子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2012年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

Royal Project 43

昨日は野菜ソムリエコミュニティバンコクの、夏休み明けの最初の活動日。
すでに、次のセミナーへとメンバー一同、始動しております!


さて、今日の勉強会のあとは、もっと自分たちの「引き出し」を増やすためにと
さらなる勉強も兼ねて、昨日から開催されている、気になるイベントへGO!
d0222641_20393795.jpg

Central Worldで行われている Royal Project 43でございます。
こちらはバンコクにあるCentral Worldが、ロイヤル・プロジェクト財団と共同して行うイベント。
お昼過ぎでしたが、多くのタイ人の方で一杯でした~~


ロイヤルプロジェクトは、日本人の駐妻の間では「王様プロジェクト」と呼ばれることも多いようですが
野菜をはじめとする食料品、衣料など様々なものを、大手スーパーなどで購入される方も多いと思います。
クオリティを重視した製品をタイより産出すること、そして、貧しい人達を助ける事を目的に
農業や食品加工分野に新技術を取り入れることで、国を発展させようとタイ王室、王様自らが主導され
バンコクのチットラダー宮殿の一画には、プロジェクトのモデル農場やミニプラントがあるそうです。

このロイヤルプロジェクトは、1969年に現プミポン国王がタイ北部を旅行した際に、
違法なアヘン製造につながるケシ栽培をしているのを見て、国民が農業によって自立した
よりよい暮らしができるようにと、援助を開始したのが始まりだそうで
今ではロイヤルプロジェクトはプミポン国王だけでなく、王妃や王子、王女がそれぞれプロジェクトを施行して
食品だけでなくシルク製品、民芸品などの普及によって貧しい人々の自立の手助けをしているそうです。

プミポン国王はタイ全土を自ら視察して回り、その土地にあった農作物を選ぶことから始め、
その栽培方法の指導から、それを利用した製造加工方法など、市場に出回るまでをトータルに指導して
農民の方が利益を得え生活を支えられるよう、様々な側面から指導を行ってきたそうなのです。

タイでは映画の最初のコマーシャルの間に、タイ国王の歌が流れて、全員起立をします。
子供たちも学校で習ったその歌が大好きでよく口ずさんでいて、こんな場面でも一緒に唄うのですが
私などはこの「国王の歌」と共に、プミポン国王が国民の方と接している画面が流れると、
その映像から感じ取られる、国王の国民に対する愛情の深さに、思わず込みあげてくるものがあるのですが
( 歳をとると、涙もろくなってくるのでございます(^_^;) )
こんなところにも「国民を思い、そして国民から愛される国王」の姿が浮かびあがってきますよね。


ロイヤルプロジェクトの商品と言うと、チャトチャックにも近いオートーコー市場が思い浮かぶのですが、
邦人が訪れるFujiスーパー、Gourmet Market、Villa Market、Tops、Big Cなどでも販売されているので
このマークを見かけたことがある方も多いと思います。
d0222641_213864.jpg

こちらのパッケージが、ロイヤルプロジェクト ブランドです。
高品質の安心できる食品と、商業の発展を目指してつくられた王室主導のタイオリジナルブランドです。
d0222641_2143551.jpg

最近ではこういうパッケージに入れて売られていることもありますね。
タイ野菜だけでなく、トマト、ナス、パプリカ、キュウリ、トウモロコシなど、日本と同じ種類のようなお野菜が
新鮮でお安く手に入るので、私もよく買う野菜の一つになっていますが、こちらでも販売しております。
d0222641_21474773.jpg

かぼちゃも日本カボチャ、バターナッツ、金糸瓜など、いろんな種類が登場!
オレンジのかぼちゃは「赤皮甘栗かぼちゃ」という、ルーツは西洋系のかぼちゃだそう。
お姉さんが手渡ししているバターナッツは甘みがあって濃厚なので、パンプキンンスープにしても好評です♪

これだけ多くの種類のかぼちゃを、バンコクで一度に見ることが出来るのは、なかなかないかも知れません。
品種によっても若干違うと思いますが、かぼちゃに豊富に含まれるカロテンは肌や粘膜、目を丈夫にして
免疫力を高めてくれるので、冬至の時には風邪をひかないよう、冬場を乗り切るための重要なビタミン源。
ビタミンEは血行を促進し体を温めるので、冷え性の改善に効果もあるとされています。
カリウム・ビタミンC・ビタミンB1・ビタミンB2・カルシウム・鉄なども含む、優秀野菜なのです。


そして、こちらのイベントでは「こんなロイヤルプロジェクト商品、見たことなかった・・・」と言うものも発見。
フレンチやイタリアンを作る際にも使いたい西洋野菜などは、輸入ものもあるのですがとてもお高いので
安心で価格も割とお安い、ロイヤルプロジェクトのものがあるととても嬉しい❤
d0222641_21524157.jpg

西洋野菜のコールラビ。トイツ語で「キャベツのかぶ」を意味するそうです。
大きな茎の部分には、キャベツの芯の部分に似た甘みがあって、硬い皮を剥いて生食にするほかに
スープにしたり、他の野菜と煮込んだり、マッシュポテトのようにゆでてつぶして食べるそうですよ。
d0222641_2154278.jpg

見た目はちょっと「ふき」に似ていますが、イギリスの絵本でもよく登場する「ルバーブ」
西洋では甘く煮て、お菓子のフィリングやジャムなどにして、つけて食べるのもよくみかけますよね♪
酸味はかなり強いようなのですが、生食もできるようで、薄く切ってサラダに加えてもよいようです。
このお菓子のイメージが強い「ルバーブ」ですが、漢方薬の大黄の一種で整腸作用があるようですよ!
d0222641_1050437.jpg

ビーツは日本は馴染みがが薄いのですが、欧米諸国や西アジア、北アフリカでは日常的に食べられます。
アクが強く土臭いので苦手な方も多いようですが、ロシア料理の「ボルシチ」などはとても美味!
皮つきで自らふたをして、しっかり茹でたり、ホイルに包んでオーブンで焼いてもよいそう。
ポタージュスープやポテトサラダに入れても、キレイなピンクに染まるので、ちょっとかわいらしい一品に❤

そして、こんな嬉しい果物も発見!
d0222641_10562116.jpg

小ぶりですが、イチジクです!タイで生のイチジクがいただけるのは嬉しい❤
購入したお友達によると、日本の甘さにはまだ敵わないものの、昨年より甘みが増していると言うことです。
「いちご」なんかも、この4年でだいぶ美味しくなってきたと思います。タイの農家さんも頑張っていますよね!

イチジクは不老長寿の果物といわれるほど、実も葉も薬効と栄養価が高い果物だそうです。
血液をきれいにし、美容にも効果を発揮し、胃腸病にも効能があると言われています。
また、フィシンなどの多くの酵素と、血中コレステロール値を下げるといわれる水溶性食物繊維、
便通にもよく、大腸がんの予防作用があるといわれる不溶性食物繊維の両方が含まれているので
腸のはたらきを活発にするため、便秘改善、整腸作用と消化促進作用を期待できます。

そのまま食べてももちろん美味しいのですが、イチジクに田楽の味噌を乗せて一緒にいただいたり、
ゴマ和えやゴマソースを添えていただいても美味しいですよ♪
d0222641_11154196.jpg

柿もロイヤルプロジェクトで発見しました!
バンコクでいただく柿、中国からの輸入も多いようですが、ちょっと渋いことも多いのでこちらに期待したい♪
柿と蕪のスライスをちょっと塩もみして、マヨネーズに醤油、わさびを混ぜたものと和えると美味しいんです!
蕪もロイヤルプロジェクトの商品として売られていますが、だいぶ大振りのものを見かけるように。

柿の渋みのもとはタンニンで水溶性のため、渋柿などはそのまま食べるとやはり苦味を強く感じることも。
タンニンにはアルコール分解作用があるので、二日酔いの朝は柿を食べるとよいそうですし
そのほか、ビタミンCやβ-カロテン、食物繊維も豊富なので、女性にも嬉しい果物ですよね。
d0222641_1145114.jpg

私も大好きなパッションフルーツ。この甘さと酸味がなんともいえないトロピカルフルーツです。
「酸味が強くて・・・」と言う方、この写真のようにツルツルのまま食べてはいませんか?
実はパッションフルーツは「シワシワになってから」が食べごろなんです!
ぜひ、常温で追熟させてみて下さい。酸味が抜けて美味しいパッションフルーツになりますよ♪
お醤油などと合わせてお肉のソースにしたり、オリーブオイルも加えてドレッシングにするのもオススメです!

豊富なβ-カロテンが含まれるので、老化防止、視力保持、、そしてカリウムも多く含まれているので、
高血圧予防や心筋梗塞予防にも期待できそうですし、血管を広げて血液の流れをよくするナイアシンも。
また妊活中の方にも嬉しい、胎児のDNAを形成する働きを促進する葉酸も。
葉酸は妊娠する前から摂取することが大切なので、サプリからだけでなく、果物からも摂りたいですよね!


そして、我が家でもよく登場するのがこちらの野菜たち。
d0222641_8523541.jpg

日本では結構なお値段のディル。欧米では家庭で栽培されることも多いそうです。
タイでは「パクチーラオ」と呼ばれ、生で食べたりスープにいれたりするそうですが、
我が家ではスモークサーモンや、魚のソテーと合わせたり、じゃがいもとも相性がよいのでポテトサラダにも。
茎の部分は他のお野菜とくたくたに煮込んで、ミキサーでポタージュなどにしても香りがよくて美味しい♪
d0222641_21563941.jpg

ちょっと苦みを感じるので、苦手なお子さんも多いかもしれませんが「ルッコラ」です。
トマトとの相性もよく、パスタにフレッシュなトマトと一緒に和えたり、ピザの上に乗せて登場させることも。

栄養的にはカロテンやビタミンCなどのビタミン類や、カルシウムなどのミネラル類が多く含まれていて
ビタミンCやカルシウムなど、ほうれん草より高いそうなので、もっと積極的にとりたいなあと思います。
他にもパッコム、カナなどの、いつものタイ野菜ももちろん登場してますよ♪



お野菜だけでなく、他にもいろんなロイヤルプロジェクト商品が販売されています。
d0222641_21585743.jpg

お豆もキドニービーンズ、大豆、黒豆、ささげなども沢山あって、豆好きなので沢山買い込んでしまいました!
たくさんの量がお安く買えたささげ、季節はもうすぐ秋ですから、子供たちと一緒に「おはぎ」を作ろうかな~♪
d0222641_9234653.jpg

玄米なども販売されておりますが、真空パックになっているので暑いバンコクでも保存に安心ですね♪
d0222641_9244686.jpg

アロマセラピーで使われる「精油」 なんと一本80B(約300円)なり!
こちらの精油の品質は、バンコクの日本人に知られていた日本人の先生もオススメだったとのことです。


一時帰国などのお土産にもよさそうな商品も。
d0222641_927823.jpg

このドイ・カムのコーヒーは有名ですよね!カフェなどでもよく使われているコーヒー豆です。
d0222641_9284899.jpg

お茶もその場で試飲できました。
日本でも人気だと言う「アマチャヅル茶」 苦みがあるのですが、飲んだあとに甘みが口の中に広がります。
古くから日本を含むアジア各地で自生しているそうですが、「高麗人参」よりも多種類のサポニンが含まれて
高い鎮静作用があるために、ストレス解消・緩和に効果的だそうです。

また、ストレス性の疾患(胃潰瘍など)や、ガン、動脈硬化にも作用があるようですし、
コーヒーや紅茶などと違ってカフェインを含まないので、妊婦さんも安心していただけますね。


そして、「頑張ってるな~ ロイヤルプロジェクト!」と思った、新しいこんな商品も!
d0222641_9472446.jpg

ビーツ、にんじん、ほうれん草を練りこんだパスタや、セミドライドトマトなども販売中♪
こんな商品、今まで見たことないかも・・・と、メンバーたちもビックリ!
d0222641_9492662.jpg

冷蔵保存のグリークヨーグルトや、フェタチーズなども。
この後、学校で懇談会がなかったら、ぜひ購入して帰りたかったな~
d0222641_9515240.jpg

オリーブオイルに漬けたフェタチーズなども。ワインのおつまみや、ちょっとしたおもてなしにも役立ちそう!

野菜などの食品は、セントラルワールドの1Fのホールのイベント会場に多くおかれてありましたが、
他にも花や植木などいろんな商品が。ローズマリーやミントなどの苗も買いたかったなぁ・・・。
2Fにはドイ・カムで名高いマカデミアナッツや、文房具、バッグなど、いろんなロイヤルプロジェクト商品が。
今日はあまり時間がなくてゆっくり見られなかったのですが、他の売り場も沢山の方で賑わっていました。


ちなみに、ロイヤルプロジェクト製品は無農薬やオーガニックではありません。
無農薬ではリスクが大きく、利益が農民に還元できないために勧められないからだということからですが、
動物の排泄物やたい肥などをできるだけ利用した循環型農業は推奨されています。

また、ロイヤルプロジェクトの製品はすべてにおいて品質表示を徹底させることがルールとなっていて、
製造日、賞味期限、保存方法、内容量などが正確に記載されているのも安心の一つ。
それ故、安全で高品質なものとして国民からも支持され、製品を買うことでプロジェクトに参加しているという
消費者の満足感も購入される理由となっています。

国民の生活の向上を支援し、この活動で得られた売上は生産者に還元される上に、
プロジェクトを支える研究資金に充てられると言うので、私も積極的に応援して購入していきたいと思います。
d0222641_9582419.jpg

そんな思いから、こんなに購入しちゃいました~(^^)/
まだ使ったことのないお野菜も手に入れて、実際に試してみるいいチャンス♪
品質の保証された製品を上手に使って、我が家の中でも「タイの恵み」を還元してきたいと思います!


私のつたないタイ語が間違っていなければ、9月3日(月)までイベントは開催されるとのことですが、
まだまだ続く「Royal Project 43」 ぜひ、足をお運び下さい~♪


「Royal Project 43@ Central World」
8月28日(火)~9月3日(月)
ZoneC のCentral Courtあたり
d0222641_1042348.jpg

Central World へのMAPはこちらから♪
d0222641_10435256.jpg

最寄駅のBTS Siam & Chitlom駅からCentral Worldへは、スカイウォークでつながっております。
by treasure-bkklife | 2012-08-30 11:46 | 野菜ソムリエ

Antonio's

学校が始まったばかりなので、子供たちの雑多な用事に追われております~(^_^;)

皆さんも同じでは?と思うのですが、子供が学校から帰って来た後の時間のやりくり、大変ではないですか?
学校から戻る時間と、習い事の時間との綱渡り(^_^;) 渋滞が酷いバンコクでは、ヒヤヒヤすることも。
年度始めにきちっと設定しないと、泣く羽目になるのはママだったりするので、計画はお早めにです(笑)



さて、一つ前の記事に引き続き、もう一つ、バンコクでオススメのイタリアンがありました。
ちなみにこちらも送別会。今回は何人友達を見送ったことでしょう・・・(;_:)

この日は「バンコクのイタリアンなら、ここ」と言う方も多い、こちらのお店をチョイスすることに。
こちらも夜のみの営業なので、大義名分の送別会でやっと来れて嬉しい(笑)
d0222641_2325967.jpg

スクンビット31にある、Antonio'sでございます♪
パクソイから左手、スクンビット29に左折する角がこちらのお店になります。
d0222641_23265959.jpg

1Fは雰囲気のあるお席が、入口から続きます。夜、暗くなると、お店はもっとムーディーな雰囲気に。
d0222641_23283147.jpg

その奥には、爽やかな中庭のお席が。ファラン(西洋人)の好きそうな雰囲気のお店です。
d0222641_2331766.jpg

私たちは2Fの個室を予約済み。やっぱり送別会とあって、いろいろ話したいことも山ほどですから(^_^;)


Antonio'sですが、シェフは「イタリアンのカリスマ」と言わしめているほど、人気の高いレストラン。
実は小さいながら、いつも満員のイタリアン、スクンビット31から23に抜ける道にあるAntonioが
同じソイであるスクンビット31のパクソイ寄りにもう一つ開いた、一軒家のレストランなんです。
御隣が「あいはら屋」の方が「Antonio」で、こちらのお店が「Antonio's」と、よく見ると名前が違うんです!

バンコクで有名なシェフ、アントニオ・アルメロ氏の一軒家の素敵なレストランですが
南イタリアに生まれて、両親や家族から育まれた愛情を料理へと昇華されているお料理。
彼のお料理は家族のイタリアのルーツでもある南イタリアのプーリア、そして両親の味のモルフェッタだそう。

こちらでもてなされる伝統的なイタリア料理は、寛いでホスピタリティに満ち溢れた空間で・・・と
訪れた方の「特別な場所」になるようにと、空間にもこだわっているレストランなんだそうです。
d0222641_23323977.jpg

こちらのメニューにも「Cooking is All Passion」と謳っているほどですから、
その情熱を込められたお料理の数々、いただくのがとても楽しみです♪
こちらのお店もTrip Advisorでの票も高く、Thailand Tatler Best Restaurantsのお店ですから!


サービスのタイ人の方も、ほんとニコヤカでオススメ上手!
d0222641_0303731.jpg

お勧めはこちらの大きなオージービーフとのこと。送別会だもの、ど~んと行っちゃいましょう!と言うことで。
さて、どんなお料理として登場するのか、とっても楽しみ❤

d0222641_0252684.jpg

送別されるKちゃんの雰囲気に合わせて、まずは淡いロゼで乾杯~ こちらはもちろん、ワインも豊富です。 
こう書きながら、自分の時は「どんな色?どんなものになるのだろう・・・」と、ちょっと心配中(爆)
d0222641_23413717.jpg

コンプリメンタリーのパンも、おいしいものばかり!これだけで、ワインがどんどん進んでしまいます(^_^;)


今日のお料理は、お店の方のリコメンドに沿って、選んだものばかり!Antonio'sの名物料理が続きます♪
d0222641_2343598.jpg

Home-made Ravioli Filled with Porcini Mushrooms,
Topped with a Cream of Black Truffle Sauce
こちらのラビオリは、いろんな方のオススメがついている品。やはり期待通りの美味しさ❤
d0222641_2345272.jpg

White Asparagus Wrapped in Parma Ham,
Topped with a Cream Gorgonzola Cheese Sauce
贅沢なホワイトアスパラガスは、パルマハムに巻かれて登場。本音は、一本ガブリといきたかったな~(笑)
d0222641_0264265.jpg

Beef Carpacchio
タイでビーフのカルパッチョ???と、心配される方もいるかも知れませんが、全く誰一人として問題なし(笑)
とっても美味しくいただきましたよ♪
d0222641_0275156.jpg

今日はお野菜が少な目なので、せめてパスタは新鮮な野菜が入ったものをと。
ルッコラとエビのパスタ、こちらもモチモチ感がたまりませんでした♪

さて、お待ちかね!今日のメインの登場です!
d0222641_025697.jpg

Australian imported meats on the Grill
こんなに大きなお肉が美味しそうに登場~❤ みんなのテンションが上がりまくり(^^)/
d0222641_055355.jpg

おどけて「子供かっ!」と言うような、こんな一幕も(爆) でも、このお肉の大きさがよく分かるかと思います。
d0222641_1202774.jpg

お店の方がそれぞれ取り分けて下さって。ローストされたお野菜も一緒に。
いろんな方のコメントでも「この味なら、決して高くない」と評されていたこちらのお肉
やはり評判通りのお味で、オーダーして大正解でした!


お腹はいっぱいですが、やっぱりデザートは食べたいですから(^_^;)
みんなでシェアすることにして、オーダーしちゃいました❤
d0222641_032535.jpg

フォンダンショコラは、やっぱり最高!
最後まで美味しいお料理とワイン、そしてみんなとの楽しい時間に酔いしれた夜でした♪


ストレートに素材の美味しさを感じるお料理は、食べていてとても気持ちがよいものでした。
奇をてらわない伝統的なイタリア料理は、シェフのお人柄や家族への愛情が伝わってくるような気がします。
こちらのお店も、大事な人と素敵な時を過ごしたい時に、ぜひオススメしたいお店だと思います❤



「Antonio's」
26, Sukhumvit 31, Sukhumvit Road
Tel:66 (0) 2 662 1001
6.00pm until 11.00pm
Mapはこちらから♪ → 
by treasure-bkklife | 2012-08-28 23:37 | Italian@BKK
先日、バンコクに毎年旅行にいらっしゃっていると言う方から、嬉しいコメントをいただきました<(_ _)>
私の夏休みとは反対に、バンコクへと夏休みで遊びにいらしている方もいるんだ!と気がついて
せっかくご覧いただいていたのだったら、もっとUPしておきたかったお店が沢山あったのに~ と後悔中。。。

書き溜めてしまっているバンコク情報、写真を整理してみると、あらっ、まだ3月のものまでが・・(^_^;)
記憶が薄れないうちに、沖縄旅行記と一緒に少しずつUPしていこうと思います♪


これも「あれっ、まだUPしていなかったんだっけ?」と言う、素敵なお店なのですが・・・
4月に遡りますが、野菜ソムリエ仲間でも同期で、しかも同じ年のメンバーが本帰国が決まりました。
本当に寂しい限り・・・と、何度も送別会を繰り返したのですが(笑) ここは!というレストランをご紹介。
白人のお友達からも評判は上々で、一度は行ってみたい!と思っていたこちらへ♪
d0222641_1112056.jpg

ウィッタユにある、Plaza Athénée Bangkok, A Royal Méridien Hotelの3Fにあるフレンチ
The Reflexionsでございます。BTSだと、プルンチットが最寄駅になるかと思います、
こちら夜のみの営業なのでなかなか行くことが出来なかったのですが、子供はパパとお留守番です<(_ _)>


バンコクへの旅行は、もちろん「タイ料理」。安くて美味しいお店も沢山ありますが、
実は、フレンチやイタリアンも、なかなか!本場のシェフがいるお店も数多いのです。
バンコク在住者も、記念日に訪れたい「The Reflexions」、どんなお店なのかワクワクしています♪
d0222641_11281391.jpg

お店の中はモダンで、オトナ~な雰囲気が漂っています。みんなの歓声が上がったのも無理はありません!
d0222641_13562739.jpg

天井はまるでプラネタリウムのよう!ふわ~とした夢の世界が広がります。
子供たちも喜びそうですが、こちらはChild Policyがあって、8歳以下の子供はお断りだそう。
この優雅でモダンな大人の雰囲気も味の一つですから、食事を楽しむ他の方への配慮も大切ですよね♪
我が家は8歳を超えているけれど、残念ながらまだまだこの雰囲気はムリでございます~(~_~;)
d0222641_11225436.jpg

バーの灯りも美しく。キャンドルの使い方なども、ぜひ真似したいデコレーション。
d0222641_11241264.jpg

オープンキッチンも美しく、どんなお料理がここから生まれてくるのかとワクワクします(^^♪

こちらのThe Reflectionsは、周りでこちらを訪れた方からのリコメンドも高いお店ですが、
Wine Spectator Award of Excellence、Thailand Tatler Best Restaurantsなどでも
数々のアワードにも毎年輝いているお店で、Trip Advisor Certificate of Excellenceを獲得しています。
お客様にはロイヤルファミリーもいるそうですよ♪


今日は人数も多いとあってお席は予約済み。いつも多くのお客様で予約がいっぱいのお店だそうです。
d0222641_11253930.jpg

お店が開店した6時台は、まだ陽射しが差し込んでキラキラと。
d0222641_13572077.jpg

シックなテーブルセッティングも私好み。向こう側にも見えますが、ソムリエメンバー、カメラ女子多し(笑)


さて、今日はこちらのお料理とワインのマリアージュのセットをチョイス。
そのお料理に合わせてソムリエがセレクトした、美味しいワインをいただくが出来るのです。
メニューは週替わりで変わるということなので、何度行っても楽しめそうですよね!
d0222641_13574953.jpg

ハードで噛み応えがあるパンですが、噛むほどに口の中で甘さが広がります。
d0222641_13583316.jpg

まずは泡で乾杯~ このあと、白、メインのお料理でお肉は赤、お魚は白と美味しいワインをいただきます♪

こちらには、名門ホテル「リッツ・パリ」で腕を振るっていたシェフDaniel Bucher氏がおり、
欧米各国から取り寄せた食材で作った、本格高級フレンチを堪能できるということで楽しみ❤

まずはこんなサプライズが!
d0222641_1359234.jpg

試験管のような筒に入ったガスパチョのようなお味の、スープのようなジュース。
お花を飾る花器としても使われるこの器ですが、こんな風に使っても面白いですよね!

4月の話なので、それぞれのお料理の名前は忘れてしまっているのですが(^_^;)
美味しかったという記憶は強烈に残っております。

そしてアミューズの登場。
d0222641_13592848.jpg

ツナを使ったアミューズ。バルサミコのソースをつけていただきます。
このあたりでみんなの「このお店、当たりかも・・・」と言った、嬉しそうな雰囲気が伝わってきます(笑)
d0222641_13595349.jpg

こちらは白身魚のお刺身に、フレッシュな野菜が巻かれて登場。
このお皿を飾るような赤いものは、七味唐辛子のようなもの。
生のお魚、刺身にはこだわる日本人ですが、誰もが「美味しい~」と言った新鮮さ。


そして、お次はスープの登場。
d0222641_1401645.jpg

マッシュルームのスープ 
割と濃厚なマッシュルームのスープが多いのですが、こちらはマッシュルームの香りが生きていました。


お次は、シェフ自らの登場です!
d0222641_1404779.jpg

液体窒素?を使った、まるでエンターテイメント・ショーのような一幕。
ここでお口直しのスイーツを作り上げていきます。
d0222641_1413583.jpg

冷たいメレンゲのような一品は、口の中に入れると「シュワ~」っと溶けていきます。
この不思議な食感に、みんなのテンションはさらに上がりまくり♪


そして、メインのコースへと。
d0222641_142068.jpg

今日はお肉を選んだメンバーが多かった!もちろん、私もですが(^_^;)
野菜ソムリエと言えども、ベジタリアンとは限りません(笑)バランスが大切ですから。。。
こちらの柔らかで上品な盛り付けのお肉と、付け合せのお野菜の美しさ、まるでお皿に描いた絵のようです。
お料理に合う赤ワインも登場して、すっかり夢ごこちに。。。
d0222641_1422696.jpg

お魚もこんな素敵なスタイルで登場!こちらはキリッと冷やした白ワインと一緒に。


結構すでに皿数をいただいていますが、まだまだお腹は大丈夫。
バンコクでいただくフレンチは、このあたりでお腹がすでにいっぱい!となってしまうことも多いのですが、
わりと軽くて美味しいお料理の数々なので、まったく胃もたれなどがありません!


女子には「待ってました!」と言っていいほどの、お楽しみのデザートの登場です♪
d0222641_14318100.jpg

フォークを入れると、中の暖かいチョコレートがとろけ出し、もう気分は最高潮!
d0222641_1434487.jpg

ベリーのタルトも美しく。どこまでも美しいお皿の数々。。。
d0222641_145599.jpg

最後のコーヒーに合わせて、チョコレートまでが登場。本当に大満足な一夜でした。


バンコクには美味しいと言われるフレンチもいくつかありますが、みんな意見が一致したのは
「ここは、フレンチにありがちな重すぎて、ウッっとあとで来るような感じが全くない!」と言うこと。
私も何人かの西洋人、そしてフランス人のリコメンドで行ったお店が何軒かあるけれど、
正直。。。ちょっとヘビーかも。。。と思ったことも度々。。。

モダンでライトなフレンチは、誰にも、そして特に日本人には美味しく最後までいただけると思います。
「ここのフレンチが、バンコクで一番好きかも~」と言う声もあったほどの、本当に素敵なお店でした。


ランチの営業があればよいのですが、残念ながら夜だけの営業です。
The Reflectionsは通常のメニューだけでなく、様々なイベントがあるようです。
ぜひ、バンコクの素敵な旅行の記念に、嬉しい記念日などにも行ってみて下さいね♪



「The Reflexions@Plaza Athénée Bangkok, A Royal Méridien Hotel」
61 Wireless Road (Witthayu) · Lumphini
Tel:66 (0) 2650 8800
6.00 pm - 11.00pm (Closed on Sundays)
Dress Code:Smart Casual
by treasure-bkklife | 2012-08-26 23:30 | French@BKK
子供たちの学校が始まって1週間が過ぎ、最初の週末を過ごしています。
バンコクでダラダラと夏休みを過ごしてしまったせいか、久々の規則正しい生活が疲れたのか
「家でのんびりした~い」と言う、なまけものの子供たち(^_^;)
「だから、あれだけ言ってたでしょ・・・」、思っているのをグッと堪えている母でございます(笑)


さて、そんな子供たちも、今回の沖縄旅行は事前に自分たちでもあれこれ計画を立てたので
子供たちが嬉しいアクティビティが満載の旅、元気いっぱいでございました。
 
やんばる、沖縄北部に来たのには、もう一つ理由がありました。
幼いころよりパイロットではなく整備士、今では宇宙飛行士でなくロケットの開発と、渋好みの息子ですが、
将来の夢は「宇宙」に関するものらしく、星に関する知識は大人顔負け。
子供って大好きなものはとことん追及して、本も読み漁ったりするんですよね~

そう言えば、ちょうどこの時期、JAXAの種子島宇宙センターでロケットの打ち上げがあるな・・・と、
どうにか沖縄から連れて行ってあげられないものかと調べに調べたのですが、
どうやら、鹿児島や大阪からしかアクセスできないと判明。距離的にはとっても近いのですが。。

切り替えが早い母は、それならお楽しみはやはりNASAのケネディ宇宙センターまで取っておこうと、
では星つながりと言うことで(笑) 国頭村の天文台で星が見れないか・・・と、
JALオクマリゾートで行われている、エコツアーに参加することに。
(あれっ?タイトルと違うな・・・と思うでしょ?)


ところが、この日は残念ながら、連日の雨もあって雲が厚く星はどうやらぼんやりとしか見えない様子。
星のツアーは中止となり、その代わりにオススメされた夜の生き物ツアーに参加することに(笑)

JAL オクマ リゾートからほど近い、国頭村森林公園で、行われる「夜の生き物」ツアー
やんばるの森に生息する、貴重な天然記念物も見られるとあって、子供たちはウキウキ。
実は昆虫、爬虫類、両生類が大っ嫌いなワタシは、男の子の母になったサダメと腹をくくりました(笑)

d0222641_0365775.jpg

バスで現地へと向かいますが、思っていた通り、雨が降り出して残念。。。
と、思っていたのですが、これがまさに「雨降って地固まる」となることに。
d0222641_036435.jpg

雨の中、ツアーに参加されている方々と、懐中電灯で足元を照らしながら、傘をさして歩いていきます。
道は舗装されている中を歩くので安心ではあるのですが、やはり森林公園の中ですから
めったにないことですが、時にはハブと遭遇することもあるらしく、下をよく見て歩いていきます!

お天気によっても見れる生物が変わってくるようなのですが、
この日は雨が降ってきたとあって、雨が大好きな生き物たちの姿が沢山見れることに♪
d0222641_0253029.jpg

沖縄ならではのリュウキュウアカガエル。こちらも準絶滅危惧種なんだそうです。
d0222641_0522112.jpg

沖縄指定天然記念物である、絶滅危惧種のホルストガエル。ちょっと目がカワイイ❤
ガイドさんは毎日ここに来ているとあって、なんとそのカエルが、いつもと同じ子かわかるようです(@_@;)
d0222641_02743.jpg

この日は雨が降っていたせいか、ホルストガエルがたくさん出迎えてくれました!
ガイドさんも「一年分のホルストガエルを見た」とおっしゃっていたぐらい(笑)
絶滅危惧種なのに、そんなに沢山見れたなんて、(苦手なくせに)何だかとっても得した気分でラッキ~♪


沖縄をドライブしていると気づくのが、とてもダムが多いと言うこと。
沖縄の集落や平地は川に沿った低い土地にあり川が急激に増水しやすかったり、
雨が多いのですが、梅雨時や台風シーズンに集中するため、洪水が起こりやすいなどのこともあるそうです。

しかし、そのダムを作ったことで生態系が変わり、いままで「やんばる」に住んでいなかった
カエルが見られるようになった代わりに、従来の生き物が見られるようになったりしている面も否めないよう。
人と生物の共存って、やはり難しい問題なのだな・・・と思います。


夜の生き物、カエルだけでなく、もちろん(恐れていた・・・)虫たちともいっぱいご対面!
サツマゴキブリというのは、「いつものゴキブリと違って、キレイなゴキブリなんです」と説明を受けましたが、
「キレイ」と言われても、やっぱり見るのもイヤだった(^_^;)
d0222641_0285411.jpg

かたつむり・・・に見えるけれど、やどかり!こんな場所にやどかりがいるなんて、不思議~
どうやら貝殻ではなくてカタツムリの殻を、家にしたアイデアマンのようでございます(^^♪
d0222641_033767.jpg

ディズニーの映画「Bug's Life」で、初めてその名をしった「ななふし」 本物をみたのは初めて。
バナナの大きさにもなる「ナメクジ」もいたりして(>_<) 子供たちは意外に大喜びでしたけど(笑)


バンコクでもお馴染み、こちらの生き物にも遭遇。
d0222641_054425.jpg

名前は忘れてしまったけれど「イモリ」 しかも蛍光灯みたいにお腹が光るんです!
見慣れているはずなのにこんなところで出会うと、何か貴重なもののような気がするゲンキンなワタシ。。。

そしてツアーの最期には、こんな展開も待ち受けておりました。
d0222641_0305938.jpg

沖縄県天然記念物のクロイワトカゲモドキ。絶滅危惧種の一種だそうです。
ガイドさんも見ることはめったにないらしく、とってもテンションが上がっているのを感じました。


最後の最後、バスに乗り込んで帰ろうとした時に、思いもかけず、「蛍」までお出まししてくれたのです!!!
満点の星空を見れなかったのはとっても残念ですが、こんなにたくさんの貴重な生き物たち
天然記念物ものを、たくさん見ることができて雨に感謝!
・・・って、本当は苦手な母は、バンコクでも家の中に同じようなのがいるのにな・・・と思ったりも(^_^;)
でも、何より子どもたちがテンション高く写真を撮りまくり、嬉しそうな笑顔が何よりの宝物です。


沖縄のやんばるのエコツアーは、JALオクマリゾートだけでなく、いろんなところで行われているようです。
カヌーでマングローブの中を進んだり、やんばるの森林をトレッキングするような大自然を体験したり
地元の農家さんへ農業体験をしたりと様々なツアーが開催されているので、とても楽しめると思います。

また、この国頭村森林公園の中には、バンガローやオートキャンプ場、樹上ハウスなどの宿泊施設を始め
天文台、多目的広場などの施設もあって、ツアーでなくても楽しめる場所。
一昨年の北海道旅行では、富良野で夏休みの思い出にと、羊がいっぱいのバンガローに宿泊。
ジンギスカンを食べて、そして星空を見てとよい思い出ができたので、こんなエコな旅行もオススメですよ♪




「やんばるのエコツアー」
のんびりゆっくり沖縄自然体験エコツアー はこちら→ 
がじゅまる自然学校 はこちら→


「国頭村森林公園」
沖縄県国頭村字辺土名1094-1
Tel: 0980-50-1022
by treasure-bkklife | 2012-08-25 22:40 | Okinawa

大石林山

今日で、講座の5日間がやっと終わりました~(^^)/
d0222641_20104365.jpg

ベッカムやハリウッドセレブも訪れると言う、HuaHinにあるChiva-Som Resort。
そのトレーナーなどを育成するChiva-Som AcademyのSpa Cuisine。
無事にCertificateもいただいて、ちょっとホッとしております。体もやっぱりシンドかった~

自分は本当は何がしたくて、何が必要なのかが自分でも分からなくなってしまうことや
本当は必要でもないのに、頭で考えて「したほうがよい」と思ってしまうことってありませんか?
シェフや先生方に相談させていただき、今まで自分のやってきたこと、これからやりたいと思っていたことが
「こういうことだったのか!!!」と一気につながって、絵を描くように明確になったとっても充実した5日間でした。


今回の講座はなかなか日程などが合わずに、実は4年半もの間、受講できなかった講座だったのですが、
偶然に偶然が重なって、思いもかけず急に受講できることになったのです。
その間、栄養学を学んだおかげで質問も出来て、さらに授業内容も濃いものにすることが出来たので
「人事を尽くして天命を待つ」 本人にとって正しい道、時には、チャンスはちゃんとやって来るんだな・・・と。

お友達に言われて気が付いたのですが、これもこの後の話の「パワーの恩恵」にあやかったのかも(^_-)-☆
なんて言っても、ワットポーの占い師さんに見抜かれて「努力が足りない・・・」と言われているので(笑)
このパワーにあやかれ続けるように、苦手分野を克服すべく、地道に頑張って行かなくっちゃ♪


さて、今回の沖縄旅行ですが、辺戸岬からもう一つ、沖縄の北部「やんばる」で行きたいところがありました。

見かけは全くそう見えないであろうと自覚しているワタクシですが(笑)
幼い頃は信心深い曾祖母と一緒に暮らし、今でも実家の両親も神仏行事は大事に行っているので、
自然と神様、仏様は身近なものと感じており、子供たちも不思議と、見えないものの存在を信じているよう。

そんなこともあり、今回の旅行では「沖縄最大のパワースポット」と呼ばれる、
2億年前の石灰岩層が隆起し、今でも琉球の神々が降り立つと言うこちらへ行ってまいりました。
d0222641_0333130.jpg

沖縄北部 やんばるの森に広がる大石林山(だいせきりんざん)です。


大石林山の昔から聖なる地として伝えられるの山々は、先ほどの辺戸岬から眺める険しい姿とは違って
そこは亜熱帯の自然と触れ合う楽園のよう、心身ともに癒されるのを感じ取ることができる場所です。

島建ての神である「アマミキヨ」が降り立ち、沖縄最初の聖地の「安須杜」を創ったというこの大石林山は、
琉球王国時代には王家の繁栄、五穀豊穣、航海安全をこの地で祈りを捧げたそうです。

また、2億年前!の石灰岩層が隆起して、長い歳月をかけて侵食された四連の岩山は、
地元の古老たちは安須杜の四峰をシノクセ、アフリ、シジャラ、イヘヤと呼んでいて
この大石林山は聖なる地、イヘヤ、シジャラの杜をめぐる自然と対話する場所なのだそうです。

今もなお、四十箇所以上ある御願所(拝所)には、断崖絶壁や立穴の洞窟などの
非常に危険な場所にもつくられていることから、その信仰の深さがうかがえる場所なんだそう。
d0222641_2156558.jpg

この地は、琉球王国の物語である「テンペスト」や、映画「ゲゲゲの鬼太郎」もこちらで撮影されたとのこと。
学校の図書館で借りて以来「鉱物」に興味がある子供たち、2億年前の石灰層が見られるとあってウキウキ♪
d0222641_222164.jpg

こちらには体力や天候に合わせて、コースが4つ用意されています。
選んだのは難易度が下から二番目の「美ら海展望台コース」 展望台から美しい海がみえるはず・・・。


登山の入り口までは、マイクロバスで進んでいきます。この道がまた、険しいこと!
バスのまま、落ちるのではないかと心配・・・と思いつつも、やはり「歩かなくてラッキ~❤」とも(^_^;)
d0222641_911942.jpg

大石林山の中央にある精気小屋・テラス前で、子供たちがつかれてぐずぐず言い出し前にパチリ♪
水洗のトイレも完備されていて、店内ではソフトドリンク、沖縄ぜんざいなどを販売されていて安心。
d0222641_21305767.jpg

バリアフリーのコースは道幅3mと歩きやすいので、お年寄りや子ども、車いす、ベビーカーでも安心です。
d0222641_21324288.jpg

美ら海展望台コースは、クロックスでも何とか歩けるような山道。
トレッキングをする予定だったのに、母がスニーカーを入れ忘れていたことが判明(^_^;)
d0222641_9274313.jpg

こちらは悟空岩。中国の水墨画に出てくるようなその迫力ある景色に、鉱物が大好きな息子は大興奮!


この大石林山は2億年前(古生代)の石灰岩が、長い歳月をかけて雨水などにより侵食されてできた地形。
すり鉢状のくぼ地や、急速な溶食や侵食でできたタワー状の石灰岩台地、
そして石灰岩が溶食し、鋭く尖った丘の鳥帽子岩など、熱帯カルスト地形のさまざまな特徴が見られるそう。

最近では「沖縄最大のパワースポット」として知られる、この大石林山
d0222641_9315819.jpg

「パワースポット」がどこなのか、ちゃんと表示もしてありました。
d0222641_9351840.jpg

この場所は琉球の神々が初めて降り立った場所だそうですが、やはり凛とした違う空気が漂います。
凡人の私ですら何とも厳かな気持ちになり、神聖な場所なのだと言うことが伝わってきます。

そして、このパワースポットより東側の山は、神様が降臨したという神話の山。
太陽は神が降臨したというこの山から上り、ここの石林の壁にあたって
真下にあるパワーストーンに、エネルギーが集まるそうなんです。

凡人の私ですが、その場所でも何か強いエネルギーみたいな波動を感じたのですが、
実際、写真にはその映像がハッキリと!!!
d0222641_21373116.jpg

息子が撮った写真には、この石林から青の丸いエネルギーが降り注ぐのが映し出されておりました。
d0222641_22473562.jpg

そして、この「開運」の石から発せられる、黄色の強いエネルギーが見えるかと思います。
この岩はカルサイトと言って「成功と繁栄」をもたらす石だそうですが、もちろん家族全員で手を当てお祈りを。

今回、今まで何度も参加できなかった講座に参加できるようになったり、いろんなご縁が回ってきているのも、
友達からこのパワーがあったからなのでは?と言われましたが、思えばそうなのかも知れません!
皆様にもぜひ、パワーのお裾分けできればと思います❤


子供たちも喜びそうな動物の形に似た岩や、いくつもある様々な形の岩を見つつ、
どんどん上へと登っていくと展望台近くで、急に視界が開けました!
d0222641_22503438.jpg

美ら海展望台コースとあって、美しい沖縄の海が目の前に!神聖な場所で眺める海は、また一味違います。


そして、ここはパワースポットというだけあって、様々な石にはそれぞれ願掛けがされるようです。
d0222641_22522265.jpg

形もまさに「女性の骨盤」の「骨盤石」。女性特有の病気で悩む方が訪れているそう。
石に触れることで滞る血行をよくし、体調を整えるのだそう。
d0222641_225477.jpg

そして「輪廻・生まれ変わりの石」 
石の中を一回通り抜けると悪い過去を捨て、二回目でリセット、三回目で生まれ変わるとのことなのです。
先ほどの骨盤石と一緒に回ると、子宝にも恵まれるということだそうですよ♪

 
そして、さらに進んで「神殿」と言われる場所へ。
d0222641_95149.jpg

先ほどのパワースポットの東側の山々が天上界(神)なのに対し、
ここの場所である「イヘヤ」は人間の身近な地上界の四つの神々がお立ちになるそうで、
お願いする目的の神様を自分の感じる場所で目的を話し、その係の神様を呼びこんでお願いしするそう。

「血筋の神話」には、先祖の供養や子供たちの健康を。
「不動産の神話」には土地を買ったり、建物を建てたりする場合、土地と建物を清めてもらうことを。
 また、成功を祈願する場合もここにお願いするそうです。
「器楽の神様」には、楽器を作る職人が最高の声を奏でるようお願いし、演奏する人達は人々の心に届くよう
「食富の神様」へは、産業、漁業の関係者が豊作、豊漁をお願いし、レストランや食に関係する人々は
 大入りをお願いするということです。

自分で目的にあった神様を呼び込んで、お願いするというのは初めての経験なのですが、
それだけ琉球の人々は、神を身近なところで感じて暮らしていたのでしょうね。


そして、最後に別の場所へマイクロバスで連れて行ってもらい、日本一と言われるこちらを見学。
d0222641_21441756.jpg

御願(ウガン)ガジュマル これは一つの幹からなる樹のですよ!
やはりこの壮大なスケールに、命の尊さを感じずにいられません。
樹冠は日本一と言われるこのガジュマルの木。多くの方から光のリングやオーブが確認されるそうです。
d0222641_0295614.jpg

このガジュマルの木に魅せられ方も多く、松任谷由実さん、UA、堂本光一さんなども撮影を行っているそう。
この写真はユーミン。感性が高い方なので、感じるものも多いのだと思います。
私たちこの樹に見て触れて、「生命」のパワーを沢山もらった気がしましたから・・・。


沖縄と言うと「海」のイメージが強いのですが、こんな神聖で奥深い場所がいくつもあるようです。
森林浴のように沢山のオゾンのシャワーを浴びて、神様に見守られて歩く体験は素晴らしかったです。
ぜひ、こんな沖縄の姿も体験してはいかがですか♪




「大石林山」
沖縄県国頭郡国頭村宜名真1241
Tel:0980-41-8117 
4月〜9月   9:00〜17:00
10月〜3月  9:00〜16:00
年中無休
Mapはこちらから♪
d0222641_0554498.gif

by treasure-bkklife | 2012-08-23 22:44 | Okinawa

辺戸岬

5日間連続、しかも9時から16時まで立ちっぱなし・・・と言う学校も、今日で4日目を終了。

朝、主人のお弁当を作り、学校と会社へ送りだしたあとは、夕方は塾などもあるので、夕飯の準備・・・
宿題を見たりと「ママ」の仕事もあるので、なかなかブログの更新も出来ないでいたのですが、
今日はラッキーなことに、同じ学校でマッサージを習う方のテストのモデルになることに~(^^)/
真剣さが伝わって来ましたが、疲れた体に嬉しいプレゼント!あと1日、頑張る気力が湧いてきました♪


さて、オクマ二日目は沖縄北端に広がる「美ら海」と「やんばるの森」を体験することに。
ゆっくり起きた朝は、朝食で今日一日のパワーをチャージ!
d0222641_21133371.jpg

JAL オクマリゾートのサーフサイド・カフェで朝食を。外でいただくと海風を肌に感じ、リゾート気分がさらにUP!
こちらはワンちゃんと一緒に食事をとることができるんですよ♪
d0222641_21161283.jpg

オススメはこのオムレツ。国頭郡大宜味村の木酢玉子で作られたオムレツなんです。

自然に囲まれた鶏舎で、美味しい水と木酸酢を加えた飼料を与えた健康な鶏が生んだと言う卵は
昔ながらの香りがするそうで、いつもの卵よりもコクと甘みがあるんだそう♪
オムレツには、沖縄名物の海藻のアオサ入り!コクがあって、とっても美味しいオムレツでした(^^♪
シークゥワーサージュースや、紅芋が練りこまれたパンなどをいただいて、体いっぱいに元気をチャージ。


美味しい朝食の後は、まずは沖縄最北端と言う「辺戸岬 (へどみさき)」へと向かいます。
d0222641_21331554.jpg

ここは沖縄の最北端の地。いわば、ここが復帰前は一番日本に近い土地だったのです。
与論島まで22kmとすぐ近くですが、1972年に復帰するまではこの向こうの北緯27度が国境でした。
d0222641_21232498.jpg

バリやタイでもいくつもの海を見ている我が家ですが、こんな深い色の青い海は初めて!
断崖に波が打ち寄せて、自然の力強さを感じずにいられません。

茅打バンタの北側に位置する辺戸岬ドームは、世界的にも珍しい海底の鍾乳洞で、
ダイビングスポットとしてよく知られている場所だそうなのです。
辺戸岬は、太平洋と東シナ海に面する岬で、沖縄海洋国定公園に含まれていて
お天気がよい日は、22km離れた奄美群島の与論島や沖永良部島を望むことができるそうです。


そして、この地に立つのがこちらの「祖国復帰闘争碑」
d0222641_21253884.jpg

ご存じのとおり沖縄は、第二次世界大戦の後、1972年まで米国に占領されていました。
祖国復帰を願った沖縄の人々は、一年に一度、辺戸岬の広場で集会を開き、夜には篝火を焚いて、
同じように篝火を焚く運動を支持する、本土である与論島の人々と呼応し合っていたそう。。。
そして、 1972年に復帰を記念して立てられたのが、この「祖国復帰闘争碑」
「闘争」と言う言葉が胸を突きましたが、まさに沖縄の方々にとっての思いがこの言葉に込められいます。


なぜ、沖縄がアメリカに占領されたかと言うと、いろんな説があるかと思いますが、
アメリカは当初、琉球人は日本帝国主義に支配された異民族であると認識しており
日本本土の一部でなく、日本が武力で制圧した島だと考えたとのこと。
また沖縄人は自ら政治、経済を行えないという先入観から、沖縄人の自治能力を過小に評価していたために
沖縄における民主化に対して消極的であった言うことも伝えられているようです。

アメリカ軍は演習地や補給用地、倉庫群などの用地として、次々に集落と農地を強制的に接収し
特に現在の宜野湾市の田園地帯と伊江島では集落ごと破壊され、大規模な土地接収が行われたり
サンフランシスコ条約締結以降、軍政府は沖縄の本土復帰を唱える団体や運動を弾圧、
さらに米軍兵による事件が相次ぎ、住民に反米感情が高まっていきました。

本土復帰までの道のりは長く、そして険しいものであったようです。
時は過ぎベトナム戦争がはじまり、ベトナムへの基点としての役割が大きかった沖縄で、航空機事故が勃発。
不当な扱いを受ける市民の怒りは静まらず、アメリカ軍政下に置くことは適当でないと内外に広めることに。

そして、1969年の日米首脳会談で、リチャード・ニクソン大統領がベトナム戦争の近年中の終結を鑑みて、
日米安保条約の延長と引き換えに沖縄返還を約束しましたが、県民の強い期待とは全く裏腹に、
アメリカ軍基地を県内に維持したままの返還が決定し、1972年5月15日に沖縄は日本へ復帰することに。


こちらの石碑には、このような沖縄の方々の気持ちが刻まれています。。。
d0222641_2241460.jpg

祖国復帰闘争碑  全国のそして全世界の友人へ贈る。

吹き渡る風の音に耳を傾けよ。権力に抗し復帰をなし遂げた大衆の乾杯の声だ。
打ち寄せる波濤の響きを聞け。戦争を拒み平和と人間解放を闘う大衆の雄叫びだ。

「鉄の暴風」やみ平和のおとずれを信じた沖縄県民は、米軍占領に引き続き、
一九五二年四月二八日サンフランシスコ「平和」条約第三条により、屈辱的な米国支配の鉄鎖に繋がれた。
米国の支配は傲慢で県民の自由と人権を蹂躙した。
祖国日本は海の彼方に遠く、沖縄県民の声は空しく消えた。われわれの闘いは蟷螂の斧に擬された。

しかし独立と平和を闘う世界の人々との連帯であることを信じ、全国民に呼びかけ、
全世界の人々に訴えた。

見よ、平和にたたずまう宜名真の里から、二七度線を断つ小舟は船出し、
舷々相寄り勝利を誓う大海上大会に発展したのだ。
今踏まえている土こそ、辺土区民の真心によって成る沖天の大焚火の大地なのだ。
一九七二年五月一五日、沖縄の祖国復帰は実現した。
しかし県民の平和への願いは叶えられず、日米国家権力の恣意のまま軍事強化に逆用された。

しかるが故にこの碑は、喜びを表明するためにあるのでもなく、
ましてや勝利を記念するためにあるのでもない。

闘いをふり返り、大衆が信じ合い、自らの力を確め合い、決意を新たにし合うためにこそあり、
人類が永遠に生存し、生きとし生けるものが自然の攝理の下に生きながらえ得るために
警鐘を鳴らさんとしてある。



「この碑は、喜びを表明するためにあるのでもなく、ましてや勝利を記念するためにあるものでもない」
この言葉が沖縄で第二次世界大戦の爪跡を見てきた後だけに、強く心に刺さります。

第二次世界大戦では「本土」の犠牲、大戦後はアメリカ軍の占領、そして復帰後も残される基地問題・・・
沖縄返還は実現したものの、まだまだ課題は多く残されたままなのです。
現在も米軍専用施設面積の約74%が沖縄県に集中し、沖縄本島の19.3%が基地に占められたまま。

たびたび引き起こされるアメリカ兵による事件が日米地位協定によってうやむやにされ、
1995年(平成7年)の沖縄米兵少女暴行事件の際は大規模な抗議行動が行われました。
復帰時に経済の「本土並み」がスローガンでしたが、振興政策は公共事業中心の建設業の投資ばかり。
道路や箱物ばかりが立派になったと揶揄され、日本で最も安い地域別最低賃金が設定される県のひとつ。
失業率と人口あたり倒産件数は全国最高レベルになっているそうです。

また、2009年に成立した鳩山由紀夫政権は、宜野湾市市街地にある普天間基地を県外に移転することを
事実上の選挙公約としたが、就任後は鳩山首相の発言が二転三転し、最終的に公約を破る形で辞任・・・
この状況では、沖縄県民の方が「喜び、勝利」を感じられるわけがない
私たち、日本人が心にとめなくてはいけない真実がここにありました。

d0222641_21275644.jpg

「世界が平和でありますように」 「May Peace Prevail On Earth」 他にもフランス語などが・・・。
言語や人種が違っても、心に願う祈りは一つです。
d0222641_2338566.jpg

まだ学生らしき外国人の方々が。楽しそうな彼らの姿に遠い昔の自分を見るようで、とても微笑ましい。
まだ心が純粋で柔かく、いろんなものを吸収して母国へ帰るだろう彼らが
この日本から世界に広げる「平和への祈り」を、自国に持ち帰り広げてくれることを切に願います。


このあとはドライブで、沖縄最大級のパワースポットと言われる、神々の降り立つあの場所へ。
写真にもそのパワーのすごさがしっかり残っていたので、ぜひ皆様にもお裾分けしたいと思います♪




「辺戸岬」
沖縄県国頭郡国頭村辺戸
Tel:0980-41-2101(代)国頭村役場企画財政課
by treasure-bkklife | 2012-08-22 23:54 | Okinawa
今日から子供たちの学校が始まって、やっと普通の日常が戻ってきました~(^^)/

と言いながらも、実は週末からある食の講座を受けております。
栄養学を核としたお料理なのですが、英語で栄養素や病名などの単語が羅列されるので四苦八苦(^_^;)
やりたいことは沢山あるのだけれど、やはりまだまだ道は遠いな~
5日間、9時から16時と久々の授業は大変ではあるけれど、頑張って乗り切りたいと思います♪


さて、こちらも体への効能はバッチリ!「ぬちぐすい」 命の薬でもある食を受け継ぐ沖縄の話に戻ります♪
d0222641_2225212.jpg

JAL オクマ リゾートにある、沖縄の和食・郷土料理の いじゅ でございます。
d0222641_2255246.jpg

やんばるの海産物や、やんばる猪豚、県豚・畑の採れたて野菜などの新鮮な食材を使ったき郷土料理に
お寿司、天ぷらなどのパフォーマンスコーナーもあって、店員さんとのふれあいのあるブッフェ。
一度に「沖縄の味」が好きなだけ(これ大事!)味わえるとあって、こちらをチョイスすることに♪


お店はビュッフェ方式。こんな沖縄らしいお料理たちが並びます。
d0222641_22747.jpg

ラフテー お料理教室でも習いましたが、豚の三枚肉を泡盛や醤油などで煮込んでいったもの。
時間もたっぷりとかかるので、宮廷料理の一つです。
d0222641_2295472.jpg

ゴーヤチャンプルー 「沖縄料理」と聞いて、一番思い出し、作られているのがこれではないでしょうか?
私も見よう見まねで作っていたのですが、思っていたよりもシンプルなお味で素材が生かされています。
d0222641_22111057.jpg

ミミガー これ何?って思いません??? 
子供たちに黙って食べさせてみましたが、全然、食べれるじゃない!と思っていたところ
「これ、何?」と聞いてきたので、「うん?豚の耳・・・」と答えると、すぐに「うえ~っ!!!」とスゴイ顔。
食べられても、やはり部位を効くと、ちょっと・・・と思ってしまうんでしょうね~
d0222641_2214772.jpg

ゴマで作ったジーマー豆腐 ゴマ豆腐のようにとろ~りして美味しいんです!
d0222641_2212508.jpg

もずくとゴーヤの餃子 これは子供たちにも好評!ゴーヤでも美味しく食べれるんです♪
我が家では大量の餃子を作って、餃子Partyをするので、次にはぜひ作ってみようと思ってます!


そして、ビックリだったのはこちらです♪
d0222641_22195065.jpg

えっ、ビックリって「豚しゃぶでしょ?」って思うでしょ???
ビックリしたのは、このブランドの名前。 なんと、「ルイビ豚 (トン)」って名づけられているんですもの~(笑)
d0222641_22424044.jpg

確かに柔かくて美味しいので、「ルイ・ヴィトン」の名に恥じないブランド豚かもしれません(^_-)-☆
子供たちにとってはこれが二番目に美味しかったようで、何度もお代わりに行ってましたから~
d0222641_22383113.jpg

そして、一番大好きなものは、こちらの「お寿司」でした。沖縄・・・でなくてもいい気がするけれど(^_^;)


d0222641_22353866.jpg

私が嬉しかったのは、こちらの天ぷらコーナー
d0222641_22372439.jpg

沖縄特産のゴーヤや紫芋の天ぷら!ゴーヤのほろ苦さが天ぷらとよく合うんです。
これまた沖縄名産の「塩」をつけていただきます♪
d0222641_23382310.jpg

こんなに美味しそうな「沖縄郷土料理」と、ワインでいただく海辺のリゾート地での夕食。
沖縄に来てるんだな~~と、しみじみ感じいりながら、ゆっくりいただきました♪


主人が試してみたかったのは、こちらでした♪
d0222641_22211722.jpg

甕だし泡盛 なんと40度の強さなんです。お店の方に「泡盛の流儀」教えていただきましたよ♪
d0222641_22223965.jpg

泡盛の飲み方は、氷を入れてロック・・・にしないで、飲むのがよいそうです!
ロックにしてしまうと飲みやすくなって、ガンガン飲んでしまうので危険だそう(~_~;)
地元の方はお水と交互にいただくそうですが、20度~30度あたりの泡盛をいただくのが一般的だそうで
残念ながら私にはやはり強すぎて、注射前のアルコール消毒にしか思えませんでした(笑)


そして、お楽しみのデザートだって、沖縄名物がいっぱいです!
d0222641_22234432.jpg

沖縄風のぜんざい、シークァーサーゼリー、ジャスミン茶のさんぴん茶ゼリー、サーターアンダギーの他にも
普通のものが・・・と言う方には、パティシエさんの特製ケーキなども並びます。
d0222641_2225596.jpg

こちらで焼いてくれる沖縄クレープのポーポー。きゅうりと甘みみそが入っているそうなので、こちらをトライ!
d0222641_23412937.jpg

ダックなしのペキンダックのようなポーポーと、黒糖入りわらび餅。とっても美味しくいただきました♪


私たちのような旅行者が、一度にいろんな種類の「沖縄郷土料理」をいただくことが出来るお店です。
店員さんたちも優しく声をかけて下さるので、沖縄の文化も知れてとても楽しいひと時。
賑やかな明るいお店で全席禁煙なので、小さなお子さん連れでも安心して伺えるのも嬉しいですよね♪


さて、次の日は一日、やんばるの森へと出かけます♪ 海とはまた一味違った、沖縄の魅力が満載です!




「いじゅ(やんばる市場ブッフェ)」
JAL オクマ リゾート
Tel:0980-41-2274 (受付時間 9:00-18:00)
18:00〜22:00/ラストオーダー21:30(4月〜9月)
17:30〜21:30/ラストオーダー21:00(10月〜3月)
大人(13歳以上)¥3,500 子供(6〜12歳)¥1,500 幼児(5歳まで)無料
*こちらはペットとの同伴は出来ません
by treasure-bkklife | 2012-08-20 22:27 | Okinawa

Siam Celadon

明日はとうとう夏休み最後の週末!なぜかウキウキするのは私だけでしょうか(笑)
(やっと)学校に行ってくれるので、これからバリバリ動いて行きたいと思っています~❤

ところでこの週末ですが、Face Bookやアパートの情報によると、
エカマイ地区は19日の日曜日、朝の8時から夕方4時まで停電になると、車で放送がされていたそうです。
最近、夕方は大雨が降って涼しいものの、まだまだ日中は暑いので、クーラーが使えないのはシンドイ・・・。
以前もこんな情報(断水)が回ってきて何事もなかったようですが、念のためのお知らせです。


さて、先週の連休中日の日曜日、急に「そうだ!チャトチャックへ行こう!!!」と、私が言い出しました。
「え~、暑いし行きたくない」ときっぱり子供たち。どうせ買い物に付き合わされるだけ・・・と言うお顔(笑)
パパも「じゃ、オレは床屋に行って子供を見てるわ」と、大義名分つきのしたり顔(爆)
私も一人でゆっくり買い物した方が・・・と、みんなのもくろみが一致して、サクッと一人で行ってくることに。


いつもだいたい見るお店は決まってしまうのですが、車で来た場合はJJモールの中のこちらから。
d0222641_2021459.jpg

3Fまでエスカレーターを上った正面にある FLOWER & BRAUCHES
EmporiumやCentral Chitlomで購入するような、質の高いアートフラワーがこちらで購入できます。


いつも土日のみのWeekend Market(一部は金曜の夕方には空いているようですが)へは
JJモール一番手前のGate 1近くある、セクション27あたりから入っていくのですが、
いつの日か、自宅を素敵なホテルのようにしたいな~と、夢を見ながら物色をするインテリア類が。
d0222641_2063565.jpg

ファニチャーやデコレーションなどが多いエリアは、来タイ当初よりも洗練されたものが増えてきた気が・・・
いろいろなディスプレイなどを見ることも、自分の引き出しを増やす勉強に繋がって
テーブルコーディネートを上達させる、大事な一つなんだそうです。


水分を補給しながら歩かないと、あとで熱中症のようになって、大変なことになるのですが、
どんどん奥まで屋台なども通り抜け、真っ直ぐ進んで大きな道まで進んでいくと、前方に見えるのがこちら。
d0222641_117921.jpg

このあたりから、食器類なんかも並ぶんです。
何にでも使いやすい白の食器や、Oceanのガラスのグラスや器なども見かけます。
d0222641_20205885.jpg

タイ料理で人気のブルー&ホワイトの食器のお店も。
d0222641_2023888.jpg

本帰国前には買って帰りたいという、奥様もきっと多いと思います。

かなりごちゃごちゃっとした中なので「なんで食器の隣で食べ物が売ってるの~!!!」と、観光の方の声が。
初めの方は、ペットも食べ物の側に売っていると知って、もっとビックリされるだろうなあ~(笑)
ほんとなんでもアリ!の、アメージング・タイランドですから(^_^;)


そして、今日の目的のものは別にありました。さらに左にそれて道なりに奥まで進んで行きます。
d0222641_20244714.jpg

セクション7、Gate2からはすぐ側になるエリアです。
d0222641_20262875.jpg

Siam Celadon、どの国の駐妻にも人気のセラドン。このシンプルで上品な色合いが人気です。


SiamCeladonですが、チェンマイを代表する焼物のセラドン焼きです。
創業は1978年、約300年前に中国から伝わったもというブルーや緑色が印象的なセラドン焼きは、
タイ国内の高級ホテルや、そして駐在員の家庭におけるテーブルウェアとしても人気です。

チェンマイのボーサーン村にサイアム・セラドン工房のショップでは、お皿やティーポット、カップなどの
テーブルウェアのほか、花瓶やランプなどのホームデコレート商品などさまざま種類を取り扱っていますが
ここチャトチャックでも、このサイアムセラドンが手に入るんです。
でも、いつか訪れてみたいチェンマイ、やはりこちらの工房に行ってみたいな~


本帰国した友達が、他のセラドンは船便で割れてしまったのに、Siam Celadonは大丈夫だったと。
意外にセラドン、船便で割れてしまった・・・なんて声もチラホラ聞くんですよね~
なれば、やはり最強のものを!とこちらにやって参りました。
d0222641_20141670.jpg

日本のお土産にもよさそうな、お茶のセットなども。
d0222641_2015763.jpg

そして普段使いの小鉢や盛り鉢にもよさそうな、器の数々も。
セラドンのグリーンはタイ料理だけでなく、和食はもちろん、アジアのお料理など、何でも使えそうで便利です。


お店の方と話したのですが、こちらのセラドン焼きは他のセラドン焼きに比べて高温で焼き
さらに引き締めるために2度焼きをするそうなので、通常のセラドンより強いのだそうです。


今回は、新居に飾ったセラドンブルーの置物などを探しに行ったのですが、
前々からずっと探していた、素敵なものとの遭遇が!!!
d0222641_20162330.jpg

クリスマスに飾るNativity playのフィギアたち。キリスト誕生の話をフィギアにしたものです。
西洋人の家庭などでは、素敵なフィギアが飾られことも多いのですが
今までみたものは、どうも子供っぽいものばかりで、ピンとくるものがありませんでした。

この写真のものは、オリジナルバージョンのフィギアなのだそうですが、
私はもう一つのバージョンが気に入ったので、そちらを選ぶことに。
d0222641_20171737.jpg

値段は少しお高くなりましたが、イタリアバージョンのNativity Play。
イタリアではNativityのフィギアは、ほんとに大切に代々受け継がれるものもあると聞いています。

こちらのNativityのフィギアはオーダー制で、3か月かかるとのこと。
私はコペンハーゲンのイヤープレートと合わせて、セラドンブルーをチョイス。
他にもタイバージョンの東屋のNativity playもありましたよ(笑)

いつまでもタイ駐在の思い出として、大事に飾って行きたいと思っています。
今年のクリスマスが楽しみになってきました!


たまに掘り出し物を見つけると嬉しいチャトチャック、土日でなかなか行きづらいのですが
時にはお子さんをパパに預けて、一人でぷら~っとお出かけするのも、ゆっくり見れていいですよ♪


「Celadon@Weekend Market」
Section 7, No.171, Soi 64/4 ,JJ Market
Tel:089-780-6007
Fri 9:00-17:00
Sat-Sun:8:30-18:30
by treasure-bkklife | 2012-08-17 22:59 | Daily Info in BKK

新居でBBQ ♪

一時帰国中の沖縄記も続いておりますが、ここらでちょっと一休み。
ほぼ2か月もある子供たちの夏休み・・・。今週は夏休み最後の週なので、ママはじっとガマンの子(^_^;)
そこで、バンコクでの夏休みの生活を綴りたいと思います。

7月頭に引っ越しだけをして、日本に2週間の一時帰国という強行スケジュール(^_^;)
7月下旬に帰ってきましたが、子供たちが夏休みということもあって、なかなか新居が片付かな~い(>_<)
ボチボチ少しずつ片づけて、やっとどうにか、お客様を呼んでも大丈夫かな・・・と言うレベルに。


今度の家はまるで「海辺のリゾート」に来たような雰囲気。
いままではずっとモダンな家を選んできたので、気持ちもリラックスして過ごすことができそうです。
主人も仕事で忙しいので、家で寛ろぐことが出来れば・・・と、家の中もいままでとは変ったコーディネートに。
d0222641_22123271.jpg

「大人の海辺のリゾート」をイメージして、「青」で家の中をコーディネートすることに。
決して高いものはないのですが、カラーコーディネートをするだけで、家の雰囲気もガラッと変わります。

普段使いのテーブルクロスには撥水加工が施されていて、洗濯してもすぐ乾く薄手の生地をチョイス。
スクンビット93にある、Jim Thompson Outletで購入してお仕立てしました。

イメージカラーを「青」にした理由はもう一つ。
d0222641_853104.jpg

コペンハーゲンのイヤープレート。
結婚した年、パパ・ママ、そして子供たちの誕生年のプレートを、ファミリーツリーのように飾りました。
ツリーと言っても、横に寝そべってしまっていますが(^_^;)

今年はもう一人(一匹?)家族が増えたので、子供たちからは「〇〇の分も買って~」とリクエストが(*^_^*)
一時帰国の時にワンコの分のイヤープレートと、お皿を飾る額をネットで購入しておいていたのですが
この額は輸入ブランド洋食器専門店の 二本の剣さんで購入しました。
こちらは大好きなナハトマンのクリスタル食器もセールされていることが多く、もちろん合わせて購入済み(笑)


何しろ多い食器類。引っ越し荷物の243箱!の半分近くは、食器やデコレーション類だったかも・・・。
食器は沢山の紙類でぐるぐる巻きにされているので、それで箱数が増えたと信じたいのですが(笑)
そんな我が家なので、食器を収めるのにはこんなものを使っているのです。
d0222641_2284664.jpg

食器棚に使っているのは、実はINDEXのシューズボックス(笑)使えるものは何でも利用しちゃいます(^_^;)

最近、IKEAに押され気味ですが(^_^;) INDEXはエカマイ6のBig Cと近くにあって、やはり便利。
バンコクで売られている食器棚は棚の間隔が広すぎて、「これじゃいくらも入らないよ~」と。
(「食器、持ちすぎなんだよ・・・」と言う、主人の声が聞こえる気がしますが・・・)
これが意外と、お皿がうまい具合に沢山入ってくれて便利!しかも何と言ってもお安いのです(^_-)-☆
引っ越しが多い我が家、傷がつけられてもイヤなので、今は安いもので上手に使おうと思います。

真ん中に飾られているセラドンで作られたランプは、Siam Celadonのもの。
これは先週末にチャトチャックで購入したのですが、インテリアカラーに合わせてセラドン ブルーをチョイス。
素敵な飾りものをオーダー中なので、お店の紹介をしたいと思います♪
d0222641_22135827.jpg

テーブルに飾ったIKEAで買ったフローティングキャンドルは、子供たちが浜辺で集めた貝たちと一緒に。
火をともすとゆらゆら揺れて、とても素敵な雰囲気に。花びらを水に浮かべて飾ってもキレイなんです♪
夏休み中は子供部屋もそれぞれの好みにコーディネートしたので、IKEAに何回足を運んだことか(^_^;)


さて、この日はお友達が子供たちと一緒に遊びに来ることになっていたのですが、
実は急遽、前日から息子のお友達が泊まりに来て、次の朝は夜更かしのせいかいつまでも起きてこない。。。
ママもお迎えが遅くなりそうだとのことなので、買い物に行こうと思っていただけに困ったなあ~と(~_~;)

う~ん、どうしたものか・・・と思っていたのですが
家にあるストックたちを思い出し、「そうだ!BBQにしちゃえ!!!」と、勝手に予定変更!!!

それには実は、引っ越ししてこちらを購入したのです♪
d0222641_22184978.jpg

ガスのBBQグリル!ご近所のお宅でも週末はBBQをして過ごす方も多いので、煙や匂いはお互い様(笑)
家の中をリゾートにするなら、Life Styleものんびりと、リゾートに住むような気持ちで住んでみようと。
最近では週末は、ノンビリお酒を飲みながら、家でBBQをしながら寛ぐことも増えてきました❤

ご近所さんの白人家庭はかなりBigなBBQグリルですが、今後の引っ越しを考えると狭い住居になることも。
アパートのベランダにも置けるサイズのものをと思い、この台を広げても横幅110cmほどの小さ目のものを。
こちらのお店の情報も、お知らせしていきたいと思います♪

お肉だけでは、やはりバランスが悪い・・・と言うことで。
d0222641_2221638.jpg

買い置きしてある缶詰や、冷蔵庫にあるお野菜で作ったサラダ。
調理器具を駆使して(笑)さくっと簡単にできるものばかりです。
お友達ママたちも野菜やフムスなどを持って来てくれたり、サラダを作ったりしてくれました<(_ _)>
d0222641_22265075.jpg

キドニービーンズ、カルバンゾ豆の缶詰や、冷凍の枝豆などはいつもストックしてあります。
サラダだけでなく肉と煮込んだり、お豆のカレーにしたりと、何かと大活躍してくれるんです

時間のない時は、とうもろこしも一度水で濡らして、ジップロックなど入れたあと、電子レンジでチンでOK!
白ワインビネガー、フレンチマスタード、塩、コショウと、隠し味の醤油で軽く味付けして冷やしておきます。
d0222641_22304379.jpg

パセリのタブレは、洗ったパセリの葉を摘んだあと、フードプロセッサーでガッ、ガッ、ガッと回します。
ガーっとONにしたまま回してしまうと、ペースト状になってしまうので、細かくパルスするのがコツです!
キュウリ、パプリカなどを小さく切って、マナオ汁、オリーブオイル、塩・コショウ、クミンシードと混ぜただけ。
d0222641_2234363.jpg

ツナとポテトのサラダ じゃがいもとツナ缶は、どこのお家にも割とあるかと思います。
電子レンジでチンして熱いうちに皮を剥いて一口大に切り、コンソメと白ワインビネガーで和えておきます。
そうすることで、じゃがいも自体に味が付き、マヨネーズの量を減らすことが出来るんです。
スライサーで薄くスライスしてさらした玉ねぎ、ケッパー、ディル、挽いた黒コショウなども一緒に混ぜると、
ちょっと大人のポテサラに大変身~♪


BBQですもの、やはりお肉がなくては始まりません!
d0222641_22235642.jpg

行きつけのThai French Butchery、週末はお肉をまとめ買いして冷凍を。
「奥さん、何かレストランでもしてるの?」と聞かれるほど購入したお肉たちですが(笑)
お肉にはこだわる白人の友達たちからも、「ここが一番美味しい」と評判のお店です。
買い物に行けなかったり、何かの時にすぐ使えるように、いつもストックしているので急いで解凍しました。

子供たちがメインでもあるランチなので、やはり大好きなソーセージ、ハンバーグも用意したいところ。
パテも牛肉からフードプロセッサーで挽いて作ったので、やっぱり美味しさが違うんです。
タネのお肉の量の1%の塩を加えてよく混ぜると、柔かくソースもいらない美味しいハンバーグになりますよ♪

写真には見えないのですが、鶏のささみや胸肉はハーブソルトなどで味をつけたあと
たっぷりのレモン汁、ローズマリーなどのハーブでマリネしておいてから焼くと、とっても柔らかでジューシー!
鶏肉のパサパサ感が苦手と言う方にも、オススメです~♪


さて、お皿などの用意をしているうちに、ママたちにBBQをお願いすることに♪
d0222641_22223138.jpg

ガスなので火力が強く、炭をおこすのと違って簡単なのが嬉しいんです❤
d0222641_22413539.jpg

ママたちが、煙の中、一生懸命焼いてくれたお肉たち(^^)/
今日の夕飯、そして明日のランチの分まで焼いてもらっちゃいました。
d0222641_22433224.jpg

こちらはBoys軍団。女の子たちはママたち同様、涼しい部屋の中の方がいいようです(^_-)-☆
お友達ママが持ってきてくれたパンに、ソーセージやハンバーグを挟んで、いっぱい食べてくれました♪


急な予定変更に付き合ってくれたママたち、いきなりお手伝いいただいて、本当にどうもありがとう!!!
次は初めからちゃんと用意するので、今度はパパたちも一緒にBBQをやりましょう(^^)/
by treasure-bkklife | 2012-08-16 23:51 | ホームパーティ
沖縄での旅行、まず最初に考えたのが、「どこに泊まるか」と言うこと。

今回は沖縄本島に5泊とあって、北部の方から南部までくまなく観光しようと計画したので
北部の方で選んだホテルはこちらでございます♪
d0222641_0461821.jpg

北端にほど近いJAL プライベートリゾート オクマでございます。
d0222641_0373988.jpg

こちらはメインロビー。既に36年が経っているとのことですが、リノベーションがされていて気持ちいい♪


こちらを選んだ最大の理由は、美しいオン ザ ビーチはもちろんですが、オススメはこちらだったのです。
d0222641_2320464.jpg

沖縄北部の「やんばるの森」で行われるの様々なエコツアーが開催されて
トレッキングやマングローブでのカヤッキング、そして「満点の星空観察」や「夜の生き物ツアー」など
ここでしか体験できない経験が出来そうだったからです!
この体験は後日のBlogでも綴ろうと思いますが、もう子供たちは興奮ものの天然記念物との出会いが♪


さて、お部屋はと言いますと、子連れのファミリーに一番人気と言うメイン コテージ デラックスをチョイス。
d0222641_23591252.jpg

低層のコテージタイプは、どれもお部屋から緑のガーデンが見渡せます。
d0222641_0554497.jpg

カーテンを開けて写真を撮ればよかったのですが、リビングの方。
4人が一つのお部屋に入れるホテルって、なかなかないのでありがたかったです!
d0222641_22504189.jpg

反対側にはベット3台が。広さは十分な広さでございました。

そして細かいことなのですが、トイレと浴室が仕切りで分けられていて、
浴室はかけ流しができるのが、小さいお子さんと一緒にお風呂に入る方には嬉しい配慮だと思います♪


そんなお風呂もお部屋にはついておりますが、私たちがとても気に入ったのがこちら。
d0222641_0494835.jpg

SEASIDE SAUNA 海の見える大浴場なんです!
めったに大浴場なんて入れない子供たちが、興奮したのは無理もありません!!!
しかも目の前は白い砂浜、そして美しい夕陽が湯船の中から見れるのですから。。。
結局、我が家は部屋のお風呂には一度も入らず、毎日こちらのお湯を楽しみました。


そして、ワンちゃんのいる方には、とっても嬉しいお部屋も。
d0222641_22592241.jpg

こちらにはワンちゃん連れ専用のお部屋があるのです。
ワンちゃん専用の冷温水対応の足洗い場や、トレイ、ペットシーツなど、ワンちゃんアメニティも充実。
写真のドッグランもお部屋の隣で、プライベートビーチまでは徒歩1分の距離と移動にも便利なんです。

我が家のワンコはまだ血清手続き中のため、タイ国外に連れ出すことが出来ず、
バンコクでお留守番だったのですが、ワンちゃんを見るたびに「どうしてるかな・・・」と淋しくなったりして・・・。
子供たちも他のワンちゃんや飼い主さんたちと、ふれあいの時間を持てたのもよかったと思います。
愛犬も一緒に旅行できるのは、やはりとっても嬉しいですよね❤

d0222641_0431434.jpg

他にもアメリカンテイストで駐車場に近くて便利な、アクティブに過ごしたい方に嬉しいパームコテージや
d0222641_185475.jpg

プライベートガーデンつきのガーデンヴィラ、そしてメゾネット式のお部屋など
様々なタイプが揃っているので、家族の人数や構成によって選ぶことができるんです。

しかも、リゾートの中はほんとに広いんです!
d0222641_2317408.jpg

リゾートで一日のんびり過ごしたい方にもオススメ!一日中のこの中で遊べます。
d0222641_23324681.jpg

テニスコートやパターゴルフなど、様々なアクティビティが。
d0222641_23375458.jpg

爽やかな緑の敷地内をサイクリングやお散歩することも出来るで、とても気持ちいい♪
d0222641_239429.jpg

もちろんプールも!小さい子用と流れるプールもあって、子供たちも大喜び❤

沖縄旅行、夏休みは台風にあたることもあって、万が一の雨の時にも楽しめないとツライですよね・・・。
d0222641_2340115.jpg

バスケットやバトミントン、ビリヤードなど、インドアスポ-ツが楽しめる施設や
d0222641_23453443.jpg

シーサーを作ったり、サンゴや貝で作るオブジェなどの工作教室なども。
これなら雨が降っても子供も楽しめて、「つまんな~いい」を連発されずにすみそう(^_-)-☆

私たちも雨にあたりましたが、何しろ広い敷地内、雨の日のリゾート内の移動は大変なんです。
全てどこに行くにも車でお迎えが来てくれて、レインコートまで用意されているホスピタリティが嬉しかった❤


そして、何と言っても忘れてはならないのが海!
d0222641_23122075.jpg

ポストカードになりそうなビーチ。もちろんお決まりですが、家族で記念撮影を(笑)
d0222641_2315641.jpg

こちらのプライベートビーチはウィンドサーフィン、水上スキー、ウエイクボードなど、マリンスポ-ツも豊富。
そして砂浜ではビーチバレーや、ビーチサッカーなども楽しめますよ♪


コンビニは割と近場に一軒あるものの、レストランなどはあまり近くにはないので
食事は全てホテルの中になりますが、洋食、鉄板焼、バーベキュー、シーフードイタリアン、郷土料理など、
8店舗のレストランがあるので、滞在中も楽しめるのではと思います。

オクマリゾートは沖縄空港から、高速を使っても2時間ぐらいはかかるので、ちょっと遠いのですが
海だけではない、「ふだん出会えない、やんばるの風と波と森に抱かれて」と言うように
様々な沖縄の顔、魅力を知ることができたので、我が家にとってはとてもよかったです(^^)/

この後、オクマでの話を綴っていきたいと思います♪
やんばるの森、とっても貴重で不思議な体験もしましたよ❤



「JAL プライベートリゾート オクマ」
沖縄県国頭郡国頭村字奥間913
Tel:098-41-2222
Mapはこちらから♪
d0222641_0154516.gif

by treasure-bkklife | 2012-08-15 23:57 | Okinawa