子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2013年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

Yum!Yam! Soul Soup Kitchen in BKK

ここのところ送別会が続いており、何だかちょっと淋しい気持ちになっております。。。

昨年も多かったのですが、今年はさらにバンコクから本帰国される方が多いような気がするのですが、
来年度の日本人学校の1年生は、今までで最多の、かなりのクラス数になると聞いているので、
やはり帰国される方以上に、これからバンコクに赴任される方も多いのだと思います。

そして今、ジャカルタ駐在時のプレイグループのお友達が、昨年末インドのチェンナイに赴任になり
バンコクに買い出しを兼ねて、遊びに来てくれています(^^)/ 
最近インドのニューデリー、ムンバイ、チェンナイと三か所からお友達もバンコクに立ち寄ってくれて
定期的に嬉しい再会が出来そう❤ 大事なご縁は距離を超えて、いつまでも紡げるものなんですよね・・・。


さて、この日、3月2日もバンコク駐在になったこそ出会えた、素敵なお友達の活動が。
d0222641_20593844.jpg

野菜ソムリエコミュニティーバンコク@TOKYOのメンバーが東京に帰国して、タイと日本の懸け橋となる
NPO邦人「Yum!Yam! Soul Soup Kitchen」」の活動に参加しています。

今回は記念となる第一回目のイベント、Yum!Yam! Soul Soup Kitchen in BKKを行うために来タイ!!!
私たちバンコクメンバーも、大事な仲間たちのお手伝いをさせていただきました♪
d0222641_214286.jpg

お客様へのWelcom Drinkは、タイを代表するシンハーの生ビールで♪
今回は日本の生産者の方だけでなく、タイの企業さまからも多大なご支援がありました。
d0222641_2182094.jpg

Hua HinにあるSiam Wineryからも、タイで生産したワインが振る舞われて、
日本からいらした方には、タイにもワインがあるなんて!!!と、ビックリされたことと思います♪


Yum! Yam! SOUL SOUP KITCHENは、日本各地の生産者の方に対して、
日本各地の特産物や地元食材の新たな活用方法を、「タイ料理」(地方食材で作る)ことを通して
提案するフードイベントやデザイン、コンサルティングなどをしておりますが、
今回は島根県などの美味しい食材が中心となって、奏でられるタイ料理の数々が繰り広げられました!
d0222641_2110835.jpg

島根県特産のえごま油、ふくぎ茶などの特産品の販売も。
こちらも今回のお料理にはもれなく使われていて、とても美味しくいただきました~
d0222641_2193586.jpg

こちらは沖縄の泡盛で有名な瑞泉!
他にも秋田美人などの日本酒などもいただくことが出来て、それはみなさん幸せそうでした~♪


こちらのイベントは、まず最初に関係者の方々のご挨拶がありました。
d0222641_2105740.jpg

NPO 法人「Yum!Yam! Soul Soup Kitchen」代表の西田さん。
今回のイベントは、初の海外での試みとあって、様々なご苦労があったことと思います<(_ _)>
d0222641_2115916.jpg

そして、日本からのシェフ、両角 舞さん。
めざましテレビなどにも出演されていますが、今回はこの新鮮な特産品を使って、
どんなタイ料理になって登場してくるのか、とっても楽しみにしていました♪
今回のお料理はこの両角さんと、SALADeeのシェフの共演となり、とっても豪華だったんですよ(^_-)


開催場所であるSALADeeを主宰、野菜ソムリエコミュニティバンコクの会長の青澤直子さんの挨拶に続き
待ちに待ったお料理達が登場してまいりました~(^^)/
d0222641_2032203.jpg

前菜はこんなお料理達が登場してきて、一気に興奮ムードに突入(笑)
d0222641_20283641.jpg

隠岐の島・春香HARUKA生牡蠣
何しろ、この生牡蠣を見て、皆さんが色めき、卒倒しそうになったのは言うまでもありません!!!
こんな大きくて身が厚い生牡蠣は、日本でもなかなかいただくことが出来ませんから!!!
タイでいただく生牡蠣、時々、殻にへばりついて淋しい気持ちになることもありますもんね(笑)

島根県は外洋なので、それだけ海には栄養あるプランクトンも多いのだそう。
そしてじっくり時間をかけて育った牡蠣は、大きく濃厚なものが育つのだそうです。
特殊な方法で瞬間冷凍された生牡蠣は、本当に本当に美味しかった~❤❤❤
本音を言えば、もっといっぱい食べたかったーーー(爆)
d0222641_20301722.jpg

岩海苔入りプリックナンプラーとゆず風味の塩麹ソース
生牡蠣には、こちらのソースをつけていただきました。どちらも日本を思わせる上品なお味でGood!
d0222641_20392934.jpg

ソムタム サラディー
青パパイヤとビーツの彩り鮮やかなサラダは、SALADeedでも大人気の定番メニュー!
ビーツの色でピンクに染まったソムタムは、かわいらしく、かつ、お味ももちろん保証済みです♪
d0222641_2041985.jpg

ヤム・パックブン 味噌味
Green NAGAYAMAのお野菜と日本の伝統調味料MISOをアクセントにして
野菜ソムリエコミュニティーバンコクのメンバーでもある、Hさんの家業でもあるGreen NAGAYAMAから
水耕栽培ならではの、柔かくて新鮮な空芯菜を使った肉みそ風味のヤムなんです!
Hさんも最後の挨拶でいっていたように、「こんな風にも空芯菜って使えるんだね~」と、感激した一品。

Green Nagayamaの水耕栽培のお野菜は、6月の野菜ソムリエセミナーでも紹介してご好評を得ましたが
バンコクではBig Cなどで購入することが出来ますので、ぜひお試しあれ!
d0222641_2044327.jpg

隠岐の島・春香HARUKA生牡蠣のセビーチェ
昆布〆した海土町直送の生牡蠣をセビーチェ仕立てにして
こちら、お皿の手前にあるのが生牡蠣のセビーチェ。
セビーチェって、スペイン料理では?と思っていたのですが、しっかりナンプラーとプリックも効いた
みんなから大好評の一品に仕上がっておりました~


今回のイベントには、こんな素敵な方も登場!
d0222641_2057757.jpg

平安桜さんによる、三味線とオカリナの生コンサートが(^^)/
噂にはお聞きしていたのですが生で聞けるのは初めてだったので、その美しい日本の音色にウットリ❤❤❤

そしてこんな楽しいアクティビティーも用意されておりました!
d0222641_20575851.jpg

トラ男こと「トラクター男たち」の武田昌大さん。なんと、まだまだ若い2〇歳!
秋田の米生産者さんたちを応援して、日本各地にプロデュースされているそうなんです。
日本にもこんな熱い若者がいるのかと思うと、おばさん的には嬉しくなっちゃいます(笑)
d0222641_20543840.jpg

こちら、きりたんぽを焼いているのは、秋田出身の青澤直子さん!
今回は秋田小町のお米を使って、みんなでニギニギして、自分たちでこんなきりたんぽを作りました。
こんなアクティビティがあると、美味しいだけでなく、参加者も本当に楽しめますよね♪

秋田名物の「きりたんぽ」ですが、私は関東なのでまだその存在を知っていたのですが
関西出身のお友達たちは、「きりたんぽって何ぞや?」と言う感じでございましたが
その楽しさと味に虜になって、家に帰ってすぐに復習したと言う人まで飛び出しました~(爆)
d0222641_20554836.jpg

香ばしく焼きあがったきりたんぽは、こんなお味噌のタレにつけて美味しくいただきました♪
d0222641_20533339.jpg

こちらは上から、今回のイベントにいらして下さったお客様の風景。
みなさん、思い思いに楽しんでおられて、とても賑やかな会となっておりました。


もちろんこれだけでは終われません(笑)お料理は次へと進みます。
d0222641_20343749.jpg

ラープ・ヘット
ホクト HOKUTOのきのこのエビラーブ
最近、バンコクでもよく見かけるHOKUTOのシメジたち。こんな美味しいラーブになって登場しました♪
歯ごたえもあって味もよくしみこんで、お肉を沢山使うよりも断然ヘルシーなので嬉しいですよね!
しかも上にはたっぷりと、美と健康のサポーター「えごま」が振り掛けられていますから、言うことなし!
d0222641_2036673.jpg

ふくぎ茶とカサゴのタイ風アクアパッツア
海土町の新鮮カサゴを島の伝統茶 FUKUGI-CHAで煮込んで
ふくぎ茶とは木の皮の一部だそうですが、昔からこれを煮だして飲んでいたそうです。
このお茶を使って、身もしまったカサゴをタイ風味のアクアパッツアに煮込んで、汁も美味しくいただきました!
d0222641_2038099.jpg

ラムチョップ パネンソース
ラムチョップは、SALADeeでも定番のメニューとしてありますが
今日はさらにタイ料理風として、パネンソースを添えていただきました。
ラムが苦手・・・と言う方も、このパネンソースの香りと味で、きっと美味しくいただけたと思います。
d0222641_20461661.jpg

タイハーブごはんをいっぱいに詰め込んだイカめしのODEN風
こちらのイカが、これまたこの上なく柔かくて、実は何個も食べてしまった一品(笑)
タイハーブが入ったご飯はクセもなく、故郷を思い出させる優しいお味でした~

こちらに使われた大根や、セビーチェなどのパプリカなど、こちらの日本のお野菜は
バンコクのスーパーでも販売されているOTENTOのお野菜たちだったんです。
インドのチェンナイから来たお友達の、食糧の確保が大変な話を聞いたあとだけに、
日本のお野菜が現地価格で買えるということも、私たち邦人にとっては、本当に幸せなことなんですよね。。。


さて、最後にはもちろん、デザートがなくては終れません!
沖縄の泡盛、瑞泉梅酒の仕込み梅・紀州南高梅を使ったデザートたちが登場してまいりました!
d0222641_20471926.jpg

こちらのパンナコッタは、そこの方にこちらの南高梅が隠れておりました!
パンナコッタと一緒にいただく、フルーティーさと濃厚さがマッチした大人気の一品♪
d0222641_20484126.jpg

こちらはタピオカと南高梅を合わせてサッパリと。全く違うお味のデザートがこれまた嬉しい(^_-)
d0222641_20494446.jpg

そしてSALADeeの定番メニューでもある、トマトとプルーンの赤ワイン煮のコンポート
これはお酒をいただいたあとのちょっとしたデザートに合うので、男性もきっと好きなはず♪


今回は日本からいらした生産者の方々、そしてタイの生産者の方々をはじめ
様々な方がこのイベントに携わり、お客様にも大好評、笑顔が一杯のイベントとなりました♪
私もほんの少しですが、そのイベントに一端に触れることができて、本当に嬉しく思います。

また、こんな美味しい日本の食材を、バンコクでぜひ食べてみたい!
そして、この素晴らしい日本の食材とその美味しさを、タイの方々にももっと知ってもらいたい!!!
そんな今後の可能性を予感させた、とてもステキなイベントでした~
by treasure-bkklife | 2013-03-28 23:11 | 野菜ソムリエ
ここのところネットが全く繋がらず、Blog、FB、メールなども全く出来ない日々が続いております。
ご連絡をいただいている皆様、お返事が出来なくて本当にごめんなさい<(_ _)>

もともと夜になるとつながらないことが多かったのですが、そろそろ限界かな~と。
プロバイダーを真剣に替えることを考えているのですが、皆様のお宅はどうなんでしょうか?


さて、3月2日にバンコクで行われたYum!Yam! Soul Soup Kitchenのイベントですが
バンコクの野菜ソムリエメンバーも、裏方のお手伝いを少しさせていただきました。
場所は野菜ソムリエバンコクコミュニティの会長である、青さんのお店のSALADeeだったのですが
休憩時間には日本でももうお馴染みの、こちらの近場のお店で一息つくことに~
d0222641_1917246.jpg

BTSチョノンシー駅すぐの、Dean & Deluca Mahanakhon Bangkokでございます♪
ご覧のとおり、場所柄かいつも西洋人の方々でも一杯のお店です。
d0222641_19205990.jpg

広い店内ですが、この日は土曜日のお昼どきともあって家族連れでいっぱい!
Dean & Delukaは、プルンチットのPark Ventureにもありますが、私としてはこちらの方が好み。
広々とした店内はやっぱり開放感があって、こちらの方が寛げるんです♪

今日はiPhoneの撮影だったので、写真がケース越しであまりキレイではありませんが。。。
d0222641_19224470.jpg

お店のショーケースの中には、こんな美味しそうなデリが沢山!
ガッツリ食べたい西洋人向けや、ベジタリアンの方々へのメニューなど、いろいろ選べるのも魅力的。
d0222641_192471.jpg

そしてこんな沢山の種類の、色とりどりのかわいらしいケーキなども♪
ビックリしたのはこのレインボーカラーのケーキ・・・甘さのほどはどうなのかしら・・・とも思うのですが
子どものお誕生日会などにも喜ばれそうですよね♪
d0222641_19152142.jpg

パンはデニッシュやらベーグルなど、いろんな種類が揃っております。
d0222641_19305088.jpg

こちらはコーヒーなどをオーダーするコーナー。
私はこちらのNew York Sodaが大好きで、イチゴなどのフルーツも入った甘くないソーダが美味しいんですよ♪
d0222641_19253366.jpg

お店にはワインなどもいただくことができるのです。
このお姉さん、ちょっと日本料理屋さんのようないでたちですが(^_^;) 
この時、こちらのマネージャーさんとお話をしたところ、これからもっと日本の食を増やして行きたいとのこと!
西洋人にも、タイ人の方にも、やはりJapanese Deli は人気なんですよね~❤


こちらはこんなお買いものを楽しめるのも嬉しいところ♪
d0222641_19264323.jpg

パスタやソース、オリーブオイルやバルサミコ酢など、日用使いの食品もいろいろと取り揃えられて。
ワインやお菓子類なども豊富なので、プレゼントにもよさそうです!
d0222641_19273841.jpg

日本でもトートバッグなどは人気ですが、バンコクにもさまざまな種類が取り揃えられております。
主人のお弁当を入れるカバンも、こんなシックな感じなら恥ずかしくないかな~


この日は朝ご飯抜きだったので、昼のイベントに備えてしっかり食べておこうと!
d0222641_19191432.jpg

Italian MeatのSandwich!!! かなりボリューミーではありませんか?(^_^;)
イタリアンミートに魅かれてオーダーしたのはいいのですが、やっぱり全部は食べきれずにシェアすることに。
ファラン(西洋人)ならペロッと食べてしまうサイズなんでしょうけど、これも人気の一つかも。。。
d0222641_19285525.jpg

モッツアレッラが丸々一つ入ったサラダは、これ一つでも栄養満点ですよね♪

なんて、よく考えてみたら、このあとすぐにイベントで美味しい料理が食べられたはずなんですけどね(笑)
やっぱり目の前においしそうなものがあると「試してみたい!」と思ってしまうのが、食いしん坊の性でしょうか♪


今はもうすぐEasterということで、この季節にピッタリな卵の形のチョコレートやスイーツ、イースターのハム
そしてSt.Patrick's Dayにつきものの、四つ葉のクローバーなどのスイーツなども販売されているようです。
こんな風に西洋の行事につきもののお料理やお菓子をいただけるのも、何だかとっても楽しいですよね❤



「Dean & Deluka Mahanakhon Bangkok」
92 Thanon Naradhiwas Rajanagarindra, Silom, Bangrak
Tel:02-234-1434
7am-11pm
by treasure-bkklife | 2013-03-26 23:31 | Tea & Coffee@BKK
今週末の日本はお花見の人出も多いようで、Face Bookからの春の便りが嬉しく感じます。
やはり花によって季節を感じ、生活に潤いを感じるのは日本ならではの楽しみ❤
最近、ますます気温が上がり、暑くなってきたバンコク、ちょっとうらやましくも感じます~(#^.^#)


さて、お友達の来タイ記の途中ですが、2月に撮影を行った雑誌「Living ETC 3月号」が刊行されました!
d0222641_18411760.jpg

タイのインテリア雑誌ですが、とてもステキなデコレーションで参考にしたいものばかりなんです。

今回はそのインテリア雑誌の中の「Entertaining etc」のコーナーで
初夏をイメージするサラダの「Garden Salad」と題するレシピを提供させていただきました!
d0222641_1923483.jpg

撮影現場はタイらしい、穏やか、そして柔らかな雰囲気の中にも、プロ魂を何度も垣間見ることに。

この撮影を行ったチームは、美術大学などを出たアートの専門の方々だそうなんですが
やっぱり一流の人たちはすごい!そして「こんなに素早く動くんだ~!!!」と(爆)(ごめんなさ~い<(_ _)>)
その撮影風景は感動に値するほど、それぞれが自分の役割を心得てスムーズに流れ
そしてどこまでも妥協を許さない姿勢で、それはそれは素晴らしいものでした~(#^.^#)
d0222641_1943567.jpg

お料理のスタイリングは、WOMでもお花を掲載されているNaomi先生が行って下さいました♪
お花と同じで、お料理の盛り付けもやはり「センス」なんだと痛感させられました。
とてもステキな同じ歳!こんなHappyなお話を下さって、本当に感謝しています。
d0222641_1975040.jpg

カメラマンの方も、一筋のお皿の油なども見逃しません!
何度もお皿をぬぐったり、カメラをのぞきながら盛り付けを替えたり、納得がいくまで撮影が続きます。
d0222641_196750.jpg

写真を撮りながら、その場でPCによって出来上がりをチェックしていくのです。
この工程がいくつもいくつも繰り返されました~


レシピは14品提出して、そのうち撮影チームリーダーの方から6品を選んでいただきましたが、
今回はレシピも効能も全て英語で提出~~~(@_@;) 電子辞書を片手に頑張りました(^_^;) 
そして、お陰様で雑誌に掲載された写真は、こんな素敵に出来上がりました♪
d0222641_1842434.jpg

今回のお題は「Garden Salad」。初夏のお庭をイメージしたサラダたちです。
表紙には自分の名前も入れていただいて、何だかくすぐったい感じです(#^.^#)
d0222641_18444157.jpg

Morning Glory & Pomelo Italian Salad
これは生の空芯菜、ソムオー、きくらげのタイ野菜と果物を使った、イタリアン風のサラダ。
Gardenと言うことで、ベトナムで買った空芯菜割き器を使って、茎をカールさせて遊び心を出したのですが
これをみなさん、子供のように(笑) 喜んでくれたのが嬉しかった!!!

小さな赤いトマトが、草むらから顔を出したテントウムシのように、
そして茶色は茹でたキクラゲですが、まるで蝶の羽のように見えませんか?
一粒大のソムオーは、まるで朝露のようにキラキラと。そんなストーリーが表現されているのです。

空芯菜は虫がつきやすいのが難点なので、水耕栽培のものを使いました。
水耕栽培だと土を使わないので虫が付きづらく、また葉も茎も路地ものに比べて柔かいのが特徴なので
生でいただくサラダなどには、水耕栽培のものがオススメです!

空芯菜は炒め物もすぐ黒くなりますが、それは鉄分が多いからで貧血予防にも効果が(^_-)-☆
さらにソムオーのようにビタミンCと組み合わせると、さらに体内での吸収力が高まるんです♪

そして空芯菜は、体内でビタミンAに変わるβ-カロテンも豊富なのですが、
ソムオーのビタミンC、ナッツのビタミンEが合わり、美容に最強トリオのビタミンA、C、Eとなるだけでなく
オリーブオイルを使ったドレッシングや生のお野菜をいただくことで、
ビタミンAとCがさらに体への吸収が高まり、とっても美肌などにも効果があるんですよ♪
d0222641_1848202.jpg

Cucumber Salad with Dill
こちらはキュウリとディルの爽やかなサラダ。
縦に二つに切って芯を摂ったキュウリを、縦において竹のように盛り付けて。
パクチーラオとも呼ばれるディルを木の枝のように大胆に飾って、まるで竹林の中にいるみたい(^_-)

キュウリのカリウムがむくみなどを軽減し、血圧なども緩やかに下げてくれる効能も。
また鎮静効果もあるので、これからソンクランに向けて暑くなる季節ですからオススメです!
d0222641_18472447.jpg

Marinated Tomato French Tasted
湯剥きしたトマトを、ハチミツやフレンチマスタード、ホワイトビネガーなどでマリネしたトマトは
つやつやと光り、フレシュな初夏のベリーのように輝いて。
このハニーに甘酸っぱいお味は、スタッフの方も一押しでした♪

こちらはトマトのリコピンが美肌へ導き、紫外線でダメージを受けた肌にも効果的。
そしてアンチエイジングや、ストレス緩和へも効果が望めます。
d0222641_18502415.jpg

Black Rice Tabbouleh
タイにはカオヤムというご飯とお野菜がいっぱいのサラダ?がありますが、
タイ人の方向けの雑誌とあって、同じく黒米を茹でてサラダ感覚でいただくことを提案。
そして中東の香りのクミンを加えて、異国へといざないます♪

今回の撮影隊のリーダーは、これまた同じ歳の女性であったのですが、
ベジフルビューティーアドバイザーの立場から、タイ人にももっと健康・美容のための「食」を伝えたいと
「この黒米はアントシアニンが含まれるので、アンチエイジングにも効果があるのよ。」と伝えると
「それは、私たちに絶対、必要なサラダだね!」と(爆)

国を超えて女性が思うことは同じですから、ここから全てのサラダに効能をつけてもらうことができたので
ここから少しでもタイ人の方々が、食にもっと興味を持ってくれればいいな~と思っています。
この黒米はアンチアイジング、そして抗ガン、心臓系の病気予防などにも効果があるとされているんですよ。
d0222641_18525869.jpg

左上がVegetable Pickles Curry Flavoured
カリフラワー、キュウリ、パプリカなどを、カレー味のピクルスに漬けこんで。
ピクルス液に入れたローリエやクローブ、黒コショウなども、一つの絵のように描かれて。

こちらは色とりどりの野菜のビタミン、ミネラル、カリウムから、血圧や血糖値を下げ、生活習慣病に効果が。
そしてインドのMagical Spiceでもあるカレーは、ストレス解消、新陳代謝促進も期待できます。

右下がWinged Beans and Four Beans Salad
野菜ソムリエセミナーのレシピでもお出しした四角豆のサラダですが、これはいつでも好評なんです。
四角豆は化粧品の開発もされているほど美肌効果も高いお野菜なので、ヤムトゥアプーだけでなく
いろんなお料理にアレンジして、ぜひ使っていただきたいタイ野菜の一つです。

四角豆には、ビタミンCとタンパク質が豊富に含まれているのですが、
体の中のたんぱく質のおよそ30%を占めるのが、美肌にも大事なコラーゲンなんだそうです。
そしてこのコラーゲンを体の中で作る時に必要なのがビタミンC。
この二つを持つ四角豆は美肌効果はもちろんのこと、更年期などから来る体調不良や
生活習慣病などにも効果があるので、タイにいる間に沢山食べておきたいタイ野菜ですよね(^_-)-☆


このLiving ETCですが、大きな書店並びに、Villa Marketなどの書籍コーナーでも販売されています。
残念ながら、レシピが全てタイ語で書かれているので、私も全く読めませんが(笑) 
私もベジフルビューティーとして、在タイの大きなよき思い出とすることが出来たのと同時に
ご縁あってお世話になったタイの方々の、健康と美容に役立つことが出来れば幸せです❤

皆さんのお力で美しく絵のように描かれたサラダ、一度ご覧いただければ嬉しいです<(_ _)>
by treasure-bkklife | 2013-03-23 22:15 | 野菜ソムリエ

BBQ Party♪

今日は東京でも、桜が咲き始めたようですね~
1週間前はあんなに寒かったのに、そしてもう一時帰国がずれたら桜が見れたのに~と、
やはりどこか、日本人のDNAが残念がっております(:_;)

そんな中ですが、私も食育指導士の試験で「サクラサク」の連絡を受け取ることが出来ました(^^)/
これから上級への試験に向けて、もっともっと精進していかなくてはと思います。


さて、Chakrabongse Villasの翌日ですが、新居お披露目をしていなかったお友達や
(と、言ってもすでに半年以上がたっているのですが)
ワンコを見に来た~い!というお友達もいたので、簡単にできるBBQ Partyを我が家で行うことに♪
d0222641_23584727.jpg

今回は春を意識した、黄色がテーマカラーのテーブルで。
3月終わりのEasterなどにも使えそうな、使いやすいコーディネートだと思います。
d0222641_052565.jpg

一人ずつのテーブルには、タイでも珍しい紫のアンスリウムを見つけたので、ぜひ使ってみようと。
色も黄色の補色になるので紫が少し入るとアクセントとなって、テーブルが引き締まります。
ホントはこの葉に「Welcome!」と書きたかったのですが、時間切れになってしまって残念~~
こんな粋なおもてなしをすると、さらにParty気分が盛り上がりますよね♪
d0222641_23591611.jpg

お花も同じく、いろんな種類の黄色のお花でまとめてみることに。
同じ黄色でも、緑、ピンク、オレンジがかった黄色まで、様々な色が入ると面白さが出ると思います。
d0222641_235940100.jpg

こんな優しい黄色の薔薇は短く切ってキャンドルホルダーに差し込んで、テーブルに高さを出してみることに。


今日のお料理は、前日遅くまでお出かけだったので、簡単に仕込めるお野菜料理が中心。
そしてお客様が来て焼くだけのBBQは、やはり忙しい時にもとっても便利なんです♪
d0222641_0125234.jpg

お料理が乗ったテーブルは、大人数のこともあって盛りだくさん~(笑)
d0222641_002358.jpg

ハチミツやホワイトビネガーに、湯剥きしたトマトを漬けこんで、一緒に黒オリーブ、フェタチーズを添えました。
バジルの葉を一緒に飾ることで、色味もぐっと鮮やかになると思います。
d0222641_003783.jpg

こちらは茹で卵に、市販のブラックオリーブのタプナードを乗せて、ディルで飾りました。
こんな簡単でお酒に合うようなおつまみがあると、とっても便利なんですよね~


そして、旅行中は野菜不足にもなりがちなので、お友達に色とりどりのサラダを用意することに♪
d0222641_01458.jpg

細切りのニンジンを、ピーカンナッツ、パセリのみじん切り、ホワイトビネガー、オリーブオイルなどで合えただけ。
今回は時間がなかったのですが、前の日に作っておけば、さらに味がなじんでしんなりして美味しいんです♪
d0222641_013016.jpg

紫キャベツとマンゴーのサラダは、せっかくバンコクに遊びに来ているお友達たちに、
ぜひとも南国フルーツのマンゴーを、サラダにして食べてもらいたかったので作ってみました。
紫キャベツは一度塩で水分を抜いておいてから、あとでマンゴーの細切りやドレッシング類と混ぜると
後で水が出て味が薄まるようなことがなしに、美味しくいただけます。
d0222641_02630.jpg

キュウリとミントのサラダ
これも合わせただけの「箸休め」のような簡単なもので、使うお酢次第で和食にも洋食にも合う一品。
ミントの代わりに、青じそなんかを使うと、もっとぐっと「和」のおかずに近づくと思います。
とてもみんなから好評だったので、一番最後にレシピをお付けしたいと思います♪
d0222641_023191.jpg

長ネギを薄切りのレモン、ハチミツ、塩、こしょうなどとシンプルに煮て、冷蔵庫で冷やしておきました。
サラダだけでなく、こんな一品があっても面白いですよね♪


そして、誰もがその迫力にビックリ(笑)今回はかなりいいお肉を手に入れることが出来ました~
d0222641_017334.jpg

スクンビット33のVilla Marketの脇道を入ったところにある、Thai French Butcheryのお肉たち!!!
誰もがこれを見て、興奮したのは言うまでもありません(笑)

お兄さんに「BBQをするんだけど、いいお肉はないかな~」と相談すると、
リブアイ・スペシャルというサシが美しく入った肉と、T-Bone用のステーキ肉を裏の方から持って来てくれたので
かなりの厚さで切ってもらうようにお願いしちゃいました~(#^.^#)
せっかくのいいお肉なので、味付けはシンプルに塩・コショウだけで♬
d0222641_024481.jpg

今回は初挑戦!ピザストーンを買ったので、BBQで一緒にピザも焼きあげます♪
d0222641_073514.jpg

お肉はキレイなピンク色!さすがお兄さんのオススメの一品だけあって、本当に美味しかった~
Thai Frenchのお兄さんたちは一見ぶっきらぼうにも見えますが、お店に通って仲良くなると
「〇〇にしたいんだけど。。。」と言うと、値段ではなく本当に美味しいお肉をチョイスしてくれるのでお試しあれ!
d0222641_08572.jpg

今回のエビは、Arche+の2月号の特集に提案した、スイートチリソースとマナオ汁の味付けで♪
みんなにも「美味しい~❤」と言ってもらって、ホッと一安心でした(^_-)-☆
d0222641_082523.jpg

バンコクでは気軽に手に入るムール貝、これにハーブバターを乗せて焼き上げました。
d0222641_084821.jpg

スペアリブは一度、塩・コショウ・強力粉をつけてオーブンである程度焼いたものを
タレに漬けこんでおいて、また再度、BBQで焼き上げました。


そして、デザートはお友達たちの嬉しいおもたせが❤❤❤
d0222641_091312.jpg

スクンビット53にあるSparklesのカップケーキ。このキレイな色も天然のものを使われているのです。
オーナーのこだわりがあるこちらのスイーツは、やっぱり人気が高いのもうなづけます。
d0222641_094186.jpg

TWGのマカロン!その美しさもさることながら、これも本当に美味しかった~
「バンコクだって、こんなに美味しいものがあるぞ!」と、一時帰国のお土産にもよいかも知れません♪


お外のステキなレストランで食事もいいけれど、Home Partyは時間を気にせずノンビリが嬉しいところ❤
このお料理は実は前日から仕込めるような簡単なものばかり、しかもさらに味がしみ込んで美味しいんです♪
そんなレパートリーを手持ちにすると、自分もホームパーティも気軽に開くことができるし
お客様も気楽に楽しく参加することが出来るので、とってもオススメですよ!



♪ キュウリのミントサラダ ♪
d0222641_02630.jpg

<材料>
キュウリ                  2本
塩                     小さじ1/2
マナオ汁(レモン汁)     大さじ1
EVオリーブオイル     大さじ1
ミントのみじん切り      大さじ2

(お好みで)
醤油                   小さじ1/2
七味唐辛子(カイエンヌペッパー)  少々                

<作り方>
① キュウリは皮を剥いて、5mm幅に切っておく。
② ①に塩、マナオ汁、EVオリーブオイル、ミントのみじん切りを混ぜる
③ 好みで醤油、唐辛子などを加えて、味の調整をする。

*翌日の方がさらに味が染みて美味しいサラダです。
*マナオを白ワインビネガーに替えると、もう少し酸味が強くなり「洋」に合うと思います。
*ミントを青しそにすると、さらに「和」のお料理とも合うと思います。
by treasure-bkklife | 2013-03-21 23:37 | ホームパーティ

Chakrabonge Villas 再び♬

日本から帰ってきて、日本とバンコクの温度の差なのか、何だかだるい日が続いております。
バンコクの暑さは日に日に増しているようですし、ここからソンクランまでは暑い日が続くので
体調管理をしっかりとして、毎日を過ごして行きたいと思います~♪


さて、お友達の来タイ記の続きですが、この日は「〇〇〇旅行社」の腕の見せ所、第一弾(爆)
誰もが憧れる、こちらのレストランを予約することに成功しました~
d0222641_2041078.jpg

チャオプラヤー川沿い、ワットポー近くの、Chakrabonge Villasでございます♬

以前、ランチに伺った時と違って、また夜は趣がさらに増すように感じます。
この日は8人と大所帯だったのでミニバンを手配して、トンローから車で渋滞もあって1時間ちょっと。
みんなで「大人の遠足気分」で、とっても楽しかった~~
d0222641_2084527.jpg

何しろ、向こう側には三島由紀夫の「暁の寺」でも有名なワットアルンが。
夜の光り輝くワットアルンの美しさは、これまた格別です~
d0222641_2073248.jpg

以前、お食事をいただいたお部屋からも、対岸越しにワットアルンが!
バンコクの素敵な夜を演出するに、ふさわしいロケーションです。


このChakrabongse Villaは、ラマ5世のご子息、チャクラポン王子のために建てられたお屋敷を改装し
全7棟のヴィラとしてオープンしたのですが、タイランド・ブティックホテルアワードにも輝くホテルです。
そのダイニングの「Chakrabonse Dining」は、以前は宿泊客のみ味わうことが出来たのですが
お客様からの強い要望で、1日2~3組、宿泊客以外の予約もできるようになりました。

今回、「〇〇〇旅行社」としては、せっかくバンコクに来たなら楽しんでもらいたい!
そして、ここに行かずして心残りのまま、本帰国したメンバーが何人もいたので
トライすること数回、なんとラッキーなことに予約がとれてしまいました~(^^)/
d0222641_20112667.jpg

今回は「日本からの重要なゲスト」(爆)と伝えておいたせいか、
こんな素敵な高台のオープンエアーの場所に、特別に席を作って下さいました~
d0222641_2019796.jpg

タイらしいお花や、色鮮やかなナプキン類も、さらに気分を盛り上げてくれました。
d0222641_20181739.jpg

お友達の後ろにワットアルンが!自分もまるで異国に来ているような気分に~(笑)


こちらのお料理ですが、基本的には週替わりのようですが、当日まで何が出てくるのか分かりません。
その日、手に入った新鮮な素材を生かして丁寧に作られた、お料理の数々が並びます。
d0222641_2221726.jpg

まずは、ロゼの泡でみんなで乾杯~
この場所で、このメンバーが8人も集まるのは、何だか本当に不思議な気分♪
d0222641_20265597.jpg

まずは前菜がこんなかわいらしい籠に盛り付けられて登場!
奥から時計回りに、Vegetable spring roll  野菜の揚げ春巻きは軽い食感でGood ♪
Deep fried quail eggs with tamarind Sauce  これはうずらの卵にビックリしました!
Grilled prawn with lemongrass  レモングラスの香りがするグリルされたエビもこれまた美味しい~
d0222641_20255933.jpg

美しいバナナの葉に包まれ、プランマライの花が飾られたものには、ご飯がしのばせてありました❤
こう言った細かい部分にまで心配りがされるのが、後で印象に残ったりするんですよね~
d0222641_20511986.jpg

Pomelo Salad and Grilled fish chill paste with condiment
女性から人気のヤムソムオーは、素材のソムオーの甘さを引き出すように、あっさりとした味付け。
一つ一つの工程が、丁寧に作られているのがよく分かります。
d0222641_20294977.jpg

Stir fried snow peas in oyster sauce
このサヤエンドウの、ほのかな甘みとシャキシャキ感がなんとも言えません!!!
d0222641_20315986.jpg

Beef green curry with eggplant, chili and basil leaves
「グリーンカレーは、ゲーン キアウ ワーン」(グリーンの甘いスープ)と言うように、甘みがなくてはいけない」
タイ料理学校の時に作ったグリーンカレーに、厳しいコメントをいただいたのを未だに覚えているのですが
辛さの中にも最後に口の中にほんのり甘さが広がるような、奥深いお味のカレーでした。
d0222641_20351294.jpg

River prawn curry
今回、一番「美味しい~!」と思ったのはこちらのお料理!
お腹が減っていたのもあるのですが(笑) かなり大ぶりのエビはボリューミーで迫力満点!
そしてエビ本来の甘みと、レッドカレーの甘みや美味しさが、うまくマッチしたお料理だと思います。


そして、話も相当盛り上がったところで、デザートも登場(^^)/
d0222641_20521785.jpg

Water chestnut served with young coconut
私の大好きなタプティムですが、ここのクワイは大振りなので、しっかりとシャキシャキ感が楽しめます。
d0222641_20563032.jpg

カットされたフルーツも美しく。こんなところにタイのホスピタリティーを感じます。
d0222641_20554917.jpg

最後のコーヒー、お茶までがインクルードで。
誰もがそのロケーションの素晴らしさだけでなく、お味も大満足の素敵な夜になりました~


こちらはコースのみで一人2,247B Net(約6,700円)で、タイ料理にしてはかなりのお値段ですが
このシチュエーション、ホスピタリティー、そしてお料理のお味と、どれも本当に大満足!
駐在の記念、そしてバンコクにいらした方の素敵な思い出の1ページを飾ることは間違いなしです。

本帰国したメンバーも「ここに来れて本当によかった~」と、誰もが納得したそのお味ですが
「バンコクで本当に美味しいタイ料理はどこ?」と聞かれたら、最初の方にあげるお店の一つだと思います。
1日に予約できる人数がかなり限られているので、やはり予約は早め!が大原則ですが、
実は、直前になって早くから予約していた方が、キャンセルをするなんてことあるようですから~
ぜひあきらめずに、一度機会があったらぜひ伺っていただきたい!大リコメンドのダイニングです♪



「Chakrabongse Villas」
396 Maharaj Road, Tatien, Bangkok 10200, Thailand.
Tel: 02-222-1290
Tel: 02-622-1900
Cell phone : 089-810-0498 (英語可)
Mapはこちらから♪
d0222641_2140051.jpg

by treasure-bkklife | 2013-03-20 22:00 | Thai@BKK

Saigon Recipe Restaurant

金、土、日と3日間滞在した、寒かった日本から帰って来ました~!
行きの飛行機で「成田の現在の気温はマイナス1度!」と聞いた時、本当にひっくり返りそうになりましたが
東京経由、福岡で、食育指導士の講義と試験を受け、さらにその「食の大切さ」を実感して帰って来ました。

そんな中でもこの私ですから、「せっかく行くんだから、日本を楽しんでおいで~」と言う、主人の言葉通りに
東京滞在48時間で、会った友達の人数は何と21人(爆)
みんなそれぞれの生活で忙しい中、時間を割いてくれた友達たちに本当に感謝❤
美味しいものを沢山食べ、楽しい会話を弾ませ、またバンコクに戻ってきました~


さて、友達のバンコク訪問記に戻りますが、「バンコクの今」(笑)も知ってもらおうと
この日は最近、日本人の奥さまに大人気のこちらをチョイスすることに。
ランチの時間はいつも人が一杯なので、ちょっと時間をずらして夕方からのスタートです。
d0222641_21451644.jpg

スクンビット49のPiman 49にある、Saigon Recipeでございます♪
ある友達が言うには、「こちらのお店のあとに、向かい側のGuteでお茶をするのが駐妻の流行り」と(爆)
それだけ、今、日本人の駐妻にも人気のお店だと言うことですね(^_-)-☆
d0222641_21462474.jpg

お店のシンボルの、このアオザイ姿の美しい女性は、オーナーの奥さまなのかしら。。。
d0222641_21473380.jpg

蓮の花も美しく飾られた店内は、オシャレなベトナム料理のお店なのです。
d0222641_21483725.jpg

色鮮やかな店内に、優しく夕陽が差し込みます。


こちらのSaigon Recipeは、日本人のご主人様とベトナム人の奥さまが
「ベトナムで食べるのと同じ料理を、タイ在住の皆様にも食べて頂きたい」という思いでスタートしたお店。
野菜やハーブをふんだんに使ったベトナムの家庭料理を、ベトナムと同じお皿やお箸などを使って
そしてベトナムのインテリアや音楽に囲まれた空間で提供されているとのことです。

そして、ベトナム南部のサイゴンスタイルのお料理はもちろんのこと、中部の都市フエの麺のフォーや
様々な野菜たっぷりの前菜も用意されていて、女性にもとっても嬉しいお店なんです。
d0222641_2150693.jpg

まずはビールで乾杯~ この可愛らしいナプキンを、ストールと間違える人を何度も見かけます(笑)
d0222641_21514240.jpg

Fried Shrimp Spring Rolls with Mushroom Rolls with Mushroom & Taro
エビ、マッシュルームとタロイモ入り 揚げ春巻き
飲茶でも大人気のタロの揚げ物に似た、口の中でタロイモの甘さがほんのりと広がるお味。
d0222641_2153541.jpg

Lotus roots salad with Shrimp & Pork served with shrimp rice crackers
蓮の茎とエビ、豚肉のサラダ エビせん添え
一昨年、ベトナムに旅行に行った際に、一番気にいったお料理の一つ。
この蓮の茎が日本のうどに食感が似ていて、何とも言えないのです!
d0222641_21541356.jpg

Charcoal grilled pork and shrimp cake wrapped on Sugarcane
海老と豚肉のすり身のグリル サトウキビ巻き
ワイルドな形で出てくるこちらのグリルは、ナイフでサトウキビからそぎ取って、葉に巻いていただきます。
d0222641_21552931.jpg

Fresh salad rolls with shrimp & pork
エビと豚肉入り生春巻き
大人気の生春巻きは、タイの春巻きよりも辛さも控え目のあっさりとしたお味。
d0222641_2157641.jpg

Crispu rice with shrimp, minced pork and bean sprout
ベトナム風お好み焼き エビ、豚肉入り
もやしを始めとした、たっぷりのお野菜が中に包まれているので、見た目以上にヘルシーなお好み焼き。
このサクッとした外側の食感も、これまたたまらないのです。


この日もお子さんが一緒だったのですが、ベトナム料理はタイ料理と材料も似ているけれど、
辛さも味のパンチも控え目なので、誰にもいただきやすいお味なのでは?と思います。
何より沢山のお野菜をいただくことが出来て、次の日にもたれることもなくヘルシーなお料理です。

お店はご主人様が日本人の方とあって、店内の雰囲気やお料理なども日本人好みでありながら
お味の方は本格的な家庭でいただけるベトナム料理、日本からのお友達たちも喜んでくれました~
お友達とのランチだけでなく、週末に家族のディナーなどにも活躍できるお店だと思いますよ♪




「Saigon Recipe Restaurant」
46/5 Piman 49, Soi Sukhumvit49
Tel:02-662-6311
084-020-5010
11:00 - 22:00
by treasure-bkklife | 2013-03-18 21:56 | Ethnic@BKK

Le Beaulieu

3月2日にバンコクで行われた、「Yum!Yam! Soul Soup Kitchen! in BKK」に備えて
事前に東京に本帰国した、野菜ソムリエコミュニティバンコク@TOKYOの友達たちが来タイしておりました。
せっかくバンコクに来たのだから、みんなにはお仕事だけでなく楽しんでもらいたい!と
「〇〇〇旅行社」とみんなにおだてられながら(爆) お店のアレンジを楽しませてもらうことに~

一緒になって旅行気分を味わっていたのですが、シンデレラの時間はいつまでも続くわけではなく
みんなは日本に帰り洗濯物の山に、そして私は体重の増加(爆)に、一気に現実に引き戻されましたが
我ながら「かな~り、いい仕事をした」と自画自賛(爆) そんな1週間のバンコク旅行を綴ります。


友達がバンコクについた初日のランチですが、早朝着でありながらボリューミーなお店をチョイス(^_^;)
昔はよく行ったお店でしたが、場所も移転して雰囲気も変わった言う、こちらのお店にみんなでGO!
d0222641_20224796.jpg

BTS プルンチット、Athenee TowerにあるLe Beaulieuでございます♪
この日は一眼を忘れてしまい(^_^;) iPhoneでの撮影なので、ちょっと画像が悪くて残念!

こちらの場所は日本大使館もある通りの、ウィッタユから入るとPlaza Atheneeの次のビル、
ルアムルディから入ると、Hyde & Seekなどが入っている、Athenee Residenceの次のビルになり
このどちらからも真ん中にある、Athenee Towerはオフィスビルにもなっています。

こちらのLe Beaulieuには、こんなお店が。
d0222641_2391090.jpg

入口手前にあるのがLB Patisserie
朝の9:30からオープンのフレンチスタイルのベーカリーは、ペストリー、デニュッシュ、クロワッサンなどと
フレッシュなコーヒーや、ロイヤルプロジェクトのお茶なども用意されています。

そしてランチの時間には、サンドウィッチやバケット、そしてちょっとしたお食事などに加え
マカロンを始めとした、タイでは手に入らない、希少なスイーツの数々に出会えるそうです。
d0222641_2026435.jpg

そしてこちらは、夕方5時半から1時までのLB Terrasse。オープンエアーのガストロラウンジは
フレスコ・スタイルのオシャレな空間です。

シャンパンやカクテルに合うような、シーフードやコールドミート、スペシャルなチーズやタパスなど。
このエリアは西洋人も多く、お隣のAthenee ResidenceのHyde & Seekなどと同様に
DJなどもあって、ノンビリと寛いだ大人の社交場になっているそうですよ♪
d0222641_2050469.jpg

こちらはレストラン。お客様が一杯だったのでキレイに写真が撮れませんでしたが、2階建ての空間です。
2階のメゾネットはプライベートルームになっているそうです。
d0222641_202826.jpg

モダンでシンプルなしつらえのテーブル。
d0222641_20305151.jpg

こちらの中にもランチの時間でしたが、美味しそうなシャンパンが用意されておりました。
d0222641_20474375.jpg

フランスパンが、こんなにかわいく包まれて❤


こちらのLe Beaulieuは、以前はスクンビット19のメリキュールのサービスアパートの1Fに入っていて
日本人の駐妻のみならず、タイ人、そして西洋人からもとても人気のお店でした。
それがある日突然、いつだったか、「Le Beaulieuがなくなった~」と言う話を聞いて、
どこに行くのだろう・・、どうやらウィッタユらしい・・・と(勝手に)噂になっていたほどの人気店でした。

6ケ月の時を待って、新シェフにHerve Frerard氏が就任した、ビストロスタイルのLe Beaulieuは
大使館なども近い場所がらかお昼のビジネスランチ、夜には大人の社交場として人気になっているよう。


私たちももれなくLunch Menuをオーダーしましたが、メニューは日替わりになるようです。
d0222641_20315871.jpg

Sicilian Crab Cake Organic Salad
「Sicilian」という言葉に誘われて、珍しく魚介系が多くチョイスされましたが(笑)
イメージしていた「Le Beaulieu=ボリューミー」とは違って、軽いタッチで美味しくいただけました。
d0222641_203356.jpg

Terrine de Campagne Apple ginger chutney
お友達がチョイスしたテリーヌ。これを見た瞬間、やっぱりこっちがよかったと後悔しました(爆)


お次はメインの登場。パスタ、魚、肉などからそれぞれがチョイス。
d0222641_2034992.jpg

Rustichella Pasta Crab Saffron Sauce
この黄色はカレーではなくて、パエリアなどにも使われるサフランの色。
サフラン、バンコクで買うとすごく高いんですよね~ 
d0222641_2035159.jpg

Plancha of Seabass Ratatouille sauce
シーバスに、かなりのラタトゥイユがかかって来て、ビックリした一品(笑)
お味はもちろん、美味しかったようですよ♪
d0222641_20364131.jpg

Cooked AUS Lamb Shoulder Ratte Mash Potatoes
「お肉はラムだけか・・・」と実は悩んだのでありますが、こちらが登場してテンションがUP ↑
ラムの臭みは全くなく、まるで牛の赤ワイン煮のような味わいだったんです♪


そして最後のデザートはこちら♪
d0222641_2312189.jpg

Baked Vanilla Millefeuille
やっぱりいただきたい、ミルフィーユ。サックサクのパイ生地もアイスクリームがよくあって。
d0222641_23124612.jpg

Creme Brulee
濃厚なクリームブリュレもとてもおいしそうで、デザートのチョイスはかなり悩みそう~
d0222641_22572777.jpg

最後に別オーダーのカプチーノ。かなりのアワアワっぷりが、何だかかわいい❤


以前は450B++(だったかな?)のランチで、かなりヘビーとも言えるくらいの量があったのですが、
今回移転にともなって、平日のランチセットは695B++に変更。
そして量は以前より少なくはなったのですが、日本人にはこれでも結構な量だったと思います。

コーヒーなどをつけてしまうと、お値段的にはそれなりに張ってはしまうのですが
久しぶりにお友達とゆっくりと美味しいものをいただいて、大満足なランチでした~♪



「Le Beaulieu」
Ground Floor, Athénée Tower, 63 Wireless Road, Bangkok
Tel:02-168-8220
Tue-Sun Lunch:11:30am-2:30pm
       Dinner:6:30pm-11:30pm
Mapはこちらから♪
d0222641_22561659.jpg

by treasure-bkklife | 2013-03-12 23:06 | French@BKK

IL CIELO @ Dusit Thani

さて、今日からまた1週間が始まります~
今週は私が週末にかけて、試験のために一人で日本に一時帰国することもあり、
子供たちや主人への事前の準備など、何だか慌ただしくなりそう予感・・・。

そして、今日はあの東日本大震災から2年・・・。あの日から2年、本当に月日の早さを感じます。
最近でもまだ余震が続いているだけでなく、黄砂のような煙霧に各地が見舞われている映像を見ると
自分の目を疑うビックリするような光景が。。。今回訪れる東京、そして福岡も・・・。
煙霧なのか黄砂なのかと論議を呼んでいるようですが、自然の猛威を感じずにはいられません。。。


さて話は変って、この日はベジフルメンバーのお里帰り!
この日は、彼女が本帰国前に気になりつつも、時間がなくて行けなかったお店に行ってきました!
d0222641_10522381.jpg

BTS サラデーン駅、MRT シーロム駅にある、Hotel Dusit Thaniの2Fにある
イタリアン、IL CIELOでございます♪
d0222641_10541642.jpg

ワインボトルがドド~んと入口に大きく飾られた店内は、モダンなトスカーナ スタイルで。
d0222641_10545117.jpg

この日は1時半と遅めのランチのスタートでしたが、タイセレブ、そして西洋人と結構な人数がおりました。
d0222641_10555743.jpg

こちらのお店はワインもウリだそうで、ワインに囲まれた個室なんかも用意されています。


今回、こちらのお店が気になっていたのは、「美味しいものを食べつつも、しかもダイエット」をコンセプトにし
ローカロリーで、デザートまで堪能できて、しかもお腹も心も大満足なお店と聞いたからでした。
あれっ?Dusitってイタリアンなんてあったっけ?と思われた方も結構いるのでは?と思いますが、
昨年、こちらのお店は新しいシェフが就任し、メニューを一新したそうなのです。

イタリアのベニス生まれのDaniele Bettini氏は、イタリア、スペイン、シンガポールなどの
上質なレストランで経験を踏んだのち、こちらのIL CIELOに就任。
その上質でこだわりぬいた素材を、伝統的な味を守りつつも、独自のスタイルを紹介しているとのことで
グルメな西洋人からの評判も高いと言うことで、とても楽しみなお店です~


私たちはBussiness Set Lunch Menuをチョイス。
その日によってメニューが変わるようですが、この日はセットBでした。
d0222641_1056225.jpg

前菜にはみんながAppetizer buffetをチョイス。だって、こんなに魅力的だったのですから~
他にもスープなど、メニューの中からチョイスすることも出来ますが、これが一番お得な感じ(笑)
d0222641_10573556.jpg

Pork Salad with Celery and mayonnaise
d0222641_10581433.jpg

Tomato Bruschetta
d0222641_10584122.jpg

Assorted Italian Cold Cut
d0222641_10585958.jpg

Mixed Salad
d0222641_10594992.jpg

Grilled Vegetable

ここのBuffetの必見は、何しろチーズ類が豊富なこと!!!
d0222641_1104983.jpg

Four Cheese Voul au vent with truffle paste
d0222641_1114163.jpg

Bufffalo burrata with tomato cherry on vine
一番大騒ぎだったのは、この水牛のチーズ!一同、テンションが上がりまくりました(#^.^#)
d0222641_1121078.jpg

Cheeseの盛り合わせもこんなに沢山♪ これにはチーズ好きのメンバーも大喜びでした~


まずはいつもながら(^_-)-☆ お友達の来タイを祝って泡で乾杯~
d0222641_1123680.jpg

いつもの仲良しメンバーで、話題も弾むランチの始まりです~
d0222641_1131786.jpg

先ほどのBuffetメニューから、こんなものをチョイスして見ました。とっても美味しそうではありませんか?

お次はメインに突入~
d0222641_114129.jpg

Pan roasted duck breast with honey shallot and chestnut puree

何しろ「野菜も好きだけれど、肉は(もっと)大好き~❤」と言うメンバーですから、
今日のお肉のチョイスが「ダック」と知って、誰もが「・・・・」と悩みました(笑)
が、ある一人がオーダーしていたこちらが来たとたんに、「こっちにすればよかった~!!!」と大騒ぎ(爆)
やはりダックのお肉も柔かくて、とても美味しかったようなので、みんなチラチラ横目で見ておりました(#^.^#)
他の日のメニューには、チキンやビーフなどもあるようです♪
d0222641_1143481.jpg

Pan fried sea bass with mixed vegetable sautéed and rosemary sauce

もちろん、こちらのスズキも臭みもなく、柔かったです!
魚だとEPAと言うアンチエイジングにもよい油も取れるので、もっと積極的にいただかなくっちゃ♪


そして、日替わりのデザートがやってきます!
d0222641_11569.jpg

ピスタチオのアイスクリーム
あまりの色の鮮やかさに、一瞬「抹茶アイス???」と誰もが目を疑ったアイスクリーム(笑)
d0222641_1152919.jpg

パンナコッタ
つるんとしたパンナコッタは、わりとあっさりとしたお味。
d0222641_1155086.jpg

最後のコーヒーまでもついて。お腹も心も満たされた、とても充実したランチでした~


ところでこちら、「美味しく食べてダイエット!」がコンセプトとのお店でしたが・・・
果て?本当にそうだったのかしら(爆)
確かに素材は選りすぐっており、お味も美味しいものでしたので、どっちでもいいや~と(^_^;)

そうそう、お腹いっぱい食べたときも、「こんなにいっぱい食べちゃった・・・」と、罪悪感を感じてしまうより
「美味しかった~ これも、全部消化するから大丈夫~」と思って、脳に暗示をかけていた方が
本当に体にもそれが伝わって、消化されるそうなんですよ♪

だからと言って、もちろん食べ過ぎはいけませんが(#^.^#) とっても美味しく楽しいランチでした!




「Il Cielo」
Dusit Thani Bangkok 946 Rama IV Road
Tel:02-200-9000
Lunch:11:30am-2:30pm (L.O. 2pm)
Dinner:6pm-10:30pm (L.O. 10pm)
by treasure-bkklife | 2013-03-10 11:06 | Italian@BKK

TALING PLING@Sukhumvit 34

昨日から息子は学校の行事で、ベトナム・ホーチミンへと旅立ちました~

初めての親なしの海外旅行、先生から無事に宿舎についた写真が送られてきましたが、
日曜日に帰ってくるまでの3泊4日、お友達と楽しんで元気に帰って来てくれることを祈るばかりです!


さて、お友達の来タイ、2日目。娘とプリスクールが一緒だった親子が来タイしておりました~
パパとお子さんがお出かけの間に、ママたちはランチを楽しむことに♪

近場のスクンビットで美味しい、そして雰囲気のあるタイ料理のお店ということで
彼女も行ったことがない、こちらのお店をチョイスすることに。
d0222641_9103189.jpg

スクンビット34の一軒家、TALING PLINGでございます。
昨年の夏ごろ、新しく出来たばかりのお店で、これでこちらを訪れるのは3回目。
d0222641_9115413.jpg

ガラス張りの大きな一軒家。駐車場も大きくて、大人数にも対応できそうです。
d0222641_9131140.jpg

入口前にはこんなかわいらしい自転車が。この前で記念撮影をする方も多いみたい(^_-)-☆
d0222641_9142969.jpg

リゾートモードがこちらのスペースは、差し込む柔かい陽射しが気持ちいい~
目の前には大きなお庭も広がって、とってもノンビリできるんです。
d0222641_10182468.jpg

反対に、店内にはこんなポップな色合い溢れる空間も!
メインの床は白と黒のダイヤ柄からか、外国人には'Alice in Wonderland'を思わせるみたい(笑)

この日はタイの方だけでなく、西洋人、インド、韓国の方など賑やかで
これだけランチの時間に人が入っているのは珍しいと話題になったほど。
d0222641_10173794.jpg

タイ料理のお店ではありませんが、デザートにはケーキなども充実しております♪


こちらのタリンプリンはシーロムに本店があり、そして、セントラルワールド、パラゴンなど
今ではバンコクには6つほど、お店を展開している人気レストランなんです。
その人気は美味しいお料理はもちろんのこと、その割にリーズナブルな価格にもあって
ローカルの方々から、外国人、旅行者にまで愛されているお店です。

こちらは30年ほど前に、コルドンブルーを卒業したTipmaneeさんが
タイ料理に伝統的なタイ料理に造詣が深い、義理のお父様のサポートにより開いたお店だそうで、
現在ではその娘さんが店を切り盛りし、今なお伝統的、かつ、家庭的なタイ料理を出し続けるお店です。


今回は女子、そしてお肌もアンチエイジングも気になるお歳頃(笑)と言うことで
ヤム、野菜のスパイシーなサラダのメニューなど、野菜を中心に選ぶことに。
100種類を超えるメニューがあってどんな方にも対応しやすく、そしてメニュー選びに迷ってしまいます(笑)
d0222641_10124883.jpg

正式な名前は忘れてしまいましたが、レモングラスとハニーマナオのフラペチーノ風。
これは本当に絶品なので、来るたびにオーダーしてしまう一品。
d0222641_10131150.jpg

カナと塩魚の炒め物。
真っ先に来タイしたかわいらしいお友達がオーダーしたので、イメージに似合わず思わず「渋いね~」と(笑)
カナはタイ野菜の基本の「き」、油で炒めるとさらにビタミンAが吸収されてGood!
d0222641_10141098.jpg

ヤム タクライ
薄切りにしたレモングラスのサラダには、揚げた魚も一緒に入っておりました。
d0222641_9272198.jpg

ヤム トゥアプー
女子の大好きな四角豆のサラダは、どこのお店でもあるわけではないので
あると必ずオーダーしてしまう一品です。
お店によってはココナッツミルク味が強かったりするのですが、ここのはあっさり目でございました。
d0222641_10164239.jpg

ゲーン リアン
お野菜がたっぷり入ったスープのゲーンリアンは、ヘルシーで大好きなスープなのですが
このスープが初めての二人からは、「変わった味だね」とコメントが(笑)ガピのせいかな?
トムヤムクン、トムカーガイなどのココナッツミルクが入っているスープとは、確かにかなり違うかも。
d0222641_9234790.jpg

コームヤーン
豚ののどのお肉は柔らかくて、誰もが食べやすく、大好きですよね!
d0222641_9251819.jpg

黒オリーブがたっぷりと入ったカオパッドは、初めて食べたときから病みつきになるお味。

この日は割とお野菜系のメニューをオーダーしましたが、もちろんガツンとしたタイ料理も豊富。
ロティがついたグリーンカレーや、マッサマン、そしてイエライシャンの花と卵、春雨の炒め物など
他にもさまざまなお料理が用意されているので、ぜひお試し下さいませ。


そしてお腹はいっぱいだけれど、やっぱりデザートもいっちゃいました(^_-)-☆
d0222641_9495068.jpg

バノッフィーパイ
こんな洋のスイーツも取り揃えられているので、選択の幅があることも嬉しいところ。
d0222641_952896.jpg

ブア ロイ
タイのデザートがこんなかわいいカップに入って。こちらはタロイモで出来ていたと思います。
d0222641_1002136.jpg

最後にはコーヒーもいただいてノンビリと。久しぶりの弾む会話で楽しかった~❤


この日は3回目の来店、一番最初に訪れたときは夏休み開けてすぐだったので、オープン直後。
その美味しさはもちろんですが、他の方でブログに書いている方もいたようだけれど
ちょっとサービスが・・・と思う場面に遭遇することに・・・。

それはここのお店だけに限らず、やはり開店当初、特にタイではソフトオープン的なことも多く
「まだ、うまく回っていないんだな・・・」と思うことも正直多いのですが、
オープンから半年たった今回は、特にそのようなことはありませんでした。
やっぱり時間がたって、スタッフもだいぶ慣れてきたのでしょうか?

何しろこの価格で安定したお味のタイ料理、そしてこののびやかな雰囲気は嬉しい限り。
目の前がお庭のガラス張りの方のスペースがおススメ❤ ぜひ、予約してお出かけくださいね♪



「TALING PLING @ Sukhumvit Soi34」
25 Sukhumvit Soi 34, Bangkok
Tel:02-258-5308-9
11am-10pm
by treasure-bkklife | 2013-03-08 11:51 | Thai@BKK
昨日は「食の魔法でベジフルビューティフル~」の、第一回目の放送でした~
とっても緊張しましたが、なんとか無事に終って一息ついたところです。
しかし自分の声を改めて聞いてみると思っていたよりもさらに低くて、本当にビックリでした~(@_@;)


さて、沢山のお友達たちが来タイしていた2週間!
間にはセミナーもあったり、Yum!Yam!Soul Soop Kitchenなどのイベントもあったりで
とってもハードなスケジュールでしたが、それはそれは楽しい2週間でした~
そんな私もみんなの旅行に便乗した気分で、バンコク旅行記(笑)を綴っていきたいと思います。

一番最初には、学生時代のお友達がお母様と来タイ!
もう何度もバンコクに遊びに来ている親子ですから、既にいろんな美味しいタイ料理を食している訳です。

今回の来タイは残念ながらセミナーとも重なって、今回の旅行で会えそうなのは一日だけ。
他の日もオススメしたお店で、タイ料理の美味しさを十分に楽しんできてくれたようですが、
一緒のランチのお店には、何回もバンコクを訪れている親子だからこそ行ってきたお店がありました。
d0222641_22494699.jpg

いつ来てもロビーに飾られた美しい花!Siam Kempinskiでございます・

ロビーだけでなく、ホテルの中にも美しい花々が。その雰囲気もとてもステキなんです。
d0222641_22531159.jpg

これはトイレの前に飾られたカラー。これは家でも真似できそうなアイデア。
d0222641_22542353.jpg

お友達親子も大でまりの花がここに~ととても喜んでいただけました。
d0222641_2256884.jpg

アフタヌーンティなどが楽しめる場所にも、こんなにセンス良く飾られているんです。

そして、こちらのホテル、プールもこれまたGoodなんです。
d0222641_22514276.jpg

プールサイドは都会の中のリゾート気分が満点!
これが、サイアムパラゴンの裏側とは、本当にビックリしてしまいます(^^♪


さて、今日のお目当てはこちらのお店でした。
d0222641_2311623.jpg

タイ料理のSra Bua by Kiin Kiinでございます♪

店内に一歩足を踏み入れると、その美しさは感動ものです!
d0222641_23442.jpg

美しい蓮の池が登場して、一気に気持ちが盛り上がりました❤
d0222641_2354435.jpg

店内の雰囲気もモダン&ゴージャスで抜群!


こちらのSra Bua by Kin Kinは、こちらのシェフが奏でるタイ料理です。
d0222641_237253.jpg

コペンハーゲンから来たHenrikシェフは、オリジナリティがあふれるモダン・タイキュイジーヌを奏でる方。
そしてあのタイ料理の巨匠(笑)NahmのDavid Thompsonとともに、ミシェランシェフなのですが
Nahmが洗練された伝統的なタイ料理を目指すのに対し、こちらはかなりフュージョンのよう。

いろんなBlogや情報HPで、「素晴らしい!」と言うべた褒め派と(西洋人に多いような気がします)
「これはタイ料理でない!」「塩分と甘みが強すぎる・・・」など否定派で
賛否両論が分かれていたお店なので、ちょっと足が遠のいていたお店ではありました。

でも、グルメなお友達が「タイ料理ではないけど、決して悪くはなかったですよ~」と言っていたので、
このゴージャス感溢れる雰囲気と、他にも今回本格的なタイ料理を食べつくなら
こんなお店もあるよ!日本からのお客様に紹介してもしても面白いかな?と思い訪れることに。


お昼もセットメニューだけの1,500B++(約、4,500円)! 
タイに住んでいると、「タイ料理でそんなにするの~!!!」と、正直思いますよね(笑)
私はタイ料理の勉強のために、そしてお友達にもそれを確認したうえで、「もちろんOK!」と太っ腹(爆)
東京だとランチも結構なお値段がしますものね~(^_-)
d0222641_2382499.jpg

レモングラスとバイトーイのお茶がまず運ばれて。
この香りが私でも、「タイにいるんだな~」と、旅行に来た気分を誘います(笑)


そして、コース料理のスタートです。
まずは、「The Nibblings」として、こんな3品が登場いたしました。
d0222641_23102196.jpg

Soy Roasted Cashew Nut Meringue
口の中でシュワーと消えるメレンゲは、やはり「これはタイ料理なのだろうか?」と言う気分に(笑)
d0222641_23122135.jpg

Kaffir Lime Leaf Scented Lotus Root
こぶみかんの香りがする、レンコンをチップスにした一品。
お母様がレンコンをこんな風に使われることに、ビックリされていたのを思い出します(*^_^*)
d0222641_2313548.jpg

Prawn Cracker with Chill Tomato Dip
このトマトディップをつけていただくエビのクラッカー、斬新な感じで楽しめました。


ここまでお料理が来て、「タイ料理ではない」ではなく、「お料理を楽しもう!」と思うことに(爆)
他の方がおっしゃていたように、やっぱりタイ料理とはちょっと違うかもしれないけれど、
お友達が言っていたように、味は決して悪くはなく、そして楽しめるものでした。


次に「Starter」がやって来ます。
d0222641_2316037.jpg

Gang Dang Frozen Red Curry with Lobster Salad
これはお店の方がリコメンドしていた一品。
写真では見づらいのですが、液体窒素がふわ~っとかけられて、プレゼンテーションに一同上がります(^^♪
中にはレッドカレーのムースが。とても面白く、そして味わい深くて美味しかった♪
こんな使い方も出来るんだ~と、勉強になった一品でした。
d0222641_23172629.jpg

Orchid Salad with Snow Fish, Avocado and Spicy Dressing
これはお友達がオーダーした、オーガニックに蘭の花をいただける美しいサラダなんです。
味はかなりスパイシーだったようですが、「美味しい~❤」といただいておりました。
d0222641_23191865.jpg

Seared Foie Gras with Plum Wine and Tamarind Pear Chutney
これは私がオーダーした一品ですが、フォアグラにタマリンドの甘酸っぱさが合うんだな~と!
この泡のソースのお味も充分に堪能できました。


そして、お次は「Main Dish with Rice」が。
d0222641_2322934.jpg

Panko Fried Fish Tom Kha with Mushrooms
これはお母様がオーダーされていた一品ですが、カリッと焼かれたお魚が美味しかったよう。
そして鶏肉なしのトム カーももれなくついておりました。
d0222641_23232976.jpg

Spicy Green Papaya Salad with Grilled Chicken and Buttered Nam Jim
ソムタムが生春巻きの皮に巻かれて、下にはガイヤーンが敷かれております。
通常、ババーンと出てくるソムタムとガイヤーンも、こんなにオシャレで嬉しかったことと思います(笑)
その美しいプレゼンテーションだけでなく、お味の方もとても美味だったようですよ♪
d0222641_232448100.jpg

Grilled Beef Tenderloin with Asparagus, Spiced Oyster Sauce and Thai Basil
これは私がオーダーしたのですが、テンダーロインのお肉はとても柔かかった!
ただ、やはり「これって、タイ料理???」と言う思いは、最後までぬぐえませんでしたけど(笑)


そして「Dessert」が登場!
d0222641_2327422.jpg

Passion Fruit Ice Cream with Condensed Milk and Kumquats
親子二人がオーダーした、お店の方がりコメントした一品。
パッションフルーツの爽やかさが、タイ料理の後の辛さを癒してくれたよう。
d0222641_23295167.jpg

Banana Cake with Salted Ice Cream and Caramelized Milk
もう、タイ料理かどうかは度外視で(爆) このデザートは濃厚で美味しかった❤

最後、別にコーヒーをオーダーしましたが、こんな嬉しいものが一緒に(^^♪
d0222641_2331853.jpg

チョコレートが3つも入って、もれなく持ち帰りさせていただきました。


一通り、コースでお料理をいただいてみて、あくまでも私の感想ですが
「タイ料理とはやはり言い難いけれど、お料理は十分楽しめるもの」と思いました。

塩気や甘みが強いという話もかなり見かけましたが、お店がオープンしてだいぶたったこともあって
そのあたりもかなり調整されていったのではないでしょうか?
でも、「The タイ料理」がいただきたい方や、フュージョンは好きではない。。。という方には向かないかも。

何よりお友達親子が、とてもこの演出とお味を面白がって楽しんでくれて、それが一番嬉しかったです!
やっぱり、もっとフラットに食を楽しまなくっちゃ♪ と思った一日でした。



「Sra Bua by Kiin Kiin」
Siam Kempinski Hotel Bangkok
991/9 Rama 1 Road, Pathumwan, Bangkok
Tel:02-162-9000
Lunch:12pm – 3pm (Llast order at 2pm)
Dinner:6pm - 11pm (Last order at 10pm)
by treasure-bkklife | 2013-03-05 23:32 | Thai@BKK