子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

Zipline Chiang Mai

毎日少しずつですが、週末の息子のBirthday Partyの準備が進んでおります!
主人が家に帰ってくると、「あっ、また進化したな」と言う、テーブル周辺の飾り付け(爆)
子供の宿題を横目にしながら、マスキングテープを使って工作なんぞをしているワタシなのです(*^_^*)

最初は「今年は地味~に」と息子からのお達しによって、「今年はそれなりに~」と思っていましたが、
学校から帰ってくるなり、「ママ~、みんなが今年もアレをやってだって」と、みんなからの伝言が(笑)
そうか、今年もアレを・・・12歳になってもまだ「アレ」をしたいなんて、まだまだかわいいもんだなと(#^.^#)
どんなテーブルになって行くのかは、私もまだ分かりませ~ん(爆)



さて、いつになったら終わるのだろう、チェンマイ記の続きですが(^_^;)
子供たちがチェンマイで一番楽しみにしてたのは、こちらのアクティビティ❤
d0222641_214941100.jpg

チェンマイ市街地から約1時間、Mae TaengにあるZip Line Chinagmai でございます。


チェンマイにはこのZipline Chingmaiだけでなく、いくつもZiplineのアクティビティを行っているようですが
一番有名なのは、以前に行ったKhao kheawにあるFlight of the Gibbon
Flight of the Gibbon Chiang Maiなのではないでしょうか?
何と最長、800m!何て言っても「Fly on the Longet Zipline in Asia」なのですから!!!

では、Flight of the Gibbonでなく、なぜにZipline Chiang maiを選んだのかと言うと、
それはズバリ、お値段が格段に違うからです(爆)

Flight of the Gibbonは3,299B、Zipline Chiang maiは2,000Bで、子供料金はありません。
家族四人ともなるとかなりの差になるわけで、無い袖は振れぬ、そして背に腹は代えられません(爆)
もちろんFlight of the Gibbonは33プラットフォーム、Zipline Chiang maiは27プラットフォームなので
内容などの充実度は、もちろんFlight of the Gibbonの方がよいと思いますが(^_-)-☆

さらに、宿泊していたRawee Waree Resort & Spaからは、車で10分以内の場所にもあったので、
午前中にこのアクティビティをした後に、ホテルでゆっくり象を見ながらランチをして
午後にはまた別のアクティビティをしてみたかったと言う訳です♪
d0222641_21514212.jpg

こちらのZip Lineもしっかりと装具を身に着けて、安全をしっかり保たれています。
d0222641_21531339.jpg

Ziplineに入る前に、「今日の安全をお祈りして・・・」と、スタッフの方と一緒に祠にお参りしましたが、
「おいおい、最後は神頼みですか~」と、思ったりもしなくもなかったのですが(笑)
「郷に入っては郷に従え」と言うことで、しっかりとお参りをさせていただきました<(_ _)>


こちらの地区まであまり日本人が来ないせいなのか、(いや、Flight of the Gibbonの方が人気だからか)
こちらの気さくなスタッフの方々には、私たち日本人がとっても!珍しかったようで、
タイ人なら誰もが知っていると言われる、第2次世界大戦中のバンコクに進駐した日本軍・小堀海軍大尉と
タイ人女性アンスマリンの悲しいラブストーリーを描いた、映画「クーカム」の主人公が日本人と言う所から
スタッフに「コボリ~」と呼ばれる続ける私たち(爆) まっ、何でもいいかっってことで(^_^;)
d0222641_21582234.jpg

実際のZiplineに入る前に、平地で練習をしてから本番に入ります。
d0222641_2204426.jpg

「こんな恰好まで、練習する必要があるのだろうか・・・」と、内心は(笑)
ハイ、私もちゃんとスタッフにしたがって、キッチリと練習をさせていただきましたが・・・。


さて、こちらのコースはこんな風に展開されております。
d0222641_22353959.jpg

一番の楽しみは、山奥ならでは川の上を横切って渡ること!!! 
こんな自然に囲まれたZiplineが、ここの一番のウリではないでしょうか。


まずはスタートに行くまでも、結構な斜面をガンガンと歩いていきます。
d0222641_2275378.jpg

こんなに高い位置の吊り橋を渡るのは、怖いに違いないと思われると思うのですが、
ロープがいつも体についていると言う安心感と、周りの景色に癒されて、恐怖感はあまり感じません。
が、兄にわざと吊り橋をガンガン揺すられる妹は、「もう、や~め~て~~~」と、叫んでおりましたが(爆)
d0222641_2245778.jpg

そして待ちに待った、お楽しみのZiplineが始まります!
初めての時は本当に飛び出すまでに勇気がいるのですが、一度経験してしまうと楽しくて仕方ありません♪
d0222641_2218526.jpg

下の道はあんなに低いところにあるのですが(笑) 
d0222641_2227289.jpg

そして兄妹、二人で手を繋いで空を飛べるZiplineも!きっとカップルのために作られたZiplineなのでしょう。
私たち夫婦もスタッフに「手を繋いで、どう?」と聞かれましたが、もう今さら新婚さんでもあるまいしと(~_~;)
d0222641_2216442.jpg

このように、プラットフォームから逆さづりになって降りてくるのが、一番ドキドキする瞬間かもしれません。
スタッフの方のロープのひき具合で、落ちる早さが変わるので悲鳴ものです(笑)
d0222641_22114217.jpg

こんな断崖の脇を通って、Ziplineを渡り飛ぶ場面も。
d0222641_2230534.jpg

そして、一番楽しかったのは、やっぱり川の上を飛んだ瞬間!4回も川の上を飛ぶことができるんです。
Ziplineを飛びながら、川の流れや周りの景色を楽しむことができて最高でした(^^)/


チェンマイまで遊びに来た娘の親友のフィリピン人親子も、Ziplineに行こうか最後まで迷ったそうなのですが
ご主人が高所恐怖症、そしてお子さんがやりたいけれど大丈夫か心配・・・と言うことで、
「ぜひ感想を聞かせて欲しい、大丈夫だったら次はトライするから」と、毒見役(?!)を仰せ仕りました(笑)

実は高いところが苦手だった息子は、前回のカオキアオのZiplineで高所恐怖症を克服してしまい
「あまり高いところは得意じゃないんだよね・・・」と、Asiatiqueの観覧車ですら乗り気でなかった主人も、
このZiplineはその楽しさに魅了されてしまい、恐怖感などは感じなかったそうです。
どなたも必ずしも同じとは言えないと思うので、絶対に誰もが大丈夫とは言えませんが
やはり鳥のように空を高く飛ぶ瞬間は、本当に「絶景かな~」と言う言葉を思い出すほど最高でした!


こちらのZipline Chiangmaiは、チェンマイ市内のホテルまで無料で送迎してくれ、
それ以外にホテルにもエクストラのチャージがかかりますが、もちろん送迎可能でだそうです。
時間帯は一日に2回、午前は8時から8時半の迎えで1時半戻り、午後は1時から1時半迎えで5時半戻り。
半日の工程で山の奥のZiplineへ、、チェンマイの旅の思い出の一つにオススメです(^^)/



「Zipline Chiangmai」
Baan Mae Ta Mann , Moo 2
Mae Taeng District, Chiang Mai , Thailand
Tel:085-720-0619
Mapはこちらから♪
d0222641_22364852.jpg

by treasure-bkklife | 2013-09-20 21:38 | Chiang Mai