子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box
さて、とうとう明日は2ヶ月ぶりのバンコクです!
たった2ヶ月なのですが、やはり今から気分はウキウキお里帰りの心境です(笑)

さて、バンコクで開催予定の自分をもっと好きになろう!セミナーの準備も着々と進んでおりますが、
今回のセミナー、私からはこんな素敵な学びからお話もしたいと思っています♪
d0222641_8443.jpg

永遠のキレイを手に入れた女性を多く育て、日本のマクロビ界をリードするルナマクロビの美恵先生
有名芸能人や経営者もお忍びで通う幸運になる魔法の伝達者スペシャリストの後藤志果さんから
「月のリズム×太古の叡智×食物の力」に秘められた夢を叶えるための方法(魔法)を学び
自分の夢を自由自在にデザインすることができるドリームデザイナーの資格を取得しました❤
これはSkype越しに、美恵先生と志果さんからサティフィケートをいただいているところです♪


この資格はドリームナビゲーターのベーシックにあたるものですが、ドリームナビゲーターとは
その言葉の通り「夢を現実へとナビゲートする(導く)人」「夢を現実化させる専門家」なのです。


講座は2週間に一度授業があるのですが、実は開講一日前に、偶然、いや必然の流れでこの講座を知り
「この講座は、私に絶対必要なものだ!」とピン来て、10秒後には海外から電話で自己談判(笑)
先生方にお願いをして「どうしてもお願いします」と、Skypeで講座を受けさせていただきました。


マクロビ界のカリスマ魔女である、美恵先生から学ぶ3回の講座では
料理とは「理を料ること」との食の考えや、夢を叶えるための食べ物のエネルギーなどを学びました。
実はこの講座を受ける前、今までいろんな食を学んできたけれど、ある考え方でつまづいていました。
「今まで栄養学を勉強してきたけれど、果たして料理ってそれだけなのか?」と。

体にいいからと頭で考えて食べたり、好きでないものを家族に押し付ける形になっていいのかと。
「栄養、体にいいものはとても必要。でも、それだけでは人生は豊かにできないのでは?」
体によい効能があるという食物であっても、一人一人にオンリーワンの個性があるように
体質や生活習慣、考え方なども違うので、誰もにとってこれがいい!というのはどうなんだろうか?と
そんなことをずっと考え続けていたので、この講座を引き寄せることが出来たのだと思います。


実は私はクシ マクロビオティックス コンシェルジュと言う資格を持っていて、
その講座を通じてマクロビオティックの素晴らしさを勉強し、理解してはいるものの、
どうしても「動物性のものがNG」という食生活は、私、さらに我が家には合わず、
玄米を食べるなど、自分がよいと思う部分のマクロビ生活は実践しておりました。

そこで、美恵先生に清水の舞台から飛び降りる気持ちでお聞きしたのが、
「なぜ動物性のものを食べることがよくないのか?」と言うこと。
マクロビ界の巨匠にそんなこと大それたことをお聞きするのは、恐れ多いとも思ったのですが、
この先生なら、「必ず私の疑問にまっすぐに答えて下さる!」というどこかに確信があったことと、
ここが自分自身できちんと腑に落ちていないと、これを人には伝えていけないという思いから
先生にお伝えしたところ、「食べていけないという物はない」とのお返事が!

それでもなぜ、動物性のものが体と調和しないのか、殺生はよくないと言うような理由だけではなく
しっかりと生命の進化論までに落とし込んで分かりやすく伝えて下さりました。
そして人にはそれぞれ食のステージがあり同じではなく、どれがいい、悪いということではない。
「マクロビオティックは宇宙そのもの。何かを食べない、代替えをするということではない。
宇宙の摂理を理解し自然界のリズムと調和をとって、誰よりも幸せと豊かさを体感し自由になること」
と、お聞きして「やっぱりこの先生はすごいっ!」と、その懐の大きさにも恋に落ちました(笑)


そして幸運体質になる魔法を伝授する 後藤志果さんから学んだ4回の講座では、
特別なことではなくて日常を奇跡に変える方法を、具体的に且つ実践を通して学びました。

言の葉、言霊ともいいますが、そのパワフルな力や、感謝や祈りの力を学びましたが
いろんなスピリチャル本なども出ていますが、よくあるのが「ポジティブな願いは必ず叶う」
これについても志果さんからは「願うだけでは叶わない。行動を起こさなければ変わらない。」と。
真の意味での願い、祈りや感謝とは何なのか、それがどう人生に影響していくのかを深く学びました。

そして毎日の生活の中で、この7つを実践すれば絶対に変わるという具体的な方法も
1つ1つ私たちの日常のケースに当てはめ、分かりやすくその方法や考え方を伝授して下さいました。
本当は自分でも変わりたい!と思っているのに、そこから抜け出せないということはどういうことか。
自分の人生は自分の思考と行動一つで、未来が大きく変わって行くことへの気づきをいただきました。
他にも自分のボジティブだけでなく、マイナスの感情をどうとらえて向きあっていくのかなど、
私たちのこれからの人生においても、本当に有益で大きな気づきをいただいたのです。

スピリチュアルと聞くと「実態もない、フワフワした分からないもの」と思う方もいると思いますが
志果さんからの教えは、しっかりとした太古の叡智からに基づいた地に足がついたもので現実的。
今回のメンバーは仕事をバリバリされている男性や、素敵なワーキングウーマンたちばかり。
そんな方たちにも「あ〜っ、そういう事か」と、毎回目からウロコのような気づきの連続だったので
現実世界で生き抜く芸能人の方々や、経営者の方々が志果さんに学ぶのもよくわかります。

私にとっては理論的に今までしっかりと学んできた、NLPやコーチングなどとも繋がって、
双方ともへの理解が深まり、さらに体感していったことで自分の学びが確信に繋がりました。
そして何よりも暖かく包んで下さる志果さんのお人柄にも、これまた恋に落ちてしまったのです(笑)


受講中は毎日、毎食、自分たちがいただいた食と、感情の変化、出来事、そして悩みなどに対しても
仲間たちとFBでシェアをして、お二人からのこの叡智から見た暖かい親身なアドバイスもありました。
そこから、「こんなものを食べた時にこんな感情になった。こんな出来事が起きた」などや、
「こんな感情、出来事があった時、こんなものを食べたくなった」など、いろんな発見があり
「食べ物、思考、感情、出来事は繋がっている」ということを、理論だけでなく体感する毎日でした。

私は今回ちょうどバンコクからシンガポールに移動する期間の受講で、辛いことも多かったのですが
「起こることは全て宇宙からのギフト」と、その意味をじっくりと見つめ前に進むこともできました。
この時期にこの講座を知って学んだこと自体が、ありがたいご縁でギフトそのものだと思っています。


そんな一緒に学んだ仲間たちですが、講座の最初になりたい自分になるための夢を描いたのですが
3ヶ月終了時には昇進したり、営業成績があがったり、したかった学ことがラッキーに手に入ったり
滅多に褒めない上司や周りからも、内面と外見が輝いたことでキレイになったと言われたり
ダイエットをしている訳でないのに、自分に一番相応しい体になるようにと願って8キロ減量したりと
本当に一人一人の夢が、いろんな形で叶っていったのです。

そして私の夢は、「海外で頑張る妻、ママたちを応援してサポートしていきたい」ということでしたが
この学びを伝えることで、その夢がバンコクで第一歩を踏み出して間もなく叶います!


今回の「自分を好きになろう!」のセミナーでは、夢を叶える食の話などもお話したいと思いますが、
お二人から教えていただいた学びを得て、私が自分を好きになるために考えたレシピはこちらです。
d0222641_19222477.jpg

「自分に自信がもてずにおどおどしがち。新しいことをする勇気が持てない、心配症な方へ」
そんな方にぜひ食べていただきたい、必要なエネルギーをギュッと詰め込んだレシピ。
なぜこんな食材、調理法がいいのか、そんな考え方も伝えていきたいと思います。
他にもこんな方にと思いをこめて、全部で5つのタイプのレシピを考えてみました!


私は他の自分の活動をしている方に比べて、スペシャリティがないことを引け目に感じていたのですが
4年前にバンコクで、いやシンガポールの駐妻にも有名だった!占い師のNさんに言われたのです。
「女性と子どもに関することを、一生の仕事にしたらいい。
 学んできたことが全て輪になって繋がって、あなたのオリジナルになる時がくるから。
 だから「これをした方がいいに違いない」と頭で考えるのでなく、
 自分がこころからピンと来て、楽しいこと、好きなことをやり続けなさい」
今、まだに本当に少しずつ形になって、輪になってきたのを感じています。

今後、クライアントにカウンセリングを施してエネルギーや体質も見分けて人の夢を叶え、
結婚相手との「パートナーシップ」「子供との関わり」などの様々な人間関係の中にも活かせる
アドバンスコースに進む予定なので、この学びをさらに多くの方に役立てることができるよう
これからも日々精進していきたいと思います❤




「夢を叶える専門家 ドリームナビゲーター養成講座」
HPはこちらから♪ → 
# by treasure-bkklife | 2014-10-11 19:51 | My Daily Life
今週は、久々にレシピ作りに燃えております(笑)
2年間、コラムを書かせていただいている、バンコクの海外育児フリーペーパーのnico Laboですが
来月号からは内容をちょっと変えて「大人も子どもも笑顔になる幸せごはん」を綴っていきます♪

今までの歳時記やキッズパーティのテーブルコーディネートではなく、
大人だけのご家庭にも役立つような、子どもも一緒に食べておいしい!
毎日のごはんが楽しくなる食卓のヒントになればと思って、レシピを作っています♪

また、今回の「自分を好きになろう!」のセミナーでは、実は食に絡めたお話もするのです。
食事は健康だけでなく、感情や出来事ともリンクしているのはご存知でしたか?
なりたい自分、そして家族の夢をサポートしていくには、食事からもサポートができるのです♪

そう考えると、妻やママの役割ってすごいと思いませんか?
そして自分のため、そして未来のご主人様やベビーのためにも、食って本当に大切なこと。
セミナーではレシピもご紹介しますので、ぜひお楽しみに!


さて、週末に迫ったバンコクへの旅行がとても楽しみですが、その前にセミナー準備が待っています!
そこで思い出したのが、この日は6月に行った「子育て夫婦セミナー」の打ち上げを兼ねて、
「夢を語る女子会」を素敵な場所へとお出かけしたこと。
またこの打ち上げを楽しみに、充実したセミナーになるよう準備にも気合いを入れています(爆)
d0222641_2344480.jpg

シーロムのPullman Bangkok Hotel Gにあります、SCARLETT WINE BAR & RESTAURANTでございます♪

何と言っても一番のごちそうは、この夜景なのかもしれません!
この日はオープンテラスの夜景が見える席に陣取って、「夢を語る女子会」❤
d0222641_22404962.jpg

入り口から魅惑的なお料理が並んで、それはもう「そそられる!」の一言(笑)
ワインもお料理も美味しい!と聞いていたので、それは楽しみにしていました。
d0222641_22432214.jpg

室内もオシャレ!外国映画に出てきそうなモダンな雰囲気(って、そういえば外国ですが(笑))
d0222641_22435983.jpg

この日は平日、シーロムと言う場所柄もあって、オフィス帰りの方が多かったように思います。

こちらのお店は、シーロムで人気のワインバー&レストラン。
ホテルの37階にあって、その美しい夜景も魅力的なスポットとして人気です。
150種類以上の豊富なワインにタパス、日替わりお料理や、直輸入したハム類やチーズが揃えられ
「帰り際にちょっと一杯♪」なんて時から、記念日のディナーまで、いろんな顔を持つお店です。


d0222641_22444552.jpg

まずは女子会らしく、ロゼのワインから乾杯〜ということで❤
d0222641_22452420.jpg

Veggie tartar, Arugula salad
この日のお料理のベジタルタル。どんなお料理なのかとっても興味がありました!
いろんな種類、歯ごたえのお野菜を小さく刻んで、ビグネットで和えられたタルタルに。
様々な食感がとても楽しくて、パンにつけていただきました♪
d0222641_22455515.jpg

Pork Ritlettes
このスタイリング、ナイフが突き刺さって出てきてびっくりですが、ハロウィーン仕様?(笑)
ホームメイドのポークリエットは、黒豚で作られたたそうです。
こちらもたっぷりパンに塗って、添えられたピクルスと一緒にいただきました。
d0222641_22463235.jpg

Pasta Olio
スパゲティ、フェットチーネ、ペンネの中からパスタを選び、
ボロネーゼ、和牛とマッシュルームのシチューのソース、カルボナーラ、オーリオ、
クリームシーフードソース、ボンゴレからソースを選んで、オーダーしていきます。
この日はさっぱりとしたオーリオをチョイス。野菜がたっぷりなのも嬉しい❤
d0222641_2247916.jpg

Le Crabe Royal d"Alaska
スカーレットのシグネチャーでもあるこちらの一品は、立派なアラスカガニがサラダ仕立てで登場。
彩りも美しく、とても美味しい一品でした!
d0222641_22474155.jpg

あまりにいつまでも長々と(爆)おしゃべりが弾みすぎた夜だったので
残っていたデザートはこれだけになってしまいましたが、3人で仲良く分けていただきました。
クレームブリュレに久しぶりにいただいたマドレーヌが、何だかとても懐かしくて美味しかったです❤


昼のランチの会話もまた楽しいけれど、夜のお出かけってママになるとそんなに出来ないので
こんな美しい夜景を見ながら、ゆっくりと時間を忘れて話せる時はとっても貴重!
そして40歳を過ぎて仲間たちと、自分の夢を語ることがあるなんて思いもしなかったなあ。

ずっと自分の夢を探してきたけれど、私の場合は探して見つかった訳ではありませんでした。
周りが自分らしく輝く道を歩いていても、自分には何もない。自分が情けなく、なぜか焦ったことも。
それが私の場合は「妻であり、お母さん」 でした。無理矢理探す必要なんかなかったのだと。。。
その気持ちに気がついた時には、「だったら、それをもっと追求してみよう!」と思ったのです。

ここまで色んなことがあって、色んなことをやってきて、その一つ一つが繋がって今の自分がある。
回り道のように見えても、全て私にとって必要なことだったんだなあと思います。
だから今、目の前にある難題に思えることも、何も出来ない自分も一つ一つが自分へのプレゼント。
真摯に思いを持って取り組んでいけば、いつか「これだ!」と思う物に出会えて道が開けるのだと。

自分が心から「楽しい!嬉しい!」と思うことは、自分の夢を見つける大切な鍵。
これからも毎日、心がワクワクするような、自分の中の「これが好き!」を追求していって
私もさらに夢を大きく広げていきたいと思います♪




「SCARLETT WINE BAR & RESTAURANT@ Pullman Bangkok Hotel G」
188 Silom Road, Suriyawongse, Bangrak
Bangkok, THAILAND
Tel: (+66) 2238 1991
6pm-1am
# by treasure-bkklife | 2014-10-07 16:51 | French@BKK
これは誕生日プレゼントになってしまうのか?息子のお下がりのMac Proが私へ回ってきました(笑)
新しい学校で最新のMac Air が支給されたので(もちろん、これも諸経費に入っているそうですが)
もれなく1年前に買ったものが回ってきたのですが、もう使い方がよくわかりませ〜ん!

息子に「これは?あれは?」と聞くのですが、「もう、仕方ないなあ〜」という感じ。
「老いては子に従え」 まさに、ことわざ通りになってきてしまった我が家です(笑)


さて、週末は少し遅れた私の誕生日のディナー!と言うことでしたが、
本来であれば「主人がお店をチョイスして、全てアレンジしてほしい」というのが切ない女心(笑)
しかし残念ながら、我が家の主人はその辺りは全く!!!マメでないタイプ。
主人がブログを読んでいるといけないので、我が家の平和のために弁解をしておきますと、
もちろん、他にいいところが「たくさ〜ん」あるんですけどね(爆)

もっとマメにやって欲しいと主人に求めてしまうと、なかなか決まらなくてイライラしそうだし
主人が選んだお店が「Ha〜n?」って言うところでも、それこそもっとイラッとしそうだし(笑)
(この辺を一番分かっているから、自分からは動いてくれないんですよね〜)
お互いの持ち味、いや、ナワバリ?を生かすには「私、選ぶ人。あなた、払う人」(爆)
我が家はこの形の方が、やっぱりうまく回るんですよね〜♬

てなことで、今年の誕生日にはシンガポールでロマンティックなレストランに選ばれていた
こちらのお店にMy Birthday Dinnerを予約しました、はい、私が(笑)
d0222641_8192780.jpg

こちらのお店は、Singapore Botanic Gardenの中にある一軒家のレストラン。
夕方7時近い時間でしたが、子供たちの歓声も聞こえてほのぼのとした気分に。
d0222641_8285051.jpg

緑に癒される植物園は、この時間でもまだピクニックを楽しむ方々が。
d0222641_1842268.jpg

たくさんの木々を抜けて歩いていくと、マイナスイオンをたっぷりもらえそうです!
途中で迷子になりそうになりましたが(笑)入り口から10分ぐらい歩いたでしょうか?

さてさて、見えてきたのはこちらです!
d0222641_830555.jpg

すてきな予感がいっぱいの一軒家。WEDDINGなども行われるようですよ♬
d0222641_8333147.jpg

HALIA AT SINGAPORE BOTANIC GARDENSでございます♪
d0222641_8364276.jpg

オープンテラスのお席もあるお店は、木々を見ながら朝食もいただけるようです。
d0222641_8425532.jpg

室内のお席はもういっぱいとのことでしたので、早めの予約が必要かと♪
d0222641_913690.jpg

オーチャードからも遠い距離でもはないのに、まるでリゾート地に遊びに来たかのような雰囲気。
d0222641_9553869.jpg

外のお席では白人の方たちのディナーや、私と同じく誕生日の方も多かったようで
何度も「Happy Birthday to you〜♬」と聞こえてきて、「あら、あなたも?」と言う気分に(笑)


こちらのお店は、1ヘクタールもある都会のオアシスでもあるSINGAPORE BOTANIC GARDENS内の
ジンジャー・ガーデンにあるレストランで、お店の名前もマレー語の生姜の意味だそう。
寛いでのんびり過ごせる癒しを感じる空間は、シンガポール在住の方にも大人気だそうです。

シェフのReynaldo Arriola氏は、フランス各地の名店で修行を重ねた若手シェフであり
アジアン・スパイスを隠し味に用いたモダン・ヨーロピアン・キュイジーヌがお得意だそうなんです。
シンガポールにはもう一店舗がRaffles Hotelの中にあり、ハノイにもお店を構えているようです。


こちらのお店は夜はアラカルトからのチョイスでした。
d0222641_9534781.jpg

お外の席だったので、あっさりと白ワインをいただくことに♬
シンガポールはバンコクと比べて湿度が高いのか、それともヒートアイランド現象のようなのか
日中などはかなり暑いのですが、こちらは夜のこともあって程よく風が通り過ぎました。
d0222641_9164662.jpg

Wagyu beef carpaccio, Asian flavours & herbs, lotus crisp, sesame dressing
「これは牛を生で食べる料理ですが、大丈夫ですか?」と確認をされましたが
やはりいろんな宗教の方が一緒に暮らしているからこその配慮なのだと思います。
ごま油の香りがとして韓国料理のような気も。こんな食べ方もありだなあと思った一品でした!
d0222641_9151030.jpg

Crispbread pocket salad of endive, asparagus, red date, lotus root & black fungus
in honey chardonnay dressing
「何だ!このピタパンのようなものは!」と思いましたが、外はかなり固い食感の塩気の強いお味。
風船のようなパンに包まれて出てサラダは、周りにはエディブルフラワーもちりばめられて。
d0222641_961355.jpg

このクリスプブレッドをナイフで切り裂くと、中にはサラダが詰まっておりました!
ちょっと苦みのあるお野菜たちでしたが、子供たちも問題なくおいしくいただきました♫

次はメインのお料理の登場!
d0222641_9252889.jpg

Paperbag oven-baked halibut fillet, mirin sake ginger broth,
sesame japanese rice, wakame & truffle aioli
こちらはお店の方のリコメンドでオーダーした一品。
脂がのった魚を、ペーパーバッグで包み焼きしたものです。
ご両親など日本人の年配の方と一緒に来られた時にも、これだと抵抗なくいただけそう!
d0222641_19123913.jpg

Grilled Rabgers Vally Wagyu sirloin steak, smoked mash, avocado wasabi puree,
heirloom tomato salad, yuzu dressing
こちらの和牛ステーキは、ミディアムレアーでいただきました。
ゆずのドレッシングやアボカドわさびピュレなどで、とてもさっぱりとしたお味。
d0222641_9181270.jpg

Linguini Carbonara, crispy prosciutto "bak kwa"
私としてはいただきたかったのは、こちらのシグネチャーでもあるらしい、
Halia's Singapore-style chilli crab spaghettini in spicy sweet & tangyu crabmeat sauce。
子供たちのたっての願いで、母の誕生日にも関わらず(苦笑)優先権は譲ってカルボナーラに。
未だに子供たちと一緒だと、なかなか自分の食べたいものって選べないんですよね〜
でも、どこに行ってもカルボナーラはやめてほしい(苦笑)
d0222641_99854.jpg

Pumpkin barley risotto, yam & purple crisps, asparagus, cherry tomato, basil
スペルト小麦のようなリゾットは、とても不思議な食感で新しい!
こんな使い方もできるんだ、はと麦もリゾットにできるかな?なんて、いろいろ考えるのも楽しい!

シンガポールでも一皿のポーションが多いこともあるので、用心しながら少なめにオーダーしましたが
食べ盛りの子供がいることもあるかも知れませんが、何となく物足り気もしたのも確か。

土曜の夜のこともあると思いますが、オーダーしてからかなり時間がたってお料理が運ばれてきたので
追加オーダーをするとかなりの時間になると思われ、後で他で何か食べようか?という展開に(笑)
ここはお店の方のリコメンド通りに、大人であれば1人につきスターター、メイン、パスタ系などを
最初からオーダーしてもおいてもよかったかな?なんて思いました。


そして最後には、とうとう我がテーブルにもやってきました!
d0222641_9283277.jpg

「Happy Birthday to you〜♬」の歌声も高く、私へのコンプリメンタリーのデザート!

実は予約の際に「今日は何か特別なイベントはありますか?」とお店の方に尋ねられ、
「えっと、実は、私の誕生日なんですが。。。」と答えたワタシに、「Oh! Sorry〜〜」と。。。
自分でBirthday Dinnerを予約すると言わせたなんて、失礼なことをしたと思われたかしら(苦笑)

「いいかい?結婚する前は両目をよく開けて相手を見て、結婚したら片目をつぶるんだよ」と
ウン十年前の独身時代に会社の上司や既婚男性から、心温まる愛の指導を何度も受けましたが(笑)
それは10年以上たった今でも、我が家、いや、どこのご家庭でもやっぱりうまくいく秘訣なのかも❤


ピクニックをしている家族や、子供たちの楽しそうな笑い声が響いたり、
ワンコが気持ち良さそうに散歩していたり、とっても満ち足りた幸せな気分に❤
ちょっとワインもいただいて、そよぐ風にも幸せ感を味わっていると、
ちょっとやそっとの細かいことなんて、「どーでもいいわっ!」って言う気分に♪
d0222641_19503216.jpg

日頃の喧噪から離れて自然の力をチャージして、自分を癒すことも大切ですよね!
紅葉もとても美しいようなので、ぜひまた訪れてみたいと思います。

シンガポールに旅行に来られた方も、入り口のカフェではピクニックセットが販売されていたので、
芝生の上でのんびり寛いでいただくことが出来そうですね!
今度は、ぜひ家族やワンコも一緒にピクニックに来たいなあ♬


「こうやって家族みんなで一緒にご飯を食べれることが、何より一番の幸せ」
今、自分が手元にある幸せを、見つめていくことも大切ですよね。
何と言ってもお互い様ですから、他人の芝生ばかりを見ず(爆)お互いのいいところを見つめ、
「あれれ?」と言うところには目をつむり、これからも家族と一緒に歩いていきたいと思います♬




「HALIA AT SINGAPORE BOTANIC GARDENS」
1 Cluny Road, Ginger Garden
(enter via Tyersall Avenue)
Singapore Botanic Gardens
Tel;(65) 8444 - 1148
Mondays to Fridays (except public holidays) : 12pm- 9.30pm (Last seating)
Saturdays, Sundays & Public Holidays : 10am - 9.30pm (Last seating)
Brunch Specials : 10am - 4pm (weekends and public holidays)
Afternoon Tea : 3pm -5pm (weekends and public holidays)
# by treasure-bkklife | 2014-09-29 19:22 | French @SIN
週末のシンガポールは、F1が開催されていました!

今年初めてだったので、公道で行っているしどこかでチラ見できるだろうと思っていたところ
そんな甘い考えはあり得ないようで、チケットを購入しないと見れないことが判明(´Д`)
来年こそは!メカ好きの息子のためにも、ぜひ見に行きたいなあとおもっています。

さて、そんな息子ですが、昨日13歳の誕生日を迎えて晴れてティーンエイジャーに。
ティーンエイジャーと言うのは、ThirteenからNineteenまでの13歳から19歳まで
最後に「teen」が付くのでティーンエイジャーと言われることも、実は最近知ったのですが(笑)
何はともあれ、難しいお年頃であることだけは間違いないようです(#^^#)



そこで、バンコクでの記事をまだまだたっぷり残していることを思い出し、
Birthday 繋がりと言うことで(無理やり感・満載(爆))こちらの記事をUPしたいと思います!

昨日、バンコクのNLP日本人女子による、Face Bookのメッセージがガンガン入ってきましたが
日本語のNLPプラクティショナー部分が終わって、まだ興奮冷めやらぬ様子(#^^#)
こんな同じ意識を持ったステキな仲間と、異国で出会えることってとっても嬉しいですよね♪

そのNLPプラクティショナーの日本語による開催をしている、私も一緒にセミナーを開催した
NLPマスタープラクティショナーでもあり、ライフコーチの山崎千夏さんの〇〇歳(笑)の誕生日!
千夏先生にお世話になった日本人女子部で、華々しく開催しました(#^^#)
真夏の太陽のしし座生まれにふさわしい、彼女にピッタリな賑やかで楽しいお店なのです。
d0222641_7485494.jpg

BTSプルンチット駅近く、Attene ResidenceのHyde & Seek Gastro Barでございます♪

こちらのお店は外国人ママ友ともよく来たのですが、
ISSAYA SIAMESE CLUB、Smithなども手掛けるIan Kittichai氏をはじめとして
名だたるタイのセレブレティのシェフたちがプロデュースしたお店です。

「思わず笑みがこぼれる楽しいお店に」がコンセプトのレストランは、
クラシカルなアメリカやヨーロッパのお料理に、遊び心をエッセンスに加えたお料理たちが勢揃い。
まさに大人の遊び場ということで、オープンテラスもありとにかく賑やかで西洋人が多いお店。
そのアメリカンな感じのお料理と美味しいお酒がいただけるんですよ♪


夜はアラカルトのメニューばかりなので、どんどん好きなものをオーダーしていきました!
今回は夜の女子会でしたが、こちらのお店にはランチの時間もオープンしているのも嬉しいですよね。
d0222641_7492229.jpg

最初に出てきたのがこちらのパン!これがまたとっても美味しかったんです♪
夜8時からのスタートでお腹が空いていたこともあって、一気に食べてしまったような気も(笑)
d0222641_7494836.jpg

Hail CAESAR
Salad with pressured chicken & anchovy croutons.
d0222641_750104.jpg

Popcorn SHRIMP
Beer-battered shrimp with tartare sauce.
ここに来るとなぜだか必ずオーダーしてしまうのが、このポップコーンシュリンプ。
サクサクっと上がったポップコーンのようなエビたちに、思わずビールも進んでしまうわけです。
d0222641_7503727.jpg

こちらはドイツのビールのHoegaarden!
ビールの苦みが苦手・・・と言う方にも、これなら飲める!と言う方も多いビールです。
軽くてフルーティな口当たりは、好きな女子も多いと思います♪
d0222641_75151.jpg

ICEBERG and Persian FETA salad
With confit tomato, pistachio & orange-hazelnut dressing.
d0222641_752144.jpg

SCALLOP
Baked diver scallop with salted pork & lemon butter.
ホタテと言うことで楽しみにオーダーしたものの、「あれ?これだけ〜???」と言う感じに(-_-)
そこは仲良し女子ですから、この一つのホタテを8等分して一口ずついただきました(爆)
d0222641_7512899.jpg

Mouse TRAP
Three cheese-gratin rigatoni with chicken & dried miso.
このリガートーニのパスタもグラタン状になっていてGood!
こんなお料理は子供もとっても喜びそうで、ちょっと家でもアレンジできそうですよね♪


そして、お待ちかねのケーキが登場!
d0222641_10182270.jpg

ケーキもヘルシーにと言うことで、Natural Cafe by Coranのケーキをオーダーして持ち込みました!
バンコクはケーキやワインなど持ち込み可なお店も多いので、予約の時に確認されるといいですよ♪
d0222641_10241512.jpg

満面の笑みでいっぱいの千夏女子(笑)
参加したメンバーはどれだけこのコース中に勇気づけられ、前向きに人生を踏み出したことか・・・。
「お世話になったから」と言うことでなく、本当に心から「ありがとう!」の気持ちでいっぱいの
「Happy Birthday 〇〇th Chinatsu〜??(笑)(しつこい?)」だったわけです。
この日も夜遅くまで女子会トークで盛り上がった、ステキな一日になりました(#^^#)


そして、みんなからの愛のこもった誕生日ブレゼントはこちら!
d0222641_10244139.jpg

マリメッコのステキなファブリック・ボード!
実は私もこのファブリックボードをバンコクからた〜くさん持ってきて、新居に飾ってます。

こちらを作って下さったのは私のカラーの師匠でもあり、千夏さんの生徒でもある重本史子さん
千夏さんの誕生日から割り出した、ソウルカラーの「緑」をイメージして選んだ生地。
ソウルカラーと言うのは、その人がその人らしく才能や持ち味を生かすサポートをする色ですが
この生地は北欧に赴きマリメッコまで行って買われたもの。決してヤワラートではありません(笑)
そんなステキなファブリックボードが、日本では考えられないお値段で購入できるんです♪

緑は「癒し」の色、その色を見ているだけでその効果をいただくパワーを持っています。
生まれ持った持ち味通り多くの人をNLPを通じて癒し、夢を与える仕事を頑張っている千夏さんが、
部屋に帰った時にまた癒しのパワーを充電できるように・・・と思いを込めて選びました。
このステキなファブリックボードは、バンコクで重本さんにオーダーすることが可能なので
今度我が家のファブリックボードもぜひ!ブログで公開しちゃおうと思います♪
その前に、必死にお片付けしなくっちゃ(爆)


このNLPプラクティショナーを英語で受講した私たちや、日本語コースの第一期のメンバー、
そして現在、日本語プラクティショナーを受講中の第二期生も
「この先も一緒にもう一つ上まで進もう!」と言う話で大いに盛り上がっているようです♪
NLPでは「ピア・グループ」、また「プロキシミティ」と言う言葉でも言われているのですが、
「自分の身を置く環境や、関わる人の大切さ」をよく伝えられます。

何かいつも一緒にいる人やグループって、何となく同じカラーの人が多いってことはありませんか?
人は自分が属している環境や、どんな人が周りにいてお付き合いしているかによっても
自分の思考や言葉が変わり、そしてそこから未来や人生も変わってくるのです。
例えばある人を「この人、〇〇学校の出身ね!」なんて、雰囲気で分かることってありますよね。
なので、いつも不満ばかりを口にしている人たちと一緒にいたら・・・ってところなのです。

だからいつもこうして「自分らしく、夢を叶えていこう!」と言うメンバーと一緒にいると
そのモチベーションが持続してHappy オーラもどんどん広がり、実際夢も叶っていくんですよね♪
まさに千夏女子を先頭にそのパワーと言ったら、シンガポールまで飛んできてますから(笑)
心はいつも引っ張られて幽体離脱して、「どこでもドア」でバンコクにいざなっております(≧▽≦)


そして、なんと!このNLPプラクティショナーの日本語バージョン第3期が、
ご希望が多かったということで、とうとう平日の昼間に開催されるそうです!
時間も9時から13時までなので、これならお子さんの幼稚園や学校の間に受講できますよね♪

NLPは私のようにライフコーチとして、これから何かをしたいと言う方でなくても、
ご主人やお子さんとのコミュニケーションにも大切で、とってもパワフルなものなんです。
だから誰にでも知ってもらって、生活に活かしてもらいたいなあと思います。
日本で取得するとなれば、お値段は倍以上!しかも今回は日本語で開催されるわけですから
こんな機会はなかなかないと思うので、もしご興味がある方は下記のブログからぜひご連絡下さい。
 NLPプラクティショナー日本語平日コースについてはこちらから♪→ 


最後になりましたが、私も10月にバンコクに伺って、また千夏さんと一緒にセミナーを致します!
今回のお題は「自分をもっと好きになろう??」 ドキッとした方も多いのでは?(#^^#)
自分の人生を振り返ってみても、また私がバンコクでコーチングをさせていただいた時も、
一番大切だなあと感じたことだったので、ぜひ今回のテーマにしてみたいと思っていました。

セミナーは10月の中頃を予定しておりますが、また日程や詳細などが決まりましたら
こちらでご連絡させていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>




「Hyde & Seek gastro bar」
65/1 Athenee Residence, Soi Ruamrudee
Wireless Road, Lumpini
Tel:02-168-5152
Monday - Friday 11am - 1am
Saturday 11am - 1am
Sunday 11am - 1am
# by treasure-bkklife | 2014-09-22 10:26 | French@BKK

桜咲くサポート

シンガポールの生活も1か月を過ぎ、すっかり日常生活が戻って来ました♪
土曜日は久しぶりに映画を見に行きましたが、バンコクと比較するとお値段にビックリ(笑)
そしてコマーシャル間に国家が流れないことに、何だかちょっと淋しく思ったりもして(#^^#)

生活で一番の変化は、子供たちが公共の交通機関で一人で出かけられるようになったこと!
初めは「大丈夫かな?」「ちゃんと着いているかな?」などと心配でしたが
日本で生活していたら、今や小学生だって電車で通う世の中なんですよね(笑)
もし本帰国していたら、息子も今頃は学ランを来て電車通学してたのかあ・・・と思うと、
この目まぐるしい環境の変化に、何とも不思議な気持ちですが(*´Д`)


9月も半ばともなってくると、受験生をお持ちのご家庭は何だか落ち着かないことと思います。
我が家も去年息子が中学受験をしましたが、「夏は入試の天王山」などと聞くと親の方が焦り(笑)
9月の声を聴くと「あと3か月しかないのに、どうするの!」なんてことになるんですよね。
これがもう、冬休みに入ればなおさらのこと(爆)
よくないと分かっているのに「分かっちゃいるけど、やめられない〜??」ってとこなんです(苦笑)


今思えば親がしてあげられることって、暖かい栄養のあるごはんを作り、暖かい雰囲気を作ること。
そして海外からの帰国受験は、受験に関する手続きをきっちり計画立てて進めないと大変なことに。
本当に思っている以上に手続きが煩雑で、「あれ?これが抜けてた!」なんてことも。

私はエクセルで日程表を作り、どこの学校がいつからいつまでが願書受付、試験日、合格発表、
入学金の払込み期日、それぞれの金額などを、パッと見てすぐわかる一覧表にしておきましたが
これが後々の志望校選択や(同じ日程、時間の試験なら、どちらか選択せざるをえませんものね!)
今後のシュミレーションをする時もかなり役にたちました。


そしてご存知の通り、9月の終わりから10月、11月と、日本の国・私立も学校説明会が始まります。
そこでその年の入試についての話や、願書などを販売(学校によっては無料配布)するのですが
やっぱり海外からだとそれに合わせて、一時帰国をすることもなかなか大変なわけです。

我が家は5年生の終わり頃になって「本帰国もあり得るかも?」と真剣に受験を考えたこともあり、
塾からの話はあったにも関わらず、5年生の段階では学校説明会には参加していませんでした。
子供の受験へのモチベーションを考えると、やはり5年生に見学しておく方がよかったと思います。

学校見学も兼ねて6年生の学校説明会には、一時帰国をして参加しましたが
入試科目の変更を発表した学校もあったり、個別に確認しインター生は受験資格がないと分かったり
願書を取り寄せるだけでなく、その年の入試説明会に参加しておいてよかったと思いました。


とは言え、海外からの日本に一時帰国するのは、いろいろな事情で難しいこともあると思います。
願書提出も郵送不可、試験料も銀行振り込みをした上に依頼表を受験票に添付なんてこともあり
試験や合格発表はもちろんのこと、その後は合格者召集と言う名で各校一斉同日に集まる日も。

我が家はたまたま両親が健在のこともあり、試験料の振込みやら願書の提出などは
1時間半近くかかる志望校にも何度も足を運んでもらい、事なきを得たこともあるのですが
年老いた両親に頼むのも申し訳ない気持ちと、違う受験校の願書を送ってしまわないか(失礼!)
振込みは大丈夫か?期間は過ぎていないか?など、かなり気をつかったのを覚えています。

「これって、子供の志望する学校の受験地域に、頼める方がいない人はどうするんだろう・・・」
こんなことを何度も思ったものですが、実際にそういう方もいらっしゃると思うのです。
そんな経験をしたバンコクのお友達が、日本に本帰国してママたちとこんなサービスを始めました!

d0222641_11522537.jpg

桜咲くサポートでございます♪

こちらのスタッフの方々は、ご自身の経験を生かされて、こちらの事業を立ち上げられたママたち。
スタッフのお子さんは現在、アメリカ、日本の大学、都立私立高校、国立私立中学にいらっしゃり
年齢層もや男女もそれぞれ違っているとのことなので、経験も幅も豊かな方々です。

こちらのサポートはこんなことを行っているそうです。

●帰国子女向け合同学校説明会の参加
●各校で行われる学校説明会の参加
●文化祭見学
●オープンスクール参加
●体育祭見学
●出願要項入手
●検定料振込み
●出願
●過去問入手
●宿泊先の案内
●交通経路の確認


情報収集
学校説明会、合同説明会、文化祭で学校の入試情報を収集いたします。
★受け取った資料は日本より、ご指定の住所に発送いたします。
★学校内のキャンパス風景や、クラブ活動の内容を報告いたいします。
★可能な限り、在校生や受験経験者よりアドバイスを代わりにお聞きし、情報を集めます


諸手続等の代行
★願書購入
 窓口でしか販売されていない願書も含め願書を購入し、ご指定の住所に発送いたします。
★受験料振込み
 受験生、保護者にかわり期限内に振込みを代行いたします。
★一時帰国の際の空港からの送迎
 宿泊先のアドバイス、交通機関の案内
★願書記入に必要な三文判や切手を購入して、ご指定の住所に発送いたします。
★WiFi 貸し出し


祝合格
★入学手続きお手伝い
★入学金振り込み
★入学辞退の手続きのお手伝い
★合格後の諸手続き


上記の帰国子女受験にまつわる手続きを、保護者に代わってサポートして下さるとのことですが
いくらお知り合いの方にお願いしたとしても、やはり頼みづらいこともありますよね!
やはり経験者であり、ママの視点からみたきめ細やかなサービスはとても嬉しいと思います♪

こんなサービスを使って少しでも両親の負担が軽くなることで、イライラ・心配防止(笑)
少しでも余裕を持ってお子さんに対応できれば、みんなにとってもHappyですよね!



帰国受験は、日本に帰るまでに出願以外にもしておくこと、決めておくようなことが結構あります。
これはあくまでも我が家の場合ですが、もし参考になればと思いシェアしたいと思います♪

●もし兄弟がいる場合は、そのお子さんをどうするか?
 まずは日本に連れて帰るのか?連れて帰らないのであれば、その間どうするのか?
 (メイドさんや、パパなどがどう対応するのかなど)
 我が家は一緒に日本に帰りましたが、妹がインフルエンザにかかり兄にうつることを避けるため
 かわいそうではありますが、今回は体験学習などはせず実家にずっといることに。
 私は息子について宿泊も含め外に出ていたので、娘のことは全て両親にお願いすることに。
 これは両親にも結構、負担をかけてしまったと思っています。

●家族全員で10月ぐらいにはインフルエンザの予防接種をしておく

●試験と試験の期間があいた場合は一度戻るのか、そのまま日本に残るのか決めておく。
  例えば首都圏は12月、1月から帰国子女受験が始まり、その後、埼玉や千葉などの入試があって
 東京、神奈川などの2月頭の入試までは、かなり期間があくことも。
 我が家は2週間間があいたこともあり、気温の変化から体調を崩すことも懸念しましたが
 妹のことなどいろんな状況を考えて、一度バンコクに戻り学校に通いながら塾に通いました。
 試験状況にもよると思いますが、まずフライトだけは押さえておいた方がよいと思います。

●実家などから試験会場が距離がある場合、近場に宿泊するのかどうするか
 我が家は当日の雪のケースを想定し、1時間半近くかかる場所は近くのホテルに宿泊しました。
  その場合は加湿器などを予約の際にホテルにお願いして、のどの乾燥からの風邪を防ぎました。

●フライトは試験日2日前の午前中便で日本に帰るのを予約するようにする
 実は我が家はこれに失敗しました(笑)
 温度差があるため体調を崩さないように、試験2日前の午前便がよいとされているようですが、
 ちょうどお正月の旅行でバンコクから帰国する方々の、フライトと重なる日程になってしまい、
 すでに10月半ばにはこの日程のフライトが取れず、前日到着の便で帰ることに。
 最後まで志望校は迷われるかもしれませんが、予約だけは早めにすることをお勧めします。
 

●入試時刻2時間前には起きるように、冬休みから少しずつ体を慣らしておく
 起きてから2時間立たないと頭は働かないそうなので、試験開始が8時とすると起床時間は6時。
 そうなるとバンコクだと・・・そう、4時になるわけです(笑)これが本当に大変でした!

● 空港から宿泊先まで風邪をひかないように、洋服の準備を整えておく
 飛行機の中でもかなり乾燥しているので、首だけはしっかり保温しておくようにと教わりました。
 バンコクでもユニクロには本当にお世話になりました(笑)

●面接がある場合は、きちんとした長袖の服装の準備。
 我が家は男子校ばかりでしたが、カッターシャツ、ベスト、長ズボン(ジーンズでなく)
 セーター、もしくはカーディガンと言う感じで、その上にダウンジャケットが多かったです。
  もちろん、ジャケットを着ているお子さんもいらっしゃいました。
 父兄面接はご両親の服装の用意も早めにされておいた方がよいかと思います。



ある学校の説明会で先生がおっしゃっていたのが
「中学受験は親子最後の共同作業です。ぜひこの時を一緒に楽しんで下さい」と。
特に中学受験は受験生は小学生ですから、親のサポートがまだまだ沢山必要なんです。
その暖かい言葉に感動しましたが、凡人の私にはと〜っても楽しむ気分にはなれませんでした(笑)

それでも入試期間中に感じたのは、その嬉しさも悔しさも共にして、
「これだけ一人の子供と密に向き合い、この子の幸せだけを思う時間ってあっただろうか?」と。
もしかすると産院で子供を抱き、慣れない育児に奮闘しながら幸せを感じた以来かもと・・・。
今振り返ってみても「本当に幸せな時間だったな・・・」と言う思いが心に残っています。


これから受験を迎えるお子さん、そしてサポートするご両親様は本当に大変だと思いますが、
それがどんな結果であっても、家族の絆、思いが深まるような機会になればとお祈りしています。
残り数か月、みんなの思いが届いて、沢山の桜が咲きますように??




「桜咲くサポート」
〒335-0033
埼玉県戸田市笹目北町13-11-103
Tel:048-422-7939
Fax: 048-421-3449
E-add:japansakurasaku@gmail.com
こちらの更新情報などが分かるFace Bookはこちらから♪ → 
# by treasure-bkklife | 2014-09-15 12:21 | Daily Info in BKK
ようやくいつもの日常に戻って、今日は朝はいい天気!久々にヨガを楽しんで来ました♪

今日、ヨガをしていて言われたのが「人と自分を比べなくていい」ということ。
「あれ?私、今、間違ったことしてないかな?みんなと同じように出来てるかな?」なんて、
ちょっとしたことが気になってしまったりして(笑)

そう、ヨガも自分を見つめるためにあるのだから、自分自身を見つめればよいのですよね!
そんなことを言っているわりには、最後はどうも爆睡してしまったようで(爆)
「マナステ〜」の声が聞こえて、「うわっ!」と目が覚めましたが(≧▽≦)


さて、先週は5日間、Ayurvedic Nutrition & Lifestyle Certificate Programに参加していました。
d0222641_21582652.jpg

MRT Farrer Park近くあるこの建物は、保存建造物にもなっているステキな場所。
この中のGallery Heliosで、今回のアーユルヴェーダのブログラムが行われました。
こちらではキネシオロジーやNLP、ヨガやアロマのワークショップなど
マインドや体に関する講座やセミナーなども、多く開かれている場所なのです。


最近、日本でも「オイルプリング」などで知られる、人気のアーユルヴェーダ。
アーユルヴェーダとは、英語で言うと「Knowledge/Science of Life」
決してインドの伝統的な生活形式と言うだけでなく、現代の科学に基づいたもので
「The way of living with awarness and promting longevity life」とも言えるということです。
d0222641_21591427.jpg

教科書にはアーユルヴェーダ的な生活や考え方など、叡智がギッシリ詰まっていました!


今回の講師は、インドのバンガロールにある
The Institute of Trans-Disciplinary Health & Science Technologyの Dr.Girish Kumar。
そしてシンガポールのAyurveda association SingaporeのDirectorでもある Ms.Vasanthi。
「アーユルヴェーダは、単なる伝統的なインド人のためだけのものではない。
アーユルヴェーダは世界の誰にも必要な科学だ」と言うお二人から学ぶアーユルヴェーダの世界は、
本当に目からウロコ、そして聞いて納得!の魅惑の世界でした♪


参加者は海外からも来る方も多く通常10名以上になることも多いらしいのですが、今回は5名で。
その分一人一人のケースについて学んだり、発言する機会も多くてとても濃い学びともなりました。

参加者の一人はアメリカで薬などを研究する科学者で、そのコマーシャルリズムへの葛藤から
代替療法、さらに進んでヨガも学び、ハリウッドセレブなどにもヨガを教えるほどになった方。
そのヨガを通してアーユルヴェーダ的日常生活の送り方をアドバイスしていきたいとのこと。

もう一人のインドネシア人は自らのガンを克服し、生活習慣を変えたことで体重も20kg減らし
毎日しっかりと考えられたお弁当を持参する、彼女の食生活は学ぶところが沢山ありました。
今ではその経験から健康に従事し、アーユルヴェーダのマッサージを施術している方です。

そして2人はシンガポールで教育関係の仕事をしていて、問題行動などを起こす子供や母親に
生活習慣などのアドバイスするために、このコースを取得しに来たのだと言います。
シンガポールは勉強熱心な国で有名ですが、家庭でのしつけや食生活、生活習慣の乱れや、
親からの勉強や将来へのプレッシャーが、家庭問題を引き起こしていることも多いそうなのです。

「食事や生活習慣、そして思考、マインドが、その人の性格、そして未来や運命を司っていく。」
私は一人の母と言う立場で参加しましたが、国や立ち位置も超えて同じことを感じている方がいて
その仲間とアーユルヴェーダを通して、とことん話し合う授業はとても充実したものとなりました。


授業はまずアーユルヴェーダとは何か、そしてエレメントとドーシャについての話がありました。
エレメントとは「宇宙」「風」「火」「水」「地」からなるエネルギーの性質で、
ドーシャとは「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と言うの3つからなるエネルギーの傾向のこと。
d0222641_044566.jpg

人や物、すべてのものは、この5つのエレメント、3つのドーシャで成り立っていると考えられ
私たちの傾向もそれぞれのドーシャに対する質問票から集計し、どれに当てはまるのか調べました。
d0222641_2384858.jpg

Dr.Kumarによるドーシャ診断の説明風景です。
とても素晴らしい科学者でもあり博士と言う凄い方なのですが、本当に優しい気さくな方でした!

自分の診断表から、3つのドーシャのうちどれが優勢なのかを見ていきますが、
そのそれぞれ3つのドーシャの値の差によって、その人は一つのドーシャだけが優勢なのか、
3つのドーシャの中から優勢ドーシャは何で、それに他のドーシャがどう影響を与えているのか
一人一人、その人独自のドーシャのタイプの診断をしていくのです。

「私たちは全てのエネルギーを持っている、それをバランスよく使えるようになることが大切」
ここではその人のドーシャを決定して「あなたはこういうタイプだから、こうね」と決めつけたり
いい、悪いで終わるのではなく、全てのエネルギーをバランスよく使って生活を向上させるために、
どんな食生活や生活習慣、思考やマインドなどをすればよいかを学んでいきます。


ちなみにこの結果で、私はかなりの高ポイントで「ヴァータ」が優勢だったのですが、
ヴァータは風のように常に動き回り(笑)常に頭の中が動いている人(爆)まさしく(≧▽≦)
常に前頭葉が働いているので、実はストレスも溜まりやすいタイプなのだそうです。

常に先を読み動いているシンガポールの人たちは、やはりヴァータの気質が多いらしいので、
この国にいると特に私のようなタイプはその気に影響されて、ヴァータの気質がさらにUPするので
本当にノンビリした生活を心がけないと危険なことに。

バランスを崩すと血流と脳を司るヴァータは、脳梗塞なども引き起こしたり
耳も司るので耳鳴りがしたり、めまいや平衡感覚が取れなくなってしまうことも。
これはきっと東京などの都会の生活も同じだと思うのですが、やはり納得!ですよね。


反対に、我が家の娘は私と全く正反対の、「水と地」のエネルギーを持つカパ体質でした。
カパは動きもノンビリゆっくりしていて、粘着質なところから情緒も安定しながら頑固な部分も。
そして油分が多いことから重く、消化機能が弱いこともあり溜めやすいタイプ。
そしてバンコクの気質も「サバーイ、サバーイ」のノンビリで、やはりカパだと思うんですよね。

そのカパ体質の娘が、カパの気が流れる土地にいるとどうなるのか。
ジャンクフードのような油が多いものを食べていれば・・・そう、カパにさらに偏るのです!
しかも誰もが20歳までは、成長のエネルギーを持つカパのエネルギーが後押しをするのだそう。

「だから親、特にヴァータの私からすると、ノンビリ見ててしまうのは仕方がないのかあ」と。
その娘も確かにシンガポールに来てから、少しずつ変化がみられるので楽しみなんです♪


そして息子はこれまた違って、「火と水」の性質を持つピッタ(笑)
3つのドーシャが揃った、アーユルヴェーダの説明にピッタリなモデルケース家族(爆)
燃え上がる炎のようにエネルギッシュなピッタですが、息子は表向きはクールに見えるそうだけれど
実は負けず嫌いなところもある、親からみると「やっぱり、そうだよね〜」と言うタイプ。

「俺は瞬発力のスポーツはいいけど、持久力の方はダメ」と言っていたけれど、まさにこれも火。
そして小腸を司り消化もすぐに燃やせるタイプなので、食べるとすぐトイレに駆け込みます(笑)
「だから何かあるとすぐ興奮ししたり、時には癇癪を起すのは、そういう性質なんだよね」と。

こんなアーユルヴェーダの視点からも相手の性質を知ることで、相手の行動や思考を理解でき
では、どうすればよいのか?と言う対処法やコミュニケーションを思いつくことも出来るのです♪



そして、授業の中にはもちろん食の話も多く含まれていて、調理の時間も3回ほどありました。
d0222641_21394717.jpg

これはなんと、ゴーヤを使ったBitter Gourd Sandwich。
薄く切ったゴーヤをさっと茹でて、カッテージチーズ、コリアンダーとチリのみじん切りを
塩で味付けして混ぜて、パンにはさんでホットサンドにしたものです。

ゴーヤのその苦味は消化を助け、便秘、糖尿病、肝臓などの病気にもよいとされていますが
アーユルヴェーダのカパ、ピッタの人には有効ですが、食べ過ぎはヴァータ体質にはNGとのこと。
なぜかと言うと味覚の話になるのですが、苦味と言う味覚はヴァータをさらに増やしてしまいます。
カパやピッタの方には、エネルギーをヴァータに傾けて、バランスをとることが出来るのです。

「これは体にいいから・・・」ではなくて、やっぱりその人によっても効果は違うんです。
だから自分がどういう体質なのか知っておくことや、体の声を聴くことは大事なことなんですよね♪


さらに食べ物には5つの味があって3つのドーシャに分けられ、どう影響を与えるかを学びます。
d0222641_2333469.jpg

シンガポールのアーユルヴェーダ協会の理事、Mrs.Vasanthi。
もう本当にエイジレスでユーモアたっぷりな、そしてどこまでもオープンマインドな聡明な方!
一人の女性としても「こうありたい」と思う、とても魅力的な女性でした??


例えば仕事が終わって、ホッと一息入れたい時にいただきたいビール。
これは「苦味」「爽やか」などを感じて、そして炭酸が入っていますよね。
苦みや、爽やかさの味覚はヴァータを上昇させ、炭酸は空気なので飲み過ぎはヴァータに偏ります。

ストレスがたまったり、仕事などで頭を沢山使うと、脳を位置するヴァータに偏りやすいのですが、
「頭が動いていて眠れないから、ビールでも一杯飲んで寝るか!」(これはうちの主人(笑))
これがさらに頭を働かせてしまい、アルコールの力で眠れても、眠りは浅くなってしまうのです。


深い眠りを得るには「カパ」のエネルギーが必要ですが、カパの味覚は「甘み」「酸味」「塩気」。
ココアなど何か暖かい甘いものなどを飲んだ方が、ゆっくり眠ることができるのですが
アルコールだと甘めで酸味のあるワインなどの方が、アーユルヴェーダ的にはよいのだと思います。
ただ、寝る前3時間前からは、本当は何も胃に入れない!と言うのが理想だそうですが(笑)


そして体質判断や食の話だけでなく、生活やマインドの話にもなりました。

子供がゲームや携帯を長く使ったり、そんな姿に悩まれるご家庭も多いと思います。
このゲームや携帯は「ヴァータ」と言う、風と宇宙をつかさどる体質のエネルギーを持つのです。
そうすると風のように動き、宇宙のようにどこまでも広がるエネルギーを持つので
落ち着きのない、一つのことにじっくりと取り組むことができない傾向になりがちだそうです。
ゲームの中でもマインクラフトのような創造的なものでなく、人を撃つようなゲームだと
その怒りのエネルギーが火のピッタのエネルギーにもなり、その影響でキレやすくなることも。


その時にふっと思いついて、私の愛すべき友達たちの話をしたのですが
(ここから先を読んで、クレームのLineが今すぐ飛んできそうですが(≧▽≦)愛です、愛! )
たぶんピッタのエネルギーが強い彼女たち、格闘技のムエタイをやるとどうなるのでしょう?(笑)
さらにあちらこちらで火を噴いて、エライことになるんじゃないかなと(爆)

自分のエネルギーを持っている活動って、やっぱりしたくもなるし楽しいんですよね!
カパならごろ寝しながらTVを見る、ヴァータならあれこれ未来予想図の妄想にふけるとか(笑)
そんな時も「心からエンジョイしているものを、無理に辞める必要はない。」と。
一方向から考えないで、その分、バランスが取れる相反するエネルギーを持つ食事や
行動などをとり全体のバランスをとればいいのだと、見方についてのアドバイスが返ってきました。

例にあげたムエタイ女子たちで言うと、その後にノンビリ昼寝をしたり
辛さはピッタのエネルギーなので、タイ料理でなくスイーツを食べるなどバランスが取れます。
そんなこともアーユルヴェーダの視点からアドバイス出来ることに感銘を受けました!


他にも自分の感情やマインドをどうコントロールしてバランスをとるのか、
母乳の子供への影響、胎児、そして精子や卵子の段階での両親の感情がどう子供に影響するのか、
自分の所有物(人、富、地位、物など)への執着についての話や、ストレス管理の方法や考え方
睡眠や生活サイクルの時間など、今の自分の生活に直接関係のあることばかり!
講座全体を振り返ってみて、大きな気づきを得ることができた充実した内容でした。
d0222641_1465125.jpg

最後に一緒に学んだ仲間たちとCertificateをいただいて記念撮影!
新しい土地での新しい学びは、とても刺激的で楽しい時間でした♪


アーユルヴェーダはヨガをされている方にも、深いつながりがあると思うのですが
前回、バンコクで行った「夫婦子育てセミナー」にはヨガの先生が何人かいらっしゃって下さり
皆さんが「NLPはヨガと一緒!」と言われていたのがとても印象に残っていましたが、
今回、アーユルヴェーダのコースを受けてみて、皆さんが言っていた意味がよく分かりました。
このコースの中でもヨガについての話もあって、決してエクササイズではないと言うお話もありました。


また今回、何度も「全てはホリスティック」と言う言葉が使われましたが、
これだけを食べれば、これだけをすれば健康になる、美容にいいと言うわけでもない。
自分にとっていいのか悪いのか、心地よいのか悪いのかを見極めることが大切と。
個性と同じく個人差もあり、同じ個人であってもその状況などによって変わってくるのだから
一方向から見るのだけでなく、多方向から多面体に見ることが大切なんですよね!

アーユルヴェーダとは食や体のことだけでなく、まさに「生きていく上での気づきや、進化を遂げるための道」。
だから自分の心身をよく見つめて気づきを得て、さらにバランスの取れた幸せに満ち溢れる生活へと
進んでいくことがアーユルヴェーダ、まさに「生きるための知識」なのだと学ぶことが出来ました。


インド5千年の歴史のアーユルヴェーダは、今の生活スタイルに合わせどんどん進化し、
科学的にも証明され、決してインドだけの叡智でなくなっているそう!
これからもセミナーや資格コースも行われるようなので、アーユルヴェーダからも多くを学んで、
私たちの生活に役立つちょっといい話を、ブログやコラムでもシェアしていきたいと思います♪




「 AYURVEDA ASSOCIATION OF SINGAPORE (AAOS) 」
E-mail: enquiry@aas.org.sg
# by treasure-bkklife | 2014-09-11 21:55 | My Daily Life

KIEHL'S

金曜日から、シンガポールでの学びが始まりました!
Ayurvedic Nutrition & Lifestyle Certificate Programと言う、5日間のぎっしりのコース。
アーユルヴェーダと聞くと「シロダーラ」などマッサージをイメージする方が多いと思いますが
このコースはアーユルヴェーダをどう自分の生活に役立てるか、生活習慣や食事などを学ぶのです。

博士号を持ち科学者のインドの大学の先生と、シンガポールのアーユルヴェーダ協会の理事の講義は
初日からもう「奥が深い!!!」とワクワクすることばかり!
しかしながら、本当に奥が深すぎて難しいことも多く、毎日が質問大会の日々を送っています(笑)


初日は基本となる5つの性質であるエレメント、3つの体質のドーシャについて深く学びましたが
この時に、シンガポールに来てすぐに肌がボロボロになった私の話が題材にもなりました。
新生活にやらなくてはならないことが山積みで、常にPCの如く頭が動いているような状態でした。

さらにシンガポールの人の気が、タイに比べて「常に動き、常に早い」と言うこともあって
その勢いにカルチャーギャップも感じつつも、何か圧迫感のようなものも感じていたし
シンガポールはどこにいってもバンコク以上に、クーラーの温度が本当に寒いのです。

こんな風に常に先を考え続けて動き、エアコンなどで乾いた冷たさを浴び続けていると
アーユルヴェーダで言うところのドーシャが、「Vata」ヴァータに偏ってしまうそうなのです。
ヴァータは「宇宙と風」からなっているので、どこまでも広がり常に動き、風の影響で乾く性質。
常に頭も体も動いているので、何かとストレスも溜まりやすく、睡眠時間も短めで浅い。

シンガポールは教育熱心な国で、常に親は「学校は、大学は、結婚は、子供は」と先を見据え
未来に対して準備し、不安も抱えているといいます。なので、ヴァータの方がとても多いそう。
そしてその「定着しない」と言う性質から、不妊で悩まれる方も多いのだそうです。

私自身、引っ越しの忙しさでこんな生活を続けていたので、ヴァータの性質に自分がどんどん偏り
ヴァータの持つ「乾いた風」の影響で、肌が乾燥して荒れてしまったのだ!!!と気が付きました。
これも「あなたの心、状態はこんな風ですよ」と言う、体からのお知らせだったのですよね!
「全てはホリスティック、バランスのよい生活、心と体を心がけること」を深く学んでいます♪


さて、今は生活もだいぶ落ち着いて、肌も以前の調子を取り戻しているのですが、
当時は「私の肌には救世主が必要!」と、前から気になっていたこちらのお店に駆け込みました!
d0222641_058073.jpg

NY生まれのKIEHL'Sでございます♪

シンガポールではTakashimaya、ION、Plaza Singapuraなど、あちこちのモールで見かけますが
バンコクではCentral Chidlom、Paragon、Emporiumなどでも販売されていますよね♪


NYのマンハッタンで、薬草や様々な自然成分を原料とした、薬品やハーブを提供する薬局として
スタートしたKIEHL'Sは、創業当時から世界中から厳選した天然由来成分を集め、
ホメオパシーやハーブを用いた治療薬や薬草処方に基づいて調合した軟膏などを、
悩めるNYの人々に提供していた精神は今にも受け継がれているそうで、世界各国から集められた
天然由来成分の有効性を選びぬき、肌や髪本来の機能をサポートするよう配合されているそうです。

肌がかなり傷んでしまっていたので、なるべく肌にも負担が少ない自然な化粧品を使いたいと思い、
今回はこちらのKIEHL'Sを試してみようと思ったのです。
d0222641_8363331.jpg

写真左から日焼け止め、クリーム、化粧水、乳液、夜用の美容液になります。

自分の肌状態、そして希望の肌質を伝えた上で、どんなコスメが必要なのかお店の方と話し
そのうえで自分に合った商品をテストし、つけ心地などから選んでいきました。


今回選んでいただいた化粧水は、Clearly Corrective™ Clarity-Activating Tonerと言う商品。
肌を潤いで満たしキメを整え、ビタミンCによってシミなどにも効果がある美白化粧水だそう。

そうそう、Chiva SomでFacialを学んだ時にビックリしたのは、化粧水に関する考え方の違い!
日本人は化粧水は「保湿」の一部と考えますが、特に西洋人は「ふき取り」と思っているよう。
だから通常は化粧水、トナーを使っていないと言う方もとても多かったんです!

Chiva Somのタイ人の先生たちにも確認しましたが、タイでも化粧水は拭き取りのため。
保湿はあくまでも乳液。それでも潤いが足りなければ、油分の多いクリームと言う考えだそう。
海外で販売員の方と話す時は「化粧水は保湿ではなく、拭き取り用と考えて話しをしている」
こんなことも頭に入れて、どの商品を購入したらいいのか考えることも必要かな?とも思いました。


そしてシンガポールで売れ筋No.1だったPowerful-Strength Line-Reducing Concentrate。
キメを整えてなめらかでふっくらハリ感のある肌に整え、シワなどに効くということですが
その国の売れ筋商品を見ていると、その国の人の生活スタイルが見えてくるようです。

シンガポーリアンは見ていると、バンコキアンに比べて肌が乾燥してシワが多いような気が・・・。
やはりこれも「乾燥」がキーワードの、ヴァータの方が多いからなのかもしれません。


この2つをつけてから肌がしっとり、モチモチとしたのが感じられ、
「肌がキレイ!」と言われることがの多くなり、すっかりその気になって他のラインも購入(爆)
と言うのもシンガポールでは会員になると、誕生日月は10%Offになるとあって、
「今のうちの買うとお得よ♪」と言う、うまい店員さんに乗せられました(#^^#)


紫の小さな瓶がSuper Multi-Corrective Cream。これはアンチエイジングのため(笑)
シワ、リフトアップ、ハリなど様々な悩みに対応し、潤いも与えてくれるとのこと。

そして青い小瓶が、Midnight Recovery Concentrate。
体内時計のサーカディアンリズムに着目して、潤い満ちて柔らかく、健康的な肌に導くとのこと。
ほのかなラベンダーの香りも、ホッとリラックスして眠りを誘ってくれそうです。

この商品は日本でも売れているようで、穏やかですが確実な効果があるとのこと。
これからさらにどんな効果が出てくるのか、とても楽しみです!


ここでKIEHL'Sの商品を紹介しましたが、肌は外から与えるコスメだけではキレイになれません。
Chiva Somでフェイシャルのモデルを取って、施術をさせていただいた時に気が付いたのは、
やはり普段の生活スタイル、食生活が本当に肌に影響を与えているということ。
カウンセリングの話と肌の調子が、やはりリンクしていたのです。

今回、肌が劇的によくなった他の要因には、玄米などを中心にバランスよく食事をいただき
水分と睡眠をしっかりとって、ストレスを軽減することも考えました。


アーユルベーダでも何度も言われましたが、やはり「美や健康は、一方向からは見ては成らず」
生理解剖学でも学びましたが、肌は人間にとって一番大切な「命」を守るには一番後回しの部分。
それなのでまずは他の部位が健康でないと、肌には順番が回ってこないんですよね!

とはいえ、年齢を重ねても手をかけてあげることで肌も変わって、「女性」として意識も上がり
さらに他の部分も「キレイになりたい!」と思いますよね ♪ と、自分を戒め中ですが(爆)


「このコスメ、とてもいいよ〜 ♪」と友達から聞いたとしても、自分に合うかはどうかはまた別物。
KIEHL'Sではまずお試しで「お客様一人一人に合う商品を」と、様々なサンプルをいただけるそう。
この精神は創業当時から変わらないそうなので、購入前にお試しするのもいいですよね!

そうそう、日本のKIEHL'Sにはドッグ用のシャンプーなども売っているようなので、
ぜひ愛しい愛犬のために(笑)一時帰国の時には購入してみたいと思います!




「KIEHL'S]
Singapore:Takashimaya, Plaza Singapura, Great World City, ION Orchard etc
       各店舗の場所などはこちらから♪ →  

Bangkok: Central Chidlom,Siam Paragon, Emporium etc
      各店舗の場所はこちらから♪ → 

# by treasure-bkklife | 2014-09-05 09:25 | My Daily Life
今日はもう「最高〜」に、めちゃくちゃ忙しい一日でした(爆)
朝から昼まで学校のミーティング、そして日本大使館にパスポートの更新に行き、
急いで帰って夕ご飯の用意をして、夕方からはさらにもう一つ学校のミーティング(苦笑)

そんな時ってどうしても、私が飲みたくなるのが「コーヒー」
食の魔法の講座のドリナビで勉強したのですが、コーヒーには「緩める」エネルギーがあるので
やっぱり、どこかふっと自分を緩めて、リラックスしたかったのだと思います(笑)

そして、今年の9月9日は満月。
女性には月のリズムがあるように、月のエネルギーに沿って食事をすることは
人は森羅万象のエネルギーを食からも取り込んで、夢を叶えるためにも大切なことだそう。
この上弦の月から満月までは「緩めて、拡散するエネルギー」に溢れる時期だそうなので
自分の体にもそんなエネルギーを持つ食べ物をいただくといいそうなんです。

さらに「緩めて拡散するエネルギー」を持つお料理の一つが、この子供も大好きなこのお料理。
シンガポールに来て3週間目、やっぱり心身ともに疲れがたまっていたのか
ちょうど「これが食べた〜い!」となって、週末に家族でこちらに行っていたのです!
d0222641_2055972.jpg

シンガポールの超老舗である Raffeles Singapore
一番最寄り駅だとMRT City Hall、もしくはEsplanadeになるでしょうか。
カクテルの「シンガポールスリング」はこちらが発祥の地と言うことでも知られていますよね♪
d0222641_2065436.jpg

今日はこちらのメインダイニングでもある Tiffin roomへ。
入口から中がどんな風になっているのか、とってもワクワクしてしまいます。
d0222641_2073749.jpg

蘭の花びらと一緒に、フローティングキャンドルが灯されて。
d0222641_20101855.jpg

まるで「白亜のお城」。いや、やはり「タージマハルか?」と、言う雰囲気の店内。
d0222641_2111415.jpg

お客様は西洋人の方も多かったように思います。このお料理は西洋人にもウケがいいのかしら?
d0222641_2092847.jpg

この日はこのような長テーブルがいくつもセットされていましたが、
何かのソサエティの集まりのような、優雅なディナーのような方々が沢山いらっしゃいました。
d0222641_20111068.jpg

テーブルに飾られたキャンドルも、お料理に使われていると思われるスパイスが添えられてステキ??

こちらのメインダイニングルームになるTiffin Roomの「ティフィン」とは、
午後の軽食のことをさすそうで、長年こちらで続いてこられラッフルズの伝統なのだそう。

大人気のハイティーも、アフタフーンティー スタンドやビュッフェをこちらで楽しめますが
ランチやディナーの時間帯に登場して人気なのは、実は「カレー・ビュッフェ」なんです!
東京の仲良しの同じ学校だったお友達家族が、毎年のようにシンガポールに遊びに来ているのですが
「ここのカレーがとても好き??」と言っていて、いつか行きたいとずっと思っていました。

こちらのマイルドなチキンカレーは、ホテルのメニューの中でも数少ないアジア料理の一つで、
サンデー ティフィンカレーは、植民地生活において欠かせないものだったそうですが
現在もティフィンルームのカレービュッフェは、旅行者や現地の方からも大人気なんだそうです♪
d0222641_20325117.jpg

まず、オーダーしたのは、お店の方のオススメのインドのビール!
口当たりがとっても軽くて、実はそんなにビールの味は好きでもない私にも飲みやすい??
d0222641_20343643.jpg

こちらのナンは焼きたてを席まで運んできて下さいます!暖かい焼きたてのナンはやっぱり最高♪


さて、こちらはビュッフェ形式になっているので、お腹も減って戦闘開始(爆)
d0222641_20401654.jpg

こちらはサラダなのどの野菜のステーション。
様々なドレッシングやピクルス、チャツネなども勢ぞろい!
d0222641_2036134.jpg

Yellow Lentil with Onion Tomato and coriander
d0222641_20371636.jpg

Slice of Cucumber, Raddish and Tomato
d0222641_20411144.jpg

まずはたっぷり野菜も摂りたくて、ヨーグルトのようなソースもかけていただきました!


そしてメイン、カレーのコーナーに出陣!
d0222641_20113844.jpg

A delicious Mughlai Lamb of Rack marinated with Yoghrut and spices
d0222641_20131978.jpg

Prawn marinated Lemon juice, Crush pepper Deep fried with Sesame seeds
d0222641_20181164.jpg

Sliced Fish with hung Yoghurut and Aromatic Spices Cooked in Tandoor
d0222641_20195865.jpg

Chicken Marinated with Cream Fresh Fennel and Dill Leaves
d0222641_20205134.jpg

カレーに合うビリヤニのごはんも2種類用意されておりました。
d0222641_2021477.jpg

An Awadhi style Chiken Leg curry
d0222641_23304728.jpg

An authentic Rich Lamb curry with Almonds and Brown onion paste
d0222641_20223351.jpg

Morel Mushroom Cooked with green peas and Lotus Seeds
d0222641_20241912.jpg

A Traditional Lentil Curry from Pamjab
d0222641_20255699.jpg

A Spicy Hydrabadi Style Curry with Corn and Green Chilly
d0222641_20275642.jpg

Broccoli Stuffed with Onion Paneer and marinated with cheese
d0222641_20292483.jpg

Deep Fried Patties mixed dry fruits and vegetable
d0222641_2030682.jpg

Shitake Mushroom Marinated with Yoghrut and Spices
d0222641_20311299.jpg

Indian Cottage Cheese Marinated with Anseed and Yoghrut
d0222641_20314829.jpg

すっかりもう歳なのか、意気込んで「今日はカレー!」と思っていたわりには、
やっぱりそんなにいろんな種類、量をいただけないことがここで判明(爆)
家族の意見としては、レンティルとグリンピースの2つのカレーが美味しいと言う話に!

思春期を迎えた子供たちは、「本当に子供料金ですみません<(_ _)>」と、こちらが思うほど
ガッツリと食べまくっていたので、親と子供でちょうど「トントン」な感じでしたが(笑)
こちらのビュッフェは子供と大人料金の設定があるので、お席で年齢も尋ねられました♪
息子は12歳11か月なので(笑)まだティーンエージャーないってことで子供料金だったのかしら?

この日は可愛らしい3歳くらいのお子さんもいらっしゃいましたが、とてもお利口さんでした??
ベビーチェアーも用意されているので、お子さんもWelcomeなんだと思います。
ドレスコードなども予約の際に確認されたので、子供もクロックスのような靴はNG。
子供たちもいつもよりドレッシーな服装でお出かけしました♪


さて、お次はこちらのコーナーへ。
d0222641_2056629.jpg

インドのデザートも美しく飾られております。
d0222641_20473934.jpg

4種類のインドのお菓子が勢ぞろい。
d0222641_20502790.jpg

Rasmalai
牛乳を搾ったような、何とも言えない味わいの甘みのあるお菓子。
d0222641_20524725.jpg

Sago Kheer
d0222641_20532096.jpg

Gajar Haiwa
人参を使ったこちらのデザートは、よくインド料理のお店で登場しますよね!
d0222641_2054696.jpg

Gulab Jamun
実はこのお菓子、東京のインターに子供が行っていた時に、インド人ママが作ってきてくれたもの。
せっかく作ってきてくれたのだけれど、と〜っても甘すぎて1つしかいただけず
申し訳ないような気持ちになったことを思い出し、「さあ、リベンジ!」といただくことに(笑)
d0222641_2055592.jpg

せっかくなので一つずつ、いろんな種類のデザートに挑戦してみよう!と思いましたが
他のインド料理のお店に比べると甘さは控えめなところ、やっぱり私には甘みが強すぎるよう。
いつも子供に「取ったものは責任をもって、ありがたく最後までいただきなさい」と言う手前
全部頑張って完食しましたが(笑)子供のようにアイスクリームを選択するのが無難だったかも♪


かなりお腹がいっぱいになった後は、少しホテルの中を歩いてお散歩を。
d0222641_21104975.jpg

やっぱり歴史があるこちらのホテルは、どこをとっても絵になります。
d0222641_21115562.jpg

南国らしいステキな空間と、ビールのほろ酔い加減と美味しいカレーをいただいた解放感からか、
引っ越しから3週間、心身ともに疲れがピークに溜まっていたのがす〜っと解されるように、
とっても優雅で暖かい幸せな気持ちになって、元気とエネルギーをチャージしました!
たまにはこんなちょっと贅沢も、心の栄養にもいいですよね??


週末を挟んで5日間、シンガポールでずっと前からしたかった勉強をする予定なので、
今週からまた忙しくなりそうな予感(笑)ちゃんと自分を緩めてバランスをとることも大切そう。

今年、2014年は「やりたいことを応援してくれる」と言う素晴らしい年なんだそう!
特に陽(奇数)のエネルギーが最大になる9月は決め事をするのに一番いい時だそうです。
以前、nico Laboでも重陽の節句についてのコラムを書かせていただきましたが、
今年は9月9日の「陽」が一番強い日の重陽の節句の日が、なんと願いが叶う満月と重なる年!
この「決断のパワー」をぜひ手に入れなくっちゃ!!!

月の動きのエネルギーは、9月9日の満月までは開放するエネルギーが必要だそうなので
自分の夢や願い事を料理に思いを乗せて、今週末のためにまた特製カレーを仕込み始めようかな〜♪

皆さんも、今週末ぜひよかったら、カレーをいただいてみて下さいね!




「Lunch and Dinner Buffet @ Tiffin Room, Raffeles Singapore」
1 Beach Road, Singapore, 189673
Tel: +65-6412-1816
Buffet Lunch: 12pm-2pm
Buffet Dinner:7pm-10pm
Dress Cord: Smart Casual
男性はワイシャツまたはポロシャツと、丈の長いパンツ、シューズ(サンダル以外)
女性はドレス、スカート、ドレッシーなショートパンツ、丈の長いパンツと、サンダル、シューズ。

行き方はこちらのHPをご参照ください♪ → 

# by treasure-bkklife | 2014-09-03 23:22 | India@ SIN

EAT eat all thai

シンガポールに赴任してから3週間!
船便の荷物もすっかり落ち着いて、やっと日常生活が戻ってきました。

3日目、3週間目、3カ月目と「3」が付く時は、そこまで張っていた気も少しほぐれたことで
体調も崩しやすいといいますが、全くその通り!家族みんなで雨季のせいか風邪気味です(苦笑)
今日は一年以上ぶり?に、朝10時過ぎまで家族みんながぐっすり睡眠と言う一日でスタート(≧▽≦)
受験からスライドと言う激動の日々だったので、こんなことにも幸せを感じています??


さて、バンコクの友達からのLineによると、私の新しいコラムが掲載された
バンコクのオシャレな情報誌、フリーペーパーのWOM9月号も配布を開始されているとか♫
これも実物がシンガポールに届く予定なので、ぜひブログでもご紹介していきたいと思います!


さて、これからブログの内容も少しずつ変えようと思っているところですが
まずは溜めまくっているネタ(笑)をどんどん書いて行こうと思っています。

タイ料理ライターのルイさんとは、公私ともに仲良くさせていただいているのですが、
毎月ルイさんがバンコクに来るたびに、ステキで美味しいお店に出かけていました♪

バンコク最後の夜はルイさんをはじめとして、バンコク生活でお世話になった皆さんと一緒に。
私のカラーの先生でもある重本史子さん、 Mocaからnico Laboへとお世話になった編集者である荒井さん、
生き方だけでなくママとしても感銘するAtelier Fuwariの弘美さん、Family Photoを撮って下さった千里さん、
Mocaの特集でもお世話になったマコさんと一緒に、ルイさんがブログでも大絶賛していた
「本当に久々にオススメ!」と言うこちらのお店へ??
d0222641_2145103.jpg

BTSチットロム、サイアムにある、Central Worldの新しく出来た施設、Groove2FのEAT eat all thaiでございます♪

お店の周りにもフォション、マキシムドパリなどのオシャレなお店が入るGroove。
こちらも朝の10時から夜の10時までの営業なので、いつでもフラッと来れるのも嬉しいですよね!
d0222641_21453983.jpg

店内はそんなに広さがあるわけでもないので、本当にお客様でいっぱい!
外のオープンテラスの部分も、沢山のタイ人の方で盛り上げっていました。
d0222641_2147433.jpg

バンコクのタイ料理のお店も、こんなオープンキッチンのお店もぐっと増えてきましたよね!
d0222641_2146574.jpg

今日のお席は一番奥の特等席で。
お客様が一杯だったので店内の写真は控えさせていただきましたが、とてもステキですよ♪


こちらのお店はトンローにあるタイ料理店の名店、SUPANNIGA EATING ROOMの姉妹店。
お店も「Eat all Thai」と名を打つだけあって、タイ全土の家庭の味を楽しめるお店だそうです。

タイの家庭料理とは言っても、そこはタイ全土、各地の最高級の食材を使うこだわりよう!
バンコクのGrooveと言うモダンでハイソなロケーションでいただく、まさに家庭料理の饗宴??
「タイの文化、タイの家庭料理をもっと知ってもらいたい」と言う思いが、込められているのです。


さて、お料理のチョイスはもちろん、全部ルイさんにお任せ(笑) 
d0222641_21504764.jpg

名前は忘れてしまったのですが、こちらのお店の名前がついたカクテル
アルコール分があまり強く感じられず、パイナップルの爽やかなカクテルでした。
d0222641_21483463.jpg

Hong Kong Kale Sauteed with Crispy Salted Fish

野菜ソムリエ@バンコクでも何度セミナーでご紹介している、タイ野菜のカナ。
その中でも一番食べやすいカナホンコンを、オイスターソースで炒めたものです。
その上にはバランスとれた塩魚の干物を、ほぐしてサクサクに揚げたものがトッピングされて。
カナのほんのりした甘みも引き立つ、美味しい一品です??
d0222641_214841.jpg

Deep-fried sun-dried squids with herbs

この干したイカの揚げたものにはヤラれました(笑)どんどんお酒が進んでしまうお味なのです。
そしてハーブとの組み合わせも絶品で、床に座ってビールジョッキを片手にいただきたい一品(笑)
d0222641_21484057.jpg

Fish cake mixed with squid, served with sweet & sour dip
これもタイのさつまあげのトートマンプラの中から、イカの食感がするのがとても美味しい一品!
タイ料理であるけれど日本の居酒屋にも合いそうな、これまた「ビールと合うよね〜」と言うお味。
d0222641_21493116.jpg

EAT's special omelette fully stuffed with crabmeat & prawn
このタイのオムレツは絶対に食べていただきたい一品!!!
ふわっとしたオムレツの中から、カニの身が「これでもか!」ってくらい詰まっています。
d0222641_21502796.jpg

Fried chinese cabbage gravied with premium fish sauce from Trad province
これは見た目には地味(笑)だけれど一口食べると虜になるお味なんです!
SUPANNIGA EATING ROOMでも誰もが美味しい!と言うこのキャベツの炒め物は
トラート産の高品質なナンプラーを使った、「特別な」キャベツの炒めものなのです♪
d0222641_215174.jpg

Grilled Giant River Prawn
このお店に来たら「これは絶対食べないと!」と言うほど、Face BookにもUPされている一品。
もうこの身が本当にプリプリで弾力感があるため、ナイフを使っても殻から剥がれないほど(笑)
川エビってこんなに美味しんだぁ〜?? と改めて魅力を発見した感じです。

そして濃厚なエビミソをたっぷりつけていただき、その甘味にうっとりしながらも
さらにシーフードソースもつけていただくと、一気にタイ料理の世界へ(笑)
見た目の豪快さや大きさだけでなく、本当に絶品のお味!ぜひ試していただきたいと思います。
お値段はその時の大きさや時価になるようなので、ぜひ聞いてみてくださいね♪
d0222641_21531661.jpg

Jasmine rice seasoned with fermented shrimp paste,served
with shredded eggs, barbecued pork, and green mango
今回、こちらでも美味しい!と言うグリーンカレーのチャーハンが残念ながら品切れ(涙)
そこで、私も大好きなカオ クルック カピのこちらのごはんメニューをチョイス。
甘めのお肉にグリーンのマンゴーの酸味、唐辛子の辛みなどのハーモニーが好きな女子は多いはず。

カピはエビを発酵させたものなのですがまったく臭みもなく、均等なバランスでご飯と絡み合って。
お肉の甘さもちょうどよく、本当に美味しくいただいきました♪
d0222641_2154337.jpg

A fried ‘Chaiya’ salted egg
グリーンカレーチャーハンに添えられているのが、このカイケム。
こちらのお店ではこのカイケムの産地として有名は、タイ南部にあるスラータニー県、
チャイヤー産のカイケムだけを使っているのだとか。

一つの卵を代の大人が6人で、仲良く分けていただきましたが(爆)
いい塩梅に塩加減と旨み、滑らかさとまろやかさがとっても美味しいカイケムでした。


この日、ご一緒させていただいた方々は、それぞれが既にその分野で成功しているにも関わらず
「さらに一歩前に進もう!」と、これからの夢を語りあった夜にもなりました。
そのメンバーのほとんどが40歳過ぎですが(笑)大人が夢を語る社会っていいなあと思います♪

バンコクで少しずつ自分の夢が実現できていったのも、タイ料理学校でルイさんと知り合い
バンコクの女子ブロガーの一人として、Mocaの特集に載せてくれたことから。
そこから仲間たちとベジフルビューティーとして、タイ野菜や果物のレシピ特集に参加したり
タイの調味料を使ったレシピを提案したり、ルイさんが昔から絶対やりたかったと言う
キレイを叶える週末バンコクにもお手伝いさせていただくことも出来ました。


「駐妻だから。ママだから。英語ができないから。もう今さらいい歳だから・・・」と
自分の夢をあきらめるのではなく、「今、出来ることを一歩でも」と真摯に向き合ってきました。
「自分の実力では無理かな・・・」と思うようなことも、自分の心にビビッと来たものには
「やりたい気持ちを優先して行動!」しているうちに、素敵なご縁や機会を与えていただきました。
NLPやコーチング、食や体のこと、大好きな人と一緒に出来る喜びを感じさせていただいてます。

ずっと「妻として、母として幸せなはずなのに、なぜか満たされない気持ち」を抱えていましたが、
44歳にしてやっと(笑)自分らしく歩き始めていることを実感しています。
そしてこれからは、今まで多くの方に支えていただいた恩返し、感謝の気持ちとして、
自分と同じように感じている妻・ママたちを、食や体、心のコーチングや癒しなどを通して
「一人一人が自分らしくと輝いて、幸せを感じて生きる」ことを応援していきたい思っています!


帰り際にルイさんと二人になって、いろんな話をしながら今までのいろんなことが思い出され、
不覚にも思わず涙がこぼれてしまいました。今までずっと堪えてきたのになあ・・・。
またお互いの夢をさらにどんどん広げていって、一緒に何かできることを願っています??
本当に皆様、どうもありがとう!!!




「EAT (EAT ALL THAI)」
2F, GROOVE, Central World, 999/9 Rama 1 Road
Tel:02-251-1230
10am-10pm
# by treasure-bkklife | 2014-08-30 11:48 | Thai@BKK

Baan Khanita @ Sukhumvit 23

木曜日に船便が入り、まさに怒涛の4日間でした!
バンコクは一軒家で荷物が増えていたこともあって、荷物を2/3まで減らしましたが、
それでも、どうにもこうにも193箱(笑)まあ、やっぱり多い方ですよね(*´Д`)

荷物の中身を見てみると、多いものはやはり分かっていたけれど「食器か・・・。」
これを一気に開封して収めるのは、やはりそれはそれは大変でした(苦笑)
ほぼ荷物を収めることができましたが、まだまだ収納スペースが足りないようです。
シンガポールの家は我が家と同じく家具なしのところも多く、今週の搬入を待つばかりです♫


さて、ある程度ひと段落ついたところで、バンコクの思い出を書き綴りたいと思います。

子供たちがインターに通っていると、横の繋がりもあって違う学校のママたちと友達になることも。
自分たちが受けたことがない教育なので、学年が上がるほどシステムなど分からないことが多く
親も把握しておかなければならないことも増えて、情報交換などもママたちにも必須(笑)

この日はそんな仲良しのママたちが、タイの思い出にふさわしいお店で送別会をしてくれました。
d0222641_11512251.jpg

スクンビット23にあります、タイ料理の Baan Khanitaスクンビット23でございます♪

タイ料理の名店であるこちらは、サトーン、スクンビット53、Asiatiqueにもお店があります。
d0222641_11541934.jpg

一歩中に足を踏み入れると、古き良きタイ家屋の味わいが。
d0222641_11524146.jpg

一つ一つの装飾品も、じっくりと味わうように目で楽しんで。
d0222641_1153153.jpg

入口だけでもステキな予感を感じさせる、そんなステキなお店です。
d0222641_1155947.jpg

1Fには広いメインのダイニングとオープンテラスのお席が。
d0222641_1155327.jpg

階段を上がったところには区切られたお席も用意されているので、誕生日などにもよいかも。
d0222641_11563731.jpg

2階には大きなスペースのお部屋もあるので、奥様会やミーティングなどにも対応できそうですね!


こちらのBann Khanitaは、言わずとしれたタイ料理の名店で、
アットホームな雰囲気の中にも、新鮮で伝統的なタイ料理を目指しているお店です。
素材にこだわり、お料理には保存料や人工的なものを一切使わないと言うこだわりを持ち
野菜や果物も自社のBann Panalai Organic Farmから直送されたものを使っているそうなんです。


さて気になるお料理ですが、この日はランチセットをオーダー。
少しずついろんな種類のタイ料理をいただけるので、いろんあお料理試したい方にも嬉しいんです♬
d0222641_11564276.jpg

タイ料理をいただく時に、割と多くオーダーする方も多いマナオ ソーダで。
d0222641_11582380.jpg

最初に登場したには、コンプリメンタリーのミエンカム。
はいごしょうの葉に、ナッツやマナオ、甘みのあるソースやチリなどを自分で挟んでいただきます。
ミエンカムを最初にいただいたのも、実はこちらのお店が最初でした。
それからというものその美味しさに魅せられて、タイクラフトフェアなどでもよく買い求めました!

私と1人のお友達はランチセットAをチョイス。
このセットのお料理は、タイ料理学校で習ったものばかりの「タイ料理の王道」メニュー(笑)
何だか懐かしさもあって、ぜひいただいておきたいと思ったのです。
d0222641_11581410.jpg

メニューにはカナのオイスターソース炒めとあったのですが、この日はスナップエンドウの炒め物。
タイ料理は中華から影響されたものも多いので、こんなメニューもよく見かけますよね!
d0222641_11585821.jpg

Tod Man Khung - Deep fried shrimp cakes
子供も大好きなエビのミンチをあげたもの。プラムソースにつけていただきます。

実際はエビだけでなく白身魚もつなぎとして入れるのですが、粘りを出す混ぜ方にもコツが。
数十分ほど混ぜ合わせる捏ねる作業は、とても重くて肩が痛くなってしまうほどでした!
d0222641_120255.jpg

Som Tam Song See- Spicy papaya and carrot salad
やっぱりタイ料理で食べておきたいソムタム。
本帰国になった友達たちが、口を揃えて「ソムタムが食べた〜い」ってよく言いますから(笑)
d0222641_1205557.jpg

Gaeng Khiew Wan Gai - Green curry with chicken
グリーンカレーは、タイ人にとっては「甘い」カレー。「Wan」”甘い”とつくのはそのためです。

タイ料理学校で日本人のSさんとペアになり、グリーンカレーを作った時に
ペーストに入れるパクチーの葉がうまく潰しきれず、カレーに葉がプカプカと浮かんだことも(爆)
ここのグリーンカレーはさすがにとても色合いも美しく、お味も甘くて美味しくいただきました!
d0222641_1215789.jpg

Tub Tim Krob-Water chestnuts in syrup and coconut milk
これもタイ料理学校の最終試験で作り上げたお料理。いつもオーダーしてしまうデザートです。
クワイに赤いシロップで色をつけ粉でコーティングして茹で、つるんとした食感も楽しみます。

これも料理名から「ざくろの粒」のように、一粒一粒小さく繊細に造りあげることと言われたですが
今までなかなかそこまで繊細に作られているものを、そんなに見ることはありませ〜ん(笑)


そして、他のお二人はセットCをチョイス。こちらもタイ料理ではお馴染みのメニューばかり。
d0222641_1211419.jpg

Stir-fried mixed vegetables topped bacon - Phad phak Ruam Mitr
野菜炒めですが、ベーコンがトッピングされているのは珍しいかもしれません。
d0222641_1231137.jpg

Yam Tua Phu- Spicy Winged Bean Salad with shrimps chicken and coconut milk
女性が大好きな、美容にも嬉しい四角豆のヤム。
お店によってココナッツミルクの量が違うので、味わいがかなり違います。
d0222641_1235771.jpg

Gai Hor Bai Toey- Deep fried chicken wrapped with Pandanus leaves
バイトーイ、パンダンリーフに包まれて揚げられるチキンは、好きなお子さんも多いはず。
ここでは葉は外されて登場しますが、葉に包まれたまま盛り付けされるお店が多いような。
バイトーイ、パンダンリーフは、タイのバニラとも言われるほど、お菓子などにも使われるんです。
d0222641_1243221.jpg

Gang Som Baan Khanitha - Spicy Tamarind soup with tomatoes and mixed vegetables
こちらのゲーン、タイのスープは、お友達たちにはかなり辛かったようです。
タマリンドの酸味も効いたスープは、私も大好きな一品ですが。
d0222641_1253754.jpg

Taro Ice Cream
実は、セットAかCかでかなり迷ったワタシ。
最後の決め手は「う〜ん、タロイモのアイスかぁぁぁ」ってことで、CではなくAをチョイス。
「デザートをTub Tim Krobに替えることはできる?」と試みるも、「NO」のお答えが(笑)

が、このアイス、相当美味しかったようで、「タロイモとは思えな〜い??」とのこと!
「やっぱりCにしてよかった♫」と言う声を聴くと、何だか無性に食べたくなったのでした(爆)
d0222641_1263337.jpg

どちらのコースも最後にはコーヒーか紅茶がついてきます。
とても優雅でステキなタイ家屋の、充実した思い出のランチになりました♬

みんなからいただいたのは、私にピッタリな色の可愛らしいお花??
d0222641_1275612.jpg

ビタミンカラーのガーベラのお花をいただいて、早速飾らせていただきました!

今日ご一緒したママたちは、実は私が同じ学校になるからとお友達を紹介した仲間なのですが
後日、私がバンコクで資格を取得したソウルカラーセラピーのモニターになって下さり
なんでこのママたちが「きっと合うだろうな」と思ったか、改めて分かってしまったメンバー(笑)
やっぱり必要なご縁ってあるんだなあと改めて思わされた、「熱いハート」の持ち主ばかりです。

そんな優しいママたちからいただいたお花は、忙しい時に家にお花があり安らぎをいただきました。
心のゆとりの大切さを教えてもらった、ステキな時間をありがとうございました<(_ _)>


お店の場所も邦人が多く住むスクンビットにあり、日本からのお客様がいらっしゃった時や
大切な人との会などにも、絶対に外さないタイ料理のお店はやはり安心だと思います。
タイらしさが溢れる雰囲気も、とても喜んでくれそうですよね(^_-)-☆

タイ料理の王道をステキなお店でいただき、仲良しママ達とご一緒してできて幸せな時間でした??




「Baan Khanitha @Sukhumvit 23」
36/1 Soi Sukhumvit 23
Tel:02-258-4181, 02-258-4128, 089-489-2858
Open Hour : 11am-11pm
Mapはこちらから♫
d0222641_8251375.jpg

# by treasure-bkklife | 2014-08-26 08:40 | Thai@BKK