子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

Mak Islandへ ♪

さて、ソンクラン旅行第二弾!
実は当初、この時期名物の「チェンマイの水掛」に参戦しようと、チェンマイ旅行を予定しておりました。
こんな時期でもないと、お寺巡りなどは「もう帰る!」と娘が言い出しかねませんから(^_^;)
チェンマイ動物園のパンダだけでは、どうにもこうにも子供を釣れそうにありません(笑)
でも、やはり駐在中に一度は行ってみたい『チェンマイ』 北タイのお料理もとっても楽しみだったんです。

そしてこの旅行のアメの一つに。。。と、チェンマイまでの寝台車で行こうと思っていたワタクシ
(こうでもしないと、子供たちがチェンマイ旅行には乗ってこないのですから(^_^;))
意外や意外かとっても大人気なので、なかなかチケットは取れずじまいだったのです。
そして急にワンコを飼うことにもなったので、長い旅行は難しい・・・と近場に変更することに。


ワンコを連れていくかどうか迷ったのですが、家に来たばかりでまた慣れない環境ではストレスがかかると
Twinkleの山内さんからもアドバイスをいただいたので、今回はお預けすることに。
ソンクラン中で同じく旅行に行かれる方が多く、沢山のワンちゃんがいて本当に大変だったと思うのですが、
アレルギーが出ていた我が家のワンコにも、しっかりと毎日薬をあげて下さって本当に助かりました<(_ _)>

置いていくのはかわいそう・・・と思ったのですが、我が家のワンコはこちらに来るのが大好きで
いつもここに着くなり「降ろせ~」と大暴れして、一刻も早く仲間に加わりたいようでございます(笑)
他のワンちゃんたちと一緒に遊べてとても嬉しそうで、今回も安心して旅行に出かけることが出来ました。
こちらのグルーマーさんである奥様のブログからも、ワンコたちが楽しんでいる様子が分かって安心です♪


そんなこともあって今回は2泊3日の小旅行、何より海が大好きな我が家ですから
近場であっても、やはり海がキレイなこちらの島を選びました♪
d0222641_13111851.jpg

チャン島やクッド島にも近いマック島です。タイ語ではKoh Makやらいろんな綴りがあるようですが(^_^;)
写真のように割と波は穏やかで、どこまでも浅瀬が広がっているので子供達も安心です。

実はマック島は二回目。その海のキレイさは体験済みでございます。
子供たちでも足が届くぐらいの岩場に魚が隠れていて、ウニだって見えるのです!
d0222641_16305958.jpg

今回も近場にウニを発見!前回、これに刺されたムスメは、さすがに緊張気味(笑)


マック島への行き方ですが、バンコクから車で4時間ちょっと、カンボジア国境近くのトラットまで行き
Leam Ngopというピアから、スピードボートで1時間ぐらいの小さな島でございます。

車で4時間ちょっととなると、「結構、長いなあ~」と思われると思います。
もちろんスワンナプーム空港からトラットまでBangkok Airwaysも出ておりますが
待ち時間など含めると結構な時間になってしまうので、タイ人はほとんど車で出かけて
ピアに車を泊めて、スピ-ドボートでマック島へ向かいます。
エカマイからBusも出ているので、いつかチャレンジしてみたいなあ~。
d0222641_1382026.jpg

こちらがLeam Ngopのピア。
本当に食べ物なども何にもないところなので、お昼などを持ってくることをオススメいたします
d0222641_16371481.jpg

スピードボートを待つ、マック島へ向かう人たちでいっぱい!事前の予約は必須でございます。
ホテルを通して予約してい私たちでさえ、ちゃんと席があるのかヒヤヒヤもののでしたから(笑)
殆どがタイの方たちばかりでしたが、ところどころに白人の方も。きっとオーバーブッキングだったと思うほど。
d0222641_2323859.jpg

ここからスピ-ドボートに乗って1時間。この小さなスピ-ドボートがいっぱいです。
方向的にはクッド島と同じ場所なのですが、今回はその時と違ってかなり揺れが激しく
下から打ちつける波で何度もお尻を強打いたしました(笑) その時期や天候によっても違うのかなあ。

ペットOKなホテルもあったのですが、今回の揺れはワンコを連れてきたらかわいそうだったかもしれません。
もちろん赤ちゃんやワンコなども、白人やタイ人は連れてきておりますが(笑)
d0222641_21323153.jpg

後で知ったのですが、こちらにはKoh Mak Catamaranと言う船があったようです。
72人乗りのCatamaranの船は、スピードボートより揺れが少ないはずでございます。
時間は1時間半と少し長いようですが、これなら小さいお子さんやペットなども安心かも。
d0222641_2112038.jpg

島につくと、ぱあーっと視界が開けます。とにかく暑い!そして陽射しがまぶしい!!!
d0222641_21125476.jpg

ソンクラン中ということもあって、素敵なしつらいがお出迎えです♪


今回泊まったホテルは後に紹介するとして、まずはマック島の海をご紹介したいと思います。
d0222641_2116365.jpg

マック島は小さい島なので、徒歩でも海まで歩いて行けます。
今回のホテルはOn The Beachではなかったため、2か所の海を探索に。
d0222641_21184172.jpg

一つ目は、今回の旅行にこちらに宿泊しようかと、最後まで迷っていたリゾート
Koh Mak Resortの前の海、Ao Soun Yaiでございます。
前回の旅行に時に目をつけていたのです(^_^;) こちらはペットOKで白人率が割と高いです。
全てがオーシャンビューのVillaになっているので、プライベート感を味わえて静かなリゾート。
こちらはピアのすぐそばにあり、ちょっとしたレストランやBarなどもあって便利がよいと思います。
d0222641_21192684.jpg

どこまでも浅瀬に広がる海にワンコたちも楽しそうでございます。

こちらの砂浜くには岩場などがあまりないため、小さい子供には安全ではありますが
その分、魚などを見ることができないかも知れません。
ダイビングスポットにもなってるようなので、もっと沖で行けば虹色の魚たちに出会えるのかと思うのですが。
d0222641_2124464.jpg

初日はこちらでのんびりと。浜辺にブランコなどもあっていい感じ。
父と娘のほのぼのツーショットでございますが、いつまで娘が「パパ大好き~」と言うんだろう。。。


そして最終日の3日目には、ピアのすぐ近くでとても便利だった
Makathanee Resortの前の、Ao Kao Bayへ。
ピアに面し、そしてオン ザ ビーチとあって、こちらはResortも大人気のようでございましたが
大型なリゾートなのか、ガサガサとちょっと騒がしさは否めない感じが致しました。
d0222641_21581056.jpg

こちらの浜辺にも、こんなBarやマッサージが。海風を受けながらのマッサージは最高!
オイルマッサージだと、ちょっと風で砂が体についてしまうのだけど(^_^;)
d0222641_21534180.jpg

ヤシの木からぶら下がるブランコに兄妹が仲良く。 高さが低いので小さい子にも安心ですね♪
d0222641_21383370.jpg

誰かさんがワンコの上のハンモックでお昼寝を(^_^;) すごい恰好ではございますが(笑)
d0222641_21482678.jpg

御年ゾロメとなる方も、童心に戻って遊んでいるようでございます(^_^;)


そしてもちろん、海にも潜ってみました。とっても浅瀬なのでゴーグル&素潜りでもちろんOK!
d0222641_2144182.jpg

この前の海は岩場があるところがあって、そこには小さいな魚たちや、カニなども沢山見られます。
d0222641_22522177.jpg

こんな大きなカニが、岩場に潜んでおりました!
d0222641_22542662.jpg

あまりにも浅瀬なので、自分の歩いた砂が舞い上がってうまく写真が撮れなくて残念ですが
岩場近くには、小さな魚がウヨウヨと泳いでいるのです。


こちらからのツアーは、チャン島やマック島と同じ場所に出かけるので、既に体験済み。
ラン島などは白い砂浜とエメラルドグリーンの海で、とてもステキなのですが
今回は何度も同じところに行っても。。。と、ゆっくりマック島の海を満喫致しました。

浅瀬なので小さなお子さんでも充分に楽しめるマック島、ソンクランなどの長いお休みでなく
マック島だけでのんびりと過ごすのであれば、3連休などのちょっとしたお休みにもピッタリ。
タイは5月、6月と、3連休があるので、家族一緒の思い出作りにもよいと思います♪


二日目はマック島内見学、そして近場の島のKradad Islandへ向かいます。
つぶらな瞳がカワイイある動物がいっぱいで、思わず「ここは奈良か、いや宮島か」と思わされました(笑)
そのお話も、このあとに綴っていきたいと思います~(^^)/



マック島のホテル、ガイドなどについては、こちらのHPをご覧ください♪ → 

マック島の地図はこちら♪
d0222641_2339401.jpg

by treasure-bkklife | 2012-04-30 22:06 | Kood island