子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ブログを2週間ほどお休みしてしおりましたが、シンガポールに帰ってきました!

チャイニーズニューイヤーの間にバンコクのカラーの勉強と、NLPマスターに参加してから日本へ。
沖縄でカラーの強化合宿に参加し、名古屋、東京、またバンコクへと超ハードスケジュールの10日間。
本当に情熱溢れるステキな方たちに沢山あって、充実した楽しい日々を過ごすことができました!


まずは第一日目のバンコク、カラー心理の沖縄合宿の前の勉強会の後、
タイ料理ライターのルイさんが、こちらのお店を予約してくれて、いつもの仲間でGO!
d0222641_22205041.jpg

BTSプルンチット駅直結、Central Embassy5FにあるMinibar Cafeでございます♪

Minibarと言うとスクンビット23のCitadine?と思っていたのですが、
そちらの店舗はクローズし、今はこのセントラルエンバシーの方に移転されたのだとか。
d0222641_22415354.jpg

入り口は狭いのですが、中に入ると店内は広々としています。
d0222641_23103162.jpg

こちらのお店、実はこんな開放感溢れるオープンテラスのスペースも!
d0222641_7561832.jpg

5Fと低い位置なので、バンコクの夜景が本当に目の前に見えるんです♪
赤いナプキンが❤の形で折られていますが(笑)やっぱりデートスポットには最適ですよね!
d0222641_23134130.jpg

今回、私たちは7名と大人数だったので、こちらの個室のようなスペースが用意されていました!
このスペースは20名ぐらいは収容可能な広さだったので、ちょっとしたパーティにもいいですよね♪
d0222641_23151593.jpg

お店のメニューは、こんなちょっとレトロ感のような、大正モダンのようなかわいいもの❤


こちらのお店のMinibarですが、先述の通り以前はスクンビット23にあった人気店。
バンコクの大人気のタイ料理、EAT(Eat All Thai) Supanniga , Somtum Derと
このMinibar Cafeは同じパートナーのお店なんだそうです。

私の中では勝手に、西洋料理のイメージが強かったこちらだったので、
ルイさんから「タイ料理も美味しい!」と聞いて、その意外性にビックリしたところだったのです!


こちらはドリンクのメニューも豊富で、どれにしようか迷ったほど。
d0222641_23162816.jpg

名前は忘れてしまったのですが、すいかのジュースのテンモーパン。
d0222641_23184483.jpg

お店の人からのリコメンドでいただいた、ドラゴンフルーツのカクテル。
このスタイリングがまた可愛くて、みんなも思わず写真をパチり。


お料理のオーダーは、もちろんルイさんに全部おまかせ(笑) 
いつも美味しいお料理を選んでくれるので、ご一緒できてラッキー❤
d0222641_2322653.jpg

Granny Kamol's Cowslip Creeper Salad
タイではよくお花を食べますが、日本語では「キバナクリンザクラ」というサクラソウの一種だそう。
d0222641_2323276.jpg

DIY Garden Wrap
カリッと炒めた塩豚バラ、そうめんのようなセンミーと、ライムのマナオやパクチーなどを、
一緒にレタスに包みこみますが、ホームパーティなどにも受けそう!
d0222641_23245795.jpg

Ox Tongue Fritter
これはタイ料理ではないのですが、ルイさんの大リコメンドでいただくことに♪
煮込んだ牛タンを揚げたものだそうで、チリマヨネーズが添えられておりました。
衣はカリッ、中の牛タンは柔らかで、 ビールに合いそうな一品でした!
d0222641_23292574.jpg

Baby Calamari
今回は男性も一緒だったので、やっぱりガツンとした揚げ物も欲しいもの♪
d0222641_2330437.jpg

Saiburi Rice Salad
バタフライピー、アンチャンの花で青く色付けられたご飯が美しい!サイブリースタイルのカオヤム。
この色が「どんな着色料を使っているのやら。。。」と、心配な方もいると思うのですが
タイで使われているお料理の青や紫色は、このお花から取った色を使われていることが多いのです。

このカオヤムは私のタイ料理のおもてなしでも作りましたが、レモングラス、ココナッツなどと別に
このお店はルイさん曰く、この上に千切りで乗っているのがドックダーラーと言うものが特別です!
初めていただいたお味ですが、生姜やウコンのような清涼感と微かな辛さがありました。
d0222641_2331504.jpg

カオヤムはぐちゃぐちゃっと混ぜていただきます。味がしっかり絡んで美味しいんです!
d0222641_2333621.jpg

Soft Shell Crab Somtum in Crispy tortilla Bowl
タイ料理の定番のソムタムも、揚げたソフトシェルクラブが豪華に添えられているだけでなく
クリスピーなトルティーヤのボウルに盛られ、美しく飾られて登場しました!
d0222641_23342157.jpg

Sweet minced pork on Rice in Egg Net
なんて華やかな一品なんだろう!と思われると思うのですが、
この美しい黄色のネットは、溶き卵をシュシュっとフライパンに振り分けて作ります。

以前、オリエンタルマンダリンのシェフから習いましたが、100円ショップで売られているような
口先が細いケチャップ入れのような、入れ物に移し替えて作ると上手にできるそうです!


さて、まだまだ行きます!デザートは別腹(笑)みんなで仲良く分けていただきます♪
d0222641_23353786.jpg

Grass Jelly & Tres Leches Granita 80B。
薬草のチャオクワイのゼリーに、トレスレチェ味のグラニテを乗せたオシャレな一品。
d0222641_23364781.jpg

Fresh Fruit Panna Cotta with Raspberry Sauce
このパンナコッタの色合いも美しく、ラズベリーのソースも程よい感じに。
d0222641_2338552.jpg

Grilled Buttery Toast Served with Thai Tea Cream
かなりガツンとしてデザートですが、とてもオススメの一皿!
カリッとトーストしたブリオッシュに、チャーイエン、タイティーのクリームをかけたもの。
かなり濃厚な一皿なので、数人で分けた方がいいかなあとも思いますが、
そのお味は何だかとてもクセになりそうなお味でした❤
d0222641_2339863.jpg

Banana Pudding in s Jar
最近はサラダもジャーに入れるのがとっても流行っておりますが、こちらのデザートもジャーの中に。
d0222641_23402851.jpg

紅茶はティーパックではありましたが、マリアージュフレールのマルコポーロが。
d0222641_23415422.jpg

いつものごとく、カプチーノをいただいて。
タイ料理のお店だとなかなかデザートまで「美味しい〜❤」ってところも少ないのですが(苦笑)
この日はお腹も心も大満足、忙しいスケジュールの初日にほっと一息ついた夜でした。


バンコクにNLPで来てお泊まりの度に、それぞれお仕事の忙しい中を時間を作って下さる皆様方も
それぞれが口々に「いいね〜、ここ!」とそのお味と居心地のよさにべた惚れ❤
お店の方の対応もとてもスマートで、優しい気配りが嬉しかったです!

何となくオシャレなカフェのイメージが強く、お味はそこそこなんて勝手に思っていましたが
今回、別であったお友達も「実はMinibar、思った以上に美味しかったんですよ〜」と(苦笑)
自分の勝手な思い込みで「え〜、そこはちょっと。。。」なんて、せっかくの案を却下していたら
まさに「食わず嫌い」で、本当にもったいなかったなああと思います。
何でも挑戦すること、ちょっと試してみることもとっても大事ですよね!



さて、質問です❤
「意外にやってよかったこと、行ってよかったところは何ですか?」




「Minibar Cafe@ Central Emnassy」
5/F, Central Embassy, 1031 Ploenchit Rd., Bangkok, Thailand
Tel: 02-160-5610
Daily: 10am-10pm
by treasure-bkklife | 2015-02-25 23:19 | Thai@BKK
ここのところバンコクから、そして日本から大切な方達がシンガポールに遊びに来ていました!

そんな時にはせっかくだから、シンガポールらしい所にご案内したい❤
この日はシンガポールらしい景色が楽しめて、ちょっと遊び心もある場所へと伺ったのはこちらです。
d0222641_18581020.jpg

Marina Bay地区にあるGardens By the Bay
パワースポットとしてもおなじみのようですが、全面ガラスばりの巨大な植物園です。

この写真は人工の木であるSuper Treeで、この上からは植物園内だけでなく
マリーナ・ベイ・サンズやシンガポールフライヤーなど、観光名所を見渡すことができるのです。
木の間にかかる橋は高さ22m、128mの長さ、ここを歩いて渡ることも出来るそうなんですよ!
d0222641_1905018.jpg

今日のレストランは、なんとこのSuper Treeの上に!
その名も、Super Treeby IndoChine でございます♪
この木の中にある入り口から入って、中にあるエレベーターでレストランへと。
d0222641_233403.jpg

エレベーターを上がると、こんなステキな空間が待っていました!
d0222641_236303.jpg

窓の向こうには、いつもと反対側の景色からみるマリーナベイサンズもお出迎え。
こんな珍しいシチューエイションを楽しむのも、また旅のよい思い出ということで(笑)


こちらIndoCineグループは、Indo-Chinese cuisineやエンターテイメントを展開しているそうで、
タイのプーケットにもステキなレストランや、ビーチクラブがあるそうです。
こちらのレストランは こちらのSuper Treeの中でも最も高い50mの最上階に位置し
マリーナベイサンズをはじめ、シンガポールらしい景色がどこからも見渡せます。


この日は軽くお料理をつまんで、おしゃべりを楽しもうということで♪
d0222641_1924249.jpg

冷えた白ワインで気持ちも清々しく、久々の再会に乾杯〜❤

お友達はベジタリアンなので、今日はお野菜を中心のおつまみを2品ほど。
d0222641_1961883.jpg

Gói Cuôn Tiger Prawn
ベトナムの生春巻きのゴイクンは、タイの生春巻きよりちょっと薄味で上品な感じの仕上がり。
d0222641_1910882.jpg

Garden Green Platter
焼いたナスやトマト、パプリカに生野菜、ビーツのピュレ、フェタチーズなどをつけていただきます。
d0222641_19181346.jpg

訪れた時はまだ明るかったのですが、夜も8時を過ぎると段々暗くなって雰囲気も変わります。
d0222641_23155216.jpg

自分が一瞬、まるで異空間にいるような神秘的な雰囲気に♪
d0222641_19211826.jpg

また紫の光が怪しげな(笑)ライトの向こうに見えるサンズもステキ❤
d0222641_1925139.jpg

仏像の向こうには、青く輝くシンガポールフライヤーも。
d0222641_2022880.jpg

レストランのテラスに出てみると、またいつもと違ったサンズの風景が。


こちらで記念写真を撮ろうとすると、「もっとステキな景色があるから」と、
お店の方のオススメでルーフトップのバーに行ってみることに!
d0222641_20394073.jpg

「いや〜ん、ステキ〜❤」という声が思わず出てしまった、360度見渡せるルーフトップバー。
これはもう、記念撮影タイムにピッタリな場所でございます(笑)
d0222641_1255521.jpg

暗闇の向こうに広がる夜景の世界に、思わず吸い込まれてしまいそうな光景。
d0222641_2291724.jpg

おかげでステキなシンガポールの夜景を写真におさめることができました!
d0222641_2162748.jpg

帰る頃にはSuper Treeもまた趣を変えて、すっかり光り輝く大木に早変わり♪


お店のお料理はベトナム、タイ料理や、フュージョンのインターナショナルなどで
バクテーやチキンライス、フィッシュヘッドカレーなどの、シンガポールらしいお料理ではないものの
やはりこの珍しいロケーションにこの夜景は「シンガポールに来てよかった〜❤」と思わせるもの!
お友達もバンコクでは味わえない体験と、この景色をとっても喜んでくれました。
私のシンガポール駐在生活の中でも、心に残る夜景になったと思います!

そしてこちらのレストランは夜だけでなく、朝の時間帯から営業されているので
昼間のシンガポールのマリーナ地区の風景も、また思い出に残ることと思います。
レストランだけを利用する場合は、Gardens By the Bayの入場料などはかかりません。
ぜひ、Gardens By the Bayへの見学がてら、一度訪れて見て下さいね!



さて、質問です❤
「友達があなたの土地へ遊びに来た時、一番案内したい場所はどこですか?」




「Super Tree by IndoCine」
18 Marina Gardens Drive, Gardens by the Bay, #03-01
TEL:6694- 8489
Sun - Thu:10:00 AM - 1:00 AM(Serving only beverages from10:00 AM - 12:00 PM)
Fri&Sat:10:00 AM - 3:00 AM(Serving only beverages from9:00 AM - 12:00 PM)
by treasure-bkklife | 2015-02-12 22:16 | India@ SIN
ここのところ毎週末バンコクへNLPを学びに往復する日々を送っています。
日曜日にはサイアムで爆発事故があり、ちょうどNLP仲間がこの現場にいて爆音を聞いたとのことで
いろんな心が痛むニュースが相次ぐ中、世界中にこれ以上何事もないことを祈るばかりです。

バンコクの日常はいつもと変わらず、まったく違和感もなく行き来をしているのですが(笑)
その間に友達とも久しぶりにあって、ステキな時間を過ごさせていただいてます❤

この日は公私ともにご一緒させていただいく タイ料理ライターのルイさんの大リコメンドで、
私のカラーの師匠でもあり、セントラルでカラーの講座を行っているColor Tableの重本史子さんや
バンコクの奥様だけでなく、日本にもそのお洋服が人気のatelier-fuwariの弘美さんと一緒に
外国人シェフの登用で生まれ変わった!という、ステキなタイ料理レストランにいってきました。
d0222641_81798.jpg

バンコクの老舗ホテルDusit Thani Bangkok にありますBenjalongでございます♪

こちらは昔からタイ宮廷料理で知られる有名店で、ルイさんとも一緒に来た事があるのですが
シェフが変わってぐ〜んとお料理が変わった!との事だったので、とても楽しみにしていたのです♪
d0222641_82193.jpg

お店の中にはタイのベンジャロンや、工芸品なども飾られて。
d0222641_834262.jpg

久々にタイらしい空間だなあと思わせる室内。
d0222641_85698.jpg

ゆったりとしたスペースが心にもゆとりを与えてくれるような空間です。
d0222641_861794.jpg

私たちはこのお庭が見える円卓の席。ステキな夜を予感させてくれます。
d0222641_873819.jpg

タイ料理はビールだけがお供ではありません(笑)ホテルならではのリッチな気分に。
d0222641_884161.jpg

光と影をうまく使った大人の空間に、酔いしれるディナーの始まりです。


こちらのバンコクの老舗ホテル、デュシタニのタイ料理レストランのベンジャロンは
新しくデンマーク人のモーテン・ニールセン氏をシェフとして迎え、メニューを一新したそうです。
この方はアジアでも指折りのレストランに選ばれた、バンコクnahmのロンドン店や
コペンハーゲンのKiin Kiinなどで、腕をふるわれていたすご腕の方という事で
久々に美味しいタイ料理がいただけるのではと、本当に楽しみにしていたのです!
d0222641_22121374.jpg

Black Currant Lemonade
まずはみんなで乾杯ということで♪ こんな女子好みのMocktailもいくつかの種類が。
d0222641_8173653.jpg

Yam Pla Duk Foo Deconsturacted
身をほぐして揚げたナマズと、グリーンのマンゴー、カニの身をトムヤム味で合わせたヤムですが、
本当にこれがまた、本当に絶品だったんです!
d0222641_8183688.jpg

このクリスピーに揚げた食感を最後まで楽しむために、テーブルで各自が混ぜていくのです。
d0222641_819501.jpg

このあたりのこだわりやホスピタリティーも、この新しいベンジャロンのおもてなしのひとつのようで
スープも具材の食感を楽しんでもらいたいと、テーブルで具材にスープが注がれます。
d0222641_8205911.jpg

Tom Yum
タイ料理の定番でもあるエビが入った酸味のあるスープのトムヤムクン。
d0222641_822464.jpg

Tom Kha
ココナッツミルクとレモングラスの香り、そして酸味が絶妙にマッチしたトムカーガイ。
この鶏肉はスロークックされたものなので、身が本当にふんわり柔らかい!
d0222641_8231131.jpg

Geng Juet
ローストしたダックにカニの身、若いココナッツやバジルのスープ。
d0222641_8242074.jpg

Tom Klong
タイでも魚のアジはよくいただくのですが、臭みもなく美味しさが広がります。

それぞれのスープは2人前ぐらいの量があり、4人で分けてそれぞれのお味を堪能しましたが、
本当にどのスープも心から「美味しい〜」と絶叫してしまうような(笑)素晴らしいお味で
「あ〜、バンコクに来てよかった〜❤」と改めて思うお料理の数々。

あっ、もちろんここでお料理は終われません(笑)
オーダーはもちろんルイさんに全て丸投げして(爆)、こんなお料理たちがやってきました!
d0222641_825332.jpg

どどーんと現れた4種類。4人で全て2皿ずつオーダー致しました。
d0222641_8374786.jpg

Kang Kiew Wan See Klong Neau Toom
72時間かけてスロークックされたというこのお肉の迫力を見て下さい!
柔らかくスッとほぐれるように煮込まれた牛のリブのお肉と、グリーンカレーのお味が絶妙で
このカレーはオーダーすることを強くオススメいたします❤
d0222641_826404.jpg

Pad Prik King Moo Pun
ミートボールといってもそこはベンジャロン、決しておこちゃまのお味ではありません(笑)
レッドカレーのソースにしっかりと包まれた、ふんわりしたミートボールがこれまた美味しい!
d0222641_8275864.jpg

Pla Muek Tod Kamin Sod
揚げたイカをフレッシュなターメリックと、ライムやコリアンダーと合わせた爽やかなお味。
イカも柔らかくて、これはビールにもピッタリなお味です!
d0222641_8295298.jpg

Tao Hoo Palo
豚肉を中華の五香粉で煮込んだタイのムーパロは、邦人にも人気のお料理の一つですが
肉系のお料理が続いたので、今回は豆腐バージョンの方をチョイス。
チャイニーズブロッコリーの歯ごたえもシャキッとして、タレと絡んで美味しかったです。
d0222641_829733.jpg

こちらの濃厚なタレもテーブルで注いでくれるので、クリースピーさも最後まで残っていただけます。
d0222641_8311523.jpg

残念ながらデザートまでいけるお腹の容量がなく(笑)最後にはカプチーノをいただきました。

こちらの美味しいタイ料理、「あ〜、行きたいけど夜は無理だなああ」と思われた方も多いのでは?
今回いただいたお料理はアラカルトだったので、お昼のランチでもいただけるかと思います。
また、ランチとディナーにはそれぞれセットがあるので、少人数でも美味しくいただけます。
それぞれのお料理に合わせてワインがセレクトされた「S E A S O N A L T A S T I N G M E N U」も。
個室もあるお店なので、とっておきの歓送迎会や日本からのお客様にはとってもオススメのお店です!


バンコクのタイ料理も、外国人シェフの方がどんどん増えてきましたが
その方によってもいろいろと好みが分かれるところだと思います。
こちらの外国人シェフのタイ料理の世界は、モダンなテクニックと伝統的なお味とのハーモニーで
「久しぶりに美味しいタイ料理をいただいたなあ」としみじみ思うお味でした❤

バンコクの老舗のホテルが、タイ料理に外国人シェフを登用する新しい挑戦に踏み切りましたが
私たちも自分の持つ文化や価値観は大切に、外国の文化や思想、その方たちをきちんと認めた上で、
素晴らしいところはどんどん柔軟取り入れ、双方のよいところをどんどん織り交ぜて
ステキなハーモニーを奏でていけたらいいなあと、最近のニュースを見ていても思ってしまいます。。

このメンバーも一線で活躍している人たちばかりで、その会話から様々なアイデアをいただいたり
お互いのよいところを織り交ぜて、一緒に何かを作り上げている本当にステキな仲間達❤
心から愛するバンコクの友とのおしゃべりと相まって、心も舌も楽しんだ夜となりました。



さて、質問です❤
「あなたが外国の文化や他の人などから取り入れて、さらに素敵になれることはなんですか?」




「Benjarong @Dusit Thani Bangkok」
946 Rama 4 Road
66 (0) 2200 9000 ext. 2345
Lunch: Monday to Friday, 11:30 to 14:30
Dinner: Monday to Sunday, 18:00 to 22:00
by treasure-bkklife | 2015-02-05 08:23 | Thai@BKK