子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

Baan Khanita @ Sukhumvit 23

木曜日に船便が入り、まさに怒涛の4日間でした!
バンコクは一軒家で荷物が増えていたこともあって、荷物を2/3まで減らしましたが、
それでも、どうにもこうにも193箱(笑)まあ、やっぱり多い方ですよね(*´Д`)

荷物の中身を見てみると、多いものはやはり分かっていたけれど「食器か・・・。」
これを一気に開封して収めるのは、やはりそれはそれは大変でした(苦笑)
ほぼ荷物を収めることができましたが、まだまだ収納スペースが足りないようです。
シンガポールの家は我が家と同じく家具なしのところも多く、今週の搬入を待つばかりです♫


さて、ある程度ひと段落ついたところで、バンコクの思い出を書き綴りたいと思います。

子供たちがインターに通っていると、横の繋がりもあって違う学校のママたちと友達になることも。
自分たちが受けたことがない教育なので、学年が上がるほどシステムなど分からないことが多く
親も把握しておかなければならないことも増えて、情報交換などもママたちにも必須(笑)

この日はそんな仲良しのママたちが、タイの思い出にふさわしいお店で送別会をしてくれました。
d0222641_11512251.jpg

スクンビット23にあります、タイ料理の Baan Khanitaスクンビット23でございます♪

タイ料理の名店であるこちらは、サトーン、スクンビット53、Asiatiqueにもお店があります。
d0222641_11541934.jpg

一歩中に足を踏み入れると、古き良きタイ家屋の味わいが。
d0222641_11524146.jpg

一つ一つの装飾品も、じっくりと味わうように目で楽しんで。
d0222641_1153153.jpg

入口だけでもステキな予感を感じさせる、そんなステキなお店です。
d0222641_1155947.jpg

1Fには広いメインのダイニングとオープンテラスのお席が。
d0222641_1155327.jpg

階段を上がったところには区切られたお席も用意されているので、誕生日などにもよいかも。
d0222641_11563731.jpg

2階には大きなスペースのお部屋もあるので、奥様会やミーティングなどにも対応できそうですね!


こちらのBann Khanitaは、言わずとしれたタイ料理の名店で、
アットホームな雰囲気の中にも、新鮮で伝統的なタイ料理を目指しているお店です。
素材にこだわり、お料理には保存料や人工的なものを一切使わないと言うこだわりを持ち
野菜や果物も自社のBann Panalai Organic Farmから直送されたものを使っているそうなんです。


さて気になるお料理ですが、この日はランチセットをオーダー。
少しずついろんな種類のタイ料理をいただけるので、いろんあお料理試したい方にも嬉しいんです♬
d0222641_11564276.jpg

タイ料理をいただく時に、割と多くオーダーする方も多いマナオ ソーダで。
d0222641_11582380.jpg

最初に登場したには、コンプリメンタリーのミエンカム。
はいごしょうの葉に、ナッツやマナオ、甘みのあるソースやチリなどを自分で挟んでいただきます。
ミエンカムを最初にいただいたのも、実はこちらのお店が最初でした。
それからというものその美味しさに魅せられて、タイクラフトフェアなどでもよく買い求めました!

私と1人のお友達はランチセットAをチョイス。
このセットのお料理は、タイ料理学校で習ったものばかりの「タイ料理の王道」メニュー(笑)
何だか懐かしさもあって、ぜひいただいておきたいと思ったのです。
d0222641_11581410.jpg

メニューにはカナのオイスターソース炒めとあったのですが、この日はスナップエンドウの炒め物。
タイ料理は中華から影響されたものも多いので、こんなメニューもよく見かけますよね!
d0222641_11585821.jpg

Tod Man Khung - Deep fried shrimp cakes
子供も大好きなエビのミンチをあげたもの。プラムソースにつけていただきます。

実際はエビだけでなく白身魚もつなぎとして入れるのですが、粘りを出す混ぜ方にもコツが。
数十分ほど混ぜ合わせる捏ねる作業は、とても重くて肩が痛くなってしまうほどでした!
d0222641_120255.jpg

Som Tam Song See- Spicy papaya and carrot salad
やっぱりタイ料理で食べておきたいソムタム。
本帰国になった友達たちが、口を揃えて「ソムタムが食べた〜い」ってよく言いますから(笑)
d0222641_1205557.jpg

Gaeng Khiew Wan Gai - Green curry with chicken
グリーンカレーは、タイ人にとっては「甘い」カレー。「Wan」”甘い”とつくのはそのためです。

タイ料理学校で日本人のSさんとペアになり、グリーンカレーを作った時に
ペーストに入れるパクチーの葉がうまく潰しきれず、カレーに葉がプカプカと浮かんだことも(爆)
ここのグリーンカレーはさすがにとても色合いも美しく、お味も甘くて美味しくいただきました!
d0222641_1215789.jpg

Tub Tim Krob-Water chestnuts in syrup and coconut milk
これもタイ料理学校の最終試験で作り上げたお料理。いつもオーダーしてしまうデザートです。
クワイに赤いシロップで色をつけ粉でコーティングして茹で、つるんとした食感も楽しみます。

これも料理名から「ざくろの粒」のように、一粒一粒小さく繊細に造りあげることと言われたですが
今までなかなかそこまで繊細に作られているものを、そんなに見ることはありませ〜ん(笑)


そして、他のお二人はセットCをチョイス。こちらもタイ料理ではお馴染みのメニューばかり。
d0222641_1211419.jpg

Stir-fried mixed vegetables topped bacon - Phad phak Ruam Mitr
野菜炒めですが、ベーコンがトッピングされているのは珍しいかもしれません。
d0222641_1231137.jpg

Yam Tua Phu- Spicy Winged Bean Salad with shrimps chicken and coconut milk
女性が大好きな、美容にも嬉しい四角豆のヤム。
お店によってココナッツミルクの量が違うので、味わいがかなり違います。
d0222641_1235771.jpg

Gai Hor Bai Toey- Deep fried chicken wrapped with Pandanus leaves
バイトーイ、パンダンリーフに包まれて揚げられるチキンは、好きなお子さんも多いはず。
ここでは葉は外されて登場しますが、葉に包まれたまま盛り付けされるお店が多いような。
バイトーイ、パンダンリーフは、タイのバニラとも言われるほど、お菓子などにも使われるんです。
d0222641_1243221.jpg

Gang Som Baan Khanitha - Spicy Tamarind soup with tomatoes and mixed vegetables
こちらのゲーン、タイのスープは、お友達たちにはかなり辛かったようです。
タマリンドの酸味も効いたスープは、私も大好きな一品ですが。
d0222641_1253754.jpg

Taro Ice Cream
実は、セットAかCかでかなり迷ったワタシ。
最後の決め手は「う〜ん、タロイモのアイスかぁぁぁ」ってことで、CではなくAをチョイス。
「デザートをTub Tim Krobに替えることはできる?」と試みるも、「NO」のお答えが(笑)

が、このアイス、相当美味しかったようで、「タロイモとは思えな〜い💛」とのこと!
「やっぱりCにしてよかった♫」と言う声を聴くと、何だか無性に食べたくなったのでした(爆)
d0222641_1263337.jpg

どちらのコースも最後にはコーヒーか紅茶がついてきます。
とても優雅でステキなタイ家屋の、充実した思い出のランチになりました♬

みんなからいただいたのは、私にピッタリな色の可愛らしいお花💛
d0222641_1275612.jpg

ビタミンカラーのガーベラのお花をいただいて、早速飾らせていただきました!

今日ご一緒したママたちは、実は私が同じ学校になるからとお友達を紹介した仲間なのですが
後日、私がバンコクで資格を取得したソウルカラーセラピーのモニターになって下さり
なんでこのママたちが「きっと合うだろうな」と思ったか、改めて分かってしまったメンバー(笑)
やっぱり必要なご縁ってあるんだなあと改めて思わされた、「熱いハート」の持ち主ばかりです。

そんな優しいママたちからいただいたお花は、忙しい時に家にお花があり安らぎをいただきました。
心のゆとりの大切さを教えてもらった、ステキな時間をありがとうございました<(_ _)>


お店の場所も邦人が多く住むスクンビットにあり、日本からのお客様がいらっしゃった時や
大切な人との会などにも、絶対に外さないタイ料理のお店はやはり安心だと思います。
タイらしさが溢れる雰囲気も、とても喜んでくれそうですよね(^_-)-☆

タイ料理の王道をステキなお店でいただき、仲良しママ達とご一緒してできて幸せな時間でした💛




「Baan Khanitha @Sukhumvit 23」
36/1 Soi Sukhumvit 23
Tel:02-258-4181, 02-258-4128, 089-489-2858
Open Hour : 11am-11pm
Mapはこちらから♫
d0222641_8251375.jpg

by treasure-bkklife | 2014-08-26 08:40 | Thai@BKK