子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2014年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

私も所属する野菜ソムリエコミュニティーバンコクのブログでは、
メンバーによる「突撃!隣の晩ご飯」ならぬ「野菜ソムリエの晩ご飯」を紹介しているのですが(笑)
今日は私がお当番だったので、そのブログをこちらでもご紹介したいと思います。

みんな素晴らしい夕ご飯を紹介しているし、今年最後、しかもこの企画最後を飾るのは
あの松田聖子と同じ「大トリのポジション」でないかと!(爆)(図々しくてすみません!)
ドキドキな感じですが、我が家の実情満載の「野菜たっぷりの訳あり晩ごはん」を綴ろうと思います♪


野菜ソムリエ協会でベジフルビューティーアドバイザーや、Jr.野菜ソムリエ&食育マイスターを学び
バンコクの海外育児情報誌の「nico Labo」で、毎月「大人も子どもも笑顔になる幸せご飯」と題して
その月のエネルギーを身体に取り込む、家族の日常の晩ご飯レシピを紹介をしています。
d0222641_021978.jpg

これは11月の食卓です。晩秋から冬の季節に嬉しい食材と調理法をご紹介しています。
d0222641_0133619.jpg

12月の食卓には美味しいふっくらした玄米の炊き方と、シンプルなお料理のご紹介です。
d0222641_0151589.jpg

これは間もなく刊行される1月号のテーブル。
ここからますます寒くなる季節、風邪の症状や咳などが出る事もありますよね!
この月は肺の調子を整えてくれる「レンコン」を使ったレシピをご紹介しております。


普段、食のレシピを考えたり、テーブルコーディネートなどを紹介していることから
「毎日のご飯は、どんなものを食べているんだろう??」そんな声をよく聞きます。ドキっ!
上の写真もある日の我が家の夕ご飯のレシピなのですが、毎日こんなセッティングはできません(爆)

毎日の食事にはテーブルクロスやブリッジなどは、洗濯の面倒さなどもあって登場しませんが(笑)
お料理をする時に心がけていることは、以下の3つなんです。

① 野菜を10種類は1回の食事に盛り込む 
  アメリカではミシェルオバマ大統領夫人が先頭になって、子どもの肥満撲滅運動に乗り出し
  学校給食を健康的で栄養価の高いものにするための、ガイドラインを発表しているのですが
  そのメニューに使われている材料は、野菜:穀物:タンパク質=2:1:1の割合なんだそう。
  
  また厚生労働省が、国民が健康に過ごすための指針として出された「健康日本21」でも
  「一日野菜350g、果物200g」を摂取するようにと目標値が定められていることもあり
  我が家も一度の食事に野菜を半分は取り入れるように心がけています。
  
  毎回量を量るのは性格的にもできないし(笑)それがまたプレシャーになるのもイヤだなと。
  そこで一度の食事に10種類程度の野菜を使えば、全体量の半分ぐらいにはなるだろうと。
  野菜が10に行きそうもないときは、最後はお味噌汁などになんでもいれちゃいます(笑)


② 色とりどりの食事になるように食材を選ぶ
  これは上の子どもが乳児検診で、保健婦さんから言われて実行していることです。
  
  目にもカラフルな食材たちは、食欲を誘って「美味しそう〜」と感じてくれるだけでなく
  世界にも誇る和食は「五味・五色・五感・五法」が大事と言われていますが
  この中の五色とは「白、黒、黄、赤、青(緑)」と言われていて
  こんな色合いを料理に意識して使うだけで、栄養バランスが整うと言われています。
  
 
③ 同じ味や調理法が一度の食事で重ならないようにする
  先ほどの「五味」は甘い、塩辛い、酸っぱい、苦い、辛いなど。
  「五法」は焼く,煮る,揚げる,蒸す,生(刺身など)とされていますが、
  揚げ物ばっかりだったり、甘いものだったりすると、やはりどうしても栄養も偏ってしまいます。
  
  また子どもにはいろんな味、料理にも挑戦してもらって、味覚もどんどん経験値を踏んで
  今後どんな国に暮らす事になっても、たくましくしっかりと生きて行けるように(笑)
  少しずつ子どもたちの様子をみながら、いろんな食べ物にチャレンジしてほしいと思っています。


正直、これを全部取り入れるのは、なかなか一度に全部は実行できない日もあるのですが
ちょっと意識してメニューを組み立ててみたり、1日分、そして数日単位をこの枠で見てみると
毎日のご飯がバラエティにも富んで、心と身体にも嬉しいご飯になるかなあと思っています♪



さてさて、うんちくはさておいて(笑)リア充ならぬ、最近の我が家のリアル夕ご飯をピックアップ!

★家に帰ってきたら、即!ご飯にしたい日のメニュー
d0222641_23581137.jpg

具だくさんの野菜スープ
ステーキ 赤黄パプリカ、いんげんのソテー
いろいろキノコのマリネ
なしとぶどうのサラダ パッションフルーツ醤油ドレッシング風味

子どもって、お腹がすいたら「もう待てない!」んですよね〜、これが(苦笑)
このメニューは外から帰ってきたら、シャワーを浴びている間に出来ちゃうメニューなんです。

それと実はこれ、以前ブログでアップしたおもてなしタイ料理の翌日のメニュー。
よくみると、その時のおもてなしに使った材料とかぶっているものがチラホラと(笑)
夕ご飯などのメニューを考える時には、数日間分の予定と材料をイメージして材料の無駄が少ないよう
そして自分が楽ができるように(笑)出来るところまで一緒に準備して時間をやりくりしています。


キノコのマリネは茹でたキノコ類をオリーブオイルやバルサミコ酢などで和えただけですが
マリネ類は食材に味がしみればしみるほど美味しくなるお料理なので、
急がしい日には前日や、早い時間から漬け込んでおくことができるので便利なのです。

野菜スープは早く作れるように野菜を小さく刻んで煮ておいて、家に帰って温めるだけの状態に。
こんな時も冷蔵庫の残り野菜たちを、どんどんお鍋に投入して使い切ってしまいます。

ステーキは1cmぐらいの厚さであれば、ささっと焼いてしまうことができるので意外に便利。
同じフライパンでステーキの脇に切って用意しておいた、野菜も一緒にソテーしてしまいます。

なしとぶどうのサラダも、出かける前に切って冷蔵庫に入れておいただけ。
追熟させたパッションフルーツは、悪くなる前に早く食べきりたかったので、
オリーブオイル、醤油と合わせ、塩コショウとチャチャっと味付けでドレッシングにして完成です♪


★買い物に行けなかった日のメニュー
d0222641_03304.jpg


鮭のムニエル きのこと芽ネギのソース添え
いろいろ野菜の焼き浸し
にんじん、ほうれん草、大根のナムル
里芋と芽ネギのお味噌汁

今日は買い物にいこう!と思っていたにも関わらず、大雨で出かけられなくなった日のメニュー。
こんな時には家に常温で保管できる、根菜類などがとっても大活躍してくれるんですよね。

いろんな野菜の焼き浸しは、常温で長期間保管ができるレンコンやごぼうの根菜やかぼちゃなどから
トマトやカリフラワーなどの冷蔵庫の残り野菜たちを、オーブン(トースター)などで焼きながら
生姜やネギのみじん切りをダシ醤油に入れたものに、熱いうちに漬け込んで味をなじませました。

大根、にんじん、ほうれん草のナムルは、それぞれを同じフライパンで順番に茹でて
塩麹、すりおろしたニンニク、ごま油と混ぜただけですが、簡単ながら美味しいメニューなんです。

お肉や魚などはお値段が安くて大量に買ってしまった時に、少量の塩麹や甘酒を塗っておいたり
ニンニクやオリーブオイルでマリネしたあとに、冷蔵庫や長い時には冷凍庫でストックしています。
こんなものが手持ちにあると急に買い物に行けなくなった時や、時間がない時にもとても便利です♪


★息子が風邪気味だったので、身体を温めるぽかぽかメニュー
d0222641_061359.jpg


参鶏湯
黄ニラと芽ネギ、空芯菜のチヂミ
チャプチェ
大葉春菊にトマトとワカメのサラダ 韓国風ドレッシング風味

今日のメインはなんて言っても参鶏湯!市場で美味しそうな丸鶏を買ってきました。
シンガポールは中医学の医院も街中で見かけることもありますが、まさに「医食同源」の国。
市場のおばちゃんたちも「熱がある時は大麦のジュースを飲むといいよ」などと教えてくれます。
せっかくこんな土地にすんでいるのだから、これを生かさないのはもったいない!

シンガポールやバンコクでも乾物などの食材売り場にいくと、高麗人参やくこのみ、蓮の実などや
「血」とか「気」とか書かれた「身体によさそう!」と言う漢方のパックの食材が売られています。
お鍋には丸鶏と一緒に、きくらげ、白菜、ネギ、そしてもち米と漢方の具材を入れて煮込みましたが
軟骨まで柔らかく、ほろっと身が崩れるまで煮込んだ身体に染み入るような鶏の美味しさと、
鶏や漢方の食材から出た様々なエキスを沢山吸いとった、野菜やもち米が何とも言えないお味に❤
丸ごとの鶏でなくても、手羽先など骨がついた部分の鶏でも美味しく出来上がると思います。

そして、この時期におすすめしたいのは、サラダに使った南国野菜の大葉春菊なんです。
タイもこの時期は毎年見かけますが、シンガポールでは明治屋で見つけて狂喜乱舞!
タイでは「タンオー」と呼ばれますが、シンガポールも中国の潮州から多くの方が移住されていますが
その潮州語がタイ語のこの葉の名前にも由来しているようです。

ちょっとしたほろ苦さと、大きな柔らかな葉魅力のお野菜なのですが、アジアの料理にだけでなく、
ルッコラのようにフェタチーズやオリーブ、パプリカなどと一緒にサラダのようにして
バルサミコやオリーブオイルなどのドレッシングの一緒にいただいても美味しいんです。
大葉春菊はカロテンがほうれん草よりも多く、ビタミンCやカルシウム、そして鉄なども多く含まれ
女性にとっても嬉しい野菜なので、オイルと一緒に摂ることでさらに吸収力が高まりますよ♪

見た事もない、初めての野菜に手を出すのはちょっと勇気がいりますが、ぜひ一度そのまま味見して
その味わいが自分の知っているどんな野菜に似ているか、どんな野菜と同じように使えそうか
そんなところからメニューを考えるとぐっと使える野菜が増えると思うので、ぜひお試しくださいね!


★「朔日冬至」の和食文化を知ろう!のメニュー
d0222641_084986.jpg


カボチャと小豆のいとこ煮
ふろふき大根 
豆腐ステーキ 根菜と醤油麹のきんぴら添え
小豆玄米ご飯
白菜とネギ、きのこのお味噌汁

海外に暮らしていると、日本の素晴らしい文化を素通りして生活してしまうことも多いのが実情。
ましてずっとインターナショナルスクールに通う我が子たちは、歳時記や由来を知らないことも。
学校でも自国の文化を紹介する機会も多いのですが、やはり肌で感じるよう体感してもらいたいと思い
こんな歳時記の時にはいい機会だと捉えて、その由来に則ったお料理を作るようにしています♪

冬至には「運をあげる」と言う意味で、最後に「ん」がつく「南京(ナンキン)」のかぼちゃを始め
「レンコン」「ニンジン」「ダイコン」などを食べるといいと言われるようになったとか。
カボチャや小豆など陽性の食べ物を摂ることでギュッと身体を引き締めて免疫力を高め、
寒い冬を乗り切ると言うこともあるようなんですよ!

最近は麹にハマっていて、麹だけで作る甘酒や麹とお醤油で作った醤油麹なども大活躍。
麹は炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素を分解してくれる、消化酵素を持っているそうなので
腸内環境をよくするためにも、積極的に取り入れているところです。

カボチャと小豆のいとこ煮の甘みには、砂糖でなく甘み付けに甘酒を使いました。
根菜はさっとごま油で炒めて一度火をとめ、余熱で醤油麹を使いきんぴらにして
焼いた豆腐のステーキの上にも、醤油麹に生姜をすりおろしたものを混ぜたタレを乗せてと
自家製の麹食品をどんどん我が家の食卓にも生かそうと、いろいろ試しているところです。


★忙しくてご飯を作る時間が全くない日のメニュー
d0222641_0134516.jpg

超豪華!特製カレー
野菜サラダ
美味しいビール(笑) 以上

「今日は忙しくて、全然ご飯を作る時間なんてないなあ」って時ってありませんか?
子どもたちが小さい時は、サッカーの試合や学校行事に付き添いがあったり、1日家族で出かけたり。
もちろん、そんな時には外食でもいいのだけれど、ちょっと疲れて家に帰ってのんびりしたい、
でも、帰ったらすぐご飯にしたいって時ってありますよね!
そんな時に大活躍してくれるのが、どこのうちでも「カレー」なんじゃないかな?って思うんです。

でも、カレーって本当に手頃で子どもが喜ぶお料理ではあるのだけれど、
サラダをつけても栄養的にはバランスが。。。って、ずっとどこかで思っていたんです。
それがある時、お友達からこの作り方を口頭で教えてもらって、やってみたら「超〜うまい❤」(笑)
それからは忙しい日の予定が前から分かっている時には、このカレーを発動することに!

でも写真を見ると「どこか超豪華!特製カレーじゃ。普通じゃない?」って思うでしょ?
秘密はここにあるのです。。。だって、3日かけて作っているんだもの。うふふ❤
d0222641_0165968.jpg

これは1日目の写真。
お鍋に葉もの野菜や玉ねぎ、ニンニクに生姜やトマトなどを、「これでもか!」という程詰め込んで。
シンガポールもタイも南国野菜はお手軽な値段で手に入るので、こんな時にもとても嬉しい食材!
今回のお鍋の中には空芯菜、カイラン(カナ)、広東菜、青梗菜など
柔らかくて水分がありそうな、南国の葉もの野菜がぎゅーっと入ってます。

できればルクルーゼなど層が厚いお鍋を使って、蓋でしっかり密閉するように蒸し煮にして行きます。
水を加えずに作ると野菜の水分だけで作るとよいのですが、もし焦げ付きそうであるのであれば、
水分などを足して煮込んで下さいませ。圧力鍋だとさらに水分もあまり必要なく調理できますよ♪
d0222641_020584.jpg

これが1日目の煮込んだ後の写真。あんなに一杯のお野菜も、こんなに量が減ってしまうのです。
これをあら熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やすことで、またぐっと野菜の美味しさが引き出されます。
d0222641_0233252.jpg

そして2日目。また別のお野菜を投入。
ここに実はクリスマスパーティで使った赤ピーマンやら、カボチャなども一緒に入れて。
このカレーの一つよいところは「冷蔵庫のお掃除」にもなるのです(笑)
d0222641_0273068.jpg

2日目の煮込んだあとはこんな感じに。これが冷めたらさらに冷蔵庫に入れて放置(笑)
d0222641_0294532.jpg

3日目。これをバーミックスかミキサーなどで撹拌するとこんな感じに。
色味やとろみはすでにカレーのようですよね!

ここに焦げ付かないようにお水や野菜ジュースを足して、カレールーや果物、好きな調味料で味付け。
我が家はここまでを大量に作ってあるので、その日に使う分だけを少し別の鍋に移して
スパイスなどを混ぜたカレー粉を炒めたものなどに、この野菜ピューレを加えていきます。

付け合わせの野菜やお肉はここで合わせますが、このカレー味のピューレを冷凍してしまえば
シーフードや季節の野菜などいろいろと具材を変えて、ヘルシーなカレーをいつでも楽しめるんです。
また、カレーの味をつけていな分の野菜ピューレは、野菜の旨味がぐっと入り込んでいるので
ビーフシチューやパスタ、煮込みなどのソースなどにも使え、いろいろとアレンジが広がりますよ❤



長々と、いろいろ晩ご飯への思いを綴ってきましたが(笑)
他にも毎日の食卓や料理に気を配っていることが、あと4つほどありました。

① 必ずランチョンマットと箸置きを置き、食卓に花を飾って、いつもの食卓も演出する。
② 食事中はイヤな会話をしない、怒らない(笑) みんなで楽しい会話をする。
③ お料理をイライラしながら作らない。楽しい気持ちで家族愛をこめて作る。
④ どうしても作りたくない時は、罪悪感を持たずに割り切って外食、または買ってくる!
  そして「あ〜、美味しかったね❤」と、みんなで楽しんで食べる。


毎日の夕ご飯、「今日はいったい何を作ろうかな〜」と、メニューに悩んてしまったり
「あ〜、今日はご飯作るのめんどくさいなあ」と思うこともあると思います。(私もしょうちゅう!)
そんな時もこんなちょっとしたアイデアと工夫、そして思い切った割り切りで(笑)
毎日のご飯作りが少しでも気持ち的にも楽になり、楽しくできるヒントになれば嬉しく思います❤
by treasure-bkklife | 2014-12-29 01:00 | 野菜ソムリエ
シンガポールもクリスマスの飾り付けで賑やかなこの季節、今年はシンガポールで年越しです。
お友達のワンちゃんをお預かりしていることもあって、毎日賑やかに過ごしています♪


さて、今年のクリスマスも例年通り、我が家は家族とホームパーティをして過ごしました❤
賑やかなことが大好きな私は、独身時代におもてなし料理やお菓子、テーブルコーディネートを学び
その後、最初の駐在地のジャカルタで、外国人ママたちから素敵なおもてなしを受け
ホームパーティの暖かさや、寛ぎの空間での会話の豊かさを学ばせてもらいました。

その後、さらにその経験を生かしたいと、日本に帰っておもてなし料理のプロコースを受けて
先生のアシスタントをしながら人に教えるということを学んだ後、バンコクに赴任することになり
大人に対するおもてなしだけでなく、キッズのホームパーティの機会にも恵まれました。

そしてさらにみんなが嬉しく楽しいおもてなしをしたいと思い、TALK食空間コーディネーターや、
野菜ソムリエ協会のホームパーティスタイリストを学んでいます。


今回のクリスマスも「誰でも簡単に楽しめる!暖かなホームパーティ」の要素をちりばめて
テーブルコーディネートや、お料理のメニューを考えてみました❤
d0222641_2155939.jpg

2014年のクリスマスのテーブルは、「ヨーロッパの片田舎のクリスマス風」(笑)
先日のおもてなしタイ料理の時にも使用した、オリーブの一枚木のボードをメインにしたかったからなのです。

しかし。。。子どもたちからは「えっ?今年はこれだけ???」との声が
バンコクの海外育児情報紙である「nico Labo」でも、日本の歳時記のお料理としつらいや
子どもが楽しい!キッズパーティのテーブルの紹介をしてきました。
私のテーブルと言えば性格と一緒で?「派手、そして大胆!」のイメージがあるそうですが(苦笑)
今年は自分でも苦手な「ラブリー路線❤」のカントリーチック、そして引き算に挑んだわけで(笑)
それが子どもたちからして見ると、「地味」「手抜き」と映ったのかしらん。。。

ここ2年のクリスマスのテーブルをちょっとご紹介♪
d0222641_20574463.jpg

これは、2012年のクリスマス
この時はグリーンとゴールドで、確かにちょっとゴージャス路線(笑)
d0222641_210651.jpg

この年のメインはターキーで。あれ?どこにターキーがいるんだろうと思われましたか?
d0222641_212794.jpg

パイの中にはターキーの胸肉を開き、ミンスミートやくるみ、甘く煮たリンゴなどを入れて
くるっと巻いたあとにパイで包んで焼きました。

以前、クリスマスシーズンに売られる、丸ごとの大きな冷凍のターキーを焼きたいと
冷蔵庫で3日ほど戻した後、5〜6時間かけてオーブンで頑張って焼いたのですが
4人家族であっても多すぎて、クリスマス後もサラダにしたり、パンに挟んだり毎日食べることに。
それからはターキーの胸肉の部分だけのものだと、もっと手軽なお値段で購入もできて量もちょどよく
美味しく頂けることもあって購入しています。

d0222641_20533822.jpg

そしてこちらは、2013年のクリスマス
この時は「燃えるような赤」がメインのテーブルです(笑)

クリスマスカラーは赤、緑、ゴールド、白などがあるのですが、これにも一つずつ意味があるのです。
赤はキリストの流した血、キリストが誕生した時に次々に実をつけたリンゴの実、
緑は常緑樹の葉の色であり、永遠の命や訪れる春への希望
ゴールドはキリストが生まれた時に東方にひときわ輝いたベツレヘムの星
白は聖なる意味、潔白などを表しているのだそうです。
テーブルコーディネートにはこんな行事の由来や、プロトコールを知っておくことも大切ですよね!
d0222641_20541813.jpg

この年のメインはローストビーフにしてみました。
バンコクではThai French Butcheryで、美味しい牛肉が手軽なお値段で手に入ります。
事前にお願いしておくとしっかりとタコ糸などもかけてくれたり、美味しい部分をいただけますよ!


そしてホームパーティの演出は、テーブルの上だけにあらず(笑)
こんな部分も季節に合わせて演出すると、さらにおもてなし気分が盛り上がります!
d0222641_21515670.jpg

お客様をお迎えする玄関には、クリスマスらしい生のもみの木とポインセチアを飾って。
この花、実は近くの市場の花屋さんで購入したもの。
IKEAで購入したクリスタル調のオーナメントと、乾電池で安全なキャンドルを飾りました。
d0222641_2135893.jpg

お客様がいらっしゃる時に結構見落としがちなのが、このサニタリーエリアなのです。
気持ちよく使っていただくためにも前日にキレイに掃除を施して、サニタリー入れなどもチェック。

パーティ当日もお客様がいらっしゃる30分前には、「料理ができてきなくても一度手をとめて」
見落とし勝ちなこのエリアがキレイになっているか、香りのキャンドルをつけたり
他にもテーブル周りは整っているか、そして自分の身なりやお化粧は大丈夫なのか(笑)
(主人のお客様をお迎えした時に、料理に夢中になりこれを忘れた痛い経験あり!)
そんなことをチェックすることも、お客様が気持ちよく過ごしていただくために大切です。
d0222641_21392711.jpg

通年使えそうなリースにはブルーのオーナメントをつけて、イヤープレートと一緒に飾りました。
ロイヤルコペンハーゲンのイヤープレートは、家族全員の生まれ年を揃えた我が家の宝物のです♪

キリスト誕生の話を描いたNativityの置物は、チャトチャックにあるSiam Ceradonでオーダー。
通常は緑のものが多いセラドンですが、このイヤープレートに合わせて青でオーダーでしましたが
毎年これを飾るたびに、バンコクでの思い出を思い出す素敵な1ページになると思います。
d0222641_21555478.jpg

TVの横にはバンコクの駐妻にはおなじみの、木の店Arkのツリーの飾り棚をオーダー。
上の星は差し込み式で、これを外してガラスの棚に季節のものを飾れば、通年オシャレに使えますね❤


さてさて、今年のクリスマスに戻ります。
d0222641_20443186.jpg

一人ずつのテーブルには、セラミックのベルのオーナメントをアクセントに♪
これはタングリンモールにある北欧雑貨のお店で購入しましたが、この時期は特に嬉しい品揃え❤
テーブルクロスのアイロンをかけたり、お皿やカトラリー、グラスやお花などの用意をするのは
前日のうちにやってしまうと当日はお料理に時間をかけられるので、とっても楽なんですよ♪
d0222641_2040244.jpg

オリーブの一枚木の上には、アンティパスト的なお料理が勢揃い。
お料理を全部に全力投球すると、パーティが終わった後は本当に疲れて果ててしまったり
小さいお子さんなどがいるご家庭は、度重なるハプニングで全然準備ができない!!!なんてことも。

ホームパーティをスムーズに進めるためには、お料理のメニュー構成が一番のポイント!
これで70%以上がスムーズにいくかどうか決まると思うので、前日から準備ができるものや、
ちょっとした工夫で簡単にできるもの、買ってきたものをうまく組み合わせてできるもの
こんなレシピをいくつか十八番にしておいて、メニューの中に組み合わせることも大切だと思います。
d0222641_19242567.jpg

牡蠣のコンフィ パセリガーリック風味
オリーブオイルにみじん切りのにんにくと玉ねぎ、塩少々とパセリを入れて、
剥いた牡蠣をお鍋をゆすりながら、弱火で煮込んだもの。
これは前々日ぐらいから作って冷蔵庫で冷やしておいても、美味しくいただけるおつまみです。

キーンと冷やした白ワインに合いそうな、スペインのバルにありそうなお料理ですが、
これはエビでもタコなどの他の魚介類でも美味しく、大人には唐辛子を少し入れるとさらにGood!
d0222641_19222446.jpg

田舎風のパテ
持ち寄りにもピッタリなパテは、前々日ぐらいから作れるのでこれもまたとっても便利。
豚ひき肉と豚レバーに炒めたタマネギや、クリスマスらしくくるみとピスタチオが入っています。
このパテをそのままオシャレにラッピングして、ポットラックにするのもおすすめです!

これはオーブンの天板に水を張って蒸し焼きにしましたが、型に詰めて蒸し器で蒸してもOKです。
オーブン料理と聞くと「難しい。そして面倒」(笑)と思われる方もいらっしゃると思うのですが
(実はオーブンに入れてしまえば他の調理ができるので、とっても楽チンなんですよ♪)
こんな蒸し器でOKなメインにもなるお料理は、知っておくととっても便利だと思います。

今回は1cmの厚さに切って前菜にしましたが、翌日はフランスパンに葉ものと一緒に挟んだり
少し厚めにきってステーキのように焼いていただきましたが、そんな食べ方もおすすめです。
また薄く小さめに切って冷凍しておけば、お弁当のおかずにもとっても便利。
一度作ってしまえばその後はいろいろとアレンジができるので、ご飯作りも楽になって一石四鳥(笑)
d0222641_13471695.jpg

そして我が家の愛娘、ワンコのルナにもママからクリスマスプレゼント❤
上のパテの材料の中から豚ひき肉とレバーだけを使って、アルミホイルの上にクッキー型をおき
中にタネをつめて耐熱容器に入れて、オーブンの天板には水を張って蒸し焼きにしました。

蒸し焼きにしたのでモコモコとなって、何だかトイプードルらしくなりました(笑)
豚肉に豚レバーを切ったものを混ぜただけなんですよ♪
d0222641_20575824.jpg

こちらは我が家にお泊まりしているワンちゃんへのプレゼント。ワンコの手、肉球です(笑)
ホームパーティにはこんな笑いやサプライズも大切な一コマだと思います♪
FBにアップしたところ、離乳食や幼児食にもいいかもというコメントもいただきましたが
お子さんの好きなキャラクターの型に入れて、大人と一緒に蒸し焼きすれば楽しめますね!
d0222641_1920226.jpg

クリスマスカラーのお野菜と、カマンベールディップ
この器は三段式なのですが、テーブルに高さが出ると華やかになります。
そしてパーティの時など、お料理が多くて置くスペースが限られている時にもとても便利なんです。

転居を繰り返す駐在員生活であることから、食器類もたくさんの種類を揃えることができないので
どんなお料理にも映えて使いやすい、白、黒、ガラスと色を自分の心の中で決めて(例外もあり!)
変わった形のものなどは、2、3通りの使い方が出来そうなものだけを購入するようにしています。
d0222641_19182139.jpg

ガラスの器を一つずつばらすと、中には白、赤、緑のお野菜を入れておきました。
カマンベールチーズは真ん中を少しくりぬき、白ワインを入れてオーブントースターで焼いただけ。
お野菜をとろりと溶けたチーズにつけていただきますが、これはワインにもあってとっても美味しい❤
こんなすぐに簡単にできるおつまみが一つあれば、急な来客の時にも便利ですよね!
d0222641_2048057.jpg

アスパラガスのスープ
シンガポールではローカルの市場もとてもキレイで、新鮮なお野菜が沢山手に入ります。
私が毎週のように購入しているのが、シンガポールの市場で見かける太い大きいアスパラガス。
これが本当に美味しくて、茹でたり焼いたりして毎週必ず買ってしまいます。

今年はこのグリーンを生かして、スープにしようと決めていました。
素材を生かして贅沢にたっぷりアスパラガスを使い、薄味に仕上げて冷蔵庫で冷やしておきましたが
こんな冷製のスープも早い時間から作る事ができるので、メニュー構成にも便利です。
d0222641_18585570.jpg

ヨーロッパの片田舎のクリスマスということで、器には野菜をそのまま使ってみることに。
こんなサプライズ、いや笑いか? みんなが「うわ〜っ!」と思うような仕掛けも演出の一つです。
d0222641_194437.jpg

リゾーニと言うお米のような形のパスタに、ドライトマトと赤パプリカを小さく刻み、
バジルや松の実で作ったペストソースで和えてサラダにし、くりぬいた赤パプリカの器につめました。
これも前日にパプリカなどは切ってタッパなどに入れて冷蔵庫へ。
ベストソースやドライトマトは購入したものを和えただけでもOKなので、とても簡単なメニューです。
d0222641_1961982.jpg

ポルチーニのリゾット
お友達がイタリアのお土産にくれた、美味しいパルミジャーノのチーズと乾燥のポルチーニ。
これをクリスマスには美味しいリゾットにしようと思っていました!

クリスマス風ということで、緑の皮をいかして市場でみつけた小さいかぼちゃにつめました。
カボチャも一度蒸してあるので、一緒にいただくことが出来るんです。
贅沢に沢山のポルチーニを使って仕上げた玄米のリゾットは、その戻し汁も残さず使いましたが
チーズとポルチーニの素材がよいおかげでとても美味しかったです❤
d0222641_19131358.jpg

今回のメインはローストチキン クリスマスには久々の登場です♪
いつもはがらんどうのお腹の中には、ピラフのようなご飯や栗は木の実を詰めたりもするのですが、
今回はメニューにリゾットやパスタサラダもあるので、中にはレモンをつめて焼きあげました。

鶏は臭みがあることもあるので、下処理の時に酢水にしばらくつけておくとよいようです。
今年のチキンは「Kampong Chicken」という、ジャカルタ時代にもよく購入したチキンですが
フリーレンジで飼育されているので、ブロイラーとは違って小さめでお肉が締まっています。
d0222641_19143573.jpg

〆のデザートは、たらふくお酒を飲んでしまった主人(笑)にも食べやすく、
もうティーンエイジャーになって、甘いものをあまり食べたがらなくなってしまった息子のために
バニラアイスクリーム(贅沢にMOVENPICK!(笑))に、クリスマスプディングをちぎって混ぜ込み
クリスマスらしく氷の結晶の形に固めて抜き出し、ジンジャーマンクッキーを一緒に飾りました。

紅茶もシンガポール名物であるブランドのTWGの、「RED CHRISTMAS TEA」のとてもよい香りで
クリスマスの幸せな気分にさせてくれました❤



ホームパーティスタイリストの講座で、ハッと気がついたことの一つは「コストを考えること」
美味しく豪華な食材や目新しい輸入品の食材など、やっぱりおもてなし料理に使いたいですよね♪
ただそれが積み重なると、おもてなしの度にすごい散財。。。なんてことも。
気軽にホームパーティを開くためにも、しっかりここは考えないといけない部分ですよね♪


そしてお客様によって、どんなメニューやセッティングが好まれるのかも大事なことと学びました。
これは私の10年前の失敗談なのですが、お客様にきちんとおもてなしをしたいと思い、
赤ちゃん連れのお茶会の時に、ヘレンドのティーカップでママたちにおもてなしをしました。

その時に気がついたのは、ママたちがとっても緊張してお茶を飲んでいる姿!
抱っこすることもある赤ちゃんが、万が一、カップを手に触れて落として割ってしまったら。。。
そんな風に思っているのが伝わってきて、「あ〜、しまった!」と。

それからはその方が一番寛いで楽しんでもらえるように、お料理やテーブルも心がけています。
年配の方には食べやすく小さな一口サイズでおだししたり、洋食でも箸を添えたり
海外に単身赴任でいらしている方には、外食ではなかなかいただけない家庭料理をお出ししたり
新しく海外に赴任してきた方には、その土地のお料理を食べやすくアレンジして紹介したり
外国人の方には宗教上問題がある食材がないか、食べることがあまりない苦手な食材がないか
お子さんにはテーブルに割れるものやケガをするものやがないか、アレルギーがある食材はないかなど
みんなが楽しく一緒の空間を囲めるよう、そんな想像しながらメニューやテーブルを組み立てます。


今までいろんな形のホームパーティを開き、またお邪魔させていただく機会に恵まれましたが
パーティの一番のごちそうは「みんなが楽しく一緒に過ごせる時間」なのかなと感じています。
頑張りすぎてホストが疲れてしまうよりも、買ってきたもの盛りつけるだけでもいいのです!
ぜひ、もっと気軽にホームパーティを開いてみませんか?
by treasure-bkklife | 2014-12-27 21:53 | ホームパーティ
今日はクリスマスイブ、ステキな夜を過ごされている方も多いと思います❤
我が家のサンタさんは明日、自宅に帰ってくるらしいので(笑)お祝いは明日という事で
今日は前日から用意できるお料理を、少しずつ準備しているところです♪

今日はクリスマスの準備のために、材料の買いだしなどに出かけましたが、
市場でもタクシーでも、デパートでも「メリークリスマス!今日はおまけするよ〜」なんて声が♪
強い口調もあるだろうけれど、何となく「つっけんどんに見えてしまう」シンガポール人。
そんなことを思いながら「あっ、これってまさに私の勝手な思い込みだ!」なんて思ったりして。
実際、中に入って暮らしてみると、とても暖かい人たちなんだなあって思うこともいっぱいです。
海外にいるとついつい、「あの国の人は〜」なんて一般化しちゃうこともあるんですよね。。。


今日はそんな自分の「思い込み」でもある、「信念体系」についてのコラムをご紹介します♪
d0222641_20184827.jpg

「思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。
言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。
行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。
習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。
性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから」
これはマザーテレサの名言です。

私たちは無意識のうちに考え、そして言葉を使っています。
人はみな信念体系(脳の取扱説明書とも言われるNLPでは内部表象と言います)で、
それぞれ違った自分のフィルターを持っています。

このフィルターは過去の経験、親や学校からの教え、価値観などからも作られ、
出来事をこのフィルターを通して削除、歪曲、一般化して解釈しています。
そのため人それぞれ発言や行動が違い、未来や運命が違ってくるのです。
それは人間関係、コミュニケーションにも大きく影響を及ぼします。


ある2つの王国がありました。ある国のルールは「愛するからこそ全てを話す」
もう一つの国のルールは「愛するからこそ全てを話さない」
この2つの国の男女が出会って恋をし、「約束を守らなかった」と言う出来事が起きました。

「どうして理由を話してくれないの?私を愛しているなら話してくれるはずじゃないの!」
「愛しているからこそ君を傷つけたくない。だから話したくないんだ」
「やっぱり私のことを愛していないのね」と、まるで昼ドラみたいな展開ですが(笑)
 私たちもこんな風に自分のフィルターを通して事実を解釈し、
言葉にして行動しているのですれ違いが起きてしまうのです。


物事を見る時に大切なのは、それが「事実」なのか「解釈」なのかと言うことです。
例えばご主人に対して「土日もゴルフなんて、家族のことを思っていないんだわ」と思うとします。
これはご自身の解釈で、事実は「土日にゴルフに行く」と言うことだけ。
しかも彼の国のルールでは「体は疲れて辛いけど、ゴルフに行って成約をとることで
家族の幸せに繋がる」なのかも知れないのです。

反抗期や思春期など、全く言うことを聞かない子供に手を焼くこともありますが、
その子の国のルールがあるかもしれないんですよね。


事実を見つめて相手の解釈や立場に寄り添うことで、見える世界は変わります。
もし誰かとすれ違ったら一度立ち止まって考えてみて。
「彼(彼女)の国のルールは何だろう?」


愛情あふれる家庭を築くためにも、もっと自分と相手の思考、言葉を意識してみませんか?



先週、終わってしまったドラマの「今日は会社休みます」
もう久しぶりに胸がキュンキュンしながら、ドラマを見て疑似恋愛を楽しんでおりました❤

今となってはこの男女の切ないお互いの思い込みによる、「どうなっちゃうの〜」と言うすれ違いすら
もう手の届くことのない、キラキラした人生のエッセンスに思えてしまうのですが(爆)
綾瀬はるかさんが演じる主人公である「こじらせ女子」の信念体系が、思考や言葉、行動や性格に現れ
2人の行く先が二転三転して、まるで自分のようにドキドキしながら見守りました。

お互い気持ちはあるにも関わらず、「相手を思うがゆえに」互いの思い込みですれ違い
相手役の福士颯太さんも「ちゃんと彼女を見ているのか?」と、恋愛の達人役の玉木宏さんに指摘され
自分の思い込みで相手を見ていたことに気づくシーンもありました。
ドラマの中だけでなく、私たちもパートナーや家族に対して同じようなことってよくありますよね。。

最後にはお互いの事実やルールを見つめ合い、ハッピーエンドに終わってよかったとホッとしつつも
ステキな王子様2人が今週から見れないと思うと、今は「我が青春、これにて終了」と言う気分(笑)
 *「こじらせ女子」って何?と思われる方は、こちらへどうぞ♪ → (日テレHPより)


な〜んてことを書いておきながら、私もやってしまう「勝手な思い込み」による歪曲(苦笑)
冬休みで毎日ゴロゴロ過ごす子どもたちに言いました、「もう、いい加減、◯◯をしなさい!!」と。
やったかどうかちゃんと確認をすることもせずに、「また、やっていないに違いない。。。」
そんな勝手に決めつけてしまった私に「はあ〜ん?」なんて冷たいお返事が返ってきましたが(汗)

他にも2歳からインター育ちの子どもたちの振る舞いに対して、「日本人として、〜すべき」と。
のびのびとしたところや、自分や他人の個性を大切にし、意見を主張することがよいと思いながらも
自分がこれまで培ってきた価値観と照らし合わせ「それは違う!」なんてジャッジしてしまうことも。

そして主人とも「そんなの、聞いてないよ〜」と言う、お互いのスケジュールの話がありました。
「もう、勝手に一人で何でも決めちゃうんだから。。。」とムッとしたところだったのですが
よく聞くとどうやらその話については伝えていたとか。ほんとかな?(ってまだ言ってる(笑))
人はその信念体系で、脳が勝手に拾った情報を削除してしまうこともあるのです。
きっと過去の経験から「私に関係ない話」と思いこみ、流してしまったのかもしれません(汗)

こんなことが積もり積もると「ママはどうせ、ちゃんと見て(聞いて)くれないんだから」
もう何も言うのはやめよう、何かをするのはやめようと思ってしまうようになるんですよね。
まっ、どちらにしても胸がキュンキュンするような、甘いお話にはならないんですけどね〜(苦笑)


自分の解釈でジャッジせず、相手のルールや事実を見る事って、よりよい関係に本当に大切なこと。
シンガポールで初めての聖なる夜に、もう一度心に刻もうと思います♪


Have a lovely Holiday ステキなイブを❤


さて、質問です。
「あなたにとって誰にも譲れない、自分のルールはなんですか?」
by treasure-bkklife | 2014-12-24 22:02
昨日は19年に一度、新月と冬至が重なる「朔日冬至」。
19年周期のスタートラインになるとも言われる日といろんな記事でも読みましたが
新月と、一年の中で一番太陽の光が暗い新月のような冬至が重なるのは、
本当に大きなスタートであり、実はここから3ヶ月の過ごし方が大事だとか!!!

今までの人生を振り返ってみて、今までやり残してしまったこと、
これからの19年間で絶対にやり遂げたいこと、自分の生きる使命について考えるときだそうです。
そしてその撒いた種をしっかりと温めて、3月の春分頃に世に出るために最高の形で芽吹くよう
今の時期を大切に過ごすことは、今後の19年間に向けて大切なことだそうですよ♪


また冬至は1年を振り返るとともに、新年に向けて心機一転するときだそうで、
運をあげる、最後に「ん」がつく「南京」(かぼちゃ)を始め、
「レンコン」「ニンジン」「ダイコン」などを食べるといいのだとか。
また、カボチャや小豆など陽性の食べ物を摂ることで免疫力を高め、寒い冬を乗り切ると言う説も。

これらの根菜類、乾物に豆類は、この時期の陽のエネルギーに満ちあふれた宇宙のエネルギーと同じで
同じ振動を持つ食材をいただくことで、私たちの夢やなりたい自分へとバックアップしてくれます。
我が家もここから19年間の夢と健康も願って、カボチャと小豆のいとこ煮、ふろふき大根に
根菜のきんぴらなどをいただきましたが、冬の滋味が一杯の夕ご飯になりました♪


さて、今年も気がつけばあと10日あまりとなってしまいましたが、
12月ももうすぐ終わりという事で、こちらのブログをアップしていきたいと思います。
d0222641_22505652.jpg

バンコクの海外育児情報紙、nico Laboでご紹介した12月のテーブルです♪
 *玄米ご飯のレシピなどは、nico Labo12月号「From Treasure World」でご確認くださいませ。
  こちらからご覧いただけます→ 


今回から毎月、私がドリームナビゲーターの講座などでも勉強した
その時期のエネルギーをしっかり取り込んで、心にも身体にも嬉しい食材や調理法を使いながら
「大人も子どもも笑顔になる幸せご飯」のレシピを紹介していきたいと思っています。

こちらのFrom Treasure Worldのコラムでは、今まで2年間に渡ってお伝えしてきた、
日本の歳時記やキッズパーティなど、ハレの日のテーブルコーディネートやお料理とは違い
普通の日のごはんに役立つレシピや、その季節のちょっとしたテーブルなど
すぐにでも食卓に活かせるような、アイデアをお伝えしていきたいと思っています。

そして私も経験があるのですが、幼児食や離乳食を別々に作るのってなかなか大変ですよね!
そんなアレンジ法なども紙面やブログ(紙面では字数の関係で書ききれないこともあるので)で
綴っていきたいと思ってますので、お役に立てると嬉しいです❤
d0222641_22574265.jpg

我が家は玄米100%のご飯をいただいていますが、もちもちした食感が美味しいご飯です♪
おにぎりも白米と同じく簡単に崩れず握れるし、子どもや主人からも苦情なしです(笑)
玄米は噛めば噛むほど甘みがでて美味しいので、ぜひ味わっていただきたいなあと思います。


そして他のメニューについて、ざっとご紹介。
ここに登場するメニューは、秋から冬、そして満月から新月の時期に食べるとよいとされています。
d0222641_22593999.jpg

これは白身魚の煮付け。大人には生姜を効かせて臭みを消しました。
一緒に茹でたインゲンをさっと煮汁に絡ませましたが、和食の盛りつけは添え物は手前になるんです。

宇宙のリズム的には冬や下弦の月から新月に向かう時、白身魚を食べるのもよいとされています。
お子さんが嫌いな食べ物がある時には、こんな宇宙のリズムと一緒のエネルギー時に食べてみると
意外に嫌いな物だったものがすんなり食べられたりするんだそうです!
「お魚はあんまり好きじゃない。。。」というお子さんも多いと思うので、一度試して見て下さいね♪
d0222641_2334158.jpg

トマトの塩麹和えは湯剝きしたトマトを塩麹で和えたもの。
塩はぐっと身体を引き締める陽性のエネルギーを持ち、これは秋から冬と同じエネルギー。
塩麹につけることで、トマトの甘さがぐっと引き出せますよ♪
d0222641_2312265.jpg

ほうれん草のお浸し 時間を長くとって水分を含ませるのもこの時期にはよい調理法。
さっと茹でたほうれん草は、薄いダシ醤油につけこんで味をなじませました。
今回はほうれん草を使いましたが、この時期のエネルギーを持つ水菜や白菜などもよいと思います。
d0222641_2383953.jpg

切り干し大根
冬の時期は乾物などがよいので、こんな切り干し大根や干し椎茸なども取り入れたいもの。
d0222641_2315274.jpg

長芋のお味噌汁
長芋や自然薯などの下に育つ野菜、根菜類も、冬のエネルギーを持つ食材なのでおすすめです。


そして離乳食や、風邪など体調を崩しているとき、そしてダイエットにも嬉しいのがこちら。
d0222641_2317561.jpg

玄米クリーム お粥状に炊いた玄米をこしてクリームにしたものですが
疲れた腸を癒しデトックスし、玄米の栄養とエネルギーを無理なく吸収できるので
離乳食や病気でカラダが弱った時に食するものとして作られた物ですが、
腸をキレイにしてデトックスしたい時にもオススメのものなんです。

いつもの食事をこの玄米クリームに代えることで、食べ過ぎている腸を休ませる時間ができるので
この冬のイベント、忘年会や新年会が多いシーズンにもおすすめなのです。

赤ちゃんがお粥の前にもいただく「重湯」これもこの上澄みをあげるとよいと言われています。
残りのお粥をママが食べることで、ママのおっぱいから離乳食と同じ味を感じることで
赤ちゃんも心から安心して、重湯やお粥をいただけると言われています。

玄米クリームの緑の方は、大人のおかずの中からほうれん草をすりつぶして加えてみました。
こんな風にとりわけを上手に使って、ママの愛情をしっかり赤ちゃんにも伝えてあげてくださいね♪
by treasure-bkklife | 2014-12-23 00:22 | 食育・卓育
今年の9月からバンコクの最新情報を綴るフリーペーパーのWOMにて
「家族の心と身体を癒す」ファミリーセラピストとして、家族のあり方や幸せについて綴る
「輝け自分!ハッピーライフコーチング」と題したコラムを書かせていただいております。

「ファミリー」がテーマと言う事は、我が家のプライベートが「ダダ漏れ」になっておりまして(笑)
我が身を切ってネタにする「芸人魂」を感じて、楽しんで読んでもらえればと思っています❤


そこでバンコクにお住まいの方以外からも「ぜひ読んでみたい!」と嬉しい声をいただいたので
こちらのブログにも、ひと月遅れで綴っていこうと思います❤
d0222641_237378.jpg

「ご主人様が異国の地で仕事に専念できるよう、家庭をしっかり守るのが駐妻の仕事」
こんなことを聞いたことはありませんか?

私もこの呪文(笑)に従って「家や子供のことは私が全部やるから、あなたは仕事を頑張って!」
なんて、デキる駐妻(笑)をやってきました。
でも本当はどこかで「もう、こんなの無理」と思うこともあったんです。
それでも長年続けてしまうと今さらそんなことも言い出せず、そして思ってしまうのです
「私が望んでいた家庭、主人との関係ってこんなだったっけ?」と。


人には次の6大欲求があると言われています。
①安定したいという欲求 
②変化がほしいという欲求 
③愛されたい、誰かとつながりを持ちたいという欲求 
④何かに貢献したいという欲求 
⑤成長したいという欲求 
⑥価値ある存在でありたい、自分は特別でありたいという欲求
その中でも特に女性は③の愛されたい欲求、男性は④の何かに貢献したいという欲求が強いそうです。


私は主人に「(私を愛しているなら)自ら家事や育児もやってくれるはず」と
「愛されたい欲求」を満たそうとするのですが、
素直な気持ちを見せていないので、当然思うような展開にはなりません。

それが度重なると誓うのです「ダンナには期待しない、諦めよう」と。
それでも心はメラメラ、イライラ!
ついつい「ワタシはやることやってます!」的な強い態度や、
「あなたは何もやってないじゃないの」と言う気持ちから、
発せられた言葉は口調もこれまたキツい(苦笑)


そんな時、私が放っているメッセージは「あなたがいなくてもこの家は回るのよ」ですよね。
そしてお決まりの「俺だって、家族のために頑張ってるんだ!」と言う展開に!
これは男性の「何かに貢献したい、そして価値ある存在でありたいと」いう欲求を
奪っているんですよね。
本当は妻側に「助けて欲しい。もっと私をみて」という気持ちが根っこにあるにも関わらずです。


最近、新天地での生活の立ち上げがあまりに大変で、主人が大変な状況にも関わらず、
「もうダメ、できない!」とSOSを発動。
そうすると「俺がやるから」と自ら動いてくれたのです!しかも何だかちょっと嬉しそう(笑)

迷惑をかけてはいけないと思ってきたことが「あなたは頼る価値がない人」と
伝わっていたのかと反省し、自分も受け入れてもらったと感じられ暖かな気持ちに。
本当は「家をしっかり守る素晴らしい奥さん」と周りからも認められたい、
そんな自分もどこかにいたと思うんですよね。


縁あって結ばれたパートナーは、長い年月を通して切磋琢磨しながら成長を共にしていく相手。
もっと素直な自分になって、お互いの存在を大切にしてみませんか?



このコラムが掲載されているWOMが配布された当日、「これは、我が家のことですか?」と
早速、バンコクの友達からLINEが飛んで来ました(笑)
「いやいや、我が家のことだってば〜」コラムにもちゃんと書いてあるじゃない!と(笑)
まっ、それだけ、「心あたりアリ」とドキッとした方も、多かったのでは?と思います。


このコラムを書いている時に口ずさんでいた歌が、竹内まりやの「家に帰ろう〜My Sweet Home 〜」
年齢がバレてしまいそうですが(笑)竹内まりやの曲はどれも大好きで何度も聞いた曲ばかり。
20代の独身の時にこの曲を聞いた時よりも、この歳まで主人と山あり谷ありで歩いてきたからこそ
改めて聞いてみるとこの曲の歌詞が心に響いて、その歌詞一つ一つの重みが分かるような気がします。

いつしか一緒にいることが当たり前になってしまい、感謝の気持ちが薄れることもあるパートナーとの関係は
(本当は当たり前ではないのだけれど、残念ながらそう思ってしまいがちなんですよね。。。)
時には「冷蔵庫の中で凍りかけた愛状態」になってしまうこともあるのかなあと。(苦笑)
それでも一番自分、お互いを知っている誰よりも大切な人だから、素直になって温めなおしましょうという事で
いつまでも家族が「家に帰ろう」と思う、暖かな家庭を築きたいですよね❤


これからの季節、クリスマスにニューイヤーと、一年で一番イベントが続くステキな季節。
久しぶりに昔の自分を思い出し、ご主人やパートナーに素直になってみませんか?



さて、質問です。
「結婚した(する)時に思い描いた、家庭の中の自分はどんな妻でしたか?」

by treasure-bkklife | 2014-12-18 23:00 | My Daily Life
ただ今2月に行う臨床色彩心理療法、コミュニケーション色彩心理学「CUBIC」の勉強で
お友達にモニターをお願いして、カウンセリング実践の日々を送っています。
d0222641_19315393.jpg

クライアント自身が潜在意識と繋がる左手で、選らんだクーピーペンシルで塗った色や
選んだキューブの色から、現在の情動や未来の目標を見つめることでカウンセリングをしていきます。
色ってほんとに不思議なもので、自分の気になる色が今の心理状態を如実に表してくれるのです。
 ★ CUBICについては、こちらのブログからどうぞ♪ 


ちなみにこの色は私が塗ったものですが、緑が多いですよね?
これは緑は「自然体、安心感、平和的」そして「休息願望」なんて意味もあったりしますが
配置した場所にも意味があり、今の私は「現在、無理をせずにお休み中」ってことなのです(笑)
最近、なぜかこの色が気になる!なんてことがあったとしたら、心からのメッセージかもしれません。
その色を身の回りにおいたりすることで、自分を自然とバックアップしてくれる効果があるのです。

さらにもう一つ資格を取ったソウルカラーセラピーは、色彩科学や東洋理論を元に生年月日から、
その日の波長に合う色と数字を調べ、自分や周りの大切な人の生まれ持った様々な才能や
個性の癖などを導き出すもので、自分のエネルギーを表すソウルカラーが主人、娘、私とも「緑」
我が家は家に緑があることは、家族が生まれ持った資質を生かすためにも大切なことのです。
d0222641_9292657.jpg

このソウルカラーセラピーは、自分の資質や才能が分かるだけでなく、
相手との関係などもみることができるので、ご主人様との関わり方も理解することができるのです。

子育てで「どうしてこの子のことは、理解できないんだろう」「この子は育てづらい」
そんなことを思ってしまうこともあると思いますが、それにもちゃんと意味があります。
そのお子さんと自分の関係性や資質を知る事で、相手を理解することができるので
「子育てがちょっと楽になりました」そんなことを言ってくれる方も多いんですよ♪


私が物件探しをしていた時に、身体に感じたシンガポールの気、エネルギー値がとても高いので、
それを癒して中和するためにも緑の多い地区に住みたいと、少し外れたエリアを選びました。
やっぱりそれでもバンコクと違った早い時間の流れに、心身ともに疲れることも。。。

我が家には小さな中庭があるのですが、実はその植物がかなり枯れてしまいました。
これも私たちが新しい生活で疲弊して、そのエネルギーを代わりに吸ってくれたのだと思います。
自然の中に出かけてマイナスイオンを浴びて、心身ともにリフレッシュすることもできますが
家にある花や木々たちも、住んでいる人の気を吸って循環させてくれるのでとても大事だそうです。

そこで、新年を前にして新たな気持ちで生活を始めようと、まずは中庭の大掃除を(笑)
「ありがとう❤」と枯れた葉は抜き取って新しい芽をいかし、さら癒しの空間を作り上げようと
木や花を買うならこちらのエリアというところへ、主人と一緒に言ってきました。
d0222641_2091020.jpg

このエリア一面がずっと植物を販売している、Thomson Roadです。
d0222641_19515235.jpg

私たちはバスに乗ってこちらにきましたが、Mediacorpのバス停で降りると目の前です。
d0222641_2020416.jpg

バス停を降りると一番初めに目に飛び込んでいきたのがFar East Floraでございます♪
この辺りでも一番大きなお店のようです。
d0222641_20234787.jpg

クリスマスシーズンともあって、ポインセチアの植木鉢が一杯!
ホールセール用ということもあるのか、1鉢より5鉢の方が安いなどとお値段も変わります。
d0222641_2033375.jpg

こちらには室内においてもステキな、観賞植物が沢山ありました。


そしてお隣にはこんなお店が。
d0222641_2036537.jpg

Fresh Flower by FEOでございます♪
d0222641_2043895.jpg

この門をくぐって右手のコーナーが、アートフラワーが沢山おいてありました。
d0222641_20454512.jpg

季節柄かツリーのオーナメントなどもたくさん。
d0222641_20475163.jpg

ショーウィンドーのディスプレイに飾られるような、クリスマスグッズも様々でした。

さらにどんどん右手に進んでいって、後で紹介する一軒抜かし、小さな道路を渡った向こうは
d0222641_2050121.jpg

Goodwood Floristでございます♪
d0222641_20521351.jpg

ここには本当に大きな生のクリスマスツリーがいっぱい並んでいて、ほのかないい香りがしました。
大きさも値段もピンキリでしたが、大きなものだと800S$(72,000円)を越えるようなものまで!
d0222641_20411614.jpg

こちらは鉢植えの花がいっぱいで、どれも連れてかえりたくて迷ってしまいます。
こんなステキな色合いのカラーの花も見かけました。
d0222641_20451147.jpg

ハンギングできるような花も。あ〜どれも欲しくなって困ってしまいます(笑)
d0222641_20541185.jpg

こちらのお店も、室内用の観葉植物も多いように思われました。
d0222641_2110383.jpg

すでに出来上がったブーケなどが、専用の冷蔵庫の中に入っておりました。
ウエディングらしくシンガポーリアンがオーダーしているのも見かけましたよ❤


そして私が一番キャーキャーと盛り上がったのが、一番右手最後にあったこちらのお店です。
d0222641_21131443.jpg

Candy Floricultureでございます♪
d0222641_21184090.jpg

ガーデニングにもよさそうな、花々や飾り物も沢山並んでいます。
ここには天使の置物がとっても多かったような気が。
d0222641_21255015.jpg

先にどんどん進んでいると、右手に一つの小屋がありましたが、
中をのぞいてみるとそれはもう、美しく、そして高い(笑)胡蝶蘭の数々が!!!
一緒に出くわしたフランス人マダムと「美しいね〜❤」と盛り上がったのは言うまでもありません。

さらに奥に進み、右手にオーナメントなどを見ながら歩いていくと
d0222641_21341112.jpg

こんな入り口を見つけてしまい、巨大な冷蔵庫の中に入ってみることに❤

そこにはすごい世界が待っておりました!と、興奮するのは私だけかもしれませんが(笑)
d0222641_21365638.jpg

私の大好きな芍薬の花!結婚式のブーケに使いたいと思ったほどだったのです❤
シンガポールでもいろんな種類の花がお花屋さんで見られないのですが、ここの品揃えは半端ない!
d0222641_21402925.jpg

アジサイの彩りも美しく。様々な色のアジサイに出会うことができるんです。
d0222641_21512316.jpg

これは五月の節句の時期に使いたい菖蒲の花が。
毎回、nico Laboの撮影のテーブルコーディネートの写真の花に困っていたので
これだけ様々な花が揃うとは、まさに狂喜乱舞の世界(笑)
d0222641_2211269.jpg

美しい花たちに癒されて、うっとりしながら写真撮影は続きます❤
d0222641_20223255.jpg

どこを見ても美しく。無造作に置かれている花々なのに、花を見るだけで心が豊かになります。
d0222641_2253185.jpg

もちろん定番のバラなども、しっかりと鎮座しておりました。
次の撮影から花はここで買おうっ!と思いながら、寒い冷蔵庫の世界から脱出してきました(笑)
d0222641_23224236.jpg

そして外には生のクリスマスツリーだけでなく、生のクリスマスリースも。
クリスマスまではもうすぐですが、ぜひ気になる方は今のうちにお出かけを〜❤


さて、当初の目的は中庭を癒しの空間にしたいということなので、
私たちは外においてもよいような植物が一番おいてあった、先ほど飛ばしたお店に戻ることに。
d0222641_2329141.jpg

Hawaii Landscapeでございます♪
d0222641_2332888.jpg

色とりどりのブーゲンビリアが咲き誇って、とってもキレイ❤
d0222641_23391378.jpg

やはりハワイにきたような、伸びやかな気持ちにさせてくれるお店です。
暖かな南国を思わせる、広々とした敷地が続きます。
d0222641_23432885.jpg

中庭でお料理にも使えるハーブを育てるのが夢でもありますが
こちらのお店にはいろんな種類のハーブの鉢植えがありました。
雨季が終わったらこんなハーブの鉢植えを買ってみたいなあと思っています。
d0222641_23463093.jpg

私の大好きな花のプリメリア、オーストラリアではフランパウニと呼ばれるそうですよ。

そして、我が家が今回購入したのはこちら♪
d0222641_062434.jpg

背はまだまだとっても低いのだけれど、左は大好きなプリメリア。
バンコクでもシンガポールでも、沢山のプリメリアを見かけることができますよね♪

プルメリアはジャカルタ時代、駐在当初辛かった時に、何度もこの花に慰められました。
子どもたちが歩けるようになってからは、庭で毎日この花を一緒に拾った暖かい思い出の詰まった花。
バンコクでも娘はこの花を見つけては、「ママが大好きな花」とポッケに入れて持ってきたっけ(笑)

そして右の紫色が美しい、ブーゲンビリアは子どもたちが6年半、
楽しく充実して過ごしたバンコクの学校で、歩道橋に美しく咲き誇っていた思い出の花でもあり、
私の中でのシンガポールの花のイメージは、チャンギー空港に降り立ってタクシーで街中に向かう時
次に次に目に飛び込んでくる、このブーゲンビリアのイメージなのです。
これからのシンガポール生活もバンコクと同じように楽しく過ごせるようにと思いを込めました。
d0222641_094472.jpg

もう一つ、購入したのはタイのジャスミン。小さな可憐な花を沢山咲かせてくれます。
バンコクで最後の家の玄関先に咲いていた、これも幸せな思い出が沢山つまっています。

こちらのお店は500S$以上を購入するとデリバリーチャージは無料なのですが
それ以下の場合はデリバリーをしてもらうのに、35S$がかかります。
どちらのお店もデリバリーができ、またネットからも購入することができるところもあるようです♪


翌々日、デリバリーをお願いしたお花たちがお嫁にやって参りました!
d0222641_2356108.jpg

小さなスペースではありますが、我が家の癒しの空間です❤
ここでゆっくりワンコとお茶を飲んだり、本を読んだりして過ごすのもいいかな〜♪
ジャングルにならない程度に(笑)少しずつ植木を増やしていきたいと思います。


そうそう、シンガポールでは突然、蚊の卵や幼虫などがないかどうかを家に抜き打ちで調査に来ます!
ペストコントロールも盛んにされていますが、このチェックもデング対策の一つでもあるんですよね。

蚊を発生させるような水があるところ、特に植木の受け皿などをチェックするので要注意なのです。
万が一、そこで卵や幼虫が確認されてしまったら、「Fine」罰金なんですよね。。。
なので我が家は植木鉢の下に水がたまらないよう、受け皿はおかないことにしました。


自然の緑は私たちの生活に潤いや癒しも与えてくれるのですが、植物はやっぱり難しい。。。
そんなこともあると思うのですが、クッションや小物などで家に緑をプラスすることも可能です♪

私はシンガポールに来る時に、カラーの師匠である重本史子さんに緑のファブリックボードをお願いしました。
d0222641_98299.jpg

このダイニングのファブリックボードはマリメッコのもの。
あっ、決してヤワラーのものではありませんよ(笑)
重本さんが北欧で買い求めたステキなファブリックの数々を、こんなボードにして下さったのです。

今は黒のアイアンにクリスマスのオーナメントをハンギングしていますが、
ここも季節によって吊るす物を変えたりして、ちょっとした変化を楽しんでいます。
キャンドルなどの小物にも緑を取り入れて、癒しの空間を作り上げてみました。
d0222641_9104072.jpg

こちらの真ん中には、バンコクのギフトショーで買ったターコーイズのチェンマイ産の置物。
そしてランナーにも緑を取り入れた、ちょっとアジアンな空間です。

その両側にはインドネシアで購入した女性の神の像を飾って、駐在の思い出を楽しむコーナーに。
ここにはいずれシンガポールの思い出が詰まった、ステキな置物を見つける予定です❤
d0222641_21365841.jpg

こちらは玄関。こちらは少し渋い緑色ですが、これもマリメッコのファブリックボードです。
こちらもギフトショーで買い求めたチェンマイのチェストと一緒に、緑繋がりで飾っています。
3つとも敷かれているランナーは、バンコクのスクンビット49にあるSop Moie Artsで買い求めました。


また、緑ではないのですが、テーブルにはいつもお花を飾るように心がけています。
バンコクやシンガポールなどではすぐにお花がダメになってしまうことも多いのですが
いろんな色と種類があるデンファレは長く持ってくれるので、経済的にも(笑)嬉しいお花です。
お水の中に少量のハイターを入れたり、水揚げの時にお湯で水揚げをしたりするのも効果的ですよ❤


他にも寝室、子供部屋、洗面所などスペースにより、色が違うファブリックボードを飾っていますが、
重本さんにオーダーも可能ですので、ご興味がある方は下のブログからコンタクトして下さいね♪
 ファブリックボードについては、こちらのブログから♪→ 


緑は生活、そして私たちに癒しを与える色。
そして身体のエネルギーを必要以上に使わずにすむように、平和やバランスを保てる工夫をする色。
家に帰ってホッとしたいなあと思ったら、こんな緑のパワーも使ってみて下さいね♪


さて、質問です。
「あなたが一番家の中で安らげる、くつろぎの空間はどこですか?」




「Far East Flora」
565 Thomson Road
Tel: 6251-2323
8am - 9pm

「Fresh Flower by FEO」
555 Thomson Road Singapore
Tel:6251-5151
Monday to Saturday: 8am - 9pm
Sunday & Holiday: 9am - 7pm

「Goodwood Florist」
565 Thomson Road
Tel:6254-7722

「Candy Floriculture」
567 Thomson Road
Tel: 6256-6788

「Hawaii Landscape」
559 Thomson Road
Tel: 6251- 3963
by treasure-bkklife | 2014-12-17 23:18 | My Daily Life
シンガポールに赴任して、ちょうど4ヶ月が経ちました。
駐在生活は12年目、3カ国目に赴任の私でも、海外生活は好きで慣れているとは言え、
新しい土地では全く不安やストレスがないとは言えません。

そこでの生活は0からの始まり、今まで築き上げてきた生活やキャリアも手放さざるを得ないことも。
生活の便利さや快適さもあるけれど、そこでどんな人と出会い、どうご縁を紡いでいくのか。。。
どの国に駐在してもこれが一番大切で、大きな意味を持つような気がします。


昨日はシンガポールの心友たちに、この4ヶ月間のお礼と愛の気持ちを込めて
「いつもありがとう❤」を伝えたくて、タイ料理のランチ会を開きました!

シンガポールでもタイ料理はあるけれど、やはり本場の味を知っている私には本格的なお味と、
そしてヘルシーなタイ料理には、正直なかなか出会えないのです。。。

そこで健康に興味があるメンバーばかりだったので「野菜ソムリエ的 タイ料理の世界」を
ぜひとも紹介したいと、野菜や果物、ハーブを活かしたメニューをチョイスしてみました♪
d0222641_1034157.jpg

このテーブルクロスは、タイ衣装を作る布をはぎ合わせてオーダーしたもの。
今日は家の中がクリスマス仕様になっていることもあって、赤でコーディネートすることに♪
d0222641_1013181.jpg

ナプキンはタイらしく、蓮、ロータスの形に折っておもてなしの気持ちを表しました。
ジャスミンの花で作られたお供え用の花はタイだけでなく、シンガポールでも市場で売られていますが
今日遊びに来てくれた、元インド駐在をしていたお友達の話ではインドでも使われるそうなんです。
こんな新しい知識を友達から得られるのも、ワクワクしてとっても楽しいんです!


さて、この日は完璧にお料理を作って、しっかりとおもてなしをする『予定』でした。
ところがこの日、初めてお友達をシンガポールで我が家に招いてランチ会をするため
梱包された後、洗っていない食器ばかりを使うことに、朝になって気がつきました(汗)

「あっ、無理だな」と勝手に判断し、まずはいらして下さったみんなが気持ちよく過ごせるように
テーブル周りのセッティングと、洗面所の掃除(これ、大事!)などと食空間周り用意することに。
この辺りは前日にしっかりとやっておかなくては行けないところなのですが、
久しぶりのおもてなしとあって、かな〜りカンが鈍っていたようです(苦笑)


そんな訳で料理作りもお願いし、急遽「タイ料理教室」とする、いや、なってしまいました(苦笑)
「完璧じゃなくても、このメンバーだったら楽しい時間が過ごせればいいや♪」
そんな風に出会って4ヶ月で、キッチンまで丸見せできると関係とは本当にありがたい(爆)
友達も楽しんでお料理や盛りつけをしてくれたり、南国野菜の豆知識やタイの調味料の話などを
ワクワクしながら聞いてくれて、この流れも必然だったかな〜(って、かなり言い訳♪)
d0229095_19363320.jpg

先日、友達が誘ってくれたロバートソンウォークにあるEdit Lifeというギャラリーで、
一枚木のステキなオリーブの木から出来たボードに出会い、一目惚れをして即、購入!
「これを使っておもてなしを♪」と、盛り上がったことが、今回のランチ会のきっかけでした。
和洋中、どんなものにも使えそうで存在感も抜群なんで、これからも活躍してくれそう♪
d0222641_10283422.jpg

「馬も走り出すほど美味しい」と言われる、タイの宮廷料理のマーホー。
マンダリンオリエンタルで習ったレシピをアレンジして作りました♪

タイの宮廷料理は口回りを汚す事のないようにとの配慮から、お料理は一口サイズで作ります。
この上に乗っているお肉と、下のパイナップルのコラボが美味しいお料理ですが、
実は、隠し味にパクチー、コリアンダーの根と干した大根が入っているのです。
パクチーの根はタイ料理にはとっても大切な隠し味で、実はカレーペーストにはほとんど入ってます。
「私、コリアンダーが嫌いで食べれないの〜」という方も、実は知らないうちに食べていることも♪

タイでは野菜や果物を美しく飾り切りをしますが、不器用な私はもちろんクッキーカッターで(笑)
このマーホーは、レストランなどではちょうちょの形で登場することが多いように思うのですが
みんなに「心からありがとう」の気持ちを込めて、パイナップルをハート型にくりぬいてみました❤
d0222641_1031246.jpg

タイの北部でいただく「ナムプリックオーン」
ひき肉とトマトのディップは、初めていただいた時にその美味しさにビックリした一品。
辛みを減らせば子どもも美味しくいただけますし、ご飯の上に豪快に乗せていただきたいかも♪
d0222641_10265368.jpg

アパレル業界でプレスをしていたお友達が、さすがの芸術的盛りつけをしてくれました!
これを先ほどのナムプリックオーンにつけていただきます。
後ろに見えるのは「長ささげ」のロングビーン、日本でもささげは関西地方で食べられるようですが
タイでは生でいただくと言ったら、みんなビックリでした〜(笑)
d0222641_10344034.jpg

四角豆のサラダの「ヤムトウアプー」
この四角豆のヤムは、バンコクの日本人女性友達からも人気のサラダ。
レストランのメニューがあると、必ず誰かオーダーすることが多い気がします。

この四角豆はタンパク質やビタミンCも豊富で、肌の弾力アップにも期待大!
四角豆の成分を化粧品メーカーが化粧品にも応用しようと研究をしているそうですが
沖縄では「うりずん」という名前で、最近では関東のスーパーでも見かけます。
茹でてマヨネーズにつけて食べても美味しいので、ぜひ一度お試しくださいませ♪
d0222641_10363314.jpg

白と黒のきくらげを使った薬膳的な香りもする「ヤムへット」
白キクラゲはそのフリルのような外見さながら、女性性をアップしてくれる食材。
そして鉄分が豊富な黒きくらげと一緒で、女性にも嬉しいメニューなんです。
そしてカロリーが少ないというのもとても魅力的ですよね!
d0222641_1038347.jpg

これも女性に大人気のレモングラスのサラダの「ヤムタクライ」
今日は20本近いレモングラスをお友達が頑張って、どんどん薄切りにしてくれました❤
消化器官の不調や風邪にもよく使われるというレモングラスは、これからの季節にも強い味方。
シンガポールでもお安く手に入るので、ぜひその美味しさを試してみてもらいたいです!

「レモングラスは下の部分で切ると年輪のような部分が紫色の部分までしか使わない。
それより上はの部分は香りも少し薄く、木のような食感が強すぎるから」と
タイ料理学校でもオリエンタルの料理教室でも習いましたが、捨ててしまうのはもったいない。
上の部分は煮だして、レモングラスのお茶にするのもなんだかホッとしていい感じです♪
d0222641_10395988.jpg

野菜だらけでも変化がないので、ヘルシーなお肉料理も加えたいと、
豚肉のしゃぶしゃぶをライムジュースやナンプラーなどのタレで合えた、「ムーマナオ」をチョイス。
このレシピは、公私ともに大切なお友達の一人、タイ料理ライターのルイさんが
「10分で野菜の本格タイごはん」の中で、編集し紹介していたものから作ってみましたが
ライムとナンプラーのさっぱりとした美味しさは、日本人の口にもあって「美味しい!」と大絶賛。
すぐにこの本をAmazonで注文した友達たちも(爆)

そして今日は塩ゆでしたカイラン、タイではカナと言われるケールを添えてみました。
カイランはカルシウムも豊富なので、成長期のお子さんやママのイライラ防止にもGood(笑)
d0222641_10414615.jpg

茹でたひき肉とミントがたっぷりのー「ラープムー」
タイ料理の中でも人気の「イサーン地方」タイの東北部のお料理です。
タイ在住者にはおなじみの、お土産にも多く購入されるタイのプリッツにも出ているお味で
さっぱりとした酸味と、ピリッとした辛さのハーモニーが魅力的な一品です。

見た目がタイ料理でよくいただく「ガパオ」、鶏や豚とホーリーバジル炒めと思うようですが、
これはバジルではなくて、ミントがたっぷり入っています。
タイの東北部ではお隣の国ラオスたベトナムにも近く、二カ国とも元フランス領でもあります。
その影響かこの地域もミントやディルなど、西洋料理のハーブがよく使われるように思います。

そしてこのお料理にはもう一つ「カオクア」もち米を炒ってすりつぶしたものが必要です。
チェンマイなどのタイ北部や、東北部のお料理はこのカオクアを使う事も多いのですが
これもこの地域がお米の産地だからだと思われ、食は生活、文化と繋がっているのを感じます。

シンガポールのタイ食材マーケットでは、残念ながらこれを見つけられなかったので、
炒ったもち米をお友達がすり鉢で一生懸命すりつぶしてくれました!Thank you❤


さて、お料理も出来上がったところで、みんなで乾杯を〜♪
d0222641_10433791.jpg

タイ料理にはロゼが合うと、タイのカオヤイのワイナリーで教えていただいたので、
今日はお願いしてお友達たちが、ロゼのシャンパンとワインを持って来てくれました。
辛みのあるタイ料理はそのほんのりした甘さと、すっきりした飲み心地が合いますよね!
d0222641_10512823.jpg

お料理の頃合いをみて、タイ南部のタイハーブライスの「カオヤム」をお出ししました。
炒ったココナッツ、こぶみかんの葉に実、ショウガのようなカー、干しえび、もやしなどを
添えてあるタレと一緒に混ぜていただく、日本の混ぜ寿司のような感覚の一品です。

今日のこのご飯はお友達が持ってきてくれた、貴重な玄米を使わせていただきました。
この玄米は里海里山マイスターであり、お医者様でもある方から頂いたという、
石川県の七尾市で自然農法で作られたという、自然栽培の里@のとで、皆様と一緒に作られたという
本当に貴重でありがたい玄米なのです!
その炊きあがったご飯はもう甘みが全然違って、作り手の方々の思いを感じる幸せなご飯でした❤
d0222641_10552023.jpg

今日は先ほどの自然農法の玄米ご飯を使って、最近ハマって作っている甘酒にしておだししました。
ほんのり甘い甘酒はとってもほっこり、心身ともに癒されるお味です。
d0222641_11159.jpg

今日のデザートは「パッションフルーツを食べたことがない!」というお友達がいたので、
パパイヤのパッションフルーツ添えをおだししたところ、「美味しい〜」との声が。
とても喜んでくれたので、こんなこともとても嬉しい瞬間です❤

パッションフルーツはアンチエイジングにも嬉しい果物だけでなく、
葉酸も豊富に含まれるので妊娠を希望している方にもぜひとってもらいたいフルーツ。
パッションフルーツは皮がシワシワになってからが実は食べごろなので、常温で追熟させました。
食べごろになると酸っぱいだけでなく、甘みと酸味のハーモニーを味わえます♪

d0222641_12305928.jpg

お友達にも薦めたこの2冊の本はタイ料理ライターのルイさんが編集された
「10分で本格タイごはん」と「10分で野菜の本格タイごはん」のタイ料理の本。
日本でも作りやすい食材とレシピながら、お味は本格的なので本当におすすめです!

ちなみに「10分で野菜の本格タイごはん」の方には、恥ずかしながらワタクシめの写真と
考案したハーブのドリンクもベジフルビューティー仲間と一緒に出ております(笑)


シンガポールでタイの調味料やお菓子、ビールなどだけでなく、タイ料理に使う野菜や魚類は
「リトル タイ」とも言われる、ゴールデンマイルコンプレックスで手に入ります。
そしてウエットマーケットなどの野菜売り場や、マレーやインド系の乾物や調味料売り場でも
タイ料理を作る食材が売られているので、シンガポールでもタイ料理は作りやすいと思います。
ぜひこんな野菜いっぱいのヘルシーなタイ料理もあることを、みんなにもっと知ってもらいたいです♪


今日はみんな遊びに来てくれて、本当にどうもありがとう!
みんなのおかげで新しい生活もキラキラ&ワクワクの毎日です。
そしてこれからも、ずっとよろしくね❤
by treasure-bkklife | 2014-12-13 11:02 | ホームパーティ
このところ、いろんな方に出会ってお話を聞くにつれ、健康について考えさせられることが多く
「自分の心と身体としっかり向き合いなさいね〜」とメッセージをもらっている気がしています。
やっぱり健康って自分の性格、そしてそこからの生活習慣とも繋がるんですよね!

そしてさらに自分を大切にするためにも、「食の力」って偉大だなあと感じています。
体が喜ぶよいものを食べることって、自分を大切にすることと繋がるんですよね♪


今日は主人がバンコクに出張に行っていて、時間があるので買い出しをしてくれるというので
バンコク駐在時にもよく通ったこちらのお店に、行ってもらうようお願いしちゃいました。
d0222641_20392342.jpg

スクンビット39にある、Sustaina Organic Shop & Restaurantでございます♪

スクンビット39と言っても39の通りに面してはおらず、BTSプロンポン駅から39方向に歩いていくと
日本語でメニューが書かれたタイ料理の屋台、「イムちゃん食堂」の小道を入って左手になります。
この小道の一番奥はワットポーマッサージになりますよ♪
d0222641_20412326.jpg

こちらの1Fはオーガニック食材などを販売するお店になっております。
母体はHarmonu Lifeという、タイのカオヤイでオーガニックの農場、工場をもつをお店なのです。

Harmony Lifeの企業理念は、多くの人々がより健康で、調和のとれた幸せな人生を送ること。
また人間だけでなく、地球に存在するすべてのものがより調和のとれた方向にシフトしていくこと。
そんな信念を持たれる日本人である大賀さんが、カオヤイで1999年に農場、工場などを設立され
2013年にはオーガニック認可機関のIFOAMの厳しい審査にも合格されたそうです。
さらに世界最高水準のオーガニック展示会であるBioFachに、タイ国のオーガニック企業の代表として
現在では出展をされているほど、「自然と人間との調和」を目指すHarmony Lifeは根付いています。
d0222641_20421299.jpg

こちらで採れた新鮮なお野菜は、こちらのSustainaでも販売されていますが
バンコクのスーパーのフジスーパーや、Gourmet Market、 Villa Marketなどでも販売されています。
d0222641_20415282.jpg

こちらのコーナーには、塩や砂糖、お米や豆類などが並びます。

先日、私はドリームナビゲーターの講座で、マクロビを習っている美恵先生
Face Bookに書かれていて、なるほどなあ〜と改めて思った言葉がありました。
「調味料とは味をつけるものではなくて、味を整えるもの」
塩も砂糖も素材を活かすように味を整えるもの、だからこそ少量でも厳選されたものを使いたい。

こちらの塩は抗酸化酵素につけ込んだ海の天然塩や、ヒマラヤの天然岩塩などが販売されています。
最近はなるべく砂糖を使わず、本みりんや甘酒などで甘みをつけるようにもしていますが
砂糖を使う時は、こちらの農薬と化学肥料 を使用せずに栽培されたサトウキビを砂糖にした
オーガニックのブラウンシュガーなどを使っています。
d0222641_20421610.jpg

私が重宝しているのが、抗酸化酵素ドレッシング。
抗酸化酵素、オーガニック有精卵、オーガニック野菜、天然醸造酢 を使用し保存料は入っていません。

市販のドレッシングは保存料が入っていたり、トランス脂肪酸が入っているので
なるべく上質のオイルやビネガーなどをさっと混ぜてドレッシングにしたりしていますが
やはりこういう出来上がったドレッシングが手元にあると、本当にお料理する時にも便利です。

他にも生姜焼きのタレとか昆布醤油などもあって、昆布醤油は納豆にかけていただくと美味しいですし
味噌も日本の味噌蔵からネットで注文して持ってきていましたが、こちらのお店もなかなかのお味!
そして最近は、梅の花のお豆腐も販売されているので、ある時にはこちらも買い求めています。
d0222641_204456.jpg

100%天然竜眼蜂蜜から作られた製品や、天然醸造のパイナップル酢、ハーブティーなども。
d0222641_2044321.jpg

こちらはオーガニック農業14年の結晶、生命力の高い健康飲料という、抗酸化酵素飲料が。

かなり強い甘みがあるのでお水で薄めていただきますが、お砂糖の代わりとしてお料理に使うことも。
タイのトマトは甘みが少ないので湯剥きしたトマトを漬け込んだり、ドレッシングにも使います。
他にも梅の酵素ドリンクもあるのですが、こちらの方が子どもには飲みやすいようです。

シンガポールで代替医療師のバニラさんから学んでいますが、日常に使う洗剤などの大切さを学び
ボディやフェイス用のシャンプーなどは使わずに、界面活性剤が入っていない石鹸を使ってます。
こちらで販売されているオリーブオイル石けんは、防腐剤、合成香料、合成界面活性剤、鉱物油、
動物性油脂などは一切使用せず、高温を加えていないので、ハーブの成分が生きているそうです。

写真では撮り忘れてしまったのですが、こちらのオーガニックエキストラバージンココナッツオイル。
もちろん調理用として、また今はやりのアーユルベーダのオイルプリングなどとしても使いますが
最近はこれをお風呂の時にメイク落としのオイルとしても使っていて、そのまま全身をマッサージ。

また、かかとのガサガサが気になっていて、ずっとかかとのやすり削っていたのですが、
これが皮を厚くして乾燥を招き、逆効果になると知ってついでにオイルマッサージもしています。
実はオイルは先に塗って、その後に水分を含ませることで肌にしっかりと吸収されると習ったので、
シャワーの前にマッサージを行って、その後にシャワーでお風呂に入るようになりました。
ガサガサしていたかかとも、1ヶ月でだいぶ柔らかく滑らかになってきましたよ♪

そして2Fはオーガニックレストランになっています。
d0222641_22421778.jpg

柔らかなくつろげる雰囲気のレストラン。日本人だけでなく、外国人のご家族もよく見かけます。
メニューも子どもから大人まで、安心していただけるものが多いんです。
d0222641_22433790.jpg

いもコロッケと野菜フライ
ソースはベジブラウンソースとチリナッツソースから選ぶことができます。
また赤玄米ご飯と天然酵母のパンからも選ぶことができるのです。
他にもヘルシーな和食、洋食、タイ料理などのメニューも並ぶので、いろいろ選べて嬉しい❤
d0222641_22444164.jpg

組合わせ自由!いろいろ選べるプチデザート
100B(約300円)で4種類のデザートが選べてとってもお得♪そしてお花がかわいいのも嬉しい!

チーズケーキやブラウニー、カボチャプディングなど洋のものから
豆大福、きなこくずもち、黒ごまや抹茶のプディングなど和のものまで
どれでも4つ選べてこのお値段なのは、とってもお得感がありますよね❤
d0222641_22455441.jpg

オーガニックのコーヒーもいただいて、ちょっと、いやかなり食べ過ぎた感じ!
ここに来た時は頭をうーんと使った後のお一人様ランチだったので、身体によいという安心感もあって
ちょっと自分を緩めたくて、甘い物をいただきたくなったのでしょうね♪

1Fにはこちらのレストランでもいただける、デザートや酵母のパンなども販売されています。
こんな身体にもよい材料から作られたものは、子どものおやつなどにも安心ですよね!


今日、夜遅くに主人はバンコクからシンガポールに帰ってくることになりましたが、
今からお土産が詰まったトランクを開けて、ゴソゴソするのをとっても楽しみにしています(笑)


では、質問です♪
「あなたが5年後の自分の心と身体のために、今できることは何ですか?」




「Sustaina Organic Shop & Restaurant」
1/40 Soi Sukhumvit 39
Tel: 085-564-9090
9 am - 8:30 pm
by treasure-bkklife | 2014-12-06 21:24 | Japanese@BKK

問塾

「先生も走るほど忙しい」という師走、12月に入りました!
シンガポールもたくさんのクリスマスツリーが飾られて、街中が華やいだ雰囲気で賑わっています。

昨年の今頃は息子の受験のことで頭がいっぱいで「クリスマスって何の事?」と言う気分(苦笑)
まさか1年後に違う国に住むことになっているとは、全く思いもしませんでしたが
今になって思えば、もっと子どものためにも余裕と笑顔を持って接してあげていたらと思います。
その時は親もいっぱいいっぱいで、全然そんな余裕はなかったのですが(苦笑)


そんな子どもとのコミュニケーションに悩んで、勉強を始めた育児セラピストにNLPやコーチング。
そしてキッズインストラクターの講座でしたが、今日はシンガポールである講座を受けてきました。
d0222641_22173223.jpg

「問いで、らしく」と言う問塾です。

「問塾」とは「問いで学ぶ、問いを学ぶ」講座で、質問によって自分と相手を知ることができ、
やる気や可能性を引き出して、自発的な行動を促す質問を学びます。
子どもや家族、そして人間関係のコミュニケーションとしても本当にパワフルなんです。

問塾で学んだことを実践した方たちから寄せられた声には、こんなことが集まっているようです。
・子供が、自分から宿題をやるようになった
・売ろうとしなくても商品が売れるようになった
・職場のスタッフが、やる気になった
こんな方法を知っていたら、もっと受験や転校など子どもが難しい局面に経った時、
親もしんどく感じてしまう、反抗期や思春期のコミュニケーションがうまく取りづらい時にも
お互いを大切に思いやれる、もっと上手なコミュニケーションができるのではと思います。


例えば、ついつい日常で使ってしまいがちな、質問の一つが「なんで〜?」
「なんで〜をやらないの?」「なんでそんなことをしたの?」
こんな質問って日常でよくしてしまうんですよね。はい、私などはしょっちゅうです(苦笑)

これも男の子に聞いた時に「だって、やりたかった(やりたくない)から」と
シンプル過ぎる(笑)答えが返ってきて、面食らってしまったこともあるのですが(爆)


同じ事を繰り返さないためにも、しっかり原因追求をすることって大事だと思っていたことと
自分の意見をしっかり言える子どもになってほしいと思い、「なんで?」と聞いていたのだけれど
体感してみるワークをしてみると、「はっ!」と気がつくことがあるのです。

「なんで?」と聞かれると、これって何だか言われた方は責められているような気がしませんか?
それに対して返ってくるのは、「だって〜だから」と言うような、言い訳しかできないんですよね。
これにまた追い打ちをかけるように「またそんな言い訳ばっかり」なんて怒ってしまったりして(汗)
そうしたらやっぱり「どうせ怒られるだけだから、話すのはやめよう...」って思ってしまいますよね。

例えば「なんで待ち合わせに遅刻してきたの?」と言われると、どうでしょうか?
次に続くのは言い訳しかなく、怒られた、責められていると感じてしまいますよね。
子どもは「ママに怒られた」などと言う気持ちの方が、二度と繰り返さないということよりも
心に強く残ってしまったり、「ママは自分を嫌いなんだ」と思ってしまうこともありますよね(汗)

これは子どもとの関係だけでなく夫婦関係や、師弟関係、会社での人間関係もおなじこと。
相手を思いやったつもりでの「なんで?」の質問が、逆効果になっていたら悲しいですよね。。。


では、それを「どのようにすれば〜?」「〜とは?」などとちょっと質問を変えてみたら、
質問された側も心を開いて解決策やアイデアが生まれて来るような気がしませんか?
「どうしたら宿題が出来ると思う?」「〜とは、どんなことなの?」などなど。


これがさっきの例でいくと「どうしたら遅刻しないでこれると思う?」と聞くと、
自分が否定されたような気分にならずに、次の行動に移せるアイデアが浮かんでくるんです!
もっとその奥の理由や考えが知りたいという時も、「なんで?」とは聞かれるのではなく
「それって例えばどういうこと?」「(相手の言ったことに付け加えて)とは?」と聞かれると
自分の話を聞いてくれている姿勢や、興味を持ってくれていると伝わってきませんか?


問塾ではこんな風にお互いが考える、深い気づきがある質問にすることの方法を、
様々なワークや話を通じて、いろんな角度から1日かけて学んでいきます。


そして、子どもや家族へのよりよいコミュニケーションだけでなく、
仲間たちとの質問、そして楽しい話が繰り返される中で、自分への沢山の気づきがありました。

がむしゃらに子育てや何かに頑張って来た30代、
人生の折り返し地点でやっと自分が見えてきて、ちょっと生きるのが楽になった40代。
体力も時間も限りが出て来ただけに、自分自身にたくさんの質問をして、
自分らしく輝くその後を迎えるために、もう一度自分にとって何が大切なのか質問を通して考える。
そこから自分にいらないものを削ぎ落として、しっかり自分軸を見つけることって大事よねと。

質問って相手にするだけでなく、「自問自答」することも出来るんですよね。
答えはすぐに見つからなかったとしても、脳はその答えを必ず探しにいくので
その人にとって一番いいタイミングで、「あっ、これだ!」と分かる時がやってくるんです。
だから迷った時、立ち止まった時に自分に質問を投げかけることって本当にパワフルなんです!

そして昨晩は復習を兼ねて、主人を相手にあれやこれやと質問をしてみましたが(笑)
質問したりそこから話しあうこと、自分と相手の共通点や価値観の違いを知ることができて
そこから違いを認めながら折り合いをつけていくことは、本当に大切だなあと改めて思いました。
一緒に暮らす夫婦でも、こんなきっかけで「そんな風に思ってたんだ!」と改めて気づくことも。
これは子ども、そして仕事上、職場での人間関係、ママ友や先生との間でも同じですよね♪


そんな家族や人間関係のコミュニケーションを円滑にし、自分を発見することもできる魔法の質問。
これが上手になるためには、一つでも多くの質問に答えて、質のよい質問に触れることだそう。

こんな魔法の質問も飛び出し、う〜〜んと自分に向き合う時間をいただきました。
ぜひ、一緒に考えてみませんか?
「あなたにとって一番大切なものはなんですか?」
「あなたにとって自分を大切にするとはどんなことですか?」
「あなたは何のために〜をしていますか?」


そしてその答えも「きっと、〜していた方がいいわよね」「自分はもう〜だから、〜に違いない」
そんな頭で考える答えではなくて、本当に心からワクワクするような選択をすることって
自分がキラキラとした、笑顔がいっぱいの毎日を送るためにも大切なこと。
キッズインストラクターでも問塾でも、大切なのは「答えは全部正解です」
自分の内側から放ち出た答えは、自分にとっての真実、宝物なんですよね❤

そして子どもは親の鏡だから、一番身近な大人がワクワク、キラキラしていなかったら、
そこに明るい未来や社会、そして自分の夢を見いだしていけないですよね♪
「もう歳だから〜」「自分にはとっても無理だから〜」などと思わずに
本当の自分の気持ちと向き合って、なりたい自分になってみませんか?


この講座は日本は全国各地で、そしてシンガポール、バンコクでも受講することができます。
シンガポールはコーチングや魔法の質問のセミナーなどを開催されてご活躍の田中春美さんから
バンコクでは研修講師して日本でも活躍されている大嶋博子さんから受講することが可能です。
リンクしたお二人のFace Bookやブログには、毎日を輝かせる魔法がいっぱい詰まっています!
「ぜひ、受けてみたい!」という方は、下のお問い合わせ先からご連絡してみて下さいね。

私ももっと質問を上手になっていきたいので、これからブログに一つずつ、
毎回、質問を書き加えていこうと思っているので、よかったら一緒に考えて見て下さいね❤

では第一回目、私からの魔法の質問です。
「あなたは5年後に、どんな自分で何をしていたいですか?」




「問塾」
http://toyjuku.com/

シンガポールで受講のお問い合わせはこちらから♪ 

バンコクで受講のお問い合わせはこちらから♪
by treasure-bkklife | 2014-12-04 09:44