子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

カオ・チェー@GING KALPAPRUEK

昨日の夕方、インドネシア・スマトラ沖でM8.7とM8.2の地震がありました。
2004年のスマトラ沖地震では、タイのプーケットなどでも津波の影響により、多くの方の犠牲者が。。。
昨日はタイのアンダマン海沿岸の地域で避難勧告が出され、プーケット国際空港なども一時閉鎖されたよう。

4月13日~17日は、タイのソンクランと言うお正月に当たり、その前後から多くのタイ人、外国人が
プーケットなどビーチリゾートに行っているところだったので、みんなは大丈夫かと心配していたのですが
友達はモルジブ旅行に行く途中、3時間のフライト後に、モルジブのマーレ空港が閉鎖になり、
タイのスワンナプーム空港に折り返し・・・。念願のモルジブ旅行がキャンセルになってしまったとのこと(涙)
何もなくてよかった・・・としか言ってあげられないのですが、これ以上被害が出ないことを祈るばかりです。


避難警報も解除されたそうですが、今後の行方が気になるところではありますが、
我が家も明日から、楽しみにしていた「ソンクラン旅行」へと、これまた珍しい?タイのビーチに行って来ます。

ソンクランは一年の中で一番暑い時期で、タイでは至るところで水掛の祭りがおこなわれます。
バンコクではカオサン、そしてチェンマイの水掛けは有名で、時には死者が出るほどエキサイトするそう。
子供達も旅行準備に、学校のイベントでも使ったウォーターガン、水バズーカ砲(笑)を用意しているほど。
この時期に訪れたカオラックでも、氷水をぶちまけられ、ビシャビシャになったほどでした(^_^;)

そんな暑い時期のソンクラン、水をかけられるのが嬉しい(な訳ないか!)ほど暑い季節なので
暑さから食欲が減退する頃、クーラーもなかった昔は本当に辛かっただろうなあと。
そんな暑いこの時期しか食べられない、タイの宮廷料理があるので、駐在中にと試してきました!
d0222641_9101978.jpg

Emporium5Fにある、GING KALPAPRUEKでございます。
こちら、Gorumet Marketに食料品などを買いに行く際、見かけたことがある方も多いと思います。
同じくエンポリウムの1Fには、もっと広々とした「KALPAPRUEK on First」があるのですが、
子供と一緒で待てないとイヤなので、おつかいがてらサクッといただけるこちらで。

このカラパプルック、サイアムパラゴン、セントラルワールドと便利な場所に支店があるのですが
タイ料理学校に先生に「一番オススメのタイ料理のお店はどこですか?」と聞いたところ
こちらのシーロムの本店の名前が真っ先に上がったほど、実力のあるお店なのです。
d0222641_9145522.jpg

店名の「カラパプルック」とは木の名前らしく、なぜ緑が生い茂るデコレーションかが分かりました。
そして「何でも作れる、食べてもらいたい」と言う意味も含まれているとあって、タイ料理だけでなく
パスタ系などのインターナショナルなお料理もあるので、子供と一緒にランチという時にも便利なお店です。

そんな子供と一緒でも入りやすく、かつお値段も気軽な気軽なカフェ風のお店ですが、
オーナーはプリンスの称号を持つ王族だそうで、いつも仕事が無く、手持ち無沙汰にしていた
大勢の使用人達を有効に活用するために、自家製ケーキの販売を始めたのがカフェの始まりだそう。
d0222641_1053985.jpg

料理もケーキも、全て伝統的なロイヤルレシピだそうです。
特にこちらでオススメと有名なのが先生もおっしゃっていましたが「ゲーン キオウワーン」、グリーンカレー。
ハーブとココナッツミルクの豊かな香りでいっぱいのカレーだそうです。
タイでは、カレーをインド風のロティと一緒に食べるのことも多く、私も大好きなのですが、
この組み合わせを取り入れたのも、このお店が最初なんですって!


今日の目的は、この時期にしかいただけない、「カオ・チェー」と言う、タイの冷やし茶漬けをいただきに。
猛暑の時期に少しでも食欲が出るようにと、ラマ五世のために考えられた宮廷料理とのことですが
このラマ五世はグルメな方だったらしく、食べ物の日記が残っているほどだそう!
トートマンクンや、ミーグロップなど、ラマ五世のために作られたお料理も多いのですよ。

さて、在タイ4年目にしてお初の、カオ・チェーとはいかなるものか。
d0222641_9383829.jpg

このように、ごはんとおかずが別々にやってきます。
カオ・チェーは宮廷料理でもあるので、ホテルや高級レストランなどが夏季限定で出しているようですが
おかずが7種類と手が込んでいるので、手間暇がとってもかかるものなのですね~
d0222641_939820.jpg

硬めに炊いたご飯に、ジャスミンの香りづけをされた冷水をかけて、さらにジャスミンの花も添えられて。
冷水に浮かぶジャスミンの花が、くるくると回るのも涼しさを感じさせる演出の一つ。
d0222641_943148.jpg

濃いめに味付けされたおかずは7種類。ごはんと一緒にいただきます。

おかずは、エビ味噌のカピを、お団子状にしたものを揚げたカピ・トート、
タイの辛くない緑の大きな唐辛子、バナナペッパーチリにひき肉を詰めて焼かれたもの
雷魚を揚げたプラチョン・トート、塩気のある卵、魚の胃袋などを揚げたもの、干した大根を甘く煮たもの
そしてきれいにカービングされた青いマンゴーや紫ウコンなど、盛りだくさん!

今日はお休みの子供達と一緒でしたが、「まずは何でも食べてみて、文句は後から」(笑)が家訓の我が家
どんなものかと体験させてみたかったので、ご飯とおかずをそれぞれ味見してみることに。

全体的に甘い味付け、そんなに辛いものはなかったので、子供でも美味しくいただくことは出来ましたが
「やっぱりガイヤーンの方がいい!」と、いつものイサーン料理に軍配が上がっちゃいました(^_^;)
でも、この時期しかいただけないカオ・チェーを体験できたことは、とても楽しかったようです(^^)/


子供たちはパスタではなく、自分たちの好きなタイ料理を(勝手に)オーダー(^_^;)
在住4年目ともなると、「マイ サイ プリック ナ カー」と唐辛子抜きでオーダーする術も覚えました(笑)
d0222641_10115111.jpg

「テンモー パン」
スイカのジュースは、やはりタイ料理の辛さに備えて、子供なりの予防線のようです(笑)
d0222641_9452093.jpg

「コーム ヤーン」
兄の大好きな豚ののどの部分のコームヤーン。豚肉の柔かさがたまりません。
d0222641_9471647.jpg

「ラープ ガイ」
娘がオーダーしたラープ、今日は豚のミンチのラープ ムーではなくて、ラープガイで。
ミントのハーブの香りも高いイサーン料理ですが、いつもオーダーする娘の大好物でございます。
d0222641_9435287.jpg

「ソム タム」
子供ながら、「ソム タム、やっぱ、うめぇ~」と、すっかり「男」になってきた息子が一言(笑)
う~ん、これにビールがあったら最高だ!と母も思っておりました(爆)パパイヤはデトックス効果も高い一品。

言わずとしれた青パパイヤのサラダですが、子供といると唐辛子抜きなので、どちらかと言うとベトナム風。
ソムタムはベトナム戦争の時に、ベトナムに赴兵したイサーンの方が持ち帰り、アレンジされたと聞きました。
d0222641_9485234.jpg

「ポピア・トート」
カリッと揚がった春巻きは、アツアツで美味しかった~ 

このカオチェー、4月30日までカラパプルックのお店で楽しむことができるそうです。
タイの伝統宮廷料理、話のネタにも一度お試しになってはいかがですか?

カラパプルックは、支店がどこも便利な場所にあるのですが、やはり一度は本店の味を堪能したい!!!
ぜひ、その美味しい!絶品!!!と言われるグリーン カレーに挑戦したいと思っています(^^)/


「GING KALPAPRUEK @Emporium」
5F Emporium, Sukhumvit24
Mon - Sun:11:00 am - 9:00 pm


シーロム本店は以下になります。
「KALPAPRUEK」
27 Thanon Pramuan, Bangrak
Tel:02-236-4338
8:00~18:00 / 8:00~15:00 (SUN)
BTSスラサック駅下車、プラムアン通りに入り100メートル右手。徒歩5分

他にも、サイアムパラゴン、セントラルワールドなどにも支店あり。
by treasure-bkklife | 2012-04-12 11:15