子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

Helping Hands Thai Cooking School ・ Cooking with Poo ~ クロントイ市場編 ~

私のタイ料理修行は続いておりますが、ここでちょっと変わった? お料理教室をご紹介できればと思います。

バンコクには「クロントイ」と言うスラム街があって、実は邦人の住むエリアからそんなに遠くない場所にあります。
そこにHelping Hands Thai Cooking School ・ Cooking with Pooのお料理教室があるんです。
Pooさんの事はこのあとのブログでも書こうと思うのですが、西洋人もボランティアでこの運営に携わり
このお料理教室の収益金の20%は、クロントイのスラム街に住む人たちへの寄付として使われているのです。

タイ料理を習って、その費用がクロントイ スラム方たちのの役に立つだけでなく
このお料理教室には、最初にクロントイ市場の見学ツアーがついているのです。

レストランのシェフも食材の買い付けに出かけるという「バンコクの台所」のクロントイ市場なので
一度は見学してみたい!と思いながらも、その利権を巡って発砲事件なども起こったこともあり、
やはり個人で行くのはちょっとコワイかも・・・と思っていたので、これはよいチャンス!と
お料理好きなお友達を誘って、6名で行ってきました~


さて、まずは8:30にBTS プロンポン駅そばのエンポリアムスイートの前で、料理教室のスタッフと待ち合わせ。
スタッフは英語も話すので、旅行でバンコクに来られた方も安心です。
1日の定員は10名なのですが、この日は私たち6名とシカゴから来たと言うアメリカ人女性4名が参加。
ボランティア性もあるからか人気のお教室なので、みんなで予約できる日を探すのは意外に苦労したんですよ♪

エンポリウムからラマ4を通ってクロントイ市場へ。
ラマ4をシーロムやヤワラートに向かう時に、外からクロントイ市場をご覧になった方も多いと思います。
外から見ると生きた鶏などが見えて、「中はどんなにことになっているんだろう・・・」と戦々恐々ですよね(^_^;)


さて、クロントイ市場に潜入!
ここからは、ちょっとグロテスクなものなども映るので、苦手な方はスルーしてくださいね!!!

↓ 




さあ、次から未知の世界が始まりますよ!(笑)

d0222641_21294889.jpg

入口付近にはやっぱりいました!生きたままの鶏たちが・・・。
しかもニワトリだけでなく、ダックやらいろんな種類の鶏が、一つの籠に押し込められています。
d0222641_21315015.jpg

その反対側には、毛をむしったものや丸焼きにしたものが...
こうして命をいただくのだから、大切にありがたくいただかなくてはいけないと思います。
d0222641_21481021.jpg

生きたままのカエルたちも。さすがに写真は撮れませんでしたが、皮を剥がれているものなども・・・。
d0222641_21464989.jpg

これは牛の皮。まだ毛がついている方は、ウイスキーなどに漬けこむのだそうですよ♪


そして今、日本でも話題になっている、こんなものもありました。
d0222641_21344173.jpg

そうです、虫の幼虫なんです!何の種類かまでは聞くことが出来ませんでしたが・・。
そしてこの後、まさかもう一度、ご対面(いや、それ以上!)することになろうとは。。。

昆虫食はFAOでも人口増加で、将来のタンパク質供給の選択肢として進めているようですよね。
日本でもイナゴや蜂の子などを食べる風習もありますよね。
現在でもアジア29国、南北アメリカ23国でも食べられているとは知りませんでした!
d0222641_21352293.jpg

こんなに幾つもの種類の虫が食用として売られているんです。
d0222641_21364581.jpg

これはタガメ。確か「世界の果てまで行ってQ」で、森三中が罰ゲームとして食べていたと思いますが
タイでは罰ゲームではなくて食べる風習があるので、よく屋台などでも見かけることがあります。
d0222641_21394758.jpg

これは豆?などと思われるかも知れませんが、アリの卵でございます。
このアリの卵、実は私はスープとして食べたことがあるのですが(^_^;) 
見た目は豆、味はあまりしないものの、時々孵化したものを見つけるとちょっとゲンナリしたりして(笑)

アリの卵、経験としてちょっと食べてみたいかも・・・と言う方は、スクンビット45にある素敵なホテルの
THAI LAO YAH@ CABOCHAN HOTELでいただくことが出来ますよ♪
d0222641_21404387.jpg

これはなんと、赤アリだそうなんです!これに噛まれると本当に痛いんですよね!

私は昆虫、両生類、爬虫類などは実は大の苦手ですが、食材だと思うと意外に見るのは大丈夫なんです。
考えてみればフランス料理のカタツムリだって昆虫だしね・・・と、ちょっと違うか(^_^;)
やはり、どこまでも食いしん坊なんですよね~(笑)


クロントイ市場、もちろんお野菜類だって充実しています!
d0222641_21432656.jpg

今が旬のキノコたち、この時期にしか見られないキノコも豊富に出ておりました!
この真ん中のシメジのような細長いキノコは、この時期しかバンコクで食べることのできないヘッ ホーン。
タイではキノコの王様といわれているそうで、シロアリが食べ物を蓄える巣に育つ甘みの多いキノコだそうです。
育ち方だけを聞くと、ちょっと食べるのをためらってしまいそうですけどね(笑)
d0222641_21441167.jpg

スクンビットではたまに市場で見かける筍ですが、こんな立派な筍がこちらに。
買って帰って、タケノコご飯などにすればよかったなあと、後でちょっと後悔したりして(^_^;)
d0222641_215026.jpg

タイ野菜も花など、普段見かけたことのないものも発見!
手前左の方にあるものは、トムヤムクンなどタイ料理には欠かせないハーブたちも。
d0222641_2153451.jpg

採れたてのタイ野菜の葉物もピンピンとしておりました!
d0222641_2155559.jpg

お米もジャスミンライスから、もち米など、様々なものが売られているんです♪


ここまでが、ラマ4沿いのイサーン料理などによく使われる食材のエリア。
あまりにも鶏、カエル、そして何よりも虫!が衝撃的でしたが、思った以上に「結構キレイかも」
あっ、もちろん在タイ5年以上のメンバーの目から見ての「キレイ」ですけどね(笑)
d0222641_215628100.jpg

さらに、ここから奥へ進んで行きます!どんなものがあるのやら、とても楽しみ♪

どうやらある区画ごとに、同じような商品が並んでいるようですまずは果物が並ぶエリアから!
d0222641_21575980.jpg

今年お初の立派なライチにランブータン。
タイの果物でマンゴーの次に好きなのがライチなので、この季節は本当に嬉しいんです❤
d0222641_2158417.jpg

タイのドラゴンフルーツには白と赤があるのですが、私はどちらかと言うと甘酸っぱい「赤」が好み!
来タイ当初、ドラゴンフルーツを食べてトイレに行って、「うわっ、下血!」とビックリしたこともありましたが(爆)
これはドラゴンフルーツの色のせいなので、皆様ご心配なく~(^_^)/

私はいつも市場で「赤を下さい!」とおばちゃんにお願いして購入していたのですが
ここでガイドの方が「ドラゴンフルーツの白と赤の見分け方」を教えて下さいました!
外の皮のトゲトゲの間隔が長いのが白、短いのが赤なんだそう!!! これはいいことを聞いたと嬉しかったです♪
d0222641_220436.jpg

これは一番好きなマンゴー。タイには外が緑で中が黄色のマンゴーも売っているんです!
酸味と甘みのバランスが素晴らしくて、これがマンゴーで一番好き!だと言う方も多いので
お店の方に確認して、ぜひ一度は試してみてくださいね♪
d0222641_2222786.jpg

タイのデザートには野菜や果物を使われているものも多く、これはかぼちゃの中にプリンが入っているもの。
他にもバナナはともかく、ジャックフルーツの芯や、ジャガイモまでが甘いデザートになっているので
思わず日本人的には「これに醤油を入れたい~」と思ってしまったワタシたちでした(笑)


お次は、魚介類のコーナーです♪
d0222641_2225187.jpg

こんなに立派な鮭も売られております。
d0222641_22273270.jpg

スタッフの方から説明していただいたのですが、青がオス、黒っぽいのがメスなんです。
黒っぽいカニのお腹から、卵が見えているのが見えるでしょうか?
d0222641_22283840.jpg

魚もキラキラして、目も澄んで新鮮なものばかり!
d0222641_22302724.jpg

しかもこんなにお安いのには、本当にビックリなんです。
d0222641_0574826.jpg

一尾30cmはあろうかという、巨大なエビが1kg800B!(約2,400円)
これが日本にも輸出されていくのですよね~
「あ~、毎日、クロントイ市場に来たいかも~」と言う、お料理好きの声があがるほど(笑)


そして、精肉のコーナーも。
d0222641_22322932.jpg

やっぱりありました、腸などを売っているお店。
解剖学を勉強したばかりなので「これが小腸で・・・」なんて思ったりして(笑)
他にも鶏の水かきや、牛のゼラチン質部分などだけが売られていたりと、まさに食材の宝庫(爆)
d0222641_22334091.jpg

鶏もいろんな部位が売られているのですが、鶏肉だけを扱っているんです。
d0222641_22413812.jpg

牛肉は中国やベトナムと同じように、上から吊るされて売られております。
豚なども沖縄と同じように頭だけが売られていて、思わず手を合わせてしまいました。


クロントイ市場は本当に広いので、他にもいろんな商品が売られています!
d0222641_22443153.jpg

ブロッコリーがまさに「山積み」にされて(笑)
タイ野菜だけでなく、パプリカやカリフラワーなど、日本と同じ野菜も多く売られております。
d0222641_2234389.jpg

クロックなどの調理器具もこちらには売られていました。買いたいものが、結構あったかも~
d0222641_22465177.jpg

クロントイ市場を廻って10時ちょっと過ぎ。ここからバンに乗って、お料理教室へと向かいます。


在タイ中に一度は行きたかったクロントイ市場ですが、やはりこちらをよく知っている方と一緒で
しかも詳しい説明もしていただきながらのツアーだったので、安心して見学することが出来ました。

鶏やカエル、そして何より虫など衝撃映像も多かったのですが(笑) メンバーがみんなと話してたのには
「やっぱりどこのエリアも思っていた以上に、クロントイ市場、結構キレイだったかも」と!
私なんかは長靴で行こうか、それともすぐに洗えるクロックスが悩んだくらいだったのですから(笑)
あくまでも、これは在タイ5年を過ぎたメンバーの声なので、そこは割り引いて考えて下さいね(爆)


このあと、引き続きお料理教室にも参加しましたが、このツアーの申し込み方法など、詳細については
そちらのブログの方でUPしようと思いますので、しばらくお待ちくださいね(^_^)/



「Cooking with Poo」
Khun Poo 087 686 3714 (Thai)
Anji & Nicole 084 901 8717 (English)
by treasure-bkklife | 2013-06-05 22:02 | Daily Info in BKK