の貴重な時間を生かしてお茶でもと、
友達とやってきたのは、雰囲気もステキなこちら。
d0222641_2047787.jpg

渋谷にある 347Cafe でございます。
小雪の降る寒い日でありましたが、オープンテラスの場所にも人が一杯!
こちらのお店は外にも暖房がされていて、外でも暖かくおしゃべりを楽しむ方々が。
渋谷の地下鉄の通路から歩いて0分の場所にあるので、こんな雪の寒い日にもピッタリ♪

南仏にある水辺のカフェを思わせるプールサイドも、ちょっと寒そうではありましたが(^_^;)
d0222641_20491015.jpg

雪がちらつく中でしたが、やはり素敵な空間です♪
「あれっ、ここ、ドラマでも見たことがあるかも~」と、友達が言っておりましたが、
結婚式の二次会などにも使われている場所のようでございます。
d0222641_2050103.jpg

シャンパンもオシャレに飾られて(^^;;


毛穴の開いたバンコク帰りには、無理をせずもちろんこちらでございます。
d0222641_20521064.jpg

室内はとっても暖か~い!!! 
こちらのお店、ビルの3F、4F部分にあって、二階建てのメゾネットになっております。
どちらもオープンテラスのいごこちのよい雰囲気が魅力的❤
Birthdayや会社のイベントなどでの貸切なども出きるそうですよ♪


今日は講義の前に、ちょっと腹ごしらえも兼ねて♪
d0222641_2053423.jpg

本日のパスタの「ツナとケッパーのペペロンチーノ」をチョイス。
この後の長丁場の講義にも「喝」が入るような、ピリッとしたお味もGood!
d0222641_21282762.jpg

頭がスッキリ冴えるような、オレンジの紅茶と一緒にいただきました♪

そして、フライトで寝不足、疲れ気味の身体には「やっぱり甘いものも!」♪
d0222641_20571274.jpg

ミルクレープには、チョコレートソースで描かれた「Smeily」に、一気に気分はHappy❤
d0222641_20573513.jpg

友達の「Snoopy」も、とってもCute❤
d0222641_1034439.jpg

友達や恋人と、ずっとおしゃべりしていたくなるような、オシャレだけど暖かな空間でした。


最近、子供が大きくなってくるとともに、ママのLife Styleも変わってきて新たに仕事を始める友達も。
今日の友達もその一人、忙しい中、少しでもと時間をさいてくれました。
その間にも、電話でお客様と連絡を取り合っている彼女の横顔は、キリっとしてまたママとは別の顔に。
「妻」であり「母」であり、そして「自分」の顔があるのはカッコよくもあって、ちょっと羨ましい♪
それぞれの顔に手を抜かず、ほどよく折り合いをつけて生活している彼女、やはりステキです❤


これからまた常夏の国、バンコクに戻ります♪ ママでも、海外駐在していても「私らしく」!
決して無理をせず、でも自分らしさを活かして、新たなHappy Lifeを築いていきたい思います(^O^)/



「347 Cafe」
東京都渋谷区渋谷1-23-16 cocoti 3F
Tel:03-5766-3798
11:30~23:00 (L.O 22:00)
by treasure-bkklife | 2012-02-19 21:19 | TOKYO 2011

漢灸(Han Jiu)

今日はValentine Dayですが、まったくそれらしくないネタですみません(^_^;)

ここのところ、何回かBlogでも「なぜだか体調が悪い」話を書き綴ってきたかと思いますが、
おかげさまでやっと復調して、ずっと続いていた「めまい」からも解放されてまいりました(^^)/

それは、以前から在タイが長い方々に「何をやってもどうしようもない時には、ここ」と聞いていて
とても気になっていた場所に、1週間ほど通っていたからだと思うのです。
最近、周りでなぜか同じように、めまい、頭痛、耳鳴りなどの体調不良の話もよく聞くので、
どなたかのお役に立てれば嬉しいと思い、こちらでぜひご紹介させていただければと思います。
d0222641_9492983.jpg

その場所とは、スクンビット49/15にある漢灸(Han Jiu)でございます。
このあたりは日本人には懐かしい香りでもある、「お線香」のような香りが漂っています。
優しい笑顔で迎えてくださるのは、Dr.Lee。中国の山東省の薬科大学で学ばれた韓国人の先生です。

こちらは、以前はトンロー7のパンジットタワーの中で開業されていたのですが、
この機会に!とこちらを訪れてみると、「あれっ、なくなってる~!」 警備員さんたちも移転先は知らないと。
心当たりがありそうな友達に電話すると、どうやらスクンビット49の奥に移転したらしいと言うことで
ありがたいことに、速攻で先生の連絡先を調べてくれました<(_ _)> 本当に感謝しています❤❤❤


まずは、こちらの場所はちょっと分かりづらいかも知れないので、写真でご説明を。
d0222641_951528.jpg

看板が折れておりますが(^_^;) 私はスクンビット49/15からこちらに行きました。
こちらのソイを左折して、さらにまっすぐに進んで行きます。
一番下のMapのように、スクンビット39からSoi Promisiを入って行くこともできるようです。
d0222641_103987.jpg

49/15からは小さな川を渡って、また左折します。ところどころに、このような「漢灸」の看板が出ていますよ。
d0222641_10404146.jpg

このMoon Terraceの入り口をさらに左折すると、左手に先ほどの看板が見えてまいります。
d0222641_18235015.jpg

こちらは、チェンマイあたりのホリスティックなリゾートに来たような一軒家なのです。
d0222641_1043108.jpg

昔ながらのおばあちゃんの家に遊びにきたような、なぜか懐かしさがこみあげて。


こちらの漢灸に伺ってみると、毎日、タイのローカルな方々がたくさんいらっしゃっております。
あるタイ人のおばあちゃんと話をしたところ、膝のリウマチで病院に通っていたのですが、
その薬の副作用から「めまい」をひどく起こして、韓国人のお知り合いから聞きつけてこちらに来たとのこと。
少しずつですが確実に体に効いてきて、めまいはなくなり、膝の痛みなども和らいでいるとのことです。

また、お友達に聞いた話では、ある方が手術をしなくてはならない病になったそうですが、
手術をすること自体も、体に負担があって生命の危機にされされて悩んでいたそうです。
そこで、最後の望みをかけてこちらでの治療を行いましたが、すっかり治ってしまったこともあったそう。


さて、ワタクシの治療ですが、こんな順序で行われました。
d0222641_10445997.jpg

まず一番初めに、Dr.Leeの問診と脈診を受けました。先生とはタイ語と英語で会話をしていきます。
何がビックリかと言うと、Dr.Leeの脈診のすごさ! 脈診だけで今の体調の不調をすべてピタリと(@_@;)
何も話していないうちに、今の不調である「めまい」「頭痛」「吐き気」の症状と原因が何かと言うことや
私の出産回数やら流産をしていること、帝王切開や手術の回数までピタリと分かってしまいました!
お友達もこちらで見ていただいた方がいるのですが、生理周期までピッタリ分かってしまったそう。


また別のお友達も、最近ずっとめまいがしたり、ふらふらしたりするので、
「メニエール病」ではないかと病院で検査をしましたが、どこにも異常がないと言われてしまったそう。

そこでこちらを訪れてみると、彼女もワタクシと同じで、理由は「忙しさからのストレス」と。
二人のお子さんの毎日の学校への送り迎えや、習い事や塾への送迎、いつも頑張っている彼女ですから!
そして「Too much thinking」と言われたそう。先の見えない駐在生活、いろいろと心配は尽きませんよね。
彼女も少しずつですが体調がよくなり、自分をいたわる大切さを感じてこちらに通って癒されているようです。


次に、それぞれの体調にあった治療方法を決めて行き、治療を実際に行っていきます。
d0222641_17154138.jpg

階段を登って行くと、2Fはお灸と鍼などの治療を行うスペースが。
d0222641_17482875.jpg

ここで中国のハーブ類を使ってお灸を作っていらっしゃいます。もぐさに生姜も入っているようでございます。
このハーブが体の中の毒素を排出、血行の循環をよくし、しいては病気からの回復へとつながります。
d0222641_17171766.jpg

このような長いお灸を背中やお腹に乗せていくのです。

体にはメインの陽のチャンネルが6つ、陰がチャンネルが6つあるそうです。
陽のチャンネルはリンパ、頭、顔、鼻などの外側、陰のチャンネルはその真裏に位置するようでございます。

陽の大切な28のポイントのうち、背骨の上を沿うように16個があるそうで、エネルギーや活力を与えるそう。
また陰はその反対で、大切な24のチャンネルのうち、大切なもの15個がお腹にあるそうでございます。

そしてこの陰陽のバランスが崩れると、体にも不調が起こってくるのですよね。
その部分にお灸をすることで気の流れをよくし、陰陽のバランスを整え、体の循環をよくするよう。
そして体だけなく、心と体のデトックスも促してくれるのです。
d0222641_17491340.jpg

こちらは使い終わったお灸。「せんねん灸」を想像していたので、最初はこのお灸の大きさにビックリ!
このもぐさが燃えるときの香りが人を癒し、また深い眠りへと誘ってくれるそうでございます。
d0222641_20544637.jpg

初診の日は相当悪かったのか、背中だけでなく、お腹側もお灸をしていくことに。
背中側を1・5時間、お腹側を1.5時間と、お灸の時間もかな~り長~いのですが知らぬ間に熟睡を♪
熱く感じることもありますが、この間に中国のハーブが体の中に浸み込み、体の新陳代謝や循環を促します。


そしてワタクシ、「今の体調は相当悪くて、本当にマズイ」とのことで、急遽、先生の判断で鍼を打つことに。
ストレスが肝臓に行き、その熱が頭に上がり、脳を押して頭痛、そして吐き気を起こしているのだと。
あ~、やっぱり、心身ともに少しハード過ぎたと思っていたところだったからなあ。
OL時代もあるプロジェクトで体を壊したのですが、体調に現れて来るのは私の場合、いつも後なんです。

そして考えてみると、表現は違うけれど、やはりヤニンさんのヒーリングで言われたことと同じでした。
これがひどくなると。。。いわゆる、くも膜下出血や、脳溢血などを引き起こすのでしょうね。


ここからはもちろん映像はないのですが(^_^;) 頭を4パーツ、合計20か所ぐらい鍼でブスブスと(>_<)
この痛さは、正直言って、出産よりも痛いのではないかと言う痛さでございました((+_+))
「バンコク駐在員妻、鍼にて死亡」。。。と言う新聞の見出しが、こんな時にも頭をよぎったワタクシですが(笑)
「やっぱり。」と先生の声が。  「頭に熱が沢山こもっているから、鍼で穴をあけて外に逃がしたんだよ」と。
そういえば、偏頭痛のようにいつも痛くなる部分が、一番刺されて(死ぬほど)痛かったんです。

しかし、人間の体は不思議なもので、あんなに痛かった(そして、ちょっと流血もした)頭でございますが
背中にも使い捨ての鍼を打ってもらって(入れてもらう時は結構痛いのですが、その後は全然大丈夫)
終わったあとは、不思議に目の奥や額が、スッキリと明るい感じがしたのです。
ちなみに、ブスブスとされたのはワタクシだけで、友達はそんなことはなかったようなのでご安心を(^_^;)


翌日、会った人たちの全員から「目がいつもよりキラキラしてるけれど、なんかした?」と(笑)
やっぱりバンコクだから、整形でもしたと思われたのかな?(爆)
Dr.Leeにこの話をすると、「肝臓が癒されて、肝臓に繋がっている眼の曇りもとれたのだ」と嬉しそう(^_-)
時々、目の奥からずき~んと倒れこむような痛みがあったのですが、それが肝臓、ストレスからだったなんて。

そして先生が言うには、私の肌の黒さ(これは、日焼けもあると思うのですが)も、肝臓から来ているとのこと。
それってお酒で顔が土気色になっている、酒飲みオヤジと一緒ではありませんか!(爆)
さらにストレスが減って、体の代謝と循環がよくなり肝臓や体が癒されると、肌ももっと白くなってくるのだそう。
このところ、どうにもこうにも体重が増えてきていて「毒素がたまっているな・・・」と自覚していたところでした。
ホワイトニング、美肌、ダイエット、本当に「健康美」は外からだけでなく、やはり体の内側と心から。
インナービューティとは、まさに言葉の通りですね。


次の回からは、肩と首の異常なコリに効くように鍼を打っていただきながら、のんびりと背中にお灸を。
終わった後には、先生の痛~い肩へのマッサージと、ガキッと音がするほどの首と顎の整体が(笑)
首の頸椎が捻じれているのだそうですが、実は以前にムチウチをして、顎関節症も持っているのです(^_^;)
「先生、痛~い」と日本語で悲鳴を毎回あげますが、「ダイジョウブ、ワタシハ イタクナイカラ」とお返事が(笑)
確かに1週間通って、めまい、頭痛はなくなり、回らなかった首が柔かく動くようになってきました!


私は先生の脈診によると、今はとてもひどい状態なので、1週間は毎日通って来るようにと言われ
すぐに他の予定を優先してしまうワタクシですが、この時はちゃんと通い続けました。
お灸は1時間半もかかってしまうのですが、鍼だけなら30分ちょっと、それだけでもいいから毎日来なさいと。
ちなみにお灸は各2,500Baht、鍼は先生のお気持ちで無料だったんです。
d0222641_21485528.jpg

こちらは処方していただいた生薬のお薬。冷凍庫にしまって、朝、晩と毎日飲み続けました。
3cmもあろうかと思いますが、まさに「良薬、口に苦し」(^_^;)
或る晩、突然に夜中にくるくると天井が回り、どうしようもなくなった時に主人にお願いして
先生の言われた通りに口に入れると、ふっとめまいが止まったりもしたんですよ!


そして、何よりもこちらのスペース、心も体も癒されるのです。
d0222641_18253820.jpg

スクンビットという喧噪の多い土地であるにも関わらず、日常から切り離された気持ちにさせてくれます。
d0222641_17502542.jpg

この日の治療は、午前・午後にまたがっていたので、こちらのスペースでお弁当までいただいちゃいました♪
d0222641_17521931.jpg

じんわりと岩盤浴のように汗がにじんだ体が、ここちよい自然の風で癒されていきます。
窓も締め切ったままのバンコクでの生活が、どんなに体と心によくないのか実感する時です。
やはり一年中クーラーでの生活は、陰陽のバランスを崩してしまうそうです。
しばらく食欲もなかったのですが、この日はこちらでいただいて、ちょっと元気になってきました!
d0222641_18223817.jpg

ある午後だけの日は、こちらで「かぼちゃのお汁粉」を、タイのおばあちゃんたちといただきました♪
ここでの世間話も、なんだかとっても「ほんわか」していて、ほっこりと心が癒されるのです。
東京のインターでも韓国のママたちが作ってくれましたが、抗酸化作用もあって美肌や風邪にもよいのです。
ほんのりした甘さが美味しい、かぼちゃそのもの優しいお味でいただきます。

先生曰く、この場所に来て、いつもの日常と隔離されることで、
何も考えず、そして自分を取り戻す、そんな時間とが場所が必要だとのこと。
すぐ近くにある場所なのに、時間が止まったような異次元にいるような空間は、心もとっても癒されました。


お灸や鍼は、やはり効果がじわじわと効いてくるようなので、薬を飲むのと違って時間もかかるようですし、
人によっても効果が出る、出ないがあるのかも知れません。
正直、回を重ねるとお値段もそんなに安いものではなく、こちらの場所もちょっと不便な所ですが、
体調がよくなっただけでなく、自分の体、そして心と向き合い、今までの生活を見つめなおした上で
今後のLife Styleのあり方を考え、心身共にデトックスになったことが一番大きいことだったかも知れません。

ベジフルビューティ、薬膳、そしてマクロビを勉強し、「食」には気を使っている方だと思っていたのですが、
自分が体調を崩してしまったからこそ、「食」と「健康・美」、そして「心」のつながりを改めて実感出来て、
ずっと考えていた「新たな出発」となるきっかけとなり、一歩を踏み出す決心ができました。


私のように、「疲れ知らず」、そして「ストレスを自覚しない人」こそが、実は一番危ないようでございます。
子育てなどに大変な奥様、そして働き盛りのご主人様も、きっとこんな方がいらっしゃるのでは?と思います。
慌ただしい毎日から、本人も気が付かないうちにストレスがたまり、それが体への不調へと導くことも。
「すでにいっぱい、いっぱいな自分」に気が付いてくれないので、最後に体へのサインとして現れることも

土日は男性も多くいらしていたので、お仕事で疲れているご主人様方こそオススメの場所かとも思います。
決して甘~いプレゼントではないですが、こんなValentineのプレゼントもいいかも知れませんね(笑)




「漢灸(Han Jiu)」
32/1 Sukhumvit 39, Sukhumvit Road
Tel:02-712-6861
時間は朝9時から、終わりの時間は夕方まで。先生に電話で確認した方がよいと思います。
月曜日休
Mapはこちらから♪
d0222641_21571944.jpg

by treasure-bkklife | 2012-02-14 07:02 | Daily Info in BKK

Valentine Day 2012

今年のValentine Dayは、残念なことにパパは出張中。
娘が「パパとお兄ちゃんにチョコレートケーキを作りたい」と言うので、週末に一足お先にValentine Dayを。
d0222641_8491186.jpg

娘が選んだテーブルクロス。赤でValentine気分を盛り上げたいところなのでしょう(笑)
ママ的には、黒や茶の無地でもっとシックに行きたいところですが、今日のリーダーは娘ですから(^_-)
その分、お花は赤いバラだけで統一して、クロスの上にもバラの花びらを散らして。
d0222641_8454719.jpg

このガラスの器はUnion Victorsで購入したもの。
実は下の部分にバラの花びらをしのばせて、テーブルコーディネートとリンクしてあります。
こんな風に季節や行事によって、「桜の花びら」などイメージするものを入れてもよいかと。
ここに氷を入れて、冷たいスープをお出ししたりするのも便利ですよね♪
d0222641_8501951.jpg

ステンレスのプレートもSala Stainelessのもの。バンコクではお安く食器類が手に入るのも嬉しい❤
今日はグラスに「ピーコック」 くじゃくの羽をイメージした折り方をした、ナプキンを入れてみました。


ところで、バレンタインデーの由来はご存じですか?
西暦1207年2月14日、ローマの皇帝クラウディウスが結婚を禁じたのに反抗して
処刑された「聖人バレンチヌス」を祭る日に由来しているそうです。

当時の皇帝・クラウディウスは、軍事力としての兵士らに家族ができると「士気」が弱まると考え
結婚を禁止していたそうなのです。
しかし、キリスト教の司祭であったヴァレンチノ(バレンタイン)が皇帝に秘密で
若者たちの結婚を行っていたため、皇帝は怒ってヴァレンチノをローマ宗教に改宗させようとしました。

ところが、ヴァレンチノは「愛の尊さ」を説いて皇帝に抵抗したため、2月14日に処刑されることに。。。
その後、後世の人々は、ヴァレンチノ司祭のその勇気ある行動に感動して
「聖バレンタイン」として、彼を恋人の守護神としてまつるようになったと言うことです。

そののち、バレンタインデーは、14世紀頃から男女の恋愛に結びつけられるようになり、
日本には戦後、アメリカから伝えられたといわれています。
商社の商戦もあり、日本ではチョコレートなどを女性から男性に送り、「愛の告白をする日」となっていますが
欧米では日本と異なり、花やケーキ、カードなどを大切な人、恋人や家族に贈る日となっているそうですよ♪


今回は娘が「自分でケーキを作りたい」と言うことなので、計量から何からすべて任せてみることに。
d0222641_982182.jpg

今回は「ガトーショコラ」に挑戦。どんどん混ぜ込んでいくだけなのですが、
メレンゲの立て方、そして生地の混ぜ方など、ところどころにポイントが。

途中で横目で見ながら「あれっ、ちょっとおかしいな~」と思っていたのですが、母はぐっと我慢の子(^_^;)
「あ・・・計量を間違ったなあ」と。生地の固さがいつもより固いようなので、きっと膨らまないだろうなあと。
でも、「失敗は成功の母」(笑)と、あえて口を出さずに見守ることに。
そのあと、どうやって盛り付けでリカバリーしようかと、こっそり頭の中で考えておりました。


その間に、母は他のお料理を作ります。
d0222641_9121586.jpg

今日のメインは「チキンのコンフィ」 油に様々なハーブ類を入れて香りをつけていくのです。
バンコクはお安く手軽にハーブ類が手に入るので、贅沢に使えるのが嬉しいですよね♪
d0222641_9134535.jpg

鶏肉を入れ、130度のオーブンで1時間ほど煮込み、その後、フライパンで外だけカリッと焼きあげるのです。
こうすると中はしっとり柔らか、外はパリっとしたチキンが出来上がります。


今回は、お料理もバレンタインデーを意識した「色」や「形」で構成しました。
d0222641_9201032.jpg

赤のパプリカを使った冷たいスープ。
トースターで焼いて皮や種を取ったパプリカを、炒めたたまねぎやじゃがいもと一緒にコンソメで煮込んで。
そのあと、フードプロセッサーでガーッとしただけですが、赤パプリカ本来のお味がストレートに味わえます。
d0222641_9224331.jpg

左は姫リンゴを見つけたので、ぜひ使ってみようと♪ 何しろアダムとイブの禁断のリンゴですから(笑)
中をくりぬいて、リンゴ、カッテージチーズ、トマト、アボガドなどと一緒に詰めてみました。

右はじゃがいものガレット。バレンタインらしく、ハートの形にしてみました❤
じゃがいもを細く千切りしたものを、ハーブ類、粉チーズと一緒に炒めて、塩・コショウで味付けをしたものを
ハートの型に入れて、オーブンでカリッとなるまで焼き上げました。
これはじゃがいもを水にさらさないのがコツ!さらすとでんぷん質がなくなって、くっつかなくなってしまいます。
d0222641_9463050.jpg

こちらはメインのチキンのコンフィ。なんと言ってもバレンタインならではの、ハートの目玉焼きがポイント(笑)
お野菜はオリーブオイル、バルサミコ、塩・コショウなのであっさりと味付けしておいて
この半熟の卵を絡ませていただきます。卵は生でも食べられるというフジ1近くの「にしむら」で購入しました。

目玉焼き、じゃがいものガレットには、100円ショップなどで売られているハート型を使っていますが
パンケーキなどもかわいく焼けるので、子供たちにも好評ですよ。


そして、おまちかね!娘が作ったケーキが登場!!!
d0222641_9332998.jpg

高さが出なかった分、バラのはなびらを周りにおいてカバー(^_-)
本来はぷーっと膨れてからしぼむので、真ん中あたりがパックリ割れるケーキなのですが
でも、材料は美味しいものを使っているので、見た目がちょっと違うぐらいは全然OK♪
d0222641_9361532.jpg

そして姫リンゴも残すところなく、アップルティにしていただきます♪
d0222641_94079.jpg

「ケーキ入刀!」(笑) パパと娘の初の共同作業でございます♪
何しろ、二人の嬉しそうな顔が一番ママも嬉しいです❤
d0222641_942549.jpg

盛り付けなども、娘にお願いしてみました。いつもママを見ているので、だいぶ上手にできるように。
パパと息子の「美味しいね~」「ありがとう」の言葉に、娘も満足気で嬉しそう(*^_^*)


私も小学3年生ぐらいから、一人で本を見てはいろんなお菓子や料理を作り始めましたが、
上手にできなくても、いつも家族の「美味しいね~」の言葉がとっても嬉しくて、お料理が大好きに。
いや、お料理自体が好きなのではなくて、みんなの笑顔、そしてその「おもてなし」が好きなんですよね❤

お料理好きな娘も、あと2か月でその歳に。。。毎日は慌ただしいですが、ほんとにここまであっと言う間でした。
「おもてなし」の気持ちを、母として娘にも大事に受け継いでいきたいなあ。。。そう思います。
by treasure-bkklife | 2012-02-13 09:42 | ホームパーティ
季節ものと言うことで、バンコクのチョコレートのお話をもう一つ。

先月、子供たちが学校の修学旅行に行っているときに、主人と久々の夜のデートを楽しみました(^_-)
その時に立ち寄ったお店の一つが、バンコクで一番美味しいチョコレート!と呼び声も高いこちらへ♪
d0222641_2239825.jpg

Shangri-La Hotel のShangri-La Wing ロビーにある、The Chocolate Boutiqueでございます。
d0222641_22575698.jpg

これ、全部、チョコレートで出来ていますから(^_^;) まるで本当にオブジェですよね!
d0222641_23361383.jpg

ガラスケースの中のケーキも、一つ一つが繊細で、いただくのがもったいな~い!

The Chocolate Boutiqueのチョコレートは、オーストリア出身のエクゼクティブパティシエである
フランク・ブラウン氏が奏でる、繊細で美しいプレゼンテーションのチョコレートを楽しめます。
ダークチョコレート、ビタースイートチョコレート、ミルクチョコレート、チョコレートケーキやペイストリーなど、
様々なチョコレート菓子と飲み物を店内でいただくことも出来て、また、テイクアウトも可能なのお店です。
d0222641_22455472.jpg

美しいチョコレートの芸術の数々が。まさに名の通り「Art of Chocolate」!
d0222641_2250448.jpg

この時はChinese New Year前とあって、干支のドラゴンを形どったチョコレートも。
d0222641_22533831.jpg

今日はちょっとした手土産をこちらで購入しようと思っていました♪
チョコレートという名の宝石を扱うように、一つ一つ丁寧に箱に詰めてくださいます。
d0222641_22515953.jpg

詰め終わったプラリネのチョコレートはこんな風に♪
北京から遊びにきた友達にもプレゼントをしたことがありましたが、その美味しさにに喜んでくれました!
d0222641_2323432.jpg

こちらのマカロンも美味しかった~❤ このボックスもオシャレで手土産にもいいですよね♪


そして、こちらではチョコレートなどの販売だけでなく、美味しいお茶と一緒にいただけるスペースが。
d0222641_2353558.jpg

こんな優雅なスペースで、こちらのチョコレートやケーキなどもいただけます。
d0222641_23344042.jpg

冷蔵のガラスケースの中には、見るも美しいケーキの数々が。
d0222641_2375237.jpg

そして、こちらではAfternoon Teaもございます♪
メニューによると、チョコレートのムースやプディング、チーズケーキ、ミルフィーユなど
見ているだけで、よだれが垂れそうな(失礼!)ラインナップではございませんか(^_-)

ChocolateのAfternoon Teaと言うと、The Sukhothai HotelのSalonでのBuffetも有名ですが
ぜひ、こちらのAfternoon teaにも来てみたいなあ❤


「The Chocolate Boutique」では、 2月4日から14日まで「Premium Valentine's Chocolate」として
今年のバレンタインの大切な人へのプレゼントに、プレミアムチョコレートを販売しているようです。
様々なお味の素敵なチョコレートを、シルクボックスに詰め合わせたロマンティックなギフトだそうです。
健康やカロリーが気になる方へは、なんと、シュガーフリーのプラリネもあるそうですよ!
大切な方への「本命チョコ」(古いっ?)にはいいかも知れませんね♪

「チョコレート中毒」 「Chocolate Lover」と、様々な呼び名が世界中であるくらい愛されているチョコレート、
そんな方も、きっと満足できるチョコレートに出会えるのではと思います❤



「The Chocolate Boutique@Shangri-La Hotel Bangkok」
Lobby Level, Shangri-La Wing
89 Soi Wat Suan Plu
New Road, Bangrak
Tel: (66 2) 236 7777
8am - 11pm
Dress Code:Smart casual
Smoking Policy:The Chocolate Boutique is the non-smoking area.
by treasure-bkklife | 2012-02-12 23:26 | Daily Info in BKK