子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2013年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

Super Rich money Exchanger

先週、今週とお友達の来タイWeek!元・駐在していたお友達たちの嬉しい里帰りが続いています!

お友達が来タイして言っていたのは、「両替してもお金がこれだけだった~(>_<)」と言うこと。
これは駐在者にとっても深刻なことで、円安の影響で両替しても以前に比べて「これだけなのか・・・」と。

今月は我が家も塾で学年が上がり、学費などを合わせてかなりまとまった費用が必要に(~_~;)
バンコクは思った以上に教育費用がかかることもあり、少しでもレートのいい両替商へと行ってきました。
d0222641_022447.jpg

バンコク駐在者にはお馴染み、オレンジが目印のSuper Rich money Exchangerです。
「Super Rich」と言うネーミングがあまりにもベタな感じで、初めて聞いた時は笑ってしまいました(^_^;)


こちらのスーパーリッチは、1965年創業のバンコクの中でもよい両替商の一つと言われています。
ローカルの方でなく、外国人も多く利用するこちらのお店は、様々な外貨を取り扱っております。
こちらはラチャダムリの本店ですが、他にもシーロム、サラデーン、カオサンなどはじめとして
邦人に馴染みが深いのはスクンビット22や、BTSプロンポン駅、K-VillegeのSuper Richでしょうか。

お店の方に両替時に聞いてみたところ、やはり支店によってもレートが変わるとのことでした。
いろいろと調べると本店のこちらが一番レートがいいようなので、金額が大きい時はこちらに来ています。


ちなみに場所ですが、分かりづらいと思うので簡単な行き方を。
d0222641_0553181.jpg

BTSチットロム駅をラチャプラソンの交差点方向へ進み、右に曲がったRajadamri 1を入るとろです。
道路を挟んで反対側にZENや伊勢丹、ちょっと先にはプラティナームファッションモールがあります。
d0222641_0185347.jpg

角には「Dragon Seafood 李海泉」と言う中華料理?があるので、そこを右に入って行きます。
d0222641_0205557.jpg

右手にIndraというSpaが見えますが、その奥の右手にはオレンジのSuper Rich Money Changerが。
そしてその反対側に見えるのは、緑のSuper Rich Thailandです。
d0222641_0231253.jpg

緑のSuper Rich Thailandと先ほどのオレンジのSuper Richは、
噂では兄弟が経営するそうなのですが、仲違いしたとか、しないとか(^_^;)
そして緑の方がレートがいいことも多いとのことですが、この日はどちらも同じレートでした。

緑のSuper Richの方がタイ人の方が多く、お客様も多かったように思いますが、
オレンジのSuper Richは番号札などが電光掲示板になっているのに対して、
緑はタイ語オンリーで、番号札の数字などもタイ語で呼ばれることもあるので
オレンジのSuper Richの方が外国人にはハードルは低いようです。

私はいつも二軒とも目の前にあるので、レートを見比べてよい方で両替をしています。
どちらのお店とも、両替にはパスポートの提示が必要になりますので、忘れずにお持ちくださいませ♪


どちらにしても大金を持ち歩くのは怖いので、その後すぐに目の前のカシコーンバンクに入金しました。
周囲に警備員はいますが、やはり両替商から出てくるのは「私、お金持ってま~す!」と言わんばかり。
やはり気を引き締めて、十分に気をつけなくてはいけませんよね(^_-)



「Super Rich money Exchanger」
47/11-13 Rajdamri Rd. Pathumwan Bangkok. 10330
Tel : 02-655-2488 (Auto Lines)
9am - 6pm Monday - Friday
9am - 4pm Saturday and Holiday
by treasure-bkklife | 2013-02-28 23:10 | Daily Info in BKK
週末はタイは三連休だったので、旅行に行かれた方も多いようです♪
我が家は野菜ソムリエセミナーが終わって、娘の英検の二次試験も無事?に終り、バンコクでノンビリと❤
そして今日からまた、お友達の来タイが続いて、嬉しい、楽しい1週間が始まりました♪


久々のみんなが揃った週末には、せっかくのお休みなので夕食にはどこかで美味しいものが食べたいね!と
そこで主人はよく会社の方と行っているようなのですが、実はまだ家族では一度も行ったことがなかった
日本人の駐在員の方にも、人気のこちらのお店に行ってきました♪
d0222641_220763.jpg

ラマ4沿いのスクンビット24-26にあります、Sornthong SeafoodRestaurantです。
ラマ4をスクンビットの24から先にちょっと進み、Big C Extraの手前にあるこのお店は
車で走っていて見かける方も多いと思うのですが、夜の時間になるとさらに賑やかです。
こちらには駐車場はないので車で来られる方は、一番最寄りの駐車場はBig C Extraになるかと思います。

ちなみに、通りを挟んで真反対にもシーフード屋さんが。。
かなりこちらとお客様の入りが違うような気がするんですけど、実際はどうなんでしょうか?
どんなお店なのかな???と、一人気になっております(^_^;)
d0222641_21564069.jpg

この日は5:30pmに来店したのに、すでに店内は人がいっぱいで座ることができませんでした(^_^;)
私たちは運よく、通りの外の席を陣取ることが出来ましたが、やはり予約をお勧めいたします!


こちら、Sornthong Restaurantは、バンコクのシーフードのお店としていつも賑わっている
ローカルのタイ人、西洋人、そして日本人など駐在の方にもお馴染みのお店です。
お料理はシーフードだけなく、お肉料理、そしてお野菜のお料理も豊富に取り揃えられているので
どんな方にも対応できる品揃えのメニューなので、大人数の家族連れや旅行でいらした方にもピッタリ!

そしてタイ料理だけでなく、お店の名前の漢字からも分かるように中華料理も豊富で
お肉料理ではダックの水かき・・・なんてレアな中華料理などもメニューには載っていましたよ♪


このお店の人気は、やはり、この新鮮なシーフード!
d0222641_21523381.jpg

こちらのカニもまだ生きているので、泡をブクブクと♪
d0222641_21533576.jpg

水槽の中でシャコも元気に泳いでおります。
d0222641_21535042.jpg

表ではサテがこんがりとおいしそうに焼かれていて。
こんな肉類も充実しているので、シーフードはちょっと・・・と言う方にもOKなんですよ♪


さて、スクンビットと身近な場所ではありますが、オープンエアーとあってちょっとだけ勝手にリゾート気分(笑)
d0222641_21571471.jpg

やっぱり、シーフードにはシンハーを。子供たちはアイスティーをオーダー。
d0222641_21542441.jpg

Raw Prawns
実はタイで生のエビは初めて!これだけお客様の回転も早く、人気のお店なら大丈夫かと。
(何かあっても、明日もお休みだし・・・(^_^;) )と、生のエビに挑戦してみました。

子供たちも食べたいと言うので、タイのシーフードソースは別添えにしてもらうようにオーダー。
大人はタイのシーフードソース、子供はタイの醤油バージョンのシーユー カオをいただいて食べましたが
生臭みもなく甘いエビに、「刺身と同じだ~!!!」と、喜んだ子供たち、とっても美味しかったですし
ジャカルタ育ちでお腹の強い子供たちもありますが、特にお腹も問題なかったですよ♪
d0222641_21544570.jpg

Pumpkin leaf fried with Oyster Sauce
ヨートマラ ファクメーオ、かぼちゃの新芽のオイスターソースの炒め物は、シャキシャキ感がとっても美味しい❤
よくハヤトウリなどの炒め物はいただくことがあるのものの、かぼちゃは初めてでしたがお味は同じよう!
やっぱりカボチャもウリ系なんだな・・・と実感した炒め物でした。
d0222641_21545810.jpg

Fried Oyster with Omelette
ここに来たら、オースワンは食べないと!と主人がオススメしてくれた一品。
味付けのしっかりしたカキと卵の炒め物は、プリプリの牡蠣とシャキシャキのもやしが美味しい一品でした♪
d0222641_21552620.jpg

名前が思い出せないのですが。。。シャコが揚げたニンニクと一緒になって登場!
これは一皿の半分をオーダーしたので2匹ですが、本当は一皿が4匹あります。
甘みのあるシャコと、揚げたニンニクの組み合わせで、これがまたビールに合うんです!
d0222641_21553850.jpg

Steamed Seabass with Soy Sauce
スズキの醤油味の蒸し物は、上にたっぷりの長ネギが乗っていて。
臭みもなく、甘さを感じる柔かいスズキの身は、子供たちにも食べやすいようでした。
d0222641_2156430.jpg

Fried Hong Kong Noodle with Egg & Crab
香港風のカニ入りのヌードルは、贅沢なカニがふんだんに使われて。割と薄めな味付けです。
バンコクにいながらして、こんなにシーフードを満喫できて幸せ❤
今回オーダーしませんでしたが、トムヤムのようなお鍋や、カニのカレー炒めのパッポンカレーも人気のよう!


私たちが訪れた週末の5:30頃は、レストラン内は満席でしたが、まだ外の席には余裕があったものの
6時を過ぎたあたりからどんどん混みだして、帰るころには外には道路までお待ちのお客様で膨れ上がるほど!
ハイソ系のタイマダムから外国人までが車で乗りつける、人気のお店だということがよく分かりました。

家から近くのオープンエアーでタイのリゾート気分・・・は、さすがにちょっと辛いかな(笑)
あっ、ちなみにお外の席に座っていたので、ラマ4を通り過ぎた野菜ソムリエ仲間に発見されたので、
この席で食べるにはお行儀は大事かも(爆) ぜひ、週末にご家族でお出かけくださ~い!



「領通酒家 Sornthong Seafood Restaurant」
2829-31 Rama 4 Rd.Bangkok,Thailand
Tel:02-258-0118
16:00~翌02:00
by treasure-bkklife | 2013-02-26 23:29 | Thai@BKK
野菜ソムリエのセミナーが終了した三連休、やっぱり心はホッとしたのか開放感が。
旅行に行きたいのはヤマヤマですが、日曜日は娘の英検のテストがございました(^_^;)
ノンビリとセミナーの達成感の余韻に浸る間もなく、「ちゃんと勉強やりなさ~い!」のいつもの日常生活が(笑)


達成感に浸れたのは、やはりセミナー終了直後だけで、すぐに現実に引き戻されてしまいましたが(^_^;)
この日はメンバーとともに、会場からほど近いこちらのお店で打ち上げ&送別ランチを行いました。
d0222641_2004896.jpg

スクンビット23にあります、The Local by Oamthong Thai Cuisineでございます。
d0222641_2015742.jpg

趣のある一軒家のタイ料理レストランは、店員さんのユニフォームもロイクラトーンの男子の服としてお馴染みの
紺の農民服が着られておりますが、その色があちらこちらに活かされております。
d0222641_203576.jpg

お店にはこんなかわいらしい東屋風のスペースも。乾季には夜風に吹かれて気持ちがいいのかも~
こちらのレストランは100年ほど前のタイ家屋を改築して作られたそうなので
中にはアンティークや古くて味のある写真などが、飾られていて雰囲気を作り上げています。
d0222641_2059279.jpg

入口を入ってすぐの棟にあるのが、こちらのステキな個室なんです。
お店の中にはステキなデコレーションが施されておりますが、こちらはラマ5世のスタイルだそう。
そして100年以上受け継がれる、伝統的なタイの宮廷料理で使われる調理道具なども
品よく、部屋になじんで飾られている、ステキなセンスを感じさせるお店なのです。

さらに奥に続く通路を抜けて、別棟に渡ったレストランの2Fに私たちのお席を用意して下さいました。
d0222641_2014484.jpg

こちらの棟は入口にある棟と雰囲気が変わり、コンテンポラリーなしつらいが施されておりますが
初めて訪れた2Fは、1Fよりも雰囲気があってステキです。


The Local by Oamthong Thai Cuisine は、タイ料理の名店であるサトーンのNajの二台目オーナーが
以前、スクンビット33にあったOamthong を移転し、リニューアルさせたお店です。
広い一軒家のお店はアンティークなど様々な調度品や骨董品などが飾られ、博物館気分を味わえます。
こちらのお店には外国人も多く来店するようですが、今では探すのも大変な伝統的なレシピを
どの国の方もこちらで気軽にいただくことができ、特に南部のお料理がオススメだとのことです。


今回は大人数ということで、ランチメニューをオーダー。
d0222641_20193321.jpg

最初にはウエルカムドリンクとして、タイのローゼル、バイトーイ、レモングラスのジュースが。
この写真はローゼルのジュース。グラチアップというお花を乾燥させて、お茶にしたものなんです。
甘酸っぱくて好きな味でもあるのですが、何より美肌効果が高いので、メンバーより先にGetしました(笑)


何せ食べるのも、飲むのも大好きな方が多い、食いしん坊の野菜ソムリエメンバーなので、
この日も達成感いっぱいの心と、ここちよい疲れの体に、乾杯~!のシンハーが体に染み入ります(笑)
d0222641_20555254.jpg

赤ちゃんに母乳をあげているメンバーは、もちろん残念ながらお酒は難しいので
パッションフルーツとマンゴーのスムージーをオーダーしておりました。

セミナーでもお伝えしたばかりのマンゴー、そしてパッションフルーツは、葉酸も沢山含まれていて
妊娠初期の赤ちゃんへのDNA形成や、赤血球形成を助ける働きがあり、母乳の出もよくなるんです。
まさにこれは、赤ちゃんとママにピッタリの飲み物なんですよ♪


そして、かわいらしい前菜がやって参りました。
d0222641_20411691.jpg

前菜は上から、ヤム ソムオー、揚げたライスクラッカーの上にはタイカレーがほんのりと。
ミエンカムに出てくる中身はオーガニックの蓮の花に包んであって、一緒にいただくことが出来るのです。
d0222641_20421233.jpg

次にスープはトムヤム クンが登場。わりとあっさりした飲みやすいスープでした。


メインはそれぞれが好きなメニューをチョイスすることができます。
みんなが好きそうな定番メニューも豊富に含まれていて、みんな真剣にどれにしようか悩んでおりました(笑)
d0222641_20431955.jpg

ガパオ ガイ 
一口いただきましたが割と辛さは控え目で、誰もが食べやすいお味に仕上げてありました。
d0222641_20443521.jpg

パッタイ
タイのワンプレートディッシュを代表するパッタイは、誰もが安心していただけるお料理。
d0222641_20464739.jpg

グリーンカレー
タイ語ではゲーン キヤオ ワーン、緑の甘いスープと言うだけあって、最後にほのかな甘みがあるスープ。
来タイ当初は「どこが甘いのだ・・・」と辛さがたまりませんでしたが、今ではその名前の由来が分かる気も。
こちらのグリーンカレーは、長ささげ、ナス、バジルと、わりと多めの具材が入っているように思いました。
d0222641_204753100.jpg

レッドカレー
豚のスぺアリブにかかったレッドカレーの濃厚なソースは、横で見ていて食欲をそそります(^_^;)
d0222641_20531336.jpg

プラームックバッポンカレー
この中では一番レアな感じが致しますが、私がオーダーしたのは、こちらのイカのカレー炒め。
トロトロの卵が入っているので、とてもまろやかなお味です。
何度かここでランチをして、こちらが一番美味しそうだな・・・と思っていたので、今回は初トライ!
私にはちょっと辛さが足りないかな・・と思ったものの、まろやかなお味とイカの柔かさが食べやすい~

また、4人に一皿の割合で一緒に来たのがこちらの一品。
d0222641_0413848.jpg

パックブンファイデーン 空芯菜の炒め物です。
鉄分も多いことから、すぐに黒くなってしまう空芯菜の炒めものなのですが、こちらは鮮やかな緑のまま!
シャキシャキとした歯ごたえもよく、たっぷり野菜が摂れて嬉しかったです❤


最後は、こんなかわいらしいデザートが。
d0222641_2057371.jpg

ココナッツのアイスクリームは、アイスクリームと言うよりシャーベットに近いようなあっさりとしたお味。
口の中の辛さを取ってくれる、最後にふさわしいデザートでした。


全体的にランチのセットだったからかお味はまろやかで食べやすく、外国人向けかな?とも感じました。
お店は雰囲気もあってステキなので、旅行者の方や、タイ料理が初めて、そして苦手な方にもGood!
そしてランチのセットは、メインが8種類の中から選ぶことができ、定番のお料理が揃っているので
奥様会、歓送迎会などの大人数での会食にも向いていると思います。

私としては、せっかくNajの姉妹店だし、もっとお料理のチョイスを冒険してみたいな~と言う気持ちも。
夜などのアラカルトでは、やはりオススメと言う南部のタイ料理なども楽しめるようなので
今度はぜひ、ディナーでチャレンジしてみたいと思います♪


今回のセミナーは、前回講師を務めて本帰国になったMちゃんも、お手伝いに参加してくれました<(_ _)>
そして今回送別となってしまったMさん・・・突然の帰国は今でもまだ実感が湧かないけれど
でも、またいつか、こんな風にいつでも会える気がしていてなりません。
野菜ソムリエの活動を通して出来た、熱い仲間たちの出会い、これが何よりの財産・・・そう思います。
みんな、それぞれの地で頑張って、また楽しくみんなで集まれる日を楽しみにしています(^^)/



「The Local by Oamthong Thai Cuisine 」
Sukhumvit soi 23
Tel: 02-664-3360-1
Lunch:11:30-14:30
Dinner:17:30-23:30
by treasure-bkklife | 2013-02-24 00:34 | Thai@BKK
2月21、22日と二日間にわたった野菜ソムリエコミュニティ・バンコクが主催致しました
「タイで食べたい!オススメ果物 ベスト6」のセミナーが、おかげさまをもちまして、無事終了致しました。

今回の果物セミナーは、前回のタイ野菜をご紹介させていただいたのセミナーに引き続き、
タイにお住まいの皆様に、ぜひ南国フルーツの魅力を十分にお伝えしたい!と言う思いが
メンバーから持ち上がって、計画をスタートさせたセミナーです。
d0222641_2351195.jpg

この資料は、メンバーみんなの知識と意見が集まった、熱い思いがこもった資料(笑)。
何度も話し合いを重ね、内容を修正し、皆様にお伝えしたいことを半年かけて絞り込んで行きました。
d0222641_2257539.jpg

そして私たちが野菜ソムリエが選んだ、タイで食べたいオススメ果物ベスト6の果物たち。
マンゴー、スイカ、パパイヤ、バナナ、グアバ、ソムオーを選ばせていただきました。

普段よく食べながらも、実は本当の素晴らしさを、美味しさを知らずに食べていることが多い果物たち。
日本でもよく食べられるバナナですが、こんなに種類があったのはご存じでしたか?
離乳食から食べられるバナナですが、お子さんによってもすでに好みもあるようで、味が違うんです。
d0222641_22594630.jpg

そしてこちらには、南国ならではのフルーツがずらり。
来タイして、スーパーや道端などで見る、いろとりどりの南国フルーツが気になりながらも
でも、失敗したらイヤだしな・・・と、ちょっと手が出なそうなものを盛り込んでみました。
d0222641_23102188.jpg

こちらは果物がドライになったお菓子たち。日本へのお土産などにもとっても喜ばれると思います。

私、個人的にはバナナ・タマリンドチップスが大好きで、お土産にもよく買って帰ります。
レモンファームや、スクンビット39-49のSoi Promisiにある、アクトでも売れられているので一度お試しを!
これ以外にも、ドリアン・チップスも癖になる美味しさ。子供も大好きなんですよ♪
d0222641_23113831.jpg

今回の休憩時間には、野菜ソムリエ コミュニティ バンコクの会長である、青澤直子がオーナーを務める
SALADeeから、パッションフルーツ・クリームプリュレ マンゴー添えをお出し致しました。
「美味しい~」「作り方を教えて下さい!」との声も上がったこのパッションフルーツ・クリームブリュレですが
SALADeeでもお出ししておりますので、ぜひお店でもお試しくださいませ。
d0222641_23124925.jpg

この美味しさにはこんな努力も。こちらは東京でパティシエをしていたNちゃん。
セミナーでもお店と同様に、上にのったカラメルをパリパリの美味しい状態をお客様にお出ししたいと
会場裏でバーナーを使って消防士さながら、こんな作業をしておりました(^^♪
d0222641_23393569.jpg

このセミナーには司会や講師、受付だけでなく、多くのメンバーが携わっておりました。
セミナー会場でも、お出しする試食品や、お土産の準備など、みんなの力があってこそのセミナーなのです。


今回のセミナーは3部構成で行わさせていただきました。
d0222641_1192635.jpg

まずは、私がベジフル ビューティー アドバイザーとして、
「なぜ果物を食べるとインナービューティーによいのか?」「どのようにして食べると効果的なのか?」
果物とインナービューティーの関係について、お話しをさせていただきました。


果物にはビタミン・ミネラル、水溶性の食物繊維、酵素、有機酸などを豊富に含んで、抗酸化作用も高く、
美肌や美白、アンチエイジングだけでなく、生活習慣病や疲労回復、ダイエット、骨粗鬆症などにも効果が。
食べる順番や時間によっても体内での効果が違うので、どう食べるとさらに効果的なのかをお話しました。

私事で大変申し訳なかったのですが、先週にひいた風邪がまた完治せずに喉の調子が悪く
何度も途中で咳払いをしてしまいお聞き苦しい点があり、本当に申し訳ありませんでした<(_ _)>
そんな中でも皆様が耳を傾けて下さり、メモを取って下さっているのがとても嬉しくありがたく思いました。


そして、今回は二人の新しい講師がデビューし、オススメ果物の6つを詳しく説明していきました。
d0222641_23134455.jpg

コミュニティー内からも「かわいい~」の声があがるZちゃん。まだまだ若い駐妻さんです。
メンバーは年齢も出身地も様々、そんな仲間とこのコミュニティを通して出会えることも大きな財産の一つです。


初めて50人のお客様の前で話すと言うことは、非常に緊張すると言うことはもちろんですが
内容をよりよいものへと詰めていく過程は、自分の経験を通しても大変だったことと思います。
でも毎回ですが、みんなセミナーが終わったあとには「やってよかった!」と言う一言が。
一生懸命頑張ったからこそ得られる達成感は、やっぱり何とも言えないんですよね!
d0222641_2314343.jpg

もう一人の講師、Kちゃん。産後半年ちょっとの3人のママですが、時間をうまく使って頑張ってくれました!
すでにすくすく会などでも講師として話す経験はあったものの、本当に大変だったと思います。


二人からマンゴー、スイカ、パパイヤ、バナナ、グアバ、ソムオーのみんなが知りたい効能などをはじめ
食べ方、選び方、保存の仕方など、果物の楽しみ方をお伝えしていけたかと思います。
d0222641_23193349.jpg

こちらはセミナー中にパパイヤ、ソムオーの食べ比べをしていただくためにお出ししたもの。
d0222641_1254386.jpg

それぞれ3種類の違う品種を食べていただいて、お好きなものに手をあげていただきました。
パパイヤ、ソムオーにも種類があって、味わいなどがかなり違うのもお分かりいただけたかと思います。

少しでも美味しいもの、そして珍しいものを食べていただきたいと、メンバー一同で探し回りましたが
パパイヤはパパイヤオランダという食べやすい種類があり、二日通して一番人気だったように思いますが、
二日目はパパイヤ・ハワイが熟れ具合によって、票を二分するなど、かなりお味が左右してしまう果物です。
また、在タイが長いメンバーなどは、香りにクセがあるケークダムなどがパパイヤらしいと言う意見も。

そして美味しいと言われる39のパクソイ、そして中ほどでバンで販売されているソムオーでも
その日の状態によってかなりお味が左右されてしまうので、食べ比べの順位が変わったことも。
ソムオーにはルビー色のソムオー タップティム(タップティムとはザクロを意味します)があるのですが
2週間前は本当に美味しかったものの、旬が終わりにきているせいか、当日はちょっと苦みがあったかも・・・。

こんな風にちょっとした熟れ具合、そして時期や好みによって、印象がかなり変わってしまうのが果物なので
一度食べて「美味しくない」と思わずに、季節や購入場所、種類などを替え、チャレンジしてみて下さいね!


三部構成の最後には、魅力あふれる南国フルーツですが、
ちょっと手を出しずらいような果物を選んで、その果物の旬や食べ方についてご紹介を。
d0222641_23151942.jpg

今回、講師は2度目となるMちゃん。二度目とあってさすが!の落ち着きぶりでした。
これはタマリンドを実際に割ってみて、食べ方を説明しているところですが、
美味しい旬、食べ方、こぼれ話、注意点など、みなさんが知りたい情報を満載にしてお話を致しました。

パッションフルーツは、外の皮がシワシワになってからが食べごろ、
ドリアンとビールの組み合わせは、お腹の中でガスが発生して命が危なくなることも・・・と言うお話や
マンゴスチンの皮の赤い汁には、染料になる成分が含まれるので、取扱いに要注意など
「へぇ~っ、そうなんだ~」と、思われる話が一杯だったのでは?と思います。

ザクロ、釈迦頭(ノイナー・Sugar Apple)、ジャックフルーツ、スターフルーツ、タマリンド、ドラゴンフルーツ
ドリアン、パッションフルーツ、マンゴスチン、ライチ、ランブータン、ローズアップル、ロンガン、ロンコンと
セミナーにいらしたお客様にも本物を見ていただきたいと、タラートまで足を延ばしておばちゃんに交渉し
旬でないものも取り揃えるよう、メンバー一同大奮闘!これだけ知っていれば、立派なタイ果物通です(笑)

タイの果物は、これから3月~7月にかけて旬になるものが多く、美味しいものが増えてくる時期。
ぜひ、一度チャレンジされてみて、その魅力に触れていただければと思います♪


最後に、今回のお土産にはこちらをご用意させていただきました。
d0222641_23202911.jpg

メンバーのHさんが家業を営む、Green Nagayamaのサラダ菜2種類。
水耕栽培で作られたサラダ菜はとても柔かくて美味しい上に、土を使わないので寄生虫などの心配もなし。
Big Cなどでも販売されているので、ぜひお試しくださ~い。
d0222641_23215149.jpg

クリームブリュレのバーナーを担当してくれた、Nちゃんが作ってくれたパッションフルーツとバナナのジャム。
その美味しさはメンバー全員のお墨付きなのはもちろんのこと、どこの家も子どもたちから大好評でした!
レシピにはこちらのジャムの作り方なども載せさせていただきましたので、ぜひご自宅でもお試しください♪

また、ヤマモリトレーディング様からウスターソースと、我が家の子供も大好きな卵かけごはん用醤油、
バムルンラード インターナショナル ホスピタル様からバッグのご提供をいただき
パーソネルコンサルタントマンパワー様には、会場提供などをしていただきました。
皆様の暖かいご支援に、メンバー一同、感謝・感激しております。本当にどうもありがとうございました。


二日間に渡ったセミナーでしたが、皆様には楽しんでいただけましたでしょうか?
これから私たち、野菜ソムリエコミュニティー・バンコク一同、さらに活発な活動を続けて行きたいと思います。

また、現在、野菜ソムリエコミュニティ・バンコクは、私たちと一緒に活動してくれる仲間を大募集中です!
Jr.野菜ソムリエ、ベジフルビューティーセルフアドバイザー、Jr.食育マイスターの資格は
バンコクでも通信教育によって受講可能ですので、小さなお子さんがいても勉強可能です。
6月2日受験の受付も始まっておりますので、ご興味のある方は、ぜひ下記へお問い合わせくださいませ。
  バンコク窓口 青澤 直子:aonao727@yahoo.co.jp Tel:081-836-6350


今回、ご来場いただきました皆様、当日は空調が強く、かなり冷え込んで申し訳ありませんでしたが
本当にご来場どうもありがとうございました。メンバー一同、感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも野菜ソムリエコミュニティー・バンコクをご支援のほど、よろしくお願いいたします<(_ _)>
by treasure-bkklife | 2013-02-23 13:11 | 野菜ソムリエ

PLATOO Restaurant

お友達の来タイが続いておりますが、明日から二日間は野菜ソムリエセミナーです。
今日もセミナーに備えてフル・リハーサルと、会場設営の準備などで一日中大忙し!
こんな時こそ時間との勝負、朝からBlogを書きながら、キッチンでは圧力鍋がシュッシュッとお仕事中(笑)
風邪が流行っているようですが、我が家も病み上がり。こんな時こそしっかり栄養をつけて、頑張らないとね♪


さて、Kui Buriからの帰り道、ちょっと遅めの昼ごはんを、Cha-Am辺りで食べてバンコクまで帰ろうと。
せっかくここまで来たのだから、やっぱり美味しい魚を食べなくっちゃ!と
チョイスしたのはこちらのお店でございます♪
d0222641_8521761.jpg

チャアムにあるPLATOO Restaurantでございます。
大きな道路からこちらに入る時に、ノボテルがあったのでそちらを目標にするとよいと思います。
d0222641_953616.jpg

こちらのロケーションは、まさにオン ザ ビーチで、子供たちはここで砂遊びを始めそうな勢い(^_^;)
d0222641_945177.jpg

お昼から若干時間がずれていたこともあって、こちらの特等席をGet!
d0222641_965956.jpg

お店はかなりの人数が収容できるようで、あるサイトではCha-amのベストレストランにも選ばれていたので
タイのローカルの方だけでなく、西洋人などもチラホラと見かけましたよ♪


こちらのお店は、のんびりと寛いだ雰囲気の中、美味しいシーフードをいただけるお店で
チャアムのベスト オン ザ ビーチ レストランとも言われているそうです。
タイの伝統的なお料理はもちろん、シーフードのお料理など西洋風にアレンジされているものも多いのです。
新鮮で高品質な素材を使ったお料理は、ローカルTV番組や雑誌などにもよく掲載され、味は保証済みとのこと!
d0222641_9112857.jpg

まずは旅の終わりに、海風にふかれながらビールで乾杯~❤ 
ローカルな雰囲気が漂いますが、このお店も本当にノンビ~リ、まったりして過ごすことが出来るんです。


子供たちがチョイスしたメニューなので、今回は「どうなの~?」って感じのメニューではありますが
たまには子供を優先しないと、クレームが出るのでやむなしと(~_~;)
d0222641_8561812.jpg

Deep fried Fish with Butter
西洋人が好きそうなメニューですが、これもとても食べやすいお味!
d0222641_8574253.jpg

Steamed Prawns with Grass noodle
クン オップ ウンセンは子供たちも大好き!このエビから染み出たエキスを春雨が吸ってくれるのですが
肝心のエビよりも、春雨を奪い合って食べるのが我が家の子供たち(~_~;)
d0222641_85971.jpg

Pan Fried Fish Red Snapper with Tartar Sauce
Fish & Chipsが大好きな子供たちのセレクトなので、同じようなメニューばかり(笑)
こちらにはワインもおいてあるようなので、そちらをチョイスした方がよかったかも(^_^;)
d0222641_1074893.jpg

Deep fried fish with sweet-sour vegetable
いわゆるプラー ガポンですが、魚の大きさなどからお値段が時価になるお料理。
少しは野菜も・・・とママが選んだお料理でしたが、身が柔かく臭みも全く感じずとっても美味しかった~♪
あげた魚に酢豚の野菜が乗っているようなものなので、子供たちにも食べやすい一品だと思います。


魚はどれも臭みがなく、柔かいものだったので、私としてはできれば貝や甲殻類などの
もっとシンプルな、素材の味をストレートに味わえるお料理も試してみたいところです。

そして、こちらのレストランには魚だけでなく、ステーキなどの西洋風のお肉料理なども用意されているので
魚がどうしてもダメ・・・という方がいても、お互いにメニュー選択が出来るのが嬉しいところ。
タイ料理だけでなく、西洋料理のメニューも多いので、大人も子供も楽しめるところもGOODだと思います♪



「Platoo Restaurant」
241/44 Burirom Tumbol Cha Am Amphoe Cha-Am Phetchaburi
Tel:032-508175
10am-10pm
Mapはこちらから♪
d0222641_1094160.gif

by treasure-bkklife | 2013-02-20 10:28 | HUA HIN

X2 Kui Buri

土曜日からお友達が来タイしております!今回はお母様と二人旅❤
昨日、ランチをご一緒させていただきましたが、とても優雅な仲良し親子で微笑ましい♪
いつか私も娘とこんな旅が出来たらいいな~ と思ってしまいました(*^_^*)

そして先週の病気の間には、せっかく家にいるのだから・・・と我が家のソンクラン旅行の計画に余念なく(笑)
バンコク駐在のうちにあらゆるタイを満喫したいと、4月のお休みがとっても楽しみになって来ました(^^)/


さて、お正月に行ったHua Hin記に戻りますが、今回の宿泊先はHua Hinと言っても実はHua Hinにあらず。
Hua Hinからさらに南下すること約1時間の、タイ人にもすでに大人気の5つ星ホテルです。
d0222641_235129.jpg

X2 Resort Kui Buriでございます。
d0222641_234935100.jpg

入口を抜けると、こんなに大きなタマリンドの樹が!
もちろん「この~木、なんの木、気になる木~」とずっと歌っていたのは言うまでもありません。
d0222641_23523526.jpg

レストラン前には大きなソファが。こちらからは海が一望できるんです。


2007年にオープンしたこちらのリゾートは、バンコクから三時間ちょっと、ホアヒンからは30分~1時間。
まだまだ自然が残されたエリアの中に、23のVillaがある小さなリゾートです。
建物などは斬新な作りで、モダンと自然が融合した作りになっているのが印象的で
2012年のTrip Adiviserからも「Certificate of EXCELLENCE」を受賞したリゾートです。

なぜ、今回のお休みに我が家がここのホテルを予約したかと言いますと、それはこんな理由から。
① お休みが少ないので近場で、車でそこそこの時間で行けるところ
② ワンコを連れていくことが条件 (これは子供たちの要望)
③ ゆっくりノンビリ、何もしないでボーッとできること (これは、仕事でお疲れ気味の主人の要望)
④ ちょっとラグジュアリーな雰囲気があるところ (これはママ。ワンコ連れだとなかなか見つからな~い)
⑤ ママがビキニになっても大丈夫なように、知り合いに絶対!会わなさそうなところ(爆)
こんな旅行をしたい方にはオススメの場所なんです。

ちなみに、ワンコ連れの方、こちらは一日1,000Bのチャージが別途かかります。
我が家は小型犬ですが、中型・大型犬がOKかは確認し漏れてしまったので、直接お問い合わせ下さい。


リゾートに着いたら、まずは敷地内の見学ツアー!
d0222641_0382685.jpg

入口からお部屋への道は板張りで、様々な花が迎えてくれます。
西洋人の方々は、どこへ行くのでも裸足で過ごしている方も多く見かけました。
d0222641_0411799.jpg

各Villaへの入り口はこんな石壁で。かなり変わった建造物っていう感じでしょ?
d0222641_03842.jpg

こちらのお部屋はこんな風なミニマムな作りで、壁が全て石壁でできているオシャレな感じです。
私たちはキングサイズにエクストラを1つ入れてもらいましたが、結構ギューギューではあったかな(^_^;)
d0222641_051737.jpg

シャワーは部屋に2つ。そのうちの一つは上が天空なので、風が入って気持ちいい~
d0222641_025568.jpg

私たちのお部屋は目の前は大きなプールになり、子供たちが泳いでいるのを安心して見ることが出来ました。


そしてリゾートと言えば、やっぱりプールも大事!
d0222641_0324514.jpg

プールの目の前は海!モダンで大人の雰囲気が漂うプールサイド。
d0222641_1001360.jpg

子供たちがプールで遊んでいる間、ママはこちらで読書を。
一日中こちらに寝転んで、何もしない休暇を楽しんでいる欧米人が多かったと思います。
d0222641_0363198.jpg

若い人たちが楽しんでビーチボールで遊ぶ場面も。「The 青春!」って感じで懐かしい(笑)

このリゾートはOn the Beach!目の前には海が広がります。
d0222641_047574.jpg

海の透明度はHua Hinより若干いいかな~という程度だったかもしれません。
ただ、この時だけかもしれませんが、波は結構荒かったように思います。
d0222641_95319100.jpg

これだけ見るとまるで泥水みたいな海ですが(笑) これは砂が舞い上がっているので念のため。
我が家の子供たちはだいぶ大きくなっているので、波にわざと乗って遊んでいましたが
波に足をすくわれて小さいお子さんにはちょっと危険もしれませんので、親が目を離せない感じかも。。。
d0222641_1016452.jpg

いつもながらの砂遊び。ママは一緒につき合わされて、日焼けが心配!!!
これっていったい、幾つまでやるのかしら~(^_^;)


気になるお食事ですが周りにはな~んにもないので、お出かけすることは難しいです。
なのでお食事は全てリゾート内にあるレストラン、「4K」で済ますことになるかと思います。
そんな場所だと、どんなお料理なのかが結構大事だと思うのですが、ブランチも充実していて嬉しかった~❤
d0222641_23582419.jpg

レストランからは海が一望出来て。とっても静かで、解放的なリゾートです。
d0222641_935575.jpg

なんと、朝からスパークリング付き(*^_^*) まさに優雅な一日の始まりと言う感じです♪
d0222641_992956.jpg

Buffetにはサラダや果物、そしてコールドミートなどが並びます。

そして「4K Creations」と題し、卵料理などはメニューの中から好きなものをオーダーし、作ってくれます。
d0222641_9142243.jpg

Scrambled egg & with smoke salmon
d0222641_9201992.jpg

Egg Benedict with Avocado
他にも卵料理だけでなく、アジア風のお粥など、様々な種類が用意されていました。
もちろんこの他にも、パン類やパンケーキ、シリアルなどもあって、大満足のブランチです。


そして夜は一変してムーディーなムードに変わります。
d0222641_931967.jpg

こちら仲良くなったベルギー人のご夫婦でしたが、なんと2週間もここに滞在しているそう!
食べ物は飽きないのかな・・・と思ったのですが、お料理も美味しいので全く問題ないとのことでした。
d0222641_9271923.jpg

「食べては寝て」のまさに「寝正月」(笑)少しでもL-カルニチンの脂肪燃焼効果を期待してNZのラムチョップ
d0222641_9284532.jpg

そして海の町に来たからには、やっぱりいただきたいのは海の幸のグリル。
夜はグリル系のメニューが充実しておりました。
d0222641_938294.jpg

食事が終わったあとも、こんなソファーに座ってのんびり・まったり。
夜風にふかれながら、ゴロンとソファに寝そべっていただくワインも、これまた格別でした~❤


ホテルの従業員の方のホスピタリティもよく、な~んにもない、静寂が漂うリゾートなので
久々に静かでノンビリした時間を、家族でゆっくり過ごすことが出来ました。
d0222641_9424265.jpg

何もしないでノ~ンビリ、ワンコと一緒にお昼寝。こんなOFFする時間も時には大切。
毎日の喧噪から離れて、ゆっくり、まったりしたい方には、ぜひオススメのリゾートです!
どちらかと言うとカップルなど、大人のリゾート向けとも言えそうなので、
お子さん連れの方は、DVDなどのお子さんが楽しめるようなものを、お忘れなくお持ちくださいね♪



「X2 Kui Buri」
52 Moo 13, Ao Noi Sub-district, Muang District, Prachuap Khiri Khan
Tel:03-260-1412
Mobile:084-466-5553
Mapはこちら♪
d0222641_9491256.jpg

by treasure-bkklife | 2013-02-19 10:05 | HUA HIN

Gossip Eats & Drinks

昨日はValentaine's Dayでしたが、大変な一日となりました・・・。

今日、朝から私と娘はBTS、そしてMRTを使って、Sam Yanのイミグレーションへ。
満員電車に乗るのが生まれて初めて!の娘は電車の中で急に崩れるように倒れ、途中下車することに。
倒れて座り込む娘を見て、次々に見知らぬタイの人達が、薬をポケットから出して香りをかがせて助けてくれたり
顔を拭いてくれたりして、気が付くと駅の乗務員さんを呼んで来てくれました。

駅の構内には救護室があり(在タイ丸5年目にして初めて知りました!)、そこの女性たちが、
汗でびっしょりな娘を拭くように濡れたタオルを差し入れてくれ、別の女性は暖かく甘いお茶を持ってきてくれ、
別の男性は、娘のために車いすを運んで来てくれていました。

その後、あまりに容体が悪いようなので病院まで運ぶことになり、駅から皆さんが駅の外まで
車いすを押してくれ、階段では一緒に娘を抱えてくれて、しかも偶然にも通りすがったサミティベート病院の
従業員用のシーローに乗らせてもらい、病院でも即、車いすで外来まで運んでもらうことが出来ました。

血液検査の結果、貧血と分かって一安心でしたが、時には「もう、タイって・・・(怒)」と思うこともあるけれど
改めてこの地に暮らし、人々の暖かい思いやりの中で生活しているんだと気づかされた
思い出に残る、ステキなValentine's Dayになりました❤
d0222641_12393994.jpg

家に帰って娘が主に作った、チョコレートムースタルトは、大好きなパパとお兄ちゃんに。
Arche+2月号の「タイ薫るおもてなし4ディッシュ」に掲載した、パイナップルココナッツプディングのアレンジ。
Villaにある冷凍のタルト生地に、パイナップルピューレの分量を生クリームに替えてチョコレートを足しただけ。
ピューレなどの中身を変えることで、いろんなバリエーションが楽しめるので、ぜひお試しくださいね♪


さて、昨日はValentine's Dayはありましたが、ママは女友達とお出かけを(^_^;)
中国からバンコクに里帰りしていた友達の「お帰りなさ~い」の会なので、パパに子供を預けてこちらへGO!
d0222641_1259953.jpg

スクンビット55、トンロー15にある、Gossip Eats & Drinksでございます♪
J-avenue脇を抜けて、さらに奥へ。Oakwood Thonglorに隣接した場所になります。
d0222641_22452588.jpg

オープンテラスのお席は、夜はもっとムーディーな雰囲気になって、西洋人の男性グループがいっぱい。
私たちは1Fの中の席でしたが、扉がオープンなのでかなり蚊に刺されまくりました(^_^;)
虫よけ対策は万全にしてお出かけした方がよさそうです!
d0222641_133571.jpg

1FのBarはあたりが暗くなると、かなりHOTな目にも当てられない、ラブラブカップルたちが登場(爆)
タイのハイソ系の方、たぶん芸能人と思われる方、西洋人の美しいカップルなどの人もチラホラ。。。!
d0222641_132286.jpg

この日はValentine's Dayとあって、1Fには既に花束を用意してあるお席まで!
そう言えば気が付くと、女子会だったのは、こんな日だからか私たちだけだったかもーーー(^_^;)
d0222641_22431063.jpg

2Fにも席が広がっておりますが、8時を過ぎた頃にはどこも満席で、お店の人気が伺えました。


こちらのお店は、最近、バンコクでも多く広がっているGastro Bar。
これまた西洋人から大人気の、スクンビット11にあるOSKARのオーナーがトンローにオープンさせたお店です。
お店の名前の「Gossip」は、その名の通り、友達や恋人とゆっくり寛いでお料理やお酒を楽しみながら
おしゃべりに花を咲かせるお店にしたい、そんなお店のコンセプトが表されているようです。

シェフのJulien Lavigne氏は、Dusit ThaniのフレンチD'Senceで腕を磨き、OSKARをオープンさせた方。
フレンチ、イタリアンの経験に、地中海、日本、そしてタイなどグローバルな風味をミックスしたお料理だそう。


今日のメンバーは味にはそれぞれのこだわりがある、楽しいメンバーたち。
来タイしたお友達はワインソムリエも持っている方!もちろん、ワインのセレクトはお任せ~ということで(^^)/
d0222641_135550.jpg

「『みやさこ』で~す」と、自らいきなり現れたこの方! そう、あの雨上がり決死隊の宮迫博之さんにそっくり!!!
誰か日本人が教えたに違いないと、私たちですが(^_^;) こんなお茶目なところもタイならでは(笑)
写真を撮ってほしいとのことだったのでパチリ。彼を見かけたら「宮迫~」と声をかけてあげて下さいませ(^^♪
d0222641_0133239.jpg

今日の白、そしてこの後の赤ワインはこれはまた、格別美味しかった~ 
話に夢中で、しっかり名前を聞くのを忘れたのが残念(^_^;)


お料理はそれぞれが好きなものをチョイスして、みんなでシェアすることに。
d0222641_1371816.jpg

メニューにあったのか分からないけれど、Green Salad。
在タイ長い友達が、これまたお願いして作ってもらったようです(^_^;)
うまく表現できないような、ピリッと辛いそソースがかかっていて、これはなんだったんだろうと話題に。
d0222641_1392314.jpg

Hamachi Chviche
ハマチのタタキに、タイのスパイスが効いたタルタル。ハマチって外国人にも人気があるんですよね~
d0222641_13104575.jpg

LAMB KEFTA
ラムのミンチがサトウキビに巻きつけられて。香草とピスタチオのソースでいただきます♪

お次はメインへ。
d0222641_1312460.jpg

Sicilian Seafood Couscous
地中海風のお野菜とピリッと辛いハリッサのクスクスは、貝のお味が染みて絶妙なお味に!
d0222641_1314088.jpg

Seared Tuna Steak
このツナの下に敷かれている、鮮やかなグリーンが話題になりましたが、マッシュしたポテトにワサビなんです!
そのワサビのお味は「これは粉ワサビじゃなくて、特選の方!」などど、最後には素材当てクイズに(爆)
ツーンと鼻にきて「あっ、やってもうた!」と鼻をつまむ場面もありましたが、何だか癖になる感じ(^_^;)
上にはポン酢ソースと、砕いたワサビ風味のグリーン豆が乗っていましたが、これはタイ人が好きな味かと。
d0222641_13153966.jpg

Warm Gorgonzola Croquettes
レタスの上に、ゴルゴンゾーラチーズが小さなコロッケのようになったものが、シトラスドレッシングと一緒になって。

そして〆のデザートへ。
d0222641_1317172.jpg

正式な名前は忘れいてしまいましたが、マショマロが乗ったフォンダンショコラ。
やっぱりValentine's Dayですもの、チョコレートをかかすわけにいきません。

これ、一口食べて「あっ、辛っ!」と一人が言い出した途端、「どれどれ~」とこれまた素材探しの旅(笑)
ジャーに入っているのはチェリーソース、隣のチョコレートソースに唐辛子が入っていたんです。
まるで韓国のお土産の、チョコレート唐辛子みたいなお味でしたよ♪
d0222641_13184789.jpg

これも美味しかったのですが、話題に夢中で名前をすっかり忘れてしまいました~ 
お酒のあとのデザートって、やっぱり冷たいアイスなどが美味しく感じます❤


中国での生活はバンコクとはまた違って、やっぱり大変なことも多いようです。。。
特に尖閣諸島の問題があってからは、街の中でも恐怖に感じたこともあったようでした。
そんな大変な中でも、どこの国、そして状況であっても、自分の楽しみを見つけて前向きに、
自分の勉強に前向きに頑張っているお友達、ほんと尊敬の気持ちでいっぱいです!
いつも陰ながら応援しています、またいつでもバンコクに帰ってきて、会えるのを楽しみにしているよ~(^^)/


バンコクはこの地を去ると、さらによさが分かるようで、本帰国やスライドをしたお友達が次々に里帰りを。
観光だけでなく、いろんな国のお料理の味を楽しめて、そしてエステやスパなどで自分磨き、ショッピングと
やっぱり、誰にとってもいろんなことを楽しむことができる、嬉しさ一杯の国なんだとも思うのですが、
みんな言うのは「微笑みの国」と言うこと。人の心に残るのは、やはり人との暖かなふれあいなんでしょうね❤


家に帰ると子供とパパが待っていて、Valentaine's Dayのチョコレートムースをみんなでいただきました。
やっぱりこの日は、一番大切な人たちといなくっちゃね♪
今月は4組、来月も1組のお友達が来タイ予定で、私もとっても嬉しい!
これから体調を立て直し、野菜ソムリエセミナー、そしてその後のイベントまで突っ走ります~♪



「Gossip Eats and Drinks」
313 Sukhumvit 55 (Thonglor) Soi 15
Tel:02-185-3093
4pm-midnight
by treasure-bkklife | 2013-02-15 23:56 | Tea & Coffee@BKK

Crêpes & Co.@ Hua Hin

娘のインフルエンザ騒動から、今度は母が39度の高熱を出す番に(>_<)
これは移ったに違いないと病院に行ってみたものの、結果は「Negative」、白だったのです!
日曜日から声が出なくなり、咳が出て、頭痛がひどくて寝込んでいたのですが、昨日はとうとう発熱まで。
こんな風邪も流行っているようですので、皆様もどうかお気を付け下さいませ~

さてさて、熱で外出できないのをいいことに、「時間がある時にやってしまえ!」と、
これから来タイするお友達4件のお店の予約と、ソンクランの旅行の計画&予約にいそしんでおります(笑)
やっぱり熱があっても「時間がもったいない・・・」と思ってしまうのは、「性」なのでしょうか~~~(^_^;)


気が付くとChinese New Yearも終わり、お正月の旅行のUPを忘れていたことに気が付きました(~_~;)
今年はBangkok Madamも特集していた、近場のHua Hinとそこから足を延ばしたKui Buriに行ってきました。
Kui Buriまではバンコクから3時間半~4時間ぐらい、その間にHua Hinでランチをしていくことに~
今回チョイスしたお店は、こちらです。
d0222641_2147271.jpg

Crêpes & Co.のHua Hin店でございます♪
あれっ?と思うでしょ? そう、バンコクにもあるCrêpes & Co.が、最近HuaHinにお店を出したのです。

こちらの場所は、これまた最近人気の大型プールがあるBlack Mountain Water Parkからも近いのではと。
看板を見て「行きた~い」と騒ぐ子供たちですが、今回はワンコ連れなので、それはナシってことで(+o+)
d0222641_2148481.jpg

入口を中に入っていくと、映画「ラマン」の少女の絵が飾られて。
d0222641_21551429.jpg

お店はリゾート気分が満載の作り。この山吹色の壁が南欧を思わせます。
d0222641_2283259.jpg

こちらは何度もBest Restaurantに選ばれる名店ですから、お味のほどはお墨付きです。

Crêpes & Co.はバンコクに登場した1996年以来、「地元のオアシス」をコンセプトに
暖かく平和的な、そしてお客様がここに暮らしているような雰囲気を大切にして
リラックスして過ごせるようにと、作られたお店なので、それはHua Hin店も変わりません。

バンコクの皆様にはすでに名高いお店であり、トンローではEight Thonglorの中にも入っているのですが
以前の記事で紹介したスクンビット12のお店は閉店となり、ランスワンに移動しております。
そんな中、Hua Hin、そして中国の上海にも出店されているようなので、とってもビックリしました~(^^♪


こちらは予約の時に、ワンコ連れでOKと確認をしておきました。
d0222641_215669.jpg

ワンコ連れの方はお外の席へ。乾季には清々しい風が通って気持ちがいい~❤
d0222641_2273724.jpg

こちらにはBarカウンターも設えられて。
夜には西洋人の方が、夜風に吹かれて飲むのが好きそうな雰囲気です。
d0222641_21573927.jpg

そして「恋する二人」にはピッタリのラブラブ&なごなごシートが。もう家には小さすぎて入れませんが(爆)
d0222641_21565182.jpg

なんと嬉しいことに、ワンコのお水まで用意して下さる心配りが!こういうのって本当に嬉しいんですよね❤


そして子連れにも優しく、嬉しい仕掛けが満載です。
d0222641_21581493.jpg

室内はもちろんしっかりとエアコンも効いていて、いつでも快適です。
d0222641_2158542.jpg

お部屋の一角には、ちょっとしたマットのコーナーとぬいぐるみなどが。
パパとママはせっかくのお休み、そしてリゾート気分なので、少しはノンビリお酒を飲みかわしたくとも、
子連れだと「はい、食べた!はい、帰ろう!」がお決まり(爆)これなら少しは間がもってくれて嬉しいかも~❤
d0222641_21593381.jpg

こちらのオープンキッチンは、こんなマリンルックのコックさんたちが。
こういうのを見るだけでも、子供って楽しんでくれるんですよね~♪
d0222641_220759.jpg

もう少し大きいお子さんたちには、違う場所にもこんな雲梯やらブランコなどがあったんです!
d0222641_2212841.jpg

お店のポリシーとしてお子さんから目を離さないでくださいとあったのですが、この近くにはこんなカワイイ席も。
ここでノンビリと時間を楽しみながら、子供たちが元気に遊んでいるのを見ることもできますね♪


さてお料理ですが、どうしてもHua Hin=シーフードとなってしまう我が家なのですが、
Kui BuriのHotelに行きがけに、軽いランチを済まそうとこちらに寄ったこともあって
代表的な地中海料理の数々も並びますが、この日はフランス風のクレープをオーダーすることに。
d0222641_2255434.jpg

まずは、ここに来ると飲んでしまうのがこのサングリア。新年の旅行に乾杯~
d0222641_2263051.jpg

子供たちはマンゴラッシーで。かなり濃厚なマンゴーラッシーでした。

クレープはケンカにならぬよう(笑) それぞれ違う種類のものをオーダーして分け合うことに。
柔かい日本のクレープとはまた違う美味しさですが、クレープだけで本当に迷ってしまうほどの種類が!
迷った私たちは、「The Most Popular Crêpes」という欄から選ぶことに~
d0222641_2215936.jpg

クレープはこんなパリッとした食感の、フランス風のものがやって来ます。

d0222641_2223518.jpg

Supreme
息子のオーダしたこちらはEgg, Bacon, Ham, Mushrooms in Cream,Cheese & Béchamel Sauce入り。
うちの家族はジャカルタ・バンコク育ちでお腹が強いので、生卵でも問題なくいただけるのですが
やっぱり生卵は心配・・・と言う方はオーダーは避けるか、よく焼いて下さいと伝えた方がよいと思います。

もちろん息子は何の問題もなく、しっかり、こってり(笑)のこちらのクレープを堪能しておりました!
私が以前いただいたときには、「白ワイン、下さ~い!」と追加でお願いしたのを覚えています。
d0222641_223743.jpg

CASABLANCA
Chicken, Onion fondue, Coriander, Béchamel,Moroccan Spices, Honey & Nuts Sauce入り。
主人がオーダーしたのは、こちらモロッコのエスニックの香りが漂うカサブランカ。
この中に入っている香り高いモロッカンスパイスが、食欲とお酒を増進する気がします(笑)
d0222641_2234069.jpg

GREEK Spinach, Feta Cheese, Oregano & Olive Oil入り
私がオーダーしたのはこちらのGreek。なぜなら他のものは全部食べたことがあったからなのです(^_^;)
この4つのクレープの中では、一番あっさり?しているかもしれませんが、
このほうれん草は日本のほうれん草とはちょっと違ってクセがあるので、苦手な方もいるかも知れません。
d0222641_224929.jpg

SUKHUMVIT Chicken, Onions, Tomato, Garlic, Coriander & Béchamel Sauce入り。
その名もタイのバンコク、スクンビットという名前ですが、これはコリアンダーが入っているからでしょうか?
これは娘がオーダーしたのですが、コリアンダーの香りはそんなに強くなく、子供も食べやすいお味です。

こちらのクレープは見た目以上にボリューミー。西洋人が好きなのもよく分かります。
こちらでしっかり腹ごしらえをして、ここから一時間ちょっとのKui Buri まで。
ワンコもOKの人気の5つ星Hotelということなので、ちょっと楽しみにしている我が家です♪



「Crepes & Co.@Hua Hin」
37/103 Moobaan Khao Noi
Amphur Hua Hin, Tambon Hua Hin
Prachuabkirikhan 77110
Tel:032-827-248
Weekdays:11am-11pm
Weekends & Holidays :9am- 11pm
Mapはこちらから♪
d0222641_22232972.jpg

by treasure-bkklife | 2013-02-12 22:09 | HUA HIN
金曜日から娘がインフルエンザAにかかり、母は看病に追われております~

今回は熱は37度台と高くないにも関わらず、頭痛を訴えているので病院に連れて行ったところ、
「お母さん、やっぱりインフルエンザにかかっていますよ」と。そんなこともあるんだ~!とビックリ!!
私の中の「インフルエンザ=高熱」の図式が崩れました(笑) 皆様もぜひお気を付け下さいませ~


そして、やっと手に入りました!
d0222641_213246.jpg

Arche+ 2月号!今月は「タイの調味料で創作料理!」特集でした~
その中に「タイ薫るおもてなし 4コース ディッシュ」と題してレシピを提案させていただきました<(_ _)>
d0222641_231091.jpg

なんと、見開き2ページで、ドド~んと特集していただいていてビックリしました!!!

今回はタイ料理教室で習って買ったはいいが、その後使うこともなく、あまりがちな調味料(笑)の数々から
子供もみんな家族で食べられるような、簡単にできるおもてなしのタイフュージョンを提案して見ました。
d0222641_1422832.jpg

テーブルコーディネートは、タイを代表するお花の蘭と蓮の紫、そしてテーブルクロスには黒を。
タイの雰囲気を醸し出しつつ、フュージョンぽく都会の雰囲気も出しかかったので、こんな色と花選びを。
イメージはランスワン、もしくは東京ベイエリアの、モダンな高層マンションの一室って感じでしょうか?(笑)
d0222641_1432030.jpg

お花の色目に合わせてパープルのガラスのお皿に、都会的なシルバーの輝きを加えてみました。

このガラスのお皿はイタリアのIVVと言うものですが、日本だとどんなネットでも一枚5,000は下りません。
が、エンポリのセールで、なんと一枚2,000円以下になっていたではありませんか!!
速攻で買占めをしたのは言うまでもありませんが(笑) バンコクでは、たま~に、こんな出会いもあるのです。
d0222641_144580.jpg

バンコクでは様々な形や色の蘭の種類が手に入り、しかもお値段も良心的。
お花もすぐにダメになってしまうことも多いので、長持ちしてくれる蘭の花はやっぱりいいですよね♪
d0222641_1444975.jpg

今回のテーブルコーディネートは、この蓮の花との出会いから始まりました!!!
なかなかこんなお花は見たことがなかったので、「これをぜひ!使いたい」と。
水辺に浮かぶ蓮の美しさをイメージして、ガラスの食器やキャンドルホルダーに浮かべてみることに。


そしてお料理の方は、タイの調味料を生かしながらも、フュージョンの洋のテイストで。
しかも野菜ソムリエとしてはやっぱりお野菜、そして果物も使いたいと言うことで、こんなレシピが完成♪
d0222641_1465464.jpg

スモークサーモンのタルタル タイシーフードソース風
上からスモークサーモン、キュウリ、ソムオーを、タイシーフードソースをメインに作ったドレッシングで和えて
セルクルでお菓子のように抜いて、おもてなし度をUPさせてみました。
もちろんセルクルなどで抜かなくても材料を混ぜて、バケットの上に乗せて前菜風にするのもOKですし、
いつもの食卓には細かく材料を切らなくても、サラダのように混ぜていただいてもGoodです!

今回、このメニューを考えたのは、みなさんも「大好き!」と言われる方が多いソムオーなのですが、
野菜ソムリエメンバーも、料理としては食べたことがないと言う方も多く、ぜひ紹介してみたいと思ったのです。
ソムオーは疲労回復、ダイエット効果もあり、我が家はサラダや酢の物によく登場します。ぜひお試しあれ!

そして、周りのこの赤い宝石のようなものは、ザクロの実なのです。タイではジュースにして売られますよね!
アンチエイジングに効果があるとして、ジュースで飲まれる方も多いと思うのですが、
実は種に一番栄養があるので、こんな風に種ごとバリバリいただいちゃってくださいませ~

また、タイシーフードソースは知り合いの方がバーミーに入れると二度おいしい!と出して下さったのですが
本当にまた別の味わいで、まるでMKのお鍋のような気分になって(笑) これもまたオススメです!!!
材料などを見てみてもタイ料理だけでなく、いろんなお料理に応用できそうですよ♪
d0222641_1474271.jpg

エビのエスニックグリル マンゴーレリッシュ添え

タイはエビもお安く手に入るわりに豪華に見えて、そしてマリネしてオーブンで焼くだけなので
おもてなしのお料理としても使いやすい一品です。
野菜ソムリエとしては、やはり野菜や果物も一緒に紹介したいので、エビのちょっぴり甘辛なお味に対して
さっぱりとしたマンゴーとアボカド、そしてミントをマナオで和えたレリッシュを一緒にいただくのがオススメ!

このスイートチリソース、春巻きなどの揚げ物のディップとしてははもちろんのこと、
手羽先をパリッと塩・コショウで焼いたもののタレや、豚肉などのソテーのタレに使っても美味しいですよ♪
d0222641_1502534.jpg

ハーブロールポーク レッドカレー風味
レッドカレーは脂身の多いダックなどと一緒にカレーになることが多いので、濃厚さを出すために
豚フィレ肉の周りに豚ばら肉を巻いたあと、上から全体をつぶしてハーブと粉をまぶして焼きあげました。
こうするとフィレの柔かさと、豚の脂身がちょうどよい感じになって、もちろんこれだけも美味しいですよ❤

タイのレッドカレーは、マンダリンオリエンタルの定番レシピですが、
ブドウなどの果物とも合わせることが多いそうなので、ここでも付け合せにブドウを使ってみましたが
もちろん彩りなので、プチトマトやブロッコリーなど、お好きな材料を使って下さいね♪

このレッドカレーのソースは生クリームで仕上げてあるので、ココナッツミルクが苦手と言う方にも大丈夫。
レッドカレーペーストの量を調節すると、お子さんでも問題なくいただけると思います。
このソースはフェットチーネなどの、クリーム系に合うパスタともよく合うと思うので、ぜひお試しくださいませ♪
d0222641_152623.jpg

パイナップル・ココナッツプディング
このパイナップル・ココナッツプディングは、実はバニラアイスクリームがたっぷり入っていて、
面倒な手間を省いて、ババロアに近いお味と食感を出してみました。

実は当初、マンゴーで作ったのですが、これはマンゴープディングでありきたりと、ご指摘が家族から(^_^;)
そこで、生のパイナップルがお安く手に入るバンコク、これをピナコラーダのように使ってみたいと。
生のパイナップルなど、特に南国のフルーツは、酵素が強いためゼラチンが固まらないので、
ココナッツミルクなどと一緒に一度火に通すと、問題なくゼラチンを固めることが出来るんです。

もちろん当初のように、パイナップルの部分をマンゴーに替えて、作ることももちろん可能ですし
缶詰であれば火にかける作業もいらず、簡単に作ることができると思います。
水の部分を少しお酒に替えれば、まさにピナコラーダ風の大人にピッタリなデザートにも変身しますね❤


タイの調味料、料理教室で習って買ってはみたものの、やっぱり日常のごはんには
子供は辛さがもちろんのこと、接待でタイ料理を食べ続けるご主人様も「家では普通のごはんがいい」と
タイ料理はなかなか食べてくれずに、台所や冷蔵庫の肥やしになってしまうことも多いと言う話も聞きます。

Arche+の連載コーナーでもある、「もっと知りたい!タイ食材」の中の
「タイ食材で簡単Cooking!」でタイの調味料を使ったレシピもご紹介させていただいておりますが
もっと家族も食べ慣れた、和食に、中華に、洋食にと、幅広く使っていただくことができると思います。
実はもっと幅広く、いろんな使い方ができるタイの調味料、ぜひ毎日の食卓にもご活躍下さいね♪
by treasure-bkklife | 2013-02-11 01:54 | 野菜ソムリエ

Güte 

昨日、タイのハイソ系リビング雑誌にサラダのレシピを提供し撮影をする、大きな仕事が一つ終わりました~♪
d0222641_22373818.jpg

家庭の主婦が作る平凡な家庭料理が、スタイリストさん、フォトグラファーの方の素晴らしい力で
「アート」の域まで高められ、本当に感動としたいいようのない、ステキな写真になりました。
こちらも雑誌が販売されたら、ぜひご紹介させていただきたいと思います。

と、ホッとしたのもつかの間、娘がインフルエンザAに罹ったのが判明((+_+))
今日はママとして一日娘の看病なりましたが、何しろ昨日でなくてよかった!早く治るといいのですが。。。
バンコクでもインフルエンザや風邪は本当に流行っているようですので、皆様もお気を付け下さいませ~


さて、ラジオ出演が終わった後、ホッとして疲れが出たのか「甘いものが欲しい~」と体が叫んでおりました(笑)
そこでお友達に電話したところ「49にいるよ~」と言うので、「じゃ、あそこへ!」と行っていたのがこちらです。
d0222641_23573583.jpg

最近人気のスポット、スクンビット49のPiman 49にある、Güte(グーテ)でございます。
こちらはPatisserie、Bakery、Cafeの3つが揃ったお店なので、人気ができるも間違いなし!


49のスタバ前に出来たこちらのスペースは、今や日本の駐妻であふれかえるほどの人気のスポット。
子供が同じ学校の日本人のご主人様と、ベトナム人の奥様が経営する評判のSaigon Recipeに行ったあと
真向いのこちらでお茶をすると言うのが、最近流行りになっているそうですよ♪


こちらのお店は、パンとスイーツのお店。パンは香港でも有名なA-1Bakeryのものだそうです。
d0222641_9464286.jpg

フランスパンからドイツ系のハードなパンなど、様々なパンが取り揃えられて。
d0222641_9475010.jpg

食パンなど朝食にも嬉しいパンなども、毎日のことだから近場で買えるのは嬉しいですよね♪
d0222641_0443343.jpg

このソイは日本人が多いことでも有名ですが、子供たちも大好きなおかずパンも沢山揃っておりました。
d0222641_21574886.jpg

お店のリコメンドのパンはこちらの種類のようですが、なかなか全部揃っているのは難しいかもしれません~
d0222641_21564018.jpg

別の日に買いに行った時に手に入ったのは、こちらのパン。
時計上から、Chocolte Danish、Earl Gray Custard Broiche、
そしてリコメンドのEgg Cheese Croque Monsieur、そして冒険して(笑)Chikuwa & Tuna Bread
もう一つリコメンドのFrench Toastを購入して見ました~ 一番好みだったのはFrench Toastかな♪
フランスパンやドイツ系のパンを購入しましたが、思っていたよりも柔かめかなと思いました。


こちら、Güteのパンは香港の大人気のA-1Beakeryがプロデュースと聞いておりましたが、
こちらは大阪や神戸にあるA-1 Bakeryが大元なのです。

ドイツパンマイスターを取得しているエーワンベーカリーは、昭和23年の創業より、
最高の原材料、最高の技術を目指し、おいしさと健康を原料や製法にこだわり続けてきたそうです。

エーワンがこだわる自家製天然酵母は、ライ麦と麦芽糖を天然水で起こし、長時間発酵させ、
さらに水分と小麦粉を加え続ける ことによってできる自然発酵種。
そして、エーワンがこだわる穀物パンにははと麦・大豆粗挽・ライ麦・オートミール・亜麻仁・ひまわりの種など
ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富に含まれた、低GI値の食物がたっぷり入っています。

体質にもよると思いますが、私はパンだけの昼食などにすると、
そんなに食べていない日も、ぐっと体重が増えて「なんでだろう・・」と思ったこともありますが、
白いパンは食後の血糖値上昇率のGI値が高く、それに比べると雑穀など茶色いパンは低めなので、
血糖値が上がりにくくインシュリンの過剰分泌が防げることで、生活習慣病や肥満予防にもよいとされるのでこれに野菜やタンパク質などを挟んでいただくと、栄養バランスも整ってさらにいいですよね♪


お店のパンはこの日は2時過ぎだったせいか、ショケースの中にはたくさんのパンが並んでおりましたが
時間帯によっては人気がとてもあるので、商品がほとんどない!なんてこともあるそうです(^_^;)
お店の方に聞いてみると、朝9時に商品が届いた後、次は2時に再度商品が入って来るそうなので
時間帯をうまく調整して、来ると沢山の種類に出会えると思います。


そして、噂の日本人パティシエさんがDirectorを務める、Güteのスイーツはいかに。
d0222641_9493049.jpg

ショーケースに並ぶ、色とりどりの美しいケーキたち❤
デコレーションなど細分にこだわったこんな細かい感性は、やはり日本人ならではなのだと思います。


こちらは岐阜の多治見、名古屋に2店舗、Chez Shibataのお店を構える
人気パティシエの柴田 武氏がDirectorを務めます。
すでに上海、香港にも進出され、「日本大好きパティシエ」として、地元を大切に世界へと発信しているそう。

また、柴田氏はパティシエさんですが、辻フランス料理専門カレッジ卒業後に、
神戸のフランス料理店「ジャン・ムーラン」、パリの「ホテル・リッツ・エスコフィエ」、「シェ・ミラベル」でも
修業をされた料理も専門なのだそうで、名古屋にはレストラン L'assiette de shibataも経営されています。


そんな彼のブログの中には、厚い人柄がうかがえる東日本大震災でのチャリティなども何度も行い、
彼のケーキの中には「Pray for Japan」と言う、日の丸をデザインした思いのこもったケーキがありました。
すでに、オバさんの域に達した私としては、こういう話に弱いのです(爆)

こちらを訪れたときは「わっ!日本人の奥さまがいっぱ~い!!!」と、本当にビックリするほどだったのですが
そして、訪れるみなさんのキレイさ、キチンとしている服装にも、在タイが長いお友達と一緒に感動❤
それでも2時を回ると、幼稚園や学校からお子さんが帰る時間なのか、お店はサッと人がいなくなりました~
d0222641_939955.jpg

1Fにはこんなサクッとランチなども出来る、Eat inのスペースもありました。
こちらでコーヒー、お茶などもオーダーできるので、時間のない時なども便利ですよね♪
d0222641_9375973.jpg

今日は2Fでお茶を。まず、1Fでオーダーをしてから、2Fに上がります。

この日はお店の方のリコメンドで、こちらのシグネチャーケーキをオーダーしてみました。
d0222641_9141723.jpg

Fandant Macha
日本をイメージする抹茶のケーキは、外国人にも人気があるのだと思います。
ホワイトチョコレートに抹茶のお味は、私はちょっと甘いかな・・・という気がしないでもありませんでしたが。。。
何故か「あんこ」を思わせる味と、二人の意見が一致!ほろ苦いコーヒーなどと合わせるとよいと思います。
d0222641_9293784.jpg

Coeur de bois
こちらも、いろんな方がFBで写真をあげていたシグネチャーのケーキ。
柴田氏自身がこのケーキを片手に、砲丸投げのようなポーズの写真をご覧なった方も多いとと思います(笑)

甘酸っぱいフランボワーズと合わせたムースのようなケーキは、口当たりがよく軽い食感。
何しろこのかわいいシェイプが一番のウリだと思うので、バレンタインデーにもオススメです❤
d0222641_9312058.jpg

こちらでももちろん、パンをいただくことが出来ます。
在タイが長いお友達は、「これを薄く切って、トーストして下さい」と、やっかいな注文しておりました(爆)
d0222641_9325350.jpg

カプチーノ
お茶やコーヒーも様々な種類があったので、ちょっと近くで時間がある時に、ふらっと行くのも嬉しいですよね♪

他にもお店の方によると、シュークリームがオススメだとか。
こちらも時間帯によってはケースの中がガラガラだったりするので、パンと同じ時間に配達されるそうですので
よい時間を狙ってお店に伺ってみて下さいね❤


最近、スクンビット49は再開発が進んでいるのか、新しいお店がどんどんでき始めています。
こちらも年内にスクンビットを中心に5号店までをオープンする予定だとか。
私たちにとっては、近場でステキなお店ができるのは嬉しいことですよね♪
ますます便利になり、どんどん都会になっているバンコク、いったいどこまで行っちゃうのでしょうか~(笑)



「Güte」
Piman 49, Sukhmvit 49 Rd
Tel:02-622-7719
9am-9pm
by treasure-bkklife | 2013-02-08 22:33 | Tea & Coffee@BKK