子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Little Beast

そろそろ乾季に入ってきたのか、空気が少し変わってきたように感じるバンコクです。
昨日は子供たちが習い事の間に、お友達とオープンエアーのイタリアンにいたのですが
風を感じながら、息抜きにいただいたワインは最高(笑) これからこんないい天気が続くことを祈ります!


さて、先月の9月に遡りますが、お友達たちが誕生日を祝ってくれると言うではありませんか❤
週末ならパパたちに子供を預けて、ママたちも夜のお出かけも楽しめると言うことで、
みんなの家の近場のステキなお店へ・・・と選んだのはこちら。
d0222641_12353659.jpg

トンロー13にあります、Little Beastでございます♪

こちらはトンローの13と言う住所ではありますが、トンロー13通り沿いに面しているのではなく
山小屋ラーメンなどがある、トンロー5から17への縦の道沿いにあるお店です。
トンロー13から来る場合には、エステのReginaでトンロー5の方向に曲がります。
日系美容院のMega Mixなどの並びになりますよ♪
d0222641_1238450.jpg

お店の前では、この番犬がお待ちかね(笑)
d0222641_12384580.jpg

こちらのお店は、1920年代のNew Yorkをイメージした内装だそうで
お料理もNew Yorkに住んでいたオーナーが、好きなお料理だそうなんです。
d0222641_12391433.jpg

1Fは4人掛け位のテーブルがいくつかと、バーカウンターが。
d0222641_12394785.jpg

2Fはもう少し大人数のグループが入れるようなスペースです。
d0222641_12401319.jpg

オープンして一年ちょっとのお店ですが、多くの西洋人から人気とあって、ずっと楽しみにしていたお店です♪


こちらのLittle Beastは、フレンチ・アメリカンなお料理をいただけるGastro Barで
2013 Thailand's Best Restaurant にも輝いたお店です。

アメリカの料理学校を卒業したシェフが織りなす、タパス・スタイルのお料理は、
一口サイズやスモールポーションのお料理と、それに合うお酒がいただけるお店です。
当初はオーナーの友達などのHang Outの場所にと、自ら開いたお店だったそうで、
とてもカジュアルに、友達と寛げるような雰囲気が漂っておりました。
d0222641_12404216.jpg

まずはやっぱりビールで・・・と言う友達は、Nørrebro Bryghus' Stuykman Witをオーダー。
デンマーク・コペンハーゲンのビールだそうですが、お店の方がいろいろと親切に説明してくれました♪
d0222641_1241749.jpg

私はフルーツがいっぱいのサングリアで。
d0222641_12413569.jpg

Warm Creamy Crab Dip
自家製だというクラッカーと、ベビーロメインレタスに暖かいカニのディップを乗せて。
これも知らないうちに何度も口に運んでしまう、カロリーがありそうなのに止まらない、危険なお味(^_^;)
d0222641_12425673.jpg

Snap Peas and Chicken Skin Salad
ただのスナップエンドウだと思ってはいけません!
「うわ~っ、何でこんなに甘いんだろう!」と、野菜の持つ甘さに酔いしれた一品(笑)
d0222641_1247838.jpg

Oyster Three Ways
あれ?どこが「Three -Ways?」 全部同じものにしか見えない!思われたと思うのですが、正解です(笑)
本当はRaw、Baked、Friedと、3種類の調理方法でいただく牡蠣なのですが
みんな「生」だけが食べたい、駐在も6年目以上のお腹も神経も図太いメンバーたち(^_^;)
お店に交渉して一皿2個に減らすことで、全部生牡蠣にに交換してもらったのでした(笑)

バターにタイのシーフードソース、シャロットとニンニクが乗った生牡蠣、
こんないただき方は初めてでしたが、とても美味しくいただきました!
d0222641_12474162.jpg

牡蠣に合わせたいのは、やっぱりシャンパン!
この日、残念ながら参加できなかったSちゃんが、お誕生日に友達に託してくれていました。
Sちゃん、どうもありがとう!とっても美味しくいただきました<(_ _)> この次はぜひ、一緒に行こうね❤
d0222641_12432618.jpg

Pan Seared Scallops
ベーコンとポテトのカリカリ感もたまらない!でも、ホタテを食べた記憶がないのは、なんでだろう???(笑)
d0222641_12435795.jpg

Roasted Beetroots Salad
ブルーチーズとキャラメリゼされたクルミ、合わせていただくローストされたビーツは
全く泥臭さも感じずに、その美味しさにビックリ!
d0222641_12442629.jpg

The roasted pumpkin and goat cheese tart
オーダーしてから作り上げるので、時間が30分以上かかりましたが熱々のタルト。
まるでフランのようにフワフワなタルトは、まさに待った甲斐がありました!と言うお味。
ゴートチーズのクセもなく、ほのかなカボチャの甘みを楽しめる一品でした。
d0222641_12444684.jpg

15-Hour Lamb Shoulder with Carrot Ginger Coulis
ゆっくりと15時間かけて調理されたラムは、とても柔かい!
温かい大麦や、ニンジンに生姜やハチミツなどが入ったピューレをつけていただくと本当に美味❤


そして、お次はデザートと言うところに・・・
d0222641_12453776.jpg

お友達が予約していてくれた、コンプリメンタリーのBirthday Dessertは盛りだくさん!
こちらで人気のIce cream sandwichesも一緒になって登場しました♪
誕生日が近いお友達と一緒にお祝いしてもらって、とっても幸せ~❤ みんなホントにありがとう♪
d0222641_1246086.jpg

Apple Crumble
ボリュームもたっぷりなアップルクランブルは、もちろんみんなで仲良くシェアして。
d0222641_12462498.jpg

最後はカプチーノでゆっくりといただいて。気が付くと、なんと6時間が経過(@_@;)
まるで女子高生みたいにワイワイと、それでも深い話で盛り上がった夜になりました~


家からも近いこんなカジュアルでステキなガストロ・バーは、平日は早い夕方の5時半からオープンと
子供の習い事の間に、ちょっとお友達と♪ なんて言う時にも嬉しいお店です。
しかもお野菜が美味しくて、美しい盛り付けのお料理が並ぶので、気軽な女子会にもピッタリ。
日曜日はブランチの時間帯からもお店が開いていたので、お子さんをチラホラ見かけることも♪


バンコクでもステキなBirthdayを仲良しの友達たちにお祝いしてもらって、最高にHappyな夜でした❤
そして、子供たちを見てくれていたパパたちも、本当にどうもありがとう!!!



「Little Beast」
44/9-10 Thonglor 13, Sukhumvit 63Rd.
Tel:02-185-2670
Tue-Sat: 5:30pm - 1am
Sun: 11am-4pm
by treasure-bkklife | 2013-10-26 21:38 | French@BKK
今週1週間は子供の学校がお休みのため、3食+お弁当作りに毎日追われています~♪

さて、ブログの記事をかなり溜め込んでしまい、どこからUPしようか迷ってしまうほど(^_^;)
今日はお友達が私のお誕生日にチョイスしてくれた、こちらのお店をご紹介❤
d0222641_2141997.jpg

スクンビット13と15の間にあるSofitel Bangkok Sukhumvit VOILA!でございます♪
d0222641_21422846.jpg

お店は2Fの吹き抜けの所にあるのですが、お昼の時間を過ぎると多くの方でいっぱい!
d0222641_214217.jpg

BTS Asoke駅からもほど近いこちらは、近場のオフィスの方のランチにも利用されているよう。

こちらのお店はパリジャンのシェフAurélien Poirot氏が奏でるお料理は
フレンチ、イタリアンなどの西洋料理、そしてアジア、中東などのエスニックと
幅広い範囲から構成されているので、どんな方にも喜ばれそう♪
d0222641_21423279.jpg

まずは入口付近の冷製のコーナーからスタート!
d0222641_2143578.jpg

このデコレーションに、思わずDisneyのアリエルを思い出してしまった母(笑)
何だか今にも人形姫が出てきそうですが、エビや貝などのコーナーが。
生牡蠣は残念ながらないのですが、それなりに充実しております。
d0222641_2144285.jpg

お寿司は日本人だけではなく、どんな国の方からも大人気♪
d0222641_2144559.jpg

洋のサラダも充実していて、ただ単に野菜サラダというだけでなく、一つ一つのお味も楽しみ❤
d0222641_21452216.jpg

多くのスペースを取っていたのが、このタイ料理のヤムのコーナー。
青パパイヤのソムタムを始め、果物のソムタムやら、ラープムーなど代表的なものをご用意。
d0222641_21453731.jpg

その向こう側には、メインディッシュや暖かいお料理たちが準備されて。
パスタもテーブルにあるカードを使って、こちらでパスタの種類とソースをオーダーします。
d0222641_21454567.jpg

このHOTコーナーにあるのがこのチキン。ここでじっくりと焼かれておりました。
ステーキもテーブルにあるカードを使ってこちらでオーダーすると、アツアツのサーロインやラム、
BBQなども作ったあとで、席まで運んでくれるのです。
d0222641_21481950.jpg

人気だったのはこちらのバーミーのコーナー。仕事の方のランチにも、ちょうどいいのでしょうね♪
d0222641_21485499.jpg

そしてこちらのウリは、この焼きたての香りも高いPizza!
d0222641_21491574.jpg

Wood Ovenで焼かれた焼きたてのPizzaを、そのままでいただける贅沢つきです。
d0222641_21472558.jpg

デザートの種類も豊富に取り揃えられて。洋だけでなく、もちろんタイのお菓子も選べます。
d0222641_21475215.jpg

美しいタルトなどは、素敵にディスプレイされて。どれを取ろうか本当に迷いました。
d0222641_22454019.jpg

冷たいデザートは自分で開けられる冷蔵庫の中に入っているので、乾燥と美味しさを保つことができます。


さて、しっかりお料理をGetして、席についてお料理をいただくことに♪
d0222641_21493253.jpg

こちらのパンも中はふわっとした美味しさ!
d0222641_2150898.jpg

まずは洋のサラダからいただきましたが、本当に白ワインが進んでしまいました(*^_^*)
一つ一つが変化があるお味で、サラダだけでも飽きずにいただけます♪
d0222641_21503746.jpg

人気だったタイのヤムも、しっかりとしたお味でGood!
d0222641_21502523.jpg

おしゃべりが弾んで、すっかりお肉類をオーダーし忘れた私(^_^;)
お友達が知らぬ間にオーダーしてくれていましたが、柔かくて美味しかった♪
d0222641_21512936.jpg

パスタはフェットチーネにペストソースを合わせて。
d0222641_21505966.jpg

すでにここでお腹がいっぱいで、Pizzaかデザートかかなり悩みましたが(笑)
やはり、この誘惑には勝つことが出来ませんでした(笑)

デザートも冷蔵庫に入っていたのもあって、しっかりと冷えた美味しい状態がいただけるので
Buffetでこんな配慮をしてくれるのも、とても嬉しいお店でした❤


川沿いのHOTELの趣きには敵いませんが、近場で美味しいHOTELのLunch Buffetをいただけるのは
お子さんのお迎えを控えて時間にソワソワしてしまうこともなく、会話も弾むお店だと思います。
またお値段もいろんなお料理が揃った中で、かなりお値打ちだったと思うのでオススメ♪
この日はサプライズのお祝いだったので、Aちゃん、Mちゃん、本当にどうもありがとう❤

こちらのSunday Brunchには、アラスカ キング クラブや、生牡蠣などももちろん用意された
ワインやシャンパンのフリーフローのプランなどもあるようなので、こちらも試してみたいと思います!




「VOILA!@Sofitel Sukhumvit Bangkok」
189 Sukhumvit Road Soi 13-15
Tel:02-126-9999
Break Fast:6:30am-10:30am
Lunch:12pm-3pm
Dinner:6pm-10pm
by treasure-bkklife | 2013-10-24 21:51 | Italian@BKK

文苑 Chef Man

日本から帰ってきてから、3日で子供の学校が秋休みに入ったりと慌ただしい毎日です~(^_^;)
そしてバンコクはここのところ激しい雨が続いていて、道が冠水して動きが取れないこともも。。。


貴重な秋休み前の一日、お友達が「3週間以上前でないと予約が取れないらしい!」と
噂のレストランを予約してくれていたので、日本滞在中から楽しみにしていたお店。
この日も朝から大雨でしたが、これは是が非でも行かなければ!!!と、行ってきました。
d0222641_051181.jpg

BTSスラサックから直結の Eastin Grand Hotel Sathornです。
バンコクは最近、ますます新しいホテルが建設されていて、あれ?いつの間にこんなところが?と言う感じ。
お隣にはタイ料理の名店、Blue Elephantが見えて、駅から直結なのも雨の日にも嬉しい❤
d0222641_054235.jpg

こちらの3FのChinaese、文苑 Chef Manでございます♪
ちょっとこのネーミングがあまりにベタな感じで、笑ってしまった私たちですが(#^.^#)
ChefがManさんと言う方だからなのでしょうね!
d0222641_06862.jpg

お店に足を踏み入れると、中華料理のお店にしてはモダンな空間が広がります。
d0222641_018292.jpg

こちらはオープンキッチンで、厨房で点心などを作り上げていく様がじっくりと見れるんです。
d0222641_064723.jpg

私たちは8名だったので、奥にある個室を予約してくれました。
こちらは個室料が1,000Bかかりましたが、円卓で賑やかに話ができるならいいか~♪ と言うことに。
d0222641_07261.jpg

他にもこんな大きな個室もありました!様々な会にも利用できそうですよね♪


こちらのChef Manは広東料理の中華のお店ですが、そのオリジナリティ溢れた美しいDim Sumや
伝統的な中華料理をセレクトされた貴重なお茶と楽しめるお店です。
20年以上の経験を踏んだシェフの Wai Yin Man氏と、中国、香港から来た彼のチームが奏でるお料理は、
本場中国の方、そして広東料理を愛するグルメ通の方にも高い評価を受けていると言うことです。

先週、発表されたBK MagazineのBangkok's 10 Best New Restaurants 2013でも
3位にランクインされたお店ですが、予約も3週間以上待ち!とあって本当にHOTなお店です。

まずは、前日までに予約しないと食べられないと言う、贅沢なこちらが登場!
d0222641_075946.jpg

出ました!北京ダック!!! ツヤといい、大きさといい生唾ものです(笑)
d0222641_082331.jpg

シェフがお部屋まで来て、その場でさばいてくれます。このプレゼンテーションも美味しさの一つ❤
d0222641_08767.jpg

どんどんスリムになっていくダック。その手さばきに見とれてしまいます。
d0222641_082930.jpg

テーブルの上に並んだ北京ダックは、マンゴーなどの具材と一緒にいただきます。
そのパリパリながらジューシーな皮と言ったら、みんなの「美味しい~❤」の声がこだまするよう(笑)
d0222641_085663.jpg

皮もセイロに入れられ蒸された状態でやって来るので、乾いてしまう状態でなく美味しくいただけます。


この北京ダックだけで、かなり期待が持てそうなお店でしたが、その後の点心攻撃も素晴らしかった(笑)
正式名がちょっとあやふやなのですが、こちらのメニューは写真付きだったのでご参照ください!
d0222641_092357.jpg

Deep Fried Spring Roll
ただの春巻と思ってはいけません!
「こんなジューシーな春巻、食べたことがない!」と感嘆の声が上がったほどの春巻ですから(笑)
外はパリパリ、中はふんわりとジューシーで、確かにこんな春巻食べたことがないかも~
d0222641_094777.jpg

Deep fried skin bean curd and Shirmps
そして巻いた湯葉で揚げた点心。中身はエビですが、プリプリでした~
d0222641_010123.jpg

Steamed Taro Bun
何より感激したのが、このタロが入ったおまんじゅう。
初めはこのいでたちが面白くてオーダーしたのですが、「外したら怖いから、一皿にしておこうと・・・」
d0222641_0103355.jpg

ところが、「何これ!」歓声があがった、中身がトロ~リとこぼれだしそうなクリーム状。
通常、タロイモのお料理は、モソモソとした感じのものが多いのですが、本当になめらかでクリーミー。
ほんのり甘いタロイモのお味も、しっかり感じられてGoodだったのです!
d0222641_0105952.jpg

Steamed cream bun with salty eggs
こちらのクリーム バン、Salted Egg入りも、上に同じくトロ~リとした餡が流れでそう❤
ビュッフェのお店ではないので、熱々、出来立ての点心をいただくことができるのも人気なのだと思います。
d0222641_0112360.jpg

Steamed Scallop with Chinese Spinach dumplings
今まで、こんな大きな点心見たことない!と言う、帆立とほうれん草がぎっしり入った蒸しもの。
d0222641_01149100.jpg

Steamed fresh Shirimp Dumplings
Dim Sumの定番中の定番、通常はこじんまりとやってくるハカオも、1.5倍以上はあろうか言う大きさ!
中のエビもしっかり詰まって、何しろボリューム万点の点心たちです。
d0222641_012871.jpg

ニラ饅頭もしっかりとフィリングが詰められて。
d0222641_01229100.jpg

Deep Fried Taro
さっくり揚げられたタロイモ。
何度も一緒にランチをするメンバーなので、誰が何をオーダーしそうか分かってしまうほど(笑)
d0222641_0125163.jpg

Fried Turnip and Chinese Pork
こちらは大根餅を炒めて味をつけたもの。広東料理のお店ではよく登場します。
通常の大根餅ももちろん用意がありました♪
d0222641_0141290.jpg

ペキンダックの中身はこんなカリッとした具材になって、レタスとともに登場しました。
このレタスのしゃっきり感と、ダックのフィリングがこれまた合うんです!
d0222641_013167.jpg

Egg Tart
エッグタルトも艶やかに。フィリングもふるふるで美味しかった❤
d0222641_0134452.jpg

メニュー外だと思うのですが、お店の方が「食べますか?」と聞いてくれたGreen Tea Bun。
Bunの大きさがどれもこれまた大きくて、日本の肉まんを若干小ぶりにしたぐらい。
これもしっかりとした抹茶のお味が口いっぱいに広がって、出来たての熱々を頬張りました!


一つずつの大きさ、そしてボリュームもたっぷりでお腹いっぱいのはずなのに・・・
やっぱりデザートは別腹ですから(爆)しっかりとオーダーしてしまった私たち❤
d0222641_0143814.jpg

名前はすっかり忘れてしまったけれど、亀ゼリー(笑) 
中華ではお馴染みの一品で、バンコクでもよく食べることができます。

金錢亀という特別な亀の腹の皮を干したものを使ったそうですが、健康と美容に良いとされています。
ちょっと苦みがあるので、甘いシロップをかけていただきます。
d0222641_0152776.jpg

Mango Pudding
いつもオーダーしてしますマンゴー プリン。
d0222641_0155126.jpg

こっちのデザートはタピオカとフルーツが上に乗せられて。
下がマンゴープリンだとは知らずに、普通のマンゴープリンをオーダーしてしまったけれど
こっちの方が豪華、そして一挙両得的で、何だかとても損をした気分に(爆)



さてさて、置か菜がいっぱいで帰る頃には、個室の外がかなり賑わっているな・・と思っておりましたが
d0222641_0161854.jpg

本当に満員御礼!しかもまだまだお店の外も多くの人であふれかえっていたのです!!!

この日に偶然、私たちの帰り際にお店の外で、タイ人のセレブのお友達と会ったので聞いてみると
ランチの予約が1時からしかできずに、それでもまだ前が終わらずに待っているということでした(@_@;)
ですので、絶対に早い時間帯の方の予約をオススメします!!!


これだけ沢山の人が入っているランチのお店は本当に久しぶりでしたが、そのお味で納得♪
そしてボリュームともに大満足でしたが、Buffetでないのに、お値段は意外にもそんなにしなかったのです。
予約は3週間から1か月以上かかるとも言われているようなので、ぜひお早めに!
ほとんどがタイ人、そして中華系の方でいっぱいだったお店の実力を、ぜひ試してみてくださいね❤




「文苑 Chef Man @Eastin Grand Hotel Sathorn」
3rd floor 33/1 South Sathorn Road, Yannawa, Sathorn
Tel:02-212-3789、 02-212-3741
Lunch:11:30am - 2:30pm
Dinner:6pm-10pm
by treasure-bkklife | 2013-10-21 11:55 | Chinese@BKK
10日間ほどブログをお休みしていましたが、昨晩、日本からバンコクに戻って来ました~
その間に資格取得講座を受講したり、様々な用事や友達との食事会で、超超超~ハードスケジュール(笑)

その分、やはり年齢には勝てず、今になって気が抜けたのか心身共にぐったりしていますが(^_^;)
そこでそんな時にピッタリな内容だった「食の魔法でいきいきベジフルビューティフルライフ」の
最終回のブログUPを忘れていたことに気が付きましたので、早速UPしていきたいと思います♪



今日は「健康」がテーマ、「肩こり、頭痛」などについてお話したいと思います。

タイのChiva Som Academyで生理解剖学とマッサージの理論、実技を勉強しましたが、
何人ものお客様やクラスメイトにマッサージを施術していて思ったことは、
なんと多くの方が肩こり、そして頭痛の悩みを抱えているのだろうかと言うことでした。
実は私ももれなくこの症状に当てはまり、バンコクでは手軽なマッサージによく行ったり、
ひどい時には吐き気が起こることもあるので、頭痛薬を飲んでしまうこともあるのですが、
私と同じような、こんな方も多いのではと思っています。

頭痛や肩こりなどは、女性にとってはPMSや生理時の症状の一つでもありますが、
このサイクルに関わらず慢性的な肩こりや頭痛を抱える方も多いようです。
これには疲労やストレスの蓄積も原因の一つになっていると考えられます。


Chiva-somではマッサージを始める前に、現在の体調を確認してその方にあったマッサージを施すため
コンサルテーションがあるのですが、その中でお客様のライフスタイルをヒアリングしてみると、
パソコン作業によって長時間同じ姿勢を取りつづけていることも、肩こり、肩甲骨回り、首のコリや痛み、
さらには頭痛の原因の一つになっているようです。

画面を見るため姿勢がどんどん前のめりになって背中が丸くなり、肩が内側に巻き込んで入ってしまうが故に
肩甲骨や肩、そして首筋にコリや痛みを感じ、さらに頭痛を感じる方が多いように思いました。



肩こり、頭痛などを改善するためには、マッサージはもちろんのこと、ストレッチやエクササイズ、
そしてライフスタイルの改善も大切なのですが、その中の一つとして食生活からのアプローチ法を
今日は中心にお話していきたいと思います。


肩こり、頭痛を改善するためには、まずは全身の血流を高めることが大切です。
肩こりなどは筋肉が固まることで血液循環が悪くなってしまい、疲労物質が血液中にたまることで
肩こりを引き起こすので、血行促進に役立つバランスのとれた栄養摂取が必要です。


血流促進に良いと言われるビタミンEは、末梢の血管まで血液が流れるように
血液の成分である赤血球や血管などを柔らかく保つ働きや、血管を拡げたりする効果があるので
この働きによって血行が改善されます。
血行が良くなると筋肉にたまった乳酸等が運び出されて筋肉に酸素と栄養をとどけられるため、
筋肉の硬直、いわゆるコリがやわらぎます。

ビタミンEを豊富に含む食品は油脂類や種実類で、ヒマワリ油やアーモンドやピーナッツ、
野菜ではモロヘイヤやかぼちゃ、赤ピーマンなどに多く含まれます。

さらにそのビタミンEは、抗酸化作用があり鉄分の吸収をサポートするビタミンCや、
眼精疲労にもよい体内でビタミンAに変わるカロテンなど一緒摂取すると、
さらに抗酸化作用が強固になってパワーがアップします。


ビタミンCはかんきつ類やいちごに柿、野菜では赤ピーマンやブロッコリー、カリフラワーなどに多く含まれ、
飲酒や喫煙、またストレスによっても失いやすいものなので、現代生活には欠かせない栄養素で、
美肌にも欠かせないコラーゲンの生成を促して、細胞同士の結びつきを助け血管を丈夫にする役割も。

頭痛などでアスピリン系の鎮痛剤をよく飲まれている方は、体内のビタミンCも失われと言われるので、
特にビタミンCを摂取するように心がけるとよいでしょう。


体内でビタミンAとして働く成分は約50種類が知られていますが、
代表的なものが化粧品でも御馴染みの動物性のレチノールと、植物性のカロテン類です。
PC作業などが多いと眼精疲労から頭痛や肩こりに繋がることもありますが、
ビタミンAは目の網膜で光や色に反応して視覚の情報を伝えるタンパク質の成分になることで、
目の健康を守り疲労を回復する働きをしてくれます。

動物性の食品ではレバー、ウナギやアナゴ、植物性の食品では色の濃い野菜のニンジン、カボチャ、
青菜などに豊富です。

ビタミンAに変わる脂溶性の動物性のレチノールは70%~90%が吸収され利用効率が高い成分ですが、
脂質に溶けて体内に蓄積されるため摂り過ぎると過剰症を引き起こすことがあります。
食事で摂る分にはそんなに心配もありませんが、濃縮されたサプリメントを利用する際は
過剰症には十分注意が必要です。

また妊婦の方は胎児の奇形を及ぼす可能性が示唆されており、EUの食品科学委員会からは
一日3,000μg以下と注意喚起がされています。
例えば鉄分補給にといただく鶏レバーは、100gで14,000μgにもなるので量にも注意が必要です。


筋肉の使いすぎで負担をかけると乳酸が溜まり、硬く張りを感じさらには痛みにまで達することもありますが、
「疲労回復のビタミン」とも言われるビタミンB1は筋肉の疲労を回復させる働きがあり、
さらには炭水化物などの糖質をエネルギーに変えるのをスムーズにするため、
乳酸などの疲労物質が筋肉に滞るのを防ぎ、神経がうまく働くように促す作用があります。

ビタミンB1を豊富に含む食材には豚肉があります。
特に赤身部分に多くヒレ肉やモモ肉に豊富に含まれ、動物性食品にはウナギやタラコ、イクラにも多く含まれ
植物性の食品では、種実類や豆類にも多く含まれ、カシューナッツや大豆、えんどう豆も豊富です。

ビタミンB1は糠や胚芽に多く含まれるので、米なら玄米、胚芽精米、小麦であれば全粒粉に豊富です。
ねぎや玉ねぎ、にんにく、にらなどに含まれるアリシンには、ビタミンB1と結合して
吸収しやすくする作用があるので、一緒に摂取することで効果的に吸収することができます。


他にもビタミンB12は赤血球の生成に働き、ヘモグロビンが合成されるのを助ける補酵素の役割があります。
脳や脊髄以外の全身に張り巡らされた末梢神経は、たんぱく質とリン脂質という成分でできており、
筋肉疲労などで末梢神経が傷ついた時の修復にはこの成分を補う必要があるのですが、
ビタミンB12はたんぱく質とリン脂質の合成を促進して末梢神経の傷を修復します。

ビタミンB12は微生物によって合成されるため、原則的に動物性食品にしか含まれません。
肉類ではレバーやハツなどの内臓に多く含まれ、鶏肉より牛や豚肉に多い傾向がありますが、
魚介類では貝類に種類を問わず豊富に含まれています。


また、このビタミンB12は胎児の発育や造血に不可欠な葉酸と一緒に摂取すると、
さらに双方の持つ造血作用がUPします。

葉酸は新たな赤血球が正常に作り出される時に必須ですが体に摂取しにくい成分で、
食品に含まれる葉酸の体内利用率は50%と見積もられています。

葉酸はホウレンソウから発見されたビタミンで、その名の通りに野菜に豊富で、果物にも多く含まれます。
野菜はホウレンソウ、枝豆、モロヘイヤ、焼き海苔など海藻類、納豆などの豆類にも比較的多く含まれます。


他にも、頭痛や偏頭痛には脳の血流が関係していますが、
最近の研究では偏頭痛に悩む人にはマグネシウム不足のケースが多いことが明らかになっています。

マグネシウムは玄米、ライ麦パンなど精白していない穀類に多く、乾燥わかめや昆布にも多く含まれ
また魚介に多いため、魚を主菜にするとマグネシウムが豊富な献立になります。


ストレスから頭痛や肩こりを引き起こすこともあるので、ストレス緩和や筋肉の収縮と弛緩を調整する
カルシウムを摂取することも有効で、乳製品や骨を含めて丸ごと食べられる小魚や
植物性の食品ではモロヘイヤ、小松菜など青菜類に豊富です。


もちろんこれらの栄養素は、これが肩こり、頭痛に効くからと言って「ばっかり食べ」をするのではなく、
全体の食品バランスを整えたうえで肩こり、頭痛によい食品を上手に取り入れていくのがポイントです。



食事以外の改善法として、タイではマッサージをする方も多いと思いますが、
その際に少しでもコリが摂れるようなポイントとをいくつかご紹介したいと思います。

肩甲骨回りをマッサージする際に手の肘を折って背中の上に置くようにし、
肩甲骨を浮ださせるようにすると、より深い筋肉部分へのマッサージが可能になります。
d0222641_2123927.jpg

息子に実演してもらいましたが、こんな体勢にして肩甲骨廻りのマッサージをしてもらうと
肩甲骨と背骨のの間の深層部分の筋肉に、触れることができるようになるので効果的です。


首回りは首の後ろ側から咽頭方向に筋肉が斜め前へと向かって走っているので、
その線に沿って自分でもマッサージをすると心地よさが感じられると思います。

肩上の筋肉は空を飛ぶ凧のような形をして首、肩、背中と大きく広く繋がっているので、
肩だけでなく首、肩甲骨、そして背中もマッサージすることも大切です。

また姿勢が前かがみになっていることが多い方は、実は鎖骨回りにもコリがあることも多いもの。
ここをマッサージで緩めることで前かがみの姿勢がなくなり、背中部分のコリの解消にも繋がっていくので、
鎖骨上の筋肉を横に滑らすようにマッサージをしてみて下さい。


現代社会では仕事や主婦の方でもパソコン作業を避けることが出来ず、
上手に付き合っていきたいものです。
1時間に一度は作業を止めて、首や肩を回したり、背中や首を伸ばしたりするストレッチをするだけでも、
コリ具合は少しずつ変わってくると思います。

机に座ったまま簡単にできるストレッチとしては、ギュッと肩に力を入れて縮こまるように上にあげ、
その後、思いっきり力を脱力するように、肩をストンと急に落とす方法です。
これは脳にあえて「肩が凝り固まって、これ以上は危険です」とシグナルを送ることで、
脳が「肩をリラックスさせなくては」と反応し、コリを解消することへ利用したものです。


肩こりや頭痛は本当につらいものですよね、このお話が少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいと思います。


~ 食の魔法でいきいきベジフルビューティフルライフ 8/27放送分 ~
by treasure-bkklife | 2013-10-14 21:50 | 食の魔法でビューティフル~

お月見 @nico Labo 10月号

昨晩のバンコクは雷が激しく鳴り響く大雨で、我が家のワンコもビックリ(@_@;)
今年の9月、そして10月は本当に雨が多いバンコク、タイでは洪水が既に25県に渡っているとのことで
どうしても思い出してしまうのは2年前のような大洪水ですが、今回は大丈夫と専門家は指摘しているよう。
被災地域が一日も早く日常の生活に戻ることを祈るばかりです。


さて、今月のnico Laboが発刊されております。
d0222641_8535580.jpg

今回の特集は、「子供が変わる、そして親も変わる。『成長ものがたり』SAWANの秘密」

今夏、我が家の子供たちもピタック島のキャンプに行かせようかと迷ったのですが
海外で子供たちの成長と言う目的のために行われる、体験型の教育活動です。
「学び、「気づき」「感謝」など様々な体験を通して、子供たちの自立や成長につながる場。
日本に本帰国されたお子さんも、このキャンプに参加するためにバンコクに足を運んでいるようなので
ぜひ興味がある!と言う方は、ぜひこの特集をご覧ください~
 10月号のnico Laboはこちらからもご覧いただけます♪ → 


そして今月の「From Treausre World」では、「お月見」をテーマにコラムを書かせていただきました~
d0222641_21392128.jpg

お月見と言うことで、満月をイメージした黄色の円のテーブルランナーを際立たせるように
秋の収穫物や野草をイメージする、茶のテーブルクロスを敷いてみました。

「お月見は中秋の名月、9月で終わってしまったのでは?」と思われた方も多いと思います。
コラムの中でも紹介させていただきましたが、お月見は中秋の名月の十五夜と、その後に巡る十三夜があり
今年の十五夜は9月19日で終わってしまいましたが、十三夜は10月17日、まさにこれからなのです。

十三夜は十五夜に次いで美しい月だと言われているため、日本では十三夜のお月見を昔から大切にし、
十五夜または十三夜のどちらか一方しか観ないことを「片見月」と呼んで、縁起が悪いとされていたそうです。

そして実は、中秋の名月は必ずしも満月とは限らないそうなのです。
一昨年、昨年、今年は3年連続で満月でしたが、来年以降はしばらく「少し欠けた名月」の年なのだそう。
次に満月と重なるのは8年後、その時はどこで同じ月を見上げていることになるのでしょうか?
d0222641_214020100.jpg

こちらの台には、お月見にはつきもののお団子、そして月餅、うさぎの置物などを並べてみました。
この台は、実はSop Moei Artsの籠なのですが、あまりの美しさに使ってみたい!と思い
息子のBirthday Partyでも使いましたが、同じアクリル板を上に敷いて台にして飾ってました。
普段は物を入れる籠に使うのですが、こんな風に工夫をすればどんなものも台として使うことができますよ♪

お月見団子はバンコクには売っていなかったので、タイの上新粉を使って作りました。
十五にちなんで、一寸五分、約4.5センチの丸いお団子を作ると縁起が良いとされていますが
実はその形も丸とはいえども、ピンポン玉のような真ん丸だと死者の枕元に供える「枕だんご」に通じるので
ほんの少し中央をつぶすそうなのですが、実際にその方がころころ転がらずに飾りやすいこともありました。

またお団子は、十五夜、十三夜でお供えの仕方が違います。
十五夜は15個、一段目は3X3の9個、二段目に2X2の4個、一番上の三段目に2個を盛って
十三夜には13個、一段目は3X3の9個、二段目に2X2の4個を盛って下さいね♪
d0222641_2141456.jpg

こちらもSop Moei Artsのワインホルダーなのですが、これを花瓶替わりにして使ってみました。
今回のお花は秋の野草や、お月見には欠かせないすすきや栗の造花を飾りましたが
生花を入れる場合には、ワインホルダーの中にコップなどを入れても使えますよ♪

こんな風に籠やワインホルダーなども用途を決めてしまわずに、こんな風にしても面白いかも・・・と
いろいろと工夫やアレンジをすることで、手持ちのものが十分に生かせると思います。
d0222641_21413580.jpg

そしてこちらも、Sop Moei Artsの鉛筆やカトラリーを入れておくような入れ物。
上にガラスのお皿を敷いて、その上にお月見団子に見立てたピンポンマムを飾っただけなのですが
テーブルにテーマ性を持たせると、話題や面白みが増すと思います。
d0222641_21421591.jpg

今回のお料理は、由来に沿ってアレンジしてみました!

十五夜は「芋名月」、十三夜は「栗名月」「豆名月」とも呼ばれ、まさにこの時期に収穫を迎えます。
お芋、栗、豆などの収穫物などを供えるのは、物事の結実に対して感謝と祈りを捧げるためなので
その食材をお料理の中にも取り入れて、感謝を味わってもらいたいと思いました。

一番「何だろう、これ?」と気になるのが、この手前真ん中のものではないでしょうか?
これは味噌にくぼみを作って、そこの卵黄を入れて一晩漬けこんだだけですが、つるんと固まるのです。
お味はちょっとチーズのようにも思えて、酒の肴にも合うような一品です。
お味噌の塩加減によってかなお味が変わってくる思うので、漬けこみ時間は加減が必要です。

右上はサトイモの衣かつぎ。これもお月見には欠かせないものです。
周りにはニンジンを紅葉、サツマイモをイチョウにくりぬいて、枝豆と一緒に飾りました。

左上は栗名月から栗ごはんです。
バンコクではなかなか日本のような栗は手に入らないので、真空パックのむいた栗を最後に混ぜ込みました。
バンコクではヤワラートなど天津甘栗なども沢山売られているので、それを使うのももちろんGoodです!

実はこのご飯には思い出があって、最初の駐在地である2000年のジャカルタに赴いた当初、
便利な日本の生活と比較して「こんなところに来るんじゃなかった・・・」と、ホームシックになっていた時に
あるお宅の奥さまがお宅でおもてなしをして下さり、その時にいただいた素晴らしいお料理の一つで
ちょうど日本が恋しくなっていた時だったので、ふっと心が和らいだのを覚えています。

その時に「あれもない、これも違うと言っても仕方がない。何でも工夫して、楽しんで生活しよう」と
海外生活の楽しみ方や、おもてなしの心を教えていただいた一品で、今でもその気持ちは忘れません。



とは言え、やっぱりそこは日本人ですから、日本の秋の味覚はDNAレベルで欲してしまいます(爆)
今日から日本に10日間帰るので、「天高く、馬肥ゆる秋」とまではならないよう、楽しみたいと思います(^^)/
by treasure-bkklife | 2013-10-03 10:21 | 食育・卓育