子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2013年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

今週に入って朝から雨が振る日が続いていますが、もうすでに金曜日。
そして気がつけば、もう5月も今日で終わりなんですよね~

今月はケガに始まりましたが、すっかり元気になって来週から約1か月間、タイ料理修行に入る私(笑)
何より心配なのが、体重が(これ以上)増えないかということ(爆)何せ、ほぼ毎日ですから。
前回は作ったお料理を完食していたら、なんと3kgも増えてしまったなんてことも経験済(^_^;)

ここでタイ料理をしっかりと勉強させてもらい、ヘルシーで、かつ目にも舌にも美味く美しいタイ料理を
いつか目指すのが夢なので、今回はしっかりとお弁当を持って通おうと思っています!


さて、そうは言っても大好きなタイ料理、しかも新しいお店が出来たとあっては行かなくてはなりません(爆)
タイ料理ライターのルイさんにお誘いいただいて、こちらのお店に行ってきました!
d0222641_8375281.jpg

スクンビット49、サミティベート病院前にある、Paste innovation Thai Eating Houseでございます♪

まずは、こちらの場所がちょっと分かりづらかったので、ちょっと説明すると、
d0222641_8401335.jpg

サミティベート前にある、このペールグリーンのベジタリアンタイ料理屋さんと
Kanomの間にある細い道を入った、タウンハウスになります。

最近、スクンビット49は、いろいろなレストランなども出来ていて嬉しい限り♬
別途紹介したいと思いますが、この奥にもかわいいCafeが出来ていました~
d0222641_22544753.jpg

間口はタウンハウスなので、こんなに小さい感じなのです。
このスペースはオープンテラスにもなっていて、夜になれば西洋人がお酒片手に賑やかなんだろうなあ。
d0222641_8455961.jpg

店内は思っていたよりもこじんまりとした感じ。2階はバーのようになっているんですよ♪


こちらのお店はオーストラリアでモダンなタイ料理店を開いていた二人のシェフのお店。
アワードにも輝いたシェフのJason Baileyさんは、様々なアジアの食がミックスするオーストラリアで育ち
もう一人のシェフであるBongkoch Satongunさんは、タイの宮廷料理を学んだそうですが、
Sydney Good Food Guide Awardsなどでも、高い点数を獲得していたそうです。

ストリートのタイフードをオシャレに見せたり、昔の宮廷料理からヒントを得たり
他の国のお料理とフュージョンしたようなお料理ではなく、あくまでも伝統的なタイ料理をまもりながら
お店の名前のようにinnovation、革新的なお料理がコンセプトなのだそうです。


お料理はお店の方のオススメで、こんなものをチョイスして見ました♪
d0222641_8465245.jpg

Paste My Thai
こぶみかんのとレモングラス、ミント、生姜などがウォッカと一緒になったタイらしいカクテル

昼間ではあったのですが、様々なオリジナルカクテルがあったので、どんなものか好奇心がムクムクと。
実はお酒は飲めてもそんなに好きというわけではないので、結構強いアルコール度にビックリしましたが
トムヤムのような不思議な味わいに、まっ、何でも経験だなっ♬と思いました(笑)
d0222641_849998.jpg

Steamed pork belly & shiitake mushroom dumplings with chill oil
& 10 years old black vinegar

10年ものの黒酢を使った、中華の小龍包のようなDim Sumにも見えますが
中のフィリングがタイ料理らしく甘いのが特徴!この黒酢の酸味とよく合います♪
d0222641_8513032.jpg

Master stock poached organic pork with avocado, red grapefruit, toasted sticky rice
お店の入り口に置かれていたパンフレットに映し出されていた美しいヤム!
これは絶対食べたいと思わせるほどの美しさでした♪

甘くホロホロと柔かく煮込まれたオーガニックの豚に、グレープフルーツの酸味や
アボカドのコク、もち米から作られたカリッとしたおせんべいのようなクリスプさがよく合ってGood!
写真に写る紫の花のアンチャン、バタフライピーは、タイではお茶としてよくいただく食用花です♪
d0222641_8543488.jpg

Pulled chicken with 5 Asian vegetables, dressed in a smoked fish & Chill jam relish
細く割かれたチキンに、鰹節のような魚の風味のコックリとしたタレのヤム。

5 Asian Vegetablesと書かれていたのが野菜ソムリエとしては気になってオーダーしたのに
肝心な野菜が何が入っていたのか、聞くのを忘れてしまいました!!!
空芯菜、もやしなどが入っていたと思いますが、あと3つはなんだったんだろう・・・。
そしてさっぱりとしたお味のローズアップル、チョンプーがヤムにも合うのは新発見!
d0222641_8575160.jpg

Tamarind & Caramel Twice cooked Kurobuta pork berry
with green mango, red okura,basil
タイでは「Kurobuta」はすでに日本語と言う域を超えて、流行っているんだなあ~とつくづく実感。
昔、日本でも「イベリコ豚」が流行ったような感じなのでしょうか。

カリッとキャラメリゼした皮の部分と、その中のトロッとした脂身、そして甘酸っぱいタマリンドがGood!
このタマリンドのソースに酸味の強いグリーンマンゴーや葉物類も、とってもよく合うんです。
タマリンドソースはタイ食材を使ったレシピでも紹介しましたが、こんな風にタイ料理としてだけでなく
ちょっとコクのあるお酢のように使えるので、ぜひ使っていただきたい調味料の一つです♪


お料理は全体的に、特にお肉料理が多かったこともありますが、かなりのボリューム!
ガツンといただきたい時にも、ピッタリなお店だと思うし、またワインのお供にもGood♪
シェフはオーストラリアでの経験もあるので、西洋人やタイ料理が苦手な方にも嬉しい味だなあと思います。

私は新しい物好きなので、こんな革新的なタイ料理を見ると、ウキウキ・ワクワクするのですが(笑)
伝統的なタイ料理じゃないと・・・と言う方には、「これはタイ料理じゃない!」となる可能性も(^_^;)
せっかくバンコクで本場の味を楽しむのであれば、いろんなジャンルのタイ料理を楽しんで
タイ料理の流行や幅を感じていただくのも、とても楽しいのではないかな?と個人的には思います♪



「Paste innovation Thai Eating House」
120/6 Sukhumvit Soi 49
Tel:02-392-4313
Lunch: Wed - Sun 12.00 pm - 2.30 pm
Dinner: Tues - Sun 6.00 pm - till late
by treasure-bkklife | 2013-05-31 09:12 | Thai@BKK
先週の「食の魔法でベジフルビューティーフルライフ~」のコーナーは、DJのトモさんがお休みだったので、
バンコク在住の日本人男性モデル!ヒデさんとご一緒させていただきました~

お相手が男性と言うことだったので、「アルコールとの上手な付き合い方」をお話をさせていただきましたが
調べれば調べるほど、私としてはこれは一番、「うちの主人に聞かせたいっ!」(爆)
原稿作成時から何度も「これって、分かる?」などと(しらじらしく)読ませてみたりして(^_^;)

バンコクの駐在員の男性は、お仕事でお酒のお付き合いも多いと思うので、奥様も健康が心配ですよね。
もしよかったら、ご主人様にも上手なお酒との付き合い方を、教えてあげて下さいね♪



お仕事上の接待や職場の方とのお付き合いなどもあり、アルコールは場を円滑にすることもあって
なかなか切っても切れないものなのではと思いますが、メタボリックシンドロームや生活習慣病なんて
言葉も気になって、血液検査や健康診断が憂鬱・・・なんて方もいらっしゃるのではと思います。

そうは言っても「分かっているけど、やめられない」 「これは仕事だ」という
我が家の主人のような方も多いのではと思うので、アルコールとは上手につきあっていきたいですよね。


「酒は百薬の長」と言う言葉がありますが、厚生労働省が国民の健康の増進の総合的な推進を図るための
基本的な方針として掲げている「健康日本21」のまとめでは、
全くアルコールを飲まない場合より、適量を習慣的に飲む場合の方が実は死亡率が低いとされ、
適量であれば血流改善効果やリラックス効果が得られます。

では適量とはどれくらいなのかと言うと、厚生労働省の推奨する1日の量は、
ビール500ml、日本酒1合、焼酎二分の一合、ウイスキーダブル1杯、ワイン2杯なのだそうです。

★ ここでヒデさんから「これだけ~?」と言う声が入りました!
  お酒が好きな方にとっては、かえってツライ量だったりするのでしょね。


しかし反対に、厚生労働省研究班の調査によると、一日平均2合以上の飲酒は死亡率を高めるものの、
週2~3日の休肝日を設けることで死亡率が低くなるということなので、適量では物足りない
お付き合い上難しいという方は、週単位で適量を守り、お酒を飲むのは間隔をあけるとよいですね。

もともと日本人のようなモンゴロイド系の民族は、お酒を分解する酵素が弱いとされていて
日本人の約半数がお酒を分解する酵素を持っていないか、持っていても働きが弱いと言われています。
また、女性の場合は、もともと男性よりお酒を分解する酵素の働きが弱く、
女性ホルモンはアルコール代謝を抑制する働きがあるので、飲み過ぎには注意した方がよいとされています。


次に、アルコールのマイナス側面を見ていくと、アルコール=太るというイメージがありますが
アルコール自体のカロリーは高いものの、このカロリーは「エンプティカロリー」と言われ
実は体には吸収されないのです。

では何が問題なのかと言うと、お酒に含まれる糖質です。
最近ビールなども「糖質OFF」などと「糖質」という言葉をよく聞かれると思いますが、
これが血糖値を急上昇させて細胞を炎症させてしまうことで、生活習慣病などに繋がります。
また他にも肝臓の細胞を傷つけ、脂肪を正しく処理できない「脂肪肝」の原因にもなってしまうこともあるのです。


一口にお酒と言っても様々な種類があると思いますが、
蒸留酒であるウイスキー、焼酎、ブランデーなどは糖質が0ですが、
日本酒、紹興酒、ビールなどの醸造酒は糖質が高くなっているので飲み方にも注意が必要です。

中でもビールを飲むとタンパク質の消化が遅れて腸内にガスがたまり、
飲みすぎると、いわゆる「ビール腹」になると言われています。
蒸留酒、糖質OFF、辛口のものなどを選んでできるだけ糖質をカットするのもコツなんですよ。


ワインは醸造酒ではありますが、日本酒、ビールに比べると糖質は低めになっています。
赤ワインに含まれるタンニンという成分は善玉コレステロール増加させ、動脈を保護する効果も。
また、ポリフェノールは血液をサラサラにする効果や抗酸化作用で免疫力UPや
アンチエイジングなどの効果もあるのでオススメなんです。

また、樽で熟成させたウイスキー、ブランデーには、ポリフェノールが含まれています。
あの琥珀色は貯蔵していたオーク材などの樽から溶け出したポリフェノールの色で、
樽での貯蔵年数が長いほどポリフェノールが豊富だと言われています。
しかもウイスキーやブランデーは蒸留酒なので、醸造酒と違って糖分や不純物がほとんど含まれていないため
悪酔いもしにくいという効果も。

焼酎なら生絞りの柑橘類やお茶などで割るようにすれば、抗酸化成分が一緒に摂れるのでいいですよね。

日本酒の旨味成分である、α-グルコシルグリセロールは、
ヒアルロン酸やコラーゲンの生成を促進させ、肌の保湿力や弾力性を維持する働きをします。
血糖値が気になるかもしれませんが、日本酒を搾ったあとにできる酒粕中のある成分が
血糖値を抑制するインスリンに似た働きをすることも愛媛大学・医学部の研究で発見されているのです。
おちょこ1〜2杯程度の飲酒なら、血糖値は気にするレベルではないとのことです。


アルコールとの上手な付き合い方として、お酒を飲む時に心がけたいことが2点ほどあります。

まず一つ目はお酒は水とセットで飲むと言うこと。
アルコールには細胞内の水分を細胞外に押し出してしまう作用があるため、
飲んでいるうちに体が脱水状態になってしまうのです。
これが頭痛や二日酔いの原因になり、ダイエット面では食欲が増進し、
おつまみなどのカロリーを摂取し続けるという悪循環に陥る原因にもなるので、
水をしっかり摂って飲み過ぎを止める必要があるのと同時に、
水を一緒に取ることでアルコールが体内で薄まるので、血糖値の急激な上昇が緩和されるのです。
お酒を飲む時には水を横に置いて、交互に飲むように心がけるのが一番です。

もう一つがお酒と一緒にいただく「おつまみ」を上手に選ぶと言うこと。
お酒の席では揚げ物など油の多いおつまみを食べることも多く、
これがカロリーの摂り過ぎとなって肥満などの生活習慣病に繋がることも。
塩分の強いおつまみを食べることで喉が渇き、さらにお酒を飲んでしまうという悪循環に陥ることもあるんです。


お酒のお供としてオススメしたいのが、別名ビタミンB3とも言われるナイアシンを豊富に含む
タラコ、マグロ、カツオなどの魚類や、豚、鶏のレバーに鶏のささみや胸肉など。
アルコールを摂取すると体内にアセトアルデヒドという物質が作り出され、
これが悪酔いや頭痛、吐気などの気分が悪くなる症状の原因になるのですが、
ナイアシンにはこのアセトアルデヒドを分解する効果があって、脂質や糖質の代謝を助けてくれるのです。
また、お酒を飲むほどに体内のナイアシンが消費されてしまうので、このような食品を意識して摂ることも大切です。

内臓の中でもっとも多く活性酵素を発生させるのは肝臓なのですが、
飲酒によってさらに大量の活性酸素が発生してしまいます。
その活性酸素と戦う抗酸化作用の強い体内でビタミンAに変わるβ―カロテンを持つホウレンソウやブロッコリー
にんじんやかぼちゃなどの緑黄色野菜や、ビタミンCが豊富なフルーツ、
体によい油やビタミンEを含むナッツ類などを選ぶようにするとよいですよね。
d0222641_915767.jpg

 ★我が家も夫婦のコミュニケーションとして、主人が遅くに帰って来た日でもお酒を飲みながら
  日々あったことを話すことが日課で、ついでに一緒に何かつまんだりしてしまって
  これが結婚後に体重が増える大きな原因に(^_^;)
  最近ではお酒を少しと、おつまみにナッツやドライフルーツなどをいただくようにしています。

  ナッツもかなり塩分が効いたものや、ドライフルーツも砂糖がかかったものが多いので、
  ちょっと高めにはなるのですが、エンポリウムなどで測り売りしているものの塩・砂糖なしのものを
  「チム ダイマイ?」と試食をさせてもらって、 購入するように心がけています。


そして枝豆やお浸し、きんぴら、野菜スティックなど、食物繊維の多い野菜などの
おつまみを先に食べておくことで、食物繊維がフィルターの役目を果たし、糖質をゆっくりと吸収することが出来て
血糖値の急上昇を抑えることができるので、食べ方を工夫することも大切なことなのです。


お酒の後の「〆にラーメン」、女子の飲み会でも「デザートは別腹」なんてこともあると思いますが
これらは糖質が高く急激な血糖値の上昇を招いてしまうので、健康を考えると我慢したいところです。


お酒は「飲みニケーション」なんて言葉もあるように、人との潤滑油にもなりますよね。
ちょっとの一工夫で心も体も嬉しく楽しいお酒へ、くれぐれも飲み過ぎには注意して
お酒をストレス解消や心の栄養補給に上手に役立てましょう!


~5月21日放送分 食の魔法でベジフルビューティフルライフ~ でした ~
by treasure-bkklife | 2013-05-29 12:48 | 食の魔法でビューティフル~
子供たちの学校もあと1か月で終わり、そこからママにとっては恐怖の夏休みが2か月近く続きます(>_<)
毎年この時期は学年末とあって、学校の行事やら何やらで忙しい時期なのですが、
とにかく夏休み前に自分のやりたいことは何とかとしたいと、また無謀な計画を始めてしまいました(^_^;)
体力が続くように、しっかり頑張って行きたいと思います!


さて、久々にかなり間があいてしまったチェンマイ記の続きですが、少しずつ更新していこうと思います♪
チェンマイ旅行で何が一番、我が家の子供たちにとって「一番楽しくないか」と言いますと(笑)
イヤイヤ、ムリヤリ、親に付き合わされる「お寺巡り」なのでございます。

バンコクに来たばかりの5年前、ソンクランの時にワットアルン、ワットポー、ワットプラケオを巡ったところで
「もう、ツンツンはみたくありません!」(お寺の先端が尖って見えたから)と言い切った、娘4歳(笑)
(何しろ、一番タイで暑い時期だったので、これももちろん災いしてしまったのですが・・・)
11歳と9歳になった今でも、この二人はあまり状況も変わらないのではないかと・・・。


そこでチェンマイの旅行を楽しみたい父と母は、ソンクランの時期ならば水掛けもされるであろうから、
これならさすがに、うちの子供たちも楽しめるのではないかと、この時期を選んだわけでして・・・。
タイ人のママやパパたちには「ソンクランにチェンマイに行くなんて、Are you Crazy?」と言われましたが(爆)
「Yes, we are!」と言っていたのには、こんなステキな子どもたちがいるからだったのです(*^_^*)
d0222641_22522757.jpg

自転車が借りれて近辺に有名な寺院があるBodhi Serene Chiang Maiを選んだのもその理由です。
タイでは許される、この自転車に親子で二人乗りをして寺院めぐりをすることに~


まずはホテルの方に聞いて、とにかく有名どころだけは回りたいと3か所をチョイス!
まずは三人の騎士像の前で写真撮影するも、子供たちが「暑い~」と3分ほどで限界(^_^;)
それでもチェンマイの街並みはバンコクと違って建物が低いので、空が広くて日本の田舎に来たような開放感で
自転車に乗りながらところどころ水鉄砲の襲撃にもちろんあいながら、何とかお寺巡りは続行~(笑)


そして昨日の運転手さんのオススメで、チェンマイの方々がソンクランにお参りにいくと言うこちらのお寺へ。
d0222641_11152126.jpg

旧市街の西の内側、東のターペー門と反対に位置する、Wat Phra Singh 、ワット プラシンです。
ランナー様式の美しい本堂の建物が正面に見え、多くの人出でにぎわっています。

このワットプラシンは、チェンマイ市内で最も大きい寺院で、正式名称はワット・プラシン・ウォーラマハーウィハーン。
1345年、プラ・ヨー王が父親の骨を納めるために、チェディ(仏塔)を建立したこととされているそうです。
元々はワット・リーチヤンプラという名前であったそうですが、、獅子仏を祀るようになり、
獅子の寺という意味であるワット・プラシンと呼ばれるようになったそうでなんですよ♪


運転手さんが言っていたように、毎年4月13日前後の水掛け祭の際には、
大勢の市民に参拝してもらえるようにと、台に乗せられて市内を巡回するそうなんですよ♪
d0222641_2304489.jpg

私たちもソンクランと言うことで、新年の初詣としてお参りをすることに。
ローカルの方たちにならい入口付近にあるお店で、蓮の花、ローソク、そしてベニバナが入ったお水を購入。
d0222641_1215279.jpg

仏像にこの水をかけて祈りを捧げ、ローソクと蓮の花を献花しました。
d0222641_1210209.jpg

本堂の入り口には、こんなかわいいロイクラトーンの時のクラトーンのようなものが売られていたので
「これを池に浮かべるの?」と聞いてみると、そうではなくこの紙に必要事項を記入し本堂へと向かうよう。

この記入する紙も漢字で書かれているので分かりやすく、私たちにもありがたかったのですが、
日本でも厄除け祈願の時の記入用紙と同じような内容だけれど、この最後の「星期」とはなんぞやと?
以前、タイ人の当たると有名な占い師さんのチャトリーさんに見ていただいた時に、
「あなたはてんびん座だけど、タイではおとめ座」と!国によって星座が違うなんて~」と、思ったのを覚えています。
d0222641_12231495.jpg

チェンマイに来て気が付いたのですが、どの仏像に手からも糸が出されていたのです。
d0222641_12165228.jpg

このお坊さんは、実は蝋人形!こちらの高僧の方のようなのですが、あまりに生きているようなお姿でビックリ!
d0222641_12125140.jpg

先ほどのクラトーンが沢山並ばれて。みんなの願いが込められているんですよね。
お堂の壁には色とりどりの壁画が施され、見どころのひとつとなっています
d0222641_12525386.jpg

お寺の入り口付近でスズメが売られていて、子供たちが「タイカルチャーの授業で習ったから買いたい!」と。
子供によると、このスズメを逃がしてあげることで、タンブンとなってご利益があるそうなのです。
籠の中に入っているスズメの数でお値段が異なるのですが、おばさんは一番多い「9」匹をもちろんお勧め(笑)

タイ語の「9」の「ガウ」には、声調違いの「ガウ」が「発展」「前進」などの意味があるので
「9」はおめでたい数字とされていると聞きましたが、スズメの数までそうなのか~と(^_^;)
子供にせがまれ「じゃあ、みんなでお願いごとをして逃がしてやるか!」となるのは、どこの家でもお決まりですね♪


他にも旧市街内のお寺ではワット チェディなども見学しましたが、自転車ですいすいと行動できました!
水に濡れた洋服を着替えに一度ホテルに戻り、今度は次のホテルへの移動も兼ねて車で別のお寺へ~
d0222641_20422661.jpg

旧市街のスアンドーク門より車ですぐのWat Suan Duk ワット スワン ドークです。
まず目に飛び込んでくるのは、この真っ白な美しさ!

ワット スワン ドークは1383年にクーナ王によってランナー王国のかつての王宮殿の庭に建てられた寺院だそうで
本堂の中に納められた青銅の仏像は、500年を経た現在でも国内で1、2位の大きさを争うと言われています。
d0222641_20481266.jpg

何しろこの美しい白さに心を奪われてしまいます。
この仏塔の光景が、スアン・ドーク =花園と言うの名に由来されているのですよね!
d0222641_2050363.jpg

境内には点在する歴代の王の遺灰を納める白い仏塔も。これが一つ一つの花にあたるのでしょうね。


そして本堂に入ってみると、まずビックリするのは、やはりその仏像の大きさ!
d0222641_20514645.jpg

立っている仏像、座っている仏像など様々なのですが、何しろその迫力にビックリ!
そしてここでも仏様の手から、糸が張りだされているのです。
d0222641_205658.jpg

この糸に、このように名前や住所などを書いた紙と一緒にお金をつるして願いを掛けるよう。
いくつもひらひらと本堂の中を彩っておりましたが、全ては御仏の心に・・・と言うところなのでしょうか。
d0222641_20564978.jpg

ソンクランのお花も美しく、見とれてしまいます。
d0222641_20532481.jpg

タイでは「何曜日生まれ?」と、自分の生まれた曜日を大切にする文化がありますが、
ネットなどでも「曜日占い」などと探すと、自分の生まれ曜日が分かるサイトに出会うので、
やっぱり知っておくと会話も弾んだりするので便利です。それぞれの曜日にも色もあるんですよね♪

こちらの寺院でも、それぞれの曜日にちなんだ仏像が並べられているので、自分の曜日の仏様を拝みたいと。
主人と娘は水曜日、私は木曜日、息子は金曜日生まれなのですが、写真を見ていただくと分かるのですが
「月・火・水・・・」と仏様を数えても9体あるので、どれが自分の生まれ曜日の仏様か分からない~(^_^;)

今回は、側にいらっしゃったお坊さんに教えていただき、自分の曜日の仏様にお祈りすることが出来ましたが、
曜日ごとの仏像は、インドの古代宗教バラモン教の占星術にある9人の神様がルーツだとされ
8体が曜日ごとの仏陀、水曜日のみ昼と夜の2体に区別され、もう1体が毎日の仏陀とされているそうなんです。

日曜が両手をお腹の上に置かれ立ってている姿、月曜が左手を下ろし右手を胸の辺りで外側に向けて立つ姿
火曜が寝釈迦像、水曜の6時から18時が托鉢を抱える姿で、18時から6時が石の上に座る姿
木曜が手のひらを組んで胡坐をかいている姿、金曜が胸の上で手を交差させ立って瞑想する姿
土曜が背後に7本頭のヘビ(ナーガ)に保護され瞑想している姿で
毎日の仏陀が右手は右足の上に、左手は禅を組むように自然に座位した座像だそうなので、
自分の曜日の仏様が、どんな姿なのかを覚えておくといいですよね♪


自転車&水掛のおかげもかなりありましたが、子供たちもお寺巡りを楽しめたようで何より♪
何より本場・チェンマイのローカルなソンクランを味わえ、ワットスワンドークの美しさに魅せられました!

今回はソンクランの水掛け覚悟で自転車に乗って回ったため、水に濡れてもよい服装でお寺巡りをしましたが、
やはりソンクラン中でももちろん、お寺の中は肩などの肌を出したり、ビーチサンダルのようなものは禁止ですので
羽織るものを持って回るなどして、楽しんで下さいね♪



「Wat Phra Singh」
Samlan Rd, Tambon Prasing, Amphur Muang Chiang Mai 50200 アクセス


「Wat Suan Dok」
Su Thep Mueang Chiang Mai Chiang Mai
Tel:053-278-304
8am-5pm
by treasure-bkklife | 2013-05-28 22:40 | Chiang Mai
6月2日にバンコクでは、野菜ソムリエやベジフルビューティーの試験が行われます。
今回試験を受ける新しいメンバーは、今頃は試験勉強で大変な時期だと思うのですが、
新しい仲間たちと活動できることを、今から楽しみに待っています!

私も元々お料理は好きでしたが、野菜ソムリエの試験を受けることをスタートとして、
このバンコクと言う駐在地で、ありがたい出会いとご縁にも恵まれおかげで、
いろいろなお仕事に関わらせていただくことができ、本当に感謝の気持ちでいっぱいです<(_ _)>


その一つの大きな転機になったのが、タイフードライターの白石路以さんとの出会い。
タイ料理学校でも偶然同じクラスになり、様々なお仕事でお世話になっているのと同時に、
楽しいランチを一緒にさせてもらっているので、毎月のルイさんの来タイを楽しみにしているのです♪

そのルイさんが企画、執筆、メニュー構成として関わり、先月、日本で発売された
タイ料理研究家 味澤ペンシー先生による「10分で野菜の本格タイごはん」のレシピ本。
大人気の「10分で本格タイごはん」のシリーズ第二弾として発刊されたステキな本なのですが、
今日、ルイさんからこのステキなレシピ本を届けていただきました!
d0222641_2310679.jpg

ずっと日本からこの本が来るのを楽しみにしていたので、本当に嬉しい限り!!!


そして、私たち野菜ソムリエコミュニティ・バンコクのベジフルビューティーアドバイザーチームも
この本の中で「美容に効果アリ!」の、日本でも手に入るフレッシュハーブと果物を使った
ハーブティーをご紹介させていただいてます♪
d0222641_23121340.jpg

なかなかうまくスマイルが出来ないカメラマン泣かせの私、表情がやっぱり固~い!!!
実はわたくし164cmですが、この中では一番のオチビちゃんなんです(^_^;)

リラックス&脂肪蓄積予防、疲労回復効果、美肌効果などのフレッッシュハーブティのお茶は
どなたにも手軽に楽しんでいただけるものばかり♪ ぜひお試しいただきたいと思います。


そしてこの「10分で野菜の本格タイごはん」は、今までのタイ料理本とは違って、
タイ料理のイメージを覆すような、「ヘルシーな野菜がいっぱいのタイ料理」なんです!
レシピを見るとそのお野菜の種類や量だけでなく、みんなが気になる油や砂糖なども少な目です。
d0222641_2313050.jpg

タイ料理の前菜でいただくお料理。マンダリン・オリエンタルなどでも習った有名な伝統的なお料理です。
d0222641_23142978.jpg

女性も大好きな野菜がいっぱい、人気のタイのサラダのヤムもいろんな種類が。
d0222641_23154573.jpg

グリーンカレーやレッドカレーも、こんな野菜がいっぱいのカレーもあるんですよ♪


実際タイには、こんな野菜が沢山使われたタイ料理も沢山あるので、野菜ソムリエとしても本当にオススメ!
このレシピ本を通してそのタイ料理の美味しさを、みなさんにも知ってもらえれば嬉しいです。
お料理は日本でも手に入る食材で簡単に出来るものなので、ぜひ一度お手に取ってみて下さいね♪
by treasure-bkklife | 2013-05-23 23:16 | Daily Info in BKK

Burger Factory

今日は4週間ぶり!J-Channelの「食の魔法でベジフルビューティフルライフ~」にラジオ出演でした~

久しぶりとあって「遅刻してはならぬ」といつもより早く家を出たのですが、これがとんでもない渋滞!
いつもなら30分で到着のところを、1時間以上かかったので間に合うのか本当にドキドキでしたが
「タクシーの中から、携帯を使って放送?」などと、いろんな妄想が駆け巡ってしまいました(笑)


さて、最近、エカマイ通りにもどんどん素敵なお店が出来てきましたが
エカマイ10にあるEkamai Shopping Mall、マッサージのHealth Landのお隣のモールも
キレイに改装中のようで、かわいらしいお店なども増えてきました。

ずっと気が付かなかったのですが、すでにオープンから1年以上たっているらしいお店を発見!
お友達とサクッとランチがてら、こちらのお店に行ってみることに。
d0222641_11262230.jpg

スクンビット63、エカマイ10のEkamai Shopping Mallの左奥にあるBUGER FACTORYでございます♪
d0222641_11551132.jpg

お店はメタルのインテリアが並んで、シンプル・シックな感じ。
d0222641_11561391.jpg

窓際の席は陽射しが差し込み、またちょっと雰囲気が変わります。
d0222641_11542862.jpg

エカマイ10に面した場所にはテラス席が。
本当にすぐ脇を車が通るので、ちょっと排気ガスが心配な気もしないではないのだけれど(^_^;)


こちらのお店は名前の通り「ハンバーガー」が人気のお店のようですが、
他にもアメリカーンなお料理やお酒などもいただけるので、西洋人にも人気のお店のようです。
そして、材料などにこだわりがあり、バンズなども全てこちらで手作りをされています。
もちろんベジタリアンの方もいただけるように、ビーガン対応のベジのバーガーもあるんですよ!
d0222641_11572916.jpg

マナオソーダ
本当はグビッとビールをいただきたい気もしますが、このあとのカロリーを考えるとこちらをチョイスで。


そしてお料理はせっかくなので、私たちはハンバーガーの中からチョイス。
パテやサンドされる具材などもさまざまな種類や、オプションも選べます。
サイドディッシュはポテトサラダ、フレンチフライ、カリーフライなどから選べるのですが
「やっぱり、さらにポテトはいかんやろ~」と言う心の声に従って、サラダをチョイスすることに(爆)
d0222641_11594146.jpg

The Factory Burger
やはり私はお約束な感じで、お店の名前が入ったバーガーをチョイス(笑)
かなりのボリューミーで「バーガー、一個で十分です!」と言う感じですが、そのお味もかなり満足できるもの♪

パテの焼き加減は聞いてくれるのですが、オススメのミディアムレアにしてみたところ
「私はこれでお腹が強いから大丈夫だけど、お子さん連れや心配な人もいるのでは?」と思ったので、
心配な方はきちんと「ミディアム」や「ウェルダン」などと伝えておいた方がよいと思います。
d0222641_1204996.jpg

お友達はサーモンのパテをチョイス。お肉だけでないのも嬉しいところ♪
バーガーだけでなく、お店の方によるとサーモンのソテーなどもオススメで美味しいようですよ!


最近、バンコクではこのような「高級ハンバーガー」のお店が増えていますが
我が家でもBBQの時などにハンバーガーにすると、本当に美味しいんですよね!

その反対に、ハンバーガーの保存料や肉の品質などの問題が、かなり大きな話題になっていて
本当のところはどうなのか・・・と、気になる方も多いのではと思います。
もちろんお値段はファストフードのお店とは一緒にできないけれど、やっぱりたまには食べてみたい!
材料も味にもこだわったハンバーガーは、そんな方にもオススメです♪



「BURGER FACTORY」
Ekamai Shopping Mall, 3 Soi Ekkamai 10, バンコク 10110
Tel:02-714-4249
Mon-Thu & Sun:11:30am - 11pm
Fri-Sat:11:30am -12am
by treasure-bkklife | 2013-05-21 22:23 | French@BKK
昨日、おとといと夜中に激しい雨が降って、雷の音が怖くて眠れない様子の子供たち(笑)
目をこすりこすり学校へと出かけましたが、本格的な雨季の到来を実感しています。

最近、バンコクは以前よりも渋滞がひどくなっている気がしているのですが、
夕方、大雨が降って洪水になり動きが取れな~い!なんてことにならないように祈るばかりです♪


さて、今日はトンローにある子供たちの塾で、午後から保護者会もあったので
近くでサクッと、しかも美味しいランチをいただきたいと。
しかも今はかなりのディスカウント中とあって2回目ですが(笑)お友達と行ってきたのはこちらでございます。
d0222641_19423183.jpg

スクンビット57にあるBangkok Marriott Hotel Sukhumvit 57th STREETでございます♪

このBTSトンロー駅からも歩ける、スクンビット57のパクソイにあるホテルは
建設当初、「あれ?オフィスビルができるのかな?」と思っていたのですが
気が付くと「どうやらマリオットがここにも出来るらしい」と。
スクンビット地区、続々と新しいホテルが登場していますよね♪

オープンを楽しみにしていたのと同時に、行きつけであったトンロー市場が目の前なので、
タラートが廃止になるないのかな?と、個人的にはちょっと心配もしておりました。
今のところまだ市場は開催されているのですが、今後どうなっていくのかな?と行方も気になります。
d0222641_19433913.jpg

こちらのお店、実はソンクラン前にタイ料理ライターのルイさんと来たのですが
その時、カメラにカードを入れるのを忘れてこちらに来てしまい、Blogで紹介が出来ませんでした(泣)
ソンクラン前にタイ料理ライターのルイさんと訪れた時には予約なしでふらっと来ましたが
その時は日本人は少なかったものの、お席がなくてロビーに急遽お席を作っていただきました。
今日はしっかりと予約して参戦!こちらに伺う時は(キャンペーン中は!)予約は必須ですよ~

こちらは12時からオープンのお店ですが、フリーペーパーにキャンペーンが掲載されていることもあり
ソンクラン前とは違って某スーパーに来たかのごとく、開店前から日本人の駐妻で溢れ返っております(笑)
そう、5月27日までは、このソイに番号にちなんでオープンから57日間、
御食事代の料金の57%、なんと43%もOFFという大キャンペーン中となんです。
みんな考えることは同じ、ここでも偶然、「あら~ お久しぶり~!」なんて嬉しい方にお会い出来ました(笑)


されこちらのBuffetですが、とにかくお料理の種類が充実しております!
d0222641_19454383.jpg

サラダのコーナーにはタイ料理のヤムが三種類。このヤムは美味しいのですが、結構辛さは本格的です!
d0222641_19465682.jpg

他にもサラダやスモークサーモンなど、ワサビも結構効いていました。
d0222641_195050100.jpg

イタリアンのコーナーには、Pizzaにこの場で作ってくれるパスタなどが並びます。
d0222641_2235107.jpg

そしてタイの屋台のバーミー屋さんなども!麺もいろんな種類が選べるんです。
d0222641_19525641.jpg

洋風のコーナーにはステーキーや洋風煮込みのお料理などが並びます。
d0222641_1955639.jpg

こんなコックリと煮られたシチューも。
2度とも洋のものはあまりいただかなかったのでどんなお味だったのかな~
d0222641_2224594.jpg

こちら一度来た時にハマッたのが、このインドの料理たち。
Internatinal Buffetでインド料理があるのは結構珍しいのですが、お味はかなり本格的。
スクンビットもこのあたりはエカマイ・プラカノンあたりはインド人もそこそこ多い地区なので
それでインド料理も用意されているのかしら・・・。
d0222641_2226713.jpg

そしてタイ料理もこんな素敵なお鍋に入って並んでおります。
Buffetだと冷めていることもあるのですが、本当に熱々をいただけるのが嬉しい♪
d0222641_2227429.jpg

こちらはタイ料理の揚げ物や茹でた野菜など。ナムプリックなどをつけていただきます。


そして女子には絶対欠かせない!別のスペースにはデザートのコーナーが。
d0222641_22284195.jpg

洋のデザートも種類がたくさん!他にもシェフが作るクレープや、アイスクリームなども。
d0222641_22294222.jpg

タイのデザートなども一緒にいただけるのも嬉しい♪ 


今日はこの後の保護者会が一時からだったので、Buffetならすでにお料理も並んでいるだろうからと
お友達とかなり急いでサクッとランチをいただきました(笑)
d0222641_22314741.jpg

サラダはかなりの人数が並んでいたので、お料理を取るまでにかなり時間がかかっちゃいました(笑)
お友達はヤムなどが本当に辛いと言っていましたが、私は大丈夫だったかな~
このサーモンのサラダはワサビ味なのですが、かなりワサビが効いています(^_^;)
d0222641_22313168.jpg

前回、ルイさんと来たときに、美味しかったのがこのインド料理たち。
今回もこれは食べなくっちゃ・・・といただきましたが、美味しいけれど結構スパイシーなんです!
前回はこれを食べ過ぎて他が食べれなくなってしまったので(爆)今回はほどほどにしておくことに。
d0222641_22325134.jpg

こちらのタイ料理の辛さもかなり本格的ですが、タイ人は「美味しい!」といただく辛さ。
前回いただいたグリーンカレーなどもココナッツミルクの香りも高く、かなり本格的だと思います。
d0222641_2238111.jpg

ケーキの種類も豊富ですが、甘さは日本人にも程よい甘さ。
クリームがちょっとバタークリームっぽいのが残念ですが、でも決してイヤなお味ではありませんよ♪


通常の料金は飲み物、サービス料などは別で、1名657BとホテルのBuffetにしてはお手頃価格。
川沿いの豪華ランチBuffetとはやはり同じ雰囲気、お味とは正直言えませんが、
ホテルのBuffetには行きたいけれど、やはり交通のことを考えたりすると足が遠ざかることもありますよね。

まして雨季は洪水などで渋滞しさらに動きずらくなることもあり、やはり近場でランチをいただけるのは
子供の帰り時間などを気にしながら生活するママたちに、とっても本当に嬉しいかぎり♪
通常料金の57%ポッキリ(笑)と言う大ディスカウント・キャンペーンは、5月27日まで!
決して回し者ではございませんが(爆)この機会をお見逃しなく~~




「57TH STREET@Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit」
2 Soi 57, Sukhumvit Rd., Bangkok
Tel:02-797-0400
12am-
by treasure-bkklife | 2013-05-20 23:44 | French@BKK
来週の火曜日からラジオも復帰することになり、原稿も書き終わって一安心❤
この次は男性必聴!駐在員には切ってもきれない仲のアレとの付き合い方について!
(決して、アヤシイものではありませ~ん) しっかり体調を整えて挑みたいと思います!


さて、バンコク・日本人学校の5年生は2泊3日の臨海学校だったそうですが、
子供が嬉しいのはもちろん、ママだって大義名分付の自由で、そりゃあ嬉しいのでございます(*^_^*)
お友達が「晴れて自由の身!夜をエンジョイしたい」と言うことなので、我が家の子供はパパに託し<(_ _)>
近場のふらっと歩いて行ける場所で、とっても気になっていたお店に出没することに~
d0222641_21852.jpg

トンロー10の角に出来たbrotzeit German Beer Bar & RestaurantThonglorでございます。

2Fはブログで紹介したローストダックのFour Seasons & Royal China Restaurant@Thonglorですが
この1Fのお店も、オープンテラスもあって、何だかとっても魅惑的だったのです。
d0222641_2195410.jpg

お店の店員さんたちも、明るくて気さくな雰囲気。サッカーの中継がいくつものTVでされています。
d0222641_21111296.jpg

時間は8時を回っていましたが、職場の同僚や友達同士のようなグループもいっぱい!


こちらのお店は「Bavarian Cuisine」、ドイツのビールとドイツ料理をいただけるお店で
すでにシンガポールを始めとして、上海、香港、フィリピン、ホーチミン、マレーシアに2軒お店があり
北京、広東、台湾、インドネシアはオープン間近、そしてスリランカ、韓国や日本!への展開も
視野に入れている、ワールドワイドなお店だそうなんです。

こちらバンコク、トンローのお店は、以前はOISHIがあった場所なのですが、
3月の下旬ごろのオープンし、よく欧米人やタイ人のお客様をよく見かけるので行ってみたかったんです!
d0222641_2112584.jpg

Original Munchner Lager
ここで一押しのビールですが、お友達のを一口いただいてみると、わりと飲みやすいお味かなあ。
d0222641_2113974.jpg

Bayrischer Lingdrink  Original Munchener with volka and lime juice
実はこの前のお店で少し飲んでいたこともあって、今さらビールもなあと思いながら
せっかくのドイツビールのお店、それならオススメのビールのカクテルにしてみようかと。
ウォッカが入っていてもキツイ感じではなく、ライムの味が爽やかで、ビールが苦手な方もこれならOKかも!

ビールの種類だけでも様々なものがあったので、ビール好きの方にはたまらないのではと。
また、お酒がビールだけだとちょっと・・・と言う方もいらっしゃると思いますが、
もちろんワインもドイツワインだけでなく、いろいろな国のワインが置かれておりました。


お料理はお野菜も食べながら、やはりドイツと言えばアレは外せない!
d0222641_21142267.jpg

White Asparagus served with Hollondaise Sauce
これは季節もののメニューのようですが、このホワイトアスパラガスのホクホクとしたお味がたまりませ~ん!
d0222641_21153335.jpg

Mozzarella Salat / Mozzarella Salad
小さいモッツアレッラが入ったサラダは、葉物も沢山入って栄養バランスを取るためにも嬉しい。
d0222641_21165190.jpg

Nurnberger / Grilled Pork Sausages
Pork Bratwurst sausages with mashed potatoes and sauerkraut
やっぱり、ドイツと言ったらこれでしょ!ソーセージとサワークラウトは欠かせません!!!
ソーセージにつけるマスタードやソースも、いろんなお味が試せるところも嬉しいし
たっぷりのマッシュポテトもついて、ボリューム満点♪

ソーセージはポークだけでなく、チキンやビーフなどいろんな種類があったので
大人数でいろんな種類を取り分けるのも、きっと楽しいのでは?と思います。
d0222641_21183587.jpg

Brotzeit Fladen Vegeyarisch / Vegitarian Pizza
Tomato Sauce, Mozzarella cheese, grilled zucchini, olives, toatoes and mushrooms
ガツンとソーセージをいただいた後は、野菜たっぷりのピザを食べたいとオーダーした一品。
実はこれ、ピザの生地がとても変わっていて、全粒粉を使ったのか、茶色のような黒っぽい生地なんです。
それが薄いけれどモチモチしていて、どんどん手が伸びてしまって危険なお味(笑)


お店は「ちょっとそこまで、一杯!」と言うような、本当に気軽な雰囲気のお店で
お料理のメニューも豊富なのが、とっても嬉しいところだと思います。
ふっと思うとトンローは、ビールの美味しいお店が多いですよね!

お料理もソーセージやマッシュポテト・・・なんて、我が家の子供も喜びそうなメニューも多かったのですが
夜はSports Barのような雰囲気なので、ちょっと子供連れはどうなのかなあ~と言う気が。
お料理だけでも楽しめるお店ですし、お店も12時とお昼から空いていることもあるので、
お昼の時間には子連れでランチもよいかもしれませんね(^_^)/



「brotzeit German Beer Bar & Restaurant」
No. 308 @Thonglor 10, Sukhumvit 55 Thonglor,
Tel:02-392-3969
081-920-5929
12pm-0am
by treasure-bkklife | 2013-05-17 23:45 | French@BKK
まだケガをした左手に、お皿などを洗う時には痛みが走ることもありますが、病み上がりから完全復活宣言!

先週、同じく具合が悪くて臥せっていた「肉食女子」友達と、時間があったので急遽「快気祝いランチ」を。
「何か美味しいもの食べに行こう!」と二人が選んだのは、病み上がりにピッタリな「ステーキでしょ」と(爆) ゲ「お肉をガッツリ食べて元気にならなくっちゃ!」と、美味しいと評判のお店に行って来ました!
d0222641_0163975.jpg

BTSチットロム駅側のIntercontinental Hotel BangkokにあるFireplace Grillでございます♪
写真ではHoliday Innが映っていますが、ホテルが隣り合わせのようになっているんですよ♪
d0222641_0175674.jpg

お店はシックな大人の雰囲気。お昼でしたが、裕福なタイ人の男性方らしき方などが。
d0222641_0172420.jpg

個室もあり10~12名まではOKなので、駅近ですし歓送迎会などちょっとした会にも使えると思います。
d0222641_019116.jpg

今日はお友達と2人。久しぶりにじっくり話ができそう♪


さて、こちらのお店ですが、ランチにはアラカルトとセットメニューがありました。
メニューの中から2、3、4コースを選んで、それぞれ599B、699B、799Bとなっていますが
私たちはアペタイザー、メイン、デザートの3コースをチョイスすることに。
d0222641_0194018.jpg

せっかくの復帰祝いなので、グラスで赤ワインを。中でも軽めのピノ ノワールをいただくことに♪
d0222641_0194950.jpg

この可愛らしいパンが、あったかフワフワでこれまた美味しい~♪

まずは前菜からの登場!
d0222641_0203471.jpg

Salmon tartar apple and celery salad, brioche crunchy
サーモンのタルタルに、リンゴとセロリのダイスが入った、カリッとした歯ごたえも楽しい初めて食べたお味!
さっぱりとしたお味で食べやすかったので、家でもぜひ真似してみたいと思います♪
d0222641_0203927.jpg

Wagyu Minute steak torestiere Cafe de Paris butter, Crispy onions
和牛の響きにウキウキして他の英語は目に貼らず、お料理が来た時はお肉の薄さに「ヤラレタ~」と(^_^;)
肉食女子としては、「薄っ!」「あと2、3cmは欲しい・・・」とお互い思ったのでありますが、
メニューをよく見ると、ちゃんと「Minute」と書いてあるではありませんか(笑)
ですが、上に乗ったオニオンなどもカリッとしていて、和風の味付けも美味しかったんです!
d0222641_0213724.jpg

ステーキには、何より6種類のソースが一緒にやってきて、何種類かを選べるんです。
今まで「ステーキに甘いものなんて・・・」と思っていた、西洋人の大好きなMint Jerryに思い切ってトライ!
それが、「あっ、美味し~い!!!」と、クセになりそうな美味しさなんです!他にはハニーマスタードがオススメ♪
d0222641_0214147.jpg

Jivara milk chocolate cheesecake 
Passionfruits curd,cremeaux of guanaja,candeied orange ice-cream
チョコレートのチーズケーキには、酸味の効いたアイスクリームが美味しいの!
d0222641_0222636.jpg

最後のカプチーノは別料金ですが、やはり最後には一緒にいただきたくて。


ケガのあと、しばらく家で大人しくしていたものの、日、月、火と大好きなお友達といっぱい笑い転げながら
楽しく過ごした時間のおかげで、すっかり心身ともに元気になりました!
「人は人に支えられて生きてる」そんなことを感じさせてくれた、素敵な時間をみんなどうもありがとう<(_ _)>

そして美味しいランチをいただけるのも、頑張って働いている主人や元気な子供たちのおかげ。
ランチの後は美味しいごはんを作って、家族にお返ししなくっちゃね♪



「Fireplace Grill @Intercontinental Hotel Bangkok」
973 Ploenchit Road
Tel:02-656-0444(Front)
12pm-2pm
6pm-
by treasure-bkklife | 2013-05-14 23:22 | French@BKK
今日は母の日でしたが、みなさんはどんな「母の日」を過ごされましたか?
我が家は残念ながら子供たちが一日習い事だったので、今回はお料理を作ってもらうことは出来ず(;_;)
代りにみんなからのマッサージと、ママの希望で元気がでるニンニク一杯の「餃子」を食べに行って
さあ、来週からまた復活!元気に頑張ろう!!!と、活力が湧いてきました♪


さて、チェンマイ記の間ですが、新しいバンコクのお店が続々で出来ているので紹介をしたいと思います。
家族と週末に外食を・・・なんて時にもピッタリなお店です。
d0222641_065258.jpg

トンロー10に3月終わりに出来たFour Seasons & Royal China Restaurantでございます♪
あれっ?この場所・・・と思われた方も多いと思いますが、そう!昔はOISHIがあったところなんです。
最近、工事をしているな・・・と思っていたのですが、1Fはドイツビア&レストラン、2Fにはこちらのお店が。
d0222641_06257.jpg

店内はかなりのスペースが。大人数にも対応してくれそうです。
d0222641_07599.jpg

トンロー10に面した窓際にはいくつかの個室もあって、お子さん連れのママランチにも活躍しそうです♪
d0222641_073489.jpg

私たちはスクンビット通り沿いの窓際の席でしたが、既にビジネスランチのような西洋人も見かけました。


こちらのお店は、すでにサイアム・パラゴンG階に店を構え、連日長蛇の列ができるほどですが
トンロー店は3軒目のブランチとなって、こちらは予約をすることが出来ました。
ホテルのFour Seasonsと間違えてしまいそうですが、こちらはロンドンのクインズウェイに本店を置く
香ばしい皮と柔らかな肉のバランスの良さが美味しいと言う、ローストダックが有名な香港料理のお店で
「The best roast duck in the world!」と評されたこともあるそうなんですよ。   

そのお店がトンローに出来たのを見かけたとあらば、「これはすぐにでも行かなくては!」と(^^)/
早速、お友達たちと行って参りました♪
d0222641_084690.jpg

まずはJasmine Teaをオーダー。

お料理はお店の方のオススメにしたがって、女子三人ですが、何だか沢山選んでしまいました(笑)
d0222641_082616.jpg

Prawn and Chive Dumplings
女性が大好きなニラ饅頭の蒸したバージョン。あっさりとした上品なお味でした。
d0222641_091421.jpg

Minced Pork Dumplings with Shrimp
お肉が詰まってる~と言う感じのしっかりとした焼売ですが、熱々を頬張りすぐに口の中へと(^_^;)

そして、ここに来たらこれはやっぱりハズせない!
d0222641_010798.jpg

Four Seasons Roasted Duck Half
いわゆる「ペキンダック」をイメージしていた方には「あれっ?」と思われると思いますが
柔かい肉厚のダックが、しっかり皮と一緒に付いております。
これだけで「あ~ 食べた~!」と舌もお腹も満足のいく一品です。
d0222641_010368.jpg

Crispy Fried and Braised Prawn Served in Bird's Nest
お肌プルプルの美肌効果を狙いたくてチョイスした一品。アンチエイジングが気になるお年頃ですから(^_^;)
でも、話に夢中で気が付かなかったのですが、どこにツバメの巣があったんだろうかと(爆)
写真を見る限り、巣のように作った「春巻きの皮」だったように、思えてなりません(#^.^#)
d0222641_0101784.jpg

Braised Beancurd with Mushroom
このお豆腐はお行儀悪くても、これを白いご飯に乗せて食べたいくらい(爆) 
お店の方のオススメだけあって、しっかりとした味付けが美味しかったです。
d0222641_0104792.jpg

Fujian Fried Rice
お友達の「これが食べたい!」のチョイスでオーダーした一品。
あんかけとごはんが絡まって、どんどん食べてしまいそうでコワイ・・・(^_^;)
d0222641_0111162.jpg

Mango Pudding
最後はやっぱりチャイニーズのスイーツの代表、マンゴーブディングで〆。


ずっと行きたいと思っていたお店だったのですが、パラゴンは長蛇の列を覚悟しなくてはと聞いていたのですが、
この時点ではトンローは予約をすることができたので、待つこともなく座ることが出来て、
友達とゆっくりとお料理をいただけたのも嬉しかったです。

中華はお子さんも食べやすいこともあって、家族や子連れのママ友たちと行くのにも嬉しいですよね♪
また北京ダックとは違うジューシーなダックに、ご主人や食べざかりのお子さんもきっと大満足だと思います!



「Four Seasons & Royal China Restaurant@Thonglor」
Thonglor soi 10, Sukhumvit 55Rd,
Tel:02-392-6212
11am-
by treasure-bkklife | 2013-05-12 22:12 | Chinese@BKK
今週ももう終わり、Chiva SomのMassageのコースの半分が終了!の『予定』でした。
実は怪我をして左手を強打してしまい、「少なくても2週間は手を使ってはダメ」と、ドクターストップが(泣)

車に接触しそうになり避けたところを横転してしまったので、こんなケガで済んでよかったのだと思いますが
その前2週間のAnatomy & Physologyの授業は、テストが毎日あることもあって毎日4時間睡眠。
鍼なども打っていたので、やはり「これ以上無理してはいけないよ・・・」と言うことだったのかなと。
しばらく延期することになってしまったけれど、ポジティブに考えようと思っています♪


さて、そんなこんなで病院通い以外は、予定が「すこ~ん」と空いてしまった今週ですが、
お友達とこんな時だからこそ「非日常でリラックス~」と、こちらのレストランに行って来ました。
d0222641_19413027.jpg

MBKにもほど近い、Jim Thompson Houseでございます♪

タイシルクの最高級ブランドの創始者ジム・トンプソンは、第二次世界大戦中にタイに派遣された方で
終戦後もこの地に残り、タイシルクの事業に成功した方なのはご存じのとおり。
多くのタイセレブたちが集った彼の生前の住居跡は、現在は博物館として一般公開されているんです。

チーク材を用いたタイの伝統的な建築や、古美術コレクションなどを見ることができ
緑や花々が美しい庭など、都会のオアシス空間が心も豊かに癒してくれる場所なんです。
d0222641_19584010.jpg

この奥がJim Thompson ゆかりのお宅などが展示されています。
4年前に両親が来タイした時にJim Thompson Houseを一緒に見学しましたが
とてもステキな古美術のコレクションなどに見入ってしまったことを記憶しています。
火曜日の午前中は日本人ガイドの方により説明もあったので、その時に行ってみると楽しめると思います♪


今日はこちらの敷地内にある、レストランにお友達と来てみました。
d0222641_1943943.jpg

こちらのJim Thonpson Restaurantは、ステキなタイ家屋で、自然とテンションがあがります♪
d0222641_1947712.jpg

ランチはこちらのオープンテラスの席のみになります。
Jim Thompson Houseは川沿いに位置するので、ボートの音が聞こえてくるのもプチトリップ気分に。
d0222641_19474610.jpg

こちらの席に座ってのんびりまったり。時間を忘れて話が弾みます❤
d0222641_19444854.jpg

こちらの池にはタイらしい蓮の花が。こんな風景にも癒されるんです。
d0222641_19491156.jpg

夜の7時から11時にはお隣のこちらのスペースでWine Barも開かれます。
80種類のワインが、1,000B~15,000Bぐらいの品揃えをされているとのことですが
9種類のグラスワインも用意されているそうなんですが、Moet & Chandon champagneなども。
今度は夜に訪れてみたいよね~と。
d0222641_19504818.jpg

今日は西洋人の方のビジネスランチも開かれていました。とてもステキな空間です。


お昼のお料理は、グリーンカレーなどのメジャーなタイ料理や、パッタイ、カオパッドなどのワンディッシュ
西洋人にも食べやすいインターナショナルのメニューが並びます。
d0222641_19521453.jpg

この季節は気温も高いバンコクですから、ライチとミントのフローズン。
スッキリ爽やかな甘みのあるお味が、幸せな気分にさせてくれます♪
d0222641_19542616.jpg

パッドキーマオ
タイの辛~いパスタですが、今日はこれで気持ちをピリッと引き締めたくて(笑)
結構辛いものが大丈夫なワタシなのですが、これはホントに辛かった!
でも後を引くおいいさ、このグリーンの粒コショウがたまりません。
ライチとミントのフローズンジュースと交互に、どんどんいただいてしまいました(^_-)-☆
d0222641_19562660.jpg

チョコレート チーズケーキ
口の中のほてりを、この甘いチーズケーキで癒すように選んだケーキ(笑)
かなり濃厚で、この後の体重がちょっと心配だったりして(爆)
d0222641_19575062.jpg

カプチーノ
ゆるゆるとした昼下がり、久しぶりにこんな時間を過ごすことができて、ON OFFの大切さを実感することに。


忙しい毎日を忘れるような、非日常を離れてのんびり・まったり過ごせる場所で、
仲良しの友達との本音トークは、何より心をほっこりと温めてくれました♪
こんな素敵な場所、そして素敵な友達がいてくれることが、バンコクでの一番の宝物です。。。



「Jim Thompson House @Jim Thompson House」
6/1, 6/2 Soi Kasemsan 2, Opposite National Stadium, Rama 1 Rd. Patumwan,
Tel:02-612-3743
9am-5pm (last food order 16.30)
7pm-11pm (last food order 21.30)
Mapはこちらから♪ → 
by treasure-bkklife | 2013-05-10 20:59 | Thai@BKK