子育てもパートナーシップも自分Styleで♥️ ジャカルタ、バンコク経由シンガポール在住のファミリーセラピストが、海外在住者ならではの旬の情報を綴り、輝くHappy Lifeを応援します♪


by Treasure Box

カテゴリ:French@BKK( 41 )

Eve @ Hansar Bangkok

先週は学校がらみのイベント続きだったので、週末はゆっくりと家の片づけをすることに~

そのついでにクリスマスツリーなども出したりして、家の中はクリスマス一色になりましたが、
初めてツリーを見るワンコが、オーナメントを口でくわえて逃げては、追いかけっこの繰り返し~(~_~;)
これから我が家のクリスマスツリーは、下の部分だけ「ボウズ」になりそうです(笑)

本当はクリスマスの飾りは、イエス・キリストの待降を待つ期間の「アドベント」に入っててから飾るそうですが
我が家は来週末は予定がありそうなので、家族でフライングをして飾り付けを。
ちなみに、今年のアドベントとはと言うと、調べたところ教会歴で行くと12月2日(日)のようですが、
バンコクの街並みでも、すでに大きなクリスマスツリーが見かけられますね♪


さて先日ですが、そんなクリスマスのディナーにも、ピッタリなお店にお友達と行ってきました♪
d0222641_943191.jpg

ラチャダムリにあるHotelのHansar Bangkok。St.Regis脇道を入って行った所にあります。
d0222641_9122886.jpg

クールモダンのステキなホテルは、既に様々なアワードを受賞しているようでございます。
d0222641_9133915.jpg

今日訪れたフレンチレストランは、その名もEve。クリスマス・イブのディナーにはピッタリな名前でしょ(*^_^*)

今日は、お友達の誕生日にこちらを予約しました。
d0222641_9165254.jpg

お店は夜のみの営業ですが、ほのぐらい大人の雰囲気が漂います。
写真には写っていないのですが、こちらの椅子は社長のような立派な椅子(笑) 座り心地も満点!
d0222641_915414.jpg

オープンテラスもあり、雰囲気がとてもいいんです。
外国人は夜風を楽しんでおりましたが、暑いのと蚊にに耐えられない私たちは、もちろん中を選択(笑)


こちらのEveは新鮮な食材、旬にこだわり、洗練、そして革新的なフランス料理を目指しているとのことです。
d0222641_21311163.jpg

ダイニング横のオープンキッチンも美しく、整然と輝くようでございます。。
d0222641_21301220.jpg

こちらにはエレガントな雰囲気に包まれた個室も用意されていて、Anniversaryにもピッタリ❤
このスッキリとしたセッティングも、お店全体の洗練された雰囲気を醸し出しています。

HanserのエグゼクティブシェフであるChatree氏は、
Oriental Bangkokでインターナショナルフードに触れ、Marriott、Hiltonでの経験を経て、
バンコクを見下ろす、超高層階のオープンエアーのLubua Hotel、Dome、SiroccoのSue Chefとなり、
そちらでエグゼクティブシェフであるMr.Stephen Dionの下で、さらにその腕を磨いて
Hanser SamuiでのCulinary Leaderを経て、現在は国を超えて25のチームを率いているそうです。


今日はこちらのDinnerのセットをオーダーすることに♪
d0222641_9174952.jpg

パンもこんな美しく折られたナプキンに入って登場!
どんな折り方をしたらこうなるのか、お行儀が悪いけれどほどいてみたいくらい(笑)
d0222641_9191934.jpg

カニのムースのアミューズのお味から、この後のお料理が期待が持てそうでワクワク♪

今日はBirthday Dinnerということで、まずはお友達の「不惑」を祝って乾杯~(笑)
d0222641_9205636.jpg

やっぱりお祝いは泡でなくっちゃね!と言うことで。今年もさらに輝いた歳になりますようにと願いをこめて。

そして次々と、目にも美しいお料理の数々が運ばれてきます。
d0222641_9221982.jpg

Alaskan sea scallop
弾力のある帆立貝と、トマトの酸味の効いたスープがよく合います。
d0222641_9242079.jpg

French Foie Gras
前菜からこれだけの量のファグラが出てきて、本当に贅沢!!!
「これって、メインじゃなかったよね?」と、お互い確認しちゃうほど(笑)
d0222641_9255038.jpg

メインの前に、お口直しのソルベ。
d0222641_9282480.jpg

Chargilled Austlararian Wagyu Beef Rib eye & Atlantic Maine Lobster
美味しいものが2つも盛り和えされた、本当に「超~贅沢!」な一皿。
もちろんお肉は柔かく、ロブスターはプリプリです。

美味しい食事とワインに酔いしれて、お腹がいっぱいなのですが、こんな誘惑には誰も敵いません(*^_^*)
d0222641_9295121.jpg

フォンダンショコラをはじめとする、美しく盛り付けられたデザートの数々。

こちらのスタッフは、全てのお客様の名前で呼んで下さるなど、ホスピタリティに溢れていておりましたが
こんな粋なプレゼントも、こちらで用意して下さいました~♪
d0222641_9314036.jpg

Happy Birthdayのコンプリメンタリーのケーキは、スタッフみんなのBirthday Song付(笑)
そう言えばこの日、お隣のテーブルからも「Happy Birthday to you~♬」と聞こえて参りました。

キャンドルもきっかり年齢÷10の数でしたが(爆)、本人はステキな美魔女、何で歳が分かったのかな~
かなり大きなケーキで既にお腹が一杯だったので、お持ち帰りでご主人様と仲良くいただいてもらうことに❤
d0222641_935295.jpg

最後のコーヒーにも、こんな可愛らしいチョコレートまでついて。
d0222641_937638.jpg

最後の最後までよく食べ、よく飲み、よく話し、楽しい女子会の一夜となりました♪

Mちゃん、今年は公私ともに、新しい第一歩を踏み出す歳になりそうですね。
「不惑」と言えども、誰しも迷うことだって多いところ。。。まだまだ人生これからだもんね!
一生懸命目標に向かって進む姿に勇気と刺激をもらってます、お互いド~ン!と、ひと花咲かせましょう!!!


こちらのお店、以前はLunchの時間の営業もあったようですが、今現在は残念ながら夜だけの営業です。
新しいホテルなので、ハイソ系のタイ人の方のFamily DinnerやとっておきのAnniversary、
そしてお仕事帰りらしき西洋人のビジネスマンが、ワインを片手に楽しんでいるようなお店でした。

お友達から「とても美味しかったよ~」の声を聞いて、こちらのお店をチョイスしましたが
お料理は本当にどれも美味しくて目にも美しく、記念日にはピッタリのお店。内緒にしておきたいくらい(笑)
昨年のお知らせを見ていると、クリスマスやNew Yearには特別メニューもあるようなので
これからの素敵なシーズンに、きっと大活躍してくれるお店だと思います♪



「Eve @ Hansar Bangkok」
1F HANSAR BANGKOK HOTEL
3 Soi Mahadlekluang 2, Rajdamri Road,
Lumpini, Pathumwan, Bangkok 10330
Tel:02-209-1234
6:30pm-11pm (Last Order 10:30pm)
by treasure-bkklife | 2012-11-19 22:29 | French@BKK

Wine Republic Bar & Bistro

昨日は11月の第三木曜日。この日はなんの日かというと、そう!「ボジョレーヌーボー解禁日」
日本にいた頃は独身だったということもあって、それはみんなで飲むのを楽しみにしていたものですが、
どうもタイではそこまで人気ではないらしい・・・。

でも、やはり季節ものの行事だし、イベント好きな私としては(笑)、やはり当日に飲んでこそ花!と
先週末の糖尿病イベントメンバーと打ち上げ、そして今後の展開へのミーティングに
メンバーと行ってきたのは、こちらのお店でございます♪
d0222641_19443037.jpg

トンロー10の角にあるWine Republic Bar & Bistroでございます。
d0222641_174805.jpg

いつもハイソ系タイ人でいっぱいのこのお店、近場に住んでいたにも関わらず、なかなか行く機会もなく。
d0222641_19471411.jpg

タイの芸能人やモデルとの遭遇率も高い?と噂のこのお店、ぜひ、こんなチャンスに!と行ってみました。
d0222641_17545429.jpg

お店の中は、かなりほの暗い雰囲気。カメラのピントがなかなか合わず(^_^;)
d0222641_175747.jpg

もちろんHoegaardenなどのビールだけでなく、カクテルなども。
様々な国の常時200種類以上のワインを、こちらには用意されているようです。


こちらのWine Republic Bar & Bistroは、17歳から海外に出て料理の道を志された
若きシェフのるゴン氏が繰り広げる「ワインとのマリアージュ」をコンセプトのお店だそうです。
そしてこのお店、嬉しいことに5:30pmから開いているのでございます。
子供たちが習い事の合間に、サクッと一杯!なんていうのもアリなのです!


さあ、「行くぞ~、ボジョレーヌーボー!!!」と、オーダーしたところ、店員さんは「Ha~~?」というお顔(-"-)
「お店に『Wine』と名がつくぐらいだから、にワタクシのタイ語が悪くて通じないに違いない・・・」と
何度も「ボジョレーヌーボ~~↺」と、タイ語っっぽく語尾をあげて発音してみましたが(爆)、思いは届かず・・・

そこに助っ人登場!タイ語の得意なNさんが、「ボジョレーヌーボーとはなんぞや」を、説明して下さいましたが
その姿から、どうやら「ボジョーレーヌーボーを、店員さんもご存じない!と、いうことがアリアリと(>_<)
ないものはない!ので仕方がない。それなら、Happy Hourで(安く)いただこうではないか!と、即決(笑)
バンコク生活、こんな場面は多々ありですから、あきらめも肝心でございます~(^_^;)
d0222641_1759175.jpg

今日は打ち上げ&お疲れ様会も兼ねて、まずは泡で乾杯~
しかも嬉しいことに、月~木曜日の5:30pm-8pmは、お店はHappy Hourを催していて、
赤・白・スパークリングのハウスワイン類は、1 Buy get 2になっているので、Mちゃんとシェア~
d0222641_1834188.jpg

こちらの赤はUSAのフルーティーなワイン。グラスワインも種類はありますが、お値段はそこそこでしょうか。


さて、オーダーしたお料理も登場!ワインとのマリアージュはいかに・・。
d0222641_18394692.jpg

Smoke salmon salad
泡に合わせていただいたスモークサーモンのサラダ。
d0222641_18423893.jpg

Foie Gras Rocket Salad with Rasberry sauce
ラズベリーソースというフレーズに魅かれてオーダーした一品。ファアグラ、赤ワインによく合います♪
d0222641_1855249.jpg

Pizza with spinach, mushroom and Italian Sausage
美味しそうなPizzaを少しでも野菜をとりたいと、ほうれん草のPizzaをオーダー。
イタリアンソーセージがこれまた、ワインを誘います(笑)
d0222641_18473327.jpg

Pizza cavier salmon
サーモンとキャビアたっぷりの贅沢なPizza。もちっとしたチーズにも合ってGood!

異国で同じ母国から来た仲間たちと、今回の反省を踏まえて今後の展開を語り合い、
「食や健康を通して、つながっていくこと」 そのステキな人の輪を本当にありがたく思っております。

一人では小さなことしかできなくても、みんなでつながれば何かができる!
これから、また新しいテーマに向けて、それぞれが自分の持前を生かしながら出来ることを
お互いに切磋琢磨して活動をしていこうと思いますので、皆様どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>


私たちは早い時間帯だったので、まだまだお客様は少なかったようですが、
帰る時間頃になるとハイソ系タイ人の方を中心として、たくさんのお客様で賑わっておりました。
外にはサッカーなどの中継も見られるTVもあるので、週末ここでHang Outするのもよいですよね!

まるでシンデレラの時計のように、子どもの帰りに間に合うように急いで帰ったママでしたが(^_^;)
近場でちょっとよい仲間たちと、息抜きできるのも嬉しい時間になりました♪
あっ、近々Villaあたりにボジョレーは入荷されると思うので、絶対Getしようと思ってます(爆)



「Wine Republic Bar & Bistro」
Soi Thonglor soi10 , Sukhumvit 55 rd. Rd.,
Tel:02-714-7599
081-619-8996
090-415-4666
5:30pm-1am (Mon-Thu & Sun)
5:30pm-1:30am (Fri & Sat)
by treasure-bkklife | 2012-11-16 19:48 | French@BKK

SMITH

週末は、やっと雨が降らなくなったので、久しぶりに日曜日は我が家でノンビリとBBQ♪
前日にお野菜を切ったり、お肉を漬けこんでおけば、当日は焼くだけなので楽ちんなんです。
しかも珍しく何も用事がなかった日曜日、たまにはゆっくり家で過ごすこんな日も、必要ですよね~(^_-)-☆


さて先々週のお話ですが、タイフードライターのルイさんが「行ってみたいお店がある!」と
私たちにしては珍しくタイ料理ではないのですが、今年一番の人気なのでは?というこちらへGO!
d0222641_2283914.jpg

スクンビット49にあるSMITHでございます、と読んで、「え~っ、どこ~?」と思われた方も多いと思います。
40年前に建てられた一軒家を改造したそうですが、一見では、ブリキの掘っ立て小屋に見えなくもなく(笑)
「まさか、これだとは!」思いもせずに、目の前を通り過ぎてしまいました(^_^;)
でもよく見ると、肉がぶら下がる絵が描いてあり、お店までネコの足跡がつけてあったりと、遊び心満点!
d0222641_2241513.jpg

よ~く見ると、通りにこんな看板?が立っておりました。
この駐車場の右手には、これまた気になるオレンジ色のお店があって、そっちに入ってしまいそうに(^_^;)
d0222641_22125295.jpg

お店 の場所はこちらの建物の隣、パクソイから1、2分といったところでしょうか。
そしてSMITHが奥にある駐車場の次は、リサイクルの「ユーズド&サービス」があるところです。


いろんな情報誌などでも大絶賛されていると言うSMITHは、レストランとバーが楽しめるお店。
アテネレジデンスにあるHYDE & SEEK、そしてサトーンにあるISSAYA Siamese Clubの
今、タイで一番乗っているシェフでもある、Ian Kittichai氏の最新のレストランなんだそうですが、
こちらのお店は彼のパートナーである、Peter Pitakwongシェフが腕をふるっているそうでございます。


この時はまだ6時過ぎ、お店には人がポツポツでしたが、帰るころには沢山のお客様がいらっしゃいました!
d0222641_22143436.jpg

ガラス張りの素敵なお店は、お外にも席があるようでした。乾季の季節には、気持ちいいだろうな~❤
d0222641_2216531.jpg

これはビールサーバーかな?あちらこちらに遊び心がいっぱいなところが楽しい(^^)/


さて、お料理の方はアラカルトがメインでございました。
d0222641_22175086.jpg

最初は女子3人で。パンも一つずつ、全部種類が違っていて美味しかった♪
d0222641_22191576.jpg

私はスパークリングのロゼをいただきました。このグラスのシェイプもオシャレ!
d0222641_222109.jpg

Root Vegetables Salad
様々な種類の根菜に、フェタチーズとベジタリアンドレッシングがかかっております。
ビーツが少しも泥臭くなくてビックリでしたが、この絵を描いたような盛り付けも美しい~
d0222641_22221770.jpg

Verjus Glazed Pork belly
「豚の三枚肉は角煮だけじゃないんだ!」(笑)と、素材の使い方にも目を見張った一品。
タイの三枚肉は豚の皮もついてくることが多いのですが、その皮はカリッと焼かれていながら、
中はとろけるように柔らかく、フルーツの酸味もこれまたお味を引き立ててくれて美味!
d0222641_22232469.jpg

Chicken Confit
こちらも外はカリッと、中はふんわりと、口に頬張るとチキンのお味が染み出るよう♪
コンフィは低温度の油で煮て、その後表面を焼きあがるので、中はジューシー、外はカリッと仕上がるのです。
d0222641_22242965.jpg

後で追加オーダーをしたので、メニューの名前を忘れてしまいましたが、鹿児島産のカンパチのマリネ。
このメニューの名前を見つけたら、やはり日本人の血が騒いでしまいました(爆)
酸味のあるドレッシングが、カンパチによくあってこれまた美味でございました~
バタフライピー、アンチャンの花や葉が美しく飾られて、本当に盛り付けのセンスがステキ❤
d0222641_2225205.jpg

最後にカプチーノもいただいて。ステキな時間を過ごすことが出来ました。


今日はルイさんと、初めての赤ちゃんを身ごもった妊婦さん、ご主人様も後で登場して下さって
久しぶりに「海外での子育て」について熱く語り、近所の(お節介)おばちゃんのようになっちゃいました~(笑)
この歳になると、なかなか初めてのパパとママになる二人とご一緒させていただくことは少ないのですが
二人とも幸せそうだな~と、幸せオーラいっぱいの二人と一緒でHappyのおすそ分けをいただいた気分に❤

これから子育てを通して様々な問題もぶち当たり、ケンカしたりすることもあるだろうけど(経験済(^_^;))
「雨降って、地固まる」まるで結婚式の主賓の祝辞のような言葉ではあるけれど(笑)
何度もそんなことの繰り返しで、夫婦としての信頼や絆も深まっていくのだと思うので、私も楽しみです♪


こちらのお店は夜のみの営業にはなりますが、夕方の5時からオープンしているので
子供の習い事の合間に「ちょっとお友達と一息!」って時にも使えると思います。何しろ家から近いですしね!
ママだっていつもニコニコ、笑って楽しく子育てするためにも、たまにはやっぱり息抜きしなくっちゃ(^_-)-☆
パパだって「あなたばっかり飲み会で、ズルイ!」と「とばっちり」が自分に回って来ないのが
我が家の主人を見ていると、実は一番嬉しいのだと思います(爆)



「SMITH」
1/8 Soi49 Sukhumvit Rd., Bangkok
Tel:02-261-0515-6
5pm-0am
SMITHのFBはこちらから♪ → 
by treasure-bkklife | 2012-10-29 10:32 | French@BKK

QUINCE - EATRY & BAR -

昨日に引き続き、バンコクに新しく出来たお店の話題をもう一つ。

スクンビット界隈も、新たなソイがどんどん開発されているバンコク。
1年前に駐在していた方ですらも、「えっ?ここって何もなかったソイなのに~」と思われる方も多いはず。
ここもそんなソイの一つですが、ステキなお店が出来ているのです。
d0222641_8493995.jpg

こちらはスクンビット45、お隣の47にRain Hillsが出来たからでしょうか。
ソイの奥にステキなホテルが出来たのを皮切りに、変化がみられるような気がします。

そして今日、訪れたのはこちらのお店。
d0222641_8452016.jpg

スクンビット45パクソイ、ランプ屋さんのお隣にある QUINCE -EATRY & BAR- でございます。
こちらはファニチャーショップがプロデュースしたお店だそうで、やはりインテリアもオシャレ。
今年の6月18日にオープンしたばかりだそうですが、すでにハイソ・タイ人や外国人にも人気のようです。
d0222641_932991.jpg

一面ガラス張りの店内は、爽やかな風が吹き抜けるよう。
d0222641_856564.jpg

お部屋はいくつも仕切られていて。まだまだ2Fなどは改装中のようでございました。
d0222641_8552153.jpg

奥の方には個室のように仕切られたスペースもあるので、少人数の奥様会にもいいかも~
d0222641_955795.jpg

お外にも食事をいただけるスペースが広がって。乾季になったら、気持ちいいだろうなぁ♪


こちらのお店は32歳の若きオーストラリア人シェフ、Jess Barnes氏が腕を揮うレストラン。
彼自身もここ何年かはベジタリアンとして過ごして来たということもあって、ヘルシーなメニューも多く
肉、魚、チーズなどにも彼の好きなフルーツを合わせたりと、こだわりを持っているようで
奥様方にも人気になりそうなメニューがラインアップされております。

今日は野菜ソムリエメンバーと一緒に♪ やはり野菜が中心のヘルシーなメニューをチョイス。
d0222641_9721100.jpg

バケットはハードタイプで噛み応えアリ。
「気泡がキレイに入って、バンコクでもかなり美味しい方!」と、パンにこだわる二人からのお褒めが(笑)
d0222641_992932.jpg

昼ですが、やはり泡で乾杯~ 昼からとっても贅沢な気分~~
そんなまったりとした昼下がりを演出してくれる、ステキな雰囲気が漂うお店です。

Barも兼ねるこちらのお店は、ワインなども豊富に取り揃えているようで、夜のお客様も多いよう。
この日のお客様は他には西洋人ばかりでしたが、この手のオシャレなお店も増えてきています。
d0222641_9175120.jpg

Today's terrine, pickles and toast
今日はレバーのパテが登場。レバーの香りとお味が強い気もしましたが、赤ワインにも合いそう。

それより、このうす赤色したペーストが、何から出来ているのかが知りたくて何度もナメナメと(笑)失礼!
「山崎の白あんパンの餡に、りんごが混じったような味だよね~?」と、野菜ソムリエ談義(^_^;)
なぜか日本を思い出させるその味に、なんだかホッとしてしまいす~
d0222641_9192688.jpg

"Panzanella" bread salad, tomatoes, basil, buffalo curd
パケットにしっかりとトマトやバジルなどのお味が絡んで、こちらも美味~
こちらに来たばかりの時のパンの固めの食感と、時間がたってからの食感を楽しみました~
d0222641_9204084.jpg

Califlower salad, toasted seeds,pomegranate + yoghrt
焼いたカリフラワーから引き出された濃厚なお味が、またヨーグルトや香辛料と混ざりあって美味しい~
d0222641_921521.jpg

Smokey eggplant, Labne, Sweet onions, Romesco,Edamame
タイ料理にも焼きナスの「ヤム マクワ」がありますが、それの中東版のような味
枝豆の緑の色合いが美しく映えて、どんどんワインも進んでしまいそう♪
d0222641_923096.jpg

Roast Peppers, Grilled haloumi cheese, Marjoram
最初にこれはバケットなしで来ましたが、バケットのサンドにしてもらいました。
真っ黒になるまで焼いたパプリカの皮を剥くと、その甘みがさらに引き出されるのですが、
ストレートにパプリカの美味しさを感じられる一品。

シェフ自身が、新鮮で高品質、そして家庭的な味を目指しているとあって
お料理はどれも野菜や果物が上手に使われていて、ぜひ真似して作ってみたい!と思うものばかり。
「これはどうやって作られているのかな?」そんなことを探りながら、お料理をいただくのも楽しいと思います♪


こちらのお店は通し営業になるので、特にランチメニューありません。
一品の量は割と多めだと思うので、みんなでシェアをしながらいただくといいと思います。
きっと西洋人は一人で食べきれてしまうんだろうけど、せっかくの美味しいお料理、いろいろ試して

野菜も多めでヘルシー、そして気分もすっかりリフレッシュ!
心も体もデトックスできそうなお店は、お友達とやご主人とのまったりした夜の時間や
ノンビリしたいWeekendなどにもオススメです♪



「QUINCE - EATRY & BAR -」
Sukhumvit soi45
Tel: 02-662-4478
11:30~01:00
by treasure-bkklife | 2012-10-09 10:42 | French@BKK
今年の私の誕生日は、実は夜にも一つ、嬉しい約束がありました。
そう、いつもの濃~いおつきあい(笑)、今度は野菜ソムリエコミュニティー@バンコクのメンバーです。

只今、BTS ラチャダムリ直結の素敵なホテル、The St. Regis Bangkokでは、
毎週火曜日の6pmから11pmまでBubbles & Oysters Experienceと名をうって
Domaine Chandonのスパークリング & NewZealand Oysterが、「飲み放題&食べ放題」!!!
こう書くと何だか「大食い選手権」見たいですが(笑) そこはやはり「The St.Regis」ですから~
オシャレにいかなくっちゃ(^_-)-☆ と、いうところでございます。


イベント好きの野菜ソムリエ友達たちが、ちょうどうまい具合に今年は火曜日だった私の誕生日に
「Birthday&合格前祝いに行こう!」と言ってくれたのですが、きっと単に行きたかったのだと思います(笑)
主人も「せっかくみんなが誕生日&前祝いをしてくれるのだから、行っておいで」と言ってくれたので
それはラッキー(笑)と、パパに子供たちを預けてお出かけすることに。


しかし、この日はまたもやバンコクは大雨で、学校からの帰りのバスが2時間近く遅れ、私も大遅刻(>_<)
私がこちらについたのは夜の8時を回っておりましたが、6時からこちらにいたメンバーは、
既にかな~り、いい感じの仕上がりになっておりましたので、実は遅れて行って「正解!」だったかも(爆)
d0222641_1945154.jpg

こちらのBubbles & Oystersは、St.RegisのVIUに予約するようですが
お席はAfternoon Teaと同じく、The St.Regis Barの方でいただくことになります。
d0222641_1962855.jpg

Thai Royal Sports Clubを見下ろしながら、バンコクの夜景を楽しむことができてステキ❤


さて、席に着いたとたん、やって来ましたChampagne!これが飲み放題でございますから!!!
d0222641_1984348.jpg

グラスが空くと注いでくれるスパークリング、誰かがうまいことを言いました「わんこ スパークリング」と(爆)
そう!次々に注いでくれるスパークリングは、まるで「わんこそば」のよう!
これはお酒が好きな方にはかなりお得、そしてかな~り危険なニオイがいたします(^_^;)
d0222641_1994534.jpg

そしてニュージーランドのオイスターも食べ放題!レモンを絞って何個もいただいてしまいました。


もちろんSparkling & Oystersだけでは、腹が減っては戦ができぬと(笑)
別途料金がかかるものの、アラカルトでお料理をオーダーすることができます。
かなり遅れて登場したので、みんながお料理を取り皿にとっておいてくれたので<(_ _)>
全く原型をとどめてはいないのですが(笑) こちらでご紹介を。
d0222641_19111256.jpg

サラダやモッツアレッラ。しかし、手前に乗っているのは何だったんだろう~(^_^;)
d0222641_19112161.jpg

このステーキなど、こちらのお料理はフレンチのVIUや、イタリアンのJOJOから来るようです。
d0222641_19142852.jpg

こちらのフワフワしたパンも、遅れてきたので温めなおして下さいました<(_ _)>
d0222641_19145456.jpg

こちらは1Fにある、イタリアンレストランJOJOのPizza JOJOも美味しかった~


美味しいスパークリング&オイスター、お料理を食べながら、いつものごとく、素敵なホテルにも関わらず
飾らず、本音丸出しの、楽しくはじける会話(笑)が続きましたが(ご想像にお任せします・・・)
こんな嬉しい!素敵なプレゼントが歌とともに登場しました(^^)/
d0222641_19152684.jpg

みんなが頼んでいてくれた、Birthday Cake!!! お店からはBirthday Songも聞こえてビックリ!
7の倍数+1歳になっちゃったけど(笑)3日間連続でみんなにお祝いしてもらって本当に嬉しかった~❤❤❤
d0222641_19164250.jpg

本当は独り占めしたいところですが(爆) 大人なので仕方なく、幸せのおすそ分けでみんなに少しずつ(^^♪
みんな、このケーキを食べたこと、そして私の優しさも、ちゃんと記憶に残っているかな~(爆)


こちらのBubbles & Oysters Experience、ホテルのHPには期間などは書いていないのですが
お越しになる際は確認をしてから、お出かけになられた方がよいかと思います。
私たちと同じように、楽しくワイワイと飲まれている方も多かったので、とても楽しい素敵な夜を過ごせました♪


家族との誕生日会は週末を予定していたので、パパと子供たちからは嬉しいメッセージをもらいました。
大切な家族や友達に囲まれて、「歳を重ねるのも悪くない」 最近、ますますそんな気がしています。
本当にみんな、どうもありがとう(^^)/



「Bubbles & Oysters Experience@ The St. Regis Bangkok」
159 Rajadamri Road
Tel:02-207-7777
Every Tuesday 6pm - 11pm
Baht 1,650 ++ per person
by treasure-bkklife | 2012-10-03 21:24 | French@BKK

Bliss Comtemporary Cuisine

さて、日本から大荷物とともにバンコクへ戻り、家についたのがほぼ夜中の12時近くだったのですが、
翌日はアンラッキーなことに(笑)、朝から娘の水泳大会でございました(^_^;)

「まさか、今日は来るとは思っていなかった!」とママ友たちにも言われたのですが、
3日間もママ業をお休み、いい子で待っていてくれか後だからこそ、「ありがとう❤」の思いをこめて学校へ。
そうすると、外国人のママ友たちは会うなり私に「Happy Birthday Girl!!!」と嬉しい声掛けを(#^.^#)
もう自ら「Girl」と言うほど図々しくないけれど(笑) そう、この日は自分のウン回目の誕生日だったのです!


野外の水泳大会後の汗臭い匂いを引きずって(笑) 仲良しママ友たちと待ち合わせ。
やってきたのは、ハイソ・タイマダムからオススメされたこちらのお店です♪
d0222641_12573665.jpg

スクンビット31の奥にある、Bliss Comtemporary Cusineでございます。

d0222641_12575317.jpg

こちらのお店は、スクンビット31をまっすぐ進み、23の方向に曲がって(アピシット邸の方には進みません)
さらに31を道なりに真っ直ぐ進むと、右手の方向に折れていって、スクンビット39のフジ2の方向へ。
その途中にあるアパートがこの写真にある「 El patio」。お店はこちらに入って1Fですが、
一方通行なので一度場所を通り過ぎてしまうと、ハイ、またやり直し!となるのでお気をつけを(笑)


こちらはChiva-somに通った時に、コルドンブルーにも通っていたハイソ・タイマダムから聞いたお店。
「見た目は一見???と思うかもしれないけれど、バンコクでも美味しいフランス料理のお店」と。
ちなみにもう一つ名前が挙がったのは、やはりフランス人からも必ずと言っていいほど名前が出てくる
スクンビット39の老舗フレンチ Philippe Restaurantでございました~。


実はこの日みんなで来る前に、私の話を聞いたメンバーの一人の方が
どんなお店なのだろうかと偵察(笑)がてら、お一人様ランチをして下さっていたのです!
お一人様のフレンチなんて、カッコイイ~!!! そして、その優しさに感動❤❤
そして、とても美味しかったとの話を聞いて、こちらのランチを楽しみにしていました。
d0222641_12582585.jpg

お店は誰かの家に遊びに行ったような、暖かい雰囲気に包まれて。
d0222641_1259085.jpg

そのお味はマダムのオススメ通り、数々のカリナリー賞を受賞しているようでございます。
この日はやはりタイのハイソマダムで、お店はとても賑わっておりました。


お昼はプリフィックスのコースから、品数とメニューをチョイス。
私たちは前菜・メイン・デザートの3セットコースをチョイスすることに~
d0222641_12591086.jpg

まず、ふわふわのパンが登場!バジルが練りこまれたバターと、トマトのペーストもついてきます。
そのパンの甘みとフワフワ感、そしてそのボリュームにビックリ!これは期待が持てそうです。
d0222641_12593553.jpg

お次にレバーペーストの乗ったバケットが登場。こちらのレバーもクセがなく、とても美味しい!

まずは前菜から。それぞれが選んだサラダが登場します。
d0222641_130728.jpg

私がチョイスしたのはLobster Salad。
ソテーされたロブスターがパンチェッタに包まれ、トマトとツナのソースが添えられて。
横にはグリーンサラダがサーブされていますが、ロブスターの甘みがぐ~んと感じられます。
d0222641_130123.jpg

Vegitarian Salad
サンドライドトマト、パルメザンチーズも乗った美味しそうなベジタリアンのサラダ。
d0222641_131158.jpg

Octopus Salad
柔かく煮込まれたBeby Octopusの食感も美味しいサラダだったようです。


そしてメインの登場!みんなの歓声が上がります♪
d0222641_1313697.jpg

Sole
みて下さい!このプレゼンテーション!!! 舌平目の骨がこんな素敵なデコレーションになって登場!
「骨はカルシウムだから、骨粗鬆症にもいいから食べた方がいい」 大先輩に向かって口ぐちに大攻撃(笑)
ソテーされた舌平目はブラックオリーブとトマトのサルサソースが添えられて。
d0222641_1315613.jpg

VEAL
柔かく赤ワインで煮込まれた子牛の頬肉は、とろけるような舌触りだったよう!
d0222641_1321579.jpg

Pork
パンチェッタで包まれた豚フィレ肉は、串刺しにされBBQソースが添えられて。
柔かいお肉と、マッシュポテトもソースにあって、とても美味しくいただきました。


そして、お次はデザートの登場!!!
d0222641_1323381.jpg

なんとHappy Birthdayのミルフィーユ♪ お店を予約して下さった先輩ママがお願いしてくれたそう<(_ _)>
バンコクでも大好きなママ友たちに囲まれて、誕生日をお祝いをしてくれて本当に嬉しい❤❤❤
本当にどうもありがとうございました(^^)/
d0222641_1323986.jpg

Cheese Cake
マンゴーのソースがかかったチーズケーキ、こちらも絶品だったようでございます。


今日のメンバーはバンコク在住10年以上、そしてそれに追いつくほどの在タイ歴が長い美食家ばかり。
そのみんなが「美味しかった~❤」 「また、違うメニューを選んで絶対来たい!」と言ったほど。
お料理は一つ一つが丁寧に作られていて、盛り付けなどにもこだわりを感じたお店でございました。
今日はみんなメインにはお肉やお魚をチョイスしましたが、女子が大好きなパスタもチョイスできますよ♪


最近、バンコクは大雨も多く、この日も家にたどり着くまでに1時間半もかかったほど。
道は川のように雨水が流れ、「今年も洪水、大丈夫かな・・・」なんて頭をよぎりましたが、
家に帰って急いで夕ご飯の支度をして子供たちを迎え、もう一つの夜のBirthdayへと急ぎます。

そしてこの後も、ステキな夜が待っていました。あっ、主人とではなく、お友達ですけどね(^_-)-☆
家族とは週末のお楽しみ、しかし私って、どこまで元気なんだろう~(爆)



「Bliss Comtemporary Cusine」
305/13 Soi Sukhumvit 31, Sukhumvit Rd
Tel:02-260-3113
Lunch:11:30-14:00
Dinner:17:30-23:00
by treasure-bkklife | 2012-10-02 20:42 | French@BKK
先日、バンコクに毎年旅行にいらっしゃっていると言う方から、嬉しいコメントをいただきました<(_ _)>
私の夏休みとは反対に、バンコクへと夏休みで遊びにいらしている方もいるんだ!と気がついて
せっかくご覧いただいていたのだったら、もっとUPしておきたかったお店が沢山あったのに~ と後悔中。。。

書き溜めてしまっているバンコク情報、写真を整理してみると、あらっ、まだ3月のものまでが・・(^_^;)
記憶が薄れないうちに、沖縄旅行記と一緒に少しずつUPしていこうと思います♪


これも「あれっ、まだUPしていなかったんだっけ?」と言う、素敵なお店なのですが・・・
4月に遡りますが、野菜ソムリエ仲間でも同期で、しかも同じ年のメンバーが本帰国が決まりました。
本当に寂しい限り・・・と、何度も送別会を繰り返したのですが(笑) ここは!というレストランをご紹介。
白人のお友達からも評判は上々で、一度は行ってみたい!と思っていたこちらへ♪
d0222641_1112056.jpg

ウィッタユにある、Plaza Athénée Bangkok, A Royal Méridien Hotelの3Fにあるフレンチ
The Reflexionsでございます。BTSだと、プルンチットが最寄駅になるかと思います、
こちら夜のみの営業なのでなかなか行くことが出来なかったのですが、子供はパパとお留守番です<(_ _)>


バンコクへの旅行は、もちろん「タイ料理」。安くて美味しいお店も沢山ありますが、
実は、フレンチやイタリアンも、なかなか!本場のシェフがいるお店も数多いのです。
バンコク在住者も、記念日に訪れたい「The Reflexions」、どんなお店なのかワクワクしています♪
d0222641_11281391.jpg

お店の中はモダンで、オトナ~な雰囲気が漂っています。みんなの歓声が上がったのも無理はありません!
d0222641_13562739.jpg

天井はまるでプラネタリウムのよう!ふわ~とした夢の世界が広がります。
子供たちも喜びそうですが、こちらはChild Policyがあって、8歳以下の子供はお断りだそう。
この優雅でモダンな大人の雰囲気も味の一つですから、食事を楽しむ他の方への配慮も大切ですよね♪
我が家は8歳を超えているけれど、残念ながらまだまだこの雰囲気はムリでございます~(~_~;)
d0222641_11225436.jpg

バーの灯りも美しく。キャンドルの使い方なども、ぜひ真似したいデコレーション。
d0222641_11241264.jpg

オープンキッチンも美しく、どんなお料理がここから生まれてくるのかとワクワクします(^^♪

こちらのThe Reflectionsは、周りでこちらを訪れた方からのリコメンドも高いお店ですが、
Wine Spectator Award of Excellence、Thailand Tatler Best Restaurantsなどでも
数々のアワードにも毎年輝いているお店で、Trip Advisor Certificate of Excellenceを獲得しています。
お客様にはロイヤルファミリーもいるそうですよ♪


今日は人数も多いとあってお席は予約済み。いつも多くのお客様で予約がいっぱいのお店だそうです。
d0222641_11253930.jpg

お店が開店した6時台は、まだ陽射しが差し込んでキラキラと。
d0222641_13572077.jpg

シックなテーブルセッティングも私好み。向こう側にも見えますが、ソムリエメンバー、カメラ女子多し(笑)


さて、今日はこちらのお料理とワインのマリアージュのセットをチョイス。
そのお料理に合わせてソムリエがセレクトした、美味しいワインをいただくが出来るのです。
メニューは週替わりで変わるということなので、何度行っても楽しめそうですよね!
d0222641_13574953.jpg

ハードで噛み応えがあるパンですが、噛むほどに口の中で甘さが広がります。
d0222641_13583316.jpg

まずは泡で乾杯~ このあと、白、メインのお料理でお肉は赤、お魚は白と美味しいワインをいただきます♪

こちらには、名門ホテル「リッツ・パリ」で腕を振るっていたシェフDaniel Bucher氏がおり、
欧米各国から取り寄せた食材で作った、本格高級フレンチを堪能できるということで楽しみ❤

まずはこんなサプライズが!
d0222641_1359234.jpg

試験管のような筒に入ったガスパチョのようなお味の、スープのようなジュース。
お花を飾る花器としても使われるこの器ですが、こんな風に使っても面白いですよね!

4月の話なので、それぞれのお料理の名前は忘れてしまっているのですが(^_^;)
美味しかったという記憶は強烈に残っております。

そしてアミューズの登場。
d0222641_13592848.jpg

ツナを使ったアミューズ。バルサミコのソースをつけていただきます。
このあたりでみんなの「このお店、当たりかも・・・」と言った、嬉しそうな雰囲気が伝わってきます(笑)
d0222641_13595349.jpg

こちらは白身魚のお刺身に、フレッシュな野菜が巻かれて登場。
このお皿を飾るような赤いものは、七味唐辛子のようなもの。
生のお魚、刺身にはこだわる日本人ですが、誰もが「美味しい~」と言った新鮮さ。


そして、お次はスープの登場。
d0222641_1401645.jpg

マッシュルームのスープ 
割と濃厚なマッシュルームのスープが多いのですが、こちらはマッシュルームの香りが生きていました。


お次は、シェフ自らの登場です!
d0222641_1404779.jpg

液体窒素?を使った、まるでエンターテイメント・ショーのような一幕。
ここでお口直しのスイーツを作り上げていきます。
d0222641_1413583.jpg

冷たいメレンゲのような一品は、口の中に入れると「シュワ~」っと溶けていきます。
この不思議な食感に、みんなのテンションはさらに上がりまくり♪


そして、メインのコースへと。
d0222641_142068.jpg

今日はお肉を選んだメンバーが多かった!もちろん、私もですが(^_^;)
野菜ソムリエと言えども、ベジタリアンとは限りません(笑)バランスが大切ですから。。。
こちらの柔らかで上品な盛り付けのお肉と、付け合せのお野菜の美しさ、まるでお皿に描いた絵のようです。
お料理に合う赤ワインも登場して、すっかり夢ごこちに。。。
d0222641_1422696.jpg

お魚もこんな素敵なスタイルで登場!こちらはキリッと冷やした白ワインと一緒に。


結構すでに皿数をいただいていますが、まだまだお腹は大丈夫。
バンコクでいただくフレンチは、このあたりでお腹がすでにいっぱい!となってしまうことも多いのですが、
わりと軽くて美味しいお料理の数々なので、まったく胃もたれなどがありません!


女子には「待ってました!」と言っていいほどの、お楽しみのデザートの登場です♪
d0222641_14318100.jpg

フォークを入れると、中の暖かいチョコレートがとろけ出し、もう気分は最高潮!
d0222641_1434487.jpg

ベリーのタルトも美しく。どこまでも美しいお皿の数々。。。
d0222641_145599.jpg

最後のコーヒーに合わせて、チョコレートまでが登場。本当に大満足な一夜でした。


バンコクには美味しいと言われるフレンチもいくつかありますが、みんな意見が一致したのは
「ここは、フレンチにありがちな重すぎて、ウッっとあとで来るような感じが全くない!」と言うこと。
私も何人かの西洋人、そしてフランス人のリコメンドで行ったお店が何軒かあるけれど、
正直。。。ちょっとヘビーかも。。。と思ったことも度々。。。

モダンでライトなフレンチは、誰にも、そして特に日本人には美味しく最後までいただけると思います。
「ここのフレンチが、バンコクで一番好きかも~」と言う声もあったほどの、本当に素敵なお店でした。


ランチの営業があればよいのですが、残念ながら夜だけの営業です。
The Reflectionsは通常のメニューだけでなく、様々なイベントがあるようです。
ぜひ、バンコクの素敵な旅行の記念に、嬉しい記念日などにも行ってみて下さいね♪



「The Reflexions@Plaza Athénée Bangkok, A Royal Méridien Hotel」
61 Wireless Road (Witthayu) · Lumphini
Tel:66 (0) 2650 8800
6.00 pm - 11.00pm (Closed on Sundays)
Dress Code:Smart Casual
by treasure-bkklife | 2012-08-26 23:30 | French@BKK
昨日、皆様にお願いをさせていただいた、チワワの「モカちゃん」ですが、
今日、無事に飼い主さんの元へ戻ったそうです!!! 皆様、ありがとうございました<(_ _)>

居なくなった場所からはラマ4を渡って丁度真向いくらいの飲食店​さんが、預かってくれたそうで
飼い主さんの貼り紙をみて、電話下さったそうなんです。
預かってくれた飲食店の方はとても親切な方で、風邪をひいたモカちゃんを病院に連れ​て行ってくれたり
ベットや服やリード等一式を揃えてくださっていたそう。。。
思いは人種を超えて、世界は一つ。。。そんな暖かい思いに包まれた嬉しい出来事でした。



さてワタクシの方はと言いますと、まだまだ送別会シーズンは続いております。

野菜ソムリエ第一期で3年間、公私ともに仲良くしてもらったYちゃんも日本に本帰国。
私も間もなく日本に一時帰国をするため、最後に会えるか微妙な感じに。。。

月に一日だけ、第一週の日曜日だけに行われる、それはゴージャスな「シャンパンブランチ」
既に行ったお友達から「こんなに豪華なたくさんのシーフードを、いただいたことがない!」と言う声も聞き
シャンパンとオイスター好きのYちゃんのバンコク最後の思い出に・・・と、行ってきたのはこちらでございます。
d0222641_9185353.jpg

Centara Grand at Central Worldの55th Fifth Five Fine Steak & Wineでございます♪
55thと名をうつだけあって55階に位置するこのお店、まさに絶景です♪
やっぱりここに来るとこの話題になってしまう、「2年前の赤シャツの時からは想像できないね・・・」
あの時も、そして洪水の時も、SMSで情報を回し合ったり、一緒に歩いてきたメンバーですから。。。

しかし、こちらのCentara Grand に着くまでが遠かった!
ZENやCentral Worldを歩いているうちに、好みのお洋服を見つけてしまい試着を始めることに(爆)
ウロウロすると方向感覚を失い(自分のせいでもありますが)店員さんに尋ねてもイマイチ(^_^;)
私だけじゃなかったみたいなので、もう少し標識などがハッキリ出ていると嬉しいんだけどなあ。。。
d0222641_91515.jpg

今日のメンバーは5人。
なんとこのうちの一人も、急に「本帰国が決まった」と衝撃の告白が。。。「えっ、あなたもですか」絶句(:_;)
いきなりYちゃん送別会が、Tさん壮行会にもなってしまいました~(>_<)


さて、こちらの月に一日だけの「極上ブランチ」ですが、ちょっとシステムが複雑でした(^_^;)
お一人様2,955++なのですが、3日前までに、全員分の費用30%を支払わなくてはいけません。
「体調が悪い・・・」「子供が熱を出した・・・」などの、ドタキャンは難しいのです!
そう、家族ともども体調を整え協力を得て、挑んだシャンパンブランチです(笑)

そして、その30%をクレジットカード番号をメールで伝えるか、銀行振り込みをしなくてはなりません。
最近、ネットによってクレジットカードで買い物をしてスキミングされたお友達がいるので、
メールで番号を教えるのは怖い・・・と、銀行に振込みに行き、そのレシートをメールに添付して送ることに。

これはそれだけの高級食材を用意する必要があるので、前もってデポジットが必要だとのこと。
正直、「めんどうだな・・・」(失礼!)と思いましたが、伺ってみてその理由がよく分かりました!!!


だって噂通り、こんなに豪華だったですから!!!!!
d0222641_1139786.jpg

「エビやカニが舞い踊る、氷の上のシーフード」と、まるで「竜宮城か!」と思う、こちらのキャッチコピー(笑)、
これを見た瞬間に、確かにみんなの心は舞い踊りました(^_^;)
アメリカのメイン州のロブスター、南米のロック・ロブスター、オーストリア産ヤビー、フランスのスカンピなど。
d0222641_9294040.jpg

カニだって負けておりません!「これだけ甲殻類食べたら、痛風になるかも」と、誰かが言っておりました(笑)
d0222641_9362724.jpg

こちらはシェフのMikko Kataja氏。
イギリスのミラベル、アベニューなどを含む有名レストランで、シェフをされていたこの方が、総料理長です。
写真を撮っていると、支配人らしき方、この方は横浜のインターコンチネンタルホテルにいらしたそうですが
ぜひ、シェフと一緒に写真を撮ってはどうですか?とお声をかけて下さってパチリ。
優しそうなシェフですが、店内をずっと見渡して、従業員たちに指示を次々と与えておりました。
d0222641_1024619.jpg

お皿に盛ると、大きなエビやカニがこんなに豪華に!はぁ~ 待ちきれないかも(#^.^#)
d0222641_2151428.jpg

こちらの贅沢な前菜は、ロンドンの人気ケータリング店のお味なんだそうです♪

さて、お待ちかね!お題通りのシャンパンが登場!!!
d0222641_9551281.jpg

LOMBRAD&Cのシャンパーニュ。贅沢にも何度もシャンパンが注いでくれちゃうのです。
d0222641_958275.jpg

第一回目・送別会(笑) Yちゃん&Tさんの日本でのHappy Lifeを願って乾杯~♪


さて、シャンパン、ワインにも合うお料理の数々の饗宴がここから始まります♪
d0222641_9522011.jpg

まずテーブルに乗っていたこちらのクロワッサン、フワフワでサクサク!
上質なバターを使って作られているのがよく分かります。
この美味しいクロワッサンはホテル内や、セントラルワールドでも購入することができるそうです。

レストラン内には、様々なお料理を乗せたワゴンが回っていきます。
d0222641_10175031.jpg

美味しそうなワゴンがいくつも通りすぎて、どれにしようか迷ってしまうほど(^_^;)
d0222641_1001263.jpg

テリーヌももちろん、このシャンパンに合ってGood!
d0222641_10185073.jpg

甘目のムースに合った、デザートワインも一緒について。
d0222641_1015086.jpg

こちらのスモークサーモン。なぜかウナギも一緒に乗っているのが、日本人的には苦笑(^_^;)
d0222641_10133548.jpg

このように少しずつ取り分けて下さいます。
d0222641_10242872.jpg

フランスの最高級ムール貝のブジョー。小ぶりでしたが、お味はGood!
d0222641_10141096.jpg

こちらはブラックペッパーがたっぷりきいたラム。
d0222641_2118164.jpg

もちろん臭みなんて全くありません!あ~ぁ、赤ワインが飲みた~い♪
d0222641_10162574.jpg

そんな希望ももちろんOK!、シャンパンだけでなく、赤、白ワインももれなくついてきます


そして、何よりみんなが狂喜乱舞したのがこちら♪
d0222641_1032781.jpg

新鮮で美味しそうな生ガキ。
やはりバンコク、大丈夫かな・・・と気になることも多いのですが、こちらはもちろん大丈夫でしょう!と。
牡蠣の品評会で何度も金賞を受賞しているフランスの養殖業者から輸入しているそうですから!!!
d0222641_1045782.jpg

一皿に5種類の生ガキが。どの生ガキが美味しいかな~ なんて、贅沢な食べ比べ(^^)/
私はいろいろ試してみたいタイプなので一皿だけいただきましたが、中には15個も平らげたツワモノも(笑)
d0222641_1071163.jpg

そしてこちらの「お刺身」コーナー。まだこの大きなロブスターは生きております!
d0222641_21145417.jpg

こちらはウニもディスプレイ。氷の中の「お刺身」の赤い文字が、日本人的には何ともこれまた切ない(笑)
d0222641_108235.jpg

さっきまで生きていたロブスターは、やはりプリプリで甘みがとろ~んと!
外国人にもお刺身は、やはり定番になりつつあるのですね♪


生のシーフードは、やっぱりちょっと・・・と言う方も安心なのがこちら。
d0222641_1093715.jpg

オーダーして仕上げてくれるホットミール。魚介料理のSurf、肉料理のTurfなど、メニューも豊富!
火加減や味加減、付け合わせも、もちろんこだわって注文できます。
d0222641_10105991.jpg

ここに来たらこれを食べなくっちゃ!と言う一つの、フランス南西部のサルサから届くファアグラ。
ふわ~んと口の中でとろけるフォアグラは、ますますワインを誘ってしまいます(笑)
d0222641_21205186.jpg

U.Sサーロインのステーキも。ジューシーで柔かいお肉が美味しい!
d0222641_10121693.jpg

誰が頼んだのか届いた高級和牛ビーフ(笑) 酔った勢いもあって、みんなで遠慮なくいただいちゃいました。
U.Sサーロインよりもさらに肉質が柔かく、「やっぱり和牛が一枚上!」と軍配が上がりました♪

そろそろ仕上げに入ろうかというところで、こちらを発見!
d0222641_10223579.jpg

チーズステーション。もちろん「全部お願いできますか?」と(^_^;)
d0222641_1023409.jpg

少しも臭みがないチーズたちの競演!ロンドンの人気ケータリング店でも人気のアルザスチーズなど。


実はもうお腹が一杯!(当たり前か・・・)でも、ここまで来たら最後のデザートまで。。。
d0222641_10213793.jpg

あまりにデザートも種類があり過ぎて、どれがいいのか目移りしてしまいます。
d0222641_20574262.jpg

これを見たら、ねっ、迷ってしまうでしょ♪ こんなに美しいデザートの数々なんですもの。
d0222641_10254312.jpg

甘いデザートワインと一緒にいただくデザートは、これまた至福の時。
d0222641_211376.jpg

ちょっと溶けかけておりますが、こちらのアイスクリームもこれまた最高!のお味でした❤


やはりお値段は張りますが、シャンパン、白、赤などのワインも全て込み、そしてこれだけの食材ですから
日本では絶対にこのお値段では味わえない、お得感が満載のブランチです。
私たちは1週間半前に予約をしたのですが、ラッキーなことに最後の1テーブルをGet!
この日はBirthday Partyなども開催されていて、それだけ人気で話題性の高い極上ブランチなようです。


タイ人のハイソなお子様もいましたが、子供料金などはなく、大人と一緒のプライスだそう(^_^;)
(4歳以下のお子さんは無料になるようですが、ホテルに直接お問い合わせください。)


月に一日しかない、本当に贅沢な極上Chanpagne Brunch。
たまには大切なご主人や家族、またお友達と、素敵な気分に酔いしれるのもよいと思います♪
もし、バンコクへのご旅行でも日程が合えば、本当にラッキーで素敵な思い出になると思います❤



「Chanpagne Brunch@Centara Grand at Centralworld」
55th, 55F Centara Grand at CentralWorld
999/99 Rama 1 Road, Pathumwan
Tel:02-100-6255 (Reservation)
every 1st Sunday of every month 11:30-15:00
Mapはこちらから♪
d0222641_20484973.jpg

by treasure-bkklife | 2012-07-03 21:22 | French@BKK

Moulin @Siam Discovery

週末、娘の宿題をみていると、オリンピックについてのプレゼン資料作りをしておりました。
今回の開催地はロンドン、イギリス系のインターだけあって、オリンピックに湧いているようです。

ロンドンオリンピックも近い今(笑)、異国で頑張る日本人を見ると「頑張って!」と、応援したくなりますよね!
そんな時、やはり確実に自分の中に「日本人のDNA」が流れているのを感じます
いくらその食べっぷりと服装から?「〇さんは、既にファラン(外国人)ですから~」と、言われようともね(爆)


バンコク随一のファッションビルとして名高い(そうな)Siam Discovery Centerに
こちらも日本人のシェフが頑張っているお店があると、フリーペーパーで知りました。
そんな話を聞いて「ぜひ行ってみたい!」と、長らく日本を離れている、浦島太郎な友達たちと行くことに(笑)


実は在タイ5年目突入にして、Siam Discoveryはお初。どこから行ったらいいのかなぁ。。と迷子に(^_^;)
サイアムはパラゴンには行くことはあっても、それより向こうはめったに行かないし。
「意外に和食のお店もあるんだ~」「こんなオシャレなお店もあるんだ~」とおのぼり気分(^^)/

しかし、いくら探してもお店は見当たらず。マダムタッソーの蝋人形の館なんかに行っちゃったりして。
タイ歴丸15年超、7年、4年とみんな長い方なのに、なぜか全員、「どこに行けばいいの~~???」と。
お店の場所を尋ねると、店員さんたちでさえ 「マイ ミー」 (「ないよ」)と。そんな訳ないでしょ(^_^;)
タイもインドネシアも、知らないことは「ない!」となってしまうのが常(笑) 中国はきっと「メイ ヨー」かな?


BTS Siam駅の出口1番を降りて、Siam Centerの中を通って、Siam Discoveryへと。
そちらの6階の6A05-6が、こちらもお店の場所になるのです。
d0222641_926199.jpg

みんなどういう訳か1階下の階に行ってしまったのですが、
この紫の「MOOD」と書かれたところまで、エレベーターを上がって下さいませ。正面に見えるお店です。
d0222641_22425586.jpg

その名前はMoulin。カリフォルニアキュイジューヌのお店だそう。Moulinはこちらの左手にございます。
なんでこんなことを書くかと言うと、最後まで間違えて、隣のお店に入って座り込んでしまいましたの(爆)
d0222641_9273742.jpg

この三段トレイのケーキたちも、とっても魅力的。
d0222641_930947.jpg

こちらのガラス張りのお店は、景色は最高!夜は素敵な夜景が見えることと思います。


そしてお店の中はと言いますと。。。
d0222641_9313175.jpg

「外国人のイメージするところの日本」 そんな空気が漂っております。
「ムーラン」と聞いてDisney映画を思い出し、「中華料理なの?」と思った、どこまでも母な私ですが(笑)
こちらのムーランは、「ムーラン・ルージュ」の方だったのね!
d0222641_9325038.jpg

いすのカバーも、舞妓さん、いや「Geisya Girl」?
d0222641_934856.jpg

バブル期でも見たことがない、こんな色とりどりのドンペリのラベル!これが私には一番ヒットだったかも。


かなり好みが分かれるところかなあ・・・と正直思ったりもするのですが(^_^;) オシャレなこの内装。
それもそのはず、アメリカだけでなく全世界中でその登場人物やファッションに大人気のドラマ
「Sex and The City」でファッションデザインを担当したタイ人の方がオーナーなんだそうです。

そしてそのオーナーの思いは、私たちが「日本人シェフなら繊細なお味に違いない・・・」と期待していたように
「世界最高のものを作り上げる、日本人シェフのお味を提供したい」と言うオーナーのこだわりで、
アメリカで長く料理経験を積まれシェフとして18年の経験をもつ宇野氏が、こちらのシェフ。
フランス料理をベースに、イタリア、アメリカ、ケイジャン、地中海など各国料理のエッセンスを取り入れるそう。
d0222641_9354242.jpg

さて、どんなお料理が待ち構えているのでしょうか。
しかもお昼のランチは250Bと、駐妻にも嬉しいお得価格!子供の教育費は大変ですから(笑)

前菜とメイン、そしてデザートの3コース。
それぞれが2種類のメニューになっていて、どちらかをチョイスすることになります。
d0222641_2316125.jpg

Seasonal Salad
さすがにアメリカ仕込みだからか、お野菜の量が半端有りません(笑)
d0222641_10291722.jpg

Minestroni Soup
お友達がオーダーしていたミネストローネ、トマトの味が濃厚そう。


d0222641_10313044.jpg

Grilled Chcken with Fried Rice
グリルしたチキンはなかなかだったのに、添えられたフライドライスが正直ちょっと惜しい。。。
d0222641_10333148.jpg

Spaghetthi Seafood in Garlic White Wine
お友達のシーフードパスタ、もう少しアルデンテ感があるといいのかも。


そしてこのコースは最後に、デザートもついてくるのです。
d0222641_10385658.jpg

Rasberry Chocolate Mouse
このチョコレートムースは濃厚!濃いコーヒーにマッチして美味しかった♪
d0222641_10402816.jpg

Panacotta
パンナコッタは珍しい、フルーツ添えでございました。 


オシャレなお店が多いSiam Discoveryだけあって、独特な雰囲気が漂うレストラン。
確かにランチとしてのお値段はお安いですが、う~ん・・・どうたったかなあ。。。と言う感じも。
食事が終わった時に、日本人のシェフが買い出しから戻られてご挨拶をいただいたので、
もしかすると、ランチはタイ人のスタッフが作っているのかもしれませんね。
「日本人シェフがウリ」のレストランなようなので、宇野さんがいる時間に来てみたかったな・・・。


こちらでは2時からハイティーなどもあるそうなので、デザートはGoodだったので来てみようかな。
一日中オープンしているので、サイアムで小腹が減ったと言う時などには、便利なお店だと思います。
また、夜の夜景はステキだと思うので、サイアムでちょっと軽く一杯・・・なんて時にはいいかも知れませんね♪



「Moulin」
Siam Discovery 6F 6A05-6
Tel:02-658-0024
Lunch:11:00~16:00(L.O.16:00)
Dinner:16:00~22:00(L.O.21:00)
夕刻からのプロモーションは毎週変わるそうです
by treasure-bkklife | 2012-05-28 23:38 | French@BKK

Sirocco & Sky Bar

世界のオープンレストランでも最高峰、バンコクの素晴らしい夜景を一望できると言う場所に
ShangliーLaの素敵なイタリアン、Angeliniの後に行ってまいりました♪

その場所はShangli-Laにもほど近い、こちらに。
d0222641_15163650.jpg

Lubua Towerの The DOME でございます。
d0222641_15173667.jpg

エレベーターに乗って、たどり着くとこちらの階段が。
この階段を上って外に出ると、それは素敵な世界が待っているんです!
d0222641_1592185.jpg

地上247mの複合レストラン、The DOMEでございます。この中にはレストランやBarなどがあるんです。
なんと63Fでオープンエアー、フェンスなどもないので何があっても自己責任(笑)
日本だったらありえない作りですが、Banyan Treeよりは怖さを感じませんでした~♪
d0222641_17353013.jpg

なんて言ってもこの景色ですから、みんなこぞって写真を撮りたいところですが
レストランのSiroccoでは写真撮影は禁止、バーのMoon BarではOKとなっております。
d0222641_17485668.jpg

プランニング当初、「The Best Romantic Dining」と呼び声が高く
プロポーズをここでする方も多いと言う天空のレストラン Siroccoで食事をと思っていたのですが
150席もあるこちらのレストラン、すでに満席で予約が取れませんでした(>_<)
生演奏も雰囲気を盛り上げる、「ロマンティックなダイニング」には、既にご縁がなくなったのかしら~(笑)
d0222641_15102646.jpg

こちらのお料理は、インターナショナルのお料理がラインナップ。
シェフのRick Gonzalez 氏は、リッツ カールトン、マリオット、フォーシーズンで腕を振るった実力派
地中海料理を中心とした、美しい盛り付けも素晴らしいお料理の数々が並ぶようでございます。
d0222641_15274938.jpg

この大人の雰囲気を楽しむレストランですから、7歳以下の子供は禁止されております。
子供たちもやっと落ち着いて、大人しくお食事を楽しめる歳になってきているので
バンコク駐在の記念に、一度は家族で一緒に行ってみたいな~❤

私たちはこちらのSky Barで、お酒とこの夜景を楽しみに来てみました♪
d0222641_15221741.jpg

こちらはスタンディングバーで予約の必要がないので、気軽に来ることができます。
全方向の夜景が眼下に広がる、それは素敵な景色ですから。。。
d0222641_15261078.jpg

観光客の方もかなり多い用で、「写真を撮りましょうか?」と親切に声をかけていただいちゃいました(笑)
あまりに人数が多くてゆっくり会話を楽しむと言う感じではなかったけれど、やはりこの夜景は必見!!!
d0222641_15144216.jpg

チャオプラヤーを行きかう船が。やはりこの川は夜がいい!いろんなものが見えなくて。。。(笑)
d0222641_15242768.jpg

様々な方向に移動しては、バンコクの夜景を満喫した「おのぼり夫婦」でございました(^^)/

他にも、モダングルメキュイジーヌのMezzaluna、アジアンキュイジーヌのBreezeなど
The DOMEの中には行ってみたいお店が気になるお店がいっぱいなので
素敵な記念日の演出にもバッチリですし、バンコク旅行の思い出を飾る、1ページになると思います。
服装や年齢制限など設けている所もあるので、しっかりご確認した上で、ご予約を忘れずに~(笑)



「The Dome」
lebua, Silom Road, Bangrak, Bangkok
Tel:02-624-9555


「Sirocco」
Open daily from 6.00 pm - 1.00 am (Last order at 11.30 pm)
Live jazz band 20.00 pm - 00.30 am daily
Singer 20.00 pm - 00.30 am daily except Monday

「Sky Bar」
6.00 pm - 1.00 am.
by treasure-bkklife | 2012-04-06 10:17 | French@BKK