子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

退院しました♪

実は娘のBirthday Partyの翌日に手術をし、入院しておりました。

Blogには、あまりネガティブなことは書きたくないのですが、
異国に住んで、もし私と同じような病気になり悩んでいる方へ、
あくまでも一つの情報として、何か少しでもお役に立つことが出来たらと、
あまりにプライベートな話でためらったのですが、やはり書いてみようと思いました。
(もし、ご不快に感じる方がいらっしゃったら、申し訳ないのですがスルーして下さいませ)


今回、私がお世話になったのは、Bamurngrad International Hospital
日本人の間では、通称「バムルン」と呼ばれている、スクンビット1~3の間にある病院です。


以前、ドラマ「医龍2」でも「タイのバムルンラード病院」と、名指しで登場!
岸辺一徳さん(気持ち悪い、イヤ~な先生役ね^^;)が、話していた病院でございます。
「今、バムルンラードって言ったよね?」と巻き戻しをして主人と確認しちゃったほどですが(笑)

2002年アジアで初のの国際基準認定(ICI)を取得した病院で、年間の来院数は約120万人。
うち40万人以上が世界150カ国以上から訪れる外国人患者だそう。
海外からも多くの患者が訪れる、タイにおける「メディカルツーリズム」の牽引車的存在とし、
ワールドクラスの医療サービスを提供されています。
その病院に、自分が入院してお世話になろうとは思いもしませんでしたけど^^;


私の手術は、意外とお持ちになっている方も実は多い「子宮筋腫」の手術でした。
出産の時から筋腫があるのは知っていたのですが、健康診断で筋腫が大きくなっていたことが判明。
みなさんにお聞きすると「バムルンのDr.Wisitがいい」と言う方が多かったので外来へ。

子宮筋腫や、卵巣嚢腫の手術などの件数も多いと言うDr. Wisit Supakarapongkulに診察を受け
患者の話をよく聞き、優しく、かつ、理路整然とメリットとリスクをきちんと話し
メンタル面や今後の生活のことも考えた上で、手術方法等も患者と相談して決めていく方だったので
とても信頼できる方だと感じ、私はその場で手術をお願いすることを決意できました。
元々、買い物なども即決型^^; 主人にも「手術することにしてきたから」と事後報告でした(爆)


そして当日までは、ご存じの通り、特にな~んにもすることがありませんでした。
だって、子供たちのBirthday Partyに追われていたぐらいですから^^;
今思えば、かえっていろいろと考え込まずに、よかったのかもしれません(笑)
(占いのNさんに伺って「手術は大丈夫!」と太鼓判を押されましたし^^;)

子供の学校などが休みに入ることなどもあり、学校があるうちの方がかえって主人も楽だろうと
なんと無謀にも^^; 娘のBirthday Partyが終わったその足で、1時間後に病院に行き
手術のための検査などをしてから一度帰宅し、翌日に備えました。


当日の朝に救急に行き、そこから手術前の処置やら麻酔やらでスムーズに進みました。
私はすでに帝王切開など三度の手術をしていたことから癒着もあったので
先生と話し合った結果、今後のことを考えて、開腹手術で筋腫のみの摘出になりました。
目が覚めた時には、手術台のベッドの上で手術が終わっており、先生と会話も出来ました。


入院していた病室はこんな感じです。
d0222641_4394299.jpg

まるでホテルみたいでしょ(笑) でもこれ、日本人が一番使うらしい一般の個室なんです。
これが一般なら、VIP室とかはどんなになっちゃってるんだろう(笑)
懐かしい新生児ちゃんの泣き声が聞こえてきたので、出産もこちらの病室みたいです。
d0222641_4534085.jpg

病室には一人、無料で宿泊もできます。電子レンジや冷蔵庫なども付いているのです。
パソコンや大型の薄型TVなんかもあって、1人暮らしだったら十分暮らせるかもね(笑)
クローゼットなどもあるので、付き添われたご主人様もこちらから通勤できますね!
d0222641_4561891.jpg

シャワーには椅子も付いていて、これが傷口のある体にはとても嬉しい配慮でした。
ウォータープルーフの絆創膏のようなものを貼っているので、手術の翌日からシャワーもOK!
パジャマやタオル、そしてドライヤー、シャンプー・リンスなども全てあって、
必要なものは化粧品と下着、そして帰りの洋服ぐらいでしょうか。


手術の前の日から絶食だったので、翌日の朝から流動食でのスタートです。
d0222641_4591532.jpg

最初の食事。やっぱり淋しい~(>_<) 早く、普通の物が食べた~い!
d0222641_511347.jpg

退院する日の夜ご飯♪ やっと普通の物が食べられて嬉しい~(^^♪

私の場合は本当に順調な回復だったようで、予定より1日早い2泊3日での入院となりました。
大きくなったとはいえ、やはり子供たちが心配だったので早く帰れたのはとっても嬉しい❤
通常、腹腔鏡での手術だと1~2泊、開腹だと3~4泊はかかるようです。


入院中はDr.Wisitはもちろん、日本の医師免許を持つ「柴野あゆみ先生」も来て下さり安心でした。
英語も通じるし、日本語通訳の方もいるので、特にこれと言って困ったことはありませんでしたが
やはりもっとタイ語が出来た方が、看護婦さんとのやりとりもスムーズだったかなあと思いました。
もちろん先生との相性や、手術を受ける方やその時の状況によって満足度は違うと思うのですが
私自身のことを言えば、今回手術を受けられて本当によかったと思っています。


手術前の生活では、痛みなどの自覚症状はあんまりなかったものの
検診から筋腫が大きくなっていたことが分かり、さらに詳しい外来診察で癒着も発見できたので
つくづくサボってしまいがちな、定期健診の大切さを思い知らされました。
お子さんが小さいとどなたかに預ける必要もあり、なかなか検診などが出来ないことも多いのでは?
でもやはり、家族を守って行くためにも、とても大切なことなんですよね。
ぜひ、みなさんも定期健診に行って下さ~い!!!


また、主人やいい子で (?!) 待っていてくれた子供たちはもちろんのこと、主人の会社の皆様方
私の留守の間、いつも通りの生活が出来るようにと、子供のお世話をしてくれたメイドさん
外国人の子供でありながら、いつでも何日でも預ってくれると言ってくれたママ友たち、
洪水情報が入ってきて、我が家の分まで買い出しして下さった同じアパートのみなさま
そんな中にもお見舞いに来て下さったみなさま、本当にどうもありがとうございました。
みなさんのおかげで、異国で安心して手術を受けることも出来ました。感謝で一杯です!!!


しばらくは家でゆっく~り、溜りにたまっているBlogでも整理していこうかなあと思うのですが、
すでに「お出かけした~い虫」がウズウズしております(爆)



「Bamurngrad International Hospital」
33 Sukhumvit 3 (Soi Nana Nua), Wattana, Bangkok, 10110 Thailand
Tel: +662 667 1000
Fax: +662 667 2525
救急:+ 662 667 2999
外来のご予約: +662 667 1555
歯科のご予約: +662 667 2300
一般のご予約: Make an appointment
E メールアドレス: info@bumrungrad.com
お勧めする面会時間: 6 am ~ 10 pmですが、個室の患者場合はいつでも面会可能だそうです。
Mapはこちら♪
d0222641_913850.jpg

by treasure-bkklife | 2011-10-12 09:00 | My Daily Life