子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

なりたい自分に近づく!食材、調理法などについて@自分を好きにもっとなろう!セミナー

2週間弱のバンコク旅行を終えて、週末、シンガポールの愛しのワンコと戻って来ました!
今回のバンコク旅行の一番の目的は、このワンコをシンガポールに連れて帰るためだったのです。

万が一の本帰国などにも備えて、狂犬病や予防接種など全て順調に済ませてきたのですが
シンガポールでは、タイなどの狂犬病発生国からシンガポールに入国するワンコは、
1年に1度接種の最終の狂犬病のワクチンを、接種後6ヶ月以上経過しないと入国できないのです。

愛犬の接種サイクルが4月だったので、10月までは入国できないと分かった時は涙が出ましたが
2ヶ月間、Asilo Pet Spa And Hotelさんに本当にお世話になって、無事に再会することができ
たくさんのスタッフやお客様からも、可愛がってもらっている様子を毎日FBでも見ることができ、
他のワンちゃんたちとも仲良く遊んでいたので、本当に感謝の気持ちで一杯です❤

そしてこれから30日間は係留と言って、自宅から1時間弱離れた施設で隔離されます(涙)
せっかく再会できたワンコですが、一緒に暮らせるためにももう少し頑張ってもらうしかありません。
週末は家の掃除と、今日からワンコの面会に行くための用意も兼ねて常備菜を沢山作り置きしました♪
この下に紹介する根菜などのお料理は、保存もできてこれからの季節に嬉しいメニュー。
ぜひそんな忙しいときにも大活躍してくれると嬉しいなあと思います!



さて、間が開いてしまいましたが「自分をもっと好きになろう!」セミナーの話に続きます♪
セミナーの最後に「なりたい自分に近づく食材と調理法」についての話をしましたが
ちょっと駆け足になってしまったので、メモを取りきれなかった方も多いと思います。
そこで、その部分をもう一度、こちらでアップしたいと思います!



私たちの体は約70%が水分で構成されていて、水と同じように振動の影響を受けています。
その振動の源は食べ物、言葉、信念体系や思考習慣、行動にあります。
自分が怒りや悲しみなどネガティブな感情から抜け出せない時、自信が持てない時などには
食や言葉や祈りから、自分を好きになる感情のコントロールや行動を引き寄せることができるのです。

さらに感情の扱いがうまくいかない時、一度、感情を臓器にあてはめて、
臓器のケアに集中すると問題が解決することもあり、 感情は時に体からの信号のこともあるのです。
困っている臓器がそれに気がついてづ欲しいために、出来事や病気を作ります。
食べ物を変えることで、不安や悲しみがでやすいなどという性質を変えることもできるので、
食ば体質改善や健康面だけでなく、自分を人生を幸せにするのためにも大きく関わっているのです。



❤イライラしたり、怒りっぽい。欲求不満や許せない感情を持ってしまいがちな方

割と塩気の多い物を好んで食べていることが多く、体は引き締める力が強い傾向に。
肝臓に塩分や脂肪、動物性のコレステロールがたまりやすく、肝臓が疲れていることも多いようです。

<体質>
目やにがよく出る。肌につやがなく、くすむ。爪が割れる。手足や顔が黄色っぽい。
眉間のしわが気になる。

<食べるとよい食材>
春に育つもの、柔らかくて水分があるもの。上に伸びて育つ野菜。セロリ、青菜、青ネギ、
発芽玄米、もやし、たけのこ、青ネギ、わかめ
酸味(柑橘類や酢の物など)オートミール、納豆、テンペ、レンズマメ

<よい調理法>
できるだけ水分が多い状態を保つ方がよく、蒸し料理やおかゆ、スープなど

<控えた方がよいもの>
塩分の強いもの、焼いたもの、油脂を使った料理、アルコール類

<メニュー例>
レンズ豆のスープ
d0222641_22291425.jpg




❤人生を楽しめない、何かをしていないと落ち着かない。じっとしているのが苦手な方。

心と体も固まりがちで滞っている方は、赤みの魚や肉類などの動物性食品や、
脂の多い食品をよく食べ、野菜や米などの穀物を取らない方に多いようです。
心臓や小腸を緩めて活発に働くようにすると、血液循環もよくなり緊張もほぐれます

<体質>
体が凝っている、顔が脂っぽい、手足や顔が赤っぽい、鼻先によく汗をかく、毛穴が気になる

<食べるとよい食材>
上に伸びて葉が広がる野菜。夏によくとれるもの。きゅうりやレタス、トマトなど。
ほろ苦さのある野菜、ハーブなどの香味野菜、
新鮮で水分をたくさん含んでいるもの(生野菜サラダ)トウモロコシ、豆類

<よい調理法>
短時間で調理したもの。生野菜のサラダ、簡単な炒め物、天ぷらに揚げ物

<控えた方がよいもの>
脂の多い食べ物、ハム、ソーセージ、ベーコン、赤みの魚、肉、アイスクリーム

<メニュー例>
きゅうりとディルのサラダ
d0222641_22322284.jpg




❤ 不安になりがちで、細かいことが気になる方 迷いやすい、疑いやすい方。

基本的には何でもよく食べ、大食気味で引き締める力も緩める力もごちゃまぜになっている方。
ほどよい心のよい状態を取り入れることで、ホルモンや自律神経のバランスを取り戻しやすくします。
血糖値のバランスを取っている脾臓が安定し、ストレスを減らすことを手伝います。

<体質>
消化不良を起こしやすい、ほくろ、しみ、そばかすが多い、鼻があぶらっぽい、甘い物がやめられない

<食べるとよい食材>
安定の形のお野菜、玉ねぎ、キャベツ、カボチャ、ブロッコリー、カリフラワーなどのまあるい野菜。

<よい調理法>
少し時間を長めにとって、煮たり茹でたりする

<控えた方がよいもの>
砂糖の甘さ(甘いお菓子、ジュース)鶏肉、エビ、カニ、卵、パン、チーズ

<メニュー例>
カボチャとカリフラワーのミルク煮
d0222641_2234974.jpg




❤すぐに悲しくなる。自分が不幸だと思いやすい。無気力感がある。決断が苦手な方。

牛乳、ヨーグルトなどの乳製品や、チョコレートなど、砂糖の入ったお菓子が好きな方や、
植物性のオリーブオイルなどをたくさん使ったお料理をよく食べてきた方。
肺や大腸に脂が溜まりやすくなっているので、引き締める力でよく臓器が働くようにし
脂を分解するようにします。便秘にも効果的です。

<体質>
便秘がち、ガスがよく出る、鼻水や咳がよく出る、口臭や体臭がある、肌がかさつく、
にきびが出やすい

<食べるとよい食材>
下に育つ野菜、ごぼう、れんこん、大根、人参、
ギザギザした葉の野菜(大根や人参の葉、春菊、白菜、水菜、)
ひじき、玄米

<よい調理法>
時間を長くとって、水分を含ませる。しっかり火を通す、煮込む

<控えた方がよいもの>
乳製品、チョコレートなど砂糖の入ったお菓子、脂っこい食べ物、焼き肉


<メニュー例>
根菜のラタティユ
d0222641_22354199.jpg




❤自分に自信がもてない。新しいことをする勇気が持てない。おどおどしがち。心配性な方。

サラダを中心の生野菜、南国のフルーツ、コーヒーをよく飲む方。
腎臓、膀胱に負担をかけている方が多いので、引き締める力を取り入れて体の中の水分を絞り出します

<体質>
腰痛がある。排尿がスムーズでない。クマが気になる。むくみやすい。夜眠れない。

<食べるとよい食材>
下に育つ野菜、ごぼう、れんこん、だいこん、にんじん、自然薯。
感想させた野菜、切り干し大根、干し椎茸、高野豆腐など。
そば、小豆、黒米、はと麦、ドライフルーツ、昆布、適度な塩味を楽しめるもの

<よい調理法>
オーブンで焼いたり、煮しめたり、水分が少ない調理法。
自信が持てる。勇気が持てる。献身的になる。

<控えた方がよいもの>
なす、トマト、バナナ、ほうれん草、じゃがいも、南国のフルーツ

<メニュー例>
ごぼうのコンフィ
d0222641_22373149.jpg



これからバンコクではこの叡智を使って、nico Laboでレシピや食の話などをお伝えしていきます。
こんな食材や調理法をうまく組み合わせて、「自分をもっと好きになろう!」への第一歩の
お手伝いができれば本当に嬉しいなあと思っています❤
by treasure-bkklife | 2014-10-26 22:59 | My Daily Life