子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

Koh Mak &Koh Kradad ツアー

二日目、今回宿泊したホテルはすべてインクルーシブで、ツアー付だったので、
マック島のツアーに宿泊者の方たちと出かけてみました。

d0222641_23383933.jpg

ツアーと言っても、トラックの荷台の上ですの(^_^;) こんな体験も、よき思い出の一つ(笑)

もちろんソンクランですもの、こんな場面に出会います!
d0222641_2050489.jpg

ところどころにカワイイ水掛隊が(笑)
こんなの水鉄砲襲撃はかわいいもの、この後はバケツでバッサバッサなどもございました。
もちろんこちらも完全防備、水着を着てのツアー参加です(^_^;)


マック島の中をぐるぐる回りましたが、正直言ってタダデナケレバ イカナクテモイイカモ・・・(*_*)
その中で一つ、思い出深いのがこちらでございます。
d0222641_23591647.jpg

マック島の中のお寺でございました。
d0222641_23395371.jpg

「この木、何の木、気になる木~」 本当に太くて大きい樹木!!! 樹齢何年なんだろうと思ってしまうほど。
d0222641_1138153.jpg

周りの仏像様に一つずつお水を捧げて、深くお祈りを致しました。
d0222641_23472085.jpg

樹にはパワーがあると言うので、家族みんなで大きな幹にお祈りして、パワーチャージをいただきました!

そして、こちらには大きな仏像が。
d0222641_23501228.jpg

よく仏像を見てください。手の上に何か見えませんか?
d0222641_23523194.jpg

なんと雨どいみたいものが、隣の櫓から引かれていて、仏像の掌にお水を差し上げるのです。
かなり無理矢理感があって「さすがアメージング タイランド!」と笑ってしまいますが、
この「何でもアリ」的な感覚は、やっぱり好きでございます(^^)/
d0222641_23565683.jpg

櫓の上からお水を流します。この櫓もかなり木が腐りかけていて、スリリリングでもありましたが(^_^;)

そんなノンビリした時間が流れるマック島ですが、お坊さんたちも寛いで。
d0222641_055033.jpg

こちらで観光客ともおしゃべりが。日本語で「こんにちは!」と言われてビックリ\(◎o◎)/!
そして、もう一つビックリしたのが、こちらの豚さん(いや、いのしいだったのかな)でございます。
とても大人しくて本当にペット状態。お坊さんに薦められて、豚さんをいいこいいこすることに(笑)

タイの十二支はいのしし年はなくて、代わりに豚年なんでございます。これは中国も同じかな?
豚は「お金持ち」の象徴なので、豚年には沢山の赤ちゃんが生まれるんですよ!
そんなおめでたい豚さんですから、学費ビンボーの我が家に愛の手を!!!(爆)
d0222641_0125888.jpg

タンブンをするとお坊さんがごそごそと鞄の中から選んで、この像を手渡して下さいました。
しっかりと旅の思い出と一緒に、我が家に飾ってございます。
大きな樹木から元気なパワーと、豚さんから金運を(笑) これで我が家は怖いものなし!かな(^_^;)


お昼を挟んでホテルの方から勧められた、Kradad Islandのツアーに参加することに。
こちらは「バンビ」、鹿がいることで有名な島らしく、海もさらにキレイなようです♪
d0222641_018178.jpg

マック島のキレイな場所からクラダット島に渡ります。こちらでも十分キレイな海を楽しむことができるよう。

向こう岸のクラダット島へは、こんなボートでわたります。
d0222641_0211530.jpg

まあ、いわゆるロングテール ボートってやつでしょうか(笑) しかも、ライフジャケットなし。
d0222641_0251626.jpg

「旅は道連れ、世は情け」 一緒のタイ人の方々とスリルを共有して仲良しに(爆)

ズドドドドと言う、激しいボートのエンジンとともに、海を渡り切って取り合えず一安心。
ワタクシたちを待っていたのはこちらでございます。
d0222641_0321423.jpg

「燃える男の~ 赤いトラクタ~」 主人がのんきに歌いだしております(古すぎるって言うの!)
そう、この耕耘機の荷台にみんなで座って行くのです(*_*)
d0222641_035319.jpg

しかも荷台との連結部分は、ただロープで縛ってあるだけだったりして(^_^;)
やはり、「旅は道連れ、命も道連れ」なんでございます(爆)

トラクターの荷台に乗ることがあるなんて思いもしませんでしたが、何事も経験は宝(^^)/
「ねえ、私たちって、もしかしてドナドナ?」と(笑) これに反応してくれたのは、もちろん主人だけでしたが。
「ある晴れた昼下がり~」と、この歌を知らない子供たちに指導しながら、楽しく島の中を巡って行きました。
d0222641_1195929.jpg

トラクターの脇を走る子供たち。この運転手さん、まだ中学生ぐらいの子供だったんです。
一家の稼ぎ手として仕事をする彼を「こっちの方が早~い」なんて囃し立てながらも (たぶん、そんな感じ)
尊敬と愛情のこもった目で見ている子供たち。お兄ちゃんはお年頃かクールにふるまっていたけれど(笑)
オレンジの男の子も目的地に着くと、さっと荷台からみんなが下りれるように、踏み台を出してくれるのです。
我が家の子供たちがこの情景を見て、何かを感じてくれるといいなあ。。。


しばらくすると、お目当てのものが見えてくるではありませんか!
d0222641_9511166.jpg

やっぱり言ってしまいました、お決まりの 「バンビ~!!!」 クラダット島は鹿でも有名な島だそうなんです。
d0222641_9553631.jpg

あちらこちらに、本当に野生のシカがいっぱいでございます。
写真を撮る息子が思わず「鹿、めっちゃ、はや~っ!」 その走りはどこまでも飛ぶように。
d0222641_11281966.jpg

トラクターの音ですぐに反応して逃げるので、なかなかカメラに収めるのは難しかったけど、カワイイ~❤
いたずらをして脱兎のごとに逃げまくる、我が家のワンコを思い出してしまいました(笑)


島の最果てまで来ると、そこは海。ここで一時間ほど遊ぶことができました。
d0222641_107347.jpg

浜辺はあんなに遠いのですが、まだまだ足のくるぶしあたりなんでございます!
しかも海が太陽に照らされて、海というよりは温泉に来たよう!!!

海の透明度は、こちらもやはり高かった!
d0222641_10295150.jpg

浅瀬でもしっかりとヤドカリが見えるんです。
d0222641_10312134.jpg

捕まえてみるとこんなに大きくて、手を挟まれそうでちょっとコワイかも。

浜辺にしっかりと生えて海にせり出している、大きなヤシの木。
d0222641_1048397.jpg

お約束のポーズでパチリ。このあとはもちろん家族で一列になって記念撮影。
残念ながらビキニ姿なので、とってもBlogではお店でできませんが(笑)


今日一日、同じ宿泊者の方と一緒にツアーを回って、すっかり打ち解けてお友達に。
子供たちはお互いの名前を呼びあっていますが、ヘタなタイ語でどうにかコミューケーションンしてるよう。
自己紹介するときに、自分の名前の語尾を↺ あげながら、相手に伝える術も覚えました(爆)
お菓子などもいただいて、ほんとに「旅は道連れ、世は情け」でございました<(_ _)>


マック島もクラダッド島も海は透明度が高くて、しかもかなりの浅瀬なので子供にも安心。
ゆっくりと家族一緒の時を過ごすのにピッタリだと思います。
カップルの方も見かけましたが、バイクで島内を回ったりして、それぞれの過ごし方が。
毎日の喧噪から離れてノンビリしたい時、キレイな海を眺めて心も体もリフレッシュ出来ると思います♪
by treasure-bkklife | 2012-05-01 23:53 | Kood island