子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2013年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Bodhi Serene Chiang Mai

今週の金曜日は第一回目の山場の大きなテストが控えていて、頭から湯気が出そうな勢いです(笑)

毎週火曜日にJ-channelで行っている、「食の魔法でベジフルビューティフルライフ~」も
大変申し訳ないのですが、明日から5月14日の回までは、お休みをいただくことになりました。
今回の勉強は今後の放送やブログにも役立ちそうなことなので、最後まで頑張りたいと思います!


さて、チェンマイ一日目の宿泊ですが、旧市街のこちらに宿泊することに。
d0222641_21371117.jpg

チェンマイの旧市街にある、Bodhi Serene Chiang Maiでございます♪

実はチェンマイ旅行に出かける前の日、バンコクでタイ料理ライターのルイさんに会っていたのですが
ここに泊まると言う話をしたところ、ルイさんもなんと!チェンマイの定宿にしているとのこと!!!
ルイさんのオススメだけあって、とっても楽しみにしていたんです❤
d0222641_2221357.jpg

Welcome Drinkは、ルイさんも絶賛していたナムプン マナオ、ハチミツの入ったマナオジュース。
本当に話通りに美味しくて、おかわりをお願いしたいほどでした(笑)
d0222641_21471788.jpg

チェンマイにはステキなブティックホテルが沢山ありますが、ここは場所も便利で素敵~❤❤❤
ターペー門やお寺、そしてサタデー、サンデーマーケーットなどにもホテルからほど近い位置です。
d0222641_22552689.jpg

ここのホテルを選んだ理由の一つが、こちらで自転車が借りれることでした~
これは後でのお楽しみですが、本当に正解だったのです!


さて、お部屋の方はどうかと言いますと
d0222641_21491078.jpg

Executive Roomのお部屋に、キングサイズのベッドにエクストラを入れてもらいましたが
部屋の広さは申し分なし!そして清掃状態もよかったです。
d0222641_21504997.jpg

お風呂もこんな大きなバスタブの他に、シャワールームも別についていて便利。
d0222641_21553298.jpg

部屋の窓から見える中庭は、チェンマイらしい佇まいがステキなんです❤


こちらの宿泊は、朝食付でした。
d0222641_2210914.jpg

サラダやフルーツ、そしてシリアルなど。緑の中庭でいただくステキな朝ご飯です。
d0222641_23192629.jpg

フワフワのパンケーキに、ワッフル。こちらも焼きたてで美味しかった♪
d0222641_2262697.jpg

朝陽がキラキラと差し込む中庭で、いただく朝食は気分も最高!
d0222641_23222165.jpg

宿泊客は欧米人とタイ人の方が多かったように思いますが、チェンマイらしい空間の中で
ゆっくりとした時間を楽しんでおりました。


こちらのホテルには、小さいながらも2階にはプールもあったので、これも子供がいるうちにはありがたい!
d0222641_2215231.jpg

ここのプールで、既に水鉄砲による掛け合いも始まっておりました(笑)
d0222641_2235397.jpg

ソンクランの時期と言うことで、チェックイン時に水鉄砲までもプレゼントが♪
d0222641_2341786.jpg

ホテルのプールエリアから下の道路を見下ろすと、辺りはウォーターガンを持ち歩く人でいっぱい(笑)
d0222641_23315995.jpg

いつ水が飛んでくるのかと、ドキドキしながら歩きます(^_^;)


もちろんこの後は、家族で水着に服を羽織ったまま、私たちも戦闘地に参戦しに行くことに♪
多くの人出で賑わう、旧市街のウォーキングストリートまでも、徒歩で5分以内。
便利な場所で雰囲気もよく、スタッフのホスピタリティも感じられるステキなホテル、
そしてコストパフォーマンスもよいので、チェンマイの旧市街に宿泊する時には本当にオススメです♪



「Bodhi Serene Chiang Mai」
110 Ratchaphakhinai Road, Phra-sing, Muang Chiangmai
Tel:053-903-900
by treasure-bkklife | 2013-04-29 23:36 | Chiang Mai

Wat Doi Suthep

ブログの更新が滞っておりますが、今週の月曜日から、バンコクのある学校に通っております。
毎日、朝の9時から夕方5時近くまで英語での授業に、そして毎日テストもあるので家で復習も欠かせず
噂で「受験勉強並みに勉強しないと、受からない」と聞いていたのですが、噂は本当!で脳がクタクタ(^_^;)
全部で1か月ほど続く予定ですが、また授業の話もブログで紹介できればと思っております♪


さて、週末は少しリフレッシュということで、チェンマイの旅の続きを♪
チェンマイには沢山の仏教寺院がありますが、子供は「もう、お寺は行きたくな~い!」言い出しかねず(笑)
ここだけは外せない!と言う、いくつかのお寺に絞って見学をしようということに。

その中でも、ソンクラン中、多くの参拝客が訪れるので、まだ賑わう前の初日に行っておいた方がいいと言う
タクシーの運転手さんのおススメもあって、予定変更をしていってきたのはこちらのお寺です♪
d0222641_9383889.jpg

写真などで見かけることも多いと思いますが、ステープ山の山頂にあるWat Doi Suthepでございます♪
標高1,080mのステープ山の山頂にあるドイステープは、チェンマイでも大人気の観光名所で
この日も多くの観光客の方で、賑わっておりました!

チェンマイは、かつてはタイ北部一帯を治めた「ランナー・タイ王国」の首都であって、
現在においても、城壁や城門が残る歴史豊かなタイ北部最大の都市。

ドイステープの建立にあたってはエピソードがあるようですが、神聖な仏陀の骨がクーナ王に与えられ、
クーナ王はそれを白い象に乗せて自由に歩かせてみると、その象は最後にはステープ山に登り、
そこで息絶えたので、その場所にクーナ王が寺院を建てられたという話もあるそうです。

昔は熱帯の深い森の中を最低でも5時間も要してこの山に登り、寺院に参拝していたそうですが、
高名な僧侶であるクルーバー・スィーヴィチャイ僧が、参詣のための道づくりに援助を求めたところ、
国中から一日3,000~4,000人もの人達が道の建設に携わり、半年以内に道が完成したそうなんです。


さて、私たちもまずは寺院に行くには、山を登らなくてはなりません。
d0222641_9251038.jpg

お寺の入り口付近には、多くの露店が連なりますが、ここでチェンマイ名物の「いちご」を発見!
旬の時期は乾季だそうで、2月頃まではイチゴ狩りなんかも楽しめるそうなんですが
こちらで買っていただいてみると、バンコクでいただくチェンマイ産よりも甘いんです!


チケット売り場で入場料のチケットを買い、ここから階段を登って本堂まで行くのですが、何と階段は306段!
d0222641_12303719.jpg

「ええ~っ、306段!」と思われると思いますが(笑) 現在はこんな箱のようなリフトもあったのでご心配なく♪
d0222641_9511246.jpg

寺院の入り口までたどり着くと、ここからは靴を脱いで見学をすることなります。
灼熱の太陽が照りつける、ソンクランの時期のチェンマイは、石の床はかなりの熱さになっているので、
場所によっては、子供たちは「アッチッチ~!」と、お参りどころではなく飛び回ることに(笑)


寺院の外では、チェンマイの山賊民族のダンスなども見ることが出来ました!
d0222641_953521.jpg

子供たちのダンスは本当にかわいい❤ 
d0222641_956555.jpg

こんなおじさん?のパフォーマンスなども見ることが出来ました♪


寺院の中に一歩足を踏み入れてみると、太陽に照らされ、美しく輝く金の仏塔、チェディが!
d0222641_13591031.jpg

まさに「ドイ ステープに来た~!!!」と実感させてくれる、黄金に輝くチェディ。
チェンマイのクーナ王統治時代の1383年に建立されたとのことですが、何と高さは22m!
傘の下の支えになっている部分には、ゾウやライオンなどの装飾がされております。
d0222641_931672.jpg

チェディの周りには通路があって、どうやらこの周りを廻ってお願いするようです。
d0222641_9482765.jpg

お参りのしきたりがよく分からなかったのですが、ローカルの方たちに習ってチェディの周りを3週廻ったあとに
蓮のお花とろうそくを捧げて、家族でお祈りをしました。
d0222641_9363945.jpg

回廊には多くのブッダが並び、仏画が描かれております。
d0222641_9412596.jpg

こんなエメラルド色の仏様は初めて!ガラスで作られているのか、中が透けております。
d0222641_9452455.jpg

こんな真っ白に輝く仏様も。これは伝説の白い骨をイメージされているのでしょうか・・・。


寺院の外には大きな鐘があったり、南国らしい花々が咲き誇ります。
d0222641_9593398.jpg

そして何より楽しめるのは、チェンマイの街並みが一望できるこちらからの景色!
今は乾季でなく空気が澄んでいないということと、お天気も曇りということで、少し霧がかかって見えましたが
十分にチェンマイの街並みを楽しむことが出来ました。


チェンマイの中心地でもある、旧市街のターペ門辺りからは、車で3~40分ほどでしょうか?
やはり金色に輝く大きなチェディは圧倒的な迫力があり、一度は見る価値があるかと思います。
この後は、ソンクランのチェンマイ名物・水掛けに家族で参戦です(笑)



「Wat Doi Suthep」
Srivichai Road, Doi suthep, Muang, Chiangmai 50200
Tel:053-295011
8am-5pm
by treasure-bkklife | 2013-04-27 13:49 | Chiang Mai
チェンマイのお話は一度お休みにして、先々週の「食の魔法でベジフルビューティフルライフ~」のお話を。
先々週は美容がテーマでしたが、いつもノースリーブの私も耳が痛いお話でもありますが(笑)
「体をもっと温めよう!」のお話をさせていただきました。



今日は美容のお話、「体をもっと温めよう!」と言うテーマですが、
さてみなさん、今のご自分の平熱は何度かご存じですか?
子供の頃はよく予防接種やプールに入るときに測る機会があったと思うのですが
大人になると「ちょっと熱があるかも・・・」と言う時以外は測らなくなってしまいますよね。

今、低体温の方が増えているそうですが、体温が一度下がると免疫力は30%も低下すると言われていて、
太りやすくなった、肌が荒れるなど美容にも影響が出てしまうんです。
あるお医者様が言われるには、「神様が定めた人間の体温は37度。
日本人からすると「微熱」に入りそうな温度なのですが、一日一回、体温を37度にあげる習慣をつけ、
そして徐々に平熱を上げていくことが大切だそうです。

冷えや低体温は、血行不良、自律神経やホルモンバランスの乱れ、疲れやストレス、
ダイエットのしすぎで筋肉量が落ち、基礎代謝が下がってしまった、骨盤のゆがみなどと
いろいろ原因はあるのですが、思い当たる点はありませんか?
運動によって筋肉をつけ基礎代謝を上げることも、体温を上げる大切な要素の一つだそうです。


体温を上げる一つの方法として入浴がありますが、みなさん毎日、湯船に使っていますか?
常夏のバンコクではシャワーだけで過ごしてしまい、湯船につかることは少ないかと思うのですが、
みなさんはいかがでしょうか?

「ヒートショックプロテイン」という言葉があるのですが、
疲労や病気などの体のダメージを修復するタンパク質として注目され始めているそうです。
これは体温が38度くらいになると増加して、働きを高めるために一番手軽に出来る入浴法で、
約40度のお風呂に20分浸かるだけで体のダメージが回復できるとされています。
新陳代謝を促進し毎日の美肌づくりを助けるだけでなく、免疫力UPや疲労回復にも役立つのです。

何より入浴は体の中を温めて、冷えを解消してくれると同時に、
睡眠前にゆっくりとお風呂に入ることは、体を温め質のよい睡眠へと誘ってくれる効果もありますよね。
お気に入りのバスオイルやアロマキャンドルなどを使えば、心も体も温まって、よい睡眠、
そしてダイエット、美肌にもつながります。


そして、お腹を冷やさないようして温めることが大切です。日本でもかわいい腹巻、流行りましたよね。
体が最優先で温めようとするのは内臓なので、内臓が温まっていないと下半身や末端に
送られるはずの血液も、内臓に優先的に送られてしまうので、手足の冷えなどが気になる方も、
まずは内臓を温めることが大事なことなんです。

内臓が冷えると胃腸の働きが悪くなり、食べ物を消化できないので代謝が悪くなり
栄養が吸収できない体からやせにくくなったり、肌の調子が乱れたりお通じが悪くなったりします
内臓が温まると基礎代謝も保たれやすく、ダイエットやデトックスにも効果が望めますので、
食べ物で体の中を温めることも、大事なことなんですよね。


飲み物は常温やホットで摂ることがベスト。
暑いバンコクなのでやはり冷たい飲み物が飲みたくなりますよね。
「一日2リットルの水を飲む」という健康法もありますが、冷たい水を飲むと内臓が冷えてしまうので、
やはり常温が基本で、そして季節に関わらず、水は常温か白湯、お茶なども温かいものがよいのです。
そして、食事の時は温かいスープかお味噌汁を、一緒に摂ることが好ましいのです。

もう一つ、体を温める簡単な方法に、薬味を活用すると言う方法もあります。
中でもニンニクとショウガは即効で体の芯から温めてくれるのです。
他にもワサビ、ネギ、ニラ、玉ネギ、大根おろしにも体を温める働きがありますので
冷たい物、体を冷やすもの食べる時、例えば生野菜サラダのドレッシングなどにもこれらを入れて、
一緒にいただくと、体が温まりますよ。
チューブ入りの生姜も出ているので、持ち歩いて味噌汁やスープに加えるなど
紅茶に入れてジンジャーティーにもできますよね。


そして気をつけたいのはスパイス系です。
タイ料理でもおなじみの唐辛子は、カーッと熱くなって汗をかくので体を温めてくれそうですが、
もともと熱い国の食べ物なので、発汗して放熱すると急激に体が冷える作用があるのです。
和食でも一味唐辛子より陳皮やシソの実、山椒など、体を温める物が入っている、
七味唐辛子を選ぶようにした方が体を温めるという点ではよいのです。

キムチも唐辛子がたっぷり使われていますが、ニンニクや生姜などもたっぷり入っているので、
その作用で体を温めてくれるので、唐辛子を使った辛い料理を食べる時はキムチのように
ニンニクや生姜をプラスするとよいと思います。


他にはシナモン、クローブ、ナツメグなど体を温める働きがあります。
コーヒーも南国産なので、ホットでも何杯も飲むと体を冷やしてしまいます。
頂くときにはシナモンパウダーを入れていただくのも、体を冷やさないようにする方法の一つなんですよ。
d0222641_21444150.jpg

我が家の使いかけの調味料の写真で申し訳ないのですが(^_^;)
バンコクはどこのスーパーでもお安く手軽にスパイス類を購入することができますよね!
こんなスパイスをコーヒーや紅茶、スープやお料理に試してみてはどうでしょうか?

チューブ入りの生姜などは、フジスーパーなどで購入することができますが、
家でいただくなら生姜はタラートなどでも安く大量に購入できますし、やはり生の方が香りもよいですね!


私もそうなのですがバンコクは暑いので、ノースリーブ、クーラーもつけっぱなし、
冷たいものを多くいただいても、冷えを全く自覚していない方もいらっしゃるかと思います。
下痢と便秘を繰り返したり、肩こりやむくみ、生理痛があったり、なかなか痩せづらいという方も、
もしかしたら内臓が冷え切っているのかもしれない可能性が・・・。

朝起きた時に、お腹や太ももを触ってみて、脇の下よりも冷たいようなら要注意。
自律神経が乱れていて、体温調整がうまくいっていない可能性があるかもしれません。
手足が温かい、顔が火照るなども、内臓を温めるべき熱が手足や顔に逃げているだけのこともあるのです。


4月から新しくバンコクで生活を始める方も多いと思いますが、特に一年目は体が慣れずに
バンコクの暑さにクーラーや、冷たいものお世話になることも多いと思います。
今までお話したことに加えて、家では床もクーラーで冷え切っているのでスリッパや靴下を履くなど、
体の中の冷えから、体調を崩されないようにご注意くださいね♪



~ 「食の魔法でベジフルビューティフルライフ~」 4月9日放送分より ~ 
by treasure-bkklife | 2013-04-23 21:54 | 食の魔法でビューティフル~

Huen Phen

一週間ほどブログをお休みして、ソンクランはチェンマイに1週間ほど旅行に行っておりました~
ソンクランにチェンマイなんて(どんな水がかかることやら)「Are you Crazy?」と、タイ人ママに言われ(笑)
「一週間チェンマイって、そんなに長く何しに行くの?」とも尋ねられましたが、それはそれは楽しかった!!!
ステキな時を家族で過ごすことが出来たので、皆様にご紹介していきたいと思います。


さて、第一日目。チェンマイの空港からタクシーを拾って、まずはホテルの側のこちらのお店へ。
地元の人が集まるような、ローカルの味をいただきたかったのです♪
d0222641_22115411.jpg

旧市街のラチャマンカ通りにあるHuen Phenでございます♪
d0222641_22191916.jpg

様々なブログなどでも紹介されているこちらのお店ですが、昼と夜とではかなり違う顔になるようです。
昼は地元の方が集まって、ローカルの食堂のようなざっくばらんな雰囲気ですが、
夜はこのお隣の敷地で息子さんがレストランを開いていて、かなり雰囲気もよいようです。

しかしどうもお味に関しては、お昼の方がリコメンドが高いようなので、私たちはランチに訪れることに~
d0222641_22145625.jpg

お料理はこのように作り置きがされている食堂スタイル。
空港から直接やって来て、お腹が空いている身にはありがたいっ!
d0222641_2213493.jpg

お料理があれこれと並んでいるので、どれにしようか迷ってしまいますが
ここではやはり北部でしか食べられないお料理をいただきたい~


一般的に北タイのお料理は辛いものが多いので、子供たちがどのぐらい食べれるのかが心配でしたが
まずは一緒にチャレンジしてみようということに♪
d0222641_22381977.jpg

メニューは写真付き、そして英語でも書かれているので、旅行者でも安心なんです❤

お料理はお店の方のオススメにしたがって、オーダーをしてみることに!
d0222641_22204799.jpg

カノム ジーン
お店の方のオススメの麺類は、本当はチェンマイ名物のカオ ソーイでしたが、
別途美味しいと評判のお店に食べに行く予定があったので、こちらをオーダーすることに。

実は私、バンコクでもいただけるこの「血の塊」が苦手なのですが、こちらを思い切ってトライしてみました!
ところが、「あれっ、いつもと違って、全然臭くない!!!」と、初めて何口もいただくことが出来ました~
d0222641_2223081.jpg

タケノコのサラダ
こちらはちょっぴりスパイシーで、子供たちは「辛い!辛い!」と、お水で流し込んで大絶叫(^_^;)
大人は美味しくいただきましたが、やはりごはんと一緒に食べたい一品です。
d0222641_22235739.jpg

ジャックフルーツのヤム
これは初めていただいて、ちょっとビックリしたお味!
フルーツのジャックフルーツが、まるでねっとりとしたサトイモのようなんです♪
これは子供たちも「美味しい~」と、何度もおかわりをしていただいておりました。
d0222641_22263835.jpg

魚のカレーグリル
お店の方に聞いたところ、カレーペーストをまぶしたお魚を
バジルと一緒にバナナの葉に包んで、グリルで焼いたものだそうでした。
今回お料理教室にも2回ほど参加したのですが、バナナに葉に包んで焼いたり蒸したお料理を作りました。
d0222641_23514440.jpg

サイウア
これはおなじみ、チェンマイ名物のソーセージ。ビールがどんどん進んでしまうお味です♪
バンコクでも木タラなどでグルグルと巻かれている、ソーセージを見かけると思いますがアレなんです。
一口いただくと、何だか病みつきになってしまうそのお味、気が付くと一人で食べてしまったことも~(^_^;)
d0222641_2231155.jpg

ゲーン ハンレー
バンコクなどでいただく、ココナッツミルクたっぷりのタイカレーとはまた違う、
ミャンマーなどでもよく見られる、チェンマイのカレーです。
チェンマイではこの「ハンレー」ペーストが市場で売られていて、バンコクではなかなかお目にかかれません。
子供たちはここでゲーン ハンレーの美味しさにはまってしまい、旅行中に何度もオーダーすることに♪
d0222641_22335486.jpg

カオニャオ もち米のごはんもいただいて、本当にお腹もいっぱいです!


今回、イヤと言うほど北タイのお料理をいただきましたが、最初にいただいたインパクトは凄かった!
「あっ、ちょっとクセになりそうなお味かも・・・」と。
そして一品30B ~と本当にお安いお料理で、コストパフォーマンスの良さにもビックリでした(^^)/

この日はソンクランの初日ともあって、お店の前でも水掛けが盛んにおこなわれていましたが
もちろん我が家も水掛けにもれなく参加させていただきました(笑)
そんな楽しいチェンマイ旅行を、少しずつ綴って行こうと思います♪


「Huen Phen」
112 Rachamankha Rd, Muang, Chiang Mai 50200
Tel:053-814548 , 053-277103
Lunch:8:30~16:00
Dinner:17:00~22:00
by treasure-bkklife | 2013-04-22 22:38 | Chiang Mai

KidZania Bangkok

我が家は今日からソンクランのお休みで、チェンマイに1週間旅行に行ってきます!
チェンマイに一週間と言うと、「そんな長く行って、何をするの?」とタイ人のお友達にも聞かれますが(笑)
もちろん本場での水掛け参戦(爆) スーツケースには家族分の水鉄砲もちゃんと仕込みましたから♪
いろんなチェンマイの顔を見て来ようと、今からとっても楽しみにしています(^^)v


さて、旅行前のお休みの中、「いつまでComing Soon?やっぱり、タイ」と言われ続けた(笑)
こちらの場所が3月の終わりにやっとオープンしたと言うので、お友達たち行ってきました!
d0222641_18581952.jpg

サイアムパラゴンに出来たKidZaniaでございます♪
日本では東京の豊洲、そして関西は甲子園にもあるKidzania、もうお馴染みですよね♪

場所はBTSサイアム駅直結にある、大型モールのサイアムパラゴンの5Fになりますが、
1Fの正面玄関から見ると左奥のレストラン街に進んでから、そこのエスカレーターを上がっていかないと、
5Fの催し物をするホールを突っ切ることが出来ず、こちらにたどり着けない・・・・なんて面倒なことに。
そして10時開園なのですが、パラゴン自体が10時からしか空かないのよね~と(^_^;)

ネットからも事前予約が出来るようなのですが、まだオープン仕立て(何せタイだし)とあって
事前に直接予約をしておいたのですが、現在は平日はまだ余裕があって当日でも大丈夫なようでした。
しかも平日は朝10時から夕方の5時までの一クールだけなのですが、7時間ととても長いんです!!!


まだまだ開園したばかりとあって、スタッフの方もまだ慣れていない雰囲気も漂い
入園までにもかなり時間がかかってしまいましたが。。。((+_+))
d0222641_1921519.jpg

まずは日本と同じように、CIMB THAI、銀行に口座を作りに行きました
「あれ~、Bangkok Bankじゃないんだね~」とママたちが。
d0222641_193837.jpg

そしてもう一つ、日本でも大人気の航空会社のシュミレーターですが
こちらもタイ航空ではなくて、Air Asiaだったのが意外でした、こちらでパイロットやCA体験を楽しみました!


この日は男の子4人、女の子3人で一緒に遊びに行きました。
まず、日本と同じように携帯の会社のAISが入っているとのことだったので
携帯を持たせれば安全、いや、ママお茶をしながらのんびり、付き添いの必要はないかと企みましたが(爆)
何しろAISがComing Soonで計画断念! ここでもまだ、Coming Soonなのかと(@_@;)
d0222641_1973217.jpg

男女、2つのグループに分け、待ち合わせ場所と時間を決めて、それぞれのグループが散って行きました。
d0222641_1953248.jpg

その間、ママ達フはフロアの中心にある、カフェのAMAZONで飲み物を買ってお茶をすることに~


さてKidZania Bangkok、80種類を超える職業体験ができるようですが、
どんなお店が入っているかと、チラッとご紹介です!
d0222641_1535936.jpg

おっ、世界のHONDAがあるではありませんか!!! 日本人的にはやっぱり嬉しくなりますよね~❤
こちらにはHONDAのショールームがあるんですよ~
d0222641_233735.jpg

こちらでは運転免許証も取得できるようで、この前に息子たちはHOYAに行って視力検査をしておりました。
そしてこちらにその結果を持って、シュミレーターで運転免許を取得するようです。
子供たちによると、130cm以下のお子さんは、運転免許が取れないみたいで残念~


日本でも人気のお仕事は、もちろんこちらでもありました!
d0222641_1931041.jpg

こちらの病院、救急車がやって来ていました。救急車に乗って、救急士さんにもなれるんですよ♪
d0222641_1574241.jpg

こちらには手術室も。Girlsチームはお医者さんになって手術体験を楽しんできたみたい❤
d0222641_158589.jpg

そして歯医者さんになって、お口の中を治療だってするんですよ。
他にも動物病院などもあって、かわいいワンちゃん、ネコちゃんたちの姿も見えました!


そしてなかなか見かけなかったBoysたち、汗びっしょりになってあちこち走り回っていたようですが
やはり肉体労働のお仕事が人気のようです。
d0222641_19363319.jpg

Boysたちはこの消防車に乗ったあと、ホースを使って放水で消化活動もしてきたようです。
d0222641_1561715.jpg

こちらでもやはり人気の警備会社!この日はタイの学校の子供たちが、遠足に来ていましたよ♪
他にも工事現場で建設に携わったり、宅急便のように配達をしたりと楽しんで
一生懸命、キッゾという名のお金をためては、銀行で貯金をしておりました!


他にもまだまだお仕事体験はできるんです♪
d0222641_202951.jpg

こんな「バーバー」理容室やら、マジックショーなども。サッカー選手などの職業体験も出来たようですよ!
d0222641_214727.jpg

働いて貯めたお金で、デパートで商品が買えるのは日本でも同じですよね(^^)v


そしてランチ替わりにもなるプログラムが人気ですが、タイにはこんなものもあったんです!
d0222641_19291433.jpg

子供たちが大好きなマクドナルド♪ 
職業体験だけでなく、園内で販売もされているんですよ。
d0222641_9232961.jpg

もちろん職業体験として、こちらでハンバーガーも作れますが
飛んだり跳ねたりでお腹がすきすぎたBoysたちは、職業体験などは待てなかったようで
こちらでガッツリとハンバーガーやポテトを買っておりました(^_-)-☆


そしてGirlsたちが楽しそうだったのは、日本文化を伝える?このお店。
d0222641_272285.jpg

タイの日本食レストラン「OISHI」です!こちらではのり巻きを作ることができるんです。
やはり海外では「SUSHI」はどこに行っても、大人気ですものね~
d0222641_2101023.jpg

一人一人お寿司を作って行きますが、お手本を横で見ていると、
お椀をひっくり返していきなりドサっと、ごはんを全部海苔に乗せてしまいました~(@_@;)
「これって・・・職業体験的には、どうなのよ~」とママたちが(爆)
d0222641_261076.jpg

それでもことは進んで行き、具材を乗せてどんどん巻いて行きます。
d0222641_242961.jpg

出来上がったお寿司は、一人ずつお店の方が切ってくれたものを箱につめて渡してくれましたが
思っていた以上の美しい出来あがりに、ママたちもビックリ!
「終わりよければ、全てよし! マンペン ライ!!!」と言う、タイの姿がよく映し出された瞬間でした(爆)
それをこちらのレストランでいただいて、お昼のランチになりました。


実は他にもチョコレートファクトリーや、アイスクリームファクトリー、などなどなどなど・・・・
他にも子供が参加したいプログラムがあるのですが、なぜだか「Coming Sooon」てことでして(~_~;)

みんなが待ちに待っていたKidzaniaですが、館内のお店も10時過ぎにも準備が出来ていない所もあり
「まるで、プラチナムか、JJモール」かと、「やっぱり、ここでもタイ!」思わせる雰囲気を漂わせていたので
誰もが「これはまだ、ソフトオープンって言うんじゃ・・・」と、思ったのは否めませんでした(爆)

4月15日から5月15日までは、子供2人に大人1人のコンボチケットは20%ディスカントがあるようです。
通常、子供は一人650Bと、日本より若干お安いのではないかという話になりました。


まだまだ正直ソフトオープンな感じで、もう少し経ってから来てもよかったかも・・・とも思いましたが
子供たちは汗をかくほど全力投球で楽しんできたようだし、そしてママたちも10時から17時まで、
子供たちが楽しそうに遊んでくれて(解放されて!)、やっぱり来てよかったなあ~と(爆)

これから雨季もやって来ますが、雨でも子供たちが遊べる場所がまた一つ近場で増えて、
やっぱりママとしてもとっても嬉しくありがたい!と、ママたち誰もが思ったKidZaniaでした(^^)v



「KidZania Bangkok」
Siam Paragon, 5th Floor
Tel:02-683-1888
Monday -Friday:10 am - 5 pm
Sat, Sun & Public Holiday:10 am - 3 pm
4 pm - 9 pm
by treasure-bkklife | 2013-04-13 09:27 | Daily Info in BKK
子供たちは、只今お休みを満喫中!そしてママは、毎日お付き合い中(笑)
我が家の子供は9歳と11歳ですが、日本と違ってやはりまだまだ一人で外出は安全面でも心配なので
子供たちが(勝手に)お友達と約束してきても、やはりママたちのアレンジが必要なんです。

この日も息子がクラスのお友達と、「どうしても行きたいところがある」と約束をしてきたので、
イギリスからお友達も帰ってきているので、「それなら、みんなで行こう!」と、こちらに出かけることに~♪
d0222641_21413748.jpg

スクンビット26にある、FLOW HOUSE BANGKOKでございます♪
d0222641_21424216.jpg

場所はスクンビット26のBig Cの反対側で、スクンビットにある東南アジア発のスーパー温泉
湯の森温泉が同じ敷地にある、A-Squareになります。


さてさて、こちらはどんな遊び場かと言いますと
d0222641_22125722.jpg

こんな風に波乗りが出来る、人工のスペースが広がっているのです!
子供だけでなく、もちろん大人からも大人気で、この日も幅広い年齢層のお客様でいっぱいでした!
d0222641_2214129.jpg

FLOW BARでは様々な飲み物や、軽食などもいただくことが出来るんです。
d0222641_2215476.jpg

ママたちは飲み物を飲んでおしゃべりしながら、子供たちが楽しく遊んでいるのを見ていればOKでGood!
d0222641_2217798.jpg

隣にはこんな室内のスペースもあるので、最近はこちらでお誕生日会をすることもとっても多いです。
昨年8月に出来た施設ですが、今年度、何回もこちらでのBirthday Partyの招待状を受けとったことか!
d0222641_22204391.jpg

予約した時間以外は波乗りはできないので、子供たちは脇のプールで遊んでおりました(*^_^*)


こちらのFLOW HOUSEは、カルフォルニア発信ですが
バンコクはイギリス、南アフリカ、シンガポールに続く、マシーンによるWave Surfingの施設です。
インストラクターがついているので、初心者でも波乗りや、ボディサーフィンが楽しめて、
そしてこちらで必要な器具などは、全てこちらで借りることができるんです。

こちらに設置されているDouble Riderは、毎分3万ガロン、時速約32キロの水流を噴出するアメリカ製。
傾斜の上から滑り下りるように、前方からの波をボードで受けて、さまざまなテクニックを繰り出すそうです。
すでに世界28カ国、約120都市で使われており、人気は徐々に広がっているそうなんですよ♪

この日はお友達ママが、電話で前もって時間の枠の予約をしてくれましたが
平日の午後でしたが予定していた日はすでに満員だったので、日にちをずらして遊びに来ました。
曜日や時間帯によっては予約でいっぱいのこともあるので、やはり事前予約が無難だと思います。
d0222641_22234666.jpg

こんな風に、手取り足取りインストラクターが教えてくれるので、お子さんでも大丈夫なんです!
この日も幼稚園生ぐらいのお子さんも、楽しそうに遊んでいましたよ♪
d0222641_22262817.jpg

波しぶきを浴びながら、娘も楽しそう!
ちょっと油断してバランスを崩すと、波とともに上の方に消えて行ってしまいますが(爆)
d0222641_22563447.jpg

少し上手になってくると、今度はこんな風にボードから手を離して、乗ることも始めるんです。
d0222641_22275241.jpg

さらに上手になってくると、こんな風にボードに立って、サーフィンを楽しむことも。

この日は1時間では物足りないと2時間を予約しましたが、子供たちは大はしゃぎでした(*^_^*)
お休みの日に短い時間で近場で体を動かして遊べる施設は、特に男の子には嬉しいですよね!
ご主人様もゴルフだけでなく、こんなバンコクの楽しみ方もあってもいいのかな~
大人も充分楽しめて、親子でも楽しい週末を過ごせそうな、そんな楽しい遊び場でした(^^)/


♪ 追記
子どもたちはStudent料金で入場しましたが、この場合にはStudent IDなどの提示が必要になります。
学生証などがない場合は、生年月日が分かるものを(パスポートのコピーなど)で大丈夫でした。

こちらへ初めて訪れる場合は登録をするので、IDの提示が必要です。(子供の場合は親のIDが必要)
IDは運転免許証やパスポートのコピー、私は日本人会のカードで大丈夫でしたので、ご持参をお忘れなく!



「FLOW HOUSE BANGKOK」
A-Square, Sukhumvit Soi 26 Klong-Toey, Bangkok 10110. Thailand.
Tel:02-108-5210
Ride Times:
Monday – Friday: 10am – 12midnight.
Saturday – Sunday: 8am – 12midnight.

料金などについてはこちらから♪ → 

Mapはこちらから♪
d0222641_21384687.jpg

by treasure-bkklife | 2013-04-10 23:43 | Daily Info in BKK
4月2日の「食の魔法でベジフルビューティフルライフ~」のコーナーではサプリメントを取り上げました。
それは、リスナーの方からの、こんなメッセージがきっかけでした。

「いつも、食の魔法でいきいきベジフルビューティフルライフ〜のコーナー、楽しく聴いています。
そこで質問です。お食事で取りきれない栄養は、サプリメントで補充することに賛否両論があると思います。
お二人はお食事以外で取っている栄養素はありますか?サプリメントでも何でも結構です。ぜひ教えて下さい」

食と美容・健康の関係を学ぶ、ベジフルビューティーアドバンスでは、サプリメントについても勉強があります。
そこで自分なりに学んだことなどを、ラジオでお伝えさせていただきました<(_ _)>



まず最初に私のことをお話すると、何か特定のサプリメントは摂取したことは今のところないのですが、
それは「サプリメントが悪い」と思っているのではなく、やはり栄養は食事から摂りたいと
思っているからなのですが、メッセージにお応えして、「サプリメント」をテーマにお話ししてみようと思います。


まず、サプリメントとは、「Dietary supplement」「Food Supplement」の略で、
元来「補う」という意味を持っています。
毎日の食事では足りない栄養素、ビタミン、ミネラル、その他の健康に
良い効果を期待できる成分を補うための食品です。


メリットは日常の食生活で不足しがちな特定な栄養素を確実に摂取することができる、
忙しくて不規則な食事の方にも持ち運びに便利、運動中などの捕食などとしてプロテインやアミノ酸などを
いつでもタイミングよく摂取することが可能ということ、食品では多く食べないと摂れない栄養素も
比較的に簡単に摂取が可能などとあげられるかと思います。

デメリットとしては合成、加工されたサプリメントの消化・吸収は、胃腸、肝臓、腎臓などにも負担がかかることも。
サプリメントを摂り過ぎると、それを処理するためにビタミンやミネラルも通常より多く消費されてしまい、
代謝が低下したり、肌トラブルのもとになったり、老化を促進してしまうことも考えられるので、
「本当に必要なものだけを、最小限のサプリメントで摂る」と言うことが大切だと思います。

また、配合成分の効果が認められていて、病気の治療や予防が主目的の医薬品とは異なり、
サプリメントは食品であって直接的に病気を治すものではなく、あくまでも健康をサポートものであると
認識することも大切です。


そしてサプリメントを飲む前に、本当にそれが自分にとって必要なのかを考える必要がある理由としては
何種類もサプリメントを摂っている場合には、主成分の働きを助けるためにいくつかの補助成分や
添加物がプラスされているので、知らないうちに同じ栄養素を重複して摂っていることによる
過剰症にも気をつけることが大切なのです。

また自己判断で症状改善のためにサプリメントを飲んだ場合、大きな病気が隠れているような場合には
サプリメントを摂り続けることで病院に行くきっかけを失い、手遅れになることもあるということも頭に置く必要も。
また、サプリメントの中でもよい体の改善を目指すために、かなりダイナミックに体の中を変える成分が
含まれているものなどは、摂取したことによる健康被害に注意することが必要です。


そして最近、よく言われるのは「遅延型フードアレルギー」
これはその人の消化管の分解能量を超えて「毎日のように食べ続けているもの」がアレルゲンとなり、
疲労感、頭痛、めまい、便秘、目の下のクマ、ニキビ、吹き出物と、
そのうちおさまるだろうと思っていた不調な症状が、そのアレルギーの原因となるものを食べ続けるうち
悪化したり、慢性化したり、老化を早めてしまうこともあるのですが、サプリメントもこの可能性があるんです。

特にビタミンB群などはビール酵母から作られることが多く、パンなどと同じく酵母がアレルゲンになったり、
ハーブ系のサプリメントなども天然の物を原料とするため、限界を超えればアレルゲンになる可能性が
あるので、よく自分の体調を見極めながら飲むことが大切なのです。


次にサプリメントの選び方としては、表示や広告をよく確認して判断することが必要になります。
サプリメントは天然と合成のものがありますが、私たちの体は天然のもの消化・吸収するようにできていますし、
天然ものは野菜などの栄養素がバランスよく入っていて、それらが相乗効果をもたらしてくれるので
天然のものの方が好ましいと言えるとは思います。

合成と聞くと、心配されるのは石油のようなもので作られているのかと、マイナスのイメージがありますが、
例えばビタミンCはデンプンから合成されて作られています。
いつでも、安く、高濃度の栄養素を手に入れることができるので、病院で処方されたり、薬局で販売されている
ビタミン剤は合成サプリメントのものがほとんどです。


天然栄養素は、野菜の収穫量や季節に限りがあるため、いつでも、安くて、高濃度の栄養素を得るのは難しく
多くの人が毎日継続できるサプリメントを作るには合成栄養素がやはり使いやすいと言えると思います。

天然サプリメントはその名のとおり、フィトケミカルなどの野菜や、フィッシュオイルなど魚などの
栄養素を含んだ食品を濃縮加工したもので、一緒に含まれる成分同士の相乗効果が期待でき、
人間の体に馴染みやすい栄養成分であり、栄養素同士の相互作用で、さらに吸収率が上がったり、
排泄されるのを遅らせてくれるので、少ない量でも効果が表れやすいとされるメリットがあります。

その反面、高価、味にクセがある、植物由来の毒素がある、農薬混入や不純物が混入する恐れなどと言う
デメリットもあるので、購入時に品質管理がどうされているのか、しっかり確認をする必要があるかと思います。


品質管理としては、魚や野菜などを材料としている場合はどの国から来たものか、
残留農薬や水銀などの有害物質チェックの自社基準を調べてみるとよいと思います。

U.S.Food and Drug Administration(FDA)JIHFS日本健康食品規格協会
Thai Food and Drug Administrationが品質を認めているGMP(Good Manufacturing Practice)は、
適正製造規範と認められているので、そのGMPマーク付のサプリメントなども、
選ぶ基準の一つにはなるかと思います。
d0222641_0482597.jpg

バンコクの幾つかのお店でサプリメントを見た時に、このようなGMPマークの物がありました。
幾つものお店の薬剤師の方に確認したのですが、こちらはGMP商品として認められているとのこと。
GMPマークを調べてみると、特にこのシールに限るわけではないようで、いろんな種類を見つけました。


また「トクホ」で知られる特定保健用食品は、体の生理学的機能等に影響を与える保健機能成分を含む食品で
消費者庁へ個別に審査を申請し、安全性と効果などについて許可を受けることが必要となっているので、
これもサプリメントを選ぶ際の、一つの基準になるかと思います。


また成分表もよくチェックが必要です。
日本では配合量の多い物から順番に書いてありますが、肝心な栄養素は最後の方に記載されていて、
明らかに甘味料や保存料が多いものなども実在するので、一粒の重量に占める栄養素やエキスの割合が
どうなっているのかも確認が必要です。

栄養成分以外の成分、乳化剤、光沢剤などの添加物も気になるところです。
添加物については、錠剤などにするために加える必要なものもありますが、
中には消化や吸収が難しく、人体に負担をかけてしまう場合もあるのです。
結合剤、滑材、光沢剤、保存料、防腐剤などには注意が必要です。


そして、サプリメントの使用の際の注意は5つあります。

一つ目は過剰症です。
サプリメントは薬ではありませんが、特定の成分を過剰に摂取した場合に過剰症が起こることがあります。
特にその中で注意したいのは、ビタミンA、D、E、Kなどの脂溶性ビタミンです。
ビタミンB1、B2、B6、C、葉酸などの水溶性ビタミンは、過剰に摂取しても尿として体外に 排泄されますが、
脂溶性ビタミンは肝臓をはじめとする体内に蓄積されてしまうため、ビタミンAは頭痛、顔面紅潮、食欲不振
ビタミンDは骨からカルシウムが分離してもろくなる、吐き気、頭痛なども。
ハーブ系のサプリメントでは、まれにアレルギー症状や副作用があります。

二つ目は薬との併用です。
サプリメントが薬の効き目を強めたり弱めたりする場合があるので、治療を受けている場合は
医師や薬剤師に相談することが必要です。

三つ目は、食品や薬のように、サプリメントにも「食べ合わせ」「飲み合わせ」があります。
吸収を妨げる心配があるので、「鉄」を含むサプリメントを服用する時には、お茶やコーヒーを避ける
アルコールはサプリメントの表面を溶かすことがあり、腸で吸収されるはずの成分が届く前に
溶けてしまうことがあるので、一緒に取らないようにします。

四つ目は、使用方法が適切でない場合、製品に表示されている効果を期待できないうえに
健康を害する場合もあるので、製品に表示されている使用方法をよく見ることが大切です。

五つ目は保存方法です。
サプリメントは分かりやすいように一つの場所にまとめて保管しがちかと思いますが、
サプリメントの成分によって最適な保存方法は異なるので、保管方法を確認することが大切です。
また、製品の表示に従って正しく保管しなかった場合には、品質の劣化を招くので注意が必要です。


最後に、 健康で美しくあるための土台はやはり毎日の食事なので、まずは正しい食生活を送ることを優先して
そのサプリメントに含まれる栄養成分が、自分にとって本当に必要かきちんと判断した上で、
日々バランスよく食べて、必要な栄養素を摂取することが大切です。

また、食べることとサプリメントから栄養を摂ることは別で、「食べる」と言うことは単に栄養を補うことだけでなく
楽しむ、味わうという部分では心を癒すものでもあり、食事を摂取することで胃結腸反射と言って
食べるという行為そのもの自体が体の機能を動かしたり、咀嚼することで脳の働きを高める働きもあるのです。

そして野菜や果物などから栄養素を摂取することは、濃縮、精製されたある特定の栄養を
サプリメントで摂るよりも安全で、よりバランスがとりやすい利点もあります。
サプリメントのいい面、悪い面の両方を知った上で上手に活用し、毎日の食生活を充実させることが
より健康で美しい体を作る基礎となると思います。


~4月2日放送分 食の魔法でベジフルビューティフルライフより~
by treasure-bkklife | 2013-04-09 23:37 | 食の魔法でビューティフル~

SHIO YOSHOKU Cafe & Restaurant

子供たちのお休みに入って、ソンクランの旅行まであと5日(の辛抱) (爆)
今週は子供たちのプレイデートのお付き合いで、ママも予定が盛りだくさんですが、
今週は習い事もなくて、ある意味では久しぶりに、時間に縛られない自由な時間を過ごしています(^^)/


そんな春休みですが、子供と一緒にランチを食べたいなあ!なんてこともありますよね~
先月、インドのチェンナイに赴任になった、ジャカルタのプレイグループだったお友達親子が
バンコクに食材などの買い出し旅行にやって来ました!

インドではなかなかお肉を手に入れることも難しく、卵も豊富にあるという訳ではないと聞いていたので
久しぶりに会える友達、そして日本から来たお子さんが喜んでくれそうと、こちらのお店を選んでみました♪
d0222641_2146575.jpg

1月にスクンビット49に出来た、SHIO YOSHOKU Cafe & Restaurantでございます♪
場所はフジスーパー4とサミティベート病院の間にあって、小道を挟んでシャツ屋さんが前にあります。
d0222641_16143136.jpg

緑が一杯の一軒家は、明るく爽やかな雰囲気が漂います。
d0222641_21462861.jpg

ガラス張りの店内は、やはりノビノビしていて気持ちいい~
d0222641_16221694.jpg

お店の中庭には、こんな小さなオープンスペースもありました。


こちらは日本の洋食もいただけますが、もう一つの楽しみはこちらなんです(^^)/
d0222641_16343499.jpg

日本のお店と同じようなケーキが並んでいて、お子さんたちも目が輝きました(*^_^*)
d0222641_16335236.jpg

柔らかなイチゴのショートケーキ、やっぱり日本を思い出していただきたくなりますよね~♪


こちらSHIO YOSHOKU Cafe & Restaurantは、東京の服部栄養専門学校で学び
日本でも働いた経験もある、29歳のタイ人シェフYada "Kaew" Ruangsukudom 氏による洋食のお店。
子供も喜ぶ洋食のお店ですが、お店の設えは大人も好みのシンプル・モダンのエレガントなお店で、
日本人の駐妻からもすでに人気のお店ですよね♪


今日はお昼のランチと言うことで、こちらのセットからオーダーしました♪
d0222641_1623216.jpg

まずは、サラダとトマトスープが登場。日本の洋食のセットと量なども同じような感じです(^_-)

そしてそれぞれのメインのお料理が次々に運ばれてきました。
d0222641_16282487.jpg

お子さんたちがオーダーしたのは、このオムライス。

バンコクでスーパーに行って、豊富にあふれる卵を見て、ビックリしていたと言うお子さんたち。。。
インドのチェンナイでは卵を購入することも難しいこともあり、白い卵が多いそうなので
このオムライスを見て、とっても嬉しそうな顔をしたいたのが、本当に印象的でした♪
d0222641_16285827.jpg

ママがオーダーしたのはマカロニ グラタン。
優しいママの手作りのような、暖かさを感じるグラタンでした。
d0222641_16293988.jpg

私はハンバーグをオーダー。ふっくらと手作り感が満載のママのようなお味で、子供も嬉しいお味かも❤
d0222641_16301049.jpg

ハンバーグには、ご飯かパンを選ぶことができるんですよ。

「SHIO」と言う名前のお店ですが、全体的にお料理の塩味は薄味だったような気がしました。
他にもアラカルトではサーモンカルパッチョ、クリームコロッケ、ドライカレーなども人気のようです。


そしてお子さんたちが、お店に入ってから楽しみにしていたのは、こちらのかわいらしいデザート!
やはり女子は小さい時から、デザートは別腹なんですよね(^_-)

シェフは東京でお菓子についても学んだそうなので、私も日本のデザートをとても楽しみにしていました♪
d0222641_16302842.jpg

一番小さい女の子がオーダーしたのが、 こちらのティラミス。
ティラミスなどはどこの国でもわりと外さないといことを、小さいながら分かっているようです(笑)
d0222641_16305969.jpg

お姉ちゃまが楽しみにしていたのは、このミルクレープ。
インドでは日本のような美味しい生クリームがないと、話していたお姉ちゃまも喜んでくれたお味でした。
d0222641_16321363.jpg

お子さんたちのママは、美味しそうなモンブランをオーダー。私もどっちか迷ってしまいました(笑)
とても濃厚なモンブランは、日本人には一ついただくのはちょっと多いみたいでした(#^.^#)
d0222641_16323883.jpg

私はやはり人気のカラメル レア チーズケーキを。
中からトロ~りと塩キャラメルのソースが流れ出して、やはり人気だと言うのがよく分かりました♪


お互いジャカルタの妊娠時は、大使館からテロなどの緊急時に備えて、お米、水、お金を確保し
緊急避難が出来るよう家で待機と言うような時代だったので、そんな海外生活はお互い慣れているけれど
上も下も我が家と同じ歳、育ち盛りの子供も抱えて、今のチェンナイではお肉の棚はほとんどが空の状態、
バンコクから買い出ししたお肉を育ちざかりの子供たちのため、ボリュームを出すために野菜料理と工夫して
少しずつ解凍しながら家族を支える生活は、言葉以上に本当に大変なんだろうな・・・と感じました。。。

しかも日本人学校はなく、まもなく小学6年生と4年生になる娘さんは、初めて英語の環境に。
アメリカンスクールに通わせ、そのフォローをしながら子供たちの毎日送り迎えをして
そしてパパと子供たちのお弁当も作っている彼女、慣れない土地で会社の立ち上げに携わるご主人
8月にはセカンダリーになるお姉ちゃまや4年生になる妹も、みんなが大変なのは痛いほど分かります。

そんな海外生活は、やはり心が折れそうになることもあると思うのですが、
「やはり食糧がないところだし、パパ一人では本当にかわいそう」と家族で暮らすことを選んだ彼女、
そして「パパと一緒に」と選んだ子供たちは、今回の買い出しでバンコクで美味しいものを食べて
「これでまた元気にインドでやっていけそうよ」と、メッセージをくれました・・・。
こんな両親の姿を子供たちは目に焼き付け、背中を見て育つに違うありません。

こんな友達に私ができることって何だろう・・・って思った時に、やはり野菜ソムリエとしてさらに野菜の勉強して
こんな風に海外で頑張る家族を応援していきたいと、私の中にも目標が出来ました。
Sさん、お野菜のレシピや健康、食育の「食」の情報を、ブログにこれからもっとUPしていきたいと思います!
またバンコクで会えることを楽しみにしているので、家族で支え合い、充実した毎日を過ごしてね❤❤❤



「SHIO YOSHOKU Cafe & Restaurant」
127 Sukhumvit 49
Tel:02-662-8378
11am-10:30pm
by treasure-bkklife | 2013-04-08 22:59 | Japanese@BKK

Suan Thip Baan Chao Praya

子供たちの学校も先週で終わり、週末から2週間強のソンクランのお休みに入りました!
先週はドイツに帰るお友達のお別れ会を開きましたが、今年で息子も友達を何人見送ったことか。。。

やはり淋しさは募るけれど、彼のママも「フランスでもどこでも会いに行くから、EUに来たら連絡して・・・」と。
今回はイギリスからイースターホリデーで、バンコクに遊びに帰ってきたお友達も一緒だったので、
どんなに距離が離れてもお互いに思いあう友達とは、「必ずまた会える!」と子供たちも信じているよう。
私もいつか子供たちを連れて、お友達を訪ね歩く旅に出てみたいな~❤


さて、まもなくソンクランですが、バンコクにいらっしゃる方も多いと思います。
どうやってこの長~いお休みを子供とバンコクで休みを過ごそうかな、そう思う方も多いのでないでしょうか?
近場でちょっと旅行気分を楽しみたい!、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか?

かな~り前の話なのですが、タイ料理ライターのルイさんと、今は東京、そしてママになったYちゃんと一緒に
こんな遠足気分のお店に行っていたのを、UPし忘れていたことに気がついたので(^_^;)
ぜひお休みの時に家族でゆっくりと過ごしたい方にはGood!な場所なので、ぜひご紹介したいと思います♪
d0222641_102844100.jpg

ノンタブリにあるSuan Thip Baan Chao Prayaでございます。
スクンビットからは車で1時間弱ぐらいのところでしょうか?
お菓子の島で有名なクレット島にはボートで5分ぐらい、有名な寺院には15分~30分ぐらいの場所になるので
バンコクの観光がてら、こちらに立ち寄ってもいいですよね♪
d0222641_10292379.jpg

敷地はどのくらいあるのでしょうか。奥に奥にと続く大きな敷地なんです。
d0222641_1030844.jpg

こちらでは結婚式も多く開かれるようなので、こんなかわいらしいガゼボも設えられて。


d0222641_10304661.jpg

昔ながらのタイ家屋は、レストランウエディングなども出来る大きなスペースがありました!
d0222641_1031927.jpg

ステキなWeddingの写真♪ タイセレブの結婚式はとても賑やかで豪勢に行いますよね❤
d0222641_103131100.jpg

お部屋の中は、幾つものテーブルがあって、350人までの会に対応できるようですが
ウエディングにも使われるとあって、とっても豪華なつくりです♪
d0222641_10315263.jpg

目の前のお庭が見えるテラス席、乾季には涼しい風が通りぬけて、気持ちいだろうな~
d0222641_10321361.jpg

レストラン前のお庭は、こ~んなに広くて噴水が見えるんです!
これならお子さんたちも自由に走り回われて、退屈しないですみますよね(笑)


この日、私たちはちょっと暑いのを我慢して(笑) 川沿いのスペースでお食事をいただくことに♪
d0222641_10323461.jpg

川沿いに立てられた別棟のサラ、せっかくここまで来たらこちらでいただきたい❤
d0222641_10325427.jpg

こちらにはテーブルのお席と、座卓の席の二つの種類がありました。
d0222641_10331875.jpg

私たちは一番の特等席!靴を脱いで、チャオプラヤー川沿いのこちらの席を陣取ることに~
バンコクにいながらして、やっぱり旅行気分が味わえて最高!!!


こちらのSuan Thipは人気のレストランで、その写真に描かれたようなタイ家屋や川沿いの景色
そして敷地内の雰囲気から、タイ人のみならず、西洋人からも人気があるようです。
レストランで味わうお料理だけでなく、タイ料理教室や、タイのお花を作る講座などのコースも開かれていて
バンコクに遊びにいらした方も、様々なタイカルチャーに触れることができる場所なんです。


こちらのメニューは、定番のタイ料理が中心。私たちは川沿いの風に吹かれていただくことに~♪
d0222641_10334241.jpg

今日は珍しくハイネケン(笑) 
d0222641_1034739.jpg

Gai Pad med mamuang
子どもも大好きな、鶏の胸肉、生きくらげ、カシューナッツなどと、大きなチリを一緒に炒めた炒め物。
ご飯と一緒にいただきますが、チリを少な目、もしくは無しにしてもらえば、お子さんも問題なくいただけます♪
d0222641_10343694.jpg

Yam Pak Krop Baan Suan
クリスピーに揚げられた空芯菜などのタイ野菜の葉物を、ヤムのソースでいただきます。
パリパリっとした食感が大好きで、美味しかった~♪
d0222641_10345890.jpg

Pla Krapong yum Mamuang
揚げたレッドティラピアの白身とハーブのヤム、タイ風の和え物ですが、味が絡んで美味しい♪
ちょっと辛めだったと思うので、プリックを減らしてもらってもよいかも知れません。
d0222641_10351723.jpg

Tom ka Gai
こちらのトムカーガイが美味しいとブログで読んでいたので、ぜひオーダーしなくっちゃと♪
お店によってお味は違うけれど、こちらは濃厚なココナッツミルクが美味しい!!!
フレッシュを使って丁寧に作られているのが分かります。


デザートはあまり種類がなかったので、こちらをいただくことに♪
d0222641_10354146.jpg

タイのデザートのローチョンは、お花と一緒にやって来ました!
グニュグニュっとした食感が特徴ですが、シンガポールやインドネシアでもよくいただきますよね♪
冷たい氷を入れて、甘いココナッツミルクをかけていただきます。


ステキなリバーサイドのタイ料理レストランですが、お味は正直、スクンビットのタイ料理と変わりませんが
緑の木々、そして目の前を大きな川が流れているので、その開放感はやはりプチ・トリップ気分を誘います。
日常の喧噪から離れて、のんびり一休み~と、いつもの生活から少し離れてストレス解消にも役立ちそうな、
何か違う空気が流れているような、とってもステキな場所なんです♪

そしてレストランで味わうだけでなく、様々なタイカルチャーに触れることもでき
子供たちも大きな敷地で走り回ったり、川沿いでお散歩なんかも出来そうなので、
お友達や両親がバンコクに来た時など、ぜひ連れていってあげたいなあ~、そう思います♪



「Suan Thip Baan Chao Praya」
Changwattana Pak Kret 3 Road (Soi Wat Koo), Bangpood, Pak Kret, Nonthaburi 11120
Tel:02-583-3748、02-583-4540-2
11:00am - 11:00pm (last order at 10pm)
by treasure-bkklife | 2013-04-07 22:32 | Thai@BKK
今日は野菜ソムリエの活動もお休みだったので、久しぶりにIntel' Creator Fairにお買いものへ♪
最近はさらにいろいろな食べ物が販売されていて、本当に楽しかったです~
会場には知り合いのママたちが商品を販売していましたが、彼女たちの行動力とセンスには脱帽です!


さて、今月のnico Labo4月号ですが、今月もこんな素敵な家族のお写真が。
d0222641_1857873.jpg

何日かスーパーに行ったものの手にすることが出来なかったので、Face Bookから写真をお借りました。
 *今月のnico Laboはこちらからもご覧いただけます → 
  ちなみにFrom Treasure WorldはP25に掲載されております<(_ _)>

今月の特集は「在外就学子女のための『進学』基礎知識」と、どこのご家庭でも気になるお話です。
我が家の子供たちもそろそろなお歳頃になってきたので、しっかり勉強しておかなくちゃ(^_-)-☆


さて、今年の桜の開花は早かったようで、もう日本では桜が散り始めていると言うことですが
今月は「お花見・灌仏会」をテーマに、歳時記を紹介するコラムを書かせていただたいたので
皆様に、画面からでも少しでもお花見気分を味わっていただこうと思います♪
d0222641_23364337.jpg

今回のテーブルは、やはり桜をイメージした、少しスモーキーカラーな柔かい色彩で。
ここはどうしても「桜」を使いたかったので、生がないバンコクですから、造花をふんだんに使いました~
儚い桜をイメージして、私にはとっても珍しい淡い色使いのテーブルです(笑)
d0222641_2339338.jpg

お花見に欠かせないのが、やはりお花見弁当!持って出かけるだけでウキウキしちゃいますよね♪
このお重箱はスクンビット49の木の店 Arkで購入したものなのですが
中にお菓子などを入れて出しても、とても雰囲気が出るのでは?と思っています。

箸置きも桜の花びらを使い、和紙やピンクの紐などはチャトチャックマーケットで購入しました。
小さいグラスには桜湯を入れて、色と香りを楽しんでいただくことに。
結婚式や結納でお茶ではなくいただく「桜湯」は、「お茶をに濁す」という言葉の通り、
場を濁されて話が流れることを嫌って、桜湯をいただくのだそうなんですよ(*^_^*)
d0222641_234308.jpg

今回、一番悩ましかったのはお花です。やっぱりメインは桜なので、それを生かしたいと・・・。
この季節のチューリップなども手に入らなかったので、いろいろと迷ったのですが
ここはやはり色合わせで淡いピンクや紫などの、柔かいイメージのお花を使って
花器には造花の桜の枝を巻きつけることに~
d0222641_23463757.jpg

やはり、大きな桜の枝はどうしても飾りたいと、一番テーブルの外側に飾ることに。
この桜の造花はJJモールの中にある造花屋さんで購入しました。
ここには品質のよい造花が割と揃っているので、オススメなんです。
d0222641_23481739.jpg

お花見と言えばお酒は欠かせませんから(笑) この酒器のようなガラスにも造花を入れてみました。
d0222641_2350772.jpg

造花の花びらだけを集めて、こんな風にガラスの器などに入れても、雰囲気がでると思います。


そして、お重の中のお花見弁当は、こんなものを作ってみました。
d0222641_23544572.jpg

一段目には煮物や焼き物、二段目に和菓子やごはんなどを詰め込んで。
春が旬のものをバンコクでも取り入れたいと いろんなお店を探したのですが
今回、どうしてもタケノコが見つからずに、本当に残念です・・・。
d0222641_23565685.jpg

この季節、やはりいただきたいのが旬の「空豆」と「菜の花」です。
この時期は灌仏会と言って、お釈迦様の誕生を祝う行事があるのですが
空豆は「仏豆」も言われていて、この時期にピッタリな食材なんです♪
タイでは残念ながら生は手に入らないので、フジスーパーで売っている冷凍の空豆を使いました。

そして菜の花の代わりには、お味も姿も似ている「カナ ホンコン」を使って、空豆と一緒に和え物に。
d0222641_23582994.jpg

欠かせないのはお花見団子!鶏のつくねを作ってタレを絡ませ、和っぽいピックで刺してみました。
d0222641_00235.jpg

厚焼き玉子には真空パックになって売られている、ウナギを巻き込んで見ました。
この真空パック、ちょっと香りなどクセがあることも多いのですが、一度お酒を振りかけて蒸してみると
独特のクセが少し抜けて、おいしくいただけると思います。
d0222641_015668.jpg

そして、春らしい煮物を炊き合わせてみました♪
この時期いただきたい蕗はタイでは手に入らないので、蓮の茎を同じように煮てみました。
タイではお菓子としていただくことが多い蓮ですが、ベトナムでは生をサラダのようにしてもいただきます。
我が家では蕗と同じく、きゃらぶきなどにしていただくことも多いんですよ♪

そして長芋をお花の形にくりぬいて、食紅で色を付けた汁で一緒に煮ることで、春らしさをちょっと演出。
d0222641_14264482.jpg

和っぽくはないのですが、この時期、大好きなタンオー、大葉春菊を使った和風サラダも添えて。
常夏で一年中、同じ野菜が出回っているように思えるタイですが、タンオーだけはこの時期だけなんです。
柔かくて春菊ほどクセがないタンオーは、ヨモギ科なのでこの時期オススメですよ♪
d0222641_051079.jpg

これは桜もちに見せかけたご飯なんです♪
塩漬けの桜をお水で戻し、その水とお酒、昆布、ピンクの着色液をほんの少し加えて炊きました。
炊き上がったら、水で戻した桜の花びらを細かく刻んで混ぜ込み、俵に握ったご飯を桜の葉で巻くと
ほんのり塩味、桜の香りがするご飯が出来上がり♪
d0222641_065036.jpg

源吉兆庵で購入した桜大福の上には、さらに桜の花びらを飾って、お花見ムードを盛り上げて(^_-)-☆


お花見の由来などについては、次のBlogで触れようと思います。
最近、本当に暑くて寝苦しい日が続くバンコクですが、造花でも桜の枝をお部屋に飾ったりすると
春の訪れを目から感じられて、とても幸せな気分になりますよ❤❤❤
by treasure-bkklife | 2013-04-03 10:31 | 野菜ソムリエ