子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box
ここのところ毎週末バンコクへNLPを学びに往復する日々を送っています。
日曜日にはサイアムで爆発事故があり、ちょうどNLP仲間がこの現場にいて爆音を聞いたとのことで
いろんな心が痛むニュースが相次ぐ中、世界中にこれ以上何事もないことを祈るばかりです。

バンコクの日常はいつもと変わらず、まったく違和感もなく行き来をしているのですが(笑)
その間に友達とも久しぶりにあって、ステキな時間を過ごさせていただいてます❤

この日は公私ともにご一緒させていただいく タイ料理ライターのルイさんの大リコメンドで、
私のカラーの師匠でもあり、セントラルでカラーの講座を行っているColor Tableの重本史子さんや
バンコクの奥様だけでなく、日本にもそのお洋服が人気のatelier-fuwariの弘美さんと一緒に
外国人シェフの登用で生まれ変わった!という、ステキなタイ料理レストランにいってきました。
d0222641_81798.jpg

バンコクの老舗ホテルDusit Thani Bangkok にありますBenjalongでございます♪

こちらは昔からタイ宮廷料理で知られる有名店で、ルイさんとも一緒に来た事があるのですが
シェフが変わってぐ〜んとお料理が変わった!との事だったので、とても楽しみにしていたのです♪
d0222641_82193.jpg

お店の中にはタイのベンジャロンや、工芸品なども飾られて。
d0222641_834262.jpg

久々にタイらしい空間だなあと思わせる室内。
d0222641_85698.jpg

ゆったりとしたスペースが心にもゆとりを与えてくれるような空間です。
d0222641_861794.jpg

私たちはこのお庭が見える円卓の席。ステキな夜を予感させてくれます。
d0222641_873819.jpg

タイ料理はビールだけがお供ではありません(笑)ホテルならではのリッチな気分に。
d0222641_884161.jpg

光と影をうまく使った大人の空間に、酔いしれるディナーの始まりです。


こちらのバンコクの老舗ホテル、デュシタニのタイ料理レストランのベンジャロンは
新しくデンマーク人のモーテン・ニールセン氏をシェフとして迎え、メニューを一新したそうです。
この方はアジアでも指折りのレストランに選ばれた、バンコクnahmのロンドン店や
コペンハーゲンのKiin Kiinなどで、腕をふるわれていたすご腕の方という事で
久々に美味しいタイ料理がいただけるのではと、本当に楽しみにしていたのです!
d0222641_22121374.jpg

Black Currant Lemonade
まずはみんなで乾杯ということで♪ こんな女子好みのMocktailもいくつかの種類が。
d0222641_8173653.jpg

Yam Pla Duk Foo Deconsturacted
身をほぐして揚げたナマズと、グリーンのマンゴー、カニの身をトムヤム味で合わせたヤムですが、
本当にこれがまた、本当に絶品だったんです!
d0222641_8183688.jpg

このクリスピーに揚げた食感を最後まで楽しむために、テーブルで各自が混ぜていくのです。
d0222641_819501.jpg

このあたりのこだわりやホスピタリティーも、この新しいベンジャロンのおもてなしのひとつのようで
スープも具材の食感を楽しんでもらいたいと、テーブルで具材にスープが注がれます。
d0222641_8205911.jpg

Tom Yum
タイ料理の定番でもあるエビが入った酸味のあるスープのトムヤムクン。
d0222641_822464.jpg

Tom Kha
ココナッツミルクとレモングラスの香り、そして酸味が絶妙にマッチしたトムカーガイ。
この鶏肉はスロークックされたものなので、身が本当にふんわり柔らかい!
d0222641_8231131.jpg

Geng Juet
ローストしたダックにカニの身、若いココナッツやバジルのスープ。
d0222641_8242074.jpg

Tom Klong
タイでも魚のアジはよくいただくのですが、臭みもなく美味しさが広がります。

それぞれのスープは2人前ぐらいの量があり、4人で分けてそれぞれのお味を堪能しましたが、
本当にどのスープも心から「美味しい〜」と絶叫してしまうような(笑)素晴らしいお味で
「あ〜、バンコクに来てよかった〜❤」と改めて思うお料理の数々。

あっ、もちろんここでお料理は終われません(笑)
オーダーはもちろんルイさんに全て丸投げして(爆)、こんなお料理たちがやってきました!
d0222641_825332.jpg

どどーんと現れた4種類。4人で全て2皿ずつオーダー致しました。
d0222641_8374786.jpg

Kang Kiew Wan See Klong Neau Toom
72時間かけてスロークックされたというこのお肉の迫力を見て下さい!
柔らかくスッとほぐれるように煮込まれた牛のリブのお肉と、グリーンカレーのお味が絶妙で
このカレーはオーダーすることを強くオススメいたします❤
d0222641_826404.jpg

Pad Prik King Moo Pun
ミートボールといってもそこはベンジャロン、決しておこちゃまのお味ではありません(笑)
レッドカレーのソースにしっかりと包まれた、ふんわりしたミートボールがこれまた美味しい!
d0222641_8275864.jpg

Pla Muek Tod Kamin Sod
揚げたイカをフレッシュなターメリックと、ライムやコリアンダーと合わせた爽やかなお味。
イカも柔らかくて、これはビールにもピッタリなお味です!
d0222641_8295298.jpg

Tao Hoo Palo
豚肉を中華の五香粉で煮込んだタイのムーパロは、邦人にも人気のお料理の一つですが
肉系のお料理が続いたので、今回は豆腐バージョンの方をチョイス。
チャイニーズブロッコリーの歯ごたえもシャキッとして、タレと絡んで美味しかったです。
d0222641_829733.jpg

こちらの濃厚なタレもテーブルで注いでくれるので、クリースピーさも最後まで残っていただけます。
d0222641_8311523.jpg

残念ながらデザートまでいけるお腹の容量がなく(笑)最後にはカプチーノをいただきました。

こちらの美味しいタイ料理、「あ〜、行きたいけど夜は無理だなああ」と思われた方も多いのでは?
今回いただいたお料理はアラカルトだったので、お昼のランチでもいただけるかと思います。
また、ランチとディナーにはそれぞれセットがあるので、少人数でも美味しくいただけます。
それぞれのお料理に合わせてワインがセレクトされた「S E A S O N A L T A S T I N G M E N U」も。
個室もあるお店なので、とっておきの歓送迎会や日本からのお客様にはとってもオススメのお店です!


バンコクのタイ料理も、外国人シェフの方がどんどん増えてきましたが
その方によってもいろいろと好みが分かれるところだと思います。
こちらの外国人シェフのタイ料理の世界は、モダンなテクニックと伝統的なお味とのハーモニーで
「久しぶりに美味しいタイ料理をいただいたなあ」としみじみ思うお味でした❤

バンコクの老舗のホテルが、タイ料理に外国人シェフを登用する新しい挑戦に踏み切りましたが
私たちも自分の持つ文化や価値観は大切に、外国の文化や思想、その方たちをきちんと認めた上で、
素晴らしいところはどんどん柔軟取り入れ、双方のよいところをどんどん織り交ぜて
ステキなハーモニーを奏でていけたらいいなあと、最近のニュースを見ていても思ってしまいます。。

このメンバーも一線で活躍している人たちばかりで、その会話から様々なアイデアをいただいたり
お互いのよいところを織り交ぜて、一緒に何かを作り上げている本当にステキな仲間達❤
心から愛するバンコクの友とのおしゃべりと相まって、心も舌も楽しんだ夜となりました。



さて、質問です❤
「あなたが外国の文化や他の人などから取り入れて、さらに素敵になれることはなんですか?」




「Benjarong @Dusit Thani Bangkok」
946 Rama 4 Road
66 (0) 2200 9000 ext. 2345
Lunch: Monday to Friday, 11:30 to 14:30
Dinner: Monday to Sunday, 18:00 to 22:00
# by treasure-bkklife | 2015-02-05 08:23 | Thai@BKK
今週は予定がビッシリの1週間ですが、友達との熱い時間を過ごしております❤

元々、自分でピン!と来た事には、誰かに相談せずに予定を入れてしまう私ですが
友達もみんな同じ性格、そして興味が一緒なので、行く先々で同じ方々に会いまくります(笑)
そして「会いたいな〜」と思っていた人は、偶然なのですが自然と出会ってしまうように!
やはり大切なご縁や、人との繋がりをさらに感じる今日この頃です♪


さて、Kopi Sayang結団式のLanternでの熱い語らいの続きですが(笑)
シンガポールらしい景色が広がるお店の後は、どこかでしっかりご飯をいただこうと移動することに。
シンガポールらしいお料理という事で思いついたのが、なぜだか「バクテー」(爆)
キラキラの世界から一気にオトコ飯の世界へと(笑)と向かう、その矢先でした。

ホテルの出口へと足を進めると、ううっ!とっても気になるものが目に入ってしまったのです❤
d0222641_22181077.jpg

もう、こんなものを見てしまったら、女子たち(と言うのも図々しいのですが)はたまりません(笑)
いきなりバクテーからかなりの大方向転換!こちらのお店に居座ることに♪
d0222641_22191813.jpg

Fullerton Bay Hotelの1Fにあります The Landing point
金曜と土曜日の夜にはチョコレートビュッフェが行われているんです❤
d0222641_22363650.jpg

ソファがいくつも並んだ、寛ぎの空間が広がって。
d0222641_2240258.jpg

奥にはバーもあって、ハイスツールに座るステキな西洋人の方々も。
d0222641_22414760.jpg

私たちはラッキーなことに予約はなしだったのですが、奥のソファの席に座ることができました。


こちらのThe Landing Pointですが、大きな窓からはマリーナベイを一望できるステキな場所。
アフタヌーンティーは15時〜17時30分に行われますが、とても美味しいと評判のよう。

また、アラカルトの美味しい食事と、お酒が運ばれる13mのバーも必見で
外にはテラス席もあって、シンガポールらしい夜景も楽しめるので
ちょっと軽く一杯と言う感じのバーとして利用するのもお薦めなんだそうです。


さて、こちらのチョコレートビュッフェですが、こんな美しいスイーツたちがラインナップ!
d0222641_2222172.jpg

マカロンやらマドレーヌなど、美味しそうなスイーツの数々が。
d0222641_2224212.jpg

チョコレートやホワイトチョコレートのムースもお出迎え。
d0222641_23422455.jpg

もちろんガナッシュやら美味しそうなチョコレートも。
d0222641_22323099.jpg

そしてロールケーキやラズベリーのかわいらしいスイーツたちも。
d0222641_22144373.jpg

クリスマスのシーズンとあってか、この季節に欠かせないスイーツたちも❤
d0222641_2246071.jpg

どれも美味しそうで、本気でどれを選ぼうか迷いましたが
残念ながらそこは20代の頃とは違って、思った以上にはなかなか食べられなかった!(笑)
d0222641_22481715.jpg

このブッフェの女子心をくすぐったところは、何とシャンパンがセットに含まれているところ!
これだけのスイーツもいただけて、さらにお酒も一杯ついて、実は32S$++!
この後、食事をしながらお酒を飲むことを考えても「こっちの方がコスパがよいのでは?」と、
現実的な主婦達がそろばんを弾いたのも、こちらのお店にした理由の一つ(笑)
キールロワイヤルや、ミモザなどのシャンパンカクテルをオーダーしてみました。
d0222641_22502422.jpg

そしてシャンパンだけではなくて、各テーブルにはチョコレートフォンデュまでやってくるのです!
このフルーツがまたもやシャンパンにもあって、とっても美味しかった〜♪
d0222641_2254657.jpg

こちらのセットには、もちろんコーヒーや紅茶も含まれます。
優雅な気分とお得な気分が一緒になって、とても嬉しい時間になりました❤


パートナーとはどんなに仲良しでも、なかなかこの魅惑的な甘い世界はつきあってもらえないことも。
こんなスイーツを一緒に「ああ〜、なんて幸せ〜❤」といただけるのは、女子の特権ですよね!

同じようにちょっと男性には話しづらいヒミツの話も、女子同士だと本音で話せたりしたりして(笑)
しかもなぜかこれって、「昼のランチ会」ではなくて「夜の女子会」なんですよね〜♪

周りが不快になるような、ちょっとイタい「おばさん」にはならぬよう話題には気をつけて(笑)
たまに繰り出す女友達とのチャットの時間は、自分にとってのご褒美であり宝物♪
たまにはお子さんをパパに預けて、ママや妻であることを脱ぎ捨てて、女友達と出かけてみませんか?


さて、質問です❤
「あなたがパートナーにもちょっと話しづらいと思う、女子だけのヒミツの話は何ですか?」




「Chocolate Buffet and Jazz by the Bay@The Landing Point, Fullerton Bay Hotel」
80 Collyer Quay
Tel:6597-5277
8pm to 11.00pm (Fridays & Saturdays only)

# by treasure-bkklife | 2015-01-28 00:24 | Tea & Coffee @SIN
今週は2月に沖縄で強化合宿がある、臨床色彩心理のセッションに燃えています!

この資格取得のためにモニターを20名と、最初に聞いた時には、
「バンコクならいざ知らず、新しい土地でそんなにすぐにモニター探しができるだろうか。。。」と
正直不安でもあったのですが、いや、これがすでに20名を軽く越えました!
やればやるほど奥が深い臨床色彩心理、モニターになってくれた方との出会いに深く感謝です❤
新しい土地に来て辛いこともあったけれど、5ヶ月目でやっと軌道に乗ってきたところです♪


さて、先日のブログにアップした、シンガポールで行った魔法の質問Love Cardのお茶会
そのメンバーが私に合わず、これまた濃〜い仲間達でして♪

香港から誕生学を学びに何度も日本に帰った方、ヒーリングの資格取得にハワイまで行った方
海外駐在の間に国際資格のアロマセラピーやマッサージ、イギリスでホメオパシーを学んだ方
ファイナンシャルプランナーとして活躍されていた方、私と同じくNLPや魔法の質問を学んだ方など
底なしに学びにどん欲でパワフル(笑)そして我が道を行く者ばかりだったのです❤

魔法の質問Love Cardセッションをしている時に、それぞれの持つ豊富な知識が普通に飛び出して
「へ〜っ、そうなんだ!!!」と目からウロコ、もうめちゃくちゃ尊敬しちゃう人たちだったんです!


そこで、みんなの学びを合わせたら、すっごいことができるのではないかと盛り上がり(単純です)
シンガポールで暮らす女性たちに「自分らしく女性性を開花させて輝いていこう」と働きかける
「妻でも、母でも、一生が育自」をモットーに、シンガポールで育自サークルを立ち上げました!

多国籍国家のシンガポールらしく、よく使われるマレー語の「愛」の意味である「Sayang」と、
コーヒーの「kopi」とって、「いつでも気軽にコーヒーを飲む気持ちでこれる場所」との願いをこめて
私たちのチーム名を「Kopi Sayang」(コピ サヤン)と名付けました❤
(初めは「子宮防衛隊」という案も出たのだけど、あまりに強烈か?!となり、敢えなく却下(笑))


そんな楽しい仲間達と、奇しくも12月6日の双子座の満月の日
結団式を行ったのは、シンガポールらしい景色の見えるステキなこちらのお店です。
d0222641_1817359.jpg

シンガポールと言えば、最近はやっぱりこのそびえ立つMarina Bay Sandsでしょうか?
こちらのお店からは、こんなステキな景色が見えるんですよ❤

12月と言えばシンガポールは雨季。毎日夕方から雨が降る事も多い季節でした。
その日は「絶対晴れる、いや晴れさせてみせる(笑)」と言うメンバーの念が通じたのか
この日は雨が降る事なく、キレイな夜景に恵まれてラッキーでした!


さてさて、このお店がどこにあるかと言いますと。。。
d0222641_18182939.jpg

こちらの場所はマリーナ地区にあるFulleton Bay Hotel
クリスマス前とあって、ティファニーを思い出させるようなステキなデコレーションがお待ちかね。
d0222641_18204659.jpg

入り口のツリーもコーディネートされてステキ❤
d0222641_1822357.jpg

こちらのロビーではシンガポール名物のハイティーも行われます♪
その様子をまだブログにアップしそびれているので(汗)ぜひそちらもお楽しみに〜❤


さてさて、今日の目的地のお店はこちらです。
d0222641_18234759.jpg

スタイリッシュなルーフトップバーのLanternでございます♪
d0222641_18251493.jpg

プールサイドに広がるバーは、その光のきらめきが何とも美しい。。。
d0222641_18264728.jpg

暗闇の中に揺らめく炎が、とてもロマンティックな気分にさせてくれます。
d0222641_1828087.jpg

私たちはルーフトップバーの一番最前列、少しでもサンズに近寄りたいと(笑)
お友達が予約しておいてくれたので、このテントの中の席に陣取ることに♪
d0222641_1829616.jpg

これはこちらに着いてすぐに撮った写真ですが、席からサンズが丸見えなんです!

d0222641_18294881.jpg

なかなかこんなキレイにサンズを独り占めできるような、場所に行く事もないので、
デッキの前に立って、何度もみんなで記念撮影気分!はい、気分はすっかりおのぼりさんです(笑)
d0222641_1846538.jpg

ホテルのテントだけあってかなりゴージャスな雰囲気♪ リゾート気分に浸ります❤
d0222641_184820100.jpg

クリスマスとあって、各テーブルにもこんなかわいいベルがお出迎えしてくれました!


Uneathing Asiaに「最もロマンチックな景観Top 8」に選ばれたとも言う、こちらのLanternですが
Marina Bay Sandsを初めとする、シンガポールならではの景色をパノラマで見る事が出来る場所。

お店の名前は、この埠頭の旧中国名「レッド・ランタン・ピア」に由来しているのだそうですが
この埠頭がシンガポールの最初の移民の船着場であり、船の行く手を示すガイドとして
赤いランタンが吊るされていたことから名付けられたそうなのです。
このランタンに照らされた灯りは、多くの方の未来への照らす希望の光だったはず!
海外で頑張る邦人女性達の灯りになっていきたい、そんな我々の出航にもピッタリではありませんか❤
はい、かなりこじつけ入ってますが(爆)


さて、みんなでこれから一緒に歩いていこう!と、「Kopi Sayang」メンバーによる契りの盃を♪
d0222641_1831533.jpg

IMPERIAL BERRY MOJITO
ラムにベリー、ミントにそしてシャンパンが入ったシグネチャーのドリンクをチョイス。
他にもマーライオンなんてネーミングがついた、シンガポールらしいカクテルも。
d0222641_23494964.jpg

盛り上がって話し込んでいるうちに、景色の色も変わってきました。
d0222641_23514367.jpg

この反対側には都会的な景色が広がって。このギャップもまた魅力的♪


ここではちょっとつまんで、その後にご飯を考えていた私たちは、軽めのおつまみを2品チョイス。
d0222641_1833115.jpg

Sword fish Taco, Spicy Salsa & Guacamole
d0222641_18342141.jpg

Homemade Pita Bread, Chickpea Hummus
お店の方もとてもホスピタリティに溢れ、お料理のサーブなどはもちろんのこと
自ら写真を撮ってくださったり、ここちよい風に吹かれながらよい時間が過ぎていきます。

いつもの事ながら、話があっという間にどんどん展開していきますが
それに合わせて周りもほの暗く、また違う顔の世界へと誘ってくれます。
d0222641_18355818.jpg

サンズのショーが始まって、みんなが写真を撮るのに必死です(笑)
d0222641_18393220.jpg

こんな色にも、こんなビームも出すんだなあ。。。と初めて見た夜のサンズの美しさに感動!
d0222641_2354414.jpg

ビジネス街もすっかり夜の街へと早変わり。懐かしの丸の内を思い出したりして。。。


さて、それでは移動して、次のお店へと動き出しましたが。。。
d0222641_18414735.jpg

何しろ、このプールからの眺めも最高!また立ち止まって記念撮影しまくりです(爆)


この日は双子座の満月の日。双子座の満月には「コミュニケーション」「情報」などの意味があり
人から人への関係を結んでいくことを得意とするそうです。
そしてサークル活動や異業種交流なども意味するらしいので、まさにこの日の結団式は天のお導き!

と、ここまで書いておいて、本当はみんなの予定が開いていたのがこの日だったのですが(爆)
偶然、この日に私たちが集まれた意味があったと思い、どんどんと私たちの学びをシェアしていって
この夜空を照らす満月のように、皆さんの心を照らす灯りになるような活動をして行く予定です。
またメンバーや、セミナーやアクティビティについては、ブログでもご紹介したいと思いますので
どうぞ皆様、よろしくお願いいたします。


さて、こちらのお店はお客様がいっぱいのようだったので、やはり予約が必須かと思いますが
シンガポールに旅行に来られた方はもちろん、在住者も一度はおすすめのお店です♪
このシンガポールらしい景色を目の前に、海風に吹かれる気分は最高!

お店は夜だけでなく朝の8時から開いているので、昼間の景色もまた最高だと思います。
近くにはマーライオンなども歩いていける場所にあるので、まさに「The Singapore!」
そのステキな景色を、シンガポールの思い出の一ページにぜひ加えて下さいね❤


さて、質問です❤
「あなたが尊敬する人は誰ですか?」


「Lantern, Fulleton Bay Hotel」
80 Collyer Quay
Singapore 049326
Tel: +65 6333 8388
Fax: +65 6386 8388
Sun-Thu: 8am - 1am
Fri, Sat and Public Holidays:8am - 2am
Lunch: 12pm -3pm
Cocktail: 5.00pm till closing

# by treasure-bkklife | 2015-01-23 00:08
今日は水瓶座の新月ですが、最近はFBなどでも新月の話をシェアしている方が多いですよね!

水瓶座の新月は、古いものを壊して、新しいよりよいものを求める「改革」の時だそうで、
自分の中にある価値観や感情も向き合って、不要なものを手放すにもいい日でもあるのですが
まさに!!!「まだ、自分の中にはこんなことを持ち続けてたんだ。。。」という事に向き合い
今後のためにトランスフォームする、大きな一日となりました❤

さて、先週末はNLPマスターコースの2日目、これまた深〜い「改革」の学びがある一日でしたが
今回は前日からバンコク入り「時間がもったいない!」と、土曜日の午後から4件の用事が(笑)
そのうちお二人にコーチングセッションをする間にも、キツキツの時間にはなってしまいましたが
楽しいいつもの仲間達と、話題のこちらのお店で楽しい時間を過ごしました♪
d0222641_19442044.jpg

スクンビット49のThe PimanにありますRocket Coffee S.49でございます♪

以前、サトーンにあるこちらの店にも行ったのですが、お店の敷地が小さくていつも満員御礼!
その時は予約不可(今はどうなのかしら?)だったこともあって、なかなか席取りも大変でしたが
こちらのスクンビット49のお店は1階、2階と結構な広さがありました。
d0222641_19483357.jpg

こちらのオープンキッチンでは、クリエイティブなサンドウィッチたちがどんどん作り上げられて
それを眺めているだけでもアイデアが湧いてきて、とても楽しいんです!
d0222641_0574996.jpg

テイクアウトしたいパンやスイーツ、それにフレッシュジュースも美味しいんです♪
d0222641_200579.jpg

1Fの店内には大きなテーブルが真ん中にあるので、ちょっとしたミーティングにもよさそう。
d0222641_2021372.jpg

上からのぞいた1Fの様子ですが、爽やかですっきりした気持ちのよい空間です。
d0222641_17252.jpg

今回は大人数で集まるということで、お友達が2F席を予約してくれました❤


2013年にオープンしたサトーンのRocketは、大人気のお店としてすでに知られていますが
こちらのお店はセントラルエンバシーの中にある、SIWILAI Rocket Coffee Barに続く3軒目。
3人のスウェーデン人がオーナーとあって、スカンジナビアのお料理も豊富なお店です。
この3軒の中ではこのスクンビット49店が一番敷地も広くて、1Fには40席ほどのテーブル席が。
メゾネット式の2階のスペースは広さはないものの、自宅のリビングにいるような寛ぎの空間です。


さて、空港から真っすぐこちらに向かったとあって、まずはちょっと一休み♪
d0222641_2032217.jpg

British Summer
フレッシュのグレープフルーツと、ライムにスペアミント、エルダーフラワー水にソーダが入って。
爽やかなのどごしは、まさにつかの間のイギリスの夏のようなのでしょうか。
d0222641_050111.jpg

手前はAlkalizing Green、奥がBango
手前の青汁のようなジュースは、きゅうりにほうれん草、パイナップルにライムの組み合わせ。
色に一瞬「ギョッ!」としますが、ヘルシーなドリンクですよね!
奥のスムージには、バナナ、マンゴー、オレンジにヤングココナッツと南国らしいスムージ。
こちらのお店には面白いスムージやジュースがあるのも魅力的❤


さて、今回はそれぞれが豪華なSandwichesをオーダー♪
d0222641_0511161.jpg

Grilled Veggie Ciabatta
かぼちゃ、ズッキーニ、パプリカ、トマトにロケットなど、野菜がたっぷりのベジサンドウィッチは
モッツアレッラにペストソースが挟まっていて美味しそう!
d0222641_0523351.jpg

Grilled Chicken Thigh
ちょっとスパイシーなソースのかかったボリューム満点のチキンサンドウィッチ。
d0222641_0543459.jpg

Rocket’s Benedict
こちらのお店のシグネチャーでもあるエッグベネディクトは、温泉卵のようなエッグが魅力的♪
d0222641_0554858.jpg

Gravlax on Dark Rye
私がオーダーしたのはこちらでしたが、ノルディックサーモンにオニオンときゅうりのピクルス
そしてライ麦のパンにレモンディルソースがよく絡んで、目も舌も美味しく頂きました❤


さて、お腹がいっぱいになった後は、恒例のテンション高いおしゃべりタイム!
そこで話題になったのが、前回のブログの「スキンシップの不満はなんですか?
かなりインパクトが強かったようで、友達たちが突っ込む、突っ込む(笑)

そんなに気になるのであれば。。。と、今回は他のお友達をセッションする予定だったので
カードをスーツケースから引っぱりだして、いきなり魔法の質問Love Cardセッションの開催です!
d0222641_22361666.jpg

「暮らしのこだわりは何ですか?」
お互いがこだわるポイント、今までの習慣や価値観の違いって、結婚生活にはありますよね!
ここをどう二人で歩み寄って、折り合いをつけていくことももちろんとって大事ですが
なぜそこにこだわるのか、その奥にある気持ちや価値観を自分で知る事も大切なこと。
うちも昔は「お雑煮の中に何を入れるか」そんなことでも揉めたもこともあったっけなあ(苦笑)
d0222641_22365081.jpg

「どんなときにもっと認めてほしかったですか?」
「う、う〜〜ん」と、これまたうなり声が飛び出すような、ズキッとするどい質問が(苦笑)
「夫婦は合わせ鏡」とよく言うけれど、「ありがとう」などと相手から言ってもらいたい感謝の言葉。
では、自分は相手に分かるように「本当にありがとう」という言葉をかけているのか?
「自分に中にないものは、相手からも得る事はできない」まさに夫婦って学びあう関係なんですよね〜
d0222641_2138571.jpg

「二人の間に嘘をついていいことはあると思いますか?」
これまた深い質問が飛び出して(しまい)「うわ〜っ、これはまた濃いわ〜」と大騒ぎ(苦笑)
しかしその内容に「まっ、やっぱり、いろいろあるわよね、人生。。。」と(みんな大人ですから)。


全員が本当にピッタリな質問を引き当て、さらに質問によって掘り下げていくと
時には自分でも気づいていなかった気持ちなどが、玉ねぎの皮を剥くように出てくることも。
それでもコーチングをしていて思うのですが、幸せな人生へはこの気づきが本当に大切なんです。

そして友達の悩みや痛みにも、まるで自分のことのように大切に受け止めて、
一緒に寄り添える仲間がいることは、限りがある駐在生活の中でも本当に幸せなこと。
そんな仲間がバンコクにもいる幸せを、心から噛み締めた午後になりました❤


さて、このお題も内容も気になるらしい(笑)魔法の質問Love Cardですが
バンコクでも魔法の質問認定講師である大嶋博子先生から習うことができるそうです!
もしご興味がある方は、ぜひこちらのブログからお問い合わせくださいね♪ → 


こちらのお店は朝の7時からオープンとあって、朝食やブランチに訪れたり
夕方の5時以降の時間には、パスタやメインのお料理も用意されているそうです。
今日はちょっと疲れていて、ご飯を作りたくないな。。。なんて時にも嬉しいお店です♪
ぜひお友達と、そしてご家族と、一緒に爽やかな時を過ごして下さいね❤


さて、質問です❤
「あなたにとって、何でも悩みを打ち明けられる人は誰ですか?」



「Rocket Coffee Bar S.49」
46/12 Sukhumvit Soi 49. (At Piman 49).
Tel: 02- 6626- 638
Mon - Sun: 7am - 11pm
# by treasure-bkklife | 2015-01-20 23:32 | Tea & Coffee@BKK
日曜日から始まった、NLPマスタープラクティショナーのコース。
朝の5時半にシンガポールの家を出て、家に戻ったのが日付を越えた0時半!
それでも大きな学びがあって、心も身体もウキウキとする1週間が始まりました❤

このコースが始まる前に「自分は何がしたいのか?」こんなことを見つめる機会がありました。
NLPで学びますが「脳は空白を嫌う」、脳にとっての空白は分からないこと=「質問への答え」なので
その答えを一生懸命探そうとすることを始める働きがあるのだそうです。
だから質問を投げかけていくことで、例えば自分が読んでいた本の文章の中から
話していた時の相手の言葉から、自分に起きた出来事から、その答えがふっと分かる時が来るのです。


そんな質問を投げかけ続けていたところ、いろんなシンクロが起きて気づいたのは
「私は子育て、そして夫婦や恋愛関係などのパートナーシップのプロになろう!」(笑)
自分が今まで一生懸命やってきたことは、結局そこじゃないか!と気づいたのです。
だから質問をすること、質問に答えることって、自分の人生にとって本当に大切なんですよね!

そこで今回のNLPマスターの授業も、子育てや夫婦関係などのパートナーシップという
自分が学びたい目的に直接結びつけて、自分なりに学ぶことが出来るようになったので
さらにもっと有意義な授業にすることが出来て、本当に楽しみで仕方ありません♪


子育て、そして夫婦と恋愛のパートナーシップのプロになりたい、いや、なる私ですが(笑)
(こんな時も「〜なりたい」ではなくて、現在形の「Be動詞」で思うことがとっても大切なのです!)
少し前にそんな私にピッタリな、魔法の質問LOVEカードを学びました。

このカードは「ベストパートナーを見つけたい方」「今のパートナーシップを深くしたい方」
そんな方に魔法の質問家であるマツダミヒロさんが作られたカードです。
パートナーシップの価値観を考えたり、何をパートナーシップに求めているのか
自分や相手の気持ちが見えてきて、とてもパワフルなカードなのです。
まさに質問によって脳に空白を作ることで、自分の答えを探していくんですよね!


「この勉強をしたよ〜」とFBでお伝えしたところ、何人かの方が「ぜひやってみたい!」と集まり
一緒に学んだ仲間達と一緒に、こんなステキな場所でカードセッションをすることに。
d0222641_15102220.jpg

オーチャードから車で10〜15分ぐらいのDempsy HillにあるPS Cafe at Harding Roadでございます♪
緑の多い場所にたたずむ一軒家のカフェですが、いつも外国人の方達でも賑わっています。
都会のシンガポールにいながら、10分でリゾートについたような感覚に。
d0222641_2322261.jpg

まだ時間帯が早かったので席がまばらではありますが、開放感がある一軒家のカフェはいつも満員!
予約をしてお出かけされた方がよいようです♪
d0222641_23245526.jpg

ここのカフェの何よりステキなところは、この緑が目の前に溢れているんです。
都会のシンガポールにあって、ちょっとリゾートまで旅行をしに来た気分にさせられます。
d0222641_2326210.jpg

多くのママたちのランチだけでなく、元気な子どもたちも飛び回ります❤
こんな目の前に広い敷地が見えれば、大人も心がウキウキしますもの♪
d0222641_23274968.jpg

こちらのお水にはいつも野菜などが入っていて。こんなサーブの仕方もステキだなあ。。
d0222641_2329848.jpg

お店の入り口にあるケーキは、いつもこの大きさにも目が釘付け(笑)


こちらのPS.Cafeは1999年に寛ぎの場所としてオープンしたお店。
こちらのHarding Road以外にもシンガポールには4店舗、ファストフードのようなお店が2店舗
さらに同じくデンプシーヒルの中には姉妹店であるChopsuey Cafeと言う中華のお店もあるのです。

中でもこちらのHarding店は、デンプシーヒルと言う元は軍隊の敷地が解放された跡地にあり
オシャレなレストランやカフェなどの集まる人気のエリアにある、緑の多いカフェとあって
シンガポール在住の外国人や、多くの人で賑わうお店です。


さて、腹が減ってはなんとやら。まずはお腹を満たすことに♪
d0222641_2331157.jpg

Crushed Mint & Lime Soda
毎回、ここに来るとオーダーしてしまうのがこのソーダ。さっぱりしていて美味しいんです!
向こうにちらっと見えるのが、オレンジとジンジャーのソーダ。
他にもPS. Fresh Fruits Sodasには、マンゴーとミント、ライチとライムなどのソーダが楽しめます。
d0222641_2332612.jpg

PS. Shepherd's Pie and Soup
メニューを見た時には「ちょっとガッツリしすぎているかな?」と思いながらも
いつもこちらで同じようなものをオーダーしてしまうので、今回はこちらをオーダーしてみました。

ハーブのマッシュポテトの中に牛ひき肉が入ってオーブンで焼きあげたものですが、
思っていたわりにはしつこさもなく、最後まで美味しくいただけました。
スープはその日の日替わりだと思うのですが、今回はトマトスープと一緒に。
d0222641_23331620.jpg

Sticky Prawn Noodle
d0222641_23342636.jpg

Grilled and Vegetable
こちらのお店は西洋人のお客様も多いのですが、サンドウィッチの種類も充実しています。
以前、私もこちらをいただいたのですが、グリルしたお野菜がいっぱい入ったサンドウィッチは、
しっかりと食べ応えもあって、とても美味しかったです♪
d0222641_23354245.jpg

Morocco Miracle Stack
この美しいサラダのようなメインは、クミンのお味がしっかり効いていて
クスクスも使われているので、これ一皿でも満足感が。
d0222641_2337279.jpg

MISO Cod
この大きなタラが登場した時にはビックリしたのですが、タラやナスなども田楽のような「MISO」味で
お友達は「美味しい❤」と言っていましたよ♪
d0222641_15245576.jpg

PS Truffle Shoestring Fries
インパクトがあるこのフレンチフライは、違うテーブルでたくさん見かけて
「あれが食べたい!」とオーダーしましたが、このお店の名物なのだそう!
トリュフオイルとパルメザンチーズのお味がしっかり効いています。
とにかくすごい大量なので7人でシェアしましたが、一人で抱えて食べている西洋人の方も(笑)


さてさて、お腹も満たしたところで次は心を満たそう!ということで(笑)
d0222641_23434181.jpg

魔法の質問カードのセッションへGO!

まずは下の5つのカードの中から、パートナーシップにおいて大切に思っている順番に並べました。
「Care & Love」相手を思いやる気持ちや、愛の言葉
「Skinship」  スキンシップ
「For You」  相手のために何かをしてあげること
「Time 」   相手のために使う時間
「Present」   相手へのプレゼント

このカードはミヒロさんが今までのセッションの中から、パートナーシップに必要だと思われた
問題になる価値観や、質問などをカードにしていったそうなので、
その質問の一つ一つにも、「う〜む。。。」「ああ〜!」など、ドキっ!とさせられます。
d0222641_23375136.jpg

こうやって改めて並べてみると、「自分ってこんなところが大切だったんだ」と気がついたり
また仲間の並べた順番を見て、本当に一人ずつ価値観が違うんだなあということにも気づきます。
ということは、自分のパートナーともこの大切な価値観が違うってこともあるんですよね!

また自分自身の中でも相手から受け取りたいものと、相手に与えていると思うものを並べると
その順番にも違いが見られるようなことにも気づきます。
自分が心のままにきちんと「これが私にとっては大切と」パートナーに分かるように表現していたり
自分がほしいと思う物を相手に与えていなかったら、自分も受け取ることはできないんですよね!

「私、本当はここを大切にしていたんだ」「ここが満たされていなかったんだ」なんて気がついたり
今の夫婦関係、パートナーシップをポジティブに見直すことができる、よいきっかけにもなりました。


次には一人ずつ神経衰弱のようにカードをひいて、その質問に答えていきました。
d0222641_23392733.jpg

「スキンシップでの不満はなんですか?」
思わず一同「うわ〜っ、出た〜っっ」と(笑)いきなりディープな質問に大笑い(爆)
まあ、女子がこれだけの人数も集まれば、まあ出てくる、出てくる!実態がボロボロと(失笑)

育児や夫婦関係の学びをさらに深めたいと思い、この部分のカウンセリングの勉強を始めましたが
その中にはセクシャリティの問題も、やはりきっちりと学びの中にも含まれているんです。
セクシャリティの問題は、夫婦や恋愛などのパートナーシップには欠かせない部分なんですよね!


そしてスキンシップと言っても、常日頃に触れ合うようなものまで様々です。
「うちは『おはよう〜』とか挨拶代わりに、よくお尻をベローンと触る」という人もいたり(笑)
人それぞれなんだなあと思わされましたが、ここが夫婦で一致していないと辛いんですよね。。。
d0222641_23403628.jpg

「どんなときに相手に怒りを感じますか?」
そしてこれまた、超〜盛り上がった質問!
どんな時に「ダンナにイラッと来る」のかという話にも、出るわ、出るわ、次から次へと(爆)
「じゃあ、どうしてその時にいらっとしてしまうのか?」
一つずつの答えに対してどんどん掘り下げていくので、根っこにある怒りの原因に気がつくのです。

実はダンナに怒っているのではなく、本当は自分ももっと自由になりたいのにも関わらず
「妻、母だから〜しなければならない」と思って我慢をしていることが、
自由にしているように見える人=ダンナに腹が立ったりするのかなあなんて気づきがあった方も。
d0222641_23414036.jpg

「お金で買えないものは何ですか?」
結婚って「生活」なのでキレイな部分だけでは済まされず、お金の価値観も大切なこと。
この価値観が夫婦でどう違うのか、恋愛の時には見えなかった部分もすごく重要になる部分ですよね。


このカード、実はとても不思議なのは、その人に本当に必要なカードがなぜか引かれていくのです!
自分の潜在意識が「これを考えることが必要だよ」と、自分でそのカードを選ぶのだと思うのですが
その質問に心当たりがあってドッキリしながらも、答えることで自分に深い気づきがもたらされます。

そして「こんな話をみんなでするなんて。。。やっぱり恥ずかしい」と思う方もいると思うのですが
他の方の答えから「う〜ん、そんな視点もあるのかああ」と自分にはない考えに気づくことも多く
パートナーへの見方が自分の思い込みや、ジャッジだったなんてことに気づくこともあるのです。
普段は夫婦関係についてここまでおおっぴらに(笑)話す機会もなかなかないと思いますが
スキンシップや怒り、お金など、そんなことにも目を背けないで話し合うことって大切なんですよね!

こんな話をせきららにシェアしあったことで、仲間たちと「心の裸の付き合い」にもなり(笑)
このメンバーとの関係が、ギュッと深まったような気がします❤
そのおかげかこんな本音をシェアしあったこの時のメンバーと、これからあることを始めますが
自分のシンガポール生活を大きく変えて行く事になろうとは、この時は思いもしませんでした(笑)


大切な話だけれど、一緒に暮らすパートナーともこんな話をする機会もなかなかないと思うのですが
こんなカードを通して、パートナーと一緒にセッションをすることでそのきっかけがつかめ
お互いの気持ちや価値観が分かり合え、心の通った暖かい関係が生まれると思うのです❤

もちろん現在ステキなパートナーがいないと言う方も、こんな質問で自分の価値観を知っておくことで
日常の中で「あっ、この人だ!」と、赤い糸の人と出会った時には分かると思うんですよね!

パートナーは自分の親よりも子供よりも、一番人生で一緒に過ごす時間が長い相手。
このパートナーシップが豊かなものであれば、人生の彩りもより豊かになるかと思います。
シンガポールでこのLove Cardを学びたい!と言う方は、H SEEDSまでお問い合わせくださいませ。
また、シンガポールやバンコクでこんなお茶会も開きたいと思っているので、ご興味がある方はぜひ!


こちらのお店でシンガポールの日常の喧噪から離れ、リゾート地のような空間に癒され
心も身体も浄化されたような、ステキな昼下がりの時間を過ごす事ができました。
たまにはこんな心が開かれるような場所で、パートナーとじっくり向き合うのもよいですよね!
ぜひ大切なパートナーや愛する家族たちと、一緒に寛ぎの時間を過ごして下さいね❤



さて、質問です❤
「あなたがパートナーに思う、スキンシップでの不満はなんですか?」




「PS.CAFE at HARDING Road」
28B Harding Road
TEL: 6479-3343(+65)
   9070-8782(+65)
Brunch
Sat, Sun & PH,:9.30 am - 6.30 pm / Last food order 4.00 pm, last tea order
Lunch & Tea
Mon – Fri:
11.30 am - 6.30 pm / Last food order 3.30 pm, last tea order 6.30 pm
Dinner
Mon – Thu & Sun:6.30 pm - 12.00 am / Last food order 10.30 pm, Last bar order 11.00 pm
Fri, Sat & Eve of PH:6.30 pm - 2.00 am / Last dinner order 10.30 pm,
           last nite bite order 12.00 am, last bar order 1.00 am
# by treasure-bkklife | 2015-01-15 23:26

Casa Lapin x26

今週末から3月までの日曜日は、バンコクでNLPマスタープラクティショナーのコースを受講します♪
シンガポールとバンコクは飛行機で2時間半の距離で、なんと今週末は日帰りです(笑)

「専業主婦であり、ママが自分のためだけに、そこまでお金と時間を使っていいのだろうか。。。」
正直、自分の中でもそんな葛藤もありましたし(多少(笑))主人とも話し合いの機会も持ちました。
「何のためにそれを学び、自分がその先どうなりたいのか?」
「それを実現するためには、どのようにしていき、その分、何を手放すのか?」などなどなど。。
そんなプレゼンもさせていただきましたが(笑)主人も私の覚悟の程を知りたかったのだと思います。

お留守番してくれている子どもたちと、快く送り出してくれた主人のためにも
最後まで体調を崩さずに、しっかりと学んでコーチングなどに新たなエッセンスを加え
さらに海外で頑張る女性や妻にママ、そして子どもたちへと役立てていきたい!と思っています❤


さて3ヶ月ぶりのバンコクで楽しみなのですが、さらに街がさらに変わっているように思います。
みんなのFace Bookを見ていると、新しいお店もどんどん出来ているようです!
その中でも最近は、オシャレなカフェがどんどん出来ていますよね♪

すでにバンコクの方には、すっかりお馴染みのお店となっているかと思いますが
こちらのカフェがとっても居心地がよくて、何度も足を運んでいることもあり
「あら?まだブログに書いていなかったっけ。。」と、ぜひブログでもご紹介したいと思います。
d0222641_042376.jpg

スクンビット26にあります、Casa LapinX26でございます♪
こちらはスクンビット26を、スクンビット側から真っすぐラマ4側に進んで行くと
300m?ぐらい進んだ左手にある一軒家のお店です。
こちらのお店の道路挟んで右手に見えるのが、タイ料理のMint Cafeだったかと思います。
d0222641_1716464.jpg

こちらのスペースにはお店の名前のスペルのクッションが並べられて。
テーブルをくっつけると、大人数の時でも大丈夫。
d0222641_17274514.jpg

反対側には日差しが差し込むスペースが。一つのお店でいろんな顔を楽しめるんです。
d0222641_17204389.jpg

ここのお店の大好きなところは、ステキな季節の生花が飾られていること!これは秋に訪れたとき。
バンコクでは生花はすぐにダメになってしまうので、なかなかこれだけお目にかかることもないかも。
d0222641_17221915.jpg

先ほどの写真は10月に訪れた時でしたが、こちらは昨年の春の時の写真。
d0222641_17241836.jpg

そしてこちらのスペースの奥には、ダイニングスペースが。
d0222641_17503523.jpg

さらに奥のスペースには、オープンテラスのエリアもあるんですよ♪


そして私がとても気に入ってのぞいているのは、このカフェの横にあるこちらなんです❤
d0222641_0293888.jpg

「Wall Flower」という名のお花屋さん。
d0222641_0312163.jpg

一歩中に入ると、思わず「うわ〜っ!!!」と声をあげてしまいたくなるほどのお花たち❤
バンコクの花屋ではなかなか見かけることのない、種類の花が沢山取り扱われているんです!
d0222641_0333822.jpg

芍薬やチューリップ、美しい花たちのパワーでふんわり癒される空間なのです。
何かステキな花をプレゼントしたい、そんな時にもおすすめのお店ですよ♪


さて、カフェの方に戻りますが、こちらは何と言ってもコーヒーが美味しい〜!
d0222641_17493453.jpg

寛ぎ感のあるスペースには、こんな飲みものを用意する様子を見ることができるんです。
カフェの方はセルフスタイルになっているので、レジで注文して自分で受け取ります。
d0222641_17402055.jpg

レジの前には無造作に置かれたクロワッサンたちが。でも何だか様になっているんですよね♪
d0222641_17414362.jpg

後で写真に出てくるこのジュース、自分の好きなものを選んでフレッシュを絞ってくれるのです。
d0222641_17481329.jpg

美味しそうなケーキやキッシュたち。テイクアウトもできるので、お持たせにも便利です。


こちらのお店のオーナーはタイ人のアーティストの方で、こだわりのコーヒーを出すお店です。
今ではトンロー(スクンビット55)、スクンビット49、アーリーにこのスクンビット26と
バンコクに4店舗を展開する、外国人やタイ人からも人気のお店なのです。

その中でもこちらのCasa Lapin26は、近場にトンロー、スクンビット49のお店もありますが
かなり小さいお店ながら人気のお店とあって、人がいっぱいで距離感が他の方ともとても近く
友達と話をしていても、なんとなく正直、落ち着かないことがありましたが、
こちらのスクンビット26のお店は、スペースがゆったりと造られているのでとても開放的!


さて、何回も通ったこちらのお店なので、いろんな写真を集めてみました。
決して一度にいただいたわけではありませんので(笑)どうぞご安心を♪
d0222641_173046100.jpg

One Day Break fast 。
ブランチとしていただいたのですが、こちらに薄切りのトーストもついてお腹がいっぱい!
朝からガツンといただきたい時や、朝昼兼用なんて時にはいいかな〜と思います。
d0222641_17352666.jpg

Ceasar Salad
こちらのシーザーサラダには、こんなブレッドもついて来てボリューム感が。
女性ならこれに飲み物だけでもいいかな?って感じだと思います。
d0222641_17361776.jpg

ショーケースから選んだほうれん草のキッシュ。
d0222641_17374361.jpg

Meat Ball Spaghetti & Spicy Carbonara Spaghetti
こちらのカルボナーラですが、タイのスパイシーとあって本当にスパイシー(笑)
お子さんにはちょっと難しいかな?と言う感じでした。
d0222641_17382482.jpg

Torta Caprese
こちらのシグネチャーのトルテ
d0222641_17392325.jpg

先ほどの生絞り(ってビールのようですが)ジュース。
温活効果も狙って、こちらにはジンジャーも入れていただきました♪
d0222641_17324570.jpg

名前が思い出せないこの斬新なアイスティーは「バンコク〜」だったか「タイ〜」のネーミング。
その名にふさわしく唐辛子が刺さって、「う〜〜ん、キタ〜!!!」というお味でした(爆)
d0222641_17343846.jpg

こちらのコーヒー類は何しろとっても美味しいのですが、もう一つの魅力がこのアート。
d0222641_20574522.jpg

この美しい花が自分に来た時には、まるで大吉に当たったような気持ちに(笑)
d0222641_2171213.jpg

こ、これは白鳥?
d0222641_2181281.jpg

こ、これも白鳥、いや、さらに何だか分からない。。。でも、すごい繊細なラテアートにビックリ❤
タイ人って本当に器用なんですよね!


こちらのお店は、お料理については普通かなあという感じもしなくはないのですが
この美味しいコーヒーと、このバンコクらしからぬ雰囲気(笑)
そして何しろ、朝の7時半から空いているのが魅力的!
バンコクの学校は7時前には子どもたちも学校に出かけるので、
朝ご飯を兼ねて、早い時間からおしゃべりをするのもとっても楽しいですよね!

あと、バンコクのお友達たちが言うには「すごいイケメンがいる!!!」とのことでしたが
。。。う〜む、もう私が既に枯れてしまているのか、見つける事ができませんでした(爆)
今回の訪問の間にはこちらに立ち寄って、どんな方なのか会ってみたいなあ〜♪

ぜひ家族やお友達と、ゆっくりした寛ぎの時間を、こちらで楽しんで下さいね❤


さて、質問です❤
「あなたがお気に入りのカフェでゆっくり寛ぎたい時、一緒に過ごしたい人は誰ですか?」




「Casa Lapin x26」
Sukhumvit Soi 26
Tel: 081-261-2040
Mon -Thu : 7:30am -10pm
Fri - Sun :7:30am - midnight
# by treasure-bkklife | 2015-01-09 17:45 | Tea & Coffee@BKK
子供の学校も始まって、(待ちに待った!)自由の時間がやってきました!(笑)

今週末からはシンガポールやバンコク、そして日本でと、新たな学びをすることが待っています。
シンガポールに赴任してからは、自分の生活や気持ちを固める準備期間でのんびり過ごしていましたが
年が明けて、そう3年続いた大殺界からも今年は抜け出して(笑)やっと本格始動できそうです。


昨年の年末には1年を振り返り、新たな2015年に向けて目標を立てたいと思い、
シンガポールでオーラソーマと、ホリスティックヒーリングをされているTheia elさんが主催されている
来年のイヤーボトルを見るハイティーに参加させていただきました。

以前、こちらのYOSHIEさんに誕生日にオーラソーマのコンサルテーションをしていただいたのですが
柔らかいお人柄と優しい笑顔で心地よく心も開く事ができ、自分の使命や生まれ持ったギフトを知り
自分の内面までも発見できて、とても充実したカウンセリングだったのです❤
d0222641_22481137.jpg

場所はMRT Bugisが最寄り駅の、Park Royal Hotelにある四川豆花飯荘
Park Royal on Beach Road店でございます♪
d0222641_22504267.jpg

この時はクリスマス前の時だったので、お店には可愛らしいリースが沢山飾られて。
d0222641_23263053.jpg

レストランは広々としたスペースが作られて。
d0222641_23281413.jpg

大人数の円卓から小さな席まで、様々な人数に対応できるお店です。
d0222641_23302310.jpg

個室も何室かあったので、奥様会や歓送迎会、そして声の大きな人たち(笑)の集まりにも便利♪
d0222641_2332179.jpg

今日はこちらのハイティーを頂くという事で、入り口入ってすぐのスペースになる
Tian Fu Tea Roomでいただくことに♪


こちらTien Fu Tea Roomは、シンガポールに3軒、クアラルンプールとヤンゴン
そして東京の新丸ビルにもお店を持つ四川豆花飯荘がプロデュースするChinese Tea Roomです。
四川豆花飯荘はお店の名前の通り四川料理の名店と言われるお店ですが
このTien Fu Tea Roomはシンガポールの3店舗のみになります。

四川料理というと麻婆豆腐に代表されるように辛さが特徴なのですが、
この辛いも「辣」と言う、爽やかでコクのある辛さがあると言われています。
こちらのティールームでは辛いお料理ではなくて、その時期にあった点心やデザートと
そのお料理にあったお茶などをいただくことができるのです。

私も新丸ビルの四川豆花飯荘には行ったとこがあるのですが、特筆すべきはそのお料理だけでなく
四川が茶芸でも有名な土地であることから、アクロバット的にお茶を注いで下さる
茶藝師の方のパフォーマンスを楽しむこともできるのです。

シンガポールではラッフルズプレイスのUOBプラザにあるお店は、マリーナ地区やマーライオンなど
観光名所を空の上から見られることもあり、いつも混み合っているようなのですが
こちらのビーチロード店は落ち着いた雰囲気で、のんびりしたい時にはいいのかな?と思います。


さて、こちらのハイティーなのですが、季節によって内容が変わるステキなメニュー。
今回はFestive Seasonsと言う事で、「 Sparkling Imperial High Tea」の豪華メニューでした!
d0222641_22523199.jpg

Torresella Prosecco Extra Dry
「汽泡白酒」と中国語では書かれていたのですが、なるほど!これが中国語のスパークリングか❤
d0222641_22545641.jpg

来年はさらに拡大して行く年だそうで、みんなの発展を祝って乾杯〜♪
d0222641_228862.jpg

Xin Yang Mao Jian (Green Tea)
こちらのハイティーでは中国茶が3種類いただけますが、日本のお茶と違い茶葉が器に入っています。
これを蓋でうまく茶葉を押さえながら、お茶だけをいただくのです♪
d0222641_22564198.jpg

Steamed Seafood Dumpling with Birds Nest
見て下さい!この上に乗った白いプルプル♪ ツバメの巣が豪勢に乗っているではありませんか!!!
明日は私の肌も同じようにプルプル♪ と念じながら(笑)いただいたのは言うまでもありません。
d0222641_22584857.jpg

Steamed Prawn Dumpling with Spinach
こちらはほうれん草が入った蒸しもの。
一つ一つに割としっかり味がついているので、お醤油などのタレもあまりいらない感じです。
d0222641_2301798.jpg

Crispy Minced Seafood Dumpling with Birds Nest Served in Superior Stock
あれれ?ここにもツバメの巣がついている〜!!!
揚げた点心が美味しいスープも吸い上げて、とっても贅沢な気持ちになりました。
d0222641_2315757.jpg

Pan- Fried Pancake with Sweet Corn
d0222641_22123886.jpg

Oriental Beauty (Oolong Tea)
次のお茶は名前も美しきウーロン茶。お料理に合わせてお茶がいただけるのも嬉しい❤
d0222641_2335518.jpg

Sichuan Knife- Shredded Noodle in Superior Stock
四川のナイフで削った麺をいただきましたが、モチモチっとした麺が美味しかった♪
d0222641_2383834.jpg

Steamed Glutinous Rice Dumpling with Chicken
蓮の葉に包まれたちまきは、ホカホカの暖かさで登場しました。
d0222641_23104852.jpg

蓮の葉を開けると、甘く味付けされた鶏もしっかりと入って。ここまででもかなりのボリューム。


そして最後にはデザート類が。
d0222641_2355337.jpg

Deep Fried Sweet Potato
お芋の形をした揚げたスイートポテトは、ほんのりとした甘みが口の中に広がって。
d0222641_2312372.jpg

Double- Boiled Bird's Nest with White Fungus and Gingko Nut
「えっ、これもツバメの巣?いいの、こんなにいただいちゃって。。。」と思わず思ってしまった私。
このセット、これだけついて38.8S$(3,500円弱)なのは、本当にコスパがよいと思います!
d0222641_2321144.jpg

Home Made fine Bean Curd with Chinese Rice Wine
最後にはふるふるっとした柔らかさがたまらない!豆花がくこの実と一緒に登場。
美にもよい中国食材を贅沢にいただいたハイティーは、心も身体も本当に満足!
d0222641_2220863.jpg

Yunnan Dian Hong (Red Tea)
2時半から6時までのハイティーですが、何度もお茶を運んで来て下さいます。
お昼にしっかり食べてしまうと、このボリュームをいただくのはちょっとキツいかも。
その辺りは調整して、こちらのハイティーに望まれた方がよいかと思います❤


食で心とお腹を満たしたあとは、来年のイヤーボトルのお話などがありました。
d0222641_0235123.jpg

誕生日から割り出した自分のイヤーカードや、それぞれに対応するボトルを並べて。

2015年は誰にとっても大きな「変容」の年であり、「平和との調和」がキーワードなのだそう。
地球レベルでの平和もあるけれど、まずは一番身近な「自分の内なる心身の平和」なのかなと。
また「ハートのバランスや軽やかさ」もキーワードで、自分の心がワクワクと軽やかになることで
心身の調和が取れて平和が訪れ、家族へ、社会へと広がっていくのでは?と思います。
d0222641_0295412.jpg

これは2015年の私のカードと、元々自分自身が生まれながら持っているカード。

「2015年はハートが新しいものに開いて癒しが起こる、行くべき道に戻り
スピリチャルとクリエイティブを伝えていく年になる」そうなのですが
ここでピンと浮かんだものがあって「やっぱりそういうことか!」と思ったことがあったのです。

こんな自分の直感ってものすごく大事なことで、自分の潜在意識がお知らせをしてくれるのです。
頭で考えると「そんなの無理に決まっている」「できるはずがない」などと制限してしまうのですが
自分が自分にしっかりと問いかけをしていくと、脳はその答えを探すようにできていて
その時ではなくても、その人にとって最適な時に答えが帰ってくると言われています。

こういう事を単なる占いと思うのか、自分への大切なメッセージと思うのかで捉え方が違うのですが
大切なのは「それを聞いた時に自分がどう感じたか?どんな気づきが起こったのか?」
そのことから自分を掘り下げて質問していくことが、よりよい人生にとって大切かな?と感じてます。
d0222641_0325738.jpg

そして一枚、天使からのお告げと言われるエンジェルカードを引いてみると「MOTHER HEALING」
「母として抱える問題を、全て天に手放しなさい」という事でした。

これは自分が母として「家族のために、〜しなければならない」とついつい思ってしまいがちな私に、
「その思いを手放すことで、自分も家族も心が開き笑顔になりますよ」と言う
「自分を赦しなさい、そうすれば他人も赦すことができる」と言うメッセージとして受け止めました。

そしてこそんな自分の経験を通して、さらに「悩める母たちのための、癒しになる存在として」
海外で頑張るママたちと、子どもたちのために活動をして行きたいと思っています❤


こちらのTheia elのYoshieさんは、ご自身が選んだボトル4本からのコンサルテーションや、
自分のギフトや使命、目的やテーマなどを見ていただく72天使のコンサルテーションなどに加え
イギリスでオーラソーマのティチャートレーニングもされている方なので、オーラソーマを習ったり
レイキやクリスタルヒーリングなど様々なメニューがありますので、
ご興味がある方は、ぜひこちらのブログからお問い合わせをしてみて下さいね♪ → 


さて、質問です❤
「あなたが『平和と調和』を感じる時は、どんな時ですか?」




「Tian Fu Tea Room @ Park Royal on Beach Road」
7500 Beach Road Singapore 199951
Tel:6505-5724
2:30pm-6pm
# by treasure-bkklife | 2015-01-06 21:58
新年の最初のシンガポール情報のアップは「皆様の『願いが叶う』お福分け!」という事で
こちらの記事を真っ先にアップしたいと思っておりました❤

今年のお正月は「シンガポールを楽しもう!」と、家族でパワースポットを巡りもしてみることに。
その中で一番最初にご紹介したかったのが、こちらの場所なのです♪
d0222641_1933412.jpg

MRT プロムナード、もしくはエスプラネードが最寄り駅のになるSuntec City
コレだけ見るとなんて事はないビルなのですが。。。ギネスにも載ったあるものがあるのです。
d0222641_1936289.jpg

向こう側に遠くに見える未確認飛行物体のようなものが、その「あるもの」の正体(笑)


こちらは「富の泉」、英語では「FOUNTAIN OF WEALTH」と呼ばれているもので
この名前からしても、何だかワクワクしませんか?「オーラの泉」みたいだし♪

私がここの存在を知ったのは、出会ってから4ヶ月というのが信じられないほどの大親友で
レムリアンヒーリングのヒーラーさんであり、愛が溢れるブログを書かれているRieさんが、
何度も他の場所に行こうとしていたのに、ここに辿り着いてしまう不思議体験をしていたのです(笑)
(やはりヒーラーさんだから、いろいろと感じるパワーが凄い人なのです!)

彼女が「ここはすごいパワーがある!」と言うのだから、それは間違いないに違いないと!
「願い事が叶う場所があるんだって!」と、家族を引き連れて行ってきたのがこちらなんです❤


こちらのFOUNTAIN OF WEALTH、富の泉は1998年に世界最大の噴水として
ギネスブックに登録された、ヒンズー教の曼荼羅にインスパイアされたもの。
「願い事が叶う」「金運がアップする」などと言われて、観光客にも人気のスポットなのだそう。
風水学の考えを元に作られた、願いと幸運を象徴するよい気が流れるシンガポールのアイコンです。
d0222641_1931413.jpg

この富の泉の周りには、5つの高いビルが建設されています。
このビルはそれぞれ「左手の指」になるそうで、噴水は手のひら部分になるのだそうです。

「考えてみれば「富」や幸せは自分の手の中に、すでに持っているものなのかもしれないね。。。」と
お正月から詩人ぶって、感慨にふけってみたりして(笑)


噴水は朝の8時から夜の10時までですが、10時から2時、2時から4時、6時から7時半は
この噴水の中に入り込み、富の泉に直接触れることができるのだそうでこれを逃す手はありません!

私たちはTower 3の前から地下に入り込み、レストランなどが立ち並ぶスペースの真ん中にある
富の泉の中に入れる場所へ並んで順番を待ちました。
d0222641_22212561.jpg

みんなで係員の方の指示に従って、中へと進んで行きます。
入れ替え制になっていたので、前のグループが帰ってくると次のグループが入れるという感じです。
d0222641_22363425.jpg

噴水の周りはレストラン街。この富の泉を見ながらお食事をいただくこともできるんです。
よく見ると、向こうに見えるビルに「ONE」「TWO」などと書かれているのですが
これが「FIVE」までビル名があって、それぞれのビルが指の部分に当たるという訳です。
d0222641_19223969.jpg

大きな噴水の真ん中には、さらに小さな噴水が。
「FOUNTAIN OF WEALTH」としっかり書かれていますよね♪
d0222641_19254034.jpg

この周りを願いごとを心の中で思い浮かべて復唱し、右回りに3回まわるのがお作法だそう。
d0222641_19272888.jpg

この時、願いをこめてこの小さな噴水の水を、右手で触りながら回るのです!
コインを投げる人あり、自撮りしながら回る人あり、私のように左手で必死に写真を撮る人あり(爆)
様々な思いやスタイルでぐるぐる一緒に回っていきます。

「みんなが幸せいっぱいで、愛に溢れる年になりますように〜❤」は、ほんの序の口で(笑)
欲深いワタクシはいろいろいろいろ〜なお願いを、心の中で唱えて周りました♪


そして、富の泉のもう一つのお楽しみは、夜のライトアップショーなのです。
この時は夜の8時からスタートだったので、近くのお店で美味しいビールをいただきながら
その時を今か今かと、アラームをかけて待ちました(笑)
d0222641_1942439.jpg

急ぎ足で近くまで行ってみると、もうライトアップがされているかも!急がなくっちゃ!!
d0222641_2094774.jpg

なんて宇宙を感じさせるような、美しい光景なんだろう。。。。と感激♪
中央の高さが30mにもなる内側に流れ落ちる噴水の水は、富が逃げないことの象徴だとか。
d0222641_19523430.jpg

今度は紫がベースで艶っぽく。カラーもチャクラの色なのか、様々な色に変化していきました。
d0222641_195515.jpg

お次は赤のパワーの力強さを感じさせる光景に変身!

デートらしきカップルもたくさん見かけましたが、ロマンティックな気分にさせてくれる場所でもあり
家族連れでこのライトアップを楽しんでもよし!しかも、なんていってもタダですから(爆)

私も願いごとが叶うように。。。と、家族と一緒に心を込めてお祈りをしてきましたが
皆さんがこの画面からも、願い事が叶う富の泉のパワーが伝わることを願ってお祈りしてきました❤



都会でオシャレな街のイメージが強いシンガポールは、中華系の方も多く風水を大事にする街でもあり
パワースポットと言われる場所が結構あるようで、こんなシンガポール巡りも楽しいかも❤
お正月にいろんなパワースポットを巡ってきたので、一つ一つ紹介して行こうと思います!


さて、質問です❤
「あなたが1つだけ絶対叶うとしたら、お願いしたいことは何ですか?」





「富の泉(FOUNTAIN OF WEALTH)」
9 Temasek Boulevard
Tel:9224 4666
Fountain Opening Hours: 8am – 10pm
Daily Touch Water Sessions: 10am - 12pm, 2pm - 4pm, 6pm - 7:30pm
# by treasure-bkklife | 2015-01-04 23:45
HAPPY NEW YEAR 2015 !
明けましておめでとうございます。我が家は始めてシンガポールで新年を迎えました。

新年はシンガポールのマリーナ地区で開催された、カウントダウンに参加!!
押し合い、へし合いされながら(笑)いろんな国の人に囲まれ「HAPPY NEW YEAR!」を言い合って。
心を一つに夜空に打ち上げられた花火を見ながら、本当に地球は狭いなあ〜と感じた年明けでした。

その後、家に帰ってゆっくりした後、家族と一緒にお正月ならではのおせちを頂きました。
何とおせちを作ったのは7年ぶり(笑)毎年、バンコク時代は旅行に行っていたこともあるけれど
昨年は受験生の母まっしぐらで、そんな余裕もなかったな〜としみじみ。。。


食育マイスターや食育指導士では、伝統的な日本の食文化を大切に伝えていくことも学びますが
ちょうどお正月という和の文化を知れるいい機会なので、外国育ちの子どもたちにも
改めてそんな機会を作ろうと、母は今回ちょっと頑張りました❤
d0222641_11373436.jpg

お正月のテーブルは、新たな年に真っ新な気持ちで迎えるようにと願いを込めて
「白」を貴重にコーディネートしてみました。
d0222641_11395030.jpg

一人ずつのお膳には黒の正四角形の折敷を敷いて。
折敷は正四角形のもの方が長方形のものより格調高いとされているので、
お正月のようなハレの席には、こちらを使うようにしています。

これは黒と赤のリバーシブルになっているので、とっても便利。
今回も赤にしようか迷ったのですが、ランナーの色の一部と合わせて黒の方を使用しました。
こんな折敷を持っていると、テーブルが華やぎますよね♪
d0222641_11431489.jpg

一の重から三の重まで、それぞれに決まりに則ってお料理を詰め込みました。
お重につめて重ねるのは「めでたさが重なりますように」という願いが込められているからだそう。

こんな歳時記のお料理一つ一つにも、日本ならではの言葉遊びや意味が込められて、
改めて日本人って洒落っ気のある粋な人種なんだなあ、こんな気持ちを大切にしたいなあと思います。
d0222641_11453838.jpg

一の重には「祝い肴」を。お酒のつまみになるようなお料理が詰められています。

時計回りに、しっかりその地に根を張って、安泰に暮らせるよう願う「たたきごぼう」
黒くなるまで働けるよう、無病息災を祈る「黒豆」
その姿が穴が開いていることから、先を見通す願いを込めた「酢蓮」
金運を呼ぶ縁起物の「栗金団」
不老長寿とよろこぶことが沢山あるようにと願いを込めた「昆布巻き」
イワシが畑を耕す肥料だったことから、豊作を祈る「田作り」
水引を表し、平安と平和を願う「紅白なます」
d0222641_1153672.jpg

二の重には「焼き物」を入れました。

もし与(四)の重まであるとなると、ここにはかまぼこ、栗きんとん、だて巻き、昆布巻きなど
大人から子供まで食べられるような、甘いものが中心となって詰められるようです。

腰が曲がるまで長生きするようにと願う「エビ」
 本当は伊勢エビでといきたいところだけれど(笑)今回は息子が所望していたボストンロブスターを
 中華街にあるお店で手に入れて、茹でて入れてみました。
「焼豚」おめでたい席のお料理なので、つけダレに赤の色粉を少し混ぜて焼いてみました。
おめでたい扇形に切った「鶏の松風焼き」
細く長く幸せにと言う意味から、ごぼうを牛肉で巻いた「牛肉の八幡巻き」
ぶりが名前が変わる出世魚であることから「ぶりの照り焼き」


ここで面白かった話を一つ。
この「松風焼き」の上にはけしの実があしらわれるのですが、
シンガポールのあちらこちらで探したけれど、シンガポールのどこにも見当たらず。

市場のお兄さんに聞いたところ、声を潜めて諭されました。
「けしの実は何か知ってる?30年シンガポールでは見たことないし、輸入が禁止されているんだ。」
「そうか、食用でも麻薬と誤解されるからか!」と初めて知りました。

所変われば価値観や常識も変わる。海外にいるとこんなことが日常茶飯事です(笑)
ないものに目を向けていても仕方がない、何か他のもので代用しようと
今回はフラックシードを上にあしらい、ヘルシーな松風焼きとなりました。
海外で手に入る材料を使って、アレンジすることも大切かなあと思います。
d0222641_11545439.jpg

三の重には、いろんな根菜類を一緒に煮しめることから、家族が仲良く結ばれる「煮しめ」が。

親芋に沢山の子芋がつくことから子宝に恵まれますようにとの「里芋」
 六角形の亀甲型に切って、お祝いの意味を出しました
すくすく育つように、立身出世、家の繁栄を願った「たけのこ」
しっかりと根を張って安泰への願いをこめた「ごぼう」
こんにゃくを手綱に見立て、心を引き締め心を養う、縁を結ぶ願いを込めた「手綱こんにゃく」
最初に芽がでることから、めでたい、出世の意味がある「くわい」
椎茸の笠を陣笠に見立て、元気、壮健の願いを込めた「陣笠椎茸」
梅は花が咲くと必ず実を結ぶことから、縁起物の「梅花にんじん」

「緑」の彩りを表す絹さやがなかったので、スナップエンドウで代用しましたが、
絹さやであれば矢羽根のように、上の切り込みを二カ所入れた方が美しいです♪
残念ながらスナップエンドウだと、中身のお豆が飛び出て来てしまいました(笑)
d0222641_11571574.jpg

お重に入らなかったかまぼこと、伊達巻きはこちらに。
かまぼこはさすがに作ることは出来ず、こちらはもちろん市販品です(笑)

形が巻物に似ていることから、文化の発展、学問や習い事の成就を祈った「伊達巻き」
赤は魔除け、白は清浄、神聖を表し、紅白で縁起がよい「紅白かまぼこ」

伊達巻きは市販のものは私には甘く感じてあまり好きでないので、手作りをしました。
卵と砂糖、はんぺんに少量のマヨネーズ(これがふっくらとさせてくれるポイント!)を入れて
フードプロセッサーで混ぜ、型に入れて焼いてお寿司のように巻いておくだけなので
甘さも調節できて、意外に簡単に作ることが出来るんです。
鬼すだれがあるともっと伊達巻きらしかったので、今度日本で買ってこようかしら〜♪

かまぼこは本当はうさぎ型や鶴の形などに飾り切りをするともっと美しいのですが
ここで面倒になって省略です(笑)
d0222641_11591554.jpg

お雑煮
主人の実家のお雑煮は、小松菜と鰹節だけのシンプルなもの。
たっぷりと鰹が効いたダシには、みりんで甘みを加えると義母から教わりました。
今回小松菜は見当たらなかったので、今回はほうれん草で代用しました。

お雑煮は地方や家々によってかなり違うと思いますが、お雑煮はどんな具材は入っているお雑煮か
おでんに何を入れるかなど(笑)こんな話をすると結構盛り上がるんですよね!
d0222641_120437.jpg

鏡餅
これはガラス製のお供え餅(笑)
これからどんな国に行っても、一つ持っていればお正月に飾ることが出来るし
何よりスタイリッシュなところがお気に入りなんです♪
d0222641_1223386.jpg

橙(だいだい)
ローカルの市場で珍しく、葉付きの柑橘類を見つけたので購入してみました。
橙(だいだい)は「代々」に通じ、代々家が栄えるようにとの願いが込められています。

中華系の方が多いシンガポールでは、Chinese New Yearの方が華やかにお祝いするようですが
タイでも中華系タイ人のお宅にお邪魔したりすると、通常から玄関などにも「お金」と同じ色である「橙」(黄色)が飾られていることも多く見かけます。
d0222641_1254076.jpg

お屠蘇
邪気を払い無病長寿を祈り、心身ともに改まろうという意味の「お屠蘇」
「屠」は「邪気を払う」、「蘇」は「魂を目覚め蘇らせる」などの意味もあるそうで
酒やみりんで生薬を浸け込んだ一種の薬草酒になり、正式には屠蘇延命散と言うのだそう。

我が家ではこのお屠蘇は形だけ(笑)
中にはポリフェノールでアンチエイジングを狙う、赤ワインを忍ばせました。


今回、本当に久しぶりにお節を作ってみましたが、ひとつひとつ思いを込めてお料理を作ってみると
改めて「おせち料理っていいもんだな〜」と思ったりして。。
子供と一緒に台所に立ち金団のさつまいもをつぶしてもらったり、できることをやってもらいながら
こんな食の文化を肌で感じて親しんでもらうことが、一番の食育だなあとしみじみ感じることに。

元日の食卓を家族で囲みながら、子どもたちにお節の由来や意味を聞かせたりして
いずれ別々に暮らす事になるだろう子ども達の心に、日本人として少しでも残ってくれればいいなあ
素敵な和食文化を多くの人に広めてもらいたい、そんな風に思いました。


3回に渡って、様々な資格にたった見地から、年末年始のイベントを紹介して来たテーブルですが
今年はさらに暖かく心の通ったテーブルを、家族や多くの友人たちと囲みたいと思います❤

そして目紛しい出来事の中での新生活の立ち上げに、ブログの更新がかなり滞ってしまいましたが、
今年はもっと頻度よく!溜め込んでしまったバンコクとシンガポールの情報なども含めて
どんどん更新していきたいと思いますので、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

# by treasure-bkklife | 2015-01-02 14:21 | 食育・卓育
私も所属する野菜ソムリエコミュニティーバンコクのブログでは、
メンバーによる「突撃!隣の晩ご飯」ならぬ「野菜ソムリエの晩ご飯」を紹介しているのですが(笑)
今日は私がお当番だったので、そのブログをこちらでもご紹介したいと思います。

みんな素晴らしい夕ご飯を紹介しているし、今年最後、しかもこの企画最後を飾るのは
あの松田聖子と同じ「大トリのポジション」でないかと!(爆)(図々しくてすみません!)
ドキドキな感じですが、我が家の実情満載の「野菜たっぷりの訳あり晩ごはん」を綴ろうと思います♪


野菜ソムリエ協会でベジフルビューティーアドバイザーや、Jr.野菜ソムリエ&食育マイスターを学び
バンコクの海外育児情報誌の「nico Labo」で、毎月「大人も子どもも笑顔になる幸せご飯」と題して
その月のエネルギーを身体に取り込む、家族の日常の晩ご飯レシピを紹介をしています。
d0222641_021978.jpg

これは11月の食卓です。晩秋から冬の季節に嬉しい食材と調理法をご紹介しています。
d0222641_0133619.jpg

12月の食卓には美味しいふっくらした玄米の炊き方と、シンプルなお料理のご紹介です。
d0222641_0151589.jpg

これは間もなく刊行される1月号のテーブル。
ここからますます寒くなる季節、風邪の症状や咳などが出る事もありますよね!
この月は肺の調子を整えてくれる「レンコン」を使ったレシピをご紹介しております。


普段、食のレシピを考えたり、テーブルコーディネートなどを紹介していることから
「毎日のご飯は、どんなものを食べているんだろう??」そんな声をよく聞きます。ドキっ!
上の写真もある日の我が家の夕ご飯のレシピなのですが、毎日こんなセッティングはできません(爆)

毎日の食事にはテーブルクロスやブリッジなどは、洗濯の面倒さなどもあって登場しませんが(笑)
お料理をする時に心がけていることは、以下の3つなんです。

① 野菜を10種類は1回の食事に盛り込む 
  アメリカではミシェルオバマ大統領夫人が先頭になって、子どもの肥満撲滅運動に乗り出し
  学校給食を健康的で栄養価の高いものにするための、ガイドラインを発表しているのですが
  そのメニューに使われている材料は、野菜:穀物:タンパク質=2:1:1の割合なんだそう。
  
  また厚生労働省が、国民が健康に過ごすための指針として出された「健康日本21」でも
  「一日野菜350g、果物200g」を摂取するようにと目標値が定められていることもあり
  我が家も一度の食事に野菜を半分は取り入れるように心がけています。
  
  毎回量を量るのは性格的にもできないし(笑)それがまたプレシャーになるのもイヤだなと。
  そこで一度の食事に10種類程度の野菜を使えば、全体量の半分ぐらいにはなるだろうと。
  野菜が10に行きそうもないときは、最後はお味噌汁などになんでもいれちゃいます(笑)


② 色とりどりの食事になるように食材を選ぶ
  これは上の子どもが乳児検診で、保健婦さんから言われて実行していることです。
  
  目にもカラフルな食材たちは、食欲を誘って「美味しそう〜」と感じてくれるだけでなく
  世界にも誇る和食は「五味・五色・五感・五法」が大事と言われていますが
  この中の五色とは「白、黒、黄、赤、青(緑)」と言われていて
  こんな色合いを料理に意識して使うだけで、栄養バランスが整うと言われています。
  
 
③ 同じ味や調理法が一度の食事で重ならないようにする
  先ほどの「五味」は甘い、塩辛い、酸っぱい、苦い、辛いなど。
  「五法」は焼く,煮る,揚げる,蒸す,生(刺身など)とされていますが、
  揚げ物ばっかりだったり、甘いものだったりすると、やはりどうしても栄養も偏ってしまいます。
  
  また子どもにはいろんな味、料理にも挑戦してもらって、味覚もどんどん経験値を踏んで
  今後どんな国に暮らす事になっても、たくましくしっかりと生きて行けるように(笑)
  少しずつ子どもたちの様子をみながら、いろんな食べ物にチャレンジしてほしいと思っています。


正直、これを全部取り入れるのは、なかなか一度に全部は実行できない日もあるのですが
ちょっと意識してメニューを組み立ててみたり、1日分、そして数日単位をこの枠で見てみると
毎日のご飯がバラエティにも富んで、心と身体にも嬉しいご飯になるかなあと思っています♪



さてさて、うんちくはさておいて(笑)リア充ならぬ、最近の我が家のリアル夕ご飯をピックアップ!

★家に帰ってきたら、即!ご飯にしたい日のメニュー
d0222641_23581137.jpg

具だくさんの野菜スープ
ステーキ 赤黄パプリカ、いんげんのソテー
いろいろキノコのマリネ
なしとぶどうのサラダ パッションフルーツ醤油ドレッシング風味

子どもって、お腹がすいたら「もう待てない!」んですよね〜、これが(苦笑)
このメニューは外から帰ってきたら、シャワーを浴びている間に出来ちゃうメニューなんです。

それと実はこれ、以前ブログでアップしたおもてなしタイ料理の翌日のメニュー。
よくみると、その時のおもてなしに使った材料とかぶっているものがチラホラと(笑)
夕ご飯などのメニューを考える時には、数日間分の予定と材料をイメージして材料の無駄が少ないよう
そして自分が楽ができるように(笑)出来るところまで一緒に準備して時間をやりくりしています。


キノコのマリネは茹でたキノコ類をオリーブオイルやバルサミコ酢などで和えただけですが
マリネ類は食材に味がしみればしみるほど美味しくなるお料理なので、
急がしい日には前日や、早い時間から漬け込んでおくことができるので便利なのです。

野菜スープは早く作れるように野菜を小さく刻んで煮ておいて、家に帰って温めるだけの状態に。
こんな時も冷蔵庫の残り野菜たちを、どんどんお鍋に投入して使い切ってしまいます。

ステーキは1cmぐらいの厚さであれば、ささっと焼いてしまうことができるので意外に便利。
同じフライパンでステーキの脇に切って用意しておいた、野菜も一緒にソテーしてしまいます。

なしとぶどうのサラダも、出かける前に切って冷蔵庫に入れておいただけ。
追熟させたパッションフルーツは、悪くなる前に早く食べきりたかったので、
オリーブオイル、醤油と合わせ、塩コショウとチャチャっと味付けでドレッシングにして完成です♪


★買い物に行けなかった日のメニュー
d0222641_03304.jpg


鮭のムニエル きのこと芽ネギのソース添え
いろいろ野菜の焼き浸し
にんじん、ほうれん草、大根のナムル
里芋と芽ネギのお味噌汁

今日は買い物にいこう!と思っていたにも関わらず、大雨で出かけられなくなった日のメニュー。
こんな時には家に常温で保管できる、根菜類などがとっても大活躍してくれるんですよね。

いろんな野菜の焼き浸しは、常温で長期間保管ができるレンコンやごぼうの根菜やかぼちゃなどから
トマトやカリフラワーなどの冷蔵庫の残り野菜たちを、オーブン(トースター)などで焼きながら
生姜やネギのみじん切りをダシ醤油に入れたものに、熱いうちに漬け込んで味をなじませました。

大根、にんじん、ほうれん草のナムルは、それぞれを同じフライパンで順番に茹でて
塩麹、すりおろしたニンニク、ごま油と混ぜただけですが、簡単ながら美味しいメニューなんです。

お肉や魚などはお値段が安くて大量に買ってしまった時に、少量の塩麹や甘酒を塗っておいたり
ニンニクやオリーブオイルでマリネしたあとに、冷蔵庫や長い時には冷凍庫でストックしています。
こんなものが手持ちにあると急に買い物に行けなくなった時や、時間がない時にもとても便利です♪


★息子が風邪気味だったので、身体を温めるぽかぽかメニュー
d0222641_061359.jpg


参鶏湯
黄ニラと芽ネギ、空芯菜のチヂミ
チャプチェ
大葉春菊にトマトとワカメのサラダ 韓国風ドレッシング風味

今日のメインはなんて言っても参鶏湯!市場で美味しそうな丸鶏を買ってきました。
シンガポールは中医学の医院も街中で見かけることもありますが、まさに「医食同源」の国。
市場のおばちゃんたちも「熱がある時は大麦のジュースを飲むといいよ」などと教えてくれます。
せっかくこんな土地にすんでいるのだから、これを生かさないのはもったいない!

シンガポールやバンコクでも乾物などの食材売り場にいくと、高麗人参やくこのみ、蓮の実などや
「血」とか「気」とか書かれた「身体によさそう!」と言う漢方のパックの食材が売られています。
お鍋には丸鶏と一緒に、きくらげ、白菜、ネギ、そしてもち米と漢方の具材を入れて煮込みましたが
軟骨まで柔らかく、ほろっと身が崩れるまで煮込んだ身体に染み入るような鶏の美味しさと、
鶏や漢方の食材から出た様々なエキスを沢山吸いとった、野菜やもち米が何とも言えないお味に❤
丸ごとの鶏でなくても、手羽先など骨がついた部分の鶏でも美味しく出来上がると思います。

そして、この時期におすすめしたいのは、サラダに使った南国野菜の大葉春菊なんです。
タイもこの時期は毎年見かけますが、シンガポールでは明治屋で見つけて狂喜乱舞!
タイでは「タンオー」と呼ばれますが、シンガポールも中国の潮州から多くの方が移住されていますが
その潮州語がタイ語のこの葉の名前にも由来しているようです。

ちょっとしたほろ苦さと、大きな柔らかな葉魅力のお野菜なのですが、アジアの料理にだけでなく、
ルッコラのようにフェタチーズやオリーブ、パプリカなどと一緒にサラダのようにして
バルサミコやオリーブオイルなどのドレッシングの一緒にいただいても美味しいんです。
大葉春菊はカロテンがほうれん草よりも多く、ビタミンCやカルシウム、そして鉄なども多く含まれ
女性にとっても嬉しい野菜なので、オイルと一緒に摂ることでさらに吸収力が高まりますよ♪

見た事もない、初めての野菜に手を出すのはちょっと勇気がいりますが、ぜひ一度そのまま味見して
その味わいが自分の知っているどんな野菜に似ているか、どんな野菜と同じように使えそうか
そんなところからメニューを考えるとぐっと使える野菜が増えると思うので、ぜひお試しくださいね!


★「朔日冬至」の和食文化を知ろう!のメニュー
d0222641_084986.jpg


カボチャと小豆のいとこ煮
ふろふき大根 
豆腐ステーキ 根菜と醤油麹のきんぴら添え
小豆玄米ご飯
白菜とネギ、きのこのお味噌汁

海外に暮らしていると、日本の素晴らしい文化を素通りして生活してしまうことも多いのが実情。
ましてずっとインターナショナルスクールに通う我が子たちは、歳時記や由来を知らないことも。
学校でも自国の文化を紹介する機会も多いのですが、やはり肌で感じるよう体感してもらいたいと思い
こんな歳時記の時にはいい機会だと捉えて、その由来に則ったお料理を作るようにしています♪

冬至には「運をあげる」と言う意味で、最後に「ん」がつく「南京(ナンキン)」のかぼちゃを始め
「レンコン」「ニンジン」「ダイコン」などを食べるといいと言われるようになったとか。
カボチャや小豆など陽性の食べ物を摂ることでギュッと身体を引き締めて免疫力を高め、
寒い冬を乗り切ると言うこともあるようなんですよ!

最近は麹にハマっていて、麹だけで作る甘酒や麹とお醤油で作った醤油麹なども大活躍。
麹は炭水化物、脂質、タンパク質の三大栄養素を分解してくれる、消化酵素を持っているそうなので
腸内環境をよくするためにも、積極的に取り入れているところです。

カボチャと小豆のいとこ煮の甘みには、砂糖でなく甘み付けに甘酒を使いました。
根菜はさっとごま油で炒めて一度火をとめ、余熱で醤油麹を使いきんぴらにして
焼いた豆腐のステーキの上にも、醤油麹に生姜をすりおろしたものを混ぜたタレを乗せてと
自家製の麹食品をどんどん我が家の食卓にも生かそうと、いろいろ試しているところです。


★忙しくてご飯を作る時間が全くない日のメニュー
d0222641_0134516.jpg

超豪華!特製カレー
野菜サラダ
美味しいビール(笑) 以上

「今日は忙しくて、全然ご飯を作る時間なんてないなあ」って時ってありませんか?
子どもたちが小さい時は、サッカーの試合や学校行事に付き添いがあったり、1日家族で出かけたり。
もちろん、そんな時には外食でもいいのだけれど、ちょっと疲れて家に帰ってのんびりしたい、
でも、帰ったらすぐご飯にしたいって時ってありますよね!
そんな時に大活躍してくれるのが、どこのうちでも「カレー」なんじゃないかな?って思うんです。

でも、カレーって本当に手頃で子どもが喜ぶお料理ではあるのだけれど、
サラダをつけても栄養的にはバランスが。。。って、ずっとどこかで思っていたんです。
それがある時、お友達からこの作り方を口頭で教えてもらって、やってみたら「超〜うまい❤」(笑)
それからは忙しい日の予定が前から分かっている時には、このカレーを発動することに!

でも写真を見ると「どこか超豪華!特製カレーじゃ。普通じゃない?」って思うでしょ?
秘密はここにあるのです。。。だって、3日かけて作っているんだもの。うふふ❤
d0222641_0165968.jpg

これは1日目の写真。
お鍋に葉もの野菜や玉ねぎ、ニンニクに生姜やトマトなどを、「これでもか!」という程詰め込んで。
シンガポールもタイも南国野菜はお手軽な値段で手に入るので、こんな時にもとても嬉しい食材!
今回のお鍋の中には空芯菜、カイラン(カナ)、広東菜、青梗菜など
柔らかくて水分がありそうな、南国の葉もの野菜がぎゅーっと入ってます。

できればルクルーゼなど層が厚いお鍋を使って、蓋でしっかり密閉するように蒸し煮にして行きます。
水を加えずに作ると野菜の水分だけで作るとよいのですが、もし焦げ付きそうであるのであれば、
水分などを足して煮込んで下さいませ。圧力鍋だとさらに水分もあまり必要なく調理できますよ♪
d0222641_020584.jpg

これが1日目の煮込んだ後の写真。あんなに一杯のお野菜も、こんなに量が減ってしまうのです。
これをあら熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やすことで、またぐっと野菜の美味しさが引き出されます。
d0222641_0233252.jpg

そして2日目。また別のお野菜を投入。
ここに実はクリスマスパーティで使った赤ピーマンやら、カボチャなども一緒に入れて。
このカレーの一つよいところは「冷蔵庫のお掃除」にもなるのです(笑)
d0222641_0273068.jpg

2日目の煮込んだあとはこんな感じに。これが冷めたらさらに冷蔵庫に入れて放置(笑)
d0222641_0294532.jpg

3日目。これをバーミックスかミキサーなどで撹拌するとこんな感じに。
色味やとろみはすでにカレーのようですよね!

ここに焦げ付かないようにお水や野菜ジュースを足して、カレールーや果物、好きな調味料で味付け。
我が家はここまでを大量に作ってあるので、その日に使う分だけを少し別の鍋に移して
スパイスなどを混ぜたカレー粉を炒めたものなどに、この野菜ピューレを加えていきます。

付け合わせの野菜やお肉はここで合わせますが、このカレー味のピューレを冷凍してしまえば
シーフードや季節の野菜などいろいろと具材を変えて、ヘルシーなカレーをいつでも楽しめるんです。
また、カレーの味をつけていな分の野菜ピューレは、野菜の旨味がぐっと入り込んでいるので
ビーフシチューやパスタ、煮込みなどのソースなどにも使え、いろいろとアレンジが広がりますよ❤



長々と、いろいろ晩ご飯への思いを綴ってきましたが(笑)
他にも毎日の食卓や料理に気を配っていることが、あと4つほどありました。

① 必ずランチョンマットと箸置きを置き、食卓に花を飾って、いつもの食卓も演出する。
② 食事中はイヤな会話をしない、怒らない(笑) みんなで楽しい会話をする。
③ お料理をイライラしながら作らない。楽しい気持ちで家族愛をこめて作る。
④ どうしても作りたくない時は、罪悪感を持たずに割り切って外食、または買ってくる!
  そして「あ〜、美味しかったね❤」と、みんなで楽しんで食べる。


毎日の夕ご飯、「今日はいったい何を作ろうかな〜」と、メニューに悩んてしまったり
「あ〜、今日はご飯作るのめんどくさいなあ」と思うこともあると思います。(私もしょうちゅう!)
そんな時もこんなちょっとしたアイデアと工夫、そして思い切った割り切りで(笑)
毎日のご飯作りが少しでも気持ち的にも楽になり、楽しくできるヒントになれば嬉しく思います❤
# by treasure-bkklife | 2014-12-29 01:00 | 野菜ソムリエ